チョコ子羊の誘惑

 イタリアでは、復活祭(Pasqua)に、地域や各家庭の伝統による差はあれ、子羊(agnello)の肉が、食卓に上ることが多いことと思います。イタリアに暮らし始めて1年後だったか、マルケの友人家族と、復活祭にレストランで、揚げた子羊の肉を食べた記憶があります。イタリアには、「クリスマスは家族と、復活祭は過ごしたい人と」(Natale con i tuoi e Pasqua con chi vuoi.)ということわざがあり、実際、復活祭休みに友人たちと旅行に出かけるという人も多いのですが、夫が信仰心の篤い家庭に育ったため、うちでは、クリスマスも復活祭もたいていは義父母宅で、大家族が集って食事をします。そうして、復活祭の昼食には、義母が用意した子羊をグリルで焼いた、あるいは衣をつけて揚げた肉料理が、セコンドとして登場するのが常です。

 ですから、復活祭の子羊というと、肉料理がすぐに思い浮かぶのですが、昨日買い物に出かけると、なんと、

f0234936_729257.jpg

ブラックチョコレートとココナツ入りの、子羊の形をしたケーキが売られているではありませんか。しかもCOOP会員特別価格で2.98ユーロとあります。原材料表記に目を通すと、怪しい合成着色料などの添加物もなさそうです。うちではちょうどトルコロを焼かなければいけない頃だったのですが、昨日は、朝は五十肩のリハビリ、夕方は大きな買い物。その上、木曜が締め切りのパソコン作業の多い仕事を抱えていて、ケーキを作らなければと思いつつ、肩の調子や時間不足が気になっているところでした。

 大好きなチョコレートたっぷりのケーキが安く買えて、うちで作らなくてすんで助かると、すぐに購入を決めました。チョコレートが好きなので、この子羊を目にする前に、製菓用のブラックチョコレートやチョコチップを買おうかどうしようかとためらっていたのですが、その値段を考えても、とてもお得です。

f0234936_7291742.jpg

 そうして買い物袋を車からうちに運び、買い物で疲れたからと一切れ、めんどうなパソコン作業が待っているからと一切れ…… 花粉症で白砂糖は避けた方がいいというのに、そうして、生地が好みよりも若干甘いというのに、チョコレートが上にも中にもたっぷりなのがうれしい上に、最近はうちでトルコロを作る際に、古代小麦全粒粉と黒砂糖を使うものですから、健康にはいいだろうけれども、ケーキとしては素朴で重厚感のありすぎる味に慣れているために、市販のケーキがおいしくて、昨日も今日も、疲れたからと、頑張るからと、ついつい言いわけしては、食べてしまったわたしなのでありました。

 ココナツの粒が、粒と呼ぶには大きめで、切ってそのまま入れてあるため、おいしいというよりは、ほんのりと甘い少々かたいものが時々歯に当たるという感じではあるのですが、このココナツも、じっくり根気よくかんでみると、甘さが感じられます。

f0234936_7293364.jpg

 おいしかったらブログの記事にして、あとで箱の写真も撮ろうと思い、箱を部屋の隅に置いていたら、見つけた夫がすぐにゴミ箱に入れるべく箱をつぶしてしまったため、写真の箱に折れ目があります。

 チョコ子羊に励まされ、甘さに甘えながら、明日締め切りの仕事を終えるべく頑張っています。

********************************************
Amo il cioccolato, amo i dolci e ieri al supermercato
non ho potuto non comprare questo agnello
coperto di cioccolato fondente.
********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-03-16 23:29 | Gastronomia | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25052265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-03-17 08:02
おはようございます^^
なおこさんの今日の記事を読んで、子羊の形をした可愛らしいケーキを食べながらがんばってる姿が思い浮かんで、とても微笑ましい気持ちになりましたよ!
形、可愛らしいし、箱も素敵ですね☆
この商品を開発したところは、夢がある方がいらっしゃるに違いないと思いました!
市販品だからと言って悪いものばかりでもなく、素晴らしいものってありますよね☆そういうものに出会った嬉しさが今日の記事には感じられて羨ましいです(笑)
あの、カタカナ読みになりますが、イタリア語の子羊(agnello)は、何て読むのでしょうか?子羊の肉が好きなので、覚えておきたいな・・・と思いました(^^♪
あ、お仕事がんばってくださいませね(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2016-03-17 17:23
アリスさん、おはようございます。箱の絵もかわいらしいですよね。日本と違って、イタリアではふつうのスポンジにチョコレートのコーティングがあるケーキを見かけることが少ない上、前日にうちにココナツの粉があるのを見つけてケーキ作りのレシピを調べていたら、ココナツとチョコを組み合わせたものが多かったので、「チョコにココナツのケーキ!」とすぐに買おうと決めてしまいました。

agnelloの発音は次のラルース伊仏辞典の音声スピーカーのアイコンを押すと聴くことができます。
http://www.larousse.fr/dictionnaires/italien-francais/agnello/1975
イタリア語・フランス語のGNの発音は日本語のニャ行に似ているのですが、舌の中央部を持ち上げ、口の上部にべったりとくっつけて発音する音で、日本語のニャ行とは舌の位置がかなり違います。アリスさん、お宅でもよくおいしそうなラムチョップを作られていますよね♪

ありがとうございます。頑張ります!
Commented by butanekoex at 2016-03-17 17:54
なおこさん、子羊のチョコレートケーキの誘惑に完全にはまってるのですね^m^
それにしても美味しそうなケーキです。
とてもお忙しそうですし、疲れている時の糖分
で、
頭も体もすっきりすることでしょう^^
少しづつ少しづつ、パクッとしてしまうなおこさんを
私も思い浮かべてほっこりしました(^^)
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-17 21:49
なおこさん、こんにちは!ご無沙汰しております、お元気ですか?(^ ^)
このFiorfiorecoopの羊のケーキは、私も昨年購入しました!なかなか美味しいですよね。fiorfiorecoopの商品はなかなか美味しいものが多いと思っていて、良く購入しています。今年は初めて、お菓子屋さんのコロンバを予約しました、今から受け取るのを楽しみにしています♪
なおこさん、五十肩!?!?ToT 大丈夫ですか?私も慢性の肩こり持ちです、ストレッチが良いと聞くので、硬い身体を毎晩動かすことを日課にするようにしています。(忘れることも多くて意味が無い気もしますが。。。汗)

なおこさん、リハビリに通われているのですね、かなり重度なのでしょうか。。早く症状が和らぐと良いですね。湿気が多い時期は、さらに症状が悪化することもあると聞きますが。
どうかお大事になさって下さいね(><)
Commented by Bolognamica2 at 2016-03-18 00:29
なおこさん、無事に締め切りには間に合いましたでしょうか?お仕事お疲れ様です!!

このAgnelloのケーキ、中にもしっかりチョコが入っていますし、美味しそうですね~お値段もお得ですね!
ついつい一切れ・・一切れ・・と手が伸びてしまう様子、すごく想像出来て&共感出来て思わず微笑んでしまいました~^^箱も・・・笑。
なおこさんの言い訳も、すごく素直でかわいらしくて、お人柄が出てていいなと^^(笑。

クリスマスのパネット―ネ系にしろ、コロンバ系にしろ、続けて食べると飽きてしまうのですが、でも数日開くとまた欲しくなる・・・そういう感じで、冬場から春にかけては見事に肉厚になる私です、、、トホホ^^;


Commented by milletti_naoko at 2016-03-18 22:53
butanekoさん、チョコレートが大好きなので、コーティングの上に中までチョコが入っていて、うれしい限りです。疲れて食べるのは、健康にはよくないと知りつつ、おいしい幸せについつい誘惑に負けて、そういう自分に優しい今日この頃です。

昨晩ようやく、ずっと取り組んでいた仕事を終えて、ほっとしました。おいしい楽しみって、いいですよね♪
Commented by milletti_naoko at 2016-03-18 23:12
Patataさん、ありがとうございます。元気です。Patataさんはいかがお過ごしですか? なんと昨年お宅でも購入されたんですね! と言うより、なんと去年もあったんですね。知らなかった! おいしいですよね。Fiorfioreの商品は原材料や産地にこだわったものが多いので、おいしいことが多いですよね。お菓子屋さんが作る伝統行事のお菓子とは楽しみですね。うちでもおととしだったか、フェアトレードの店でピエモンテのお菓子屋さんが作ったというチョコレートで包まれたパネットーネをいくつか購入して、贈り物にしうちでも食べたら、とってもとってもおいしかったので、うれしかったです。

日本の高校で教えていた頃から、パソコン作業や書き仕事・採点など、肩を酷使することが多かったので、時々ひどい肩こりが長い間続くことが多く、今も時々そういうことがあるので、今回もそうかな、それにしてもしつこいなと思っているうちに、痛みで夜も眠れぬ日が1か月ほど続き、腕が後ろに回らず、セーターの脱ぎ着に苦労するようになって、ようやくこれはおかしいと専門医に見てもらって、イタリア語で言うとcapsulite adesiva、これを訳すと「癒着性関節包炎」、あるいはspalla congelata「凍結肩」で、日本で言ういわゆる「五十肩」のうち、狭義のものに該当する痛みを患っていることが分かりました。かかりつけ医も3度目になってようやく超音波検査を処方してくれたのですが、傷むのだとしつこく言わないといけないなと後で思いました。わたしもストレッチというかエゴスキュー体操をしていた頃は、肩や腰の痛みが解消できていたので、やっぱりさぼってはいけないなと反省しています。本当に、日頃から体を、全身を動かすようにする必要をつくづく感じています。ひところに比べるとだいぶ楽になりました。一時期はナイフでパンやニンジンを切ったり、マウスを使ったりするのさえ大変な時期があったのです。ありがとうございます♪ Patataさんはまだまだお若いのですが、やっぱり今からストレッチを日々の習慣にされることが大切だと思います。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-19 01:06
みかさん、ありがとうございます。無事に期限内に提出することができて、ほっとしています♪ ああ、なんという解放感!!!

チョコレートが大好きなので、原材料のバターと香料には目をつぶって、おいしいおいしいと、つい手を伸ばしてしまっています。言い訳を楽しんでくださったようで、うれしいです。

そうそう、続けて食べると飽きるのですが、でもおいしくて口恋しくなるんですよね。肉厚! わ、わたしもです……
<< マック・まっくら・マッテーオ 中世イタリア珠玉の建築特集、ア... >>