Buona Pasqua!

 復活祭(Pasqua)の今日は、階下の義母宅で、皆で祝いのあいさつを交わし、それから祝福を受けたゆで卵や復活祭のパンを食べて、朝食を済ませました。

f0234936_23594961.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi 27/3/2016

 それから、アッシジのサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会のミサに参加しました。朝晩寒いものの、昨日は昼暖かかったからか、道路脇に真っ赤なヒナゲシがいっぱいに咲いているのを、あちこちで見つけて、うれしくなりました。教会の近くにも、桜でしょうか、白い美しい花がきれいに咲いています。

f0234936_2359490.jpg

 教会からさらに少し離れると、散り始めたものの桜色の花の美しい木が並んでいます。

f0234936_23584982.jpg

 カトリック教で、十字架にかけられた主が復活したことを祝う復活祭が、春の陽気が感じられるお彼岸の頃に行われるのは、決して偶然ではなくて、長く厳しい冬が終わり、命が躍動する春を喜び祝う気持ち、そこに何か単なる自然現象を超えたものを感じる気持ちが、洋の東西や宗教・民族のいかんを問わず、存在するからではないかという気がします。

 朝、祝福されたゆで卵を食べたり、卵型のチョコレートを贈ったりするのも、春になって暖かくなると、鶏たちの産む卵の数が一気に増えるためでしょう。チーズと共に、卵をたっぷり使った、ウンブリア伝統の復活祭のパンについても然り。

f0234936_2358890.jpg

 復活祭のお菓子には、鳩の形をしたコロンバ(colomba)もあります。今晩は、会場に住む義弟夫婦宅に招待されているので、金曜に手みやげのコロンバを買いに行きました。購入したのは、チョコ卵もコロンバも、自分たちで手作りしている店で、わたしたちは、チョコレートと洋梨のコロンバを選んで、購入しました。味は今夜のお楽しみなのですが、コロンバの包装に添えた花飾りも、チョコ卵に描かれた絵もきれいで、うちの中を春らしい、祝いらしい気分にしてくれています。

 トーディの義弟一家が、今年は今日からロンドンへの小旅行に旅立ったため、今日の復活祭の昼食は大人だけで食卓を囲みました。子羊肉のローストをセコンドに食べ、デザートはチョコ卵とコロンバなのですが、やはり姪たちがいないと、卵を開ける前のわくわく気分やお祭り気分が違う気がします。

 最後に、去年初めて聞いてびっくりした賛美歌をご紹介します。”Cristo è risorto, alleluia!”「キリストが復活した。ハレルヤ」というこの歌のメロディーは、なんと日本ではまったく違う場面でよく使われる、あの音楽だからです。この映像では、主の復活を描いたさまざまな絵画を見ることもできます。


 この歌曲についての詳細および復活祭のパンについては、下記リンクをご参照ください。

**********************************************************
Buona Pasqua!

@ Basilica di Santa Maria degli Angeli ornata dai fiori :-))) 27/3/2016
**********************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 復活祭のパン、写真つき材料と作り方 / Torta di Pasqua (22/4/2011)
- 復活祭 / Pasqua (4/4/2010)
- うれしいバーチ復活祭チョコ / Uovo di Pasqua di Baci Perugina (5/4/2015)
- びっくり、復活イエス入場の賛美歌 ~この曲は! / Canto, “Cristo è risorto, alleluia” (6/4/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-03-27 17:00 | Feste & eventi | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25083969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さくらこ at 2016-03-28 08:49 x
こんにちは。
フランスのカトリック教会の御ミサでも、聖土曜日の復活徹夜祭とご復活の主日の閉祭の聖歌でこのヘンデルの曲が唱われます。
リフレインの歌詞は
À toi la gloire, ô Ressuscité
À toi la victoire pour l'éternité.
イタリアのご家族と御ミサに与られて素敵です。
Bonnes Pâques !
Commented by ayayay0003 at 2016-03-28 17:14
教会から少し離れると咲いている桜可愛いですね~
桜の花びらの形が可愛らしいと思いました♪
染井吉野とも違うし、枝垂れの花弁とも違うし、独特な花かもしれないですね!
パスクアが、復活祭とは知らなくて、日本で「パスクア」というイタリア料理屋さんがあったので親しみのある名前です。おもしろいですね。
ハレルヤの曲、昨年のなおこさん記事で驚き、今年見てまた忘れてたので驚きです~(笑)
この曲は、どうも表彰式の印象が強い日本人の典型な私です!
Commented by milletti_naoko at 2016-03-28 18:17
さくらこさん、こんにちは。イタリアでも復活祭前夜は真夜中に遅くまでミサを行ない、日や水の祝福に続いて、洗礼なども行うところが多いそうなのですが、なんとフランスには徹夜祭もあるんですね!

カトリック教会ではフランスでもこの音楽が、イエス復活を祝う歌として使われているんですね。歌詞もとても興味深いです。ありがとうございます。さくらこさんもどうかすてきな日をお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-28 18:22
アリスさん、思いがけずこうしてピンクや白の花がきれいに咲いているのが見られて、うれしかったです。なんとパスクアというイタリア料理のお店があるんですね。夫も日本を旅行したとき、あちこちでイタリア語の看板を見つけて、興味深げかつうれしそうでした。どうしてこういう名前なのという店も時々あったりして……

実はわたしも、昨日かおととい、復活祭関連の記事を読み返して、忘れていたのを思い出しました。さっと別のものを連想してしまう曲が、ヨーロッパでは主の復活を祝う賛美歌として長く親しまれているなんて、おもしろいですよね。
Commented by London Caller at 2016-03-28 21:34 x
ただいま帰りました!
ずいぶんお久しぶりですね。
お元気ですか?
今月長い休みをとって、いろいろな場所を見に行きました。
あしたから4月18日までマレーシアと日本の写真をアップします。
熱い南国は寒い北国となかなかおもしろい対照ですよね。
Commented by milletti_naoko at 2016-03-29 00:57
London Callerさん、お帰りなさい! お久しぶりです。わたしは元気です。London Callerさんの旅はどうでしたか? これから旅行の記事を楽しみにしていますね♪ まだイタリアも朝晩は特に冷え込むので、南国の暖かさがうらやましい今日この頃です。
<< 桜の二条城春のグーグル 夏時間針1時間進めよう、11年... >>