イタリア春の味、野生のアスパラガス

 ペルージャもかなり暖かくなり、今日も、ミジャーナに出かけた夫が、収穫した野生のアスパラガスを手みやげに帰宅しました。

f0234936_5010100.jpg

 イタリア中部では春先、暖かくなると、あちこちの野山に、野生のアスパラガス(asparagi selvatici)が顔を出します。筍が竹の芽であるように、この野生のアスパラガスも、丈の低い小さな木の芽で、アスパラス狩りは、春の楽しみの一つです。

f0234936_6215366.jpg

 独特の苦味があるため、卵料理にして食べることがほとんどなのですが、パスタやリゾットの具としても、おいしいイタリアの春の味です。

*************************************************
Anche oggi mio marito è tornato da Migiana con asparagi.
Stasera frittata per cena, buona buona :-)))
*************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 野生のアスパラガス / Cucinare & mangiare gli asparagi selvatici (4/2010)
- 野生のアスパラガスの見つけ方 / Come trovare gli asparagi selvatici (6/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-01 22:00 | Gastronomia | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25098799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by London Caller at 2016-04-02 07:30 x
野生のアスパラガスは初めて見ました!
イギリスでは見たこと、ないんです。
森にあるかどうかわかりません。
でも、野生のニンニクはよく見られます。
もうすぐ野生のニンニクの季節ですね。^^
アスパラガスとたまご、とてもおいしそうですね。
あ、苦いゴーヤーとたまごもいい組み合わせですね。
マレーシアの中華料理の苦瓜スープを飲んだことがありますか?とてもうまい〜ですよ。
Commented by ayayay0003 at 2016-04-02 07:37
おはようございます^^
日本でいうところの筍のような野生のアスパラシーズンなのですね(^_-)-☆
昨年も、羨ましいなあ~と思いましたので覚えてて、ペルージャの春がやって来た!と言う感じで親しみを覚えてます。
食は、やはり、その国の文化だなあ~と改めて思いました☆
卵とのコンビが、ほろ苦い野生のアスパラと合うのでしょうね!
ワインのおつまみとしても美味しそうです~(^。^)
Commented by paradiso-norina at 2016-04-02 09:46
んまぁ!もうアスパラを堪能できるんですか?!
しかも野生であちこちにあるって、、?!
日本では最高級品ですからね~
ただ北海道では多少価格が安く手にはいるけれど思う存分食べるってほどまでは行きません。
野生か、、いいなぁ、、
春先の山菜は苦味がポイントですね。
フキやウド、ワラビにアイヌネギ、、楽しみです^^
Commented by milletti_naoko at 2016-04-02 21:35
London Callerさん、イギリスは野生のアスパラガスが育つには、寒すぎるのかもしれませんね。野生のニンニクが育つなら、イタリアの野山にもいろんな品種のニンニクがかわいらしい花を咲かせているので、暖かい場所には育つのかもしれません。

ゴーヤーも卵と合うんですね! まだ食べたことがないのです。マレーシアの中華料理店には、そんなにおいしいスープがあるんですね。残念ながらまだ味を見たことがありません。
Commented by milletti_naoko at 2016-04-02 21:37
アリスさん、春になると見つかる山菜を探すのは、日本もイタリアも同じですね。幼い頃は苦手だったツクシも、今はおいしく感じるかしらと思ったりしています。

ワインのおつまみにもよさそうですね。実は昨日、わたしは一人で食べた昼食時にすべて卵を食べていたので、夕食のアスパラガスは、わたしの分だけは豆腐と炒めて、しょうが風味で食べたのですが、それもなかなかおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-04-02 21:42
paradiso-norinaさん、野生のアスパラガスは木の芽なので、夏に入って暑くなる前、春先にだけ楽しめる味なんですよ。初夏になると、育ちに育って枝のようになり、やがて木らしい様相を呈してきて、そうなるともう食べられません。

野生の草で口にできるものは、苦味があって、身体の浄化作用があるものが多いのだそうです。フキやワラビ、なつかしいです。アイヌネギというものがあるんですね! 北海道には幼い頃暮らしていたのですが、知りませんでした。クローバーとオオバコがあちこちの野に生えていたのは覚えているのですが……
<< びっくりヒナゲシ春の庭 インプット大事語学も人生も、デ... >>