おねだり猫と庭の花たち

 今日は夕方、花に水をやろうとテラスに出ると、ミミが飛ぶように、右手から駆けて来ました。あんまりかわいらしいので、ジョウロに水を入れる間、そうしてその後もしばらく、じっくりなでてやってから、植木鉢の花に水をやり始めたのですが、

f0234936_6231698.jpg
4/5/2016

またしも、「なでて、かまって」と近寄ってきます。そこで水やりの手を止めて、なでてやると、表情としぐさのかわいらしいこと!

f0234936_6271561.jpg

 こちらのナデシコ(garofanino)は数年前に、リッチョーネの花市で購入したものですが、こんなにたくさん花がきれいに咲くのは、今年が初めてだと思います。最近は風が強いので、日当たりのいい塀の上から、塀の下に移動したのですが、日光がほどほどに当たるくらいが、このナデシコにはちょうどいいのかもしれません。

f0234936_6243459.jpg

 自生のラベンダー(lavanda selvatica)も、今が花ざかりで、お日さまの方に向かって伸び、咲いています。

f0234936_6245128.jpg

 猫なで休憩と写真撮影の時間を取りながら、水やりを続けます。そう言えば、今日のセーターは色がナデシコともラベンダーともよく合っています。

f0234936_625669.jpg

 今日も再び、種をまいた花壇から離れたところに、ひとり咲く冒険者のヒナゲシ(papavero)を見つけました。

f0234936_6251392.jpg

 カメラを片手に花に向かうと、もれなくミミもついてくるので、はいはいと、なでてやります。

f0234936_6252198.jpg

 麦の間で、めずらしい美しいヒナゲシが咲いています。

f0234936_6253034.jpg

 花びらが柔らかにいくえにも重なり、白い縁どりに包まれたこちらの花も、とてもきれいでした。

**************************************************
Io voglio innaffiare i fiori e la gatta Mimi vuole le carezze.
E vince Mimi...
Ora sulla nostra terrazza belli i fiori di garofanino e lavanda.
Tra il grano i papaveri meravigliosi anche oggi :-)))
**************************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-05-04 23:24 | Fiori Piante Animali | Comments(10)
Commented by London Caller at 2016-05-05 07:39 x
ミミちゃん、かわいいです。
この子は金髪ですね!^^;
ナデシコの紫がとても華やかですね。

きのうの記事
ええ、イタリア語のジブリの映画ですか?^^
私は外国語の映画を見ると、必ずその国の原語を選びますよ。フランスの映画は英語で?なんかおかしいでしょう。
Commented by butanekoex at 2016-05-05 10:19
なおこさんを見つけて飛んで来るミミちゃん、
きっと、外でなおこさんをずっと待っていたのですね。
甘える姿が可愛らしくて仕方ありません(*^^*)
花を愛でて、ミミちゃんを「はいはい」となでる時間は
至福の時でしょう。

ヒナゲシ、とても珍しい八重咲きですね。
Commented by ayayay0003 at 2016-05-05 19:07
ミミちゃんは、こうしていろいろな角度から拝見するのお初かもしれないです(^-^)
家のトラさんも自分の御機嫌がイイ時は、なでて、なでてと近くに寄ってきますが、プイと逃げる時もあり、猫って気まぐれ~と思います(^^♪
そこがまた可愛いところかもしれないですね♡
珍しい見たこともないような美しい色のひなげし、一口にピンクとかで表現出来ないですよね☆
白い縁があるのも美しいです☆
ラベンダーが自生というのはいかにもイタリアですね(^^♪
こちらでは、鉢植えにしてないとなくなってしまいますよ。
土の違いを感じますね~
Commented by suzu-clair at 2016-05-05 23:53
ミミちゃん、本当に可愛いですね♡
一枚目の写真なんて、
本当に小さな子供のような愛おしさを感じます・・・☆
駆け寄ってきて、ずっとついてくるなんて、
本当にいじらしいですね。
なおこさんのミミちゃんをかわいく思われるお気持ち、
とてもわかります・・・♪

ポピーが本当にきれいですね。
絞り模様のような白い縁取りがひらひらとして、
うっとりしてしまいます。
なでしこも、
こちらでは見かけない珍しい模様だと思います。
素敵なお花と、
可愛いミミちゃんと過ごされるお庭での時間は、
とても幸せでしょうね・・・♪
私もほのぼのと癒されました♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-06 20:02
London Callerさん、こんにちは。赤みがかった金色の毛がふさふさのミミ、とてもかわいいです。ヒナゲシの花たち、今日もきれいに咲いています♪

イタリア語版で買うと、日本語でもイタリア語でも見られて、しかも日本で買うよりずっと安いのが、イタリア語や日本語を学習する人にはお得だと考えて記事にしました。わたしも選べるなら、その国の原語で見たいのですが、日本に暮らして英語を勉強していた頃は、英語・日本語のか国語音声の英語のドラマを見て、そのうち英語だけで楽しめるようになりましたが、最初のうちは録画して、英語→日本語→英語と、理解できて英語が残るように、3度視聴していました。
Commented by milletti_naoko at 2016-05-06 20:08
butanekoさん、あんまりかわいらしいので、夫にあきれられながら、食事のしたく中に、窓際のミミをなでなで、食べ終わったら、皿洗いの前になでなでして、交流を続けています。こういう優しいうれしい時間が毎日の中にあることが、ありがたいです。

このヒナゲシ、八重咲きでしかも白い縁の幅が広くて、珍しくてきれいだなと、わたしも見つけてうれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-06 20:16
アリスさん、ほかの猫たちは、近くに来ると膝に上がろうとしたりする子が多いのですが、ミミはどういうわけか、近寄ってくるとしばしば背中やおしりをこちらに向けて、わたしのまわりをぐるぐる回ったりするので、顔を撮影するのが難しいんです。そのおかげで、いろんな角度から撮影できました♪ トラちゃんもですか! ミミも近くにいても、かまってほしいときと、そっとしておいてほしいときがあるようです。

赤やピンクと言っても、いろんな色合いがあるんだなと、ヒナゲシたちを見ながらつくづく思います。やっぱり土の違いですよね。こちらでは火山の近くなど土壌が酸性のところは別にして、ツツジや椿などは、土壌がアルカリ性で育たないので、苦労しています。そう、鉢から移し替えるとお亡くなりということも、少なくありません……
Commented by milletti_naoko at 2016-05-06 20:36
すずさん、顔を撮ろうとするとそらすし、そうでなくともすぐに背中を向ける子なので、このときの本当にかわいらしい表情、うまくとらえられてうれしかったです♪ 

ナデシコは、花市でナデシコの専門店から買ったのですが、購入したときにはまだ花は咲いておらず、写真で選んだので、今になってこうしてきれいな花がたくさん咲いて、うれしいです。こういう日常のひととき、大切にしたいなと思いました♪
Commented by Makitalia at 2016-05-10 05:22 x
こんにちは!
ヒナゲシの記事にばかり、飛びついてすみません。
ほんとうに、八重咲きのヒナゲシ、綺麗で珍しいです。
そうそう、やっとヒナゲシの種をメルカートで見つけたので、遅いかなと思いましたが、蒔いてみました。
猫はかわいいですよね、実家にも黒猫を飼っていて、畑仕事をする父のあとを追ったり、台所に立つ母の様子を眺めていいたり、名前を呼ばれたら、ちゃんと返事するし。
こちらで飼いたいのですが、夫が花粉症だけでなく、動物の毛もアレルギーで、屋外でないと許可でません。アパート3階なので、屋外となると、狭いベランダだけしかなくて。。。
なので、近所の猫ちゃんをいつもなでなでしています♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-10 20:09
まきさん、ヒナゲシの種、せっかくなので咲いてくれるといいですね。今年咲かずともきっと来年咲いてくれることでしょう。夫が言うには、ヒナゲシは畑を耕すためなどに土を掘り返して動かしてあるところに生えやすいのだそうですが、でも我が家でも耕していないところに、時々ぽつんと離れて咲くヒナゲシもありますから、意外とどこでも元気に育ちそうです。

まあ、猫ちゃん、呼ばれたら返事をするなんて!! だんなさんは花粉症の上に、動物の毛にもアレルギーなんですね。それはだんなさんもまきさんも、おつらいですね。家族の皆がイタリア語で話しかけるので、その方が分かるかしらと、わたしもミミにイタリア語で話しかけるのですが、義弟は声を認識するのではないかと言います。どんなものなのでしょうね?
<< EU国滞在許可証申請中の帰国、... 宮崎映画DVD今お得@アマゾン... >>