ローマ市立バラ園うつくし花かぐわし

 土曜日に訪ねたローマ市立バラ園(Roseto Comunale di Roma)は、古代ローマの遺跡や中世の教会の鐘楼も近くに見える、眺めのいい場所にあります。

f0234936_8154440.jpg
Roseto Comunale di Roma 7/5/2016

 地下鉄のB線でチルコ・マッシモ(Circo Massimo)駅まで行けば、バラ園は歩いてすぐのところにあります。

f0234936_8155063.jpg

 ペルージャからのバスが、予定時刻の9時より早くティブルティーナのバスターミナルに到着したおかげで、地下鉄に乗り、下車駅近くのバールで朝食を済ませたわたしたちが、バラ園に着いたのは、9時50分頃でした。

f0234936_816580.jpg

 入場は無料で、バラの品種はなんと1100種、手入れも行き届いたすてきなバラ園です。ベンチもあちこちにあり、鉄柵も色とりどりのきれいなバラに飾られています。

f0234936_8161926.jpg

 バラ園は広く、わたしたちが着いた頃には少なかった人も、昼近くになると、多くの人々でにぎわっていました。あとしばらくすれば、手前のハートマークも、今は少ししか咲いていないバラの花がたくさん咲いて、かわいらしいピンクの花でいっぱいになることでしょう。

f0234936_8165086.jpg

 バラ園は半円に近い形をしていて、直線にあたる部分は車道になっていて、道沿いに高い松や糸杉の並木があります。(1枚前の写真参照)半円の円周に沿うように、バラのトンネルが続き、車道付近からトンネルを通り、少しずつ高みに登っていけるようになっています。

f0234936_8165959.jpg

 白、黄色、ピンクに赤と、トンネルを飾るバラの色はさまざまで、形や大きさも多種多様です。すでに咲いている花も少なくはありませんが、バラのトンネルが花でいっぱいに覆われるのは、もう少し先になることでしょう。

f0234936_817872.jpg

 夫とわたしは、互いにあまり離れすぎないように、けれど自分たちがそれぞれ気に入った花を眺めたり、写真を撮ったりしながら、バラたちの間をゆっくりと歩きました。

f0234936_8171749.jpg

 目に飛び込んで感動させたその美しさを、そのまま再現できている写真は、残念ながら少ないのですが、この小さなバラは色も咲きぶりも日本の桜を感じさせて、とてもきれいでした。

f0234936_8174224.jpg

 白いバラも、白と金色が互いの色を引き立たせていて、気高い美しさがあるように思います。

f0234936_8175929.jpg

 イタリアの野山でよく見かける野バラによく似て、けれどピンクがより鮮やかで、元気に咲く花にも魅かれました。

f0234936_818757.jpg

 どこからか飛んできた種から咲いたであろう赤いヒナゲシが、バラのピンクを引き立てている、そんな自然の芸術にも出会えました。

f0234936_8182120.jpg

 ミニバラも、さまざまな色や形の花のバラが、植わっています。

f0234936_8183177.jpg

 たくさんのつぼみに囲まれて、これからますますたくさんの花が咲いていくのだろうというバラもたくさんありました。同じ花でも、つぼみの色と花の色が違い、そうして、花も開き始めと、咲ききったときの色が違う花があって、興味深いです。

f0234936_8184173.jpg

 絞り模様のバラも、さまざまの品種、色合いの花が咲いています。

f0234936_8185056.jpg

 足を止めて撮影したり、時にベンチで休んで眺めを楽しんだりもしながら、バラ園をゆっくり回って、約2時間で訪問を終えました。

 このローマ市立バラ園は、今年は4月21日から6月19日まで、5月21日土曜日を除いて、毎日訪ねることができ、開園時間は午後8時半から午後7時半となっています。5月21日にバラ園が閉園となるのは、世界中から集まるバラの新品種国際コンクールが開催されるためです。現在、訪ねられるバラ園の敷地の道路の向こう側には、コンクールに出品されるバラたちが植わった、コンクール用のバラ園があり、コンクール当日までは、一般市民は入園できないのですが、コンクールの翌日、5月22日から6月19日までは、通常のバラ園に加えて、コンクール用のバラ園も訪ねることができるようになります。(下記リンク参照)

 ローマには見るべきものも多く、特に日本から観光にいらっしゃる方は、短い日程で訪ねたいところが多くて取捨選択に困られているとは思うのですが、とてもすてきなバラ園です。日本にお住いの方も、イタリアや世界の他の地域にお住いの方も、機会があって、バラや緑がお好きであれば、ぜひ訪ねてみてください。

Roseto Comunale di Roma
Via di Valle Murcia, 6
Tel : +39 06 5746810
Fax : +39 06 57135413
Email: rosetoromacapitale@comune.roma.it
Info, Orario: http://www.turismoroma.it/cosa-fare/roseto-comunale

**************************************************
Roseto Comunale di Roma

- Oasi dei fiori bellissimi e profumati in mezzo alla capitale
tra i resti degli Antichi Romani e le chiese medievali.
**************************************************

LINK
- 夜明けのペルージャからローマへ / Da Perugia all’alba a Roma in autobus (7/5/2016)
- Turismo Roma – Roseto Comunale
- Google Maps – Roseto di Roma Capitale / Googleマップ – Roseto di Roma Capitale
- Comune di Roma – Roseto Comunale: Concorso Internazionale Premio Roma
- Rose Garden – 世界のバラコンクール – ローマ国際コンクール

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-05-09 23:59 | Lazio | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25216622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2016-05-10 09:08
おはようございます^^
早速の薔薇園のアップありがとうございます(^^♪
薔薇の咲く時期なので、毎年だいたい同じ時期の開園なのでしょうね~
私がいつも旅行で訪ねる間なので、知っていたら訪ねることもまた出来ると思うのでとても有り難い記事です(^^♪
ローマは、訪ねたいと思うところが数え切れないくらいあるのですが、薔薇の時期には、このような薔薇園を訪ねてみるのもひとつの案ですね☆
その時期にしか見れないものを楽しむというのは、素晴らしいことだといつも思います。
なおこさんが好きと仰るピンクと、野バラに近いピンクの薔薇が私も凄く好きです♪
全体の薔薇園の作りも分かるお写真、トンネルがたくさんあり、満開になるとどんなに素晴らしいかと少し想像するのも楽しいお写真で謙遜なさってますが素晴らしい写真です☆
いつもほんとに素敵な紹介ありがとうございます♪
Commented by ムームー at 2016-05-10 09:54 x
なおこさん
おはようございます。
美しく咲くバラ、どのお花も素晴らしいですね。
桜のお花に似たものも可愛いですわぁ。
いつも思いますがなおこさんの写される
お花は優しくて素敵です。
同じようなバラでもお国が違えば醸し出す
雰囲気がそれぞれの個性で楽しいですわぁ。
いつもありがとうございます。
Commented by butanekoex at 2016-05-10 12:34
なんて見事なバラ園なのでしょう。
しかも、この広さで無料とは!
日本からはるばると行きたいくらいですが、
無理ですので、なおこさんの写真で楽しませていただきます。

そうそう、バラは蕾から咲き終りまで、様々な表情を見せてくれますね♪
また、香りもしかり。

なおこさんとご主人さまの、ゆったりと園内を楽しむ光景を想像して
私も一緒にお散歩しているような感覚になってきました(^-^)
Commented by Bolognamica2 at 2016-05-10 17:07
なおこさん、おはようございます。
ローマにこんな立派なバラ園があるのですね♪
色んな種類のバラが咲いてて、綺麗ですね~お写真拝見しているだけで癒されます♥

絞り模様のバラ、なかなか見る機会がありませんでしたが、個性的でいいですね。

ローマ、近いようで遠くて久しく訪問出来ていませんが、遺跡とか観光スポットばかりじゃなくて、こういった自然の中でゆっくりローマを楽しむのもまたいいですね。

バラの香りをたっぷりまとった仲睦まじいお2人の様子が想像できて微笑ましくなりました~(*^ω^*)
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 01:49
アリスさん、こんにちは。楽しんで読んでくださったと知って、わたしこそうれしいです。ありがとうございます♪ ローマは訪ねてみたいところや再訪したいところが、わたしもたくさんあるので、お気持ちよく分かります。

今日もリハビリに出かける途中、路傍に野バラがきれいに咲いているのを、あちこちで見かけました。野バラに似た花も、花の大きさや色合いが微妙に違うものがいろいろあって、興味深かったです。満開のバラのトンネル、ベルサイユやトスカーナの庭園で見かけたことがありますが、ここはトンネルがことさら長く、トンネルの合間から下方に広いバラ園が見渡せることもあって、バラの香りや雰囲気をたっぷり楽しみながら歩けそうです。

おほめの言葉ありがとうございます♪ 毎回たくさん写真を撮るので、昨夜はまずその中からよさそうなものを選んだら39枚になり、そこからさらに厳選しました。
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 01:52
ムームーさん、こんにちは。ありがとうございます。わたしがわあ、きれいだなと感じて、心がはずんだ花の、たその角度や表情を、そのままとらえて伝えられたらと、カメラと格闘しています。

バラも本当にいろいろな花があるのだと、一同に集う花たちの間を歩きながら、つくづく感じました。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 01:57
butanekoさん、よく考えたら、朝うちを出てからバラ園まで片道4時間近くかかっているわけですが、それでも行けてよかったとうれしい、すてきなバラ園でした。牡丹園も、広大な広がりとあでやかな花たちに圧倒されたのですが、こちらのバラ園はバラの種類も豊富で、仲間ごとに集めて植えて、看板での説明もあり、バラのトンネルや、斜めにバラ園全体を見晴らしながら下りられる階段など、庭園の設計にも工夫が見えました。

香りのいいバラがそこかしこにあり、色も咲き様もさまざまで、花の間を歩くのが楽しかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 02:03
みかさん、こんにちは♪ ローマって、高台に立つと、すぐ近くに古代の遺跡や古い教会があって、そういう遠景を楽しみながら、美しい多種多様のバラたちを眺めることができて、とてもうれしかったです♪ 絞り模様の花は、椿でもバラでも夫が好きで、特に焦点を当てて、見て撮影していましたが、イタリアでは、好む人が多いからか、椿もバラも絞り模様の花が多いんですよ。わたしとしてはあでやかすぎるのではないかしらと感じる絞り模様の花が多い中、このバラは模様も色合いも、花の形も、華やかな中に落ち着いた上品さがあるようで、きれいだなと思いました。日本の着物をどことなく思わせるような……

そうなんです。ローマはペルージャからも決して遠くはないのですが、つい足が遠のいています。やっぱりローマもいいなと改ためて思いました。これまでの人生の間に、夫は何度かバラ園を訪ねてはるばるローマまで来たことがあるそうで、お気に入りのバラ園に今回初めて連れて来てもらいました♪
Commented by Mehreenkhan at 2016-05-11 06:18
naokoさん おはようございます。
素敵なバラ園。
この写真を見て地元のバラ園を思い出しました。
私の家から通えるところは2か所あって、実家に近いバラ園がこのnaokoさんのお写真とそっくりなのでびっくりしました。

今回の一時帰国の際に実家の門扉にはこのお写真にも載っている一重で薄ピンクのバレリーナがきれいに咲いていました。
そして我が家は実家より少し山側なので、我が家のバラは蕾が開きかけって感じでした。きっと私が日本をたってから咲いていることと思います。

バラの香りはいいですよね。そして、いろんな品種もあり素敵です♪きれいなお写真ありがとうございました。
Commented by London Caller at 2016-05-11 07:15 x

うわあ、とてもきれいなバラの公園ですね!
バラといえば、やっぱりイギリスのほうがもっときれいだと思いますね。
イングランドの国花ですから。
ロンドンのクイーン・メアリーズ・ ガーデンズに行ったことがありますか?
そこにおよそ400種類のバラがありますよ。
夏に4万本のバラが咲き乱れます。
先週、その公園を散歩しましたが、バラはまだ咲いていませんでした。
あと4〜6週間ですね!
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 15:59
めひりんさんのご実家の近くにも、そんなすてきなバラ園があるんですね。きれいなバラに彩られた門扉、バラ園、今は花盛りで美しいでしょうね。山に近いということは、緑がすぐ近くにあって背景に見えるというのもすばらしい。

わたしもバラの香りっていいなと、香りのある花を選んで購入する夫といるうちに、ますます思うようになりました♪
Commented by milletti_naoko at 2016-05-11 16:09
London Callerさん、広いバラ園の中には、フランスのバラが多く、さまざまな種のバラに分かれて植えてあり、説明を書いた看板もありました。イギリスも美しい庭園が多いですよね。つい最近歴史番組で、もともと庭園づくりというのはイタリアで生まれたのであって、フランスやイギリスから学びに来たのだと言っていましたよ。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-17
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

ヴァッザーリと言われても、イ..
at 2017-12-13 22:19
自分を大切にするということ、..
at 2017-12-12 22:10
悲しみから喜び、映画 『Sa..
at 2017-12-11 22:28
誕生祝いとイタリア乳がん検診
at 2017-12-10 19:33
日々の奇跡に気づく目を、瞑想..
at 2017-12-09 19:10

記事ランキング

タグ

(618)
(529)
(336)
(296)
(220)
(198)
(166)
(158)
(148)
(143)
(138)
(120)
(115)
(104)
(93)
(92)
(88)
(69)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

今日のなおこさんの記事の..
by ayayay0003 at 10:17
技あり が ヴァッザーリ..
by nonkonogoro at 09:25
coimbra san,..
by milletti_naoko at 21:55
アリスさん、大切な自分の..
by milletti_naoko at 21:50
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 21:49

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
Can of Good ...
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク