今年の畑の初トマト、オリーブオイルで簡単サラダ

 今年は6月上旬まで、雨がちの涼しい日が続いたためか、例年に比べて、トマトが育つのが遅いようです。今日の昼、お義母さんが、今年の畑の初トマトを二つ収穫し、その一つをわたしたちに分けてくれました。

f0234936_5461389.jpg

 大切な初物、新鮮なおいしいトマト(pomodoro)は、生で味わいたいものです。暑いのであっさりしたものをと、トマトをぶつ切りにして、缶詰のツナ(tonno)を加え、さらに極めて薄く小さく切った生のタマネギ(cipolla)少々を加えて、塩とオリーブオイルで味つけして、よくかき混ぜました。味つけしてしばらくして、タマネギがしんなりし、トマトから果汁がでるようになってからがおいしいので、食べる20分前には、でき上がるように用意します。

 以上は、お義母さんのトマトとツナのサラダのレシピです。ただ、ひょっとしたら酢(aceto)も少々加えてあるかもしれません。お義母さんはまた、夏には、トマトをぶつ切り、キュウリを半月切りにして、オリーブオイル、塩と酢で味つけをしたトマトとキュウリのサラダもよく作ります。夏は畑で、トマトやキュウリがたくさん採れるからでもあるのですが、手軽にできて、新鮮な野菜の旨みが感じられて、おいしいです。

 今日はたまたま、サラダに使って余ったバジル(basilico)の葉とキュウリ(cetriolo)があったので、トマトとツナのサラダに、キュウリとバジルの葉も少々加えてみました。

f0234936_5463315.jpg

 もちろんツナは、海と魚に優しいAsdomarのツナです。(下記リンク参照)

f0234936_5471466.jpg

 そうして、残り半分のトマトで、夫が一番好きな生のトマトの一品を準備しました。輪切りにして、塩とオレガノ(origano)とオリーブオイルを、上から回しかけるだけです。ごくごく簡単にできるのですが、自家製のエクストラヴァージン・オリーブオイルのおかげもあって、おいしいのです。お客さんがいるときなどは、トマトを、やはり薄切りにしたモッツァレッラ・チーズ(mozzarella)と交互に重ねて、オレガノの代わりにバジルの葉を添えたり、ケッパー(capperi)を添えたりするのですが、今日の夕食には、お義母さんが焼いて分けてくれたチーズと卵たっぷりのパンもあったので、トマトだけであっさりと仕上げました。

 今回、かっこ内にイタリア語を付した食材は、キュウリを除けば、ピザの具としてよく使われるものばかりです。イタリア旅行中、地元の人がおいしいという店で食べてみようと思う方は、メニューに英語訳が併記されていない場合もありますので、自分が好きな具のイタリア語名を覚えておきましょう。

***************************************************
Oggi finalmente abbiamo potuto mangiare
il primo pomodoro raccolto quest'estate nel nostro orto.
Buono! Sapore d'estate Emoticon smile
***************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 姪も野菜も育つ夏 / Nell’orto d’estate (23/7/2013)
- チーズ・卵たっぷり、復活祭のパン作り / Torta di Pasqua (22/4/2011)
- ツナ缶環境配慮度リスト@2015イタリア/ Classica Rompiscatole Tonno 2015 (16/6/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-07-05 22:47 | Gastronomia | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25414294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-07-06 07:32
なおこさん、さすが、イタリア、トマト料理は、生でもなんとも美味しそうなシンプルな食べ方ですね(^^♪
イタリア旅行中は、なおこさんが紹介してくれた後者のトマトにモツァレラチーズとバジルでのカプレーゼはよく頂きましたが、なおこさんのようにシンプルな自家製のオリーブに塩とオレガノというのは、レストランではありえない贅沢にトマトを使う料理だと思いました!
何でも素材が素晴らしいと、シンプルイズベストだと思います。
お庭での自家製トマト、それもお初物は、どんなにか美味しい、嬉しい味であったか、今日の写真が物語ってて、とても元気が出る夏季のサラダだと思います(^^♪
また、ツナを加えた方も美味しそうなので、是非真似して作りたいと思います(^_-)-☆
なおこさん家のような美味しいオリーブオイルはないのですが、友人が6月にイタリア旅行で買ってきてくれたお土産のオリ―ブオイルがあるのでトライしてみますね!
咳の方も、かなりよくなったのでは?と思いながら今日の記事を拝見いたしましたよ(^-^)
とても素敵な写真ありがとうございます♪
Commented by butanekoex at 2016-07-06 08:04
なおこさん、お庭で収穫したお野菜に、自家製のオリーブオイルとは!
贅沢の極みですね。
とっても美味しそうです。
ご主人様が一番好きだと言われる輪切りのトマト、
もう見ただけでも美味しいってわかります。
お義母さまのサラダも、イタリアの家庭料理の雰囲気があり
これは我が家でも参考にさせていただきた一品です^^
Commented by milletti_naoko at 2016-07-06 23:34
アリスさん、あまりにも素朴な、料理と呼ぶのもどうかしらというものばかりなので、これまで記事にしたことがなかったのですが、今回は、初トマトの記事をぜひ書きたいと、食事のしたくが終わってから思いついたので、紹介しました。皆さんがこんなにほめて、喜んでくださってうれしいです。暑い夏はできるだけ火を通さず、野菜の新鮮な味をできるだけそのまま楽しもうというのは、長い間の暮らしの知恵のようにも思います。

おかげさまで咳もだいぶ楽になりました。こちらこそ、いつも温かいコメントをありがとうございます♪

Commented by milletti_naoko at 2016-07-06 23:39
butanekoさん、苦労して収穫したオリーブからできたオリーブオイルということもあって、ひいきめや心情的価値も加わるのでしょうが、昨秋のオリーブオイルは、おととしが不作だった反動もあってか、イタリア中部ではどこも例年よりもおいしいオイルが生産できたそうです。

幼い頃から慣れているということもあるのでしょうが、夫はトマトはこうやって食べるのが一番好きなようです。義母はオレガノはかけないので、オレガノは夫風のどこかで見つけていいと思ったアレンジというところでしょうか。遠い昔香川の友人宅で食べたトマト料理がおいしくて、あのときの料理では、ほぼ同じなのですがヴィネガーも使っていたと聞いたように覚えています。butanekoさんのお宅でも、大切に栽培されている野菜たちが次々に育っていますよね。食べられたら、また感想をお教えください♪
Commented by London Caller at 2016-07-07 06:43 x
とてもシンプルでおいしそうですね。
ツナとトマトですか?
え〜おもしろいですね。
こちらはツナとトウモロコシです。^^;
国を変えれば、食べ方も変えますね。
Commented by milletti_naoko at 2016-07-07 07:12
London Callerさん、ツナとトウモロコシという組み合わせもあるんですね! 本当に、国や文化によって、同じ食材でも食べ方が変わるなんて、おもしろいですね。
<< 遊ぶ時間を作って生きよ、ディー... 猛暑と猫と起こしてごめん >>