Smile, smile, smile!

 山が笑い、道が笑い、月も笑っています。

f0234936_6245325.jpg
20/7/2016

 先週、湖畔での夕食のあと、家路につくと、ちょうど進行方向に、満月がきれいに見えていました。写真を撮ろうとするのですが、高速道路上で車が進むのが早く、しかも、わたしの手が揺れたためか、あるいは、ウンブリアの道路によくある穴があったからか、写真を見ると、色とりどりの光たちが、にっこりと笑う光のように写っています。

f0234936_62557.jpg

 高速道路に上がる前は、車の速度が遅いので、月はきれいに撮れたのですが、この辺りはちょうど大きな店が立ち並ぶ地域で、月はいいけれども、景色がいただけないと、

f0234936_6251266.jpg

高速道路で、緑が多く、しかも月が正面近くに見えるところで、写真を撮ろうとしたのですが、車が進むのが早いため、冒頭の写真のように光が弓を描いたり、この写真のように、流れ星や光の雨のように写ったりして、なかなかうまく撮れません。

 それでも、笑っているように、踊っているように見える光が、何だかきれいで、楽しい気分にさせてくれる気がします。

***********************************************
Sorride il monte, sorride la luna e sorride la strada :-)

Volevo fotografare la luna piena,
ma eravamo sulla superstrada e tremavano le mie mani,
oppure sono riuscita a catturare nella foto
un bel sorriso dell'universo che con i nostri occhi
di solito non possiamo vedere...
***********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-07-24 23:25 | Altro | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25485773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-07-25 06:41
おはようございます。
車の振動で揺れて、やや歪んだ光と月は
確かに笑っていますね。
日常の何気ないワンシーンも、捉え方ひとつで
楽しい瞬間にしてしまう、
そんな感性に凄く惹かれます。

↓ 庭の古代小麦の収穫、ご主人様の嬉しそうなお顔に
こちらまで幸せな気持ちになりました(^^)
Commented by ayayay0003 at 2016-07-25 06:57
高速道路では、ほんとに美しい夜の景色を撮るのは難しいですね!
でもなおこさんが仰るように、なんだか少しブレた光が笑うように見えるお写真に癒しを感じますね☆
灯りというのは、捉え方ひとつでほんとにこころがあたたまるなあ~と感じるお写真ありがとうございます♪
そう言えば、お月さまが美しい日でしたね☆
遠く離れていても同じお月さまを眺めてると思うといつもですが感慨深いものがあります(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2016-07-25 15:59
butanekoさん、月はきれいに撮れませんでしたが、光が笑っているようで、色とりどりできれいなので、おもしろいなと思いました。

ありがとうございます。ドライブ中に見かける麦畑と育ちぶりを比べて心配したりしていましたが、無事収穫ができて、うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-07-25 16:01
アリスさんも、経験がおありなんですね! 光は他の景色に比べてぶれがはっきり出るので難しいですよね。

本当に遠く離れていても、同じ月を皆さんが眺めているのだと思うと、感慨深いです♪
Commented by mokochan at 2016-07-25 22:17 x
なおこさん、こんばんは。メルマガ更新ありがとうございます。過去のメルマガを読むと、これまで何度も同じことをなおこさんは話してこられていますね。
私も読んでいたはずなのに、その内容を実際は理解できていなかったわけで、今回のイギリス旅行はまさにそれを実感できたというところです。
英語で話したといっても使っていた文法は現在、過去、現在完了だけでした。そして覚えている単語もごく基本的なものだけで(汗)それでもどうにか楽しかったのですから。。
いま、ラジオ講座でも近過去をやっていますので実際に自分にあったことを書きながら覚えていこうと思います。
また何処かでイタリア人に会うことに備えて!!(笑)
景色が笑っている写真、楽しかったですよ。。。
メルマガ続きも楽しみにしています。
Commented by milletti_naoko at 2016-07-25 22:44
mokochanさん、こちらこそさっそくありがとうございます。mokochanさんの英語は、その段階まではしっかり身についているということですよね。自分が潜在知識として持つ知識を、どこまで総動員して意思の疎通が図れるかということが何より大切なので、すばらしいと思います。いつかどこかでイタリアの方に会う機会もきっとありますよ! メルマガの続きを楽しみにしてくださって、そうして、笑う景色の写真を楽しんでくださったと知って、うれしいです♪

ブログでもメルマガでも、確かにいろいろと切り口は違っても、結局は同じところに行きついていますよね。今回一番書きたかったのは、動詞の自然な、最も覚えやすい習得順序というか、その順序でしか脳が積み上げていけないイタリア語の動詞の法・時制の学習順序だったのですが、少々脱線してしまいました。ただ、メルマガ第1号の発行以来ずっと心にかかっていたテーマなので、ようやく書き始められてほっとしています。次号の内容の先駆けになりますが、長い間イタリアに暮らしていても、条件法と接続法を身につけられるところまではいかずにイタリア語の力の伸びが止まってしまう移民が多いので、そのために、最後の二つは( )でくくってあります。

それでわたしもフランス旅行出発前に時間がなくて、条件法や接続法までは問題集で終わりそうになかったのですが、旅行前に短期間で復習してそこまで完全に身につけるのはどうせ無理と開き直って、できるところまでをていねいに勉強するように学習法を切り替えました。結果としては、今までに比べると、いろんなことをきちんと言えるようになりましたが、使ったのはわたしも、もっぱら直接法現在と複合過去(イタリア語でいう近過去)で、未来や半過去、条件法は頭のどこかで覚えているし見たら分かるはずなのに、考えに考えて思い出してようやく口から出ることが多かったです。お互いに頑張りましょう!
<< 湖に夕日も月も愛でる夕、トラジ... 古代小麦を庭で初収穫 >>