アドリア海岸の朝日、ファーノ

 今朝はリッチョーネのホテルを5時半過ぎに出てから、アドリア海岸沿いに走る高速道路を南下してファーノに向かい、ファーノで高速道路を下りてからは、グッビオを通って、ペルージャに戻りました。

 朝できるだけ早く出勤しなければいけないでしょうに、「海沿いの町、ファーノで高速道路を下りたら、海に昇る朝日を見に行こう」と提案して実行してくれる、そういう夫でありがたいです。海に近い道路でよく見かける「海」(mare)という案内標示がまったく見当たらないので、地図を見ながら、「海は中心街の方向にあるようだ」などと見当をつけ、あてずっぽうに車を走らせました。

 ようやく「港」(porto)という標示を見つけて、近くに車をとめ、海辺に向かって速足で歩くと、赤々と昇る太陽が、準備中の市場の露店の間から見えます。

f0234936_5522622.jpg
Alba a Fano, Marche 26/8/2016 6:31

 わたしたちが浜辺に着いたときには、太陽はすでにすっかり水平線から顔を出していましたが、

f0234936_5533179.jpg

朝日に茜色に染まる空や海が見られて、うれしかったです。

f0234936_5534121.jpg

 波も日の光に輝いています。浜辺には砂ではなく、とても平たい丸い石が、幾重にも重なっていて、「リミニに比べて、海の水がずっときれいだ」と夫は言っていましたが、それは、早朝だったからでもあると思います。

 時間がないので、このあとすぐに浜を後にして、近くのバールで朝食を済ませたあと、車でペルージャに向かいました。


関連記事へのリンク

- いきなりアドリア海岸、夜もにぎやかリッチョーネ

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-26 22:53 | Marche | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/25708033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-08-27 14:56
なおこさん、アドリア海に上る太陽の素晴らしい景色ありがとうございます♪
こういう景色を見れると今日も1日がんばろう!という気持ちを頂けますね(*^_^*)
帰ったら早速お仕事の旦那様なのに、綺麗な朝日を見よう!なおこさんに見せたい!というこころの余裕が嬉しいですね♪
Commented by milletti_naoko at 2016-08-27 19:03
アリスさん、瀬戸内海の夕日もきれいですが、アドリア海岸の朝日もきれいだなと感動しました。

もう20年以上昔の話ですが、今治東高校から野村高校に転勤になったあとも、今治のお師匠さんのところにしばらくは野村から車で出かけて、競技がるたの練習に通っていたのですが、今治から野村に戻る途中、夕方瀬戸内海が近づくと、西の空が赤々と美しかったのをなつかしく思い出しました。
Commented by fukusukesan at 2016-08-27 21:28 x
なおこさん、こんばんは^^ 時々プログは、拝見させて頂いてはいるものの。中々、メッセージが書けません。。時間が無くて。。なんてなおこさんは、スーパーウーマンだなぁ~と。いつも忙しいでしょうに、素敵なプログを更新されていますね^^素敵な風景をありがとうございます。旦那様、素敵ですね、二人で楽しんでおられるのが、毎回、伝わってきます^^なおこさんも、長距離を運転されるのですか?イタリアで、車で移動した事があるのですが、日本に比べて、皆さん運転がかなりアクティブに感じるのですが。。。私だけでしょうか?^^運転にラテンの血が入っている様に思うのですが、そんなイタリアの道路をなおこさんも、運転しますか?またまた、尊敬です^^毎回、素敵なプログ、楽しく読ませて頂いております。日本の夏の暑さに負けて、語学を放置しておりました。。。。涼しくなったら、又、再開しなければ^^
Commented by milletti_naoko at 2016-08-27 21:46
fukusukesanさん、ご愛読と心のこもったお優しいコメントをありがとうございます。肩の痛みのせいでもあるのですが、ブログ更新のために家事にしわ寄せが行っていて、反省しています。イタリアの道路はおいおいという運転をする人が多いのですが、夫によるとナポリ、かつての社会人生徒さんたちによると、ローマなど、運転したくない場所、あるいは殺気立った独特の運転を皆がしている場所があるようで、そういう場所の運転は絶対避けるつもりでいます。

わたしもすっかりフランス語の勉強をさぼっていて、しっかり日本語の勉強を進める生徒さんたちを見るたび、頑張らなければと思っているところです。
<< 結婚式、愛の誓いと合唱団 いきなりアドリア海岸、夜もにぎ... >>