うれしい報告と新しい生徒さん、日本語のあいさつの歌

 大学の日本語の試験の点が今ひとつで、再挑戦しようと思って、低い合格点を退けたものの、数か月勉強せずにいたら、日本語をすっかり忘れてしまい、夏休み明けには試験があるのに、どこから手をつけていいか分からない。最近わたしが日本語を教えてきた若者の一人は、そういう事情で、わたしのところに個人授業に通うようになりました。

 引き受けた当時は心配していたのですが、幸いやる気は十分にあり、どうやら問題は、何でもかんでもまるごと記憶してしまう傾向があるので、大学の授業であれ、わたしの授業であれ、同じように問いかければすらすら答えられるけれども、少し問い方を変えると、たちまち分からなくなってしまうという記憶の仕方の癖にあるようでした。

 それで、試験勉強にも使える練習問題や文型整理のプリントを作ると同時に、絵を利用して、問い方をいろいろ変え、「まるおぼえ」ではなく「考えて」答えられるように、訓練をしてきました。9月に入ってからは、英語やドイツ語の試験が毎週複数あって、大丈夫かしらと心配していたのですが、昨日の朝電話があって、「満足な点数を取って合格することができました。ありがとうございます。」という電話がありました。ほっとしましたし、すぐに電話をしてくれて、うれしかったです。「今回の授業はおとといで終わりですが、冬の試験前には、よろしかったらまたお願いします。」とのことでした。

f0234936_6355555.jpg

 昨日の午後は、新しくゼロから日本語を学習するという社会人の生徒さんとの初顔合わせでした。大学や語学学校、町の語学講座と違って、個人授業では、個人の希望に合わせて、学習内容や教科書、学習方法も決められるので、生徒さんが将来日本語を使って何をしたいか、どういうレベルまで到達できたらと望んでいるかということを、質問を通して聞き出し、初めての出会いの際のあいさつや日々のあいさつ、ひらがななどを、いっしょに勉強しました。やる気がありそうで、これからが楽しみです。

 採用する教科書なのですが、この春、N3受験を目指して学ぶ中級に上がった生徒さん用にと、中級の教科書をいろいろ探したとき、わたし個人としてはよくできていると気に入っているHoepliの教科書は、初級までしかイタリアでは販売されていないことを知り、残念に思いつつ、これまでチームを組んで教える際に、しばしば使ってきた『みんなの日本語』を使うことにしました。

 それで、長期的に勉強するつもりであるならば、やはり同じ教科書を使い続けた方がよかろうと、新しい生徒さんの教科書も『みんなの日本語』がいいだろうかと昨日は考えたのですが、今朝になってから、どこで注文するのが一番いいかと、アマゾン日本・イタリアのサイトなどで調べるうちに、だんだん迷いが出てきました。アマゾンイタリアでは、『みんなの日本語』の評価がかなり高いのですが、アマゾン日本では指導法の古さを指摘するコメントもかなりあります。さらに、漢字やロールプレイ、作文練習などが教科書にはいっさいなく、別冊で購入するか、教える側が進度に応じて取り上げる必要がある上に、何よりももととなる指導法が古すぎるのが問題だと思い、結局はHoepliの教科書にすることに決め、それから、あいさつやひらがなの学習によさそうなウェブページを探しました。そうして、そうした情報をメールで新しい生徒さんに知らせました。

 あいさつと言うことで、今日は彦根の龍澤寺で2009年春に見かけた、あいさつへの言及もあるポスターの写真を添えています。そうして、教材を探していて見つけた、社会人向けの授業には今ひとつですが、とても楽しい歌をご紹介します。



******************************************************************
Ha superato l'esame di giapponse il ragazzo che ho aiutato a studiare in questa estate. Grazie per la telefonata, ne sono molto contenta :-)
******************************************************************

LINK
- イタリアの方言と日本語特訓の成果その3
↑↑ 彦根の龍澤寺の写真があるので紹介したのですが、たまたま記事も、日本語でも他の外国語の学習でも、丸覚えではいけませんということを伝えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-29 23:37 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/26153190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-09-30 08:12
なおこさん、今日の記事を拝読して、リンク先に飛んでさらに拝読して驚きました!
最近、日本では、ゴルフの選手が英語をしゃべれるようになったという英語教材を売り出してて、ココ何年かその商品がヒットしていますが、英語の場合は、文法も勉強しているからある程度は入って来るのですね!
その商品は、なおこさんが紹介してる英検1級に役に立ったものとは違いますが!
そう言われてみれば、フランス語のオペラを何度も聴いて演奏会に行く予習をしてた時、知ってる単語は口ずさむように出てくるのに、知らない単語は何度聴いてもメロディーだけしか覚えませんでした(笑)
語学学習は、読み、書き(文法)、聴く!と近道はないのですね^^;
丸暗記はダメということ、知れてよかったです(^^♪
Commented by mokochan at 2016-09-30 10:41 x
なおこさんBuongiorno!
ちょっと生活慌ただしくコメントもご無沙汰してしまいました。ちゃんと読んでいたのですが。。。
インスタグラム、私もやっています。なおこさんをフォローしています!数年前から父と旅行に出る時に家族に無事であることや様子を伝えるために始めたのです。妹や姪、私の家族もインスタグラムを見てくれればコメントも書き込めるし本当に便利です。家族だけの写真や言葉を書いているので非公開なんです。
ボタンの記事楽しかったですよ。私もボタン大好きです。
今日で9月も終わりです、明日から10月いよいよ秋本番ですね、ペルージャの秋便りを楽しみにしています。
Commented by suzu-clair at 2016-10-01 17:58
生徒さんの試験合格おめでとうございます。
生徒さんががんばって成果を出されると嬉しいですよね。
やる気のある生徒さんは、こちらもやる気をもらえますね。
なおこさんのような熱心な先生にめぐりあえた生徒さんも、
とても幸運だと思います。
以前の勤め先で、
外国人講師たちが、日本人に言葉を教えるためにいろいろ工夫し、教え方を研究しながら頑張っていたことや、
彼ら自身も、日本語を習得するために努力していたことなど、思い出しました。
言葉が通じる、心が通じるということは、
本当にすばらしいことですね。

これからもますます、
よいお仕事をなさっていってくださいませ。
応援しています。
Commented by milletti_naoko at 2016-10-02 22:48
アリスさん、その教材が実際にどういうものかは聞いたことがないので分かりませんが、もしたとえば旅行中に必要な決まったパターンの文例だけ覚えるというものであれば、確かに日本語の場合を連想していただいても、「お元気ですか」「はい、元気です。」など、確かに同じことをそのまま繰り返せばいいものを覚えて、旅行場面で役立つということはあるかもしれませんが、それは、本当に英語の力を自分のものにしていくということとはかなりの格差があると思います。

そういう表現が旅行で役立ったということをきっかけに、興味がわいて、また、別の本当の勉強ができていけばいいのですが。
Commented by milletti_naoko at 2016-10-02 22:53
mokochanさん、こんにちは。ご愛読ありがとうございます。インスタグラムのフォローも♪ 使い勝手が分からず、せっかく書いてもらったメッセージをうっかり消してしまったり、試行錯誤しながら使い方を学んでいます。
Commented by milletti_naoko at 2016-10-02 22:54
すずさん、ありがとうございます。そう言えば、わたしも、日本でいろんな外国の先生から英語を学びました。皆さん、いろいろと大変な思いをされながら、授業の準備をしてくれていたのでしょうね。

ありがとうございます♪
<< パンおいしノリも抜群アルタムー... ボタンへの情熱、初日本と博物館... >>