秋の窓集って冒険テントウムシ

 10月末の土曜日、ミジャーナの家のピザ窯設置応援に、フランコたちがやって来てくれた午後、日が差し始めた西向きの窓を開けようとしたら、テントウムシたちがたくさん屋内に入ってきたので、びっくりしました。

f0234936_5531978.jpg
Coccinelle alla finsetra! 29/10/2016

 二十数匹はいたのではないかと思います。実は、テントウムシといっしょに、アブもたくさん入ってきて、外に追いやるのにしばらくかかった上、アブといっしょでは写真が美しくないため、時間が経って、テントウムシたちがそれぞれ思い思いの方向へと分散してから、写真を撮影しました。

f0234936_552542.jpg

 下へと向かい、窓台の裏側を、背を床に向けて歩き始める器用なテントウムシもいれば、

f0234936_602022.jpg

高いところに興味があるのか、仲間たちから離れて、上へ上へと登っていくテントウムシもいます。

 
f0234936_614276.jpg

 窓辺を離れて、机の上の夫のバッグにまで遠征したテントウムシたちもいます。

f0234936_64875.jpg

 このあとマヌーに誘われて、秋のテッツィオ山を散歩しに出かけました。帰宅して2階に上り、テントウムシたちが入ってきた西向きの窓から外を見やると、オリーブの木々の向こうに、紅葉した森が見えて、きれいでした。

**************************************
Tante coccinelle alla nostra finestra!

Fuori bei colori d'autunno.
Migiana di Monte Tezio, Perugia 29/10/2016
**************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  
by milletti_naoko | 2016-11-10 22:11 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/26825555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by butanekoex at 2016-11-11 12:54
なおこさん、こんにちは。
てんとう虫がたくさんですね。
私は虫は苦手なのですが、てんとう虫だけは「怖い」ではなくて「可愛い」と
手の平にのせて眺めます。
でも、残念ながら住宅に囲まれた我が庭では
みかけることがほとんどないのです。
やはり、自然の少ないまわりの環境が関係しているのでしょう。
てんとう虫は、アブラムシを食べてくれるので、
野菜を栽培している農家さんでは、
買ってきてまでもてんとう虫を畑に放すという話を聞きました。
姿がかわいくて、害虫を退治してくれるてんとう虫と共存できるといいですね。
そして、窓から見える紅葉の景色に目を奪われました(^-^)
Commented by ayayay0003 at 2016-11-11 17:41
なおこさん、テントウムシのお写真可愛いですね~(*^_^*)
アブには、困りました!でも今の時期にアブがいるのですか?
家も、9月いっぱいまではアブを見かけますが10月に入るとさすがに少なくなり
11月には殆ど見かけません!ところ変わればでしょうか?
ミジャーナも少しずつ紅葉が始まりつつありますね☆
楽しみな季節になって来ました(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2016-11-11 18:46
butanekoさん、こんにちは。わたしも虫が苦手なのですが、たまにサソリやゲジゲジ、スズメバチに出くわす日々の中で、嫌だなという思いはあるものの、以前ほどは恐怖感を感じなくなりました。

紅葉がきれいに見えるあたりは、90度とは言わないまでも、かなり急な岩がちな斜面になっていて、残念ながら散歩はできないのですが、うちからこうして見ることができて、わたしもうれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2016-11-11 18:52
アリスさん、軒下に日が当たる時間帯は窓の周囲が温かくなるからでしょうか。窓を開けるとテントウムシがたくさんということは、これまでにもあったのですが、夏は飛び回りがちなので、撮影が難しかったんです。今回はこうして撮影もできてうれしかったです。地震がこの翌朝起こっているのではありますが、テントウムシはかわいいし、長い目で見て、皆にいいことがあればいいなと思っています。

アブは、ミジャーナでもたまに見かけるのですが、窓を開けるまでは、周囲に見かけなかったので、いきなり入ってきたアブたちにびっくりしました。幸い、窓の外の方が明るく暖かかったので、すぐに出て行ってくれました。

この日散歩に出かけたら、紅葉がきれいで、うれしかったです♪
Commented by mokochan at 2016-11-11 22:19 x
なおこさん,こんばんは。
窓辺のてんとう虫がとまっている所がチョコレートケーキに見えてしまいました。
神曲についてのお返事ありがとうございました。とても難しそうですね、メルマガの18、20号を読んだらほとんど満足してしまいました。なおこさんも未読の本がたまっていらっしゃるとのこと、私もそうなんです。
読みたい本はあとからあとから増えていき、それこそ積ん読になっています。もっと本を早く読めるといいのですが。
「絵で読むダンテ」なら読めそうかな?と、私もとにかく積ん読を消化することにします。
Commented by milletti_naoko at 2016-11-12 09:21
mokochanさん、窓台は古いレンガ風に作ったレンガなのですが、そんなふうに見えたとは! 『神曲』は7世紀前の作品ですが、もともと現代イタリア語は、14世紀のフィレンツェのダンテ・ペトラルカ・ボッカッチョの作品に文法や語彙の基盤を置いて数世紀使われてきたイタリア半島共通の書き言葉を母体としているため、そういう意味では、日本の古典よりも現代語に近くて読みやすい部分もあるんですが、まずは日本語訳から入ってみるというのも一つの手だと思います。読書の秋ですよね。
Commented by ムームー at 2016-11-13 06:08 x
なおこさん
おはようございます。
テントウムシって最近見ないのですの。
以前はそこらじゅうにいたと思いますのに。
こんなに訪問したなんておどろきですね。
窓から見えるオリーブと紅葉
素敵な眺めですね。
ゆったりとした時間が流れますね。
Commented by milletti_naoko at 2016-11-13 07:50
ムームーさん、わたしはかわいいと喜んでいたのですが、夫によると、ミジャーナの2階の窓は秋になってから開けるのが多くとも週1、2回と少ないので、テントウムシたちが集団で越冬することに決めて冬眠をしていたところを、わたしが起こしてしまったのではないかと言うのです。窓の開閉は必要なので、どこか他のところにいい場所を見つけてくれるように祈っています。

秋の山の美しさに感動しました♪
<< アオスタ夜散歩と新推理ドラマ、... 洗濯のイタリア語と悪臭退治90... >>