FBウィルス写真装う添付ファイルつきメッセージで感染の恐れ、イタリア

 サイバー犯罪の世界では、同種のウィルスや詐欺が、英語圏→イタリア語圏→日本語圏と、領域を広げていく傾向があります。今回ご報告するのは、イタリア警察が警告するイタリアで蔓延中のウィルスですが、他国にお住まいでイタリアとは縁のない方も、そのうち同じような手口によってウィルスが蔓延し、危険に出会う可能性があり、イタリアに関心があって、イタリアの方や店などとFBで交流があれば、日本あるいは世界の他国に暮らしていても、この新たなウィルスに感染する恐れがあるので、ご注意ください。


 友人アカウントからのチャットにおける個人的な会話を装って、送ってくるメッセージに、写真を装うような添付ファイルがあり(上記イタリア警察FB投稿における例であればPhoto_4060.svg)、それをクリックすると、ウィルスに感染してしまうようです。

 友人アカウントから来るメッセージだと、つい安心して、すぐに添付ファイルをクリックして開けてしまいそうです。上の例では".svg" というファイルの拡張子が、ウィルスと判断する決め手になるようなのですが、今後また犯人が手口を変えて、新たな拡張子を使わないとも限りません。友人からのメッセージだと安心して、すぐにクリックすることなく、ウィルスの恐れがあると思ったら、その友人に自分にそういうメッセージを本当に送ったか否か確認するなど用心し、友人からのメッセージだから安心だろうと、気軽に何でもクリックしてしまわないように気をつけましょう。

 実は数日前にも、FBのメッセンジャーで「友人からのメッセージ」と思い込んで添付ファイルをクリックし、スマートフォンがウィルスに感染する被害が多発しているというイタリアのオンラインニュースを見かけました。記事中の広告があまりにもうるさいので、そのときは記事にしなかったのですが、今日はそのFB経由ウィルスのニュースを、警察のFB投稿でも、Sky TG24のツイートでも見かけましたので、かなり被害が拡大してきているのではないかと思い、記事にしました。

 「感染した友人アカウントから、友人本人が知らぬうちに送られてきたウィルスつきメッセージ」である点が、「友人だから安心だ」と思う利用者のすきにつけこんでいて、悪辣だと思います。実はわたし自身、数年前にツイッターのダイレクトメールで、大学時代の親しいイタリアの友人でかつ英国にも留学していて英語が堪能な女性から、「ここにあなたの写真が」というメッセージを受け取り、海外からの友人も多いからメッセージを英語にしたのだろうかと、つい疑いもせずにクリックをしてウィルスに感染して、ツイッターでフォローしてくださった方すべてに自動的に同様のウィルスつきDMメッセージが送られてしまい、その削除に非常に時間と手間がかかった上、何より受け取った方に迷惑をおかけしたという苦い経験があります。

 お互いに十分、気をつけましょう。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-23 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27026476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-11-24 09:55
なおこさん、最近は手の込んだウィルスがあるのですね~
私は、どちらもしてないのですが、ラインとかでもありそうで知らない人からのラインとかもどんどん入って来る世の中、ほんとに怖いです!
便利だけど、こういうことには気をつけないといけない世の中になりましたね~(・。・;
Commented by jiroemon0310 at 2016-11-24 16:32
FBもツィツターも卒業した治郎右衛門ですがPCには足跡が残っているようで未だなんやら送られてきますw

家電もへんてこりんな勧誘ばかりで日本も変わりましたw

ウイルスの後始末、めっちゃ大変そうでお疲れ様でした・・・
便利ですが困った世の中になりましたw

今日は厳寒(笑)の市川、猛烈に寒いとニャーコが申しておりましたw(^_-)-☆
Commented by フィレンツェのYUKI at 2016-11-24 16:38 x
貴重な情報。ありがとうございます。
知り合いを通してのメッセージは、ついつい、気軽に開けちゃいますもんね。
湧いて出てくる犯罪に、辟易してしまいますね。
ともかく気をつけます。
Commented at 2016-11-24 19:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2016-11-25 17:26
アリスさん、ラインの乗っ取りというのも、最近は少なくないようで、わたしは利用していないのですが、フェイスブックやツイッターでよく情報を見かけます。手口は似ていて、友人アカウントから他の友人の連絡先を聞かれてうっかり…など、やっぱりすきにつけこむものが多いようです。わたしも十分に気をつけます!
Commented by milletti_naoko at 2016-11-25 17:33
治郎右衛門さん、メールにフェイスブック、ツイッターと、瞬時に離れていても日本と、世界中の人と連絡が取れるのは便利ですが、同時に世界中のウィルスに攻撃される可能性もあるので、困ったものです。

日本でも家電のへんてこりんな勧誘があったりするようになったんですね!

日本で雪が降っている様子、積もった様子をいろんな方の写真で見たところです。寒いのでしょうね。どうかお体を大切に。
Commented by milletti_naoko at 2016-11-25 17:41
Yukiさん、あの手この手で情報を盗み、他人のパソコンやスマートフォンを思うままにいじろうとするようなウィルスが、残念ながら世界中で出回っているようです。お互いに気をつけましょう。

ウィルスと言えば、フィレンツェでは相変わらず髄膜炎が流行っているようで、フィレンツェでは髄膜炎を防ぐワクチンが無料だというのは、うらやましくもあるのですが、それだけ件数が多いということでもあるのでしょうね。
Commented by milletti_naoko at 2016-11-25 17:53
鍵コメントの方へ

海外の地方の町に住んでいることもあって、日本語を勉強したい、通訳・翻訳が必要だという方に見つけてもらうためには、どうしてもSNSが必要だと考えて、かなり世間から遅れてですが、いろいろと使い始めました。疲れないよう、バランスを取るように十分気をつけなければとは、つくづく思います。

仕事という観点から言えば、わたしこそ、もっとイタリア語学習や日本語教育、通訳・翻訳の仕事などについて書かなければと反省しています。ただ、ずっと楽しみにしてくださっている読者の方がそうすると引かれるかな、記事がおもしろくないだろうかという思いもあったりはするのです。

こちらこそお仕事に心を込めて一つひとつていねいに取り組まれるようすがすばらしいと感嘆しています。温かい真率なコメントをありがとうございます♪
<< 日本語学習お役立ちアプリObe... うれしい贈り物にびっくり >>