Buon Natale、ペルージャクリスマス市

 今日は夫に付き添ってもらって市警に行ったあと、ペルージャ中心街のクリスマス市を訪ねて、クリスマスの贈り物の購入を終えました。

f0234936_801326.jpg
Mercato di Natale nella Rocca Paolina, Perugia 24/12/2016

 中世の町がそのまま城塞に封じ込められたパオリーナ城塞では、ふだんは入れない場所がクリスマス市のおかげで開いているところもあって、興味深かったです。

f0234936_86970.jpg

 中心街の広場には、こんなふうに小さなクリスマスツリーや冬の庭の草木を、庭のように展示しているところがあり、夫がきれいだねと感心していました。

f0234936_895114.jpg

 ペルージャ市警では、状況を説明して罰金・減点を取り消しにするには訴えなければいけないと言われ、しかも、用心のために罰金が安いうちに払っておいて後で裁判に勝って払い戻すことはできず、罰金を払えばそこで違反を認めたことになり、裁判に訴えることができないようです。129ユーロの今払うか、それとも400ユーロ以上になるかもしれない罰金や裁判費用を払い、時間や気力を浪費することになるか。129ユーロ払ってしまってあきらめた方がいいのではないかと夫には言われ、わたしも最近は信号が黄色に変わってすぐに止まるようにしているものの、あのときはひょっとしたら前の車が信号の読みか何かを間違って進んだのに、わたしはその後についていったのかもしれないと疑問が頭をかすめ、もう約2か月前のことなので、記憶も定かではありませんし、そもそもひょっとしたら赤信号が出ているときは、義父が言うように、たとえ担当員が直進・左折を指示していても、信号の方を守らなければいけなかったのかもしれません。市警で尋ねても、当時だれがどんなふうにあの交差点の交通指導をしていたかは、自分たちで調べろとのことです。

 129ユーロはあきらめても、6点の減点が気になっていたのですが、夕方またもするべきことを後回しにして、と言うよりは「おめでとう」と書くべきメールを書く気になれず、交通規則などをいろいろ調べていたら、恐ろしいことが分かりました。昨年、交差点直前で歩道に駐車されていた脇の車が動くのに気を取られて、赤信号で進んで罰金・減点を課されてから2年経っていないので、なんとさらに1~3か月の免許停止になると言うのです。車を運転するときはお酒は一滴も飲まず、携帯電話はどんなに鳴っても決して手に取らないようにしていて、信号にも十分に注意していたのに…… わたしに非があることが確実なのが分かればあきらめもつきますが、本当はわたしに罪がまったくないのに、こんなにひどい仕打ちに遭っている可能性も大いにあり、しかも安く罰金を済ませたければ、払い込みは27日火曜日の休み明けまでにしなければならないということで、困っている最中です。ただ免停の件は、せっかくクリスマスの準備を終えてほっとしている夫の心を穏やかに保つためにも、26日までは夫には言わずにいるつもりでいます。

f0234936_8361166.jpg

 中心街を歩いていたら、冬の町でもこんなふうに、緑や

f0234936_8393669.jpg

元気よく咲く花たちが、歴史ある石造りの建物を彩っていて、とてもすてきでした。

f0234936_841022.jpg

 ふと気づくと、うちの窓からの夕焼けの眺めもそれはきれいです。

 クリスマスおめでとうございます。どうか皆さんのクリスマスの1日が、うれしいことの多いすてきなものでありますように。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-12-24 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27386869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-12-25 09:23
なおこさん、ペルージャのクリスマス市は、賑やかで私にとってはイタリアのクリスマス市はとても珍しくてありがとうございます(^_-)-☆
最近は、大都会では、クリスマス市なるものも存在しているようですが、やはり本場のヨ―ロッパとはずいぶん違うだろうな?とは思うのです。

しかし、交通違反の罰金・減点問題は、少し気が重いことになりましたね!なおこさんは、おそらく悪くはないと思うのですが・・・
私もお話した違反、実は続けてのことだったので免停にはならなかったものの、更新する時違反者講習会を受けなければならなくてちょっと気が重かったことを思い出します(-_-;)
こういう時私は、事故して人に怪我などさせなくて良かった!そして自分が交通事故に遭いひどいことにならなくて良かった!と良い方向に思うようにしています。

どうかなおこさん、素敵な楽しいクリスマスをお過ごしくださいませね~(^^♪
メリークリスマス♡
Commented by paradiso-norina at 2016-12-25 19:57
この時期になるとヨーロッパ(特にドイツとかイタリア)のクリスマス市に迷い込みたくなります。
素敵ですね、ペルージャの雰囲気も。
いつかクリスマスをイタリアで楽しむことができればいいな。

罰金、違反の件は頭が重~くなりますけど、、
せめてクリスマスの日だけ忘れて楽しくお過ごしくださいね。
メリークリスマス
感謝と祈りを。
Commented by mokochan at 2016-12-25 23:29 x
なおこさん、こんばんは。
なんと言うか、普段はあまりきっちりしていないイタリア?なのに、どうしてこういうことになるのでしょう?
日本では最近車にドライブレコーダーをつけることが多くなりました。我が家の車にはまだついていませんが、車屋さんには薦められます。事故が起こったときなど責任をはっきりさせるためではあるのですが、きっとこういうことにも役立つかもしれませんね。
日本では明日からスーパーにはおせち料理が並び始めます。
イタリアではまだクリスマスが続くのですね、なおこさんが穏やかに過ごせますように。。。。
Commented by milletti_naoko at 2016-12-26 08:03
アリスさん、興味を持ってくださったと知って、わたしこそうれしいです。ありがとうございます。

アリスさんのお言葉とご経験、励みになります。どうかすてきな年末年始をお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2016-12-26 08:06
mokochanさん、こんばんは。本当にきっちりしていれば、このとき交差点で工事が行われていたことや、だれが交通整理を担当していたかが市警の交通課で分かりそうなものなのですが、中途半端にきちょうめんなので、困っています。そういうレコーダー、やっぱりあった方が便利そうですね。

ありがとうございます。どうかmokochanも穏やかでよい年末年始をお過ごしくださいね。
Commented by miwa at 2016-12-26 22:58 x
なおこさん、こんにちは。なんとも腑に落ちない罰金で自分の事の様に苛立ちを感じました。実は私も今年の初め罰金の通知を受け取りました。ある講座に参加する為、めったに利用しない交差点を通行中でした。
まだこちらで運転し始めて一年足らずで当然日本で運転していた時より、それは慎重に注意していたはずが、一方的な文書で「赤信号通行」との事で・・・。予期せぬ事でびっくりしたのと、日本のようにその場で直接切符を切られたのではなく、二ヶ月も経って知らされるというなんとも不条理な方法に愕然として泣きながら主人に知らせたほどです。ただ幸いぎりぎり管轄が自分の住んでる市だったので、その後の手続きに隣街まで行くこともなく、収めたお金も自分たちの街に還元されるのだから・・・・とか、事故に巻き込まれたのではないのだから・・・とか気持ちを落ち着かせるよう努力(笑)しました。主人の友達に話たところ、その交差点で彼の同僚も何度となく罰金通知を受け取り、どうやら信号が黄色に変わってすぐに赤信号とみなすようカメラが設置してあると知って、とても慰められました。同じことが起こらない事を祈るばかりですが、なおこさんの書かれた様な減点制度になっていたとは知らなかったので、とてもびっくりしました。それでももっと悲惨な事で命を落としていく人達の事を考えれば・・・とこの時期特に感じますね。先日、住んでいる街の図書館で着物で書道のデモンストレーションをしました。個人でイベントをするなどとても勇気のいることでしたが、アマトリーチェの地震が起きた時、日本文化を紹介する傍ら寄付が募れたたらいいなと思い早速図書館宛にメールで意向を伝えました。快く機会を与えてもらい、図書館スタッフや主人の協力もあって想像以上に人が集まり、年の締めくくりに逆にこちらが感動させられました。今年はイタリアでも日本でも自然災害のニュースが多かったですが、事が起こった時に一致団結する事や強さを保つ事、もちろん自分自身にとってもこれからの目標だと感じます。なおこさんファンとして来年のご活躍お祈り致します!
Commented by milletti_naoko at 2016-12-27 08:20
みわさん、そういう思いがけず愕然とする思いをされながら、被災地の方のためにとすぐに実行に移される様子がすばらしいと思います。すてきな紹介をされたことでしょうね♪

お優しいお言葉、本当にありがとうございます。励みになります。
<< クリスマス2016 ようやくプレゼーペ、夫の手直し >>