セルペントーネ、雪の年始訪問とイタリア寒波到来

 セルペントーネ(serpentone)は、ペルージャでクリスマス、年末年始に食べる伝統的な菓子の一つで、アーモンドをふんだんに使って作ります。

f0234936_6254817.jpg

 今年は1月3日に、夫がセルぺントーネを作りました。アーモンドの皮をむいたり、ちび蛇にチョコレートで模様をつけたり、皿洗いをしたりと、わたしも少しだけ手伝いました。うちの電気オーブンは、この数年の間に、実際の加熱温度が、オーブンに設定する温度の数字よりもかなり高くなってしまい、できるだけ低めに設定するのですが、いつも焼き加減に苦労します。今回セルペントーネを焼く際にも、一つ目は焼きすぎてしまったため、二つ目は早めにオーブンから取り出しました。

 夫の今は亡き伯母が、かつてそれはおいしいセルペントーネを作って、クリスマスに親戚に贈っていたそうで、それを楽しみにしていた別の伯母たちが、近年では夫が亡き伯母のレシピを参考にして作るセルペントーネを心待ちにしています。そこで、年末年始の親戚回りの手土産にと、夫が腕を振るったわけです。材料や作り方に興味ある方は、下記リンク先の記事をご覧ください。

f0234936_6435877.jpg

 今日は、天気予報では朝10時頃から晴れるはずで、それで洗濯をしたと言うのに、午後1時半過ぎから、激しい北風が吹き荒れ、雪が降り始めました。降る雪はきれいでうれしいのですが、道路が凍結しては大変です。幸い、30分ほどひとしきり降ったあと雪はやみ、そこかしこにうっすらと残るばかりとなりました。

 そこで、以前から予定していたとおり、義弟と共にセルペントーネを携えて、伯母を訪問しました。二人の伯母を訪ねるつもりで、午後3時頃に家を出たのですが、おしゃべりが始まると長くなり、つもる話もあって、結局一人目の伯母訪問が終わったのが午後7時前だったため、もう一人の伯母はまた別の日に訪ねることになりました。途中からは夫や義弟の従妹もやって来て、さらに会話がはずみ、伯母が訪問やセルペントーネを喜んでくれたので、うれしかったです。伯母のうちを出て家路に向かう間も、予報では降らないはずだった雪が降っていました。

f0234936_7155525.jpg
Dal sito http://www.ilmeteo.it

 今夜のテレビニュースでは、イタリア中部と南部に雪が降り、特に南部に、交通に支障をきたすほど雪が積もった地域があるとのことでした。天気予報を見ると、今夜からあさってにかけてはアドリア海岸と南部で雪の予報が出ています。現在の予報では、ペルージャでも、今夜から明日にかけて雪が降り、来週火曜まで最低気温が-5度以下の日が続くということです。道路の凍結を心配する一方、ひょっとしたら今年もまたトラジメーノ湖が凍るかもしれないと、凍った美しい湖を再び見てみたい気持ちもあります。

 イタリアの主な観光都市の天気予報を見ると、雪は降らずとも、各地ともかなり気温が冷え込む日が続くようです。わたしは幼い頃に、札幌から東京へ、中3の冬に東京から愛媛県にと引っ越しているのですが、冬の寒さがはるかに厳しい札幌の方が、家や学校の中が暖房がしっかり効いていて暖かく、逆に外の気温がそれほど冷えない愛媛県は、学校の教室には暖房がなく、家は暖房器具を使っても寒かったという記憶があります。ヨーロッパでも同じことが言えるのか、イタリアの雑誌で、ドイツなど北欧の国に比べて、イタリアの家屋や暖房装置は暖房効率がかなり悪いという記事を数年前に読んだことがあります。ペルージャでは、ひどく冷え込む日があまりないからか、そういうときに暖房が家を暖めるのにひどく苦労する気がしますし、数年前6月に訪ねたパリは、外の気温がひどく寒かったのに、家も学校も屋内は暑いほどで、暖房が効きすぎている状態にイタリアで慣れていないわたしは、驚いたものです。

 というわけで、この時期イタリアに留学・仕事・旅行などで滞在する方は、天気予報(下記リンク参照)などを念入りかつまめに確認して、できるだけ暖かく快適に過ごせるように、衣類や宿の暖房に、十分ご注意ください。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 手作り、セルペントーネ / Serpentone, dolce tipico umbro del periodo natalizio (20/12/2010)
- ペルージャおよびイタリア主要観光都市の6日間天気予報とイタリア各地の天気予報の調べ方~イタリアの比較的正確な天気予報iL Meteo.itを利用 / Meteo in Italia

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-01-05 23:32 | Feste & eventi | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27420212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-01-06 08:55
なおこさん、イタリアは今週、かなり冷え込むようですね!
こちら、愛媛も凄くあたたかいお正月を過ごしたためか、今週末は、そちらほどではないのですが、少し冷え込んできたこようで身体が慣れずに寒く感じています。ちなみに、最高が10度前後、最低が3度前後というところなのでが・・・(笑)

ご主人様の作るお菓子は、いつも行事に食べる拘りのお菓子で、このお菓子、セルペンと―ネも、昨年見た記憶があり、蛇の形をした珍しいお菓子だなあ~と感じていました☆
アーモンドの産地でもあるイタリアらしく、ふんだんに使われてるアーモンドのお菓子と聞いただけで美味しいのが想像出来ます(*^_^*)

トラジメーノ湖の凍ったところは美しいだろうなあ~と私も少しワクワクしましたよ☆
でも寒くなったのでお身体ご自愛くださいませね(^^♪

Commented by mokochan at 2017-01-06 12:22 x
なおこさん、こんにちは。
お正月冬を通り越して春になったような日本でしたが
昨日の午後から急に北風が吹いてすごく寒くなりました。
体が緩みきっていたところに寒さが辛いです。
どうやら日本とイタリアは同じように寒気が降りてきたようですね。。
昨年末から夫が長い休暇で自宅にいたものですから、年末年始おさんどんで疲れ果てました。明日は七草です。
カレンダー上休みが短かかったのですが来週月曜の
成人の日まではなんとなくお休みモードなのではないかと思います。
さて、自分のお休みも切り上げて新年スタートしなければ!
ヘビのお菓子かわいいですね。。。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-07 02:26
アリスさん、愛媛も少しずつ冷え込んできているんですね。うちの夫、菓子作りは得意で好きなのですが、腕をふるうのは年に2、3度の特別な機会だけで、そのときはご覧のように真剣そのものです。アーモンドを使った菓子は甘すぎるものが多いのですが、今回は夫が伯母のレシピより砂糖の量を控えたので、まだまだ甘いもののちょうどいい加減だったようにわたしは思います。

トラジメーノ湖が凍るほど寒いと、寒さは大変ですが、あの美しい湖、もう一度見てみたい気がします。夕べの伯母宅のおしゃべりでは、約30年前には湖がすっかり凍ってその氷がかなり厚く、チンクエチェントで島まで氷の上をドライブした兵がいたという話も聞きました。

ありがとうございます。アリスさんもどうかお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-07 02:30
mokochanさん、長い間だんなさんが家にいると、おさんどんで大変というのは、よく分かります♪ 日本では七草で、来週月曜も成人の日でお休みなんですね。浦島太郎になってしまっているのだなと、教えていただいて改めて感じました。

わたしは昨日今年初めての授業がありました。生徒さんに負けずにわたしも頑張らなければと思い、まずは本格的な仕事始まりの前にメルマガを発行しようと考えています。
<< 主顕節、東方の三博士とベファー... ペルージャ中心街・チョコレート... >>