印象派の電車、ノルマンディー2016

 昨年6月のノルマンディー旅行では、前半はわたしと夫二人で、電車やバスなどの公共の交通機関を使って旅をしました。当時ちょうど、ノルマンディーの印象派ゆかりのさまざまな土地で、印象派の展覧会が開催されていたのですが、6月16日にヴェルノン・ジヴェルニ駅でルアン行きの電車を待っていたら、

f0234936_94592.jpg
Train de L'Impressionnisme, Gare de Vernon-Giverny, Vernon 16/6/2016

 向かいのホームの前に、絵が描かれた電車がやって来ました。

f0234936_9101667.jpg

 印象派の電車(Le Train de L'Impressionnisme)です!

f0234936_9113752.jpg

 窓の日よけ(写真左手)にまで、印象派の絵が印刷されているようです。

 この印象派の電車が走ったのは昨年4月16日から9月25日までの週末で、内部にも印象派を説明する案内があったらしいのですが(下記リンク参照)、残念ながらわたしたちは、時々こうして駅で見かけたり、自分たちの乗る電車の向こうから印象派の電車が来て、猛烈な勢いですれ違うのを見たりしただけです。ただ、こうして外からゆっくり写真を撮れるのは、自分たちが乗る電車ではなかったおかげです。

f0234936_917972.jpg
La maison et les jardins de Claude Monet, Giverny

 この日はモネの家と庭園を訪ねるために、ルアンから日帰りでジヴェルニーに行きました。

f0234936_9213099.jpg

 皆さん、フランスやイタリアで、座席指定のない電車やバスを利用する際は、乗車前に切符の刻印をお忘れなく。刻印を忘れ、無賃乗車を疑われて罰金を取られることなく、旅を楽しめるようにしましょう。



 旅行中、乗っている電車の走行中に、印象派の電車とすれ違うこともありましたが、高速で別方向に走るので、カメラを取り出すひまもありませんでした。

f0234936_9374382.jpg

 6月20日は、わたしたちより一足遅れて、友人たちがイタリアを出発し、飛行機でボローニャからパリへ、レンタカーでパリからシャルトルへ移動し、夕方にシャルトルの宿で会うことになっていました。

f0234936_9323461.jpg
Gare du Havre, Le Havre 20/6/2016

 このときも、ル・アーヴル駅で、印象派の電車を発見しました。しかも、電車に描かれたのは、モネの印象、日の出(Impression, soleil levant)の絵で、

f0234936_9491017.jpg
Le Havre

わたしたちはこの日の朝、ル・アーヴルを出発する前に、モネがこの絵を描いたと思われる場所を、雨の中訪ねたばかりです。

 そもそも、とても信仰心の篤い友人たちに、シャルトルとモン・サン・ミシェルに行こうと誘われて決まったノルマンディー旅行でした。ヨーロッパ各地でのテロ事件が相次ぎ、わたしは昨年は海外旅行や名高い観光地への旅は避けるつもりでいましたし、肩の痛みや目の病から、医者にも反対されていました。けれども、以前から訪ねたいと思っていたモン・サン・ミシェルを訪ね、行く先々で印象派の絵や美しい風景、おいしいものに出会うことができて、とても思い出深い旅になりました。誘いには乗ってみるもの、旅には出てみるものです。

*****************************************************************
Il Treno dell'Impressionismo
, ne ho incontrato alcuni mentre viaggiavamo in Normandia nel giugno 2016.
*****************************************************************

LINK
- Normandie Tourisme - Le Traine de L'Impressionnisme en 2016

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-01-16 23:59 | Francia & francese | Comments(8)
Commented by ayayay0003 at 2017-01-17 10:28
なおこさん、この列車に描かれているモネの日の出、昨年3月に京都の美術館で開催されたモネ展に来ていて見ることが出来た絵で、感動いたしましたよ~(^^♪
この絵、チケットホルダーになっていたので思わず購入したくらいです!
超がつく有名な絵、確かパリのマルモッタン美術館にありますが、そちらは訪問したことが有りません!
この絵を描いた場所への訪問、素晴らしいですね~
なおこさんの昨年のフランス旅は、素敵なことの連続でしたね(^^♪
Commented by butanekoex at 2017-01-17 12:16
なおこさん、憧れの美しいモン・サン・ミシェルの
素晴らしい景色をありがとうございます。
空が、雲が移り変わっていく様とそこに浮かび上がる姿に感動しました。
いつかはこの目で見てみたいと、心の底から思いました。
そして、ノルマンディーではこんなにユニークな電車が走っていたんですね。
日本でもたまに、期間限定で動物やタレントが描かれたりすることはありますが、
そちらでは印象派の絵だとは。
やはりお国柄でしょうか。
とても楽しい企画だと思います。
Commented by paradiso-norina at 2017-01-17 15:21
面白いですね!印象派の電車^^
なんだか世界各国、発想することってあまり変わらないのかなぁ~
名所やキャラなどを電車やバス、今は飛行機にまでラッピングするじだいですものね。
行ってみたいです、モネの庭。
モンサンミッシェルもまだ行ったことがありませんが美しいですね。
なおこさんがなんとか最高のショットを撮ろうと何度もトライするところ、凄い~!
でもその甲斐あって素晴らしい写真が撮れましたねー
暮れるちょっと前の青い空が最高に幻想的です。
>イスラマ・バードっていう女性探検家も肩こりや全体のいたみがあったりして身体の調子が良くない時に医者から”旅に出てみなさい”と言われたのがきっかけで旅に出て治ったようですよ。
旅すると身体の痛いのにかまってられない?みたいな、、^^そういう効果があったのかもしれませんね。
Commented by abby819lucky at 2017-01-17 18:16
naokoさん❣️印象派好きにはまさに聖地巡礼のような羨ましい旅、こんなステキな企画にも巡り合わせていたなんて、最高ですね‼️
大事な「太陽」が窓に掛かってもお構い無しではあるものの、しっかりどの絵か分かるようにプリントされてるのは流石ヨーロッパだと感じました。笑。興味深いお話、ありがとうございました♬
Commented by milletti_naoko at 2017-01-18 21:09
アリスさんもお好きなんですね。モネの代表作ですものね。残念ながら雨の日でしたが、ノルマンディーでは他にもエトルタなどで、こうしてパネルでモネが描いたであろう場所に案内があって、興味深かったです♪
Commented by milletti_naoko at 2017-01-18 21:15
butanekoさん、こちらこそありがとうございます。いつか行けるといいですね! わたしもいつか行きたいと思ってはいたのに、突然行くことになって、自分でもびっくりしました。

この電車、わたしは外からしか見られませんでしたが、他の人の写真から内装もとてもすてきであったことを知りました。ただ、観光客がちょうど多い時期にパリ・ジヴェルニー間の路線など、とりわけ観光客が多いときに利用できたようで、そういうときはモネの家や庭園も、わたしたちが訪ねたときよりもさらに人が多くて、訪ねるのが大変だったかとも思います。わたしもすてきな企画だと思いました♪
Commented by milletti_naoko at 2017-01-18 21:21
norinaさん、外装もですが、実は内装こそそれは美しく、内部に印象派の案内もあったそうで、今になって、乗れるように計画を立てればよかったと思ったりもしました。

モネの庭、ぜひ機会をとらえて訪ねてみてください。花たちが思い思いにはじけるように咲いているのに、不思議とまとまりがあり、庭そのものがモネの作品の用でした。

ありがとうございます。レンズから見えた映像と実際の写真の映像とはまた違うこともあるのですが、きれいと思った風景をこうして残すことができ、見ることができて、うれしかったです♪ なるほど、確かに旅に出ると肩に負担はかかりますが、動くことを余儀なくされますよね。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-18 21:29
abby819luckyさん、わたしも印象派が好きで、パリではいろんな美術館で作品を見ましたが、こうしてノルマンディーでさまざまな画家が描いた場所や大聖堂を訪ね、各地で印象派展覧会を訪ねるという旅の仕方もあるのだなと、感じました。たまたま旅行の話を聞いた頃に、モネの庭園を紹介するドキュメンタリー映画を映画館で見て、ジヴェルニーを訪ねたいと思ったので、そういう意味では、行きたい気持ちが高まっているときに訪ねられたのもうれしかったです。

大事な「太陽」、この絵は繰り返し、後続車両にまでずっと何度も描かれているので、太陽がちゃんと見える箇所もあったので、ご安心を♪ こちらこそありがとうございます。
<< リハビリ外国語、伝わればいいか... モン・サン・ミシェル撮影・眺望... >>