一面の銀世界

f0234936_8295595.jpg
 今日は午後、夫の伯父の葬儀があり、義弟夫婦とマルケ州に向かいました。ペルージャは晴天で、ウンブリアもフォリンニョで最近新しく開通した無料高速道路に入るまでは、雪がまったくなかったのに、東に向かって走り、最初のトンネルを抜けると、コルフィオリートは一面深い雪に覆われ、以後はマルケの葬儀会場に行き着くまで、山はもちろん低地にも雪がかなり積もっていたので、びっくりいしました。トンネルを抜けると、見渡す限りの銀世界が広がったばかりではなく、トンネルの前までは晴れていた空が、どんよりと曇り、霧もかかっていて、風景も雰囲気もすっかり変わってしまいました。幸い高速道路上も山の道も除雪作業がなされていて、道路の両脇には雪が高く積もっていましたが、日中は道路が凍結するほど気温が低くなかったので、無事に目的地に到着することができました。

 今日も雪景色をとらえようと何度か試みたものの、高速道路を走る車の後部座席からでは、これはという写真が撮れなかったため、冒頭の写真は、雪景色の美しい古い写真の中から選んだものです。



 雪景色のきれいな写真をと探していて、これはきれいと思ったものの、ファイルに地名が書かれておらず、場所が特定できる写真もなく、当時の日記にも、「前夜フランコとアッペンニーニ山脈で落ち合って散歩をする約束をしていて、」とあるだけです。

 インスタグラムにも投稿した後になって、よくよく日記を読み返したら、この日わたしは体調が悪くて家に残ったとのことなので、写真は夫が撮影したものです。夫が散歩中に見たであろう美しい眺めを、7年後にわたしが楽しみ、多くの方に見てもらえる、不思議なことです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-01-21 23:59 | Viaggi | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27468151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-01-22 16:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2017-01-25 18:24
鍵コメントの方へ

そうなんですね。こちらでも義父母が二人とも末っ子であることもあって、この数年、二人の兄弟の葬儀が相次いで、やはり寂しいばかりです。
<< 宿題基礎の腕試し、英語・日本語... 僕と新MacBook森で24時... >>