希望と美しい音楽をゴミ再利用で作った楽器で、パラグアイ

 今夜、イタリアのサンレモ音楽祭で心に響いたことは二つあります。一つはこちらのパラグアイのオーケストラです。



 ゴミ処理場近くのスラム街で、ある日ゴミの山からバイオリンが見つかり、それをきっかけに、ゴミを利用して楽器を作り出し、バイオリンが家の値段よりも高くてとても買えないという貧しい町の子供たちが、すばらしい音楽を奏で、今は世界でコンサートをし、感動を伝えているとのことで、音楽祭で話を聞いて、感動しました。


 どういうわけかサンレモ音楽祭のツイートには写真しかなく、演奏映像が現在、おそらくは著作権のために見つからないのですが、英語訳もついた簡潔な、このオーケストラ、Orquesta de Instrumentos Reciclados de Cateuraの紹介映像をご紹介します。

 この映像を選ぶにあたって、ざっと見たいくつかの映像の中に、「ゴミは捨てないし、人も捨てたりしません。」という言葉がありました。逆に、何でもすぐに捨ててしまう社会では、労働者も歯車のように簡単に置き換えられ、捨てられてしまいがちです。そうした非人間的で、経済ばかり優先する風潮を、根本から変えていかなければいけないと感じました。

 二つ目は、今夜はもう遅いので、また明日の記事でご紹介します。

参照リンク
- Ansa.it - A Sanremo emozione per i Reciclados de Cateura

関連記事へのリンク
- サンレモ音楽祭、被災地支援・いじめ撲滅運動

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-09 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27525476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-02-10 09:42
なおこさん、パラグアイのオ―ケストラ、ゴミの材料で作った楽器とは思えない音、素晴らしいと感じました♪
今の世の中、日本でもゴミばかり、使い捨ての文化を受け入れて入れていると感じます。
自分自身も、たくさんのものに溢れているので、何とかしなければいけないと反省しきりで、この音楽を聴きながらいろいろと考えさせられました。
ありがとうございます(^^♪
Commented by milletti_naoko at 2017-02-10 20:24
アリスさん、映像を見てくださったんですね。ありがとうございます! 子供たちの人生や村の暮らしもよい方に変えつつ、すばらしい音楽と希望を世界に伝えていくすてきな活動だと思います。

安ければいい、安く上がればいいという社会から、食物や品物の質、働く人の幸せももっと考える社会に変えていくことができますように。
<< 色も人も多様だから世は美しい、... 願いの実現とレストランの注文、... >>