一件落着、うっかりと夕焼け

 年末から取りかかっていた、MacBookを要する大きな仕事が、ようやく終わりました。よくよく見直しをして、訂正を加えてから、今日の午後、学校に提出しに行きました。締め切りは今週末、金曜日ですが、提出をしない限り、いつまでも校正を続けてしまいそうな気もしたので、提出してしまうことにしました。

 提出して、はい終わりのつもりが、担当の方が一つひとつかなりていねいに、わたしといっしょに内容を再確認してくださったので、ありがたかったです。あと5分で、駐車料金が1.5ユーロから3.4ユーロになるというときに作業が終わったので、大急ぎで駐車場に向かいました。途中、公園の前で、公園に放し飼いの犬が数匹いて、しかもうち1匹は道の中央にはだかって吠えていたので、公園に入るのをためらっていたら、親切な方が、「大丈夫、あんたたちなんて気にしないという態度で歩いて行けばいいのよ」と、いっしょに歩いて行って、犬の相手をしてくださいました。公園の前で立ちすくんだせいもあって、駐車料金を払うのは、料金が増える1分前とぎりぎりになりましたが、料金が1.5ユーロで済んで助かりました。

 ただひどく慌てていたため、料金を払い、釣り銭を受け取り、駐車していた車に向かい始めたのですが、ふとどこに駐車カードがあるのか分からなくなり、ひどく焦りました。自動精算機に5ユーロ紙幣を挿入したときに、カードより先に釣り銭を取り出すようにという指示があったのは覚えているのですが、慌てていたために、駐車カードを取った記憶としまった記憶がないのです。急いで精算機の前に戻ったもののカードが見当たらず、バッグの中やコートのポケットをよくよく確認したら、財布のさまざまなカード類に交じって、かなり探したあとで、ようやく駐車カードが見つかったので、ほっとしました。

 慌てて注意が散漫になり、行動が記憶に残らないということは、どうしても起こりがちなので、今回は仕方ない点もあるのですが、これから気をつけなければいけないなと思いました。慌てて記憶に残らず困ると言えば、外国や見知らぬ店でトイレに入るとき、入るときは急いでいて、無意識に扉を閉めてしまい、後からどう閉めたかが思い出せず、そのために開け方が分からず、ひどく困る場合がたまにあるので、これも用心が必要です。作る業者が妙にデザインにこだわるからでしょう、どう開けていいか分からない扉や、どうやって水を出していいか分からない蛇口やシャワーに、出会うことが時々あるからです。

 閑話休題。今日提出した仕事が終わってからと、先延ばしにしていたことが、仕事も私事も含めていろいろありますので、明日からはそうしたことに取りかかりたいと思います。まずは、去年の通訳の報酬を、まだ払ってくれていない業者が二つあるので、その催促をしなければなりません。 

f0234936_754888.jpg

 写真は、日曜の夕方、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会の境内から見た夕焼けです。今にも沈もうとする日の光と、その光に色づく雲がそれはきれいでした。この後、教会から出たときには、空が昨日の記事でご紹介したように、深い青色になっていたのです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-07 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27620661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2017-03-08 09:29
なおこさん、今日のなおこさんの記事を拝見して、大昔、ドイッのフランクフルトで新婚旅行の時に、レンタカーを駐車場から出す時、やはり駐車券を失くして、トラブルになり、駐車場のおじさんは、ドイツ語オンリーな方で、何と言っても通じなくて、1日分の駐車代金を請求されて困り果てていたところに、ドイツ人ですけど東京に駐在経験ありの親切な方が通りかかり、その方、日本語は出来なくて英語でしたが、一生懸命片言の英語で説明したらおじさんを説得してくださって、2時間料金で済みましたことを思い出しました!ほんとうは、2時間料金も支払ってたのですが駐車券を失くした落ち度はこちらにあるので諦めて2時間分だけお支払いしたのでした!
今では、笑い話のような出来ごとではありますけど、駐車場で駐車券が出てこなないとほんと焦りますよね~^^;
お仕事が無事終了して何よりでお疲れ様でした(^^♪
Commented by butanekoex at 2017-03-08 13:55
なおこさん、ひどく慌てたご様子が文章から伝わりました。
私も、つい無意識にしまいこんで、
あとからどこに入れたかわからなくなったりは日常茶飯事で困ったものです^^;
見知らぬ店のトイレのお話しもしかりです。
駐車カードが無事にみつかり、料金も加算されずにすんで良かったですね。
年末からの大きなお仕事も一段落されて
ほんの少し、開放感を味わっていらっしゃることでしょう。
美しい夕焼けに癒されました(^^)
Commented by milletti_naoko at 2017-03-09 17:47
アリスさん、旅先のドイツで、それは大変な経験をされましたね! 親切な英語が分かる日本に暮らした経験のある方がたまたま通りかかって、本当によかったですね。駐車券もですが、イタリアでは市内バスも、点検のバス会社の人が回ってきたときに、刻印したバスの切符が見つからないと、かなりの罰金を払うことになり、やっぱり証明ができないと状況が厳しいですよね。もし窓口でだれか係りの人に支払っていたら覚えていてもらえたろうに、機械は便利でも、こういうことが起こるのだなとも感じました。ありがとうございます♪ 一山終わってほっとしましたし、同じような経験をアリスさんもされたと知って、わたしだけではないのだとほっとしました。
Commented by milletti_naoko at 2017-03-09 17:53
butanekoさん、日常生活の中では、たとえばうちの中でも、あれどこに置いたか分からないということが、ありますよね。この駐車場の場合は、窓口に誰も人がおらず、このあと用事があったのに、駐車券なしに駐車場から出られるかどうかも分からない状態で、とても焦りました。

おお、トイレで困られたこと、butanekoさんもあるんですね! つまり日本にもそういうトイレがあるんですね。あれはこわいですよね。このまま出られないんじゃないかと一瞬感じることさえ、まれにあります。

ありがとうございます♪ うっかりのお仲間さんがいると知って、うれしいです。こういう事態を避けるために、慌てずにすむように、いろいろ工夫しなければと感じます。仕事も片がついて、ほっとしました。
<< ミモザパスタと女性の日 紫キャベツにご用心 >>