ミモザパスタと女性の日

 今日は女性の日、以前にミモザケーキを作ったこともあり、イチゴも生クリームも買ってきて、材料は準備したのですが、天気がよく、風が強いためか、花粉症の症状がひどいので、こういう状況で、乳製品である生クリームと白砂糖で、さらに症状を悪化させてはいけないと、ケーキを作るのは断念しました。

f0234936_82376.jpg

 代わりに、我が家の鶏たちが産んだ新鮮な卵と、畑で元気に育っているルーコラを使って、昼食にミモザパスタを作りました。数年前に作ったことがあるミモザサラダのレシピを応用して、ゆで卵三つをフォークで押しつぶし、細かく刻んだルーコラの葉とすりおろしたニンニク一かけ、オリーブオイル適量、塩を加えて、十分に混ぜて、ゆでたパスタの上に載せ、ミモザであれば枝葉がある部分に、その枝葉に見立てて、大きめに切ったルーコラの葉を置いてみました。畑の新鮮な春の幸を、おいしく食べることができました。夫も喜んでくれて、うれしかったです。

f0234936_8142818.jpg

 夫は特に贈り物を用意してくれたわけではありませんが、夕食のあと、女性の日だからと皿洗いを引き受けてくれました。仕事から帰り、その後さらにミジャーナで改築作業をして疲れていたでしょうから、その方が、贈り物としては大きいような気がします。庭のミモザは、今も満開で、日を浴びて金色に美しい花を、今日も窓から楽しむことができました。

 今日は風がひどく強く、枝が風に揺れて、撮影が難しかったため、ミモザの花の写真は、3月1日に撮ったものです。

****************************************************
Pasta mimosa a pranzo
con le uova sode e rucola condite con sale, olio d'olivo e aglio.
Le uova delle nostre galline e la rucola dell'orto di casa,
primavera fresca a tavola!
****************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-08 23:59 | Feste & eventi | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27623447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fukusukesan at 2017-03-09 09:31 x
こんにちは、なおこさん。とても綺麗なミモザ^^満開ですね^^ここ長岡京は、そろそろミモザが咲き始めそうな感じです。また少し寒くなり。少しずつ春の暖かさを感じるこの頃です。日本は、余り、女性の日と言う感覚がありませんね。。。相変わらす、レディファースト的な心意気の無い日本の社会です。。。^^忘れているイタリア語を思い起こす毎日ですが、中々、忘れるのは、早く、思い出すのは難しいいですが、時間を見つけて行きたいと思います。春は、花粉症を除けば、テンションの上がる季節、寒さは、苦手ですが、これからの季節は、大好きです^^
Commented by Sissy50 at 2017-03-09 10:48
こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
見事なミモザですね!
こんなミモザがお庭にあるなんて羨ましいです^^
そして、パスタの方も美味しそうですね♪
見た目も春らしさに溢れていて良いなと思いました。
Commented by paradiso-norina at 2017-03-09 16:49
ミモザって食用になるんですね!?
知らなかったのでびっくりです。
写真の樹を眺めているだけでヨーロッパの春の息吹を感じます!
ふわふわの黄色が光り輝いて美しいのにそれが食卓に並ぶなんて。
美味しそう~~
春は黄色から始まりますね^^
こちらにも春の陽気が伝わってきそうです。
Commented by セミア at 2017-03-10 01:35 x
なおこさん、こんにちは♬

パスタの写真を見て、はじめはミモザのお花って食べれるんだ!?と思っちゃいました。卵をミモザのように見立てた飾り付けとても綺麗ですね。イタリアではこの日にこのパスタが食されているのですか!?
Commented by milletti_naoko at 2017-03-10 23:20
fukusukesansanさんは、長岡京にお住まいなんですね! 以前、妹が近くに暮らしていたので、訪ねたことがあるのですが、店頭に山積みされたタケノコを見て驚いた記憶があります。そちらももう春が近づいているんですね。

イタリアも、こういう日を設ける必要がまだまだあるほど、男女平等という点、女性の人権という点では多くの問題を抱えています。イタリア語、頑張ってくださいね。わたしもフランス語を頑張らなければ。あまり意気込んでしまうと難しいので、何か歌を聞いてみるとか、ことわざを覚えてみるとか、そんなことから始めて、ぼつぼつ続けて、無理のない程度に量を増やしていくのがいいのかもしれません。自分にも言い聞かせなければ!

わたしも花粉症はつらいですが、春は大好きです♪
Commented by milletti_naoko at 2017-03-10 23:22
Sissy50さん、こんにちは。ありがとうございます♪ このミモザの木はとっても大きくて、毎年きれいな花を咲かせてくれるのですが、今年はとりわけたくさん花が咲いて、きれいです♪

パスタもごく簡単にできるのですが、気分が味わえ、春のエネルギーを食することができて、うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2017-03-10 23:27
paradiso-norinaさん、つぶしたゆで卵の黄身とルーコラの緑をミモザの花と葉に見立てたパスタで、ミモザに似せているだけで、ミモザは材料としては使っていません。まぎらわしくてすみません。日本語のサイトでもイタリア語のサイトでも、「ミモザ風」サラダやパスタと書かずに、ミモザサラダ、ミモザパスタとしているものが多かったので、そういう呼び方が定着しているのかと思ったら、下のセミアさんのコメントからも、それほど行きわたっているレシピや言葉の用法ではないのだと、思い当たりました。

花そのものではありませんが、ミモザと春をいただく気分で食べました。あ、キンセンカの花は食べられるので、サラダなどに入れることもあります。今は花が少ないので、もったいなくて主に観賞用なのではありますが。日ざしぽかぽか、うれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2017-03-10 23:29
セミアさん、こんにちは。簡単にできる上に、ルーコラの苦みとニンニクの味がパンチになって、なかなかおいしくて、うれしかったです。

この日イタリアでは、ミモザの花を贈ったり、ミモザのケーキを作ったり買ったりということはあるようですが、パスタをというのは、少ないかもしれません。
<< ヒヤシンス咲きました 一件落着、うっかりと夕焼け >>