クロッカス・プリムラ花咲く春の山、ペルージャ

 日曜に、テッツィオ山を登ると、そこかしこに色も花びらの形もとりどりのクロッカス(croco)が咲いていて、つぼみもたくさん見かけたので、びっくりしました。

f0234936_5414954.jpg
Crochi sul Monte Tezio (PG) 12/3/2017

 こんなふうに花が互いに寄り添って、ブーケのように咲いているクロッカスさえありました。

f0234936_5443917.jpg
9:55

 ペルージャの北方にそびえるテッツィオ山(Monte Tezio)は、標高961m、わたしたちがこの数年改築中のうちがあるミジャーナ(Migiana di Monte Tezio)は、標高約530mで、その中腹にあります。

 日曜日は朝9時半頃にうちを出発し、まずは、ゆったりと広い山道をひたすら登りました。数年前に改築されたプロコーピオ城(Castello di Procopio, 580m)の門前から、道が細くなり、ブラックベリーなどの木の茂みの間をさらに登っていきます。茂みから出ると、こんなふうに、プロコーピオ城やその後方に連なる高峰が見える眺めのいい場所に出ます。右手奥の霞の中に見える、横に長い台形の山は、アッシジを中腹に抱くスバージオ山(Monte Subasio)です。

f0234936_644915.jpg
10:07

 再び森の中に入り、木々の間を歩くと、かわいらしいプリムラ(primula)の花が咲いています。

f0234936_6111541.jpg

 こんなふうに木が多い山の斜面で、夫や友人が、プリムラの花を見つけて教えてくれました。

f0234936_6135649.jpg

 今回の山歩きでは、クリスマスローズの親戚、ヘレボルス(elleboro)の花も、たくさん見かけました。咲いた花の間から、もう種が育っているようです。

f0234936_6182630.jpg

 雪割草(epatica)も数輪、道の傍らに咲いていました。皆が速足でどんどん先に進むので、後について行くため、焦点が定まらないまま撮影してしまっています。

f0234936_6204765.jpg

 今回一番多くの花を見かけたのは、クロッカスの花です。

f0234936_6215592.jpg

 しばらく山を登ると、木々の間にも、そうして頂上付近の草原にも、あちこちにクロッカスがたくさん咲いていたので、びっくりしました。

 「テッツィオ山ではうちから近すぎて、歩いた気がしない」と夫が言うので、ふだんの週末は遠方の山を訪ねることが多く、クロッカスが咲いているときに、テッツィオ山を登ったのは、初めてだったのです。

f0234936_628344.jpg
10:31

 途中で、みごとな大木にもあいさつをしました。

f0234936_6334759.jpg

 この辺りから上へと昇ると、こんなふうに花が小さく白いクロッカスが、たくさん咲いていました。

f0234936_6345675.jpg

 スミレ(violetta)の花も、ミジャーナのように標高が低いところから、こんなふうにかなり高いところまで、広い範囲にわたって、長い間あちこちに咲いています。

f0234936_6394261.jpg

 ピンク色がきれいなアネモネ(anemone)にも、数輪出会いました。

f0234936_643271.jpg
10:42

 セイヨウサンシュユ(corniolo)のごく小さな黄色い花も満開で、花盛りのレモン色の木々が、山の斜面のところどころに立って、彩りを添えています。

f0234936_6463888.jpg

 山を登るにつれて、遠くにあるアッペンニーニ山脈の高峰が、きれいに見えてきました。下方に広がる平野には、テベレ川が流れています。

f0234936_6492048.jpg
10:59

 あれがクッコ山、あれはアクート山と、山の名前を互いに確認しながら、すばらしい眺めをしばらく満喫します。さらに山を登っていく前に、しばらく一休みです。

****************************************************
Crochi, primule, ellebori, epatiche, violette, anemoni, cornioli...

Il Monte Tezio di marzo è pieno di bei fiori spontanei.
La primavera sta arrivando :-) 12/3/2017
****************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-14 22:52 | Fiori Piante Animali | Comments(8)
Commented by butanekoex at 2017-03-15 08:05
素晴らしい春の登山ですね!
育種もの自生の花々に感動です。
クロッカスの鮮やかなことと言ったら。
プリムラは、私は自生のものがあることさえ知りませんでした。
なおこさんのミジャーナの改築中の家が このような美しい山の中腹に位置していること、
それは今後 素晴らしい自然と共に、季節を感じながら暮らすことが出来るということですね(^^)
Commented by ムームー at 2017-03-15 09:37 x
なおこさん
おはようございます。
何て素敵なんでしょう~
これだけの愛らしいお花に出会えるなんて
素敵だなぁ、クロッカスやアネモネに雪割り草
まで咲いているには元気が貰えますね。
見晴らしが良くて好い眺めですわぁ。
いつもありがとうございます。
Commented by ayayay0003 at 2017-03-15 15:31
なおこさん、テッツィオ山が961mなのですね!
高野山も確か1000mはないはずでして・・・
なので、テッツィオ山の上、かなり寒く思うのですが?
ミジャ―ナも530mもあるとは、驚きました!
春のお山には、たくさんの美しい花が咲きますね~(^^♪
毎年、見せていただいても、驚きの連続です☆
クロッカスがたくさん群生していて見事ですね~♫
↑は、日本では買ってきて植えるものですから羨ましい♡
色も野生の方が美しく感じます(^^♪
アネモネ、スイスの山歩きでも見たのですが、野生のは素朴で良いですね~
ヘレボルスは、牧野植物園でお馴染になりました♪
なおこさんのブログを通じていろいろな知識が増えてほんとに楽しいです、ありがとうございます(*^_^*)
Commented by coimbra2017 at 2017-03-15 23:13
なおこさん
この薄黄色のプリムラがブサコの森に咲いていました。
夫が嬉しそうに写真を撮っていましたっけ。
ポルトガルでは南のほうではアカシア、北へ行くとミモザになるとガイドさんから聞きました。黄色い花は本当に元気をくれますね。街歩きもいいですが、こんな風景の良いハイキングもしてみたいです。
Commented by milletti_naoko at 2017-03-15 23:24
butanekoさん、こんなにクロッカスがたくさん咲いているのは初めて見ました。季節ごとの花が咲いて、山はいいですね。自然に恵まれた中で過ごせて、ありがたいです。
Commented by milletti_naoko at 2017-03-15 23:26
ムームーさん、山は標高や森か草原かによって、同じ季節でも咲いている花が違い、いろんな花たちに出会えました。こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2017-03-15 23:31
アリスさん、クロッカスは雪が解け始めた、まだ寒い頃に、標高の高い山で見かけることが多かったので、3月のテッツぃオ山に、こんなにも咲いているとは予想だにせず、びっくりしました。アリスさんもスイスや日本の足袋先で、同じ花を愛でていらっしゃるんですね。
Commented by milletti_naoko at 2017-03-15 23:36
coimbra2017さん、ポルトガルにもヘレボルスが咲いているんですね! ウンブリアではミモザもアカシアもあるのですが、ポルトガルでは地方によって、生えている木が違うなんて、興味深いです。
<< 桃色のトラジメーノ湖 ピザと登山の日曜日、ペルージャ >>