おもしろトイレ、フォリンニョ

 正確に言うとトイレそのものではなく、トイレへと下りる階段と入り口前の壁なのですが、明かりがついとたん、あっと驚き、おもしろいなと感心しました。

f0234936_5571366.jpg

 いかにもそれらしく、階段の上にも脇の壁にも、黒く長い影を描いているのもおもしろいのですが、まずは、一面に赤い壁の色づかいに驚き、影の絵をおもしろく思い、そうしてふと前を見ると、人がいるとは思いもせぬ、ついさっきまで明かりもなかった階段の奥から、女性が身を乗り出して、こちらを見やっているのです。

 イタリアではバールやレストランのトイレが、階段を下りた先の地階にあることが多く、高速道路のバールや教会のトイレでは、その入り口に利用者がチップの小銭を入れるための小皿が置いてあったり、掃除をする方がその小皿の近くに腰を下ろしていたりすることが、少なくありません。

 よくよく見ると、奥に見える女性は、壁に巧妙に描かれた絵で、びっくりしました。そうして、おもしろいなと感心しました。

f0234936_692397.jpg

 この楽しい壁絵と階段は、フォリンニョ駅前の店、La Cresceriaで見つけたものです。

 今日は通訳の仕事で、ペルージャやアッシジの南東にあるウンブリアの町、フォリンニョを訪ねたのですが、フォリンニョへの電車到着が午前11時6分で、手軽に手早に昼食を済ませる必要がありました。駅のバールではたとえパニーノがあっても、味や鮮度に期待ができず、かと言って中心街まで食事に出かける時間もないので、半ばあきらめながらインターネットで駅近くの軽食が取れる場所を探していたら、見つかったのがこの店です。

 クレッシャ(crescia)は、小麦粉などを原材料とする記事を円状に伸ばして焼いた食品ですが、ピザやピアディーナに比べて、かなり厚みがあり、ペルージャやトラジメーノ湖周辺では、トルタ・アル・テスト(torta al testo)と呼ぶものに、よく似ています。この店で一番力を入れているのは、鶏肉や生ハム、野菜、チーズなど、好みの具を選んで、このクレッシャにはさんだものであるようですが、店内には他にも、パスタやリゾット、サラダ、果物などが、並んでいました。

 ちょうど空港やスーパーのそうざいコーナーに置かれる食品のように、プラスチックに入ったサラダや果物のつめ合わせがカウンターに並び、値段も明示してあるので、イタリア語が分からない方でも、注文がしやすいはずです。セルフサービスで、会計を済ませたあと、名前が呼ばれたら注文した品をキッチンと通じる窓に取りに行き、必要があれば、オリーブオイルや酢、塩やコショウは、左奥の壁に備えつけられたものを使って、自分で味つけをします。

 フェイスブックでの評価が非常に高い上、何より駅に近く、朝11時に開店という点が便利なので、通訳のお客さまが粉物でも大丈夫と分かれば、ここで食べようと決め、実際にここで食事をしました。通訳の仕事については、また後日時間があるときに、改めてゆっくりお話しできればと考えています。

La Cresceria
Viale Mezzetti, 10 - Foligno
Tel 0742 450093
Orari 11:00-0:00
FB https://www.facebook.com/lacresceria/

LINK
- Facebook - La Cresceria, Foligno
- TripAdvisor - La Cresceria, Foligno

*****************************************************
The lady down the staircase is not real but drawn, Umbria, Italy.

Trompe-l'œil - la scala per scendere al bagno di un locale.
La signora in fondo è dipinta! Geniale. La Cresceria, Foligno (PG).
トイレに降りる階段の壁の赤と影の絵に気を取られていたら、正面に女性が!
精巧なだまし絵にびっくり。トロンプ・ルイユ イタリア 1/4/2017
*****************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-01 23:29 | Umbria | Comments(4)
Commented by ayayay0003 at 2017-04-02 11:08
なおこさん、1枚目の壁に書かれた絵、私も女の人がトイレのところによくいるお掃除の方と騙されました!
そのくらい細かく計算されて描かれた絵と感じます☆
おもしろいし、実際、トイレが地下というのに日本人の私としては馴染めなくて、ちょっと一人で行くのは不安を感じたりしますが、このような絵があるとホッとすると思いました(^_-)-☆
フォリンニョというところまでお仕事に行かれたのですね~
アツシジより遠いということは、なおこさんのお仕事では遠出の部類でしょうか(・・?
確かに駅のお店は、割高で味が期待できないのはヨーロッパ共通でしょうか!
まあ、日本はその点美味しいお店も有りますが・・・
通訳のお仕事でも、昼食場所まで探されるなおこさんは、素晴らしいです☆
続きを楽しみにしています♪
Commented by suzu-clair at 2017-04-02 21:04
おしゃれなだまし絵ですね♪
イタリアのアートは、
本当にスタイリッシュでセンスがよいものが多いなと思います。
明かりがついたとたんに、
このような絵が現れたら、
驚きとともにユーモアを感じて、
楽しくなりますね♪
奥の女性の絵は、
私も本物の女性だと思いましたよ!

↓の、夕景や、
学会のときの夕日と桜のお写真など、
今日もうっとりと拝見しました。
イタリアでご覧になる桜、
素敵だったことでしょうね。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-04 23:42
アリスさん、最初に赤い色と黒い影に気を取られたこともあって、一瞬本当の人かと、びっくりしました。よくできていますよね。しかも、こんなところに!

わたしの仕事では一番の遠出は、今のところはローマかと思います。フォリンニョには実は数年前に2週間仕事で通ったこともあり、そのときのことも何だかなつかしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-04 23:43
すずさん、トイレへと下りる階段は、だれもが通るわけでもなく、人目に触れにくいところにあるのに、そういうところに、こういうあっというしかけを施してあるなんて、すごいなと感心しました。驚きとユーモアを感じて楽しく、まさにそういう気持ちになりました♪

ありがとうございます。今、我が家でも純白の桜が花盛りです。
<< 桜ひなげし咲く春の庭、ペルージャ 湖の霞に沈む日もをかし、トラジ... >>