桜ひなげし咲く春の庭、ペルージャ

 うっかり手入れや世話をできぬままでいた庭の元花壇に、すくすくとヒナゲシ(papavero)が育ち、高く伸びて、つぼみが育っていたのですが、昨日日曜の朝に、夫が今年最初のヒナゲシが、2輪咲いているのを見つけて、教えてくれました。

f0234936_621387.jpg
1/4/2017

 朝は、タクシー会社とのメールのやりとりや出かける準備で慌ただしく、花を見る余裕がなかったので、夕方帰宅してから見に行き、写真を撮りました。1輪は、背が高くて、花の中央が黒く、

f0234936_6282116.jpg

もう1輪はとても小さな花で、中央が金色をしています。

 昨年までは、ヒナゲシの種が育つ頃に、しばしばうちの庭や野山で、ヒナゲシの種を集めて庭にまいていました。数年前に買った、蝶を呼ぶ花の種から育った色とりどりのヒナゲシの種も、熟した頃に集めて、庭にまいていました。そうやって育った花の種が、地面に落ちて、育ったヒナゲシもあるでしょう。

 数か月前に、ふと見つけた小箱の中に、ヒナゲシの種らしきものがあるのを発見して、それは机上に少し散らばっていたので分かったのですが、そのときに、その種を皆、庭を耕さぬまま、この元花壇の上に振りまいたこともあります。その種から育ったヒナゲシもあるかもしれません。

f0234936_6374093.jpg

 前庭では、桜(ciliegio)の花が満開です。サクランボ(ciliegia)目当てに義父が植えた木には、真っ白な花がいっぱいに咲きます。イタリアの桜は一般的にはこんなふうに白い色をしています。科学的裏づけはまったくないのですが、純白の美しい桜の花を眺めながら、日本の観賞用の桜がピンク色をしているのは、本来サクランボに行くはずだった赤い色素が、実がならないために、花びらまで行き届くためかしらと、白い花を見るたびに、ぼんやり思います。

 先週は慌ただしく、畑に行く余裕がなかったのですが、つい最近まで、畑ではルーコラの花が咲いていました。庭では今、リンゴや西洋梨の花もきれいに咲いています。花のある枝の位置が高い上に、日が沈んだあとだったり、風が強かったり、天気が悪かったりして、まだいい写真が撮れていないのですが、花盛りの間に、ブログで紹介できる写真が撮影できますように。

 まだ朝晩は寒いほどですが、花がきれいに咲き、小鳥のさえずりも楽しくにぎやかに聞こえるようになって、春が来たとうれしい今日この頃です。

***************************************
Ora nel nostro giardino in piena fioritura i ciliegi,
i primi due papaveri di questa primavera.
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-02 23:47 | Fiori Piante Animali | Comments(2)
Commented by paradiso-norina at 2017-04-03 21:43
こんにちは。

もうすっかり春の陽気につつまれていますね~
ポピー、可愛いですね。
オニゲシのような大きくて立派なケシよりアイスランドポピーと呼ばれている一重のこのようなヒナゲシの方が可愛らしくて大好きです。
意外と寒さの方が好きというのも結構後になってわかりました^^;
>さくらんぼのなる木とならない桜の木、花びらの色の説、案外そうかもしれませんね^^
私はさくらんぼの木とそうではない木の見分けがつきませんー
Commented by milletti_naoko at 2017-04-04 23:50
norinaさん、桜にリンゴ、西洋梨と、木にも地面にも花が咲いて、春らんまんです。種から自力で育った大小のヒナゲシ、かわいらしいです♪ 寒さの方が好きなんですか!

わたしも見分けはつきませんが、イタリアの自生の、サクランボのなる木は得てして白く、たいていのイタリア人はサクランボ目当てに植えるので、イタリアの庭や山で見かける桜で花が白ければ、サクランボがなるのではないかなと、そんなふうに考えています。
<< 何が出るやらお楽しみ、春の畑と... おもしろトイレ、フォリンニョ >>