何が出るやらお楽しみ、春の畑とイタリア在住15年・ブログ7年記念日

f0234936_6231125.jpg

 うちの裏庭には、花壇が三つあり、その一つは、一番奥に見える白い石の向こうで、つい最近まで、ヒヤシンスがきれいに咲いていた花壇です。もう一つは、写真後方に見える、つい最近耕して、種をまいたばかりのところです。

 そうして、三つ目の花壇は、手前のヒナゲシ(papavero)が咲いているところです。今日は1日中北風が吹いていて、小さいヒナゲシの花びらは飛び散ってしまったのですが、大きいヒナゲシは、今朝二つ目の花が咲きました。

 こうしてヒナゲシが育っていることを、わたしが感じたのは、つぼみがたくさんできているのを目にしてからなのですが、植物に詳しい夫は、まだつぼみができるずっと前から、葉の形を見て、「ヒナゲシが育っているよ。でも、咲くのは4月になってからだろうね。」と言っていました。

 手入れをせぬままに、春を迎えてしまったこの花壇の草花を、そのままにしているのは、大小のヒナゲシがあちこちに育っている上に、キンセンカ(calendula)の花も咲き、数年前に種をまいた、青い染料が取れる黄色い花が育ってつぼみができ、コスモスらしき植物や、古代小麦らしく植物も、混在しているからです。

 「まかぬ種は生えぬ」と言いますが、この数年の間に、いつかまいた種や小麦から育った植物が、1年経って、あるいは数年経って突然に、再び顔を見せたのが興味深いです。地面を耕したり、雑草かと抜いてしまったりしたために、去年までは育つはずだったコスモスが育たなかった、そういう可能性もあるかもしれません。種はまいたら育つのだと、そんな気がしてきました。

 日本語の授業に英語の授業、通訳の仕事と、最近は慌ただしくて、方向軸が定まらぬまま、今するべきことに追われている、そんな感じです。学校で話をしていて、そう言えば今日で、わたしがイタリアに来てから、15年になるのだと気づきました。土曜日は通訳の仕事中に、お客さんから、実は、フィレンツェの二人の日本の方が、「直接面識はないけれど、この人なら」と、それぞれわたしを紹介してくださったので、わたしに声がかかったのだと知りました。お二方とも、ブログを通してわたしのことを知られたようです。この場を借りて、その方たちにお礼を申し上げます。

 そう言えば、ブログを始めたのもやはり4月でした。イタリア語学習メルマガには文章しか載せられないけれども、語学学習をより楽しくし、文化も知ってもらうためには、写真などの視覚教材が必要だと考え、最初は、メルマガの副教材のつもりで、ブログを書こうと決めたのです。奇しくも、初めての記事を書いたのは、2010年のやはり4月3日です。当初の目的とは、少々方向が違うものの、こつこつ書き続けてきたブログの、その種から、こうして何かが育っているのだな、ありがたいなと思いました。

 以前にイタリア語を個人授業で教えた生徒さんにしても、土曜日の通訳のお客さんにしても、大きな熱い夢の実現に向けてのその一歩を、お手伝いできるのは、うれしいことだなと思いました。学ぶことが好きで、イタリアに興味があるからと、イタリアに来てみて、結局気づいたのは、わたしが一番好きなこと、していると生きていると実感できるのは、日本語であれイタリア語であれ、何かを教えているときなのだと、実感しました。書くこと自体が楽しいし、暗いニュースが多い日々の中、イタリアと言えば書かれるニュースや記事が偏りがちな中で、いろいろな側面をお伝えしていきたいというのも、わたしの願いの一つなのですが、ブログの方向や焦点を当てるべきことも、これからはもっと考えていかなければと思います。ディーパクの本に書いてあるように、収穫を得るには、好転させていくためには、注意を向けること、時間や心、手をかけることが大切だと考えるからです。

 放置していた花壇に、この春は、思いがけずきれいな花が育っているのですが、これからの人生、本当に自分が望むこと、してみたいことを考えながら、どんなふうに仕上げたいのかを念頭に置いて、手と心、時間をかけていきたいと考えています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-03 23:54 | Fiori Piante Animali | Comments(4)
Commented by papricagigi at 2017-04-04 23:03
生きている、と実感できるようなお仕事をされているNaokoさん、それ程幸せなことはないですね♪私もNaokoさんのような先生に習いたいです! Naokoさんのブログを偶然見つけてもうすぐ2年になります。ほぼ毎日、それもかみくだすように(?)丁寧に書かれているのが素晴らしいです。「注意を向けること、時間や心、手をかけることが大切」、心にしみます。Naokoさんのように、丁寧に向上心をもって毎日を過ごしていかなきゃなぁ。。。と思います。
p.s. そちらはもうひなげしが咲いたのですね!papavero 覚えておきます!
Commented by milletti_naoko at 2017-04-05 00:00
papricagigiさん、勉強するのも好きだからと、教壇を去ったのに、それで必死に勉強を続けて気づいたのは、教えることがやはり何とも言えず好きなのだ、自分の血となり肉となっているのだということでした。温かいお言葉をありがとうございます。仕事のうち、教える仕事の度合いと量を、年間を通じて増やし、安定させていけるように、イタリア語学習メルマガの発行や、日本語教育関係の情報の発信を、もっと積極的にしていきたいと思いつつ、日々すべきことに追われてしまっています。いえいえ、まだまだできていないことが多すぎて、ため息ため息です。papaveroは二つ目のaの上にアクセントがあり、母音が長くなるので、ご注意ください。以前にメルマガでご紹介した、ヒナゲシが主人公の歌もあるんですよ。
Commented by ムームー at 2017-04-05 06:48 x
なおこさん
おはようございます。
二つの記念日おめでとうございます。
いつからかこうしてそちらの生活や風景を見聞き
させて貰えて嬉しく思っていますの。
知らないことばかりです、これからも
教えていただくことを喜びにいたします。
お庭の花壇、次々とお花が満開に
なりますね、今朝はツクシがいくつか出てきました。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-05 19:23
ムームーさん、こんにちは。ありがとうございます。わたしもムームーさんと、こうして長くブログを通して交流を続けられていることを、うれしくありがたく思っています。

ツクシがもう顔を出しているんですね! 幼い頃、川の土手に見つけて摘んでいたのを、なつかしく覚えています。
<< 明日の授業の準備中、イタリア語... 桜ひなげし咲く春の庭、ペルージャ >>