時差と夕日と通行止め、瞑想講座明日から聞こう

 昨晩は、「明日は早く起きて、瞑想講座を聞いてから出勤しよう」と考えていたのですが、床につく前に、幸い気づくことができました。ディーパク・チョープラの瞑想講座は、確かに4月10日、そうしていつものようにその午前零時に始まるのだけれども、それは北米の時間であって、ですからイタリアでは午前9時になってからだと言うことに。

 そう、瞑想講座の開始日時日時は、北米のディーパクが基準とする地域では、4月10日午前零時からでも、それはイタリア時間では同日午前9時、日本時間では同日午後4時からだったのです。今朝は午後1時まで授業があったため、朝聞くことはかなわず、午後も昼食のあと、英語の家庭教師に出かけようと思ったら、道路が通行止めで、ふだんは往復40分かかる道に、往復2時間近くかかり、帰宅したのが夕食前になりました。と言うわけで、朝一番に聴いて、教えを1日に生かし、また、快く1日を始めるためにも、明日の朝から、瞑想講座を聞き始めたいと思っています。

f0234936_6445291.jpg
Isola Polvese & Lago Trasimeno al tramonto 9/4/2017

 今日の写真も、おととい土曜日に撮影したトラジメーノ湖に沈む夕日です。最近の3記事を続けて読まれていて、記憶のいい鋭い方は、ひょっとしたら気づかれたかもしれません。そう、同じ日に同じ町から撮った写真でも、わたしたちがいる場所によって、夕日がこんなふうにポルヴェーセ島の右端に見えたり、昨日・おとといの記事に載せた写真のように、島の中央近くに見えたり、島の左端近くに見えたりと、太陽と島の位置関係が、大きく変わってくるのです。

 同じ太陽でも、見る位置によって場所が違って見え、いる場所によって、昇る時刻・沈む時刻が違うことは、当たり前と言えば当たり前なのですが、写真を見ながら、改めで不思議だなと感じました。

 今日わたしが家庭教師で英語を教えている少女のもとに行こうとして、通行止めだった道は、わたしのうちから車で15分ほどのところにあります。通行止めと知らずに、その方向に進み、さらに遠回りしなければいけなかったので、行きは片道1時間以上かかり、ただでさえひどく慌ただしい1日だったので、疲れました。そうして、同じ道を実は、彼女の母親は通勤に使っているために、通行止めだと知っていたのに、今朝同じ部屋で仕事をした夫にも、わたしにも、その旨の連絡がなかったことに、内心憤慨しました。彼女自身は「あら、今朝通行止めだったってこと、他の同僚とも話したのに、ルイージから聞かなかった?」と言ったのですが、直接夫に、「通行止めだから、なおこに別の道を通るように」とは言わなかったようで、夫は、通行止めがあることは知っていたけれど、わたしが英語を教えに行くためにいつも通る道が通れなくなっているとは思いもよらなかったとのことです。

 途中で通行止めと知ったために、ゆっくりどう行っていいか調べる時間もなく、近所の人の家を訪ねて質問し、教えてもらった道を、不安に思いながら進みました。と言うのは、ペルージャの中心街は小高い丘の上に建つ上に、古い家が多いため、一方通行が多く、一方通行の細い曲がりくねった道、しかも片側にいろいろな車が無理に駐車された道を、行き止まりになりませんように、途中で通れない場所がありませんようにと、祈りながら通らなければいけなかったからです。わたしが彼女の立場であれば、早めに通行止めについて連絡して、どういう道を通ればいいか言い、また、無理して来なくてもいいと、断ったと思うのです。

 過ぎたことですし、無事にすんだのでよかったこととします。「水に流してしまおう。そうすれば、わたしの心は穏やかになる。」、そういう言葉が、過去のディーパクの瞑想講座にありました。その訓練をさせてもらっているのだということにいたしましょう。

******************************************************************
Il sole che stava per tramontare si vedeva prima a sinistra dell'Isola Polvese mentre partivamo con il traghetto, poi sopra la parte centrale dell'isola quando siamo arrivati al porto di San Feliciano, in fine a destra dell'isola quando abbiamo ammirato il tramonto dopo aver camminato sulla riva del Lago Trasimeno.
Appena ci spostiamo un po', cambia la posizione del sole nei confronti dell'Isola Polvese.
E' una cosa naturale ma ci fa riflettere;
quante volte vengono negati le opinioni, i sentimenti e i ragionamenti degli altri, semplicemente perché non si trovano sullo stesso punto della terra, nelle stesse situazioni e non condividono le stesse esperienze passate...
Foto: Isola Polvese & Lago Trasimeno al tramonto, San Feliciano, Magione (PG) 9/4/2017
*******************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-10 23:59 | Umbria | Comments(6)
Commented by ayayay0003 at 2017-04-11 09:27
なおこさん、お写真の夕日と島の位置関係、ほんとに不思議ですよね~
私も車で道を走っていて有る場所では夕日がもう見えないのに少し走ると見える、コレが不思議で・・・(笑)
夕日の美しさに翻弄される季節ですネ(*^_^*)

通行止めのお話、なおこさんが仰るのは当然のことで、ちょっとの配慮があれば、気持ち良くおだやかな気持ちでいられますのに・・・と思います!
私も別のことで、その手のことは多くあり、自分がその立場にあったならばそういうことはしないでおこうと言う教訓になったと自分に言い聞かせております(笑)
Commented at 2017-04-11 21:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazu at 2017-04-11 21:58 x
なおこさん、こんばんは。トラジメーノ湖はいろんな光景を見せてくれる素敵な場所ですね。季節のみならず、時間の流れとともに表情が変わるのでしょうね。

私も、折角仕上げたのに、聞いてみれば、既に他の人が終わらせていたことがあって、だったら、早くに伝えておいてくれれば無駄なことをしなくて済んだのにと思うことがありました。他山の石とする、やら反面教師やら、人の振り見て~など沢山の格言があてはまって、なおこさんがこうして気持ちを納められたこと、素晴らしいと思います。相手を思う気持ちをほんの少し持つだけでいいのに、難しいのかなぁ。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-11 22:09
アリスさん、同じように感じられていると知ってうれしいです。夕日も月も虹も、特に虹の位置が変わるのが不思議で、わたしが驚きに満ちた声で何か言うと、そういうときだけ妙に科学的な夫に、当たり前じゃないのと言われてしまうものですから……。夕焼けがきれいで、うれしかったです♪

少し考えて連絡してくれたら、遠回りはしても、あれほど時間を無駄にせず、焦ることもなかったのにと、残念です。それで悪かったという気配もそぶりもまったくないものだから、困ったものです。月曜の午後の授業は、わたしとしてはかなり無理をして行っていたので、今後は少なくとも学校の授業がある限りは、曜日がずらせないようであれば行けないと言うことにしようと思っています。

他人の立場に立ってみないと分からないし、立ってみるのが難しいということもありますよね。これから相手の立場に立って、もっと考えられるように気をつけたいと思いました。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-11 22:11
鍵コメントの方へ、了承しました♪
Commented by milletti_naoko at 2017-04-11 22:15
かずさん、こんにちは。かずさんも日々そういう経験をされたことがおありなんですね。ささいな心づかいで、人が穏やかに、ゆったりと暮らせるのに、難しいですね。夫の同僚ですし、いちおう仕事の依頼主で、まあ怒っても向こうにそういう意識がないなら仕方がないのですが、そういう人だと分かったので、自衛するために、ひどく無理までして、一番忙しい月曜の夕方は授業をするのはやめ、その日ははずしてもらうことに決めました。夫にはずっと勧められていたのですが、おかげでふんぎりがついたかもしれません。
<< 宿題・ひなげしと瞑想講座 不確かな世に希望を、英語版ディ... >>