復活祭食の祝福・チョコ卵と極寒天気予報

 復活祭の朝だけは、同じ二世代住宅の下階に暮らす義父母たちと、復活祭(Pasqua)用の特別な朝食を共にします。

f0234936_4343123.jpg

 卵とチーズをふんだんに使い、今年は夫も手伝って義母が焼き上げた復活祭のパン(torta di Pasqua)、ゆで卵、甘口ワインのヴィンサントや赤ワインが、朝食のテーブルに並びます。写真は7年前の復活祭のときのものですが(詳しくはこちら)、この日の朝食は毎年変わりません。復活祭のパンやゆで卵、赤ワインは、今日の祝いの昼食の席でも、食卓に上りました。

f0234936_4391949.jpg

 この祝いに欠かせない飲食物を、今年は夫とわたしが、昨日教区教会に持って行って、列に並んで祝福してもらいました。ですから、ゆで卵も、単なる卵ではなく、祝福を受けた卵(uovo benedetto)と呼び、今日は、この祝福を受けた大切な卵の殻を、鶏にエサとしてやるのだと、夫たちが言っていました。

 昨日の午後は、教区教会では15分ごとに、復活祭用の飲食物の祝福が行われ、午後5時半前にわたしたちが教会に到着すると、祭壇は色とりどりの花に飾られ、多くの人たちが、祝福してもらう飲食物を大きなカゴに入れて、椅子に座っていました。カゴの中にチョコレートの巨大卵を入れている人さえ、何人か見かけました。写真は5時半からの祝福が終わり、人々が教会を去ってから撮影したものです。

f0234936_4481610.jpg

 学校は復活祭休みなのですが、最近は、復活祭の準備に、東奔西走していました。姪たちに贈るチョコレート卵や義父母に贈る職人が作った鳩の形のケーキ、コロンバを購入しに行き、今日は義父母が他の親戚も昼食に招待していたこともあって、教会に飲食物の祝福をもらいに出かけるほか、かなり前から、あれこれと準備を手伝ってきました。

 今朝は思いがけず、夫がわたしにもチョコレート卵を贈ってくれてうれしかったです。平和のために活動を行うアッシジの慈善団体が販売しているものです。

f0234936_4554134.jpg

 祝いの昼食の前菜には、復活祭のパンを切って、カーポコッロと呼ばれるサラミを載せ、祝福卵を添えました。パスタの後のセコンドには、復活祭ということで、子羊の肉も並びます。デザートにはチョコレート卵やコロンバを食べ、食後は片づけのあと、いろいろとおしゃべりをしました。

 畑に散歩に出かけて、鶏小屋に近づくと、「ひょっとしたらエサがもらえるかもしれない」と考えたであろう鶏たちが、近づいてきました。今年の干支の鶏はまた、復活祭のパンやゆで卵の卵を提供し、今日の祝いのために大活躍をしてくれました。そこで、畑で、フダンソウ(bietola)のわたしたち人間が食べるにはかたすぎる外葉を、たくさん摘み取って、鶏たちにやりました。最初の1羽は、恐る恐る近づいて、ついばんで食べていたですが、その様子を見て、やって来て食べ始める鶏の数が増え、最後には遠方から飛ぶように他の鶏たちも駆けてきて、夢中で青葉をついばんでいます。

f0234936_563896.jpg

 昨日は久しぶりに雨が降り、今朝は庭のヒナゲシたちがまだ雨にしっとりと濡れていました。激しい風に散った花も多いのですが、また新たな花が咲き、最近は毎朝20輪ほどの花が咲いています。

f0234936_5112352.jpg
Dal sito ilmeteo.it

 この1週間は日中暖かい日が続いていたのですが、天気予報によると、ペルージャでは今週火曜日に雨が降ったあと急激に気温が下がっていき、最低気温が水曜は3度、木・金曜は1度、土曜はなんと-2度になるということです。確実な予報は、33時間前にならないとできないとは言うものの、週末にひどく冷え込むという予報がかなり前から出ているため、心配しています。寒いとつらいのはもちろんですが、暖かい日が続いたために、温室から出して、つぼみができているレモンの木や、すでに畑に植えたトマトやレタスの苗が、寒さで打撃を受ける可能性が大きいからです。

 今週半ば以降、イタリアを旅行される方は、天気予報に十分ご注意ください。イタリアの詳しい天気予報の調べ方およびイタリア主要観光都市の天気予報は、こちらのページに記載があります。ちなみに、このイタリアの天気予報ページへのリンクは、このブログ表紙の右欄にもあり、便利なので、わたしも時々利用しています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-16 22:22 | Feste & eventi | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27732117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fukusukesan at 2017-04-17 17:09 x
こんにちは。なおこさん。BUONA PASQUA^^なおこさんの話を読んでいると、イタリアほ人達にとってPASQUAが、とても大切な事が伝わってきます。日本のお正月位、大切なのでしょうか^^春のお祝いですね。卵って、可愛いフォルムをしてますけど、中にぎっしりと詰め込まれた栄養価、生命の源ですものね。コロンバってお菓子も、鳩ですよね。。。?鳥が、PASQUAには、深く関係しているのですね。日本では、ミモザを贈る習慣も、PASQUAもあまり、生活の中に浸透してませんが、宗教が、深く生活に浸透しているからでしょうね。家族が揃う、PASQUAの食卓が、ちゃんと何年も続くのは、素敵な事だと思います。つい、見過ごしがちな小さな日常、それが、一番大切な事。綺麗なお花の写真に、心が癒されます。
Commented by suzu-clair at 2017-04-17 17:29
なおこさん、
いつも美しい夕景や、
季節を感じる花々と、
なおこさんのお仕事を頑張っておられる姿勢に、
こちらのブログにお邪魔するたび感動をいただいています。

ひなげしや藤の花、
きれいですね。
もう藤の花が花盛りなのですね☆
こちらでもこれから咲く季節を迎えるのが楽しみです。

そちらも不安定な気候となりそうでしょうか。
こちらでも、先週末はいきなり真夏日となったり、
また同じ国内でも北のほうは真冬の寒さの日があったりと、
かなり気温の変動も激しく、
体調管理に注意が必要そうです。
気候が安定しないと、
植物や農作物に影響が出るのが心配ですね。
日本もすでに冬からの気候の影響を深刻に受けている農作物も出てきています。
ここから先、できるだけ穏やかに季節が推移していってほしいものですね。
Commented by mokochan at 2017-04-17 22:04 x
なおこさん、お疲れ様でした。このところ、授業や復活祭の準備などで大忙しでしたね。気温変化も激しい季節なので体調を崩されないように。。。こちらも春の嵐となるようで明日の午前中まで大雨らしいです。
それにしても、お義母様のこのパン、私も頂いてみたいですー美味しそうですよね。。お庭の鶏さんも可愛らしいです。
コロンバはローマのまゆみさんのブログに写真がありましたが、鳩の形には見えませんでした、どんな味なのかなあと思います。
かなり寒くなるような予報なのですね、野菜が無事でありますように。。。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-18 22:55
fukusukesanさん、こんにちは。ありがとうございます。日本はもうすぐゴールデンウィークですね。どうかよい連休をお過ごしくださいませ。

世の人の罪を背負って十字架に架けられたキリストが、死にうちかって復活したことを祝うということで、キリスト教ではとても大切な祝祭なのです。姪たちも大きくなりましたが、チョコレート卵を受け取るときは、やっぱりうれしそうでした。わたしも小さな毎日のさまざまなできごとこそ大切なのだと最近ことに感じています。温かいコメント、ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2017-04-18 23:00
すずさん、ありがとうございます。きれいな夕日や湖、花を楽しめる毎日、ありがたいなと感じています。日本では桜が美しいですね♪

日本でもそんなふうに気候が不安定なのですね。すでに冬の気候に影響を受けている農作物があるとは。ウンブリアではオリーブの実へのハエによる被害と損害が昨年も多く、うちでも収穫できたのはごくわずかで、苦労して得たオイルも、質がいまひとつでした。日本でもイタリアでも、そうして世界中でも、今年は農家の方が手をかけて育てられる作物が無事に育ちますように。
Commented by milletti_naoko at 2017-04-18 23:14
mokochanさん、ありがとうございます。なんと日本でも春の嵐が来るのですね。まだ本格的に雨は降っていませんが、空は朝から暗く、しばらく前から強い風が吹き荒れています。

復活祭のパン、チーズと卵たっぷりでおいしいですよ。畑にレタスや青菜を取りに行くたび、外の葉は鶏たちにやるのですが、びっくりするほどの勢いで駆けてくるので、よっぽど野菜が好きなのか、競争が好きなのか、おなかをすかせているのかのいずれかと思います。コロンバ、本物の鳩の形に近いと、細く小さくなって、皆が食べられるほど量がないためか、ケーキはかなり太っちょさんです。味は、ウンブリアの同じ店でも、いろいろな味や材料から選べることになっているため、イタリア各地だとかなり違ってくるかと思います。わたしたちは今回はクルミとイチジクが入ったものを選びましたが、他にもチョコレートと洋梨なが入ったコロンバもありました。ありがとうございます。3月に花壇に植えて芽が出始めた草花や少しずつ育っているコスモスらしき植物、何とかこの極寒を乗り切ってくれますように。
<< シクラメン・蘭の花咲く春の山、... 藤美しきイタリア庭園、トスカー... >>