お礼参りと帰ってびっくり

 アブルッツォ旅行からペルージャに戻る途中、Madonnaに旅が無事に済んだお礼を言いに行こうと夫が言い、わたしも賛同して、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会に立ち寄りました。Madonnaはイタリア語で聖母マリアを指し、聖フランチェスコが最も大切に思っていたこの教会の名は、「天使の聖マリア教会」で、教会の上には大きな金の聖母マリア像が建っています。

f0234936_6472349.jpg
Basilica di Santa Mariga degli Angeli, Assisi (PG) 17/6/2017

 旅行中美しいバラをあちこちで見かけたので、聖フランチェスコが身を投じて以来、バラからとげがなくなったという奇跡のバラも、今は咲いているだろうかと、境内のバラを見に行ったのですが、残念ながら、右手奥に見える他のバラは咲いていても、手前に見える奇跡のバラには、つぼみも花もまったくありませんでした。

 これまで長年、年中常設だった大きなプレゼーペ二つが、撤去されているのを見て、わたしは驚きましたが、夫は、「クリスマスを祝う期間だけではなく、常設している方がおかしかったんだ。」と言いました。

 ペルージャのうちに戻って、片づけを終えてから、ようやくカメラの写真をパソコンに移せると、デスクトップの電源を入れたら、ところが電源は入っても、モニター画面が暗いままです。電源プラグを交換して以来、こういう状況にはずいぶん長いこと遭わなかったので、2、3度試みても同じ状態が続いて、困りました。けれども、洗濯や掃除を終えて、デスクトップ本体の通気口から掃除機でホコリを十分に吸い込んだら、無事パソコンが復活し、こうして、久しぶりに、デスクトップから記事を投稿することができるようになりました。

 今夜はもう遅く、明日は朝歯科医の予約があるのですが、少しずつ旅行中にいただいたコメントやいいね、ランキングクリックなどへのお返事やお返しをしていくつもりでいます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-18 23:55 | Umbria | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/27906152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 岩落ち歯欠ける試練のとき、アブ... アブルッツォ海辺で日ざしを避けるには >>