2017年 03月 01日 ( 1 )

花粉症、ミモザ、四旬節と身体の浄化

 今のところ、例年に比べるとかなり症状が穏やかなのですが、先月から、花粉症の症状が、目や鼻に現れてきています。ペルージャの我が家の近所には、庭木のある家が多いのですが、イタリアでこの時期飛散して、花粉症の症状を引き起こすのは、ハシバミ(nocciolo)やイトスギ(cipresso)で、近所に木があり、今日は天気がよく風が強いため、花粉も大気中にたくさんあったようです。(詳しくはこちら

 友人や同僚、わたしが英語を教える中学生の少女のお母さんが、ずいぶん前から花粉症の症状に苦しんでいると聞きましたので、ひょっとしたらずっと続けてきた薬草療法や食事療法(詳しくは)が、ようやく功を奏してきたのかもしれません。

 とは言え、薬草療法については、本来花粉症の時期の2、3か月前から服用しなければいけないクロスグリの芽の液(gemmoderivato di ribes nero)を、今年は症状が出始めた先月になってようやく服用し始めました。それでも、免疫力を高めるというイラクサのハーブティーやアマーロ・ズヴェデーゼを、肩の痛みを緩和するためにとしばしば摂取していたので、それがよかったのかもしれません。

f0234936_8113513.jpg

 昨日は、空がどんよりと曇り、1日中激しい風が吹き荒れ、夜中にかなり雨が降りました。そのおかげか、今日は風こそ強いものの、朝から空が晴れ上がり、庭のミモザの花も、日の光を浴びて、いっそうきれいに見えました。

 イタリアでは、昨日火曜日が謝肉祭(carnevale)の最終日、懺悔の火曜日(martedì grasso)で、今日、灰の水曜日(mercoledì delle ceneri)から四旬節(quaresima)が始まります。(詳しくはこちら

 キリスト復活を祝う復活祭前の約40日間、節制を保つべき四旬節中の金曜日および灰の水曜日だけは、断じて肉を食すべからずという説教を、以前に教会で聞いたことがありますし、義父母もかたく守っているため、うちもそれに倣っています。

 花粉症対策のためにと、花粉症の季節以外にも、できるだけアルコールや乳製品、白砂糖、サラミ・サルシッチャなどのひき肉を腸詰めにした加工食品を避けているのですが、この週末は、友人たちが来ていたこともあり、ピザに、ゴルゴンゾーラやサルシッチャを使った料理、さらにはバールで生クリームとイチゴのシュークリームまで食べてしまい、花粉症の症状が目立ってきたのは、そのためかもしれませんし、体重が増えてしまったのは、まさしくそのためでしょう。

 四旬節は、もともとは冬の間、寒さを乗り切るために脂肪分の多いものを取りがちであるため、春に向けて体を浄化しようという暮らしの知恵と重なっていたようです。そう言えば、2年前、マルケの薬草学講座で、春に向けて浄化を促す食生活について、かなり詳しく教わりました。(詳しくはこちら)今夜はもう遅いので、明日仕事の山が片づいてから、じっくり読んで、体の浄化に役立てたいと考えています。花粉症と減量にも役立つでしょうから、一石三鳥です。

関連記事へのリンク
- 花粉情報、イタリア&ウンブリア
- 花粉症、薬草療法と食事療法
- 花粉症、今なら間に合う薬草療法
- 謝肉祭の終わり、お菓子と四旬節、肉料理
- 春に向け浄化促す食生活

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-01 23:59 | Fiori Piante Animali | Comments(5)