2017年 04月 18日 ( 1 )

目は回れども首は回らず

 昨晩は午後8時頃に帰宅して、食事のしたくをしようとしたら、何だかめまいがするようで気分が悪く、食事後にすぐ横になると、今度は部屋や自分の体が回るようで、そのまま横になって休み、真夜中近くに起き出して、ブログの記事を書き、インスタグラムに写真を投稿してから、就寝しました。

 今朝は症状がやや収まったのですが、少しずつ快方に向かいつつある凍結肩に苦しむ肩の、最近は痛まなかった部分と首筋がひどく痛み、今も首を動かすとひどく痛みます。凍結肩のために、肩の周囲の筋肉や腱が動かない分を僧帽筋だけが必死で働いて補ったため、負担がかかってひどく痛むのでしょうと、いつもの週に2度の療養に、カイロプラクティック院に出向くと、理学療法士さんがそう言って、その僧帽筋にも施術をしてくれて、一方いつもの荒療治は、今回は控えてくれました。

 泣き言はあまり書きたくないのですが、そんな具合で首が痛む上に、明日は朝早くから出勤なので、今夜は山歩きの写真を載せて、一言添えて投稿して早く寝ようと考えていました。ところが、そういうときに限って、デスクトップで突然IMEパッドを使っての入力ができなくなり、何度試みても日本語入力ができません。あきらめて、携帯電話から投稿しようとすると、ひどく遅くて、画面がいつまでも切り替わりません。仕方がないと、今はMacBookでこうして記事を書いています。

f0234936_1151049.jpg

 写真は、昨日山からうちに向かう途中に、雲間から輝く日の光がきれいなので、車内から撮影したものです。

 数日遅れで聞いているディーパク・チョープラの瞑想講座では、希望を持つことの大切さと希望の偉大な力を語っています。明日は肩の痛みが楽になっていることを期待して、今日は床につくつもりでいます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-04-18 23:58 | Altro | Trackback | Comments(8)