カテゴリ:Umbria( 443 )

夕焼けの湖を飛ぶフラミンゴ、イタリア トラジメーノ湖

 昨夕久しぶりに、夕日が沈む頃、トラジメーノ湖を訪ね、雲と山の間からのぞく日の光を見ていると、夫が、「フラミンゴだ!」と叫びました。

f0234936_68388.jpg
Fenicotteri rosa sul Lago Trasimeno al tramonto
Monte del Lago, Magione (PG) 17/9/2017 19:17

 逆光でもあり、近視のわたしには、鳥が飛んでいることは分かっても、それがフラミンゴだとは識別できなかったのですが、

f0234936_6111950.jpg

夫は夕日を眺めながらも、右の方にフラミンゴたちが飛んでいるのに気づいたのです。冒頭の写真は、この写真でフラミンゴが写っている部分だけを拡大して、マックブックの写真アプリで、色彩を自動調整したものです。

 ここまでしても、わたしの目ではフラミンゴかどうか識別できないのですが、夫はクチバシの形から、そうして昨日実際に目で見て判断して、フラミンゴに間違いないと言っていました。

f0234936_6162174.jpg

 フラミンゴたちはそのまま、わたしたちの眼前を、そして沈む夕日が雲間から輝く前を通って行きました。

 上の写真左手のフラミンゴたちが写っているところを拡大し、色彩を自動調整すると、

f0234936_618474.jpg

こんなふうになります。鳥が飛んでいることだけが、かろうじて分かる程度であるのが残念ですが、鳥たちは一瞬のうちに南へと飛び去って行きました。

 今夜になって調べてみると、フラミンゴがトラジメーノ湖で見られたことは、ごくまれなことですが、過去にもあり、珍しいので、それがニュース記事にもなっています。そして最近も、まだニュース記事にはなっていないようですが、トラジメーノ湖畔で8月29日にフラミンゴたちを見つけた方の、フラミンゴだということが明らかに分かる写真が、FB投稿に見つかりました。


 と言うわけで、私たちが昨夕見かけた鳥は、フラミンゴに間違いないようです。確かに見定めることこそできませんでしたが、フラミンゴが夕日が沈む瞬間の湖を飛んで行く美しい眺めが見られて、うれしかったです。

**************************************************************
Ieri volavano i fenicotteri rosa sul Lago Trasimeno!

@ Monte del Lago, Magione (PG) 17/9/2017 19:17
Ho ingrandito una parte della foto per rendere visibili i fenicotteri e
per questo, purtroppo, la foto è sgranata.
**************************************************************

LINK
- Corriere dell'Umbria - Fenicotteri rosa invadono il Trasimeno (18/4/2017)
- TrasimenoOggi - I fenicotteri rosa visitano il Lago Trasimeno, spettacolo straordinario (6/4/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-18 23:37 | Umbria | Trackback | Comments(8)

ツナ缶秘密工作の悲喜劇

 イタリアではもう数年前から、環境保護・動物保護の観点から、マグロの捕獲の在り方について取り上げられることがあり、夫やわたしたちの親しい友人の一人は、最近ではマグロの乱獲への反対から、マグロは買わない、食べないと、時々口にしています。わたしも、マグロの種の保存や環境に大いに負になるような捕獲をする業者のツナ缶は買わぬように、そして、ひどく高いのですが、できればそういう意味での優良企業から買うようには心がけています。夫は、買うな、ぼくは食べたくないと言うけれど、そうは言っても、急ぐときはツナ缶は、パスタの具としてもサラダや野菜料理に添えるにも手軽で便利です。夏の暑いときは火を使わずにタンパク質が摂れるのもありがたく、おいしくもあるのですが、とは言え、月に1、2度食卓に上る程度でも、夫がひどく嫌な顔をします。

f0234936_2214769.jpg

 それで、わたしもあまり買わないようにはしていたのですが、最近買い物をしていたら、近年ではすっかり高くなったツナ缶が、わたしがペルージャに暮らし始めた2002年頃に見かけた値段に近い1缶あたり70-77セントという値段で、パックに入って売られているではありませんか。この頃では、一番小さい缶を買うと割高になるからと、ふだんは大きめの缶を買っていたのですが、小さい缶が15年前の値段で売られているのでお得だし、夫が食べないので、わたし一人で一度に食べ終える量としてはちょうどいいと、購入し、夫にブツブツ言われるのも嫌だし、夫の留守にわたしだけが食べるときにだけ使うために買うのであれば、あえて見えるようなところに置いて、夫自身も不快な思いをしなくともよいようにと、買い物を片づけるときに、ツナ缶だけは、夫の目に入りにくそうな、出し入れが少々めんどうなところにしまっておきました。

 さて、金曜日はウンブリア州庁が午後2時に閉まるので、夫は2時頃帰宅して、うちで昼食を食べます。ふだんはわたしも2時まで待っていっしょに食べるのですが、今日は正午前にもうおなかがすいて、そうして、昨晩の残りごはんが冷蔵庫にあったため、わたしは自分だけ先に、ツナ入りミックスサラダを作って、昼食を手軽に済ませることにしました。ちなみに、夫用には別に、夫が帰宅する頃を見計らって、パスタやサラダなどを用意しました。

 金曜の朝は肩のリハビリに通っているため、肩が痛まぬように苦労しながら、まずは隠していたツナ缶を取り出し、開けようとしました。そもそもツナ入りサラダにしようと思ったのは、すぐにできて手間がかからないからでした。それなのに、缶を開けようと、わたしが持ち上げたタブは、缶を開けることもなく、そのまま缶から取れてしまいました。

f0234936_6511116.jpg

 めんどうな作業は次回に譲って、今は早く食べたいからと、別のツナ缶を取り出すこともできたのですが、出すのがひどくめんどうな位置にあり、残りのツナ缶はすべて苦労して元の位置に戻したばかりです。

 幸い、こういうときに缶を開けるのに役立つ小さな味方が我が家にはあり、それが、上の写真でタブの前にある小さな小さな古い缶切りです。ただ、位置を定めるにも、回し開けるにも、少々手間と時間がかかります。

 ようやくフタが開いたときには、ほっとしました。

 ツナ缶に限らず、豆乳などの紙パックについているプラスチックのフタでも、イタリアだからと言うのではないのでしょうが、まれに、初めて開けるためにフタを回すと、フタだけではなく、フタの下の部分までいっしょに回って、周囲に穴が開き、中の豆乳が漏れてしまうこともあります。

 無意識にさっと開けても、簡単に無難に開くようであればいいのですが、そうではないつくりであることもあるため、今後は、こういうものを開けるときには、缶ならフタもタブについて開くように、紙パックなら、開ける際にフタだけが回るように、力加減に注意しなければいけないなと、思うのでありました。

関連記事へのリンク
- ツナ缶環境配慮度リスト@2015イタリア/ Classica Rompiscatole Tonno 2015 (16/6/2016)
- 畑の巻き寿司と生魚・ツナ缶問題 2012 (10/9/2013)

参照リンク
- Greenpeace - Tonno in trappola - HOME
- GreenMe - Tonno in scatola: quale e come scegliere? (19/4/2017)
↑↑ このGreenme.itの今年4月の記事に載っている表も、Greenpeaceのサイトのデータも、2015年版のものと同一であるため、現段階で最も新しいツナ缶環境配慮度リストは、今も、わたしが2016年の記事でご紹介した2015年版のデータであるようです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-15 23:56 | Umbria | Trackback | Comments(4)

銀色の湖と古タイヤ・靴から育つ花、イタリア トラジメーノ湖

 昨日は湖に着いたときには、厚い雲の層の後ろに、太陽が沈んでしまっていたのですが、波の立たぬ鏡のような湖面に、まだ茜色を残す空が映って、それはきれいでした。

f0234936_6155529.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Torricella, Magione (PG) 10/9/2017

 このトラジメーノ湖畔の村、トッリチェッラでは、しばらく前から、眺めのいい場所に、木製パレットを再利用して作ったベンチや背もたれが並べてあって、ゆったりと腰を下ろして、湖や夕日が沈むのを眺められるようになっています。

 私たちも何度か、こうしたベンチに腰を下ろして、夕日を見送りました。

f0234936_624112.jpg

 トッリチェッラでは、さらに、ベンチや椅子の近くに、色を塗った古タイヤが植木鉢代わりに置かれ、中にサボテンが植わっているのですが、昨夕訪ねると、このサボテンのあでやかな美しい花が、ちょうどこれから咲こうとするところでした。

f0234936_6263367.jpg

 こちらのやはり木製パレットを再利用して作った椅子には、傍らにいくつもの古靴が並び、中にはサボテンが育っています。ここにも、まもなく咲くであろう花があります。

 いつもとは違う、けれども、はっとするほど美しい湖の夕景をしばらく愛でたあと、夕食にとピザ屋に向かいました。

*****************************************************
Bellissimo il Lago Trasimeno di color argento.

Alla riva crescono i cactus nelle scarpe e nelle gomme
e stavano per sbocciare i loro fiori eleganti.
Torricella sul Trasimeno, Magione (PG) 10/9/2017
*****************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-11 23:35 | Umbria | Trackback | Comments(6)

中世の城塞の前におもしろテーブル、イタリア ウンベルティデ

 今日は夕方、ペルージャ北方にあるウンベルティデの町を散歩して、14世紀半ばに建てられたというこちらの城塞を訪ねました。

f0234936_5285273.jpg
Rocca di Umbertide, Umbertide (PG) 9/9/2017

 現在は、現代美術の展示会場になっているというこの美しい城塞を、わたしは、この春にペルージャへと戻るバスの中から見かけて、ぜひ近くから見てみたいと思っていたのです。

 わたしがお城の美しさに見とれていたら、夫が城塞の前に、おもしろいテーブルがあることに気づきました。

f0234936_5335862.jpg

 どちらのテーブルも、台には古い木の扉が使われています。そして、右のテーブルでは、台を支える部分にも、別の古い扉を切って使ってあり、左のテーブルでは、支えとして、古い自転車を用いています。

 よろい戸に美しい絵を描いて、室内装飾に使うなど、イタリアでは、古い木材などの乙な再利用に出会って、感心することが時々あります。木の扉をテーブルの台として再利用しているのは、これまでにも見かけたことがあったのですが、このウンベルティでのテーブルは、斬新な発想で、古い扉を下から支えいるので、びっくりしました。

********************************************************
Riutilizzo singolare della bicicletta e delle porte vecchie
nella costruzione dei tavoli.

Li ho trovati davanti alla bellissima Rocca di Umbertide.
Umbertide (PG) 9/9/2017
********************************************************

LINK
- TGUIDO - Alta Valle del Tevere - Umbertide

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-09 22:44 | Umbria | Trackback | Comments(4)

暗雲と葛藤の中の山登り、テッツィオ山からトラジメーノ湖

 昔から夫は、心穏やかならぬときは、テッツィオ山に一人登り、歩いて心を鎮めていたそうです。山の家の改築に際しては、建築士やさまざまな業者の仕事がいいかげんで、困ることが多かったのですが、今日も夫は、専門家でありながらなおざりな仕事をしたと業者に対して憤りつつも、義父とつきあいの長い業者なので、不満を言うこともできないと、やりきれない思いを抱えながら帰宅しました。

 依頼された原稿を仕上げながら、同僚の先生たちからの応答を待ち、そろそろ夕食のしたくをしようかと考えていたわたしは、雨が降るという予報が出て、また黒雲が空を覆うときに、突然、「今からテッツィオ山に行こう。いっしょに来るよね。」と言われて、慌てたのですが、こういう様子の夫を一人にしておくのもどうかと、すぐに身じたくをして、出発しました。同僚の先生には、また明日お話ししましょうと、出発前に連絡しました。

f0234936_781070.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno visto da Miralago, Monte Tezio, Perugia 6/9/2017 19:37

 自然公園の入り口からトラジメーノ湖が見える場所までは、約30分山を登ります。今日は地平線を灰色の雲が覆っていたため、ちょうど太陽が厚い雲の層に入る前に、美しい空の色が、木々の向こうに見えました。

 わたしたちがようやく見晴らしのいいところに到着した頃には、空はさらに灰色になってしまっていたのですが、それでもトラジメーノ湖とオレンジ色の空が、遠くに見えてうれしかったです。山を歩いて、話したいだけ話して、夫も落ち着いたようです。

 夫もわたしも、雨をあてにして今日は庭には水やりをしなかったのですが、今のところ、うちの周囲にはまだ雨が降っていません。どうか夜の間にでも、明日の早朝にでも降ってくれますように。

************************************************************************************
Nuvole & Lago Trasimeno visto da Miralago al tramonto
Monte Tezio, Perugia 6/9/2017 19:37

Quando siamo arrivati, il grigio vinceva sui colori caldi, ma mentre salivamo, attraverso gli alberi ho intravisto belle luci arancioni e il riflesso del sole rosso sul lago.
************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-07 23:58 | Umbria | Trackback | Comments(4)

夕焼け美し湖畔の夕べ、イタリア トラジメーノ湖

 今日は久しぶりに、いつもの店で、いつもの友人たちと、トラジメーノ湖の夕景を楽しみながら、夕食を共にしました。

f0234936_6555536.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, San Feliciano 6/9/2017 19:39

 雲が多く、午後8時からは雨の予報も出ていたので、今日の夕焼けはどうだろうかと思いながら家を出たのですが、いつもとは様子の異なる、不思議に美しい夕焼けを見ることができました。

f0234936_7143569.jpg

 9月に入り、 少し前までは大勢いた外国からの観光客がめっきり少なくなりました。日が沈むのが7時半過ぎだからと、待ち合わせも今日は7時半です。

f0234936_772451.jpg
21:24

 午後9時にはもう空が暗かったのですが、東の丘の向こう、雲の間から昇った月が、その暗い空を明るく照らし始めました。 
 
f0234936_7164658.jpg
21:52

 帰りは、サン・フェリチャーノの港に寄って、月と湖の眺めを楽しみながら、しばらく散歩しました。月の光が美しく、カモやガチョウが寝るしたくをするのを見ることもできて、興味深かったです。

***************************************************
Cena con amici al Lago Trasimeno al tramonto.

Molte le nuvole, il sole tramonta sempre più presto,
ma bellissimi il tramonto e la luna piena, piacevole la serata.
Dopo cena una passeggiatina a San Feliciano. 6/9/2017
***************************************************

Giramondo Risotante Pizzeria
San Feliciano Via Gandhi, 29 - Magione (PG)
Tel: 075 841059
FB: https://www.facebook.com/giramondosanfeliciano/

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Lago Trasimeno
- 世界で最も夕焼けが美しい七つの場所、トラジメーノ湖畔サン・フェリチャーノも / A SanFeliciano uno dei tramonti più belli del mondo
- 湖の夕景愛でつつ夕食を、ウンブリア / Bellissimo tramonto al Lago Trasimeno, piatti buoni & servizi gentili e cordiali @ Ristorante Pizzeria Giramondo, San Feliciano, Magione

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-09-06 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(2)

夕日美し前菜おいし、イタリア サン・サヴィーノ村祭り2

 火曜日、祭りの会場であるサン・サヴィーノに着いた頃は、まだ日が高かったのですが、料理の注文をするための順番を待っているうちに、夕日がトラジメーノ湖の向こうに沈んでいきました。

f0234936_6573293.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno visto da San Savino
Magione (PG) 22/8/2017 20:01

 太陽が沈む位置が、ちょうどポルヴェーセ島の最高地点に近いところだったので、あかあかとした玉が手のひらに載っているように見えます。

f0234936_711036.jpg

 冒頭の写真は、4.2倍に拡大して撮影したものです。わたしがいた同じ位置から、光学ズームを使わずに撮影したのが、こちらの写真です。サン・サヴィーノの中心街は、湖畔の丘の上にあるため、高みからトラジメーノ湖を見渡すことができるのです。

f0234936_7112319.jpg

 湖の幸で作った郷土料理を食べようと、順番を待っていたのですが、幸い、時々それはおいしい小さな前菜が無料でふるまわれたので、もらって食べました。

 パン一切れの上に、ローストポテトの薄切り、生ハムが載っていて、さらにその上に、わたしたちの目の前で、たくさんの黒トリュフがすりおろされました。最初の一切れは、わたしが「花よりだんご」とばかりに、取りに行かずに、沈む夕日を見つめていたら、夫がわたしの分もらってきてくれました。あまりにもおいしいので、次の一切れは、わたしも夫といっしょに取りに行きました。ちなみに友人はなんと4切れ食べたそうです。(つづく)

関連記事へのリンク
- 風情ある湖畔の村でコンサート、イタリア サン・サヴィーノ村祭り1 (22/8/2017)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-24 23:54 | Umbria | Trackback | Comments(4)

風情ある湖畔の村でコンサート、イタリア サン・サヴィーノ村祭り1

 今夜は夫や友人たちと、トラジメーノ湖畔の丘の上の村、サン・サヴィーノの村祭りに行きました。丘の上から湖に沈む夕日を見送り、村人たちが準備した夕食を、大きなテーブルが並ぶにぎやかな会場で食べてから、趣ある村を歩くと、露店もいくつか並んでいます。

f0234936_7221143.jpg
Musica swing & soul, Four Seasons Quartet
Piazzetta del Castello di San Savino, Magione 22/8/2017

 中世の城塞の広場で聴いたコンサートがすばらしくて、引き込まれました。

 わたしたちが祭り会場を後にしたのは午後11時過ぎでしたが、その頃には、人並みをかき分けないと歩けないほどの人が集まっているところもありました。帰りが遅くなりましたので、詳細については、またいずれご紹介できたらと思います。

*******************************************************
Musica, canzoni, atmosfera, luogo - tutto molto bello.

Musica swing & soul, Four Seasons Quartet
Piazzetta del Castello di San Savino, Magione 22/8/2017
*******************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-22 23:57 | Umbria | Trackback | Comments(8)

花の絵彩る中世の町 スペッロのインフィオラータ、来年は6月3日 JITRA連載第10回掲載と間違いのおわび

 アッシジの隣町であり、イタリアの最も美しい村の一つでもあるスペッロ(Spello)は、中世の町並みが美しいウンブリアの町です。
 
 その趣ある石造りの町並みの広場や通りのあちこちに、町の人々が色とりどりの花びらで、それはすばらしい絵を描くインフィオラータを、わたしはおととしの5月末に初めて見ました。

f0234936_5304217.jpg
Infiorata di Spello, Spello (PG) 29/5/2017 


 そうして、JAPAN-ITALY Travel On-lineの今年5月15日発行のメルマガには、わたしは、このインフィオラータについての記事を寄稿しました。

- 緑満ち心に響くウンブリア 第10回  花の絵彩る中世の町 スペッロのインフィオラータ (15/5/2017)

f0234936_6324810.png

 インフィオラータは、カトリック教の主要な祝祭の一つである整体祭(Corpus Domini)前日の土曜日から、当日日曜日にかけて催されます。そして、上のわたしの記事にあるように、

「聖体祭は復活祭同様、毎年日にちが変わるため、スペッロのインフィオラータの日程も年ごとに変わり、今年2017年は、6月17日土曜日から18日日曜日にかけて、祭りが催されます。」

 そして、来年、2018年は整体祭が6月3日日曜日ですから、スペッロでは6月2日土曜から3日日曜の朝にかけて、花びらによる絵が描かれます。

f0234936_625469.jpg

 問題は、それなのに、上の記事の見出しに、JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガの編集を担当された方が、幸いわたしが書いた記事本文はそのままなのですが、編集を担当された方が太文字で、「来年2018年は6月17日・18日に開催」という見出しをつけられたことです。そして、記事を提出した約1週間後に、サイトに記事を掲載したという知らせとリンクを、編集部からもらっていたにも関わらず、ちょうど仕事が非常に忙しい時期だったこともあり、わたしもリンク先の記事を確認することなく、間違った記載が2か月もの間サイトに存在し、また、多くのメルマガ読者に記事が送られたというのに、その訂正ができなかったということです。

 今頃このお話をするのは、つい最近になって読者の方から、この記事の見出しを信じて、来年の旅の予約をしたのに、後から他の情報を見つけて、日にちが間違っているのではないかと不安になったというメールをいただいたからです。そこで初めて、編集部にいただいていたリンク先の記事を見て、見出しの間違いに気づき、その旨とおわびをご当人には連絡し、ご当人から編集部にも連絡があったそうなのですが、残念ながら、現在はちょうど担当者の方が休暇中で、間違いをわびるメルマガの号外のようなものを発行したり、オンライン記事における間違った部分を修正したりすることが即座にできないということなので、今回、記事のご案内と共に、すでに読まれて来年の旅行の予定を立てていた方には、おわびと正しい日付のご紹介をしようと、この記事を書くことにしました。

f0234936_6273824.jpg

 わたし自身のブログの記事は、必ず投稿した翌日、それが、無理なら近日中にもう一度読み直して校正をするようにはしているのですが、この記事については、記事の提出からサイトに記事が掲載されるまでに数日が経過しており、仕事が多忙を極めていたこと、また、まさかこのような重大な間違いがあるとは思わず、「今年のインフィオラータの日までに、できるだけ早くリンク先の記事を読んで、今年のインフィオラータの案内も兼ねて、ブログの記事で紹介しよう」と思いながら、アブルッツォ旅行に出かけてしまい、結局、リンク先の記事の確認も、このJITRAの記事の紹介も、できぬままに来てしまいました。もうこうなったら、来年のインフィオラータの前にでも、記事を紹介しようと考えていたところに、こういうメールを読者の方から受け取ったのです。編集側の間違いも、わたしが本来4月末までに提出すべき記事を5月8日に送信して、編集に時間がなかったことにも、原因があるかもしれません。

 以後はもっと気をつけなければいけないと反省しています。ご迷惑をおかけした方には、本当に申しわけありません。

****************************************************************************
Infiorata di Spello, Spello (PG), Umbria

Ne ho scritto un articolo per la newsletter e il sito di Japan-Italy Travel On-line.
LINK: http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/spello.html
****************************************************************************

関連記事へのリンク
- 傑作を花で描いて町彩る、Infiorata di Spello1 (29/5/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-18 23:28 | Umbria | Trackback | Comments(5)

森の木も枯れる水不足、イタリア ウンブリア

 ウンブリアではこの夏、雨の降らぬ猛暑の日が多く続いています。そのため、ペルージャの我が家の周辺でも、トラジメーノ湖に向かう無料高速道路沿いに見える山でも、またテッツィオ山や周囲の丘・山でも、気がつくと、ひどい場合には、斜面を覆う木々のすべての葉が枯れているという異常事態も、よく見かけるようになりました。

f0234936_6442761.jpg
15/8/2017

 昨日も、テッツィオ山周辺をドライブしていたら、真夏だと言うのに、葉が枯れた木々に覆われた斜面を、いくつも見かけました。車内からは遠景の撮影が難しいため、道路のすぐ近くの木々を撮ったのが、上の写真です。ウンブリア州で見かける落葉樹の多くは、春から初夏にかけて枝に若葉が見え始めて、その若葉がどんどん増え、育って緑が深くなり、紅葉や枯れ葉が見えるのは晩秋になってからです。夏の間は木々が緑の葉に覆われているはずであるのに、今は真夏でありながら、木の葉が枯れてしまっているのです。

 木や森の命そのものも、もちろん心配なのですが、夏にはたたでさえ草が枯れているのに、こんなふうに枯れ葉ばかりの木が多くなると、火災が発生した際に、火事も広がりやすくなり、危険です。ウンブリアでは、幸いまだそれほど大きな被害は出ていないようですが、この夏すでに、テッツィオ山やクッコ山などで、山火事がありました。1か月ほど前だったか、トラジメーノ湖に出かけたときに、火災の火を消すために、水をくみに来た飛行機を見かけたこともあります。数年前に満水になったトラジメーノ湖も、最近パッシンニャーノで水位計を見ると、基準水位に対して-60cmまで、水位が下がってしまっていました。水位が下がると、湖の生態系にも影響を与えます。

 現段階の天気予報では、次の雨は2週間先とのことなのですが、正確な天気予報が出せるのは2日前からとのことですから、今回は予報がはずれて、早く雨が降ってくれますようにと祈っています。

***************************************
Siamo in piena estate, eppure
molti alberi non hanno più foglie verde,
tutte le foglie sono appassite...
Abbiamo bisogno di suora acqua.
Che venga dal cielo al più presto.
***************************************

関連記事へのリンク
- イタリア各地の天気予報
- イタリア猛暑を乗り切るための黄金律十か条

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-16 23:51 | Umbria | Trackback | Comments(2)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

紅葉・霧のミジャーナと改築状..
at 2017-10-20 23:24
朝焼け、乗り換え前の番号メモ..
at 2017-10-19 23:56
海辺の紅葉・ブーゲンビリア、..
at 2017-10-18 23:45
TIMの怪しい他社から乗り換..
at 2017-10-17 23:59
多彩でお得 外付けハードディ..
at 2017-10-16 23:58

記事ランキング

タグ

(601)
(522)
(333)
(276)
(210)
(189)
(166)
(156)
(147)
(135)
(134)
(119)
(111)
(96)
(90)
(90)
(87)
(68)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

coimbraさん、先ほ..
by milletti_naoko at 01:07
アリスさん、同じ番号を使..
by milletti_naoko at 01:01
なおこさん、こんばんは。..
by coimbra at 22:35
なおこさんが、そんなにも..
by ayayay0003 at 10:39
アリスさん、このジェラー..
by milletti_naoko at 21:37

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク