カテゴリ:Umbria( 367 )

ピザ窯本日初ピザ焼き、ミジャーナ

 そもそも年明けをミジャーナで迎えたいという友人、シルヴィアの一声から、ではそのためにピザ窯をさっそく設置しようと決まり、それまでにその階のトイレや台所も準備しようということになっていました。それがその後、マヌーの仕事の都合で、新年はリッチョーネの友人宅で迎えることになり、ミジャーナでのピザ窯を使ってのピザ夕食会は、2週間早い今週末に繰り上げになりました。

f0234936_1957853.jpg
18/11/2016

 こちらがほぼ完成したピザ窯です。夫がミジャーナに通って、少しずつ火を大きく長い間燃えさせて、窯を温めて湿気を払い、調理に使える準備が整いました。

 上述のような都合で、台所は間にあわせで、トイレは今晩は氷点下になるという戸外を通って、上階に行かないと使えないのですが、今夜のための準備が整ってきました。

 4人連れで来るはずだったシルヴィアが高熱で来られなくなった分、義父母に来てもらうことになってと、予定は刻々変わるのですが、塞翁が馬の故事を締めくくる言葉のように、ディーパクの本にあるように、わたしたちの思いも及ばぬ深遠な奥深い妙理で、あるべくしてそうなっているのでしょう。不確定、先が分からないと楽しみ、発見があるという瞑想講座でよく聞いた言葉を、昨晩本で読みながら、かみしめました。

 今夜はミジャーナに泊まり、ペルージャに戻るのは明日の夕方になると思います。詳しいピザ会のご様子をお楽しみに。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-12-17 12:19 | Umbria | Comments(4)

名ワイン紅葉美しブドウ畑、モンテファルコ

 11月26日土曜日、ペルージャからベヴァンニャの傍らを通って、モンテファルコに向かうと、丘を走る道の両側いっぱいに、そして遠くの斜面のあちこちに、ブドウ畑が見えてきました。

f0234936_831332.jpg
Foliage delle viti del sagrantino, Montefalco (PG) 26/11/2016

 赤・黄色・オレンジと彩の美しい葉がまだかなり残っているこのブドウ畑が目に入ったときには、二人で喜び、ほっとしながら、カメラを手に、駐車した車から降りました。

f0234936_7151621.jpg

 と言うのは、この写真の右手のブドウの列を見ると、すでに落葉してしまったブドウの木が多いのですが、この畑に来るまでに見かけた道端のブドウ畑では、こんなふうに葉がほとんど落ちてしまって、枝には残っていない列ばかりがずらりと並んでいたからです。

f0234936_7221846.jpg

 収穫されずに畑に残っているブドウもあります。

f0234936_722649.jpg

 空が曇っているのを残念に思いつつ、紅葉が美しい葉を探し、風景がきれいに移りそうな角度を考えながら撮影しました。

f0234936_7264454.jpg

 ウンブリア自慢の赤ワインの名産地、モンテファルコでは、ワインづくりに土着のブドウ品種、サグランティーノが使われています。わたしが初めてモンテファルコを訪ねたのは5年前の通訳の仕事がきっかけでした。そのとき車内から見えたサグランティーノのブドウ畑のみごとな紅葉に感嘆し、以来時々夫と二人で、美しい紅葉を楽しみに、モンテファルコの町やサグランティーノのブドウ畑を訪ねています。

 このブドウ畑からさらにモンテファルコの中心街に向かったのですが、今年は例年になくブドウの紅葉が早かったようで、枝に葉がほとんど残っていないブドウ畑の方を多く見かけました。  

f0234936_7313463.jpg

 それで、中心街を訪ねる前に、他の紅葉したブドウ畑を求めて、別の道を通ってみたら、しばらく進んだとき、こちらのブドウ畑に出会いました。先の畑よりは落葉がかなり進んでいますが、

f0234936_7373328.jpg

葉の色がピンク色で、枝がしだれるように地面へと垂れている美しい木もありました。

f0234936_7402598.jpg

 夫もわたし同様、思いがけず葉がかなり落ちてしまっているブドウ畑にがっかりしていましたが、これだと思う葉や角度を見つけては、撮影していました。

 この後、モンテファルコの中心街を歩いて、町角のサグランティーノの紅葉を愛で、昼食を食べてから駐車場に向かったのですが、その前に、駐車場のすぐ下方にあるブドウ畑に立ち寄りました。

f0234936_7442646.jpg

 それまでずっと曇っていた空に、わたしたちが町を去ろうというときになって、晴れ間が見えてきました。

f0234936_746890.jpg

 日の光が差すと、ブドウの葉がいっそう赤く、鮮やかに見えてきれいです。

f0234936_7483495.jpg

 11月も末で、かなり気温が下がったと言うのに、ブドウの列の先頭に植えられたバラたちが、まだ元気に咲いています。

f0234936_7501381.jpg

 今日写真を見返しながら、落ちてしまった葉もなお美しい様子や、燃えるような紅葉は、葉が落ちてしまう直前であることを思い、「散るからこそ桜の花はいっそうすばらしいのだ」という伊勢物語に見える歌や、「世の中は定めがなく、はかないからこそすばらしいのだ」という兼好法師の言葉が心に浮かびました。

 桜の花や紅葉、そして人生も、はかなく限りがあるからこそ、今咲いている、赤々と燃えている、生きているその一瞬が尊く、愛おしく、かけがえのないものなのでしょう。

 そうして、やはり兼好さんが徒然草で語っているように、今写真を見返してみると、曇天の下の枯れかけて、落葉の多いブドウ畑にも独特の風情と美しさがあるもので、紅葉が最もみごとなときばかりが見るに値するときではないのだなと、感じました。

*****************************************************************
Foliage delle viti del sagrantino, Montefalco (PG) 26/11/2016

"Sono ancora più meravigliosi perché sono destinati ad appassire e cadere", così cantò un antico poeta giapponese dei fiori di ciliegio, ma ciò varrebbe anche per le foglie rosse delle viti del sagrantino e per la nostra vita.
*****************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-12-02 23:57 | Umbria | Comments(2)

ペルージャ初雪・極寒と大当たり占い修道士予報

 ペルージャの低地にある我が家の周囲は、昨日も今日も朝から昼まで深い霧に覆われていました。昨日は午後には空が晴れ、今日も昼頃には霧が晴れて、一瞬青空が見えました。今朝天気予報を見ると、晴れ時々曇りとなっていたため、今日も昨日のように、午後は晴れるかと洗濯をしたのですが、

f0234936_6575818.jpg

さあ干そうとしたら、激しく吹く北風の中、細やかな雪が降っているではありませんか。

f0234936_6501975.jpg

 細やかなと言うのは、雲間から照らす日の光と強い風のために、肉眼では、雪はわずかにとらえられるばかりだったからです。1枚目の写真は、この2枚目の写真の一部を、画像を縮小せずにそのまま切り取ったものです。

f0234936_724551.jpg
Immagine presa dal sito http://www.ilmeteo.it

 雪が降り始めてから、再び天気予報を確認すると、いつの間にか「雪まじりの雨」と、天気予報が変わっていました。ただし、気温が急降下して、明日・あさってともペルージャの最低気温が氷点下になるという予報は、かなり前から出ていました。

 ペルージャは夏には最も暑い町、冬には最も寒い町の一つとして、ニュースで時々報道されます。今回も、イタリア全体で冷え込む地域が多い中、ペルージャは他地域に比べて、ことさら気温が低くなるという予報が出ているように思います。ペルージャやイタリアで12月を迎えようという方は、天気予報に十分注意してお過ごしください。イタリア各地の詳しい天気予報へのリンクを、記事末に付しておきます。

f0234936_793247.jpg
Immagine presa dal "Calendario di Frate Indovino 2016"

 さて、秋から冬にかけては、イタリアでは天候が崩れやすく、こんなふうに比較的正確な天気予報サイトでも、予報がはずれたりすることがあるのですが、今日ふと夕食後に、Frate Indovinoのカレンダーを見ると、11月29日火曜日の欄には、ちょうど雪が降り始めた頃に新月(luna nuova)となったことが絵と文字で記され、その下に、「特に中部・北部で、平野にもこの冬初めての降雪」と書かれているではありませんか。昨年末に販売されたカレンダーに書かれた予報が、ことペルージャに関しては、みごとに当たっていることにびっくりしました。

****************************************************************
La prima neve intorno a casa nostra 29/11/2016

- Secondo ilmeteo.it non doveva nevicare, mentre è risultata corretta sorprendentemente la previsione del Calendario di Frate Indovino: "Prime nevicate invernali anche in pianura, specie al Centro-Nord"!!
****************************************************************

関連記事へのリンク
- ペルージャおよびイタリア主要観光都市の6日間天気予報とイタリア全市町村2週間天気予報の調べ方
- カレンダー、Calendario di Frate Indovino

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-29 23:28 | Umbria | Comments(4)

紅葉美しサグランティーノ、モンテファルコ

 モンテファルコの中心街を歩いていたら、それは美しいブドウの紅葉が目に飛び込んできました。モンテファルコ土着のブドウ品種、サグランティーノのブドウからできる赤ワインは、味わいが深くおいしいことで名高いのですが、紅葉もみごとです。

f0234936_842073.jpg
Foliage della vite del sagrantino, Montefalco (PG) 27/11/2016

 この数年、11月から12月初めにかけて、モンテファルコとその周辺をドライブ、散歩して、サグランティーノのブドウ畑の紅葉を愛で、撮影するのを楽しみにしています。

f0234936_818284.jpg

 今年土曜日に訪ねると、例年ならばまだ紅葉が楽しめる時期であるはずなのに、ブドウ畑ではほとんどの葉が枯れ落ちてしまっている上に、空が曇っていたので、期待していたほどは、いい写真が撮れませんでした。

 中心街では家々の壁や屋根のおかげで、暴風雨から守られているからでしょうか、今回見た中で、一番きれいだったサグランティーノの紅葉は、町中で見かけた、冒頭の写真の紅葉でした。真紅のブドウの葉はもちろん、枝ぶりもみごとで、夫と二人で長い間見とれていました。

***************************************************************
Bellissimo foliage della vite del sagrantino, Montefalco (PG) 27/11/2016

- Purtroppo, questo anno nelle vigne erano già cadute molte foglie del sagrantino a fine novembre, ma abbiamo potuto ammirare queste viti meravigliose nel centro di Montefalco :-)
***************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-27 23:59 | Umbria | Comments(2)

霧深きテベレ川渓谷2、ペルージャから南へ

 同様に、ペルージャから南方、アッシジに向かうときにも、秋・冬には、無料高速道路、superstradaのいくつものトンネルを通り抜けるうち、周囲がすっかり白い霧に覆われて、その中を走ることがよくあります。ペルージャとアッシジの間を、テベレ川とその支流であるキアッショ川が流れ、アッシジの周囲には、さらにカンナーラを通るトピーノ川など、他の川もあるからです。

f0234936_9243100.jpg
25/11/2012

 この写真は4年前に、青空の下を走っていた車が、まもなく霧の中に入っていくというときに撮影したものです。

 この日は午後散歩をしようと出かけたら、周囲がすっかり深い霧に覆われていたのですが、夫が思いついて、高いところに登って、霧の上まで出ようと言い、

f0234936_983512.jpg

そうして、霧よりも高いところまで登ったおかげで、テベレ川渓谷が霧の海に包まれる、こういう美しい風景を楽しむことができました。

f0234936_995413.jpg

 ここはアッシジに近く、この後、霧に覆われた聖フランチェスコの森からアッシジの中心街まで歩いて、霧の中の散歩を散歩を楽しみました。

 アッシジとペルージャの間を覆いつくす白い霧の海を、ミジャーナのうちの窓から撮影した写真は、以前にご紹介しましたが、アッシジ近く、霧のすぐ上から撮影すると、風景はこんなふうに見えるのです。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 霧深きテベレ川渓谷1、ペルージャから北へ / Lago di Montedoglio & Nebbia sulla Valle del Tevere (13/11/2016)
- 霧のアッシジ / Isola di Assisi sul mare di nebbia (25/11/2012)
- 霧の海、テベレからアッシジまで / Mare di nebbia visto da Migiana (9/10/2016) 

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-26 23:59 | Umbria | Comments(2)

霧深きテベレ川渓谷1、ペルージャから北へ

 テベレ川と言うと、すぐローマを思い浮かべる方が多いと思うのですが、テベレ川は、イタリア半島を南北に走るアッペンニーニ山脈のフマイオーロ山に水源があり、その水源はトスカーナとの州境に近いエミリア・ロマーニャ州にあります。テベレ川がトスカーナに下って渓谷の平地を流れてまもなく、人口湖、つまりダムであるモンテドッッリョ湖があり、川はさらに下って、ウンブリア州をほぼ北から南まで縦断し、

f0234936_7563832.jpg
Immagine presa dal sito http://pianetabambini.it

ローマにあるラッツィオ州を流れるのは、そのあとです。

 そこで、車でウンブリアを走っていると、テベレ川が道路のすぐ横に見えたり、橋でテベレ川を渡ったりすることがしばしばあり、そのたびに、「今は水量が多くて、緑できれい」とか、「雨の後だからか満水に近くて、川の水が濁っている」とか思ったり、会話を交わしたりします。たとえば、スルガ社のバスで、ローマやフィウミチー空港からペルージャに向かうと、トーディあたりから、道路のすぐ近くを流れるテベレ川が、バスの車上からでもよく見える場所がいくつもあります。同様にペルージャから無料高速道路、superstrada E45で北上するときにも、やはり時々テベレ川が見えます。上の地図では、テベレ川が、イタリア語で「Tevere」と記されています。地図を見れば、ペルージャ(Perugia)の北方へと続く黄色で記された道路、E45が、そのテベレ川に沿うように北上しているのがお分かりかと思います。

 テベレ川が流れるウンブリアの渓谷は、ペルージャの北方でも南方でも、特に秋や冬は、しばしば深い霧に包まれます。前回友人の誕生日を祝うために、リミニに向かったときも、ペルージャ北部からチッタ・ディ・カステッロあたりまで、白い霧に覆われた道を進みました。

f0234936_828152.jpg
Lago di Montedoglio & Nebbia sulla Valle del Tevere 13/11/2016

 でも、そのおかげで、トスカーナに入ってからアッペンニーニ山脈の山を登ると、細長いモンテドッリョ湖の向こうに、テベレ川渓谷を覆う白い霧が、とてもきれいに見えました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-25 23:59 | Umbria | Comments(4)

夕焼けに雲燃えて、晩秋のペルージャ

 晩秋のイタリアでは、強い北風が吹いて、空に雲があっても空気が澄んでいるからか、それは美しい夕焼けが見られることが、時々あります。

f0234936_6301678.jpg
Nuvole rosse a pecorelle 16/11/2016

 今日も夕方ふと気づいて、ペルージャの我が家の窓から外を見やると、夕焼けの空がびっくりするほど美しいので、思わずカメラを構えて、写真を撮りました。

 インスタグラムにも写真を載せて、ペルージャやピンク色の雲というイタリア語や英語にハッシュタグをつけて言葉を添えたのですが、その同じハッシュタグをつけた他の人の写真を見てみると、ちょうどわたしが雲と空が美しいと思った同じ頃に、ペルージャの中心街やその周辺から同じ空と雲を撮影した写真が何枚かあって、何だか不思議な気持ちがしました。

******************************************
Un cielo così bello l'ho trovato inaspettatamente
oggi fuori dalla nostra finestra.
Poi guardando le foto su Instagram scopro che
a Perugia quasi alla stessa ora
molte persone ammiravano le stesse nuvole rosa
da diversi angoli della città e le hanno fotografate.
******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-16 23:07 | Umbria | Comments(4)

スーパームーンをテッツィオ山で、ペルージャ

 昨日、11月14日月曜日の晩の満月はスーパームーンで、月が最も地球に近づくために大きく見えるのは午後9時頃というニュースが、イタリアでもテレビでしばしば放映されていました。わたしたちは、日曜の晩にアドリア海岸リミニで真夜中過ぎに床につき、月曜朝は5時半に起きてペルージャに戻っていて、月曜の晩は寝不足でした。夫も眠くて、夜月を見にドライブに行く気分ではないだろうと思い、もともと夫が改築業者と午後3時半にミジャーナで待ち合わせをしていたため、わたしもいっしょについて行って、ミジャーナの改築中の家から、そのとりわけ大きく明るく輝いて見えるという十五夜の月を愛でることにしました。

f0234936_7145980.jpg

 ミジャーナはペルージャ中心街から北方約10㎞の位置にあるテッツィオ山の中腹にある集落で、ペルージャ市に属しています。ペルージャでは昨日は午後4時47分に夕日が沈み、午後5時過ぎに月が昇ると調べていたので、夕日で茜色に染まった空に美しい月が見えるだろうという計算もあったのです。西の空が曇っていたために、残念ながら昨晩は東の空が赤くならずに、空色から灰色へ、やがて紺色へと変わっていきました。遠い東の山々の上に雲の層があったために、月が雲の上に出るまでには、時間がかかります。

f0234936_7274523.jpg

 わたしが屋内で、毛布にくるまって日本語の問題集を広げ、授業の準備をしながら月の出を待っていたら、少しでも暖かく過ごせるようにと、夫が庭に焚き火を起こしてくれました。燃え上がる炎は美しく、ゆらめく炎を興味深く見守ります。時々焚き火を離れて、東の空が見える家の裏まで行って空を眺めたのですが、

f0234936_7330100.jpg

5時35分に気づくと、2週間前に月が昇るのが見えた場所よりもかなり北方の空の雲間から、もう月が顔を出していました。そのあと、すぐにうちに入り、2階に駆け上がって窓から撮影したのが、冒頭の写真です。

f0234936_7411268.jpg

 それから再び外に戻り、オリーブ園の木々の間から月が見える場所まで行って、夫と二人月を眺めました。

 そうして、焚き火の火を消して、家路へと向かいました。

***************************************************
Lunedì abbiamo visto la supermoon a Migiana :-) 14/11/2016
***************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-15 23:44 | Umbria | Comments(4)

動画版テッツィオ山の秋、Googleフォト驚きの動画自動作成機能

 スマートフォンに保存した写真を見るためのアプリケーションだと思い込んで使っていたのが、実はGoogleフォトであって、自分でも知らないうちに、スマートフォンの写真のコピーをGoogleフォトにも保存していたことに気づいたのは、先月のことです。夏からデスクトップが不調だったので、大切な写真を守ろうと、外付けハードディスクを購入して、写真を保存するようにしてはいたのですが、機器は何かの拍子で壊れないとも限りません。そこで、念には念を入れて、最近は、デスクトップの写真のGoogleフォトへのコピー・保存を実行している最中で、そのことは、以前の記事でもお伝えしました。(下記リンク参照)

 写真の数が膨大である上、デスクトップが不調で起動しないなどの理由で、パソコンを使えないとき、使わないときは、Googleフォトへのコピー・保存が中断するため、10月からGoogleフォトへのコピーの保存を始めたのに、いまだにその作業が終わっていません。

 Googleフォトを利用していて、おもしろいなと思ったことの一つは、保存した写真を使って、いろいろな動画やアルバムなどを自動作成してくれることです。ただ、機械作業であるために、人体の映像でこれはいけないという切り方をしてしまったり、似たような写真が重複していたり、音楽がいただけなかったりするという問題がしばしば生じます。

 そんな中、昨日の記事でご紹介した秋のテッツィオ山について、Googleフォトが作成した動画は、なかなかよくできていました。46秒と短いので、秋の山やGoogleフォトの動画作成能力に興味のある方は、記事末のリンクから、ぜひご覧ください。

f0234936_8444282.jpg
29/10/2016

 音楽がひどいねと夫に言われて、わたしもそう思ったので、Googleフォトのオンライン使用手引きで、どう編集したらいいかを調べて、音楽を変更しました。イタリア語で、「テッツィオ山の秋」という題名もつけました。そこまではよかったのですが、その後、縦長の写真を横長の写真に差し替えたり、重複している写真や内容的・質的に問題がある写真を、別のもっとよさそうな写真と入れ替えたりして、その作業に真夜中近くまでかかったというのに、うっかり保存するのを忘れてしまったからでしょうか、その翌朝動画を見てみると、写真に関する変更はいっさい反映されていませんでした。それで、再度写真の変更や並び替え、さらに題名に日本語も付け加えることを試みたのですが、どうしても再編集の仕方が分かりません。

 そこで、皆さんにGoogleフォトがどんなふうに動画を自動作成するかを見ていただくためにも、音楽を変更し、題を添えただけのGoogleフォト自動作成動画を、そのままブログでご紹介することにしました。


 音楽は、Googleフォトの中にある曲の中から選んだものです。

 写真は、10月29日に散歩からうちに戻ったとき、上階の窓を開けて、撮影したものです。テッツィオ山の木々の紅葉と、茜色の空が映った窓が同時に映っていて、自分では気に入っている写真です。

 この記事はイタリア時間11月13日日曜日午前1時頃に、「午後11時59分」投稿予定(エキサイトブログが基準にするのはもちろん日本時間)の予約投稿として書いたものです。日曜はリミニの友人宅で開かれる夕食会に参加し、ペルージャへの帰宅は月曜になります。夫の出勤時刻までに戻る必要があるため、月曜は早朝の出発となりますが、今週末は気温が氷点下になるほど寒いため、雨は今のところ降らないとの予報ですが、道路が凍結したり、雪が降ったりすることがないように願っています。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 秋色のテッツィオ山、ペルージャ / Colori d'autunno sul Monte Tezio (12/11/2016)
- 便利ふしぎなGoogleフォト / Utile e interessante Google Foto (4/11/2016)

参照リンク / Riferimenti web
日本語サイト / Siti in giapponese
- Google - Google フォト、思い出をすべて無料で保存でき、ファイルは自動的に整理できます。
- モバレコ - Googleフォトで写真を賢く管理しよう! 基本の使い方と出来ること (2016/7/6)
- かめらとブログ - 写真を無料で容量無制限に保存! 「Googleフォト」のできることと使い方。ストーリーと自動タグ付けが素敵すぎるよ! (2015/5/31)
Siti in italiano / イタリア語サイト
- Google.com - Google Foto. Spazio di archiviazione gratuito e organizzazione automatica per tutti i tuoi ricordi
- Chiccche Informatiche - Google Photo vs Apple Foto (12/10/2016)
- softonic - Google Foto non ti convince? Scopri questi 11 trucchi e cambierai idea (17/6/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-13 23:59 | Umbria | Comments(2)

秋色のテッツィオ山、ペルージャ

 テッツィオ山(Monte Tezio)ペルージャ(Perugia)の北方約10㎞にある標高961mの山です。中心街からはかなり離れていますが、ペルージャ市の山で、市内バスで山のふもとまで行くことができ、わたしたちの改築中の家があるミジャーナは、その中腹にあるため、正式名称は「テッツィオ山のミジャーナ」を意味するMigiana di Monte Tezioです。

f0234936_6595467.jpg
Monte Tezio in autunno 29/10/2016

 10月29日土曜の午後、夫とフランコがピザ窯設置作業にいそしんでいる間に、わたしはマヌーといっしょに秋色のテッツィオ山を歩きました。

f0234936_74994.jpg

 木々の葉が赤や黄色、オレンジに色づいて、とてもきれいです。

f0234936_753460.jpg

 ヨーロッパオーク(quercia)の木にも、実がなっています。葉も実もこれから少しずつ、緑から茶色へと変わっていくことでしょう。

f0234936_794480.jpg

 セイヨウマユミ(学名はEuonymus europaeus L.)は、鮮やかなピンクの果実でいっぱいで、中には果皮が裂けてオレンジ色の種子が顔を出しているものも、いくつかあります。

 プロコーピオ城の傍らを過ぎると、道が急に細くなり、さらに進むと道は森の中に入ります。

f0234936_7173774.jpg

 乾いた落ち葉が足元で小気味よい音を立てます。よく見ると、あちこちにいろいろなキノコが育っています。

f0234936_7202535.jpg

 一つひとつの模様が木の年輪のようで、まさに「木の子」と言えそうなキノコもあります。

f0234936_7214027.jpg

 秋咲きのシクラメンにも、出会うことができました。晩秋で、もう時期が過ぎたかと思っていたので、うれしかったです。

f0234936_722559.jpg

 不思議と言えば、まるで苔がT、タウの字を書いているように見えるこんな小石にも出会いました。

 3時40分頃に家を出て、5時近くまで歩き、日が傾き始めた上に、銃声がとどろき始めたので、引き返しました。

f0234936_7242355.jpg

 森を出て、プロコーピオ城(Castello di Procopio)がこんなふうに見えるところまで来れば、うちまではあと少しです。

f0234936_7305914.jpg

 6時頃にはうちに着いたのですが、果樹の若木の紅葉と、見晴らしを楽しもうと、うちに入る前にオリーブ園のある斜面を少し登りました。遠くの山々が茜色に染まってきれいです。

f0234936_733299.jpg

 オリーブの木々の向こうに見えるテッツィオ山の紅葉を愛で、写真を撮ってからうちに戻りました。

***************************************
Colori d'autunno sul Monte Tezio 29/10/2016
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-12 23:35 | Umbria | Comments(8)