カテゴリ:Umbria( 375 )

聖エウティッツィオ修道院・聖ベネデット教会、精神文化の源郷の崩壊

 日曜朝のM6.5の地震では、8月および10月26日の地震でバラ窓とその上の屋根が崩れ落ちていたプレーチ聖エウティッツィオ修道院も、正面付近が完全に崩れ落ちてしまいました。

f0234936_9231989.jpg
Abbazia di Sant'Eutizio vista da Acquaro 26/5/2012

 そして、マスメディアでの言及をわたしはまだ見聞きしていないのですが、写真や映像を見る限り、

f0234936_9204623.jpg

そもそもこの修道院や教会が建てられるきっかけとなった、修道院の後ろに建つ塔の左下にあった洞窟さえ、

f0234936_18251838.jpg

すべて崩壊してしまったように見えるのです。

f0234936_18275847.jpg

 その岩の洞窟こそ、5世紀にシリアから東ローマ帝国皇帝の迫害を逃れて、ネーラ渓谷まで来たシリアの修道士や隠者たちが、祈りに日々を捧げ、

f0234936_18322579.jpg

それがきっかけで、隣に教会や修道院が建てられ、引いてはネーラ川の流れるその渓谷の町、ノルチャに生まれた聖ベネデットが西洋の修道会制度の基礎を築き、またやや北方のアッシジに生まれた聖フランチェスコの人生の軌跡にも影響を及ぼしたと言われているのです。聖リータもまたネーラ渓谷に生まれています。

f0234936_18344385.jpg

 西ローマ帝国の滅亡後、異民族の侵入などで混乱をきわめていたヨーロッパで、聖ベネデット修道会は、過去の文化遺産を後世に伝え、人々を助けて、地域に一定の秩序が保たれるように図り、大きな役割を果たしました。聖ベネデットがヨーロッパの守護聖人の一人とされているのは、そういう功績も考えてのことでしょう。弱者への愛と清貧に生きた聖フランチェスコもまた、イタリアの守護聖人の一人です。

f0234936_18362831.jpg
 ノルチャの聖ベネデット教会およびプレーチの聖エウティッツィオ修道院とそのかつての祈りの場であった岩窟の崩壊は、そういう意味で単なる芸術的・歴史的建築物ではなく、魂・宗教・文化の源泉とも言える象徴的な場所が、今回の地震で崩壊してしまったということを意味します。

f0234936_18375867.jpg

 不安や恐怖から地震後2か月経ってようやく立ち直ることができたところに、再びさらに大きな地震のために、恐ろしいほど多くの建築物が倒壊し、歴史ある美しい市町村が、度重なる強い地震にいくつもほぼ壊滅しまった状況に、被災者の悲しみと苦しみに思いをはせると同時に、地元のみならずイタリアやヨーロッパの魂や宗教、歴史のふるさとであるこうした教会・修道院・洞窟の崩壊を見て、わたしも夫も、深い悲しみに襲われました。

f0234936_18394989.jpg


********************************************************
Abbazia di Sant'Eutizio (Preci) e le sue grotte abitate dai monaci ed eremiti siriani nel V secolo
rifugiati dalle persecuzioni dell'imperatore dell'Impero Romano d'Oriente. (foto nell'articolo)
"Da qui si propagò il seme di un nuovo monachesimo, portatore della civiltà di cui siamo eredi. Per questo s. Benedetto è stato proclamato patrono d'Europa." (Dal cartello sentieristico della Valnerina)
- Tesore inestimabile, il cuore della spiritualità d'Italia, d'Europa e dell'umanità da salvaguardare -
Foto: Abbazia di Sant'Eutizio vista da Acquaro 26/5/2012
********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-31 23:59 | Umbria | Comments(1)

イタリア中部地震M6.5概況と地震前のノルチャ・カステッルッチョ、JITRA連載第8回

 今朝再びイタリア中部を襲ったM6.5の地震では、地震の規模も被害も大きいものの、8月24日および10月26日の地震のあとに、多くの住民がすでに住宅の外に避難していたために、今のところは、幸い死者が出ていません。負傷者が約20名で、そのうち2名は重症であるとのことですが、今朝のイタリアのラジオ報道では、「と言っても、それほどの重症ではない(ma non gravissimi)」という言及がありました。



 イタリア時間午前7時41分に発生したM6.5の地震の震源は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャです。ノルチャは、8月24日にM5.4(4:43)・M4.3(6:06)と二つの規模の大きい地震の震源となったほか、同日のラッツィオ州リエーティ県アックーモリ(M6.0, 3:36)、アマトリーチェ(M4.4, 3:36)、さらに10月26日のマルケ州マチェラータ県カステルサンタンジェロ・スル・ネーラ(M5.4, 19:11)、ウッシタM5.9(21:18)のすべての地震の震源に近く、にも関わらず、犠牲者が出ず、倒壊する家屋も他の震源地に比べて少なかったため、1997年の地震後の再建がきちんとなされていたおかげだという言及が、最近の地震報道中にしばしばありました。(地図はこちらの記事をご参照ください。)

f0234936_17391943.jpg

 10月26日の近村での強い地震とそれまでの度重なる地震に耐えたノルチャも、ところが、今朝のM6.5の地震では多くの建造物が崩壊し、中でも中心広場の聖ベネデット教会が、冒頭のイタリアテレビニュース、TG La7のツイートの右の写真に見えるように、無残にも崩れ落ちてしまいました。上の写真は2015年12月27日にノルチャを訪ねた際に撮影したものです。

Bellissima la città di #Visso, nel cuore dei Monti #Sibillini dove si incontrano il Fiume Nera e il Torrente Ussita. Che non vengano più colpiti dalle scosse così forti Visso e i paesi intorni, tutti molto belli dove gli abitanti sono gentili ed amiamo passeggiare. Panorama visto dal sentiero verso la Rocca di Visso. #Macerata #Marche #Italy #シビッリーニ山脈 の懐に抱かれ、ネーラ川 とウッシタ川の清流が出会う美しい村、#ヴィッソ。8月の地震で打撃を受け、昨晩の #地震 では二つの震源に近いため、多くの建物が倒壊したと聞いています。被災地はどこも高山に近い、あるいは山間の美しい、優しい人の住む村ばかり。どうかこれ以上被害や犠牲者が出ることのありませんように。#イタリア #terremoto #borghipiubelliditalia 25/10/2014

Una foto pubblicata da Naoko Ishii (@naoko_perugia) in data:



 今朝の地震では、26日晩の地震ですでに大打撃を受けていたマルケ州マチェラータ県のカステルサンタンジェロ、ウッシタ、ヴィッソおよびウンブリア州ペルージャ県プレーチなどでも多くの建造物が倒壊し、8月24日の地震で被害があったアマトリーチェ、アックーモリ、アルクワータ、カステッルッチョ・ディ・ノルチャがほぼ壊滅状態になったという報道があり、わたしたちはミジャーナではラジオの報道を聞き、晩に帰宅してからは、テレビニュースで被災地の惨状を、やりきれない思いで見続けました。

 マルケ州ではカメリーノ、トレンティーノなど、かなり北方にある町でも少なからぬ建造物が倒壊し、ローマでも、聖パオロ大聖堂やマンションなどに亀裂が入ったとのことです。

#Abbazia di Sant'Eutizio, #Preci, #Umbria. Purtroppo per il #terremoto è crollato il rosone della facciata come molti altri edifici del comune. La #Valnerina è la culla della spiritualità, luoghi di San Benedetto e Santa Rita, dove anticamente si rifugiarono i monaci ed eremiti siriani. Pace da loro ritrovati all'epoca ora ai suoi cittadini. 聖エウティッツィオ #修道院、プレーチ。ローマを流れるテベレ川の支流の一つ、ネーラ川が流れるネーラ渓谷は、古くはシリアから迫害を逃れてきた修道士や隠者が岩窟で祈りを捧げ、後に西洋の修道会制度の基盤を築いた聖ベネデットが生まれた地でもあります。その昔東方の隠者たちが暮らした岩の洞窟も修道院のすぐ近くに。#地震 のために、この教会正面のバラ窓 (写真)も、残念ながら半分以上が崩れ落ちてしまいました。#イタリア #ウンブリア#abbaziadisanteutizio #sibillini 26/5/2012

Una foto pubblicata da Naoko Ishii (@naoko_perugia) in data:


 
 被害を受けた地域が広いこともあり、災害防護庁ではインタビューに対して、被害や避難者について具体的な数字を出すことは現段階では難しい上、今一番大切なのは、それぞれの市町村で、必要な支援を与えていくことであると答え、また、被災地は夜間の冷え込みが激しい地域であり、住民はすでに大きな不安や衝撃に襲われているために、地元に残るよりも、安全な場所で少しでも落ち着いて過ごせるように、災害防護庁や地方公共団体で準備する他の町の宿泊施設に移動するようにと、訴えていました。

 午後6時から午後8時半までのイタリア各局のテレビニュースによると(18:00 SkyTG24、19:00 TG3、 19:35 TGR Umbria、20:00 TG La7)、ノルチャだけでも避難民が約3千人おり、マルケ州の避難民は約2500名と推測され、マルケでは同州アドリア海岸の町、チヴィタノーヴァ・マルケ、ウンブリアではトラジメーノ湖畔の宿泊施設が、避難民用にあてがわれ、ノルチャから多くの避難民がバスでトラジメーノ湖方面に向かったとのことです。

 過去の事例から見て、被災地では、これからも長い間余震が続く可能性や、大きな地震がさらに起こる可能性が、残念ながら否めないとのことです。ウッシタでは、8月24日の地震から2か月経って、ようやく自宅に戻ったばかりであったところに、再びウッシタや近村を大きな地震が襲い、町がほぼ壊滅したという報道がありました。8月24日以降、被災地の多くの市町村で、同様に、長い間不安を抱えながら暮らしていて、やっと落ち着いて暮らせるようになったというときに、今日の大地震でさらなる大きな被害が出たわけで、被災者がどんなに不安で、つらい思いをしていることかと、拝察します。

 日曜の早朝に起こった地震でありながら、8月の地震以降同様、災害防護庁や消防士たちが、いかに迅速に動き、被災地をすぐに訪ねて、救援・支援活動にあたってくれているか、その活躍を、多くの報道機関がたたえ、感謝をし、またねぎらっています。地震の記者会見やインタビューでの言葉を聞き、正確に現状を把握し、被災地の州・市町村と綿密に話し合いを重ねながら、連携をして迅速に、被災者のため、また被災地の復興のために働いていこうという姿勢に、わたしも感服しています。これまでの地震では、こうした救援活動のおかげで、多くの人々が瓦礫の下から救い出されて、無事を得ています。

 これ以上被害が出ないことを祈りつつ、マルケ・ウンブリアで今回大きな被害を受けた地域が、いかにイタリアにとって精神的・文化的にも大切な地域であったかということをご理解いただきたいという思いも込めて、これまでブログでの紹介を控えていたイタリア旅行情報サイト、JAPAN-ITALY Travel On-line連載記事として、9月に発行されたわたしの記事へのリンクをご紹介します。被災地となり甚大な被害を受けたノルチャとカステッルッチョの地震前の写真が載っています。

⇒ 緑満ち心に響くウンブリア 第8回 「イタリア中部地震概況とウンブリアの被害 (15/9/2016)

f0234936_9214829.jpg

 記事の紹介が遅れたのは、わたし自身が上の記事を執筆し提出したのは9月1日なのですが、JITRAメルマガの送信およびサイトへの発表が9月15日で、奇しくもその2週間後に書いたわたしのブログおよびハフィントンポスト日本語版掲載の「イタリア中部地震から3週間」の記事の発表と重なってしまったためです。

 それぞれの記事を、内容が重複しないように工夫して書くように努めはしたものの、JITRAの記事は2週間前に執筆したために内容が古く、かつ、連日地震のことばかり取り上げるのもいかなるものかと、ブログでの紹介をためらっていました。

 ミジャーナはペルージャ市の北方にあり、今日のニュースではペルージャ市について被害の言及はありませんでした。ミジャーナで過ごしていたわたしたちも、大きな揺れを感じましたが、幸いわたしたちについては家族・友人とも皆無事で、ミジャーナでもペルージャでも被害はありませんでした。夫のいとこ夫妻のカステッルッチョの小さな家が崩れ落ちてしまったことだけが、わたしたちも残念ですが、幸い二人ともカステッルッチョにはいなかったので無事で、安心しました。

 ブログのコメントやメール、SNSで安否を問い合わせてくださった方々、ご心配ありがとうございました。

******************************************************************
In questo articolo ho cercato di riassumere in lingua giapponese le notizie salienti sul terremoto del 30 ottobre. C'è anche il link per il mio articolo sul sito di TAPAN ITALY Travel On-line sul terremoto del 24 agosto.
Ecco il link: http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/terremoto.html
******************************************************************

関連記事へのリンク
- イタリア中部地震、震源と被災状況 (24/8/2016)
- JAPAN-ITALY Travel On-line 緑満ち心に響くウンブリア 第8回 「イタリア中部地震状況とウンブリアの被害 / Il Terremoto Centro Italia e i Danni in Umbria」
- イタリア中部地震から3週間、現況とこれから (17/9/2016、ハフィントンポスト日本語版にも転載)
↑↑ 8月24日のイタリア中部地震についてのより多くの関連記事については、このハフィントンポストに転載された記事末にリンクの一覧があります。
- 速報:イタリア中部で再びM5.4、M5.9の地震、震源は8月よりやや北のマルケの町・ウンブリアとの州境 (26/10/2016)
- イタリア語学習メルマガ第112号「速報 イタリア中部を10月26日の晩襲った強い地震について」 (27/10/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-30 23:59 | Umbria | Comments(4)

月美しき夜と霧の朝、ミジャーナ魔法の窓

 手伝いに来てくれた友人たちを迎え、ミジャーナの改築中の家に泊まった土曜の晩、夕食にとマジョーネに出かける前に、上階の窓から外を見ると、月が夜空に明るく輝いていました。

f0234936_6463493.jpg
Luna & panorama visto da Migiana di Monte Tezio 15/10/2016

 夕方には、雲が多く、雨のおかげで二重の虹が見えた窓の外では、雲はあるものの、空が澄み渡り、遠くの町の明かりもきれいに見えます。

f0234936_6493683.jpg
16/10/2016

 翌朝、同じ窓から外を見やると、下方は霧に、空は雲に覆われ、日の光が厚い雲の間から、かろうじて見えています。隣家の屋根と壁を覆うツタの葉も、1週間の間にかなり赤くなりました。

 秋は天気が変わりやすいおかげで、窓を開けるたびに、眺めがすっかり変わって、おもしろいです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-20 23:52 | Umbria | Comments(8)

月夜の湖畔の町歩き、マジョーネとパッシンニャーノ

 土曜の晩は、マジョーネの町で義弟夫婦と落ち合って、共に夕食とおしゃべりを楽しみ、

f0234936_546111.jpg
Centro storico di Magione (PG) 15/10/2016

食後は皆で、マジョーネの中心街を散歩しました。中央奥に見えるのは、マジョーネの市役所です。

f0234936_5525520.jpg

満月の前夜とは言え、月の光が明るくきれいで、高い建物の上から姿を現すたびに、何だかうれしくなりました。この後、フランコがジェラートを食べたいと言ったのですが、マジョーネのジェラテリアは閉店で、そうして、わたしも月がトラジメーノ湖の上に輝くのを見たかったので、帰宅するという義弟夫婦にあいさつをして、

f0234936_5531723.jpg
Passignano sul Trasimeno (PG)

年中開いているジェラテリアのある湖畔の町、パッシンニャーノへと向かいました。趣ある街灯に照らされた岸辺を歩き、

f0234936_60883.jpg

時々雲隠れする月を愛でながら、

f0234936_611468.jpg

階段や坂道を上って、

f0234936_652120.jpg
Rocca medievale

3枚目の写真で右上に見えていた、こちらの城塞を訪ねました。わたしと夫は数年前、たまたまこの城塞が改築されたばかりで、まだ無料で入れた頃に一度訪ね、奥に見える塔のイタリア国旗が立つてっぺんまで登って、湖の美しい見晴らしを楽しんだことがあります。

 現在は有料で、パッシンニャーノ市のサイト(リンクはこちら)によると、開場日時は6月1日から9月31日、10時~13時・17時~20時、一般入場料が2.5€となっています。ところが、この晩は、たまたま何かの催しの最中だったようで、城塞や塔の中には入れませんでしたが、城塞前の広場を訪ね、

f0234936_6144792.jpg

こういう美しい眺めを楽しむことができました。

f0234936_6171277.jpg

 月の光のあまりの明るさに、夜だと言うのに、トラジメーノ湖の水面に、空と雲とがきれいに映っています。

f0234936_6185681.jpg

 名残はつきませんが、夜は遅くミジャーナは遠いので、しばらく見晴らしを愛でてから、町の階段と坂道を下り、岸辺を歩いて、駐車場に向かいました。

f0234936_6203811.jpg

 ふだんは名月の夜、まだ月が空に上ってまもない頃に湖畔を散歩するため、湖面の月の下付近には広範囲にわたって、暗い波の間に白い輝きが見えています。土曜の晩は、月がかなり高みに昇っていたため、湖は鏡のように白い雲を映し出していました。そうして、ふと思いついて、歩いていた岸辺の水面を見下ろしてみると、

f0234936_6262835.jpg

岸辺の街灯の暖色に染まった湖面に、雲の間から輝く月が、そのままきれいに映っているではありませんか。

 月のことさら美しい晩に、皆と長い間、月を愛でながら、トラジメーノ湖畔を散歩することができて、とてもうれしかったです。

**************************************************
Bellissima passeggiata a Magione e Passignano 15/10/2016
Lago Trasimeno, Palazzo comunale & Rocca medievale,
tutto e tutti illuminati dalla luna splendente.
**************************************************

LINK
- Comune di Passignano sul Trasimeno - Turismo e Cultura - Rocca Medievale

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-18 23:29 | Umbria | Comments(0)

ピザ窯準備・月と桜色の雲、ミジャーナ

 重いピザ窯を土台の上に運んで載せる前に、円形をした窯の底の円周部が土台に接する部分に、レンガを敷いて、固定しておかなければなりません。窯の底と同じ形、大きさに紙を切ったり、窯が入るように壁に穴を開けたりと忙しかった夫が、レンガを円を描くように並べて固定するのを、土曜の夕方5時頃に到着したフランコが手伝ってくれました。

f0234936_5532680.jpg
Migiana 15/10/2016 18:47

 重いピザ窯をどう運んで土台の上に持ち上げるか、そのためには土台の上にどんなふうにレンガを固定すればいいのかと、二人の間に議論もあり、レンガを並べるうちに、日が沈み、暗くなってきました。

f0234936_62299.jpg
18:55

 夫に言われて東の空を見ると、きれいな月が桜色の雲の間から、ちょうど顔を出したところです。満月は翌日、日曜の晩だったようですが、土曜の晩はこのときも、そうして夕食へと出かけた先でも、月の明るさと美しさを飽かず眺めることができて、うれしかったです。

**************************************************
I ragazzi posizionano i mattoni per installare il forno sopra.
Mentre lavorano, fuori cala il sole e nel cielo est
bellissima la luna sopra nuvole rosa.
Migiana di Monte Tezio, Perugia 15/10/2016
**************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-17 23:09 | Umbria | Comments(6)

きれい二重の虹の橋、テッツィオ山ミジャーナから

 ピザ窯移動・設置とその準備作業に、土曜日ミジャーナに向かう途中、天気が崩れて雨が降り始めたのですが、おかげでサン・マルコからチェネレンテに向かう途中から、テッツィオ山にきれいにかかる大きな虹が見え、すぐに消えるかと思ったのですが、曲がり道を通ってミジャーナに向かう途中、しばしば時には右手、時には前方に見えていました。ところが、今と思ってシャッターを切る瞬間に、空と虹が木に隠れたり、山に隠れたりしてしまいます。移動中の車からではきれいに撮れないため、改築中のうちの手前で降りてしばらく歩き、虹を撮影したりもしました。

f0234936_3132941.jpg
15/10/2016

 到着後はまずピザ窯土台の上にレンガを並べて作業をする夫の様子を見に行き、それから上階に荷物を運びました。そうして、窓から外を見て、驚きました。一度は雨がやんだため、もう消えてしまったかと思った虹の橋がかかっているではありませんか。

 しかも、虹の橋の両端のたもとまできれいに見えます。そうして、くっきり見える虹の上に、さらにもう一つ、色は薄いのですが虹の橋がかかっています。

f0234936_3253120.jpg

 上方にうっすらと見える虹は、こちらの方が分かりやすいかもしれません。

f0234936_3263448.jpg

 何だかいいことがありそうな気がして、とてもうれしかったです。

*********************************************************
Bellissimo un doppio arcobaleno visto da Migiana di Monte Tezio.

Sabato è comparso un arcobaleno mentre si guidava tra San Marco e Cenerente. Mentre andavamo verso Migiana, l'arcobaleno ci accompagnava sempre, a volte si vedeva a destra, a volte davanti. Sorpresa! Si vedeva ancora quando siamo arrivati a casa e poi era pure doppio! 15/10/2016
**********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-16 20:29 | Umbria | Comments(4)

週末は秋色ミジャーナ

 配達が平日のみであるため、ピザ窯は昨日、金曜日の午後に、夫がミジャーナで受け取り、とりあえずうちの前の庭に置いて、雨除けのためにシートなどで覆っていました。この記事は予約投稿で、土曜の朝に書いています。250kgというピザ窯を下階まで運び、設置するのは、今日土曜日の夕方で、リミニから来てくれるフランコたちが到着してからです。

f0234936_1955977.jpg
Migiana di Monte Tezio, Perugia 9/10/2016

 というわけで、夫はこのところ、仕事から戻るとミジャーナに出向いて、ピザ窯設置のために必要な、穴を壁に開けるなどの準備作業に忙しく過ごしていました。わたしも今日の昼食後は夫と共にミジャーナに行って、日曜の夕方、ペルージャに戻る予定です。

 写真は先週の週末に、改築中のミジャーナの家を撮影したものです。

f0234936_1916227.jpg
Ciclamini spontanei a Migiana 8/10/2016

 幸い、秋咲きの自生のシクラメンが、まだきれいに咲いていました。

f0234936_19172164.jpg
9/10/2016

 隣家を覆うツタも、少しずつ色づいています。

f0234936_19182116.jpg

 色とりどりのオリーブが実ってはいるのですが、「こんなにオリーブが病んでいるのを見た年はない」と夫が嘆いています。ウンブリア・トスカーナなどイタリア中部一帯でオリーブが病み、不作だった2014年は、冷夏で雨の日が多く、そのためにハエが何度も繁殖して、大きな害を与えたのですが、気候には特に問題がなかった今年もオリーブの実が実る前に病み、地面に次々に落ちてしまうのは、だれかが何かをまき散らしているからではないかと、夫は疑ってさえいます。どうかそういう恐ろしいことが原因ではなく、来年からは、オリーブの木々がまた元気になってくれますように。

関連記事へのリンク
- ピザ窯土台作り中、ミジャーナ / Costruzione della base per il forno a legna a Migiana (9/10/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-15 23:59 | Umbria | Comments(4)

霧の海、テベレからアッシジまで

 ミジャーナで朝を迎えた日曜日は、東の窓の外を見て、一面に広がる白い霧の海が美しいので、感動しました。

f0234936_430982.jpg
Mare di nebbia visto da Migiana 9/10/2016

 前日は、夕方夫とフランコがピザ窯を取りに行く間、うちで留守番をしていたら、それまで時々ぽつりぽつりと曇り空から雨が降っていたのが、暴風・雷雨となり、寒い上に暗くなって、心細い思いをしたのですが、日曜の朝は思いもかけず晴天になりました。

f0234936_4341956.jpg

 冒頭の写真の太陽の右下あたりを拡大すると、こんなふうに奥に横長の台形の山が見えます。アッシジを中腹に抱くスバージオ山(Monte Subasio)です。

 ミジャーナがあるテッツィオ山の東にはテベレ川が流れ、テッツィオ山とスバージオ山のほぼ中間を流れるキアッショ川はペルージャ近くで、テベレ川に合流します。この二つの川と、この川たちに注ぎ込む支流がいくつもある渓谷が、日曜の朝はすっかり白い霧に包まれていました。

f0234936_4483183.jpg

 窓の左手を見ると、霧の海は北東の方向にも、どこまでもどこまでも続いています。

 きれいだと感動して、窓を開けて写真を撮っていたら、「ぼくら、これから朝食食べるよ。」というフランコの声が聞こえたので、慌てて階段を駆け下りました。



 インスタグラムでは、正方形に切り取ったため、霧の海がどこまでも続く様子が分かりにくいのですが、屋根を除いているので、かえって雲海に注意が集中しやすいかもしれません。写真は切り取り方、サイズによって、表現できるもの、受け取り方が違ってくるのだなと、改めて感じました。

**********************************************
Bellissimo il mare di nebbia visto da Migiana 9/10/2016
**********************************************

LINK
- ピザ窯土台作り中、ミジャーナ / Costruzione della base per il forno a legna a Migiana (9/10/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-10 21:58 | Umbria | Comments(4)

桜色の空白い月、トラジメーノ湖の夕空 sanpo

 週に一度の外食ピザの日は、今週は昨日となり、夕食前にトラジメーノ湖畔に、夕日が沈むのを見に行きました。

f0234936_16585022.jpg
Nuvole rosa & Luna bianca sul Lago Trasimeno
Torricella 7/10/2016

 沈みゆく日の光に雲が桜色に染まり、その雲が湖面に映り、そうして、

f0234936_16595829.jpg

白い美しい月が、ピンク色の雲の間に見えて、それはきれいでした。

 今日、土曜日はまもなくミジャーナに出かけて、改築作業を手伝いに来てくれるフランコを迎える準備をします。ペルージャのうちに戻るのは明日になります。スマートフォンでインターネットが使える契約はしているものの、ミジャーナで果たして利用できるかどうか分かりませんので、この記事は予約投稿するべく、朝出発前に書いています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-08 16:59 | Umbria | Comments(2)

嵐を前に燃える夕空、トラジメーノ湖

 灰色の雲と湖が、姿の見えぬ沈む夕日に真っ赤に彩られ、

f0234936_632357.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Torricella, Magione 20/9/2016 19:27

燃えたぎるマグマのようです。

f0234936_6321479.jpg
19:11

 今日のペルージャは久しぶりに朝から晴天で、夕方職場から戻った夫と、間に合うかしらといぶかりながら、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に沈む夕日を見送りに出かけました。トッリチェッラ(Torricella)の岸辺に車を置き、桟橋へと歩くと、空は雲に覆われているものの、地平線の近くは雲が少ないようで、桜色に染まっています。

f0234936_6323676.jpg

 数日前の日の入りが7時23分だったので、今日は7時20分頃だろうと思い込み、雲と地平線の間に、沈む直前の赤い夕日が見られたらと、地平線のあたりを眺めました。うちに帰ってから確認すると今日の日の入りはなんと7時12分です。

 桟橋を歩いていたとき、小さなオレンジ色の光が見えたのですが、あれが沈んでいく夕日のわずかに地上に残った部分だったのでしょう。そのオレンジの光が消えてまもなく、周囲の雲にピンク色が広がっていき、やがてそのピンクが紅に変わりました。

f0234936_6325088.jpg

 どういうわけか、今日はアオサギ(airone cenerino)が、何度か目前の空を横切るように飛んでいきます。ただ、突然現れて視界をすばやく横切るため、撮影が間に合いません。そして、夕暮れ時にはありがちなのですが、突然強い北西の風が吹き始めました。雲の様子から、どうやらすでに雨が降っているらしい場所が、いくつか見えました。今夜も明日も、ペルージャではまた雷雨の予報が出ています。

 今日は思いもかけず、不思議に美しい、めずらしい夕焼けを見ることができました。

*******************************************************
Ardono il cielo, le nuvole e il lago,

il sole è già andato giù,
ma il colore cremisi è ora ancora più vivace.
Tramonto al Lago Trasimeno, Torricella, Magione 20/9/2016 19:27
*******************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (12/3/2015)
- トリチェッラ夕日とおいしいレストラン、トラジメーノ湖 / Bello il tramoto buoni i piatti @ Torricella, Ristorante Pizzeria Il Giardino (6/5/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-20 22:35 | Umbria | Comments(2)