カテゴリ:Altro( 250 )

イブプロフェンで胃酸過多?

 先週後半から胃の様子がおかしかったのですが、長引くなと気になったのは土曜日で、かかりつけ医の診療日ではありませんし、痛むわけではないので、救急診療に行くほどでもありません。インターネットでいろいろ調べてみると、そうして自分でもそうかなという気はしていたのですが、胃の不調の原因は、肩の痛みのために8月半ばから服用し続けている鎮痛剤のようです。

 もともと合成化学薬品はできるだけ口にするまい、薬草療法や温熱療法で痛みに対処して、少々の痛みは我慢しようと思っていたのですが、凍結肩の痛みはひどい上に長く、最初は子供でも飲めて副作用が少ないというタキピリーナを服用していたのが、歯科医や薬局で、イブプロフェンの方が消炎効果もあると聞いて、かかりつけ医にその処方も頼み、最初は主としてタキピリーナを飲み、時々イブプロフェンも飲んで、同じ薬ばかり飲み続けないように注意していました。

f0234936_234329100.jpg

 けれど、服用期間が長くなって薬代がかさむ上に、わたしの肩の痛みには消炎効果もあるイブプロフェンの方が効きやすいと、最近はもっぱらイブプロフェンばかり、しかもほぼ毎日1日の上限である3錠を服用していました。以前に薬局で、長く服用するなら胃を守る薬も飲んだ方がいいとは勧められていたのですが、飲む薬の数を増やしては体に悪いし、かかりつけ医が何も言わなかったからと、断っていました。

 わたしの症状は軽い胃酸過多のようで、イブプロフェンの常用で胃酸過多、ひいては胃潰瘍にまでなる例もあるそうです。土曜の晩に、インターネットで調べて、その晩から鎮痛剤をいっさい飲まず、食事にも気をつけ、コーヒーや甘いもの、チョコレートや乳製品、油っこいものに大好きなみかんも口にしないようにしていました。

 昨晩からは調子が戻ってきたので、植物繊維が多いからと症状があるうちは避けていたキャベツを千切りにして豆腐と煮込んで食べ、今日の午後には久しぶりにハチミツ以外の甘いもの、パネットーネとチョコレート、みかんを食べました。

 胃が荒れたのは、薬の多用だけではなく、痛み止めにと生姜湯やコショウもたくさん入れた鎮痛用のハーブティーを、空腹時に飲んだり、誕生日のあとも、余っていたババロアやケーキなど、こってりした甘いものやチョコレートをたくさん食べたからかと思います。

 ようやく調子が戻ったので、これから食事制限が難しい時期にはなりますが、鎮痛剤とコーヒーだけは年内は飲まず、他の乳製品や甘いものも、口にしすぎないように注意するつもりでいます。週末に、いよいよミジャーナのピザ窯開きの夕食会もあるのではありますが、ワインを断り続けられるでしょうか。少しだけなら飲めるまでに、胃が元気になるように気をつけます。

 鎮痛剤を飲んでも飲まなくても、昼間は痛みにあまり差がないようだと、飲まない今は思うのですが、夜は先週にはかなり眠れるようになっていたのに、薬なしではしばしば痛みで目が覚めて起きるので、夫に申しわけないです。しかも、こういうときに限って、パソコンがまた休眠してしまい、書きにくい携帯電話からの投稿になりました。

 今読んでいるディーパクの言葉にあるように、問題はすべてきっと姿を隠した、状況をよりよいものに変えていく機会、かつ今の自分に必要な試練であるものと信じています。ひょっとしたらそういう精神鍛錬や、人の痛みに優しくなれるための試練かもしれません。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-12-15 23:07 | Altro | Trackback | Comments(2)

西空にきらめく金星、赤い火星

 最近は日が暮れてから西向きのよろい窓を閉めるたびに、金星(Venere)がきらきらと西の空に輝く様子がそれはきれいで、つい見入っては、カメラを構える日が続いていました。わたしの腕では、美しいきらめきは再現できず、写真では、白い小さな光の玉がたそがれの空に見えるばかりで、残念です。

f0234936_8143179.jpg
13/12/2016 17:38

 金星のさらに左上には、赤く小さく火星(Marte)も見えています。うちや近所の庭木ごしに見える町の明かりが、木々を光で彩るように輝いています。日本語の生徒さんがインフルエンザで授業に来られなくなったのは残念でしたが、おかげで窓から宵の明星や美しい眺めを、ゆっくり楽しむことができました。

 今日は午後から雨がちで空が曇り、星も満月もわたしたちは見られなかったのですが、今も雲の向こうで、星と月がきっときらめいていることでしょう。

**********************************************
In questi giorni prima di chiudere le persiane,
spesso posso ammirare Venere brillante, piccolo Marte
e gli alberi illuminati dalle luci lontane :-))
**********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2016-12-14 23:59 | Altro | Trackback | Comments(0)

2017年自家製カレンダーとピザ窯その後

 2009年以来、毎年前年の写真の中からこれはという写真を選んで、自家製のカレンダーを作っています。時には、義父母や義弟夫婦とすべて共通のカレンダーを作ったり、義父母用に別のカレンダーを作ってクリスマスに贈った年もありました。けれども、ブログを始め、わたし個人のデジタルカメラを持つようになってからは、撮影する写真の数が膨大に増えて、わたしと夫のカレンダー用の写真を選ぶだけで手いっぱいになり、今年、2016年のカレンダーなどは、恥ずかしながら新年の2月になってようやく注文しました。(下記リンク参照)

f0234936_1019065.jpg

 先ほどようやく、来年、2017年用の自家製カレンダーの写真を選び、誕生日などを書き込んで、注文を終えました。上の写真は、11月のカレンダー写真です。これまでは一月の写真は1枚と決めていたのですが、今年はミジャーナでの思い出や改築作業の写真5枚を、すべて同じ月に載せました。右上の友人たちとの食事の写真が無事であれば、この写真1枚だけでよかったのですが、ブログの記事にするために、縮小したときに、うっかり名前を変えずに保存したため、ひどく小さいサイズになってしまい、カレンダーに印刷できるような容量ではなくなってしまったのです。右下に、義父・義弟と友人たちが協力してくれて夫と共に120㎏のピザ窯を土台に設置する様子、中央下に、完成したピザ窯が使えるようにするために、夫が火を焚いて窯の湿気を取り払い温める様子を撮影した写真があります。ピザ窯についても、いつか詳しく経過をご紹介するつもりでいます。

******************************************************
Migiana di Monte Tezio 2016

- Grazie e tutti per l'anno 2016. Ieri notte sono finalmente riuscita
ad ordinare il calendario 2017 dopo aver scelto le foto tra tante.
******************************************************

関連記事へのリンク
- 今ごろ新年カレンダー (7/2/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-12-09 23:59 | Altro | Trackback | Comments(4)

金星と三日月近づくたそがれの空

 12月3日土曜日に、出かけた先のマルケの町からペルージャへ車で戻っていると、日没後のまだ明るい空に美しい月が見え、よく見るとそのすぐ下で、金星が輝いていました。

f0234936_832423.jpg
Congiunzione Luna-Venere 3/12/2016 17:05

 きれいだなと思って写真を撮ったのですが、今調べてみると、月(luna)金星(Venere)がここまで近づくことはまれなようで、イタリアでは、そのめずらしさ、美しさを語り、人々の注意を呼ぼうとするオンライン記事がいろいろと出ていました。

f0234936_8152262.jpg

 車の中から撮ったので、画像がぶれている写真が多く、車内も見えるこの写真のぶれは、まだ少ない方なので、

f0234936_8174486.jpg

1枚だけとは言え、こんなふうに三日月もその下で輝く金星もきれいに写っている写真があって、うれしかったです。冒頭の写真は、元のサイズから縮小してしまう前に、月と金星が写る部分だけを切り抜いたものです。

f0234936_8255490.jpg
Luna, Marte & Venere 8/12/2016 18:08

 その5日後の今日、12月8日の夕方には、離れてしまった月と金星を一直線上に結んだそのほぼ中間に、火星(Marte)の赤みがかった光が見えました。

 冬は雨や曇りの日も多い一方で、強い北風に雲が吹き払われ、空が殊に美しいときもあり、南向きの窓から、きれいな夕焼けや金星や月がよく見えるので、ついよろい戸を閉めるのが遅くなってしまうほどです。

****************************************************
Congiunzione Luna-Venere 3/12/2016 17:05

- La bellissima luna crescente l'abbiamo vista insieme a Venere
dall'auto mentre tornavamo verso Perugia.
****************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- MeteoWeb - Lo straordinario spettacolo della congiunzione Luna-Venere nel cielo Mediterraneo (3/12/2016)
- Sidereus il 1° Parco Astronomico del Salento - Congiunzione Luna-Venere (3/12/2016)
- Astronomia.com - il cielo nel mese di Dicembre 2016 (29/11/2016)
↓↓ 東京でも12月3日には月と金星が並んで見えたそうです。
- 国立天文台 NAOJ - ほしぞら情報 2016年12月 - 月が金星・火星に接近

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-12-07 23:59 | Altro | Trackback | Comments(1)

FBウィルス写真装う添付ファイルつきメッセージで感染の恐れ、イタリア

 サイバー犯罪の世界では、同種のウィルスや詐欺が、英語圏→イタリア語圏→日本語圏と、領域を広げていく傾向があります。今回ご報告するのは、イタリア警察が警告するイタリアで蔓延中のウィルスですが、他国にお住まいでイタリアとは縁のない方も、そのうち同じような手口によってウィルスが蔓延し、危険に出会う可能性があり、イタリアに関心があって、イタリアの方や店などとFBで交流があれば、日本あるいは世界の他国に暮らしていても、この新たなウィルスに感染する恐れがあるので、ご注意ください。


 友人アカウントからのチャットにおける個人的な会話を装って、送ってくるメッセージに、写真を装うような添付ファイルがあり(上記イタリア警察FB投稿における例であればPhoto_4060.svg)、それをクリックすると、ウィルスに感染してしまうようです。

 友人アカウントから来るメッセージだと、つい安心して、すぐに添付ファイルをクリックして開けてしまいそうです。上の例では".svg" というファイルの拡張子が、ウィルスと判断する決め手になるようなのですが、今後また犯人が手口を変えて、新たな拡張子を使わないとも限りません。友人からのメッセージだと安心して、すぐにクリックすることなく、ウィルスの恐れがあると思ったら、その友人に自分にそういうメッセージを本当に送ったか否か確認するなど用心し、友人からのメッセージだから安心だろうと、気軽に何でもクリックしてしまわないように気をつけましょう。

 実は数日前にも、FBのメッセンジャーで「友人からのメッセージ」と思い込んで添付ファイルをクリックし、スマートフォンがウィルスに感染する被害が多発しているというイタリアのオンラインニュースを見かけました。記事中の広告があまりにもうるさいので、そのときは記事にしなかったのですが、今日はそのFB経由ウィルスのニュースを、警察のFB投稿でも、Sky TG24のツイートでも見かけましたので、かなり被害が拡大してきているのではないかと思い、記事にしました。

 「感染した友人アカウントから、友人本人が知らぬうちに送られてきたウィルスつきメッセージ」である点が、「友人だから安心だ」と思う利用者のすきにつけこんでいて、悪辣だと思います。実はわたし自身、数年前にツイッターのダイレクトメールで、大学時代の親しいイタリアの友人でかつ英国にも留学していて英語が堪能な女性から、「ここにあなたの写真が」というメッセージを受け取り、海外からの友人も多いからメッセージを英語にしたのだろうかと、つい疑いもせずにクリックをしてウィルスに感染して、ツイッターでフォローしてくださった方すべてに自動的に同様のウィルスつきDMメッセージが送られてしまい、その削除に非常に時間と手間がかかった上、何より受け取った方に迷惑をおかけしたという苦い経験があります。

 お互いに十分、気をつけましょう。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-23 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

うれしい贈り物にびっくり

 今日の昼頃、肩の療養のための通院から戻り、車をガレージに入れて、扉を閉めようとしていたら、門の外から郵便配達の人がわたしを呼んでいます。通常の郵便ならば、門柱に備えつけてある郵便受けに入れることになっているので、何か署名が必要なものがあるのかなと思って行ったら、大きめの封筒を手渡してくれました。

 郵便受けに入らない雑誌類を、郵便受けの上に置かれて、雨に濡れて困ったことも少なくないので、封筒がわたし宛てであるのを見て、ありがたかったです。持ったときの感じと重さ、差出人から、「ひょっとしたら」と思い、

f0234936_8163095.jpg

我が家のある2階に駆け上がって、さっそく開けてみると、今年11月8日付けの朝日新聞が入っています。

 長年のブログのお友達で、おととしペルージャにいらしたときに、ついにお会いできたかずさんは、お宅でずっと朝日新聞を購読されていて、11月8日の朝刊に、わたしのハフィントンポスト掲載のイタリア中部地震記事が紹介されているのに気づかれて、すぐに温かいコメントをくださっていたのですが、その新聞の在庫の有無を販売所に確認され、新たに一部購入して、ていねいにいくつもの袋や封筒に重ね入れ、美しい切手を貼って、遠いイタリアまで、送ってくださったのです。

 朝日新聞のサイトで、オンライン記事と共に、紙媒体の記事も読んで画像として保存することができたので、新聞もできればほしいものの、あきらめていたのですが、その朝日新聞を手にすることができて、何よりも気持ちがありがたくて、本当にうれしかったです。

 日本・イタリア間の郵便では、イタリアからわたしが日本に送って、途中で立ち消えしたり、2か月後に届いたりすることもあれば、別のブログのお友達が手作りの贈り物を手紙と共に、イタリアに送ってくださったのに、その贈り物だけ抜き取られた手紙を受け取ったこともあります。紛失や遅延は、空港で起こった可能性もあり、小包でもなければ、どちらの国に責任があるかを特定するのが難しいのですが、こうして温かい手書きのお手紙も添えた新聞を受け取れて、無事に届いた幸運を思ったのでありました。夫も喜んでくれて、そうして、星座の切手の美しさに驚いていました。

 昨夜はイタリア時間で眠る直前に日本での大きな地震を知り、午前2時頃までいろいろ情報を調べて、目が覚めたとき、大きな被害や犠牲者の方が出ていないことを祈りながら、床につきました。イタリアでも余震がまだ続いており、日本でも、最近は各地で地震が絶えないようで、どうか一刻も不安を誘うような大きな地震や揺れが収まり、被災地が復興・再建に向けて動き出せる日が来ることを祈っています。

*****************************************************
Ieri ho ricevuto una posta da una mia amica giapponese.
Una sorpresa, un bellissimo regalo!
Dentro la busta, il giornale Asahi Shimbun dell'8 novembre
che presenta il mio articolo sul terremoto su Hiffington Post Japan.
Grazie mille, Kazu san. Sono molto belli anche i francobolli :-)))
******************************************************

関連記事へのリンク
- 朝日新聞で紹介、ハフィントンポスト掲載の10月末イタリア中部地震記事 (2016/11/7)
- イタリア中部地震M6.5概況と地震前のノルチャ・カステッルッチョ、JITRA連載第8回 (2016/10/30)
- イタリアより(かずさんのブログ) - ペルージャにて (2014/12/24)
- ペルージャからメリークリスマス、かずさんと中心街を散歩 (2014/12/24)
- 空飛ぶハートに一目惚れ、かずさんとデルータ伝統の陶器の露店で (2016/12/27)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-22 23:59 | Altro | Trackback | Comments(4)

エキサイトブログとSNSの連携とインスタグラムで生徒獲得

 10月25日、コメントの有無を確認しようと、自分のブログを見て、驚きました。

f0234936_8134929.jpg

 プロフィール紹介欄の下に、これまでなかったツイッターのロゴマークが入っているのに気づいたからです。

 ブログとSNSの連携の大切さは感じていたので、ずいぶん前から、ブログ表紙の右欄に、メモ帳を利用して、

f0234936_8202141.jpg

こんなふうにサイト名を文字で記したリンクを、日本語・イタリア語の両方で紹介していました。

 ただ、これでは三つのSNSとの連携の紹介に6行必要な上、SNSアカウントへのリンクがあることが分かりにくいため、ロゴマークを使った方がいいだろうと、感じてはいました。けれども、いろいろ調べたあげくに、結局ロゴによるリンクの作成はあきらめました。ですから、こうしてブログのプロフィール欄の下方に、目立つ形でツイッターのロゴマークが入ったのを見て、うれしかったのですが、疑問もありました。

 「ツイッターだけではなく、フェイスブックやインスタグラムのアカウントもあるのに、どうしてツイッターのロゴマークしかないのだろう。」

f0234936_8322047.jpg

 エキサイトブログ向上委員会のお知らせを見て、フェイスブックとインスタグラムの連携もあることを確認し、どうすれば、これらのアカウントとも連携させることができるかを、調べました。

f0234936_8394711.jpg

 そうして、新しい管理画面の左欄にある「外部サービス連携」右横の▼をクリックし、出てきたタブの中から「ソーシャルツール」を選び、現れたこちらの場面から、

f0234936_8401675.jpg

フェイスブックとインスタグラムにログインして、ブログと連携するように設定しました。

 ツイッターだけ、わたしの知らぬうちに自動的にロゴがブログのプロフィール欄に表示されていたのは、

f0234936_8481968.jpg

記事を投稿するときに、「twitterに投稿」にはチェックを入れていても、「Facebookに投稿」にはチェックを入れていなかったためだと思われます。

 こうして、10月25日のうちに、無事、

f0234936_850321.jpg

フェイスブックやインスタグラムとの連携設定が完了し、望んでいたとおりに、三つのロゴマークが並びました。

 そうして、「よし、もうロゴマークがあるから文字リンクは削除しよう。」と、まずはそう考えたのですが、これまで見慣れた位置にリンクが見つからずに、将来困る方がいる可能性や、日本語だけで書かれたプロフィール欄はイタリアの人は見ないかもしれないという危惧から、結局文字リンクも、これまでどおり残すことにしました。

 実は、わたしの今一番新しい日本語の生徒さんは、インスタグラムの写真を通してわたしの授業に興味を持ち、フェイスブックのメッセージを通じて情報を交わし、授業に通うようになった社会人です。ブログやイタリア語学習メルマガをきっかけに、通訳や翻訳、イタリア語の授業、記事の執筆の依頼を受けたり、ブロガーとして催しに招待されたリすることは、これまでにもあったのですが、まさかインスタグラムで日本語の生徒さんが見つかる(生徒さんに見つけてもらえる)とは、予想もしていなかったので、びっくりしました。エキサイトブログのSNSとの連携がロゴマークで分かりやすくなり、ますますそういう新しい形で、授業に来てくれる生徒さんが増えてくれたらと願っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-21 23:59 | Altro | Trackback | Comments(0)

便利ふしぎなGoogleフォト

 先月のことでしたか、ふとしたことから、自分でも知らぬうちに、スマートフォンで撮影した写真をそのままGoogleフォトにも保存していたことに気づきました。

f0234936_6393718.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno visto dal Monte Tezio 1/11/2016

 そうして、外付ハードディスクは購入したものの、いつか壊れる可能性もないとは言えなかろうと、デスクトップの外付ハードディスクに保存してある写真を、Googleフォトにも保存することにしました。数うちゃ当たるとたくさん撮り、取捨選択できないままに保存してある写真が多いために、Googleフォトには、いまだに写真すべてのごく一部しか保存できていないのですが、それでもGoogleフォトのおかげで、デスクトップが起動しなくても、スマートフォンで最近の写真をダウンロードして利用することができます。

 この記事の写真は、月曜にテッツィオ山から、トラジメーノ湖に夕日が沈むのを見送ったときに、撮影したものです。

 ただ、撮ったはずなのにない写真が多い一方、かなり昔の写真も最近の写真もGoogleフォト上に見つかるため、どういう順序で写真をコピー・保存しているのか、不思議です。さらに、今はGoogleフォト上に見当たらない写真も、そのうち外付ハードディスクからコピーされて、保存されるのかが、わたしにはまだ分かっていません。ブログやインスタグラムに載せる写真を選ぶには、Googleフォト上には撮った写真の一部しかないため、枚数が少なくて選びやすいのですが、本当はもっといい写真があるはずなのにという残念な気持ちもあるのでした。

参照リンク / Riferimenti web
日本語サイト / Siti in giapponese
- Google - Google フォト、思い出をすべて無料で保存でき、ファイルは自動的に整理できます。
- モバレコ - Googleフォトで写真を賢く管理しよう! 基本の使い方と出来ること (2016/7/6)
- かめらとブログ - 写真を無料で容量無制限に保存! 「Googleフォト」のできることと使い方。ストーリーと自動タグ付けが素敵すぎるよ! (2015/5/31)
Siti in italiano / イタリア語サイト
- Google.com - Google Foto. Spazio di archiviazione gratuito e organizzazione automatica per tutti i tuoi ricordi
- Chiccche Informatiche - Google Photo vs Apple Foto (12/10/2016)
- softonic - Google Foto non ti convince? Scopri questi 11 trucchi e cambierai idea (17/6/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-04 23:59 | Altro | Trackback | Comments(2)

週末はミジャーナ

 ピザ窯作業に行ってきます。

f0234936_2562834.jpg
16/10/2016


関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- ピザ窯求めて店めぐり / Alla ricerca del forno a pizza ideale (3/10/2016)
- ピザ窯土台作り中、ミジャーナ / Costruzione della base per il forno a legna a Migiana (8-9/10/2016)
- 週末は秋色ミジャーナ / Migiana di Monte Tezio in autunno (15/10/2016)
- ピザ窯準備・月と桜色の雲、ミジャーナ / Preparativi per installare il forno, la luna & nuvole rosa (15/10/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-29 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

肩の療養口に慰め、凍結肩とシュークリーム

 左肩は春先から痛み出し、夏には可動域が狭まり、8月からは毎日許容量めいっぱいの鎮痛消炎剤を服用し、鎮痛・消炎効果のある薬草の力も共に借りて、乗り切ってきました。10月半ばにようやく診てもらった専門医によると、左肩は、今は治りつつあるかつての右肩同様に、癒着性関節包炎(capsulite adesiva、別称「凍結肩」(spalla congelata))と腱炎を患っている上に、慢性腱炎もあるとのことです。

 今年は右肩のために、国の保健制度を利用した割引価格で、すでに二度、カイロプラクティック院での理学療法士による施術・リハビリのための運動を利用しているため、別の肩であっても、割引価格での利用は、来年1月以降でなければできないそうです。

 昨年11月から今年6月まで約半年間、ペルージャ郊外のカイロプラクティック院で、私費で1回20ユーロの施術・リハビリ(それぞれ約15分・約45分)を週に2度続けてみて、費用はひどくかかるものの、効果があることを実感したのですが、かつてお世話になった療法士のアレッサンドロは、故郷のナポリに仕事を見つけて帰郷し、退職してしまってもういません。とりあえず一度は新しい療法士さんに施術を受けてみようと、専門医診療後すぐに予約を取り、まずは先週月曜日に、左肩の初施術・リハビリを試してみました。カイロプラクティック院で施術・指示を受けてリハビリのために体操をする以外にも、ふだん家でもできる体操や、どんな動きは避けた方がいいかなども教えてもらって、これは続けようと、さっそく同じ週の金曜日にも予約を入れたのですが、ふだん痛みのために動きがかなり制限されている肩や腱炎のある腕・肩を無理に動かしたためか、木曜まで肩の激痛が続きました。それで木曜に療法士に電話をして、「しばらく肩を休めた方がいいか」と相談したら、やはり動かすことが必要で無理をしないことが大切とのことで、金曜も行って、痛みのない程度にリハビリ体操をしました。

 今回痛みが特に激しいのは、右肩のときには3回コルチゾン・麻酔薬の注入を受け、さらにかなり強い鎮痛剤を処方してもらったのに、今回は注入はいっさいなしで、できるだけ副作用の少ない薬をと、わたしの肩の痛みは抑えきれない一般的な鎮痛剤・消炎剤を使っているためでもあります。週末訪ねた温泉のお湯は肩に優しかったのですが、そのときは気持ちいいからと熱湯が上から吹きつける熱湯マッサージのような場所で、何度も肩にお湯を浴びたら、それがあだになったのか、まだ肩が痛んでいます。

f0234936_6442216.jpg

 今日は3度目の施術・リハビリがあり、施術は必要で、いつかは痛みが去ると分かっていても、肩が痛んでつらいので、夕方買い物に出かけたついでに、自分を励まそうと、生クリームたっぷりのシュークリームを、ついつい買ってしまいました。最近夫は、州庁での仕事のあとミジャーナで作業して、夜8時頃に帰宅することが多いので、三つ購入しておいて、一つはわたし一人で帰宅後すぐに食べて、夫がうちに帰ったら残りの二つを一つずついっしょに食べようと考えていたのですが、結局買い物から戻ってすぐに二つをぺろりと平らげ、残りの一つは、夫が「ぼくにも買ってくれたの。優しいね。」と言いながら、喜んで食べました。シュークリームを三つ買っていたことは、夫にはないしょです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-25 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)