カテゴリ:Altro( 261 )

肩の療養口に慰め、凍結肩とシュークリーム

 左肩は春先から痛み出し、夏には可動域が狭まり、8月からは毎日許容量めいっぱいの鎮痛消炎剤を服用し、鎮痛・消炎効果のある薬草の力も共に借りて、乗り切ってきました。10月半ばにようやく診てもらった専門医によると、左肩は、今は治りつつあるかつての右肩同様に、癒着性関節包炎(capsulite adesiva、別称「凍結肩」(spalla congelata))と腱炎を患っている上に、慢性腱炎もあるとのことです。

 今年は右肩のために、国の保健制度を利用した割引価格で、すでに二度、カイロプラクティック院での理学療法士による施術・リハビリのための運動を利用しているため、別の肩であっても、割引価格での利用は、来年1月以降でなければできないそうです。

 昨年11月から今年6月まで約半年間、ペルージャ郊外のカイロプラクティック院で、私費で1回20ユーロの施術・リハビリ(それぞれ約15分・約45分)を週に2度続けてみて、費用はひどくかかるものの、効果があることを実感したのですが、かつてお世話になった療法士のアレッサンドロは、故郷のナポリに仕事を見つけて帰郷し、退職してしまってもういません。とりあえず一度は新しい療法士さんに施術を受けてみようと、専門医診療後すぐに予約を取り、まずは先週月曜日に、左肩の初施術・リハビリを試してみました。カイロプラクティック院で施術・指示を受けてリハビリのために体操をする以外にも、ふだん家でもできる体操や、どんな動きは避けた方がいいかなども教えてもらって、これは続けようと、さっそく同じ週の金曜日にも予約を入れたのですが、ふだん痛みのために動きがかなり制限されている肩や腱炎のある腕・肩を無理に動かしたためか、木曜まで肩の激痛が続きました。それで木曜に療法士に電話をして、「しばらく肩を休めた方がいいか」と相談したら、やはり動かすことが必要で無理をしないことが大切とのことで、金曜も行って、痛みのない程度にリハビリ体操をしました。

 今回痛みが特に激しいのは、右肩のときには3回コルチゾン・麻酔薬の注入を受け、さらにかなり強い鎮痛剤を処方してもらったのに、今回は注入はいっさいなしで、できるだけ副作用の少ない薬をと、わたしの肩の痛みは抑えきれない一般的な鎮痛剤・消炎剤を使っているためでもあります。週末訪ねた温泉のお湯は肩に優しかったのですが、そのときは気持ちいいからと熱湯が上から吹きつける熱湯マッサージのような場所で、何度も肩にお湯を浴びたら、それがあだになったのか、まだ肩が痛んでいます。

f0234936_6442216.jpg

 今日は3度目の施術・リハビリがあり、施術は必要で、いつかは痛みが去ると分かっていても、肩が痛んでつらいので、夕方買い物に出かけたついでに、自分を励まそうと、生クリームたっぷりのシュークリームを、ついつい買ってしまいました。最近夫は、州庁での仕事のあとミジャーナで作業して、夜8時頃に帰宅することが多いので、三つ購入しておいて、一つはわたし一人で帰宅後すぐに食べて、夫がうちに帰ったら残りの二つを一つずついっしょに食べようと考えていたのですが、結局買い物から戻ってすぐに二つをぺろりと平らげ、残りの一つは、夫が「ぼくにも買ってくれたの。優しいね。」と言いながら、喜んで食べました。シュークリームを三つ買っていたことは、夫にはないしょです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-25 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)

隣家の紅葉と週末の予定

 先々週、先週と2週続けて、週末に友人たちが改築作業を手伝いにきてくれたミジャーナでは、隣家を覆うツタの葉が、赤く美しくなりました。見ると美しいのですが、夫のいとこによると、屋根や壁をここまでツタが覆ってしまうと、ツタが屋根瓦を持ち上げたり、壁を崩してしまったりする恐れがあるそうです。

f0234936_719141.jpg
16/10/2016

 同じ友人たちから、今週の週末は温泉に行こうという誘いがありました。この記事は予約投稿で、金曜の晩に書いています。旅行の詳細は、土曜の早朝に電話で話して決める予定ですが、日本のお風呂が恋しい身に、そうして寒さと湿気で肩の痛みがことさら激しい昨今、温泉行きは大歓迎で、とても楽しみです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-22 23:59 | Altro | Trackback | Comments(2)

ピザ窯土台作り中、ミジャーナ

 土曜は朝ミジャーナに出かけて、掃除をして、昼食を準備し、ピザ窯の土台作りを手伝いに来てくれたフランコを迎えました。昼食後、わたしが皿洗いと後片づけをしている間に、

f0234936_481070.jpg
8/10/2016

フランコと夫は、モルタルでつなぎながら、もうこんなにレンガを積み上げていました。土曜日は、夕食のしたくをするうちに日がとっぷりと暮れてしまったため、

f0234936_412199.jpg
9/10/2016

土曜にどこまで作業が進んだかは、翌日曜日の朝に見ました。夫は、昨夜床に落ちてしまったモルタルが固まる前にと、床をきれいにしていました。

f0234936_5212994.jpg

 改築中のうちの周囲には、古い木材がいくつか積み重ねてあるのですが、その中から型枠として使えそうな木材を選んで、フランコが切って、必要な長さにしていました。

f0234936_5262970.jpg

 正方形をした天板の上に厚さ10㎝のセメントを流し込みます。天板の奥の2辺は壁に接していますが、手前の2辺については、セメントをせき止める必要があるため、古い木材で型枠を作って設置します。
 
f0234936_5382288.jpg

 昼食のしたくを始める前に、再び作業の進行状況を見に行くと、完成した型枠の中に、補強するために金網を設置し、セメント・砂・水を混ぜ合わせたものを入れている最中でした。

f0234936_5401363.jpg

 夫がセメントを流し込み、

f0234936_5403980.jpg

フランコが表面をコテで平らにならしていきます。

f0234936_5485165.jpg

 最後は、こんなふうに、表面がむらなく平らになるように仕上げていました。

f0234936_5495897.jpg

 こちらは、昼食の後片づけが終わったあとに、乾くのを待つばかりという状態になった土台を、見に行って撮影したものです。

 ピザ窯は重くて一度にはとても運べないから2度に分けてと、昨夕夫とフランコが二人で取りに行ったのですが、あと2㎝というところで、夫の車には入らなかったため、業者に運送を頼むことになったそうです。すべて一度に運んでもらうとなると、ピザ窯は250㎏あります。ピザ窯を車から下ろして、うちの裏手にある土台の上まで運ぶには、荷車を利用するにしても、男手4人が必要ということで、夫とフランコの他、あとだれに頼めるかと、ただいま考え中です。義父は腕を、義弟は腰を痛めているからです。

 この記事を書くために、ピザ窯の土台を作った方のサイトを参考にしていたら、皆さん、土台に鉄筋を利用しているので、少々不安になりました。と言うのも、夫が購入を決めた、そうして最初はわたしと同じように「大きすぎる」と反対していたフランコも現物を見て納得したピザ窯は、ひどく大きく重たいからです。ただ、ピザ窯の製造会社が、自社サイトに載せている客が作った土台の例を見ていたら、夫とフランコが作ったような簡素な土台もあったので、ほっとしました。

 わたしの不安の要因はもう一つあります。ピザ窯会社に夫が「大きい窯がほしいけれど、わずかの差で入らない」と言ったら、なんと「壁を少し崩したらいい」と返事が返ってきて、「おお、これはコロンブスの卵だ。それは思いつかなかった。」と、夫はそれで、大きいピザ窯を購入して、その窯が入るように壁を打ち崩すことに決めたのです。厚みがあるから大丈夫とは言いますが、壁の中にはいろんな配線がありかねませんし、耐震性などどうなるのでしょう。せめて、穴を開ける前には、いろんな業者に聞き、図面をよく確認して、間違いのないように作業をしてほしいものです。

LINK
- ピザ窯求めて店めぐり / Alla ricerca del forno a pizza ideale (3/10/2016)

*************************************************
Costruzione della base per il forno a legna a Migiana
Grandissimo aiuto dell'amico. Grazie mille!! 8-9/10/2016
*************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-09 23:08 | Altro | Trackback | Comments(4)

夕空に三日月きれい秋の空、医者・郵便局めぐりのあとに

 今日は、昨晩突然痛み出した歯を診てもらうための歯科医診療と、そのための電話から1日が始まりました。 肩が痛む、もっと授業の準備を、生徒さんが来る前日にしっかり掃除をと、外での用事があっても、出不精のわたしは、ついいいわけをして後回しにしてしまいます。

 今日は幸い天気もよいので、歯医者に出かけたついでに、郵便局・カイロプラクティック院・かかりつけ医の診療所・薬局・スーパーと、行く必要のあったところをすべて回りました。イタリアでは、郵便局も診療所も店のレジも、長い間列に並んで待たなければいけないことが多く、それも、ついおっくうになって後回しにしてしまう理由の一つです。今日は朝から歯科医で、診察までに、着いてから1時間、診察開始のはずの時間から50分待ち、その後うちから最寄りの郵便局に行くと、待った挙句に、「ここではできぬから、口座を開設した郵便局に行くように」と、イタリア郵便局サイトには「どの郵便局でも可能」と書いているのに言われました。そうして訪ねた駅前郵便局でも、まずは引いた番号が電光掲示板に出るまで待って窓口に行き、窓口の人から聞いて、今度は、別室で客に応じる専門の担当者に相談するために、列に並びました。さらに、駅前Coopでも、買い物をしてレジの列に並んだため、帰宅したら午後1時半を過ぎていました。駅前の駐車場は有料である上、空きを見つけるのが大変なので、Coopの広い駐車場に車を置き、買い物することで、ただですませたのです。

 そうして、午後も昼食後すぐに、あちこちを回り、訪ねる先々で待ったため、うちに帰ったら、午後7時でした。ただ、どうせあちこちで待たなければいけないことが分かっているため、わたしはふだんは、待ち時間には本を読むようにしています。スーパーのレジでの待ち時間だけは、待つことしかできませんが、それ以外の場所では、今日は、待ち時間を利用して、スマートフォンでメールやブログ・SNSを通してのコメントや連絡にできるだけ返事をしました。今年8月にようやくスマートフォンを購入したわたしは、小さいタッチスクリーンからの入力は今なお苦手で、ふつうの人の何倍も時間をかけてしまっているように思います。それから、4日間もつけていなかった日記の、その4日分をすべてきちんと書きました。こういうとき、周囲にいる人のだれも日本語が読めないことを確信できる環境というのは、ありがたいです。

f0234936_5471348.jpg

 うちに戻ると、三日月が、ほんのりと茜色に染まる空に見える様子がそれはきれいで、とてもうれしかったです。

**********************************
In questi giorni è un mio piccolo piacere
ammirare la bella luna crescente
prima di chiudere le persiane :-)))
**********************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-04 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

ピザ窯求めて店めぐり

 リミニの友人たちの間から、新年をミジャーナで迎えたいという声が上がり、そのためには下階のトイレとピザ窯が必要だということになりました。ピザ窯を置く土台については、今週末フランコが久しぶりに、作るのを手伝ってくれることになったのですが、そのためにはまず、ピザ窯を決めて、その大きさやつくりに基づいて、土台に必要な材料を手配する必要があります。

 調べれば調べるほど、心が決まらないという夫も、インターネットで見つけてよさそうだと思うピザ窯を、なんとかしぼりこみました。そうして、今日の夕方は、二人で、そういうピザ窯をつくる業者の製品を扱うペルージャ近辺の店を訪ねて回りました。

f0234936_7271510.jpg

 これまで見た中で、二人とも最も気に入ったのは、スマートフォンで撮影した上の写真で、夫が見ているピザ窯です。ただ、夫が目星をつけていた他のピザ窯が500ユーロ前後であるのに対し、この窯はその倍の千ユーロする上に、もともといくつかに分かれたブロックを接合して作り上げる他の商品と違って、中で燃える火が高熱であるために、ひびが入ってしまうのではないかと、夫は心配しているのです。

 夫は、「これこそ目指していたピザ窯と言える窯を選ぼうと思ったら、もっともっと年月がかかる」と言っていますが、フランコが来る週末までに決めなければいけないおかげで、なんとか購入するピザ窯が決まりそうです。

**********************************************************
Stiamo visitando vari negozi per trovare un forno a pizza ideale.
Bisogna valutare i materiali, la forma, la dimensione, il prezzo e non solo
ed è difficile la scelta.
**********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-10-03 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

トンネルとワインとパンと

 今週末は、まずは土曜日にセニガッリアのパン祭りに参加し、晩にリミニの友人宅に行き、翌日リミニに会場を移した花市、Giardini d'autoreを訪ねてから、ペルージャに戻る予定です。この記事は予約投稿のために、出発前に書いています。

f0234936_6235471.jpg

 セニガッリアに行くには、先日ご紹介した開通間もないトンネルと無料高速道路(superstrada)を利用できるので、以前よりもずっと早く着けるはずです。

 題にトンネルとあるのは、この数日は調子よく動いていたデスクトップが、再びいつ覚めるとも知らぬ眠りにつき、今夜(金曜の晩)は起きる気配がないからでもあります。帰宅は2日後、日曜の晩になりますので、そのときは長い眠りから覚めてくれますように。

 そう言えば、夫にわたしが送ったASSUSのタブレットも、この頃画面におかしな線や縞模様がいくつも入ったり、色がおかしかったりと不調のようで、保証期間内なのですが、購入したのがアマゾンイタリアで、購入後、2か月経っているので、連絡は製造業者にしなければいけないのだろうかと、困っているところです。

 トンネルということで、写真は、以前訪ねたサンタルカンジェロのレストランの、地下へと長く続くトンネルのような、かつてのワイン貯蔵庫です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-25 23:59 | Altro | Trackback | Comments(0)

親切うれしい迷い道、ペルージャ暮らし

 今日は夕方、自動車保険を更新しに、保険代理店に行きました。以前に一度、カーナビを使って訪ねたとき、該当の番地がなかったので、近い番号を入力したら、とんでもない場所にたどり着いてしまったことがあるため、カーナビはうちに置いて、家を出ました。

 夫としばしば行ったことがあり、迷いながらではあれど、わたし一人でも訪ねたことが何度かあるので、大丈夫だろうと、アイゴで出発しました。

f0234936_7433052.jpg

 問題は上のGoogle マップ中、ピンクで囲んだ部分の中央にある危険な三角地帯です。一方通行で、しかも二車線・三車線と車線の数が変わり、車線によって行き着く場所が違う上に、DIYや電気製品の店や、スーパーに行くための横道がいくつもあります。夫の車では何度も通ったことがあるのですが、ゆるやかなカーブになっている上に、脇道がいくつもあるため、どこかで右折しなければいけないのは覚えているのですが、それがどこかがうろ覚えで、いつも迷ったり間違えたりしてしまうのです。

 ピンクの矢印に従い、青い線で示された道路を通って、保険代理店に行かなければいけないというのに、どういうわけか、わたしの記憶では、保険代理店は茶色い矢印の方向にあることになっていました。魔の三角地帯は一方通行になっているため、行きはピンクの矢印、帰りは紫の矢印が示す道を通らなければならず、行きと帰りで道が違うことも、わたしの記憶の錯乱に拍車をかけたのではないかと思います。家庭用品の店、Alessandrelliの前で、道路を右に曲がって行かなければいけないと思い込んでいたのですが、それは、保険代理店から戻るときに、紫の矢印に従って、店の前で左に曲がるので、行きはその逆だと思い込んでいたからでしょう。

 それで、自信はないものの、記憶に従って、茶色い矢印の示す道を進むと、閑静な住宅街と緑の中を行く小道を通ることになり、道を間違えってしまったことに、すぐ気づきました。それで、方向を変えて、自分が保険代理店があるだろうと考えていた方向に向かおうとするのですが、閑静な住宅街の道はやがて行き止まりになってしまいました。

 絶体絶命だったのですが、幸い、先日スマートフォンのインターネット接続契約を、変更かつ更新したばかりです。Googleマップのナビ機能を使い、出発前に道筋を画面で確認し、運転中は音声案内に従って、なんとか魔の三角地帯に戻ることができましたが、ぐるぐる回れど、どの方向に進んでいいかがさっぱり分からず、三角地帯の中にある無人のガソリンスタンドに入って、駐車しました。このとき、ナビに従っていれば、きっとすぐに保険代理店に行けたのですが、わたしが道を勘違いしていて、わたしが考えるのとはまったく別方向をGoogleマップが指示するために、困り果ててしまったのです。

 仕方なく、ガソリンスタンドの隣にあるスーパーまで行って、店の前にいた年配の女性に、道を尋ねました。保険代理店の場所は知らないものの、それは親切にいっしょに考えてくれたので、とても心強かったです。その女性がさらに、店から出てきた若い男性に、保険代理店を知らないかと尋ね、二人ともそれは真剣に、この方向にあって、こう行けばいいのではと、いっしょに考えてくれました。最終的には、その若い男性の判断で、そうやって3人で話していた場所から見えていた、青い二重下線で記した家電の店舗の上階にある、わたしが契約している保険会社の別の代理店で、尋ねてみるといいということになりました。

 そうして、その代理店を訪ねると、年配の男性が席を立って、わたしといっしょに窓辺まで行き、窓ガラス越しに見える道路を指さしながら、こうこうこういうふうに行くといいと、ていねいに説明してくれた上に、地図までかいてくれたのです。

 そのとき男性は、わたしの保険代理店が最近引っ越したと勘違いをしていて、そのおかげで、わたしは、示してもらったのが自分の記憶とはすっかり違う場所であっても、そうか店が引っ越したのだと、男性が教えてくれたとおりに行ってみることにしました。車に戻ってカーナビで見ると、カーナビが示している道筋は、男性が教えてくれた行き方と同じです。

 Googleマップによると、うちから片道11分の道です。けれども、道に迷い、車を止め、人に尋ねながら進んでいたら、保険代理店に着くまでに1時間もかかってしまいました。6時の閉店に間に合うかどうか、心配しながら運転したのですが、幸い10分ほど前に到着し、無事契約を更新することができました。

 道に迷って大変ではありましたが、質問に応じてくれた人が皆それは親切で、買い物中、仕事中で忙しいでしょうに、こちらの言うことをていねいに聞いて、一生懸命に手助けしようと考えてくれたのが、とてもうれしかったです。わたしがイタリアやペルージャに暮らし始めた14年前は、ペルージャの人が外国人、東洋人に対して、もっと親切だったのにという印象を最近は持っていたのですが、まだまだ優しい人がたくさんいるのだとうれしくなりました。

****************************************************************
Ieri sono andata a rinnovare l'assicurazione auto. Per andare all'agenzia di assicurazione, devo passare una zona ritenuta da me "triangolo maledetto" dove sbaglio quasi sempre strada.
Anche ieri ho dovuto girare invano e sono arrivata in una zona lontanissima da dove volevo andare. Quanta frustrazione!!
Tuttavia, per fortuna tutte le persone a cui ho chiesto strada erano gentilissime e disponibilissime e grazie a loro sono riuscita ad arrivare alla destinazione. Mi sono persa, ma ho ritrovato e riscoperto la gentilezza dei perugini nei confronti degli stranieri sconosciuti.
****************************************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-22 23:59 | Altro | Trackback | Comments(6)

名月さやかな秋の早朝

 最近は天候が不安定で雨が降りやすく、9月16日金曜日、イタリアで満月が愛でられるはずだった日の晩も、雨が降って、月は見ようがありませんでした。

 翌17日の朝4時半頃、肩の痛みで眠りの浅いわたしが目を覚ますと、寝室に戻ったばかりらしき夫が、満月がとてもきれいだよと言います。思わず、寝室の窓とよろい戸を、そっと開け放つと、

f0234936_6443332.jpg
17/9/2016 4:33

夜明けにはまだ早い未明の空が、輝く十五夜の光で、驚くほど明るく見えました。

f0234936_6561718.jpg

 雨のおかげで空が澄みわたり、中秋の名月がそれは美しく、こんなにも明るく輝くものなのかと感嘆しながら、二人でしばらく月を愛でたあと、再びよろい戸と窓を閉めて、眠りにつきました。

 沈もうとして西の空が近いために、大きく見えたのでしょう。夫がよろい戸を開けたまま眠ろうかと言ったとき、即座に閉めようと答えたのですが、開けたままにしておけば、名月の光を浴びながら、地平線近くでさらに大きくなる月にあいさつもして、眠ることができたかもしれません。

 夫は満月の晩はあまり眠れないそうで、わたしも最近は肩の痛みでよく目が覚めるのですが、おかげで、いつになく美しい名月を見ることができて、うれしかったです。

**************************************
Bellissima e incredibilmente luminosa
la luna piena che abbiamo trovato
alle 4.33 di mattina.
Limpido il cielo dopo la pioggia,
la luna splendeva come il sole che sorge.
Se avessimo lasciato le persiane aperte,
la luna ci avrebbe illuminato fino al tramonto.
Le ho chiuse, ma la luce della luna illumina
ancora i nostri ricordi e la nostra anima.
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-18 23:59 | Altro | Trackback | Comments(8)

ハフィントンポスト日本語版ブログに私の「イタリア中部地震から3週間」の記事が転載されました。

 ハフィントンポスト日本語版から、イタリア中部地震後の現地の様子を寄稿してほしいという依頼が8月末にあり、ちょうど公私共に忙しかった上に、デスクトップが不調だったために、ようやく9月15日に書き上げ、同じ原稿をわたしのブログに掲載してもいいとのことだったので、まずは当日わたしのブログで発表し、それから、ハフィントンポストの方に投稿しました。

f0234936_813387.png

 ハフィントンポストの記事へのリンクは、以下のとおりです。

- http://www.huffingtonpost.jp/naoko-ishii/italy-earthquake_b_12041844.html

 この3週間は、家をほどんど、あるいは完全に留守にした日も少なくなかったのですが、東京・大阪のラジオ局から、そしてこのハフィントンポストから依頼があったので、できるだけ正確で偏らない状況が伝えられるようにと、できる範囲で、テレビやオンラインのニュースで、地震情報を追ってきました。

 概況を正確に伝え、かつ情報が詳しいニュースをと、テレビでは、主にSkyTG24、Rainews24、Rai3およびTGR(Rai3のウンブリアの地方ニュース)で情報を収集し、インターネットでは、主なイタリア全国向けのオンライン新聞のほか、マルケやウンブリアなどの地方新聞のサイトも参照してきました。全国ニュースではほとんど取り上げられないウンブリアや、マルケのペスカーラ・デル・トロント、アルクワータ以外の被災地の様子や被害状況を知るためです。

 SkyTG24やRainews24は、名前のとおり、毎日ほぼ24時間ニュースを報道していますが、中でも昼12時や13時からの放映は枠が30分ではなく、1時間なので、可能な日は、アイロンがけをしたり洗濯物を干したり、はたまた昼食を取ったりしながら、ニュースを見ていました。発生直後から1週間ほどの間は、わたしが見た日には、ニュースの冒頭から地震情報が始まり、ニュース枠の大半が、各地の被害や救出状況にあてられていました。2週間目からは、ニュースの最初にしばしば別のニュースが入り、地震報道が10~20分と短くなりました。最近では、地震のニュースは5~10分ほどになり、まったく枠がないときもありますが、それでも1時間枠がある前述の24時間ニュースを扱うチャンネルのニュース報道では、最初の20分以内に、地震への言及があることが多い気がします。

 最近は悪天候がイタリアを襲い、テント村の被災者の苦難が増した上に、ノルチャなどでM4近い余震もあり、再び地震や被災地の様子も、ニュースで取り上げられるようになってきました。記事にも書きましたが、一刻も早く、まずは寒さや悪天候、余震を恐れず、安心して過ごせる住宅に、被災者の方が移れることを祈っています。

 デスクトップが使えない状況なので、上に配したハフィントンポスト記事の写真が小さく見にくくなってしまっています。ご了承くださいませ。

*9月19日(追記)

 今夜急にデスクトップが復活したので、パソコンが使えるうちにと、記事の写真を大きいものと差し替えました。

*******************************************************************
Il mio articolo sul Terremoto Centro Italia su Huffingtonpost.jp:
http://www.huffingtonpost.jp/naoko-ishii/italy-earthquake_b_12041844.html
- Grazie mille per le fotografie, Cesare.
- Molti danni e disagi anche in molti paesi dell'Umbria e delle Marche di cui non parlano quasi mai i telegiornali nazionali, da Castelluccio di Norcia a Monteleone di Spoleto, da Amandola a Camerino...
*******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- イタリア中部地震から3週間、現況とこれから / Tre settimane dal Terremoto Centro Italia (15/9/2016)
↑↑ 転載された元の記事です。記事を書く際に参照したイタリア語のオンライン記事やProtezione Civileによる報告へのリンクも付しています。
- イタリア中部地震、震源と被災状況 / Terremoto Centro Italia (24/8/2016)
- 今晩午前1時半頃日本のラジオ深夜放送でイタリア中部地震についてお話します / Interviste sul Terremoto Centro Italia @ Programmi radiofonici giapponesi (1/9/2016)
- イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line 緑満ち心に響くウンブリア 第8回 「イタリア中部地震状況とウンブリアの被害」 (15/9/2015)
↑↑ 記事の掲載は9月15日ですが、わたしが書き上げて原稿を送付したのは9月1日でした。
- 花の海、カステッルッチョ (29/7/2013)
- 奇跡の国ニッポン、ノチェーラ・ウンブラ復旧作業 (4/3/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-17 23:59 | Altro | Trackback | Comments(2)

おしゃべり電話はおかしなバイリンガル、原因は検索言語か

 長い列に並んでくたびれた郵便局とスーパーから戻り、買ったものを片づけて、やれやれと台所に座り込み、必要があって、スマートフォンを使い、グーグルで検索をしました。

 そのまままだ座っていたい気分だったわたしは、ふといたずら心に誘われて、グーグルと電話の音声認識機能を試してみることにしました。

f0234936_534181.jpg

 ところが、どうでしょう。スマートフォンそのものの言語はイタリア語で、グーグルも、画面の上、ロゴの右手に「Cerca」とあることから分かるように、イタリア語版を利用しているというのに、イタリア語で話しても、日本語で認識しようとするのです。

f0234936_5341271.jpg

 山の家があるミジャーナの地名は、略さずに言うと、Migiana di Monte Tezioで、あえて片仮名書きにすると、「ミジャーナ・ディ・モンテ・テッツィオ」なのですが、音声マーク記号を押して、画面に「In ascolto…」(聴いています)と出たとき、このイタリア語の地名を言うと、「メジャーな疑問て適用」など、日本語としては意味不明な、イタリア語の音を、必死で日本語に移したような不思議な言葉が現れます。スマートフォンが、漢字の誤変換よろしく勝手に、電話の設定言語でもグーグルの設定言語でもない日本語を聞き取ろうとするのです。最近はスマートフォンをもっぱらブログの記事を投稿するのに使っていて、投稿やコメント返しなどに、しばしばグーグル日本語入力を用いているので、冒頭の写真のグーグル検索履歴には、このブログのURLも挙がっています。

 イタリア語で何を言っても、この調子でへんてこな日本語に置き換えられてしまうので、あきらめて、今度は日本語で話してみることにしました。「今晩何をしようかな」と言ってみたら、今夜のおかずの参考になりそうなレシピを集めたサイトや、予定が決まっていない休日に行って楽しめそうな場所を紹介するサイトが、検索上位に並んでいたので、びっくりしました。

 おもしろがって、今度は「今日の天気」と言ってみると、なんと「今日のペルージャは…」と、気温や現在の天気を、電話がすらすらと言ってのけるではありませんか。同時に画面には、日本語によるペルージャの今日の天気と気温の説明が、現れました。

 検索窓に打ち込む言葉が、日本語であろうとイタリア語であろうと、表示されるグーグルの画面や言葉はイタリア語のままですし、音声マークのアイコンを押すと、出る言葉は「In ascolto…」(聴いていますよ)とイタリア語で、何も言わないでいると、スマートフォンは、「Se hai appena detto qualcosa, non ho sentito.」、つまり、「今何か言ったばかりだとしたら、わたしには聞こえていませんよ。」とイタリア語で話しかけてきます。

 にも関わらず、携帯電話が、わたしがイタリア語で話しかけても、日本語として理解しょうとするのはなぜなのでしょう。グーグルイタリア語入力にすれば、イタリア語として聞き取ろうとするだろうかと試してみたら、笑えました。

「Oggi è piovuto. (今日は雨が降りました。)」

と言ったら、こともあろうに、「エッチエピソード」というキーワードで検索結果が上がってくるではありませんか。

 スマートフォンやグーグルの音声認識にも、ファジー機能が働いて、少々本来の指令や音とはずれていても、これかなと似たような言葉を、一生懸命考えて探し当ててくるのでしょう。

 これはいったいどうしたことかと、音声検索の使用言語についてグーグルで検索してみて、理由が分かりました。

f0234936_5342841.jpg

 グーグルの検索言語が日本語に設定されていたのです。そうして、音声検索の使用言語には、検索言語が自動的に採用されるために、イタリア語で話しかけても、日本語として解釈しようとするので、おかしな検索結果が表示されていたのでしょう。

f0234936_535777.jpg

 そこで、検索言語を、日本語からイタリア語に変更しました。それから再度、音声マイクのアイコンをクリックし、Migiana di Monte Tezioと話しかけると、あまり知名度の高い地名ではないにも関わらず、一度で正しいつづりの地名を検索した結果が表示されました。

 やれやれ。

********************************************************
Telefono parlante, intelligente ma buffo bilingue

- Attivo la ricerca vocale, parlo in giapponese allo smartphone.
Dico: "今日の天気"(significa 'il tempo di oggi') e il cellulare mi parla, rispondendo in giapponese il tempo e la temperatura di Perugia.
Dico: "Che cosa farò stasera?" e mi elenca i siti di ricette per cena, quelli di attività di tempo libero.
Tuttavia, nonostante che sullo schermo sia scritto in italiano: "In ascolto..." e se non dico niente, il cell mi dice in italiano: "Se hai detto qualcosa, non ho sentito.", stranamente quando parlavo in italiano allo smartphone, esso cercava invano a ricavare parole in lingua giapponese e faceva la ricerca con parole chiave assurde e ridicole.
Per esempio, ho detto in italiano: "Oggi è piovuto" e Google ricerca elenca i siti giapponesi riguardanti a "エッチエピソード" (pronuncia: ecci episoodo): di solito in giapponese non si scrive in questo modo, ma significherebbe 'episodi erotici'...
Dopo diversi tentativi, finalmente ho risolto il problema, cambiando la lingua di ricerca dal giapponese in italiano e ora finalmente il cellulare capisce bene quando gli parlo in italiano.
********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-13 22:37 | Altro | Trackback | Comments(4)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

アッシジ紅葉・ラベンダー園か..
at 2017-10-15 23:12
アドリア海 石の浜辺に北斎の..
at 2017-10-14 23:57
祭り続きの秋のペルージャ、チ..
at 2017-10-13 22:55
ローマめぐり歩き、初めての在..
at 2017-10-12 23:57
明日はローマで在外公館投票、..
at 2017-10-11 23:56

記事ランキング

タグ

(600)
(521)
(332)
(276)
(210)
(189)
(165)
(156)
(147)
(135)
(134)
(119)
(111)
(95)
(90)
(88)
(86)
(68)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさんもアッシジの町..
by milletti_naoko at 00:23
なおこさん、アッシジを訪..
by ayayay0003 at 09:11
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 02:40
アドリア海の小石 私も..
by nonkonogoro at 14:19
アリスさん、バーチチョコ..
by milletti_naoko at 07:45

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク