カテゴリ:Fiori Piante Animali( 297 )

秋咲きシクラメンと山が分かつイタリアの天気

 イタリアでは冬に、イタリア半島を南北に縦断するアッペンニーニ山脈に行く手をはばまれて、アドリア海岸から内陸部のアッペンニーニ山脈付近までは、大雪が降っても、山の西側にあるウンブリアには、雪がまったく降らないということが、しばしばあります。

 昨日から今日にかけても、アッペンニーニ山脈の東側、ロマーニャやマルケ、アブルッツォでは天気が崩れて雨が降るという予報が出ていましたが、山の西側にあるウンブリアのペルージャでは、雨粒がいくつか落ちてきただろうかという程度で終わってしまいました。

 それでも、昨晩から空が曇り、今日は早朝から冷たい北風が吹きつけていたので、わずかですが気温が下がって、今日は過ごしやすかったです。

f0234936_638624.jpg
20/8/2017

そのおかげか、いつだったかこの夏数日だけ、気温が下がって過ごしやすかったときに、真夏だというのに、咲き始めてしまった秋咲きのシクラメンが、猛暑が続いた先週は、いつまで花がもつだろうかと心配していたのですが、今日は驚いたことに花の数が一気に増えて、しかも心なしか花が元気そうに見えました。

 夫は、わたしが水をやるので、雨が時々降る秋と勘違いしているのだろうと言いますし、確かに同じ花壇に植えてある椿のために、日中日が当たりすぎないように、昼間も木が影を落とす場所にあります。ここまで長く咲き続けたら、もう秋になってまた新たに花を咲かせるということもないと思いますので、せっかくですから、秋まで元気でいてほしいものです。

***********************************************************
Già a fine luglio hanno iniziato a fiorire i ciclamini autunnali,

perché c'erano alcuni giorni freschi e piovosi.
Sorprendentemente hanno vinto il gran caldo di agosto,
ora i fiori sono più numerosi e più vigorosi. Foto: 20/8/2017
***********************************************************

関連記事へのリンク
- イタリア各地の天気予報
- 雪山とスキーと英語 (6/2/2016)
- 涼しさと雨に花咲くシクラメン 三日月宿る桃色の雲 (26/7/2017)
- ミジャーナの秋〜 シクラメンの花、ツタの紅葉と実るオリーブ (8-9/10/2016)
- 秋の足音、シクラメンとホオズキ (6/9/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-20 23:46 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(6)

明け方に窓を開ければ

 酷暑が続き、よろい戸と窓を早朝に閉めても、うちの中が暑い日が続いていたペルージャでも、昨晩から少し気温が下がり、若干過ごしやすくなりました。1日のうち最も気温が低いのは早朝なので、最近は、空が明らみ始め、泥棒は入らないであろう朝6時頃に、涼しい空気を屋内に取り込むために、台所以外の窓とよろい戸をすべて開け放しています。

 西向きの窓を開けると、下方には駐車場の屋根が見えるのですが、今週は2度、早朝によろい戸と窓を開けたときに、

f0234936_517269.jpg

それまで屋根の上で気持ちよく眠っていたらしき猫のミミを、起こしてしまいました。わたしが窓を開けた瞬間は、ひどく細い目をして、いったい何が起こったのだろうと、うとうとしつつもきょろきょろしているのですが、しばらくすると、ようやく周囲の状況を把握したらしく、目をしっかり開けて、こちらを見ます。

 そうやって開けた西向きの窓からは、さらに、つい最近までは、

f0234936_5312921.jpg

明け方の西の空に沈みゆく丸い月が、きれいに見えていたので、つい見とれて、カメラを構えたりしていました。

 昨日から今日にかけては、待ちに待った雨が降るという予報が出ていたのですが、

f0234936_5355923.jpg

昨日の朝は、雨の音を聞いて、いよいよ雨かと思えば、こんなふうにパラパラと、ごくわずかに屋根を濡らしただけでした。

 今日も夫の職場があるペルージャ駅周辺では、朝30分ほど雨が降ったらしいのですが、うちではまったく降らず、それでも早朝は雲があったので、涼しいうちに庭やテラスの水やりを済ませました。気温が少し下がったからと、アイロンがけをしたり、ズッキーニの花、ナスのてんぷらやトンカツを揚げていたら、うちの中が暑くなってしまったのは、いくら外の気温が若干下がっても、猛暑が続く間にうちの壁や屋根、屋内にこもった熱は、下がるまでに時間がかかるからです。

 明日は天気予報では、ペルージャで久しぶりに昼過ぎまで雨が降るという予報が出ています。今日の夕方には、夫がミジャーナで収穫した今年初めての畑のトマトを、サラダにして食べました。甘くておいしかったのですが、続く猛暑と水不足のために、あまり育たず小さいままの実もありました。どうか明日こそ、雨が大地を潤してくれますように。

****************************************************************************
In questi giorni quando aprivo la finestra verso ovest verso le sei di mattina, vedevo la gatta Mimi assonnata sul tetto del parcheggio e una bellissima luna rotonda nel cielo dell'alba.
****************************************************************************

関連記事へのリンク
- イタリア各地の天気予報
- イタリア猛暑を乗り切るための黄金律十か条

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-08-11 22:49 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

野生ブラックベリーの花・青い実と山で迷子、トスカーナ

 今日はトスカーナのアッペンニーニ山脈を歩きました。

f0234936_5275443.jpg

 野生のブラックベリーは、黒々と熟す頃に摘んで食べるとおいしいのですが、まだ夏の盛りなので、見かけたブラックベリーには、まだ花やつぼみがあるものが多く、実はどれもまだ緑色をしていました。これから少しずつ、このまだ青い実が、まずはルビーのような赤に、そして黒へと変わっていくはずです。初秋にそういう色とりどりのブラックベリーの実を見るのは楽しく、また赤い色のときはことさらにきれいなのですが、こういう淡い緑色もきれいだなと思いました。

f0234936_5494731.jpg

 今日歩いたのは、トスカーナ州アレッツォ県のバーディア・テダルダ(Badia Tedalda)の山です。 美しい滝や小川、ブナのみごとな巨木があるので、数年前まではしばしば歩いていました。今日は本当に久しぶりに、ブナの巨木を目指して山を登る予定だったのですが、夫は帽子を、わたしはカメラをうちに忘れてしまいました。巨木への道は途中からは日かげがほとんどなく、今日は晴天の暑い日になることが予想されていたため、途中で予定を変更して、森の木々の間を通り、小さな渓流をさかのぼることにしました。そして、昼食のパニーノは、川原でその渓流を眺めながら食べました。

f0234936_5532920.jpg

 ところが、夏で雨が降らないためもあってか、しばらく山を登ると、川床がすっかり乾いてしまっています。そこで、当初の予定どおりブナの巨木を訪ねることにしたのですが、トレッキング・コースからそれたところまで引き返すと、山をかなり下ってから、再び登らなければいけません。そこで、巨木へのトレッキング・コースがほぼ同じ高さを通る地点を目指し、夫の記憶と方向感覚に頼って、歩き始めました。

f0234936_5303612.jpg

 本来のトレッキング・コースでは、この写真の崩れ落ちた家の脇を通って山を登り、右に曲がって巨木を目指し、さらに山を登るのですが、今日は、夫の後について、本来のトレッキング・コースへの近道とばかりに、日当たりのよすぎるほどの急な斜面をしばらく登り、トレッキング・コースに、なんとか無事にたどり着くことができました。

 ただ、すでに日当たりのいい急な斜面を登って疲れたため、途中で、巨木に行く代わりに、夫が覚えていた給水場と古い家を訪ねることにして、写真に写った家の近くまで道を下り、写真では見えないのですが、写真の右手にある、右の方へと進む小道を歩き始めました。

f0234936_5554014.jpg

 昔何度も通った、慣れた道なので、地図がなくても大丈夫だろうと思っていたのですが、イタリア山岳クラブ、CAIのトレッキング・コースを示す赤と白の印こそあるものの、場所の名前や方向、所要時間を書いた道案内の標示がいっさいありません。

 その上、行きは巨木を目指すトレッキング・コースからそれて小川をさかのぼり、帰りも来た道とは違う給水場から山を下ったために、山を下りて川を渡ったあとに、車を置いた場所まで登らなければいけなかったのに、夫より先を進んでいたわたしは、うっかり別の道を登ってしまいました。かなり登ってから、本来わたしたちが着かなければいけない場所が遠くに見えたので、道を間違えたことに気づき、夫に電話すると、もうすでに車に着いたとのことです。電話で聞いた説明に従って、再び川まで山を下ってから、別の道を通って山を登りました。

f0234936_65416.jpg

 小川に沿って歩く、木かげもあるトレッキング・コースだったのですが、高いところまで登ると、また本来行くべき方向にある民家が遠くに見えます。

 そのため、再び道を下って川まで行き、もう一度夫に尋ね、今度は正しい道を通り、ようやく車に戻ることができました。暑い上に疲れていたので、夫を待たずに、勢いに乗って先を歩こう、登ろうとしたのですが、おかげでしばらくひどく不安な思いをし、余分に歩くことになりました。慣れたつもりの道でも、やはり地図を持たなければいけないと反省しました。無事に道が見つかって本当によかったです。

**********************************************************************************
Fiori & frutti ancora verdi di rovo trovati mentre camminavamo ieri a Badia Tedalda.

Sorprendentemente ancora ci sono i fiori e le farfalle.
Purtroppo ho dimenticato la macchina fotografica a casa e mi sono dovuta arrangiare con il cellulare.
**********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-07-29 23:11 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(6)

涼しさと雨に花咲くシクラメン 三日月宿る桃色の雲

 この数日ペルージャでは雨が降り、気温が下がって、朝晩肌寒く感じるような日が続いたためでしょうか。 数年前、夫がミジャーナの自生のシクラメンの球根を、ペルージャの庭に植え替えて以来、毎年秋には、そのシクラメンが咲いていたのですが、

f0234936_5162482.jpg
26/7/2017

今日ふと気づくと、なんとその秋咲きのシクラメン(ciclamino)が、まだ夏の盛りだと言うのに、2輪咲いているではありませんか。昨年は咲いているのを見つけたのが、9月6日でした。このところ涼しいので、花が秋だと勘違いしたのでしょうか。

f0234936_15392670.jpg

 鉢をテラスの日照時間が最も長い場所に置いているためでもあるのですが、猛暑のためにすっかり枯れてしまっていたナデシコ(garofanino)が、今はすっかり元気を取り戻して、見るたびに花の数が増えています。

 明日からはまた気温が上がり、雨が降らぬ日が続き、来週は酷暑で、最高気温が毎日34〜36度との予報が出ています。遠い先の予報は変わる可能性があるとは言え、シクラメンとナデシコの花が楽しめるのは、今のうちでしょう。ナデシコの鉢は大きくてあまりにも重いので、わたしには動かせず、夫は日当たりのいいところに置いておきたいようなのです。

f0234936_1543643.jpg

 ホオズキ(alchechengi)は、少しずつ赤らみ、もう秋への準備を始めています。

f0234936_630483.jpg

 今日の夕食後、窓の外を見やると、ほっそりと白い美しい月が、ピンクの雲の中で輝いています。

f0234936_6352788.jpg

 我が家の西には小高い丘があるため、月の入りや日の入りの時刻のずっと前に、月も日も丘の向こうに隠れてしまいます。今日は昨日よりもさらに、日没後月が沈むまでの時間が長いおかげで、月がまだ丘の上にあったのです。きれいな桃色の雲は、少しずつ赤みを失い、薄紫に、そして灰色にと、色が変わっていきました。

*追記(7月26日23:41)
 今、投稿した記事を確認したら、ブログの記事用に写真を取り込む元となるマックブックのデスクトップでは、きちんと縦向きになっている写真2枚が、ブログ上では、左に90度回転してしまっています。どうすれば元に戻せるのか、翌日に解決することにして、とりあえず今夜は就寝します。おやすみなさいませ。

*****************************************************
Fioriti i ciclamini autunnali nel nostro giardino,

avranno pensato che fosse arrivato già l'autunno
per le piogge e il fresco degli ultimi giorni.
Di nuovo in fiore i garofanini che erano tutti appassiti,
i lamipioncini di alchechengi in bel colore arancione,
nel cielo rosa la bella luna crescente.
Dicono che tornerà il caldo torrido,
ma qui ancora per ora un respiro di sollievo
per noi e per il giardino. 26/7/2017
*****************************************************

*追記(7月27日8:47)
 急場をしのぐために、とりあえずマックブックのデスクトップの写真をグーグル・フォトに取り込み、その写真をブログ用に使うことで、写真を縦向きに戻しました。

関連記事へのリンク
- ミジャーナの秋〜 シクラメンの花、ツタの紅葉と実るオリーブ
- 秋の足音、シクラメンとホオズキ

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-07-26 23:38 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

畑の彩り夏野菜とアーティチョークの花

 畑のトマトが、ようやく赤く熟し始めました。ペルージャの我が家では、ズッキーニやナス、ピーマンは、すでに6月の間から収穫して食べることができていたのですが、トマトが赤く色づき始めたのは、ようやく7月に入ってからです。

f0234936_18354973.jpg

 昨夏収穫したトマト(pomodoro)で作った保存用のトマトソースは、とうにすべて使い終わってしまい、最近は市販のトマトソースを使っていたこともあり、ほっとしています。

 これは義父が世話をするトマトの話で、夫が種から育てて植えたトマトの苗は、植え替える時期が遅かったので、まだまだ青く小さいため、赤くなるのはまだかなり先のようです。

f0234936_18462259.jpg

 朝早く起きて畑に行くと、まだズッキーニの花が咲いていたので、収穫しました。ズッキーニ(zucchina)の実は、義父母は、かなり大きく太く育ってから摘んで、料理して食べています。直径が4~6㎝、長さは30㎝もあろうかというほど大きくなるまで、収穫を待つのですが、二人によると、そこまで大きくならないと、ズッキーニらしい味がしないとのことです。わたしと夫は、そこまで育つと、若干ではありますが苦みがあるように思うこともあり、イタリアの店頭で売られているズッキーニよりは一回り大きいけれども、義父母が収穫するよりは二回り小さい頃に収穫しています。

 もちろん、大きく育つまで待てば、一本で食べられる量が数倍になるのですが、夏は毎日ズッキーニがいくつも収穫できて、手を変え品を変え調理しても、まだズッキーニがあるという状況であることが多いので、小さいうちに収穫したからと言って、食べられるズッキーニがなくなるわけではないので、安心です。

f0234936_18543299.jpg

 イタリア語ではカルチョーフォ(carciofo)、日本ではアーティチョークの名で知られる野菜は、花がまだつぼみのうちに食べるのですが、摘み残されて、花が咲いたアーティチョークが何輪かあって、きれいでした。

 ふだんはイタリア時間で投稿しているのですが、昨日はエキサイトブログのメンテナンスのために、午後投稿ができなかったため、それでも昨日付で投稿したいと、今イタリアでは正午近いのですが、現在唯一まだ7月17日月曜日であるホノルルの時間で投稿します。

********************************************
Finalmente rossi,
cominciano a maturare i pomodori nell'orto

ornato da alcuni fiori di carciofo.
Stasera la frittata ai pomodori
con i pomodori freschi del nostro orto e
le uova delle nostre galline,
uno dei piatti preferiti del mio maritino :-)
********************************************

参照リンク
 時差や現地時刻を調べるのに便利なサイトが見つかりましたので、自分のための今後の覚書として、リンクを付しておきます。どなたかのお役に立てば。
- worldtimezone.com - World Time Zone Map with current time (24 HOUR FORMAT)
- timeanddate.com - The World Clock — Worldwide

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-07-17 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

レタスの中からスズメバチ2017

 今朝は学校で会があったので、朝早く起きて、まだ涼しいうちに、庭とテラスの花に水をやり、畑にサニーレタスを取りに行って、持ち帰ったレタスをすぐに洗おうとしました。経験的に、すぐに1枚1枚葉をはがし、洗って水を切った状態で冷蔵庫に入れた方が長持ちすることを知っているからです。

 ところが、台所で大きめの鍋に水を入れ、レタスの葉をはがしていたら、中に数匹スズメバチ(vespa)がいるではありませんか。あまりにも暑いので、涼しい場所を探していて、レタスの葉の間が一番いいと考えたのでしょう。まだ眠っているふうだったので、蜂が2、3匹くっついた葉を、テラスに持って出て、蜂たちを振り落としました。

f0234936_5572159.jpg

 そうこうしているうちに、別のレタスの葉の間にいたであろうスズメバチが目を覚ましたのか、わたしが洗おうとしているレタスの上を歩き始めました。

f0234936_643481.jpg

 そうっとしておけば、わたしに危害を与えることはないだろうと知っているので、しばらくは、そのうち外へと飛び去ってくれることを願いながら、スズメバチたちが、レタスの上や中を徘徊し、冒険する様子を、じっと眺めていたのですが、どうにもレタスから離れる気配がありません。身じたくをして出かけなければいけなかったので、蜂から離れたところに水を注いだりして、何とか蜂たちを追い払うのに成功しました。

 わたしたちが暮らす二世代住宅は、ペルージャ郊外にあり、オリーブなど、緑の木々に囲まれ、自然が豊かなのはありがたいのですが、こんなふうに、レタスの中にスズメバチがいたり、階段でゲジゲジを見かけたり、寝室の壁にサソリを見つけたりすることが、まれにあります。

 虫は幼い頃から苦手で、今もまだ苦手なのですが、必要に駆られて、肝が太くなりました。

***********************************************
Soffrono il caldo anche le vespe,

cercano il fresco tra le foglie delle insalate dell'orto.
Stamattina presto ne ho raccolte due,
alcune vespe ancora dormivano tra le foglie.
Dopo che le ho svegliate,
continuavano a camminare mezze addormentate.
***********************************************

関連記事へのリンク
- レタスの中からスズメバチ、夏野菜の花と実 (23/8/2011)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-07-11 23:16 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(7)

香る花・自然の力を浴びる朝、6月24日は聖ヨハネの水

 6月24日は、カトリック教で、洗礼者ヨハネ(Giovanni Battista)を記念する日です。洗礼者ヨハネを守護聖人とする町は、フィレンツェをはじめ、イタリア各地にあり、今日はそうした各地で、聖ヨハネの日(Giorno di San Giovanni)を祝う祭りが行われます。

 また、聖ヨハネの日である6月24日が、ちょうど夏至の頃、太陽の力が最も強い頃にあたるからでしょうか。この日の前夜から朝にかけて、イタリア各地で、草花を浸した水や草花の夜露を体に浴びる習慣があります。ウンブリアでは、前夜から草花を水に浸し、一晩中外に置いておき、花の香りがいっぱいに漂い、またエネルギーに満ちたその水で、顔を洗う慣習があり、夫も幼い頃ずっとそうしていたそうです。また、ロマーニャでは、前夜に草花を濡らす夜露を体に浴びる慣習があると、友人から聞きました。詳しくは、2014年6月(ただしFBでの共有は2015年)の以下の記事をご覧ください。



 また、ラッツィオ州のコッレパルド、わたしたちが2015年に薬草学講座に通った村では、大きなかがり火がたかれ、音楽が奏でられ、盛大な祭りが催されます。この聖ヨハネの日前夜の祭りは、古くはおそらくヨーロッパ全土で行われ、夏至、1日で最も夜が短いその日の晩に、その年の農業の豊作を祈って、太陽に捧げる祭りであったのだろうと、次のコッレパルドの聖ヨハネ前夜祭を語る映像の中に、説明があります。



 というわけで、昨晩は夫がミジャーナに泊まったため、わたしが花を集めて、聖ヨハネの水(acqua di San Giovanni)を用意しました。

f0234936_6374829.jpg
24/6/2017

 ラベンダー(lavanda)ジャスミン(gelsomino)のように香りのいい花をはじめ、色とりどりの花を一晩浸しておいて、今朝その水で顔を洗うと、それはいい香りがしました。一晩浸して、その鉢を外に置いておくのは、月の光が花の力を引き出してくれるからだそうです。実は昨晩は、新月(luna nuova)だったのですが、月は夜空にあったわけで、同様に効力があることを祈っています。

 この聖ヨハネの水のおかげか、今日はミジャーナから戻った夫と遅くに目的地を決めたにも関わらず、おいしい昼食を食べ、静かで涼しい山を歩き、それは美しい古い教会をたまたま訪ねることができ、さらにトラジメーノ湖の美しい夕焼けを見ることができて、それは充実したうれしい1日になりました。ありがたいことです。帰宅が午後10時と遅くなってしまいましたが、少しずつお返事やお礼をしていくつもりでいます。

*********************************************************
L'Acqua di San Giovanni piena del profumo, dei fiori e dei benefici dall'Umbria al Giappone, al Canada, quindi nel mondo :-)

- Dal 2014 mio marito ha ripreso l'abitudine - la sua famiglia la praticava quando era piccolo - di preparare l'Acqua di San Giovanni nella notte del 23 giugno e di lavarsi il viso la mattina del 24 giugno con l'acqua profumata dei fiori e piena dei loro benefici. Anche questo anno ho preparato l'Acqua di San Giovanni, ne ho scritto sul blog e allora una mia amica, blogger giapponese che vive in Canada l'ha provata e ne ha scritto un articolo e poi gli altri suoi amici giapponesi e anche i miei amici, lettori giapponesi la stanno provando...
- E' bella la diffusione del costume tradizionale così importante e bello :-)
*********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-24 23:48 | Fiori Piante Animali | Comments(6)

パソコンも猫も暑さにばてる夏、イタリア

 今夜ニュースを見ていたら、週末もほぼイタリア全国で酷暑となるという天気予報が出ていて、土日に最も暑い町の名が挙がっていたのですが、ペルージャは両日とも、イタリアで一番暑い町の一つになっていました。他の都市はどうかと、こちらのページでさっと調べると、フィレンツェやローマ、ベネチアも同様に暑くなるという予報が出ていますが、主な観光都市では、北にあるミラノが、土日とも最高気温が36度と予想され、最も暑くなるようだと知って、驚きました。

 ニュースではまた、ローマやトスカーナでの水不足が深刻である旨を伝えていて、ローマでは市民の飲料水・生活用水としても使われるブラッチャーノ湖の水位が下がり、トスカーナではおととしのように海水の温度が急上昇して多くの魚が死んでしまう事態が起こってはいけないと危惧する様子が伝えられていました。

 水不足はウンブリアでも深刻なはずで、トラジメーノ湖もかなり水位が下がり、雨が降らずに太陽がさんさんと降り注ぐ日が続くため、義父は畑、わたしは庭、夫はミジャーナの果樹や花・畑の水やりに追われているのですが、こういう日が続けばウンブリアでも、飲用水確保のために、そういう水の使用を禁ずる通達が来るかもしれません。

f0234936_773291.jpg

 我が家のミミも、猛暑が続くためかひどくつらそうです。昨年は夏になって毛が抜ける上に白っぽくなったので心配したのですが、秋になればまた毛が赤くなりふさふさすることが分かったので、今年は安心しています。

 夫はこの週末、リミニの海辺に住む友人を訪ねようと言っていたのですが、おとといだったかその友人から、テッツィオ山に夜テントを立てて寝ようという提案があったそうで、結局週末どうすることになるのか、まだ未定です。この記事を書いている途中、何度も画面が凍結しかけたり、実際に凍結したりしました。暑さにはパソコンも弱く、夏はこういう事態が昨年も時々発生しました。と言うわけで、夜になって窓を開けて空気を入れ替えても、室内温度が28度である状況では、パソコンがまたいつ休眠しないとも限りませんので、今夜はここで、筆ならぬキーボードを置いておきます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-23 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

バラ咲きブドウ育つ庭、ペルージャ

 人にも元気な日と疲れた日があるように、花にも勢いがあるときと弱っているときがあるもので、今週の日曜には照りつける太陽と水不足で弱りきっていたバラも、先週の日曜には、それはきれいに咲いていました。

f0234936_5525023.jpg
28/5/2017

 特にこのバラは、1週間前には、色も姿もそれはきれいで、うっとりしながら眺めて、写真を撮りました。

f0234936_556352.jpg

 一方、家の入口に植えたこちらのバラは、おとといの方が咲いている花がずっと多かったのですが、8日前には、おもしろい不思議な花が一輪ありました。

 手前の花をご覧ください。本来一輪の花がさくべきところに、二輪の花が押し合うようにして咲いているように見えます。双子の花だったのでしょうか。

f0234936_5595989.jpg

 手前に見えるのは、まだまだ小さいブドウの実です。

 のんびりのんびりとですが、こちらの山の家の改築作業は、今も少しずつ進んでいます。家の窓やガラスのドアからの泥棒の侵入を防ぐための鉄格子は、もうずいぶん前に鍛冶屋に頼んでいたのが、つい最近になってようやくできて、先月、取りつけが終わりました。泥棒が入る前に、無事取りつけることができて、ほっとしています。デザインは、夫とわたしで選んだのですが、色は夫が選んだのだと思います。オリーブの葉を思わせる優しい淡い緑がきれいで、家や周囲の風景にも溶け込んでいていいなと思いました。

*******************************************
Fioriscono le belle rose
, maturano le ciliegie e
già ci sono piccolissimi chicchi d'uva.
Per la prima volta ho visto
i due fiori di rosa che crescono dall'unico peduncolo.
Migiana di Monte Tezio, 28/5/2017
*******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-06 23:06 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(10)

イタリア花粉症警報とオリーブの花

 昨日の夕方、テッツィオ山(Monte Tezio)にあるオリーブ園を訪ねると、オリーブの小さな花が咲き始めていました。ミジャーナに向かってテッツィオ山を車で登る途中にも、一面がエニシダ(ginestra)の金色の花に覆われている部分があり、ナデシコやスイカズラなど、野の花がきれいに咲いています。

f0234936_23205969.jpg
Fiori di olivo & oliveto, in fondo il Monte Tezio ornato dai fiori di ginestra, Migiana di Monte Tezio (PG) 4/6/2017

 ペルージャでも、ミジャーナでも、うちの周囲には、オリーブや糸杉、松などさまざまな木があり、どの木や花の花粉が原因とは分からないのですが、この1週間ほど、花粉症(allergia ai pollini)の症状がひどく悪化して、困っています。今年は先月までは、知人・友人の症状がひどいときでも、わたしは例年に比べて症状が軽かったため、薬草療法が功を奏したのかと思っていたのですが、もう時期が過ぎたかと考えていた5月末に入ってから、これまでのところは今年で一番花粉症の症状が重い時期が始まりました。

 イタリアにおける花粉の飛散量や花粉症警報は、さまざまなサイトごとにかなり差があり、ウンブリアでは今、ほとんど花粉がなく過ごしやすいという予報を出し続けているサイトさえあります。ただ、そろそろ観光の季節が始まり、日本からイタリアに、あるいはイタリアの都市部から山や地方に旅行をされる方も多いかと思われますので、花粉症の方は、用心のために、イタリア旅行中にもふだんお使いの花粉症対策の薬や用品などを携帯することをお勧めします。

 そして、花粉が飛んでいなければそれに越したことはないけれども、準備なしに、結膜炎や鼻水・微熱に悩まされながら旅行することになっては、せっかくの旅の楽しみが損なわれますので、花粉飛散情報源としては、今ウンブリアで何かの花粉が大量に飛散していることを的確に表している、こちらの地図を参考にすることを、お勧めします。

f0234936_23594644.jpg
https://www.3bmeteo.com/meteo/italia/pollini

 予報では、赤いマークは、花粉(pollini)の空中密度が高いこと、オレンジ色は中程度であること、黄色は低いことを表していると、引用したページの下方に説明があります。

 夫は土曜日、スペッロのバラ祭りのあと、アッシジを訪ねようと言い、昨日も、昼食後まだ日の高いうちにミジャーナに行こうと言っていたのですが、わたしは花粉症の症状がひどかったため、午後4~5時まではうちで過ごして、外出するなら、そのあとにしたいと言いました。と言うのも、以前もブログの記事に書きましたが、イタリアの花粉対策情報をいろいろ調べてみて、朝9時から午後4時までの花粉の飛散量が多いと分かったからです。午後5時頃までは外出を避けたいのは、冬時間の午後4時は夏時間では午後5時に当たるからです。ちなみにわたしは、血圧が低いので猛暑に弱く、また肌にシミができやすいため皮膚科医にも日中に炎天下に長くいることを避けるように言われてもいます。夫と山を登ったりすると、そうは言ってもそういう時間にちょうどお日さまの下に長くいることになりはするのですが。

 旅行中にはできるだけおいしいものを食べたいところではありますが、どうしても花粉症がつらいときは、以下のような食品を控えたり、量を減らしたりすると、アレルギー症状が緩和されると、イタリア語のオンライン記事で読んだことがあり、また、アレルギーがひどくて病院に行った義弟の奥さんが医師から告げられた食事療法と共通することも多いので、参考にしてください。

・牛乳および乳製品
・サルシッチャやサラミ、モルタデッラ、コッパ、ザンポーニ、ウィンナーなど。イタリア語でinsaccatiと呼ばれる、豚のひき肉を腸詰めして作った食品。
・白砂糖
・アルコール
・揚げ物

 わたし自身、花粉症がひどいときは、できるだけこうした食品を避けるようにしているのですが、たとえば昨日など、日曜の大家族での昼食で、ティラミスを食べ、ほんの二口ではありましたがズッキーニの実と花の天ぷらを食べたために、夕方水やりをしながら、花粉症の症状がひどかったなど、こうした食品を取ることで、症状が悪化することは、身をもって学んでいます。

 先週月曜日だったか、英語を教えに行った帰りに、立ち寄った薬草専門店とバールで、「ひどく暑いですね。」と言ったら、どちらの店でも、「とんでもなく暑いけれど、わたしはこういう夏らしい夏が好きなんです。」と、お店の人が答えていて、驚きました。太陽が輝く暑い夏が好きなイタリアの人が多いことを、つい忘れていました。そうかと思うと、数日後、わたしのうちに個人授業で日本語を学びに来た若者は、「ぼくも暑いのと夏は苦手で、春や秋の方が好きです。」と言っていました。ちなみに、若者も現在花粉症にひどく苦しんでいるそうで、数年前に医者で調べたら、なんとオリーブの花粉にも反応するそうです。イトスギ(cipresso)に松(pino)、オリーブ(olivo)と、この時期花粉の飛散量が多い木々は少なくありません。(下記二つ目のリンク先記事参照)雨がまったく降らない日が続いているために、花粉症の身にはつらいのですが、花粉症を患う人にとっても、野山の木々や植物、畑の野菜にとっても、雨が降ってほしい今日この頃です。

関連記事へのリンク
- ポプラの綿毛と花粉症~アレルゲンではないけれど (30/5/2015)
- 花粉情報、イタリア&ウンブリア (13/3/2012)
- 負けるな花粉症 (25/3/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-06-05 17:46 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(0)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

風情ある湖畔の村でコンサート..
at 2017-08-22 23:57
悩んだ末にPostemobi..
at 2017-08-21 23:54
秋咲きシクラメンと山が分かつ..
at 2017-08-20 23:46
シビッリーニ山脈 ロトンド山..
at 2017-08-19 23:57
花の絵彩る中世の町 スペッロ..
at 2017-08-18 23:28

記事ランキング

タグ

(582)
(510)
(313)
(270)
(208)
(186)
(161)
(155)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、夏はイタリア..
by milletti_naoko at 01:15
まほろばさん、こんにちは..
by milletti_naoko at 01:11
なおこさん、夏のイベント..
by ayayay0003 at 19:35
naokoさん、こんばん..
by mahoroba-diary at 19:35
coimbraさん、こん..
by milletti_naoko at 15:56

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク