カテゴリ:Lazio( 28 )

冬の森彩る花と赤い実たち、トッレ・アルフィーナ

 木の葉が落ち、緑の苔むす石に覆われた冬の森を散歩していて、目ざとい夫が春の兆しを見つけました。マツユキソウ(bucaneve)の深緑色の葉が、枯葉の間から姿を現し、

f0234936_3161140.jpg
Bucaneve, Bosco del Sasseto, Acquapendente 28/1/2017

小さい純白の花のつぼみが育って、地面の上に顔を出そうとしています。

f0234936_3204598.jpg

 よく夫と森を歩くおかげで、自生のシクラメン(ciclamino)の葉も、花が咲く前から、見て分かるようになりました。イタリアの野山には、春咲きのシクラメンと秋咲きのシクラメンがあるのですが、「今から葉が出ているから、早春に花が咲くと思うよ。」と、夫が言います。

f0234936_325404.jpg

 1月末の森で、土曜日にわたしたちが咲いているのを見かけた唯一の花は、クリスマスローズ属のヘレボルス(elleboro)です。最初に見つけた花は、ひっそりと隠れるように咲いていたのですが、後で道に迷い込んでからは、群れて咲いているところも通りかかりました。

 この写真の花や土曜日の記事でご紹介した花のように、星型をした薄緑色の花がほとんどだったのですが、

f0234936_3312194.jpg

ごくわずかながら、こういうへレボルスにも出会いました。

f0234936_334528.jpg

 木も石も苔に覆われた緑の森を、

f0234936_3373818.jpg

セイヨウヒイラギ(agrifoglio)

f0234936_3475064.jpg

ナギイカダ(pungitopo)の赤い実が彩っています。ナギイカダは、イタリア中部の森でよく見かける小低木で、イタリア語名は知っていたのですが、日本語名は、今記事を書くにあたって辞書で調べて、初めて知りました。固い葉の先がとがっているために、特に夏、半ズボンやスカートで森を歩くと、ナギイカダの葉の先が足にあたって痛いときがあり、動詞pungere、「突き刺す」と名詞、topo「ネズミ」の合成語で、あえて直訳すると「ネズミ刺し」となるイタリア語名は、この植物の葉のそういう性質からつけられたのではないかと思います。

f0234936_357536.jpg

 名前が分からないこの木の実も、きれいな赤い色をしています。

f0234936_425699.jpg

 森では、キノコ(fungo)も時々見かけました。年輪のような模様がきれいなこのキノコは、まさに「木の子」どものようです。

f0234936_4213235.jpg

 珍しい赤いキノコも苔の間に育っていました。

f0234936_4333815.jpg

 この森、Bosco del Sassetoには、トキワガシ(leccio)の木が多いのですが、まれに、この写真の中央に見えるような幹が白っぽいブナ(faggio)の木もあって、夫が珍しがっていました。ブナは標高の高い涼しいところ、トキワガシは暖かいところを好むからだそうです。

 ラッツィオ州ヴィテルボ県にありながら、3州の州境近くにあるために、ウンブリア州のオルヴィエートからも、トスカーナ州のオルチャ渓谷からも近く、ペルージャから車で約1時間半で行ける場所に、散歩が楽しい美しい森が見つかって、うれしいです。

******************************************************
Nel bosco d'inverno il bucaneve sta per fiorire,
i ciclamini hanno preparato le loro foglie,
si stanno aprendo i fiori di elleboro a forma di stella.
Regna il verde degli alberi e del muschio,
ma di qua e di là si trovano i gioielli rossi,
bacche di agrifoglio, pungitopo e un funghetto simpatico.
@ Bosco del sasseto, Torre Alfina, Acquapendente (VT) 28/1/2017
******************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- いつか来た村見たお城、トッレ・アルフィーナ (18/4/2015)
- 美しき森で初ヘレボルス・屋根から手が出る足が出る、トッレ・アルフィーナ (29/1/2017)
- 城みどり散歩楽しいトッレ・アルフィーナ (30/1/2017)
- 緑生き生きBosco del Sasseto、トッレ・アルフィーナ (31/1/2017)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-02-01 20:44 | Lazio | Comments(8)

城みどり散歩楽しいトッレ・アルフィーナ

イタリアで最も美しい村の一つ、トッレ・アルフィーナの町並みが並ぶ丘のてっぺんには、同名の城、トッレ・アルフィーナ城(Castelo di Torre Alfina)があります。

f0234936_871535.jpg
Torre Alfina, Acquapendente (VT) 28/1/2017

 先週土曜日は閉まっていて、訪ねることができなかったのですが、2015年に城を訪れたとき、たまたま結婚式の披露宴の準備中で、庭には入れて、庭から城の写真を撮ることができました。興味のある方は下記リンクから、その記事をご覧ください。

 まだ冬の盛りですが、葉のない木の枝に、たくさん芽が育っていて、自然は少しずつ春に備えて準備をしているのだなと、思いました。

f0234936_8151610.jpg

 入り口の門にも風情があります。この左手の壁の下方に、緑の木々と苔むす石・岩の美しい森、Bosco del Sassetoが広がっていて、わたしと夫が村で一番魅かれるのは、この自然の豊かな森です。

f0234936_8191716.jpg

 最近イタリアでは、出かけた先の町で、木製の荷役台、パレットを再利用して、椅子やテーブルなどとして活用しているのをよく見かけます。トッレ・アルフィーナでも、こんなふうに色を塗って、鉢を置いてあり、色遣いがいいなと思いました。

f0234936_825921.jpg

 昨日ご紹介した屋根から手や足が飛び出す家のほかにも、階段を下りていたら、こんなふうに仲睦まじく寄り添う男女の像があったりして、すてきです。後方の灰色の壁には、この角度からでは分かりにくいのですが、よろい窓の間からのぞく大きな目が描かれています。(2015年の記事参照)

 1月末は閑散期だからか、町はずれのレストランは閉まっていたため、昼食はバールのサンドイッチで済ませました。土曜は、冬は日が短いので、早く森を散歩しようと、町は足早に訪ねたのですが、またいつかお城もゆっくり訪問してみたいです。

********************************************************
Siamo ancora in inverno, ma ci sono già tante gemme sugli alberi.
Che crescano le gemme di pace e di eguaglianza
nonostante il clima rigido e ostile.
Foto: Castello di Torre Alfina & rami spogli con gemme 28/1/2017
********************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- いつか来た村見たお城、トッレ・アルフィーナ (18/4/2015)
- 美しき森で初ヘレボルス・屋根から手が出る足が出る、トッレ・アルフィーナ (29/1/2017)
- 緑生き生きBosco del Sasseto、トッレ・アルフィーナ (31/1/2017)

参照リンク / Riferimenti web
- I Borghi più belli d'Italia - Torre Alfina
- Castello di Torre Alfina - HOME

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-01-30 23:59 | Lazio | Comments(2)

美しき森で初ヘレボルス・屋根から手が出る足が出る、トッレ・アルフィーナ

 昨日、土曜日は、今年初めて、森の中で自生のヘレボルス(elleboro)に出会いました。

f0234936_8251130.jpg
Fiori di elleboro selvatico, Bosco del Sasseto,
Torre Alfina, Acquapendente (VT) 28/1/2017

 場所は、ウンブリア・トスカーナ・ラッツィオの3州の州境に近い、ラッツィオ州ヴィテルボ県の森です。

f0234936_8334189.jpg

 苔むした緑色の美しい、大小の岩や石(sasso)が多いためでしょう、森の名前は、Bosco del Sassetoで、名前を訳すと、「岩の多い森、石に覆われた森」となります。

f0234936_8393813.jpg
Torre Alfina, Acquapendente (VT) 28/1/2017

 この森は、この屋根から両足や手が出る不思議な家のある町、トッレ・アルフィーナの城のすぐ裏手から下方へと広がっています。最近も夫と二人、何かがきっかけでこの町を訪ねて、この森を散歩したことがあるのですが、金曜日の晩に、土曜はどこへ行こうかという話をしていて、ふと夫が「ゴシック式の墓があるラッツィオ州の森を歩きたい」と言い出したのです。なんとそれだけのキーワードでインターネットで検索しても、ちゃんとその森の場所が分かり、昨日は再びこの町と森へと向かいました。実は、わたしたちは、この町をずっと以前、フランコ、サブりーナなど、エミリア・ロマーニャの友人たちとも訪ねたはずで、夕方皆で散歩したときの記憶が、わたしにも夫にもあるのですが、いつどうしてまたこんなところを通りかかったのか、それはなぞです。

f0234936_8464765.jpg

 散歩中、初めて出会ったのが、冒頭の写真の花なのですが、首を垂れて、地面の方を向いて咲くために、花をきれいに撮るのが大変でした。最初はたまにしか見かけなかったのですが、森を通って帰ろうと言う夫の後について行ったら、すっかり道に迷ってしまい、ひどく歩きにくい場所を長い間歩くことになったのですが、そうして迷い始めてからは、かえってかなりたくさんのへレボルスの花に出会いました。ただ、迷う前も迷ってからも、夫がずんずん歩いて行くので、きれいに写真が撮れたのは、ほんの数枚です。

 途中で、もう一人道に迷った女性に出会い、夫がこうだと思う方向へと歩いてみて、ようやくトレッキング・コースに戻れたときには、ほっとしました。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- いつか来た村見たお城、トッレ・アルフィーナ (18/4/2015)
- 城みどり散歩楽しいトッレ・アルフィーナ (30/1/2017)
- 緑生き生きBosco del Sasseto、トッレ・アルフィーナ (31/1/2017)

******************************************************************
Nel bellissimo Bosco del Sasseto di Torre Alfina, abbiamo incontrato i fiori di elleboro selvatico.

A Torre Alfina dal tetto spuntano le gambe e una mano! 28/1/2017
******************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2017-01-29 23:16 | Lazio | Comments(4)

ローマとカモメとテベレ川@サンタンジェロ城

 土曜の夕方イタリアに、そうして昨晩ペルージャの我が家に、無事到着しました。パリからローマには土曜に飛行機で戻ったのですが、その飛行機の到着時刻が微妙で、ペルージャ行きの電車の最終便に間に合うかどうか分からず、たとえ乗れたとしても、帰宅が真夜中になるため、夫と話し合って、ローマに一泊することに決めていたのです。立地から便利そうだと選んだB&Bは、アパート住まいの学生が、家主に頼まれて、空き部屋を旅行者に貸し出すといった風の宿で、朝食もなく日中荷物も預けられず、しかも、その学生がなんと午後11時半に洗濯機を回し始めるというとんでもないところでした。幸い、夫がもう眠ろうとしているのでと言ったら、その時点で洗濯終了まで2時間44分と表示が出ていた洗濯機での洗濯は中止してくれたのですが、すでに脱水に入っているもう1台の洗濯機については、あと10分で終わるからいいかと言われ、真夜中までにぎやかに洗濯機がうなっていました。雨がちで肌寒いノルマンディーから着いたローマは、週末は気温が35~40度という大変な暑さでとまどいました。幸い、宿の部屋にエアコンはあったのですが、うちの夫はエアコン嫌いで、29度に温度設定をしてエアコンをかけはしたのですが、わたしは暑くて、眠れませんでした。幸い立地は便利で、おいしいレストランやバール、スーパーが近くにありました。

f0234936_5451889.jpg
Gabbiani & Panorama di Roma @ Castel Sant’Angelo 26/6/2016

 そういうひどく暑い日だったこともあり、これまで前を通るだけで訪ねたことのない、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂の近くにあるサンタンジェロ城に入ってみることにしました。中はびっくりするほど広く、古代ローマのハドリアヌス帝の墓所として築かれた空間や彫刻あり、ルネサンス期に教皇たちの命でできた装飾の美しい広間や部屋あり、さらには、屋上からローマの美しい町並みを一望できて、とても興味深かったです。

 トラジメーノ湖では、人が近づくとすぐ飛び立つカモメが、モンサンミッシェルやサンタンジェロ城では、エサがもらえると思うのか、近寄ってきたり、夫が「あれがパンテオンだよ」とわたしに教えるために伸ばした指の下にパンくずが落とされたと思うのか、そのあたりを、いつまでもまじまじと見つめていたりしていました。

 昨晩にもさっそくコメントのお返事をしていくつもりだったのが、旅疲れと急な気温の変化で体調を崩してしまい、明日になってしまいそうです。留守中もコメントや応援、イイネをくださった皆さん、ありがとうございます。明日にはお返事、お礼の訪問ができると思いますので、今しばらくお待ちください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-06-27 22:45 | Lazio | Comments(10)

ローマ市立バラ園うつくし花かぐわし

 土曜日に訪ねたローマ市立バラ園(Roseto Comunale di Roma)は、古代ローマの遺跡や中世の教会の鐘楼も近くに見える、眺めのいい場所にあります。

f0234936_8154440.jpg
Roseto Comunale di Roma 7/5/2016

 地下鉄のB線でチルコ・マッシモ(Circo Massimo)駅まで行けば、バラ園は歩いてすぐのところにあります。

f0234936_8155063.jpg

 ペルージャからのバスが、予定時刻の9時より早くティブルティーナのバスターミナルに到着したおかげで、地下鉄に乗り、下車駅近くのバールで朝食を済ませたわたしたちが、バラ園に着いたのは、9時50分頃でした。

f0234936_816580.jpg

 入場は無料で、バラの品種はなんと1100種、手入れも行き届いたすてきなバラ園です。ベンチもあちこちにあり、鉄柵も色とりどりのきれいなバラに飾られています。

f0234936_8161926.jpg

 バラ園は広く、わたしたちが着いた頃には少なかった人も、昼近くになると、多くの人々でにぎわっていました。あとしばらくすれば、手前のハートマークも、今は少ししか咲いていないバラの花がたくさん咲いて、かわいらしいピンクの花でいっぱいになることでしょう。

f0234936_8165086.jpg

 バラ園は半円に近い形をしていて、直線にあたる部分は車道になっていて、道沿いに高い松や糸杉の並木があります。(1枚前の写真参照)半円の円周に沿うように、バラのトンネルが続き、車道付近からトンネルを通り、少しずつ高みに登っていけるようになっています。

f0234936_8165959.jpg

 白、黄色、ピンクに赤と、トンネルを飾るバラの色はさまざまで、形や大きさも多種多様です。すでに咲いている花も少なくはありませんが、バラのトンネルが花でいっぱいに覆われるのは、もう少し先になることでしょう。

f0234936_817872.jpg

 夫とわたしは、互いにあまり離れすぎないように、けれど自分たちがそれぞれ気に入った花を眺めたり、写真を撮ったりしながら、バラたちの間をゆっくりと歩きました。

f0234936_8171749.jpg

 目に飛び込んで感動させたその美しさを、そのまま再現できている写真は、残念ながら少ないのですが、この小さなバラは色も咲きぶりも日本の桜を感じさせて、とてもきれいでした。

f0234936_8174224.jpg

 白いバラも、白と金色が互いの色を引き立たせていて、気高い美しさがあるように思います。

f0234936_8175929.jpg

 イタリアの野山でよく見かける野バラによく似て、けれどピンクがより鮮やかで、元気に咲く花にも魅かれました。

f0234936_818757.jpg

 どこからか飛んできた種から咲いたであろう赤いヒナゲシが、バラのピンクを引き立てている、そんな自然の芸術にも出会えました。

f0234936_8182120.jpg

 ミニバラも、さまざまな色や形の花のバラが、植わっています。

f0234936_8183177.jpg

 たくさんのつぼみに囲まれて、これからますますたくさんの花が咲いていくのだろうというバラもたくさんありました。同じ花でも、つぼみの色と花の色が違い、そうして、花も開き始めと、咲ききったときの色が違う花があって、興味深いです。

f0234936_8184173.jpg

 絞り模様のバラも、さまざまの品種、色合いの花が咲いています。

f0234936_8185056.jpg

 足を止めて撮影したり、時にベンチで休んで眺めを楽しんだりもしながら、バラ園をゆっくり回って、約2時間で訪問を終えました。

 このローマ市立バラ園は、今年は4月21日から6月19日まで、5月21日土曜日を除いて、毎日訪ねることができ、開園時間は午後8時半から午後7時半となっています。5月21日にバラ園が閉園となるのは、世界中から集まるバラの新品種国際コンクールが開催されるためです。現在、訪ねられるバラ園の敷地の道路の向こう側には、コンクールに出品されるバラたちが植わった、コンクール用のバラ園があり、コンクール当日までは、一般市民は入園できないのですが、コンクールの翌日、5月22日から6月19日までは、通常のバラ園に加えて、コンクール用のバラ園も訪ねることができるようになります。(下記リンク参照)

 ローマには見るべきものも多く、特に日本から観光にいらっしゃる方は、短い日程で訪ねたいところが多くて取捨選択に困られているとは思うのですが、とてもすてきなバラ園です。日本にお住いの方も、イタリアや世界の他の地域にお住いの方も、機会があって、バラや緑がお好きであれば、ぜひ訪ねてみてください。

Roseto Comunale di Roma
Via di Valle Murcia, 6
Tel : +39 06 5746810
Fax : +39 06 57135413
Email: rosetoromacapitale@comune.roma.it
Info, Orario: http://www.turismoroma.it/cosa-fare/roseto-comunale

**************************************************
Roseto Comunale di Roma

- Oasi dei fiori bellissimi e profumati in mezzo alla capitale
tra i resti degli Antichi Romani e le chiese medievali.
**************************************************

LINK
- 夜明けのペルージャからローマへ / Da Perugia all’alba a Roma in autobus (7/5/2016)
- Turismo Roma – Roseto Comunale
- Google Maps – Roseto di Roma Capitale / Googleマップ – Roseto di Roma Capitale
- Comune di Roma – Roseto Comunale: Concorso Internazionale Premio Roma
- Rose Garden – 世界のバラコンクール – ローマ国際コンクール

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-05-09 23:59 | Lazio | Comments(12)

牡丹菜の花美し4月@ヴィトルキアーノ、ラッツィオ

 大輪の牡丹の花が、さまざまな色の美しい花を咲かせる牡丹植物園を、昨日の午後訪ねました。

f0234936_773826.jpg
Centro Botanico Moutan @ Vitorchiano, Viterbo

 牡丹園は、ラッツィオ州ヴィテルボ県のヴィトルキアーノという村にあります。

f0234936_773018.jpg
Fiori di Colza & Vitorchiano, Viterbo

 うちを出る前に、夫が所在地を調べたものの、村に行けばすぐに見つかるものと思い、どの辺りにあるのかを具体的に調べなかったために、車でぐるぐる回ることになり、そのおかげで、こんな美しい眺めを見ることができました。

 ペルージャからトーディ、オルテを通り、ラッツィオへと向かう道は、路傍のあちこちに菜の花がいっぱいに咲いていて、太陽の金色の光が花になって道や町を彩っているようで、それはきれいでした。

f0234936_771822.jpg

 一面の菜の花畑にも時々出会い、時には菜の花に真っ赤なヒナゲシが混じったり、取って代わったりすることもあって、ドライブが楽しかったのですが、車窓からでは写真がきれいに撮れないことが分かっているので、撮影をあきらめていただけに、ここでは道を尋ねるためにと、車を停めたおかげで、写真が撮れてうれしかったです。

*********************************
Bellissimi i Fiori di Peonia e Colza.

Rallegrano il nostro cuore e i paesaggi
come il sole di primavera.
@ Vitorchiano, Viterbo 3/4/2016
*********************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-04 23:59 | Lazio | Comments(12)

エトルリア墳墓遺跡と早春の花@ブレーラ、ヴィテルボ

f0234936_8285925.jpg

 今日は思いがけず、散歩中にマツユキソウ(bucaneve)に会うことができました。

f0234936_829792.jpg
Blera (VT) 6/2/2016

 訪ねたのは、ヴィテルボ県の村、ブレーラ(Blera)です。村の人に道を尋ねて、エトルリア時代の墳墓遺跡へと向かうと、村はずれでは、凝灰岩(tufo)の石を切り出して築いた家や門が、やはり凝灰岩で自然にできた岩と溶け合うようにして並んでいます。

f0234936_8291150.jpg

 坂を下ると、アーモンドの花がきれいに咲いています。

f0234936_8294519.jpg

 ふり返ると、村の中心街もアーモンドの木(mandorlo)も、小さく見えます。

f0234936_8301537.jpg

 さらに進むと、エトルリア時代の岩壁の墳墓遺跡(necropoli rupestri)が、道の両側に次々に現れるようになりました。ブレーラには、なんと千以上もこうした墓があるそうです。

f0234936_8302751.jpg

 凝灰岩でできた岩を切り崩してつくられた道は、静けさと緑に包まれて美しく、

f0234936_8303569.jpg

こんな小さい墓もあれば、

f0234936_830482.jpg

こんなふうに広い空間にいくつか墓があって、しかも右手の通路を通じて、ほぼ同じようにできた墓室とつながっているものもあります。

f0234936_8305850.jpg
Necropoli di Pian del Vescovo, Blera

 川を渡ると、すぐにかなり規模の大きい墳墓が見えます。岩のあちこちに穴を掘り、階段などの通路を用いて築いであって、

f0234936_831858.jpg

 夫について岩穴をのぞくと、りっぱな墓室があります。階段も恐るおそる、少しは登ったのですが、町を歩くつもりで登山靴を履いていなかったため、夫の後について岩をよじ登るのはやめて、下へと降りました。

f0234936_8311664.jpg

 ヴィテルボ周辺は、ハシバミの実、ヘーゼルナッツ(nocciola)の産地らしく、ドライブ中に、しばしばハシバミの木(nocciolo)の栽培園(noccioleto)を見かけたのですが、墳墓遺跡がある川沿いにも、ハシバミの木が多く、花粉症(allergia ai pollini)の引き金となる花粉(pollini pl.)の飛散準備がすでに整っています。

f0234936_8315892.jpg

 夫が訪ねたかった墳墓は、周囲に柵が張りめぐらせてあって入り口が見つからなかったのですが、こういう荘厳な雰囲気のある墳墓は見ることができました。

f0234936_832454.jpg

 川辺に下ると、それは美しい風景に出会うことができ、今年初めて、マツユキソウが咲いているのを見ることもできました。

f0234936_8322119.jpg

 訪ねるべき遺跡群はまだ他にもあったのですが、登山靴を車に置いてきた上、すでにかなり歩いていたので、この後は、来た道を引き返しました。ナギイカダ(pungitopo)の赤い実がきれいです。直訳すると「ネズミ刺し」となるイタリア語名は、葉がかたく先端がとがっているためでしょう。

f0234936_8324432.jpg

 中心街のバールで、昼食にサンドイッチを食べて、駐車場に向かう途中、ニオイスミレ(violetta)にも出会うことができました。

 静かな美しい緑の中を歩き、興味深い遺跡を訪ね、早春の花たちが咲くのを見ることができて、とてもうれしかったです。

*******************************************
Bellissimi i Fiori di Bucaneve, Mandorlo e Violetta,
Interessanti le Necropoli Rupestri dell'Etruria
@ Blera, Viterbo 6/2/2016
*******************************************

参考リンク・図書 / Riferimenti web & bibliografici
- Proloco Blera - Blera
- Passeggiate nella Storia – Civiltà Etrusca - Le necropolis rupestri
- F. Paolucci (a cura di) ”Italia etrusca. Guida Completa” (Giunti, 2008)
- Cooperativa La Fortezza (a cura di), “Viaggio attraverso La Civiltà del Tufo. Sorano – Sovana – Pitigliano. Storia, Arte e Natura. Passeggiate lungo le Vie Cave” (Laurum, 2010)

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
ヴィテルボ / Viterbo
- ヴィテルボ町歩き / Passeggiata a Viterbo (17/2/2011)
- ヴィテルボ(Viterbo)、Terme dei Papi & Villa Lante, Civita di Bagnoregio
エトルリア文明の遺跡 / Monumenti Etruschi
- ペルージャ、紀元前3世紀のエトルリア門、エトルリア壁 / Arco Etrusco & Mura Etrusche, Perugia (15/1/2012)
- JAPAN-ITALY Travel On-line メルマガ連載、第1回 ペルージャとっておき散歩コース / Bella Perugia (12/3/2015)
- 連載魅力のウンブリア / Fascino di Perugia & Umbria (4/6/2015)
凝灰岩(tufo)の町とエトルリア文明 / Città del Tufo, Etruschi ecc.
- tufoの里を訪ねて1 / Paesi del Tufo & Via Cava - Sorano, Pitigliano, Sovana, Onano (7/12/2010)
- tufoの里を訪ねて2 / Civiltà del Tufo – Orvieto & Onano (8/12/2010)
- ソラーノ、Città del Tufo / Sorano, Città del Tufo (5/2015)
- 洞窟の住居群1 / Vitozza, Abitazioni Rupestri scavate nelle rocce di Tufo 1 (5/6/2011)
- 洞窟の住居群2 / Vitozza, Abitazioni Rupestri scavate nelle rocce di Tufo 2 (6/6/2011)
- 魅力いっぱいボルセーナ / Bolsena, Lago, Museo Archeologico & Grotte di Castro (5/12/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-02-06 23:59 | Lazio | Comments(12)

薬草と巡礼の村、コッレパルドが20日テレビに!

 ラッツィオ州のコッレパルド(Collepardo)は、聖ベネデットの足跡を追って、モンテ・カッシーノを目指して歩く巡礼路にあり、薬草を用いて人々を癒してきた歴史ある美しい薬局を持つ修道院がある村です。

f0234936_8303712.jpg
Sinistra: Collepardo durante il Cammino di San Benedetto 7/5/2013
Destra: Farmacia della Certosa di Trisulti durante il Corso di Erboristeria 21/6/2015

 わたしたちが初めてコッレパルドを訪ねたのは、2013年5月にモンテカッシーノへと歩いて巡礼の旅をしていたときです。

f0234936_16531044.jpg
Certosa di Trisulti, Collepardo 7/5/2013

 村に宿泊し、翌朝訪ねたトリスルティ修道院で、コッレパルドで毎年薬草講座が開催されることを知り、昨年は、春から夏にかけてペルージャから通い、興味深い講座に参加しました。

 明日、1月20日水曜日、午後5時半頃から、このコッレパルドの村が、Rai3の番組、Geo & Geoで紹介されます。

f0234936_1842079.jpg
21/6/2015

 美しいトリスルティ修道院(Certosa di Trisulti)をはじめ、

f0234936_8305999.jpg

コッレパルドのさまざまな観光名所についての説明があり、

f0234936_8311070.jpg
Museo Naturalistico di Collepardo 20/6/2015

 わたしたちが参加した、多種多様な蛾を観察したり、狼の遠吠えを聞いたりするための夜間散歩を企画・実施した自然科学博物館も、紹介されるようです。

f0234936_8312398.jpg

 この博物館には、キノコや薬草の標本があるほか、生え変わった鹿のずっしりと重い大きな角や、ムール貝の化石を手に持たせてもらえたりして、とても興味深かったので、いつかご紹介しようと思いつつ、時が過ぎてしまいました。

 イタリアにお住まいの方、旅行中・留学中の方、よろしかったら、ぜひご覧ください。

*********************************************************************
Collepardo, Paese delle Erbe & Cammino di San Benedetto

20/1/2016 alle 17,30 Collepardo alla TV, su Geo & Geo di Rai3!
E' un paesino carino con tanti bei luoghi da visitare. Io e mio marito abbiamo visitato Collepardo per la prima volta nel 2013 durante il Cammino da Subiaco a Montecassino e poi l'anno scorso ci siamo tornati per partecipare al Corso di Erboristeria.
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 薬草と巡礼の村、コッレパルド / Collepardo, Paese delle Erbe e del Cammino di San Benedetto (22/6/2015)
- モンテッカッシーノ巡礼、聖ベネデットの足跡を追って / Cammino di San Benedetto da Subiaco a Montecassino (5-10/5/2013)
- 薬草講座で山登り / Corso di Erboristeria di Collepardo (7/2015)
- 狼の遠吠え聴きに歩く夜 / Wolf Howling @ Ecomuseo di Collepardo (7/7/2015)

Riferimenti bibliografici & web / 参照図書・リンク
- Comune di Collepardo – Certosa di Trisulti, Santuario della Madonna delle Cese ecc.
- Comune di Collepardo - Corso di Erboristeria, Ecomuseo, Giardino Botanico
- Cammino di San Benedetto – Il Percorso
- Amazon.it – “Il cammino di San Benedetto. 300 km da Norcia a Subiaco, fino a Montecassino”

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-01-19 23:59 | Lazio | Comments(6)

世界はすてきに満ちている

 ~世界は、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、
  わたしたちに見る目さえあれば、
  すばらしい驚きが、目前に立ち現れる…~

f0234936_8564496.jpg

 昨年11月に昼食を食べた、それはおいしいレストランの壁に、こう書いた紙が貼られていました。冒頭の文はかなりの意訳で、文が呼びかけていることと、そのリズムが伝わるように訳してみました。

 山を歩いていて、予想もしなかったような美しい眺めに出会ったとき、びっくりするほど精巧で美しい彫刻などを目にするとき、夫の口をついて出るのは、「Che meraviglia!」という言葉で、meravigliaという言葉には、思いもかけなかったという驚き、なんとすばらしいのだろうという感嘆が入り混じっています。(伊伊辞典による語義の説明はこちら

f0234936_8574181.jpg
Montefiascone, Viterbo, Lazio 29/11/2015

~ Il mondo è pieno di meraviglie,
   che aspettano solo i nostri occhi per mostrarsi… ~

~世の中には、びっくりするようなすばらしいことに満ちていて、そういうわくわくするようなすばらしいことは、姿を現すために、ただわたしたちの目(i nostri occhi)だけを待っているのだ。~

 関係代名詞のche以降を先に訳さず、補足説明として後から添えてはいますが、今度はこんなふうに、直訳に近い訳し方をしてみました。

 この新しい年に、わたし、皆さん、そうして世界中の人々が、そういうすてきなこと、すばらしいものに気づく目を培うことができますように。 

f0234936_8574628.jpg

 モンテフィアスコーネ中心街の広場(上の写真)にあるレストラン、Mamma Pappaで、この言葉に出会いました。

f0234936_858371.jpg

 こここそ、あのチョコレートムースを食べた店なのです。どの料理もとてもおいしかった上、店の看板や内装も興味深かったので、いつかきっとご紹介するつもりでいます。

f0234936_8584573.jpg

Mamma Pappa
Largo del Plebiscito, 4
Montefiascone (VT)
Tel. 0761-1894159 / 3494511087
FB https://www.facebook.com/mammapappa.mammapappa

*********************************************************************
Dunque, alleniamo i nostri occhi :-)))

- Parole sagge trovate nel ristorante, Mamma Pappa.
Nella bella città di Montefiascone siamo capitati di pranzare in questo locale carino e cordiale. I piatti erano squisiti!
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ / Rocca dei Papi & Lago di Bolsena @ Montefiascone (29/11/2015)
- チヴィタとかけてチョコムースと解く / Guarda, sembra Civita di Bagnoregio! (29/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2016-01-14 23:59 | Lazio | Comments(10)

チヴィタとかけてチョコムースと解く

f0234936_7344662.jpg

 その心は、外側から徐々に崩れて、小さくなっていく。

f0234936_7345893.jpg
29/11/2015

 独特の風情があって美しいチヴィタ・ディ・バンニョレージョ(Civita di Bagnoregio)には、いつまでもその姿をとどめていてほしいのですが、作家、テッキ・ボナヴェントゥーラが「死にゆく町」(la Città che muore)と評したように、町を頂く小高い丘の侵食が絶え間なく続き、今も年平均約7センチメートルずつ、崖の周囲の侵食が進んでいるそうです。

 日曜に、モンテフィアスコーネのレストランで、チョコムースを食べたとき、二人で周辺から食べたので、切り立つ崖のように中央部分だけ残ったムースを見て、夫が笑いながら、「チヴィタ・ディ・バンニョレージョみたいだね。」と言っていたのですが、

f0234936_735538.jpg

 まさか帰り道に、そのチヴィタを見晴らせるとは思わなかったので、びっくりしました。モンテフィアスコーネもバンニョレージョも、かつてエトルリア文明(la civiltà etrusca)が栄え、凝灰岩(tufo)が豊富で、その凝灰岩を多用していたトゥッシャ(Tuscia)と呼ばれる広大な地域に属しています。

 それで夫も、チョコムースが外側から食べられて、わずかに中央だけ残る様子を見て、チヴィタを思い浮かべたのでしょうが、そうやって何気なく昼食時に口にしたその町を、夕方そうして見ることになったことが、興味深いです。

*********************************************************************
"Guarda, sembra Civita di Bagnoregio!"

ha detto così mio marito mentre mangiavamo la mousse al cioccolato a pranzo domenica a Montefiascone.
Poi al ritorno, per caso o per destino, ci è capitato di vedere Civita di Bagnoregio da lontano!
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 桜色の天空の町、チヴィタ・ディ・バンニョレージョ / Civita di Bagnoregio in rosa (29/11/2015)
- ヴィテルボ小旅行 / Viaggio a Viterbo – Terme dei Papi, Villa Lante, Lubriano, Civita di Bagnoregio (16/2/2012)
- 巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ / Montefiascone, Rocca dei Papi & Lago di Bolsena (29/11/2015)

参照リンク / Riferimento web
- InfoViterbo.it – Civita di Bagoregio

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
   
by milletti_naoko | 2015-12-02 23:35 | Lazio | Comments(4)