カテゴリ:Trentino-Alto Adige( 2 )

夏山の思い出と苦い払いすぎ

 今日は、有効期限が切れる前に、COOP商品の6ユーロ割引券を使おうと、ペルージャ駅前のCOOPに、買い物に行きました。

f0234936_8223893.jpg

 店頭に入って、最初にある果物のコーナーで、シチリア産のオレンジの袋を、買い物かごに移したあと、すぐにこちらのリンゴが目に飛び込んできました。(写真は家で撮影しました。)なんと、昨夏1週間過ごしたアルト・アーディジェのヴェノスタ渓谷(Val Venosta)のリンゴがあるのではありませんか。しかも、1kgが0.99ユーロという特別価格になっています。

f0234936_8231453.jpg
8/7/2013

 わたしたちが、友人たちとアパートを借りて滞在した村には、こんなふうにリンゴ畑が広がっていました。

f0234936_8233396.jpg

 2枚目の写真の奥に見える館、Schloss Goldrain(Castello di Coldrano)は教育文化センターで、ガイドつきの案内はあるものの週に1度、木曜日の午後4時からだけだったので、残念ながら場内を訪ねることはできませんでした。

f0234936_824666.jpg

 でも幸い、敷地の傍らにある庭園には、入ることができました。色とりどりのきれいな花がたくさん咲いています。

f0234936_8242492.jpg

 このバラは、きれいなだけではなく、芳香も放っていたように覚えています。

f0234936_8245033.jpg

 わたしたちの宿はティス(Tiss)にあります。この日は、一番近いスーパーまで、食料品を買い出しに行き、帰りにこのお城の前を通りました。

f0234936_8251383.jpg
12/7/2014

 ティスからコルドラーノへは、山のトレッキングコースを歩いて行くこともできます。7月12日に、夫と二人でこの山の道を歩くと、眼下に、ティス(Tiss)の村とリンゴ畑が広がり、奥には、雪と氷河を頂いた高峰が連なるマルテッロ渓谷(Val di Martello)が見えて、すばらしい眺めを満喫しました。

f0234936_8261415.jpg
Val martello 11/7/2014

 美しい山や渓谷をいくつも訪ねたのですが、わたしが一番魅かれたのは、このマルテッロ渓谷です。わたしが最も美しいと思う渓谷は、今のところはピエモンテ州立アルピ・マリッティメ自然公園ののジェッソ渓谷(下記リンク参照)で、本当はこの渓谷を再訪したかったのですが、夫が友人たちと一緒に旅行したいと言うので、このときは、アルト・アーディジェを訪ねることになったのです。

f0234936_8262942.jpg

 緑と水が豊かで、滝や小川にあちこちで出会い、ピンクのシャクナゲ(rododendro)など、野の花があちこちに咲き、白雪が美しくて、アルピ・マリッティメを思い起こしました。

 こうして勢いよく流れ落ちる滝の

f0234936_827115.jpg

傍らの山を登り、

f0234936_8271774.jpg

滝つぼから、さらに上流へと川の傍らを歩いて、

f0234936_8273312.jpg

氷河から解けて流れ落ちる川の勢いに感動しました。

f0234936_827501.jpg

 こうして歩きに歩いて、2時過ぎにようやく食事にありつけたときは、ほっとしました。

f0234936_828658.jpg

 友人たちは、滝を登らず、別のコースを通ってすでに山小屋に到着し、湖のそばでくつろいでいました。食事の後は再び皆で山を下りました。

 思いがけず特売として並んでいたヴェノスタ渓谷のリンゴを見て、おいしいリンゴが安いことと、思い出がうれしくて、ふだんよりもたくさん袋につめて、購入しました。

f0234936_8282231.jpg

 なつかしい、おいしいリンゴが安く買えてよかったと、喜びながら家計簿をつけていて、しかし驚きの事実に気づきました。オレンジを買い物かごに入れたあとに、このリンゴに気づいたため、オレンジは買うのをやめて売り場に戻し、リンゴとみかんを買ったのに、レシートに「オレンジ」(arance)とあるではありませんか。どうしてかなと、冷蔵庫に入れたリンゴの袋を見てみると、なんと、リンゴは1kgが0.99ユーロとお得だったのに、わたしとしたら、リンゴではなくオレンジのボタンを押して、1kgが1.48ユーロと、高いお金を払ってしまっているではありませんか。イタリアのスーパーでは、売り場で果物や野菜の番号を見てから、量りに載せて、該当の番号を押すと、こういうシールが出てくるので、それをビニール袋に張りつけます。わたしがまさか番号を間違えたのか、それとも器械が、リンゴのボタンを押すと、オレンジの値段が出てくるように間違って記憶しているのか謎ですが、安いと思ってたくさん買ったのに、余分に払ってしまったと知って、悲しかったのです。と言っても、80セントの話ではあり、今日は6ユーロの割引券も使って買い物をしているのではありますが。オレンジはすでに決まった量が袋に入っているので、番号を押す必要はないため、器械が間違っていたのではという疑いが残るのですが、まさかシールが間違っているとは思わず、確かめもしませんでした。次回からは、画面だけではなく、シールの商品と値段も正しいかどうか、きちんと確認しなければいけないなと思いました。いえ、わたしが、「後でオレンジを売り場に戻そう」と頭で考えていたから、ふだんは数字で押すのに、今日はうっかりオレンジのボタンを押してしまったのかもしれません。

 まあ、他のリンゴは1kgが2ユーロ前後で売られていましたから、ふだんに比べると、それでも安いし、日本のリンゴと比べると、値段がはるかに安いのではありますが。

Mele di Val Venosta 1kg 0,99 euro a Coop!

- Mi sono tornati tanti bei ricordi del viaggio in Alto Adige, tanti alberi di melo che abbiamo visto proprio in Val Venosta. Certo, ne ho comprato molte. Sono della Val Venosta, poi anche IGP e molto economiche.

- MA!!! A casa una brutta sorpresa. Stranamente ho pagato 1,48 euro al kg per le mele e sulla etichetta è scritta la parola, "arance". Là dove ho preseo le mele, c'erano anche le arance ma sono già pesate e non c'era bisogno di pesarle. Quando premo il tasto, di solito lo faccio ricordando il numero, non guardando la foto dei frutti, quindi forse è la macchinetta che si è sbagliata. Oppure io...?

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 南チロル、イタリアアルプスへ / Viaggio in Alto Adige (17/7/2013)
- 花のマリッティメ・アルプス1 / Alpi Marittime in Fiore 1 (7/2011)
- 花のマリッティメ・アルプス2 / Alpi Marittime in Fiore 2 (7/2011)
- 花のマリッティメ・アルプス3 / Alpi Marittime in Fiore 3 (7/2011)
- COOPで買い物 (14/1/2014)
- 銀行よりもCOOPで貯金 (15/1/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-01-31 23:59 | Trentino-Alto Adige | Trackback | Comments(6)

南チロル、イタリアアルプスへ

 先週は、7月8日月曜日から7月14日日曜日まで、友人たちと共に、イタリアアルプスのヴェノスタ渓谷(Val Venosta)を訪ねました。イタリアの最北端にある渓谷で、夏でも白雪の残る高峰や湖、緑の高原が美しく、オーストラリア、スイスの2か国との国境付近にあることもあって、映画、『サウンド・オブ・ミュージック』やハイジの世界を、身近に感じることもできました。

f0234936_1527670.jpg
Lago di Resia, Passo Resia (BZ) 9/7/2013 10.53

 今回はいつもの旅仲間のフランコとマヌエーラに加えて、女手一つで子育てをしている友人の愛息子、一人息子のエリーアも一緒で、にぎやかな楽しい旅になりました。

f0234936_15275368.jpg
Igea Marina (RM) 6/7/2013 21.08

 5人とも同じ車で、リミニから北上しようと、わたしたちは土曜日に旅のしたくを終えて、リミニに向かい、週末を海で過ごしました。上の写真の中央で背中を見せているシモーナは、合気道4段で、子供に合気道を教えています。今回の北イタリア行きを決めたのは、シモーナが所属する合気会の合宿講習会が、今年もアルト・アーディジェ(Alto Adige)で開催されたからです。(リンクはこちら)皆で一緒にアパートを借りて、彼女が講習を受けている間、わたしたちは町や山を訪ねて、旅を楽しみました。

f0234936_1529277.jpg
Monte Santa Caterina, Val Senales (BZ) 8/7/2013 14.29

 月曜日は早朝にリミニを出発して、高速道路をひた走りました。おいしい地元料理を昼食にと、セナーレス渓谷に向かい、食事のあとも、こちらの教会や渓谷の他の地を訪ね、

f0234936_15295221.jpg

 後日ゆっくり訪問することを決め、エリーアの希望で、公園でしばらく遊んでから、宿のあるラーチェス郊外に向かいました。

f0234936_1530877.jpg
Sorgente dell’Adige, Passo Resia (BZ) 9/7/2013 11.55

 7月9日火曜日は、ヴェノスタ渓谷の奥へと進み、古代ローマ人が、アルプスを越えるために切り開いた峠、パッソ・レージア(Passo Resia)へ向かい、レージア湖(冒頭の写真)、アーディジェ川の水源、そして、ロイア渓谷(Val di Roia)を訪ねました。泉の水は冷たくて、とてもおいしかったです。

f0234936_1531715.jpg
Pranzo al maso, Val di Fosse (BZ) 10/7/2013 13.40

 7月10日水曜日は、朝はフォッセ渓谷を歩いて、マーゾの料理を楽しみ、

f0234936_15313744.jpg
ArcheoParc Val Senales (BZ) 10/7/2013 16.08

食後は、初日にも訪ねたセナーレス渓谷に戻って、考古学博物館・公園を訪ねました。石を使って火を起こす実演を見たり、自分たちで弓を引いたりして、エリーアも楽しんだのですが、

f0234936_15315617.jpg

このArcheoParcの目玉は、付近の氷河で見つかったアイスマン、エッツィ(Ötzi)です。約5千年前の男性のミイラ自体は、1991年に発見され、今はボルツァーノの博物館に保存されているのですが、この博物館では、死因を知ろうとしてのさまざまな研究の成果や、関連映像、当時の服装や生活習慣、ミイラ発見後の世界各国の新聞記事の切り抜きなどが展示され、エッツィについて詳しく知ることができました。

f0234936_15323225.jpg
Monte Cevedale & Rododendoli, Val Martello (BZ) 11/7/2013 16.34

 7月11日木曜日に訪ねたマルテッロ渓谷は、白雪を頂く緑の山が美しく、水が豊かで、シャクナゲ(rododendro、ツツジ?)を始め、色とりどりの花がたくさん咲いていました。

f0234936_15371849.jpg
Sentiero glacialogico della Val Martello (BZ) 11/7/2013 14.09

 途中から二手に分かれて、フランコたちは直接、山小屋を目指し、わたしたちは、氷河を訪ね歩くトレッキングコースを進みました。険しい岩山を登り、時に雪の上を歩くこともあったのですが、氷河が滝となり川となって勢いよく流れる様子を、間近に見ることができて、感動しました。

f0234936_15332469.jpg
Dal Sentiero panoramico Tiss - Coldorano (BZ) 12/7/2013 10.39

 7月12日金曜日は、朝は、宿のすぐ上にある見晴らしのいいトレッキング・コースを隣町まで歩いて眺めを楽しみ、

f0234936_15334224.jpg
Sentiero di un Waal, Castel Juval - Ciardes (BZ) 12/7/2013 18.53

 夕方は、ユヴァル城の近くまで車で登り、昔の人が、農業に使う水を山の高みから谷底の村まで引くために築いた用水路、Waalに沿って、緑や風景を楽しみながら、チャルデス村に向かって歩きました。

f0234936_15341772.jpg
Gran Zebru, Zebru & Ortles, Val di Solda (BZ) 13/7/2013 12.15

 7月13日土曜日には、まずソルダ渓谷を訪ねました。ソルダの村から、ロープウェー(funivia)で、標高2350mの高みまで一気に登り、それから、山小屋を目指して、時に雪に覆われた山道を登りました。

f0234936_153435100.jpg
Glorenza, Val Venosta (BZ) 13/7/2013 18.00

 帰りに足を伸ばして立ち寄ったグロレンツァは、おとぎ話を思わせるような町並みが広がり、市が立って、にぎわっていました。

f0234936_1535026.jpg

 7月14日日曜日は、アパートの優しい主人夫婦に別れを告げ、アルト・アーディジェを後にして、リミニに向かいました。日曜の晩はリミニの友人宅に泊まったので、ペルージャに帰宅したのは、月曜の早朝です。

 行動力とエネルギーにあふれる友人たちやエリーアのおかげで、にぎやかで充実した旅になりました。記事の更新のない間も、応援クリックをしてくださったお優しい皆さん、ありがとうございます。いつもは、帰宅時にとりあえずごあいさつをして、そのあと、少しずつ旅行の記事を書いていくのですが、1、2日目で旅の記事を中断して、そのままになってしまう例がこれまでに多いので、旅の仲間のためにも、今回は最初から、旅の概要だけでもご紹介しようとはりきってみました。折りを見て、少しずつ、さらに詳しい旅のご報告をしていくつもりですが、実は他にも、書こうと思いながら記事にしていないことがいろいろある上に、これからも、そういう題材が増えていきそうですから、はてさて、どうなりますことやら。

Val Venosta (BZ). Montagne maestose con ghiacciai, neve. Ottimi i piatti del maso. Ötzi, uomo venuto dal ghiacciaio.

Riferimenti bibliografici & web
- ”Le guide Mondadori – Trentino Alto Adige”, Mondadori
- Alto Adige / Südtirol – Val Venosta
- Schnalstal / Val Senales – Vacanze in Alto Adige - HOME
- Archeo Parc val Senales - HOME
- ja.wikipedia - アイスマン, Ötzi
- it.wikipedia - Mummia del Similaun, Ötzi
- ja.wikipedia - シャクナゲ

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Rankingにほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-07-17 08:37 | Trentino-Alto Adige | Trackback | Comments(8)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

風情ある湖畔の村でコンサート..
at 2017-08-22 23:57
悩んだ末にPostemobi..
at 2017-08-21 23:54
秋咲きシクラメンと山が分かつ..
at 2017-08-20 23:46
シビッリーニ山脈 ロトンド山..
at 2017-08-19 23:57
花の絵彩る中世の町 スペッロ..
at 2017-08-18 23:28

記事ランキング

タグ

(582)
(510)
(313)
(270)
(208)
(186)
(161)
(155)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、夏はイタリア..
by milletti_naoko at 01:15
まほろばさん、こんにちは..
by milletti_naoko at 01:11
なおこさん、夏のイベント..
by ayayay0003 at 19:35
naokoさん、こんばん..
by mahoroba-diary at 19:35
coimbraさん、こん..
by milletti_naoko at 15:56

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク