カテゴリ:Valle d'Aosta( 5 )

アオスタ夜散歩と新推理ドラマ、『Rocco Schiavone』

 今夜はヴァルダオスタ州の州都、アオスタを舞台にした新推理ドラマの第2話を見ました。

f0234936_7591285.jpg
Passeggiata ad Aosta di Notte 14/8/2016

 初回を見逃したために、主人公ロッコや登場人物の人となりや状況などがあまりつかめないままに見たこともあって、ドラマの世界に入り込むことが、少し難しかったです。けれども、今年8月に友人たちと北イタリアを旅行したとき、アオスタの中心街も初日の夜に訪ねて、散歩をしたので、そのときに見た広場や印象に残った建造物などが、ドラマの端々に出てきて、出てくるたびに、何だかうれしかったです。たとえば、今夜の放映では、ロッコが冒頭の写真の広場にあるバールに立ち寄ったり、

f0234936_845561.jpg

こちらの門、Porta Pretoriana (Porte Pretorienne, I sec. a.C.)が、そのすぐ近くに事件解決の鍵を握る女性が住んでいるために、しばしば登場したりしました。

f0234936_8202893.jpg

 町から少し離れて建っているのが印象に残った、こちらの門、Arco di Augusto (Arc d'Auguste, I sec. a.C.)もドラマに出てきたように思います。

f0234936_8231458.jpg

 この写真で青い光に照らされた遺跡は、古代ローマ時代の劇場、Teatro Romano (Theatre Romain, I sec.)です。訪ねてみたいと思ったのですが、いくつか試してみた道はすべて行き止まりで、こんなふうに一部だけしか眺めることができませんでした。そのローマ劇場が、ドラマの中で日の光のもと何度か出てきて、いろいろな角度から見ることができたので、何だかそんなこともうれしかったです。

 Rai2で放映中のこの推理ドラマ、『Rocco Schiavone』は小説を原作としています。人の死や暴力がしばしば描かれる重たい推理ドラマはあまり好きではないので、予告編を見てどうかなと感じていたのですが、最近はモンタルバーノもドン・マッテーオも新シリーズや新しい回の放映がないので、夫と二人で今晩は試しに見てみました。興味のある方は、イタリア語での会話や内容が気になるのであれば一つ目、アオスタやアルプスの風景に関心がある場合は二つ目の映像をご覧ください。


 「モンタルバーノの舞台がシチリアで南イタリアだったから、今度は北のアオスタが舞台のドラマにしたのかもね。」と夫が途中で言っていました。そう言えば、ドン・マッテーオも舞台はイタリア中部、ウンブリア州のグッビオ、スポレートでした。


 舞台はアオスタですが、登場人物はローマ、トスカーナなど出身地がさまざまで、ですから話し方にいろいろ癖があって、時に聞き取りにくいときもありました。

*****************************************************************
Passeggiata ad Aosta di notte 14/8/2016

Porta Pretoriana, Arco di Augusto (I sec.a.C.) & questa piazza, oggi abbiao potuto rivederli mentre guardavamo "Rocco Schiavone" e ci è tornato il ricordo del viaggio in Valle d'Aosta.
Poi in agosto ad Aosta non sapevamo strada e non riuscivamo ad avvicinarci al Teatro Romano (I sec.) ma oggi durante il telefilm abbiamo potuto vederlo bene diverse volte sotto il sole :-)))
*****************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-11-11 23:59 | Valle d'Aosta | Trackback | Comments(2)

山小屋アルペ・ボンゼ初めての日本人、ヴァルダオスタのアルプス

 8月のイタリアアルプスの旅で、果てしなく続く急な山道を、風景の美し励まされながら、数時間歩いて、目当ての山小屋にようやく着いたときのことです。

f0234936_232191.jpg
Pranzo squisito @ Rifugio Alpe Bonze (1.860m)
Donnas (AO), Valle d'Aosta 18/8/2016

 一番近い駐車場からのでもかなり歩く必要があり、周囲には岩と緑と見晴らしがあるばかりという状況で、見えた山小屋で、何か食べられますかとは尋ねました。パニーノが食べられれば御の字だと思っていたら、とてもおいしい料理をいろいろ食べられたので、それはうれしかったです。

f0234936_22494493.jpg

 場所が場所だけに、日本人で訪ねたのは、わたしが初めてだそうで、山小屋の方から写真を撮って、フェイスブックに載せさせてもいいですかと聞かれたので、快諾しました。

 そのときの写真と投稿は、こちらです。



 デスクトップかネットブックが復活したら、そのときの料理や風景の写真と共に、また記事を書くつもりでいます。

f0234936_22501098.jpg

*追記(9月27日)
 奇跡的に久しぶりに復活したのですが、いつまでもつか分からないので、取り急ぎ写真を2枚添えておきます。

********************************************************
Pranzo squisito @ Rifugio Alpe Bonze (1866m), Donnas (AO) 18/8/2016

- I panorami stupendi e l'accoglienza speciale ci attendevano
dopo una lunga salita faticosa. Un luogo bellissimo!
********************************************************

LINK
- Rifugio Alpe Bonze - HOME
- Facebook - Rifugio Alpe Bonze

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-26 21:15 | Valle d'Aosta | Trackback | Comments(6)

インスタグラム始めました、イタリアアルプスとモンブラン展望台

 スマートフォンを買ったらしてみたいと思っていたことの一つにインスタグラムがあります。昨日久しぶりに会っておしゃべりした大学時代の友人から、インスタグラムが気に入っていると聞き、気持ちにはずみがついて、今朝登録し、さっそく写真を5枚投稿しました。



 時間が取れるときに、じっくり使い方を学んでから、登録・投稿しようと考えていたのですが、ぶっつけで登録し、とにかく1枚写真を投稿してしまおうと考え直したのです。昨日再会した旧友から、「1年半前からブログを作ろうと、もう記事をいくつも書いたのに、まだ公表していない。」と聞いて、「完全なものを作り上げようなんて思っていたら、いつまで経ってもできあがらないし、だれにも知ってもらえないのだから、まずは今できているものから発表して、反応を見ながら、集めながら、作り上げた方がいい。」と助言をしたのですが、そのとき、それはわたし自身とインスタグラムの関係にも言えるかなと、心のどこかで思ったからかもしれません。

イタリアアルプス、ヴァルダオスタの美しい町、トゥイーユ #lathuile #valdaosta #italy #italia #alps #lealpi

Una foto pubblicata da Naoko Ishii (@naoko_perugia) in data:



 ペルージャやミジャーナ、トラジメーノ湖など、ウンブリアの写真や、日本の桜などの写真をまずは投稿したかったのですが、最初の1枚は手っ取り早く、スマートフォンで撮った写真を選んで投稿したら、一番よさそうなのが、この今年7月のイタリアアルプス旅行の写真だったこともあって、結局、今日投稿した5枚はすべて、ヴァルダオスタ州のイタリアアルプスで撮影したものとなりました。

 スマートフォンに保存してあったこの1枚を、勢いでまず投稿してしまったあとで、画像がきれいで豊富なパソコンの写真を使って投稿する方法を調べました。5枚中3枚はカメラで撮ってパソコンに保存してあった写真を使ったのに、あえてヴァルダオスタの写真ばかりを選んだのは、ウンブリアや日本の写真は山ほどあって、これだという気に入った写真を選ぶにも探すにも、膨大な時間がかかりそうだったからです。

f0234936_841769.jpg
Panorama visto dalla funivia Skyway Monte Bianco
Valle d’Aosta 16/8/2016

 標高1300mのクールマユールに近い駅から、ロープウェイを乗り継いで、モンブランの頂上に最も近いエルブロンネル展望台に向かうのですが、高く登ると、氷河をいただくアルプスの山々が後方にに姿を現し、

f0234936_843511.jpg

ロープウェイのキャビンが360度回転しながら登って行くので、アルプスの壮大な眺めを存分に楽しむことができました。

f0234936_845387.jpg
Giardino Botanico Alpino Saussurea
Pavillon du Mont Fréty (2173m)

 ロープウェイを乗り換える中継地点には、高山植物園もあり、わたしたちは帰りに立ち寄って、興味深い花や植物の名前を学びました。

f0234936_852288.jpg
Davanti alla cima del Monte Bianco (4810m), Punta Helbronner (3466m)

 頂上からの見晴らしはすばらしく、友人たちと4人での写真とは別に、わたしたち二人の写真も、他の旅行客に頼んで撮ってもらいました。

 前日、2枚目の写真に写るラトゥイーユの町からさらに山を車で登り、歩いてモンブランなどの高峰の頂がまぢかに見える場所まで登ったのですが、いつまで待っても、モンブランの頂が雲に覆われて見えず、とても残念な思いをしただけに、この日、モンブランを覆っていた雲と霧が一瞬晴れて、頂上を見ることができたのが、とてもうれしかったです。

 閑話休題。インスタグラムは今のところは、肩の力を抜いて、のんびりと楽しみながら使い方を学んでいくつもりでいます。今日のところは、だれをフォローするか考えるのをさぼり、フェイスブックと連携させて、フェイスブックの友達でインスタグラムを利用する方すべてをフォローしてみました。というわけで、興味がおありであれば、フォローをしていただけましたら、うれしいです。

*******************************************************************
Da ieri sono su Instagram!

- https://www.instagram.com/naoko_perugia/
Ho caricato le prime cinque foto, tutte durante il viaggio in Valle d'Aosta, perché era più facile utilizzare le foto scattate con lo smartphone e anche perché le foto di Perugia, del Lago Trasimeno, del Giappone sono talmente tante che ci vuole troppo tempo per sceglierne solo alcune.
Il 16 agosto abbiamo goduto dei panorami bellissimi dalla funivia Skyway Monte Bianco mentre salivamo da Pontal d'Entrèves (1300m) a Punta Helbronner (3466m), il punto più vicino alla vetta del Monte Bianco (4810m).
*******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- モンブランと記念撮影 / Foto ricordo davanti alla ciman del Monte Bianco (21/8/2016)
- 突然欠けた歯とモンブラン、巨人の歯 / Dente del Gigante (4013m) (22/8/2016)

参照リンク / Riferimenti web
- イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト - モンテ・ビアンコ新ロープーウェイ運行開始!クールマユール~エルブロンネル展望台 (17/6/2015)
- Sky Way Monte Bianco
↑↑ 現在、リンクをクリックするとウィンドウが開き、「イタリア側の展望台とロープウェイは、すべて常に問題なく完璧に作動・営業していて、最近起こったロープウェイの故障は、フランスの会社、Compagnie du Mont Blanc Chamonixが運営するものである」といったようなことが書かれています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-09-21 23:59 | Valle d'Aosta | Trackback | Comments(4)

突然欠けた歯とモンブラン、巨人の歯

 北イタリアの山を旅行中、確かある日、夕食のときに、奥歯がかなり欠けているのにふと気づきました。旅行中に肩の痛みで動きが制限されぬようにと、出発前日から鎮痛剤を飲み続けているためか、そのときも以後も痛みはいっさいなかったのですが、何かの拍子にこれ以上欠けては大変と、旅行中はひやひやしました。

f0234936_7121759.jpg
Dente del Gigante, Massiccio del Monte Bianco 16/8/2016

 昨日遅くに帰宅して、今日月曜日の朝、さっそく行きつけの歯科医に電話をすると、留守番電話のメッセージが、「休業中です。緊急の場合のみ、以下の番号に電話をしてください。」と答えます。

 昨年の夏はこのメッセージに遠慮して、携帯電話にすぐに電話することはせず、2、3週間ほど待って、その間、何度か歯科医院の固定電話への電話を試みたのですが、いつまで休暇が続くのか、同じメッセージがいつまでも繰り返されます。それでたまりかねて、携帯電話に電話すると、父娘歯医者の娘さんの方が、診療の際に、「そんなに遠慮しなくてもよかったのに。」と言っていました。

 それを思い出して、今朝はすぐに携帯電話に電話しました。二つ目の番号にかけて、ようやく人の声が聞こえました。お父さん歯医者さんです。「休み中なので、緊急ならば木曜に診てもいいけれど、急を要さないようであれば、診療は来週月曜でもいいですか。」と言われて、「あと1週間なら待てますが、もし他の人の治療があって、仕事をされるようであれば、ご連絡ください。」と答えました。

 歯が欠けている部分の周囲は歯磨きもきちんとするのがはばかられる上、これ以上欠ける危険もあるため、歯の無事を祈りつつ、昼食のしたくをしていたら、歯科医から電話があって、幸い今日の夕方に診てもらえることになりました。

 診察の結果は、右上の親知らずが、虫歯と言うわけではないのに、欠けてしまったらしいということでした。虫歯がないのに歯が欠けるということが、最近相次ぐので、不安になって尋ねると、「歯というのは、かむときに一か所に力が集中すると、そこに75~150㎏の力がかかるんですよ。何かかたいものを食べませんでしたか。」と、質問が返ってきました。それに、自分の歯ではなく、つめた部分なので、なおさら欠けやすかったようですとのことです。

 その返事を聞いて、ふと思い当たることがありました。薬局専門店が試供品にとくれたバスソープの袋を、宿でシャワーを浴びる際に、切り口から切ったものの、中身が出てこないので、困ってしまって、歯で袋の端をかんで、袋を開けようとしたことを思い出したのです。記憶はあいまいなのですが、歯が欠けているのにふと気づいたのは、その直後だったのではないかしら、と。

 それが直接の原因だったかどうかは定かではありません。もともと歯並びと歯のかみ合わせが悪い上に、夜歯ぎしりをすることがあるらしいので、まだ日本に暮らしていた頃、14年以上前に治療した親知らずの側面のつめ物が取れてしまうということは、いずれは起こることだったのかもしれません。

 例によって、一度目の診療では、薬を患部につめてもらっただけで、治療が終わるのは、来週月曜の朝になると思います。歯医者にはできれば行きたくありませんが、今回ばかりは、早く歯医者に診てもらえると知ったときは、うれしくて、安心しました。

 モンブランの頂上に迫る展望台からの写真を選んだのは、イタリア語で「巨人の歯」という意味を持つ山塊、Dente del Gigante(4013m)が写っているからです。巨人の歯は健在ですが、わたしの歯は欠けてしまいました。

 「虫歯もないのに歯が欠けるなんて、何だか年を取ってしまったようだ。」としみじみ言うと、歯医者さんが、「22歳の若者で、サクランボの実をかんだために、歯が縦に真っ二つに割れてしまった人もいるんですから、年齢とは関係ありませんよ。」と言います。歯の健康のためには、いろいろ気をつけなければいけないのだなと、つくづく感じました。

********************************************************
Il Dente del Gigante (4013m) nel massiccio del Monte Bianco,

maestoso e intatto.
Invece, durante il viaggio mi sono spezzata
una parte del dente del giudizio curato tanti anni fa.
Secondo il dentista non c'è carie e a volte il dente si spezza
mentre si mastica qualcosa di molto duro.
(Sarà perché ho cercato di aprire un campioncino di bagnoschiuma
utilizzando i denti???)
Poi il dentista mi ha parlato di un giovane di 22 anni
a cui si è spezzato un dente sano
il quale ha morso un nocciolo mentre mangiava le ciliegie!!
Bisogna stare molto molto attenti.
********************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- デンタルサロン・プレジール - 放置は危険!?医師が教える「歯が欠けた」時の、2つの緊急対処&4つの治療法について
- 歯の教科書 - 歯が欠ける4つの原因と欠けてしまったときに行うべき対処法
- dentisti-italia.it - Fratture dentali - Fratture radicolari
- Dentistamilano.com - Dente fratturato: cosa serve sapere

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-22 23:59 | Valle d'Aosta | Trackback | Comments(2)

モンブランと記念撮影

 今夜遅くに北イタリアの山の旅から無事、ペルージャの自宅に戻りました。

f0234936_6451433.jpg

 写真は、雲の中からようやく姿を現したモンブランの頂上を背景に、友人たちと共に撮ってもらったものです。

LINK
- Skyway Monte Bianco - Punta Helbronner - Terrazza a 360°

***********************************************
Buongiorno a tutti!
Ieri sera siamo tornati a casa dal viaggio.
Foto: davanti alla cima del Monte Bianco (4810m)
@ Punta Helbronner (3466m), Valle d'Aosta 16/8/2016
***********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-21 23:45 | Valle d'Aosta | Trackback(2) | Comments(4)