<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アッシジを歩く2 ~お食事編

f0234936_611270.jpg

 さて、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ(リンクはこちら)から歩いて宿に戻ったあとは、車で、こちらのレストラン、ラ・スタッラ(La Stalla)に向かいました。

 Tornata a piedi da Santa Maria degli Angeli all’ostello, siamo andati a pranzare al ristorante La Stalla, questa volta con la macchina, perché il locale si trova un po' fuori della città d'Assisi.

f0234936_6114737.jpg

 入り口近くで、火が勢いよく燃え、肉やチーズが炭火でじっくりと焼かれています。stallaはイタリア語で、牛や馬の暮らす場所を意味します。建物の造りから見て、昔は畜舎だったのでしょう。

 Si grigliavano la carne, i formaggi davanti al fuoco vivace e allegro.

f0234936_615533.jpg

 メニューは、友人の一人の知人でもある店主に任せました。まずは前菜。いろいろな具が載ったブルスケッタと、サルシッチャと青菜を挟んだトルタ・アル・テスト。

 Antipasto – prodotti tipici dell’Umbria: bruschetti con pomodori, con funghi ecc. e poi una torta al testo con salsicce ed erbe.

f0234936_6161850.jpg

 仲間と一緒に食べる食事は、おいしく楽しいものです。昼食には、ペルージャから、夫の弟とその奥さんも駆けつけました。

 Piacevole e squisito il pranzo insieme.

f0234936_6163968.jpg

 三種類のプリモを少しずつ食べて、味を見たあとは、いよいよ炭火で焼かれたおいしいお肉とサルシッチャの登場です。野菜には、ジャガイモを炭火で焼いたものと、玉ネギを炒めたものがでてきました。

 Dopo tre primi, la carne e le salsicce! Per contorno, le cipolle cotte e le patate arrosto. Inoltre, piatti di insalata e di formaggio per i vegetariani.

f0234936_6172889.jpg

 デザートと食後酒、おしゃべりのあと、満足して勘定をすませ、駐車してあった車のもとまで歩いてから、またおしゃべり。実は、思いがけず、店内で日本のツアー旅行客の方々にお会いしました。東京から来られて、リミニ、アッシジ、ミラノを巡られ、ずいぶん忙しい日程のようなのですが、食事と旅行を楽しまれているようでした。リミニにも寄るツアーだと聞いて、添乗員の方に、友人のスピーディを紹介しました。船長スピーディの操縦するアドリア海岸周遊観光船は、リミニを出発して、ザッケローニ監督の故郷であるチェゼナーティコを訪れるからです。(記事はこちら

 Al ristorante ho incontrato i turisti giapponesi provenienti da Tokyo. Avevano già visitato Rimini e il giorno dopo andavano a Milano. Ho presentato Spidi all’accompagnatrice turistica giapponese; ora i giapponesi sono molto interessati a Cesenatico come la patria di Zaccheroni e Andrea Doria, motonave di Spidi porta i turisti lungo la costa adriatica fino a Cesenatico. Sarebbe bellissimo se i turisti giapponesi potessero godere la gita in barca e la passeggiata a Cesenatico inseime al Capitano Spidi in futuro.

関連記事へのリンク / LINK per gli articoli correlati(↓↓)
- アッシジへと歩く旅1 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte1
- アッシジへと歩く旅2 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte2
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-28 23:18 | Gastronomia | Trackback | Comments(14)

アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ

f0234936_18394087.jpg

 長い道のりを歩いて、アッシジにたどり着いた翌日、宿の部屋から外を眺めると、アッシジの町並みと聖フランチェスコ大聖堂が、よく見えました。

 La mattina dopo la lunga camminata ad Assisi, dalla finestra si vedevano bene la Basilica di San Francesco e la città natale del santo.

cfr. 関連記事へのリンク / LINK per gli articoli precedenti(↓↓)
- アッシジへと歩く旅1 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte1
- アッシジへと歩く旅2 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte2

f0234936_18413850.jpg

 朝食のあと、宿から歩いて、郊外にあるサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会へと向かいました。教会のクーポラが奥の方に小さく見えています。鮮やかなピンクの花を咲かせているのは、セイヨウハナズオウ。イタリア語では、この木をalbero di Giudaと呼びます。直訳すると「ユダの木」で、これは、キリストを裏切ったユダ(Giuda)が自らの非を悔いて、この木の下で首をつったという俗信があるからです。

 Dopo colazione abbiamo camminato fino alla Basilica di Santa Maria degli Angeli. Lontano si vedeva la cupola della basilica. Era bellissimo un albero di Giuda con i fiori di colore rosa; secondo la credenza popolare Giuda Iscariota si impiccò a quest’albero.

f0234936_1843389.jpg

 45分ほど歩いて、ようやく教会の脇にある泉が見えてきました。
 Dopo la passeggiata di 45 minuti, siamo arrivati alle Fonti Medicee che si trovano al lato sinistro della basilica.

f0234936_18433375.jpg

 こちらが、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会です。
 Ecco la Basilica di Santa Maria degli Angeli.

f0234936_1844416.jpg

この日、4月17日日曜日は、ちょうど枝の主日であったため、教会の入り口で、祝別されたオリーブの枝を受け取りました。

Era il 17 aprile, Domenica delle Palme; abbiamo ricevuto i rami di olivo benedetti.

f0234936_18443842.jpg

 教会でのミサに参列したあと、夫の友人で、合唱団コラーレ・テティウムでも時々歌っている修道士、アレッサンドロが、小さな礼拝堂の中で、聖フランチェスコの人生と、聖人にとってどれだけこの場所が大切なものだったかなどを、わたしたちに語ってくれました。

 Dopo la Messa, Frate Alessandro ci ha dato una bellissima lezione sulla vita di San Francesco, l’importanza della Porziuncola per il santo ecc.

f0234936_184562.jpg

 感動的で心に残るいいお話をうかがったのは、こちらの小さな礼拝堂の中でです。何も持たず、すべてを神にゆだねて初めて、神からの恵みが与えられるのだということ、何においても一番になりたかった聖フランチェスコが、いつしか自分自身ではなく、「神が自分に何をお望みか」と尋ねるまでに成長していったこと。そして、最後に、毎日の生活の中で、家族の中で、少しでも聖人に近づけるために、心がけるべきことは何かを教えてくれました。「子供には簡単にできるのに、大人には難しいんですよ。」という前置きと共に。

 Questa è la cappellina in cui Fra Alessandro ci ha commosso con diversi aneddoti curiosi e insegnamenti bellissimi. Ci ha insegnato anche ciò che possiamo fare nella famiglia, nella vita quotidiana per avvicinarci allo spirito di San Francesco; cose facili per i bambini, ma difficili per gli adulti.

f0234936_18453022.jpg

 それは、「ありがとう」と「ごめんなさい」を言うことですよ、と。
 Dire ‘grazie’ e ‘scusa’.

 教会の敷地内には、聖フランチェスコにまつわる逸話の残る場所がいくつかあります。こちらの聖フランチェスコ像が抱えるかごの中には、いつ来ても生きたキジバトがいます。この像が建てられたのは、かつてある若者が多くのキジバトをしとめて、売りに歩いていたとき、鳥を哀れに思った聖人が、若者に頼んでキジバトを譲り受けたという逸話からです。鳥たちは、その後、聖人のそばに住みつき、聖フランチェスコが旅立ちを祝福するまで、いつまでも修道士たちのもとにい続けたということです。

 Nel cestino tra le mani della statua del santo c’è una tortora – un giorno San Francesco chiese a un giovane che vendeva le tortore di dargli ‘uccelli così innocenti’. Il giovane le diede tutte al santo e le tortore rimasero con lui e gli altri frati fino a quando San Francesco diede loro la benedizione e la licenza per partire.

f0234936_1847636.jpg

 こちらは、境内に咲くとげのないバラの咲くバラ園です。聖フランチェスコが、修道生活を放棄する誘惑にかられて、自らを戒めようといばらの茂みに飛び込んだときに、いばらからとげが消え、今でも、このバラ園のバラには、とげがないということです。

 In questo roseto crescono le rose senza spine. Secondo la tradizione, per vincere la tentazione di abbandonare la vita di penitenza e di preghiera, San Francesco si spogliò e si gettò in un roveto presso la sua cella; al suo contatto le spine scomparvero e fiorì un giardino di rose che è ancora oggi senza spina.

f0234936_18473490.jpg
Cappella delle rose


 かつて聖フランチェスコが暮らした庵のあった場所に、後にこちらのバラの礼拝堂(Cappella delle rose)が建てられました。

 Il luogo dove c’era la cella che ospitava San Francesco venne trasformato in questa cappella.

f0234936_18475722.jpg

 夫がしゃがみ込んでのぞいている格子の向こうには、こうして十字架と祈りにふける聖フランチェスコの像が見えます。左横には、「ここに聖フランチェスコが住んでいました」と書かれています。

f0234936_18481866.jpg

 教会内部では写真を撮ることができないので、内部の様子が分かるポスターの写真を載せておきます。教会の内部に見える、小さな礼拝堂は、ポルツィウンコラ礼拝堂(Cappella della Porziuncola)。聖人の愛した場所やゆかりの深い場所は他にもありますが、このポルツィウンコラこそ、聖フランチェスコが暮らし、修道会を設立し、贖宥状を与える許可を得、聖フランチェスコが亡くなった場所であり、聖人が最も愛した場所なのです。

 Nella maestosa basilica è inglobata la piccola chiesa della Porziuncola ricostruita con le mani di San Francesco. Alla Porziuncola il santo stabilì la suoa dimora, accolse i primi compagni e fondò l’ordine dei frati minori. Qui San Francesco consacrò Chiara di Assisi al Signore proprio 800 cento anni fa, nella domenica delle Palme del 1211. Qui ottenne la promessa dell’indulgenza: il Perdono di Assisi e infine accolse la morte il 3 ottobre 1226.

f0234936_184994.jpg

 聖フランチェスコの手助けを得て、聖キアーラが信仰生活に入りったのも、このポルツィウンコラであり、しかもそれが、ちょうど800年前、1211年の枝の主日の夜であったと知って驚きました。

f0234936_18492861.jpg

 サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会を後にして、再び歩いて、車を駐車してある宿に戻ります。

 Verso le 11.35 siamo partiti dalla basilica a piedi.

f0234936_1849495.jpg

 緑の中を歩みながら、目に映るアッシジの町並みが、それは美しくて感動しました。
 Godendo del panorama della città di Assisi, abiamo camminato tra il verde dei campi e dei prati.

記事の続きへのリンク / LINK per gli articoli successivi(↓↓)
- アッシジを歩く2 ~お食事編 / Passeggiata ad Assisi2 - pranzo
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3
参考資料 / Riferimenti web e bibliografici(↓↓)
- Wikipedia日本語版 - 枝の主日
- I fioretti di San Francesco – Come san Francesco si fece dare certe tortore da uno iovane
- Porziuncola – Il Roseto: la Cappella delle rose
- Assisiofm.org - Porziuncola
- S. Maiarelli, “Guida storico-artistica Assisi. Itinerario francescano”, Edizioni Porziuncola, 2006.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-27 11:54 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(12)

聖金曜日のラヴェルナ

f0234936_564835.jpg

 4月22日は聖金曜日。夫と二人でラヴェルナを訪れました。
 Il 22 aprile, nel giorno del Venerdì Santo, abbiamo visitato la Verna.

f0234936_573778.jpg

 ベッチャからラヴェルナへと続く参詣路には、聖フランチェスコが、受難におけるイエスの苦しみを我が魂と我が身に感じられますようにと願う壁画があります。

 Lungo il sentiero che conduce da Beccia alla Verna, San Francesco nell’affresco prega a Dio ricordando la Passione di Gesù.

f0234936_575755.jpg

 道筋にある十字架は、春の新緑と野の花に取り囲まれています。
 Ci sono diverse croci lungo quest’antica strada verso la Verna.

f0234936_581926.jpg

 午後3時から、ラヴェルナの聖堂で行われた、主の受難を思い起こす典礼に、参列しました。十字架を決して無関心に眺めてはいけない、十字架を見るたびに、神の大きな愛と主の受難を胸に新たにする必要がある、という言葉が印象に残りました。

 Alle 15.00 abbiamo partecipato alla Celebrazione della Passione del Signore nella Basilica. Quanto alla predica ricordo soprattutto queste parole del vescovo: "Non si deve mai vedere la croce con gli occhi indifferenti. Ogni volta che si vede la croce, vanno ricordati il grande amore di Dio per noi uomini e il suo grande sacrificio".

f0234936_584333.jpg

 聖書の言葉が読み上げられ、説教が終わったあと、聖堂の扉が開け放たれ、十字架が入り口から祭壇へと運ばれました。

 Dopo la lettura e la predica è entrata la Croce dalla porta ed è stata portata verso l’altare.

f0234936_59335.jpg

 そして、人々が列をなして、祭壇前に置かれた十字架前に並び、一人ひとりがキリストに口づけをしていきました。 

f0234936_592980.jpg

 昼過ぎにこちらの教会で瞑想にふけっていると、途中から、修道士たちが、祭壇近くに飾られた花やロウソクを次々に、持ち運び始めました。後から行われた典礼で、それがキリストが受難において衣服を取り去られ、辱められたことを思い起こしてのことだと、説明がありました。

 Mentre pregavamo in questa chiesetta, un frate e una suora portavano via i vasi di fiori e le candele; dopo durante la celebrazione abbiamo saputo che era per ricordare Cristo spogliato e umiliato sulla croce.

f0234936_594852.jpg

 こちらの礼拝堂、Cappella dell’Adorazioneには、ペンナ山にあるブナの小堂(Cappella del Faggio)から運ばれたフレスコ画が飾られています。

Nella Cappella dell’Adorazioneci sono gli affreschi portati dalla Cappella del Faggio sul Monte Penna.

f0234936_510321.jpg

 礼拝堂の中で、この祈りの言葉を見つけました。

  「ああ主よ、どうか私が
   慰められることよりも、慰めることを
   理解されることよりも、理解することを
   愛されることよりも、愛することを
   求めることができるようにしてください。」

 イタリアでは、よく知られた祈りの言葉で、マザー・テレサが引用したことでも有名です。わたしもとても好きな言葉なのですが、頭では分かっていて、そうありたいと願っていても、実行のなんと難しいことか……

 Qui nella Cappella dell’Adorazione abbiamo trovato la Preghiera Semplice.

  “Oh! Maestro, fa ch’io non cerchi tanto:
   Ad essere consolato, quanto a consolare,
   Ad essere compreso, quanto a comprendere,
   Ad essere amato, quanto a comprendere.”

 Molti conoscono queste parole, tuttavia quanto è difficile metterle in pratica!

f0234936_5113027.jpg

 ペンナ山のブナ林に囲まれたこちらの建物が、ブナの小堂(Cappella del Faggio)です。礼拝堂の中にあったフレスコ画は、もともとこの小堂の壁を飾っていたものです。フレスコ画に描かれているのは、福者ジョヴァンニにまつわる逸話です。現在、この小堂が立つ場所に、13世紀には、大きなブナの木があって、福者ジョヴァンニはしばしばこの木に足を運んでは、瞑想をし、祈りを捧げていました。小堂は、福者の没後に巨木が倒れたあと、この木があった場所に建てられたものです。

 Questa è invece la Cappella del Faggio, dove si trovavano originariamente gli affreschi sopra. Qui nel XIII secolo c’era un grande l’albero di faggio dove veniva a meditare e pregare il Beato Giovanni della Verna dipinto negli affreschi. Dopo la caduta del faggio, fu edificata la cappella dove c’era il grande albero.

f0234936_512288.jpg

 少しだけ歩いたペンナ山では、新緑の美しさが印象に残りました。
 Abbiamo passeggiato solo una decina di minuti sul Monte Penna. Erano bellissime diverse sfumatore del colore verde che ornavano il monte.

f0234936_5124812.jpg

 20年ほど前に倒れたというブナの巨木の傍らでは、若い木が青々とした葉を茂らせています。
 Accanto al faggio caduto una ventina di anni fa, c’è un albero giovane vestito di foglie fresche.

f0234936_513874.jpg

 まだスミレが、ところどころで、花を咲かせていました。
 Tra gli alberi ancora fiorivano le violette.

f0234936_5133310.jpg

 ベッチャの駐車場前の草原も、花とツクシで覆われていて、春の訪れを実感しました。
 Era pieno di fiori anche il prato davanti al parcheggio di Beccia.

f0234936_5135235.jpg


LINK
- it.wikipedia – Giovanni della Verna
- it.wikipedia – Preghiera semplice

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-25 22:15 | Feste & eventi | Trackback | Comments(10)

復活祭のパン / Torta di Pasqua

 昨日の朝、義父母にあいさつしようと階下に下りると、ちょうどお義母さんが復活祭のパン(torta di Pasqua)を作ろうとしているところでした。そこで、お義母さんを手伝いつつ、このウンブリア伝統のパン作りを教わることにしました。

f0234936_632192.jpg

 ペルージャの我が家では、復活祭(Pasqua)当日には、卵とチーズをたっぷり使って作ったこちらの復活祭のパン(torta di Pasqua)とゆで卵、そして、ワインをいただきます。パンも卵もワインも、前日にすでに教会で祝福を受けています。ちなみに、写真は、昨年の復活祭(記事はこちら)の日の朝食です。

f0234936_642457.jpg

 今回作ったのは、大きいパン二つと中くらいのパン二つの計四つです。材料は、ご覧のとおり。卵、チーズ(パルミジャーノとペコリーノ)、小麦粉、オリーブオイル、ビール酵母、ラード、そして型に塗るためのバター少々とビール酵母を溶かすための牛乳少々。

f0234936_645159.jpg

 まずは卵をかき混ぜます。今回使った卵はなんと25個! 卵の色が均一になってきた頃から、ラードとオリーブオイルを加え、さらに小麦粉を少しずつ加えて、ミキサーで混ぜ続けます。

f0234936_65879.jpg

 他に頼める人がいないので、わたしが左手でミキサーを使いながら、右手にカメラを持って、料理風景を撮影をしている間、お義母さんは少しだけ温めた牛乳にビール酵母を溶かしています。

f0234936_653640.jpg

 十分に混ぜ合わさった頃、さらにすりおろしたチーズを一度に加えて、混ぜ続けます。

f0234936_66980.jpg

 さらに小麦粉を加えて、混ぜ続けるのですが、ここまで来ると、密度がかなり濃くなってきているため、ミキサーも苦戦していました。わたしは木さじで混ぜましょうかと提案したのですが、お義母さんには、ボウル(うちでは鍋で代用)で混ぜ合せるのはミキサーが使えるところまでで、ミキサーが回らなくなったら、打ち台の上に作業を移すからと言われました。

f0234936_662981.jpg

 小麦粉を下に敷いた台の上に、鍋の中身を移します。このときには、苦労しすぎたミキサーが少し過熱していました。

f0234936_664711.jpg

 量がとんでもなく多いので、台の上には少しずつ移し、さらに小麦粉を加えて、十分に練り上げていきます。

f0234936_67721.jpg

 鍋の中身はすでに台の上に移り、お義母さんが、少しずつ小麦粉を加えながら、目にもカメラにも留まらぬ早業で、十分に練り上げていきます。小麦粉は、手ごたえでこれはという固さになるまで、加え続けていくとのことです。塩こしょうは、この作業の途中に加えて、味を調えます。

f0234936_672584.jpg

 最後に、角切りにしたチーズを加えて、混ぜ合わせます。

f0234936_674953.jpg

 バターを塗っておいた型に入れ、表面の高さをそろえ、平らにして、上にオリーブオイルを塗ります。これが11時頃。

f0234936_68968.jpg

 12時半頃には、ビール酵母の力で、こんなにふくらんできました。ここまでふくらんだら、オーブンで焼くことができます。

f0234936_682759.jpg

 180度に熱したオーブンで、1時間じっくり焼き上げて、はいできあがり! 最初の写真でご紹介したような、おいしい復活祭のパンが焼き上がりました。土曜日に、教会に運んで、祝福を受けることになっているそうです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-22 23:09 | Gastronomia | Trackback | Comments(8)

アッシジへと歩く旅2

f0234936_23153764.jpg
アッシジの聖フランチェスコ大聖堂 / Basilica di San Francesco, Assisi 17/4/2011


 目指すはアッシジ(Assisi)聖フランチェスコ(詳しくはこちらの三つ目の記事)の生地で、聖人にゆかりの教会や場所の多い町です。

 La meta è Assisi, città natale di San Francesco.

f0234936_2316583.jpg

 冷たい風と雨に打たれながら、スバージオ山の高みにある十字架を目指して歩きます。十字架は、赤い矢印で示したところに立っています。

 Colpiti dal vento e dalla pioggia proseguivamo il sentiero verso la croce segnalata nella foto sopra con la freccia rossa.

f0234936_23172491.jpg

 ようやく十字架にたどり着きました。眼下にはアッシジの町が見え、眺めはすばらしいのですが、吹きつける風の冷たさに、一同すぐに、折り返して山を下り始めます。

 Finalmente siamo arrivati alla croce; il vento era così forte e freddo che tutti hanno ripreso subito il cammino.

f0234936_23174788.jpg

 そうです。ようやく長い登り道が終わり、あとは、アッシジまで下り道です。

 Ora scendevamo sempre giù verso la città di Assisi.

f0234936_2318201.jpg

 ここまでの道中にも自生の水仙(narciso)の花を時々見かけたのですが、アッシジへと下る途中に、一面に白い水仙の花が咲きほこっている場所がありました。

 Mentre scendevamo, ci siamo imbattuti in un luogo meraviglioso, pieno di narcisi spontanei.

f0234936_23194154.jpg

 長い山道のあちこちに野生のアスパラガスが生えていて、わたしも目にしたアスパラガスは、摘み取って生のまま食べたり歩いたりしていました。山育ちの夫は、おいしそうなアスパラガスがいくつもいくつも目の前に現われる誘惑に勝てなくなったのでしょう、途中から、時々道から逸れて山に踏み入り、アスパラガスの収穫に励み始めました。

 Lungo il sentiero si trovavano moltissimi asparagi selvatici. Mio marito ha cominciato a raccoglierli e anche io e alcuni altri, pur in misura molto inferiore.

f0234936_2321405.jpg

 トレッキング・コースは、やがて道路に行き当たり、しばらく車道を歩くことになりました。道路を歩き始める直前に、フランコと出会いました。フランコは、今朝リミニを出発し、アッシジから、わたしたちと合流するべく、スバージオ山を登っていたのです。一人増えて、総勢9人となり、皆でアッシジを目指します。

 Mentre scendevamo, abbiamo incontrato Franco che ci è venuto incontro partendo a piedi da Assisi.

f0234936_2322029.jpg

 車道の傍らにも、さまざまな野の花が咲いていました。
 Anche lungo la strada si trovavano bei fiori di montagna.

f0234936_23222059.jpg

 こうして、午後3時過ぎに、アッシジの町から離れた山中にある、カルチェリの庵(Eremo delle Carceri)に到着しました。

 Verso le 15.15 siamo arrivati all’Eremo delle Carceri.

f0234936_23242793.jpg

 聖フランチェスコが、世の喧騒から逃れて、瞑想と祈りにふけるために、しばしば訪れていたのが、このカルチェリの庵です。古い庵があったこの地に、15世紀、シエナの聖ベルナルディーノが小さな修道院を建てさせたということです。

 San Francesco si ritirava spesso in questo eremo a contemplare e a pregare. Nel XV secolo sull’antico eremo San Bernardino da Siena fece costruire un convento alla semplicità francescana.

f0234936_23245163.jpg

 カルチェリの庵を訪ねたあとは、再びアッシジを目指して、歩き始めました。十字架が立っていた場所(赤い矢印で示してあります)が、もうこんなに小さく見えます。

 Dopo la visita dell’Eremo, abbiamo ripreso il cammino. Si vedeva già così piccolo e lontano il luogo dove si ergeva la croce.

f0234936_23251775.jpg

 急な下り坂を苦労しながら、下りに下って、ようやくアッシジの町の高みにある城塞、Rocca Minoreの近くまでたどり着きました。

 Era faticosa anche scendere perché la discesa era ripida. Finalmente è comparsa la Rocca Minore di Assisi davanti ai nostri occhi.

f0234936_23254497.jpg

 ようやくアッシジの町の城門、カップッチーニ門(Porta Cappuccini)にたどり着いたのは、午後5時を過ぎた頃でした。

 Verso le 17.00 siamo arrivati alla Porta Cappuccini, ingresso alla città di Assisi.

f0234936_23271148.jpg

 門の前で、皆で記念撮影。わたしが歩いたのは土曜日だけですが。マヌエーラたち4人は、日曜日にリエーティ県のポッジョ・ブストーネを出発し、毎日20km近くもの距離を、1週間歩き通して、アッシジに到着したので、感慨もいっそう深いものがあったことと思います。わたしの夫も皆と共に日曜から木曜まで巡礼を続けたのですが、金曜に合唱団で歌わなければいけなかったため、1日だけペルージャに戻り、土曜の朝に再び、巡礼に合流したのです。

 Foto insieme davanti alla porta. Ho camminato solo sabato, ma la metà del gruppo è arrivata ad Assisi dopo una settimana di camminata, partendo da Poggio Bustone (RI) domenica 10 aprile. Anche mio marito aveva camminato insieme da domenica a venerdì, ma era dovuto tornare a Perugia venerdì per un impegno ed è ripartito di nuovo sabato mattina con me. Sarebbero stati molto emozionati quelli che hanno camminato da Poggio Bustone per arrivare fin qui.

f0234936_23274050.jpg

 と言っても、宿はまだまだ遠く、アッシジの町を縦断した、さらにその下方にあります。美しい町並みを楽しみながら、最後の力をふりしぼって、歩き続けます。

 Tuttavia, l’alloggio era ancora lontana e dovevamo camminare attraversando la bella città di Assisi.

f0234936_2328636.jpg

歩きに歩いて、ようやく町はずれにあるこちらの宿、 Ostello della Paceに到着したのは、午後6時直前のことです。宿の庭に咲く藤の花を眺めながら、思わず芭蕉の句が頭に浮かび、この俳句を、初めて真の意味で、理解できたような気がしました。

  草臥(くたび)れて宿かる頃や藤の花  

 Finalmente siamo arrivati al nostro alloggio, l’Ostello della Pace. Erano quasi le 18.00 e nel suo giardino ci salutavano i fiori di glicine. Mi è venuta in mente subito una poesia haiku di Basho e forse solo in quel momento ho capito l’essenza della poesia.

  草臥(くたび)れて宿かる頃や藤の花
  Affaticato,
  mentre cerco albergo,
  mi scopro sotto i fiori di glicine.

f0234936_23314089.jpg

 この日の夕食は、ペルージャやエミリア・ロマーニャ州から他の友人たちも駆けつけ、子供連れの友人も多かったため、それはにぎやかなものになりました。前菜は、夫が中心になって収穫したアスパラガスの卵焼き。とてもおいしかったです。

 Per cena sono arrivati altri amici da Perugia e dall’Emilia Romagna, molti con i figli. Dopo un agrande camminata, era molto piacevole la cena insieme; è iniziata con la frittata di asparagi raccolti da noi ed era buonissima!

直前の記事へのリンク / LINK per l'articolo precedente
- アッシジへと歩く旅1 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte1

記事の続きへのリンク / LINK per gli articoli successivi
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola
- アッシジを歩く2 ~お食事編 / Passeggiata ad Assisi2 - pranzo
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3

参考資料 / Riferimenti web e bibliografici
- Assisi Ostello della Pace - HOME
- A.M.Seracchioli, “Di qui passò Francesco. 350 chilometri a piedi o in bicicletta tra La Verna, Gubbio, Assisi… fino a Rieti”, Terre di mezzo, 1994.
- S. Maiarelli, “Guida storico-artistica Assisi. Itinerario francescano”, Edizioni Porziuncola, 2006.
- Matsuo Basho, “Poesie. Haiku e scritti poetici”, La Vita Felice, 1996.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-21 16:35 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)

アッシジへと歩く旅1

f0234936_16405735.jpg

 4月16日土曜日は、ペルージャの南方にあるスペッロ(Spello)から、アッシジ(Assisi)まで、約25kmを歩きました。朝7時22分の電車で、夫と共にペルージャ駅を出て、8時頃、スペッロ駅に到着。駅から町に向かって歩いて行くと、スペッロの町並みが、朝の光に、美しく浮かび上がっていました。

 Sabato 16 aprile abbiamo passeggiato da Spello ad Assisi - camminata di circa 25km. Io e mio marito siamo arrivati a Spello con il treno alle otto.

f0234936_16413524.jpg

 友人たちとの待ち合わせ場所は、町の最も高い場所。花とイタリアの国旗に飾られた町の坂道を、二人でひたすら上って行きます。

 Salivamo per le vie verso la parte più alta della città dove avremmo incontrato gli amici.

f0234936_1642294.jpg

 町の高みにある城門で、9時前に友人たち一行と落ち合い、スバージオ山へと向かう小道を登って行きます。

 Abbiamo incontrato gli amici prima delle nove. Dopo saluti e baci, salivamo per il sentiero che conduce da Spello verso il Monte Subasio.

f0234936_16423184.jpg

 道沿いには、オリーブの木々が並び、真っ赤なヒナゲシ(papavero)が、緑の山に彩りを添えています。

 Lungo il sentiero era vivace il rosso dei papaveri in mezzo al verde degli olivi e delle erbe.

f0234936_16431386.jpg

 スペッロの町が少しずつ遠ざかっていきます。
 A mano mano si allontanava di più la città di Spello.

f0234936_16434036.jpg

 坂道を上って行く途中、野原を見つけて、最初の休憩。このとき、午前10時15分。
 Alle 10.15 abbiamo trovato un bel prato per riposarci.

f0234936_16535391.jpg

 CAI(Club Alpino Italiano、イタリア山岳クラブ)の50番トレッキング・コースを歩いて行くと、道はやがて、スバージオ山自然公園の中を進むようになりました。

 Seguendo il sentiero CAI 50, siamo entrati nel Parco del Monte Subasio.

f0234936_16445687.jpg

 道端には、さまざまな野の花が咲いています。色鮮やかなシクラメン(ciclamino)が、群れをなして咲いているところも、たくさんありました。

 La collina era oranata da diversi fiori spontanei. Ci salutavano spesso i fiori dei ciclamini, allegrandoci con il bel colore rosa.

f0234936_16454753.jpg

 ひたすら山道を登り続けて、こちらの泉、Fonte Bregnoに出会いました。
 Dopo una salita lunga e faticosa, abbiamo incontrato la Fonte Bregna.

f0234936_16555367.jpg

 泉のすぐ近くに山小屋やベンチがあり、眺めもいいので、ここで昼食休憩。パンやチーズ、クルミなどを、分け合って食べました。食事を始めたのは、ちょうど正午を過ぎた頃です。

 Accanto alla fonte abbiamo trovato un bel panorama, il rifugio, una panchina comoda. Era mezzogiorno, preparavamo il pranzetto con pane, formaggio, noci ecc. per mangiare insieme.

f0234936_16462748.jpg

 昼食後は、横に長い台形形のスバージオ山の斜面を、さらに高みを目指して、歩いて行きました。
 Dopo pranzo salivamo sul Monte Subasio ancora verso l’alto.

f0234936_1646512.jpg

 午後1時頃、見晴らしのいい草原で一休み。目的地のアッシジが、ようやく見えてきました。赤い矢印で記してあるのが、アッシジの町です。

 Verso le 13.00 ci ripsavamo sul prato panoramico. E’ apparsa finalmente la città di Assisi pur ancora piccola e lontana. Nella foto è segnalata con la freccia rossa.

f0234936_16471461.jpg

 歩いて来た方角を振り返ると、スペッロはもう山影にあって見ることができず、遠くの山々は霞に包まれています。

 Voltandosi indietro, Spello non si vedeva più, nascosta dalle colline. Le montagne lontane erano velate dalla foschia.

f0234936_16473834.jpg

 再び歩き始めたその前方は、暗い雲に覆われていました。山頂近くは、冷たい風が吹きすさび、パラパラと振りつける雨には、時折氷も混じっていました。

 Una grande nuvola nera incombeva su di noi. Tirava un forte vento freddo e cadeva la pioggia a volte mista a giaccio.

f0234936_1648427.jpg

 仲間たちに、そして、美しい花や景色に励まされながら、さらに先へと歩いて行きます。(つづく)
 Proseguivamo il sentiero, incoraggiati dai compagni, dai fiori e dai panorami. (continua)

関連記事へのリンク / LINK per gli articoli successivi
- アッシジへと歩く旅2 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte2
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola
- アッシジを歩く2 ~お食事編 / Passeggiata ad Assisi2 - pranzo
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-20 09:57 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(12)

日本の桜5 京都、渉成園

f0234936_1462432.jpg

 京都の渉成園では、趣のある庭園と共に、美しい桜の花を楽しむことができました。

 Il Giardino Shosei-en è un raffinato giardino giapponese situato nella città di Kyoto. Il 29 marzo 2009 la sua bellezza era esaltata dalla fioritura dei ciliegi.

f0234936_1465985.jpg

 昔を偲ばせる造りの建物の傍らに、色とりどりの花が、思い思いに花を咲かせています。建物は、その名も「傍花閣(ぼうかかく)」。

 Erano meravigliosi i fiori di diversi colori accanto al Palazzo Boka-kaku, il cui nome significa appunto ‘palazzo accanto ai fiori dei ciliegi’.

f0234936_1474347.jpg

 庭園内に張り巡らされた水もまた、その上に架けわたされた回棹廊(かいとうろう)や取り囲む緑と共に、趣を添えています。

Le acque del fiume e dei laghetti donano ulteriore quiete e bellezza al giardino.

f0234936_1482681.jpg

 こちらの池、印月池(いんげつち)には、白鷺の姿が見えます。
 Anche un’egretta contempla il Laghetto Ingetsu-chi (la pronuncia è simile a ‘inghetsuci’).

f0234936_149222.jpg

 鯉も気持ちよさそうに、池の中を泳いでいます。
 Le carpe koi salutano allegramente i visitatori.

f0234936_149298.jpg

 風情があるのは、桜や池、建物だけではありません。
 La siepe di bambù, la stradina segnalata con le pietre tra il prato verde – una bellezza squisita in ogni angolo.

f0234936_1495091.jpg

 夫は、竹を利用した雨どいや垣に興味を持って、熱心に観察していました。
 Mio marito osservava attentamente la grondaia fatta di bambù.

f0234936_1501599.jpg

 馬酔木も、白く可憐な花を咲かせていました。
 Il bianco dei fiori di asebo, il verde delle foglie, il rosso delle foglie giovani … il tricolore in natura.

f0234936_150444.jpg

 その昔、平安の世に、在原業平が
   世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
と詠めば、

 舅の紀有常は、
   散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世に何か久しかるべき
と返しました。

 Ariwara no Narihira, poeta del IX secolo, cantò nella sua poesia waka*,
   Se non ci fossero affatto fiori del ciliegio nel mondo,
    la gente si sentirebbe tranquilla in primavera.

 Subito rispose Ki no Aritsune, suo suocero, componendo la poesia,
   I fiori dei ciliegio sono splendidi, proprio perché destinati a cadere.
    Che cosa rimane per sempre in questo mondo effimero?

f0234936_1521332.jpg

 千百年も昔から、日本の人々は、桜の季節を心待ちにし、咲く前はいつ花が開くのか、咲けば咲いたで、雨が降り風が吹くたびに、花が散らないかと心配し、桜を愛するがゆえに、春に落ち着かぬ気持ちでいたのだ、ということが、業平の歌から分かります。

 対して、桜はすぐに散ってしまうからこそ、すばらしいのだ、と歌う有常の歌には、移ろいゆくはかないものに美を認め、いとおしく思う気持ちが表れています。こうした特有の美意識は、平安時代に深く浸透していた、仏教の無常観から来るものでしょう。

 Poiché ama così tanto i fiori dei ciliegi, il popolo nipponico non ha pace nel cuore già dal IX secolo; prima della fioritura la attende con ansia, se fiorisce si preoccupa ogni volta che piove o tira il vento perché possono cadere i fiori dei ciliegi. La poesia waka di Narihira esprime l’amore per i fiori di ciliegio utilizzando un paradosso.

 Nella poesia di Aritsune, invece, traspare un peculiare senso estetico, l’ammirazione per tutto quello che è mutevole e fragile. Durante il Periodo Heian (794-1185) era molto diffuso il senso di evanescenza della vita del buddhismo e per questo nacque tale senso estetico.

 Si possono ammirare i fiori del ciliegio solo per due settimane. I fiori cadono prestissimo dopo la fioritura. I giapponesi amano la loro bellezza profondamente soprattutto a causa di quella fugacità.

f0234936_1533147.jpg

 やがては散る定めにありながら、それでも美しい花をいっぱいに咲かせ、目を楽しませてくれる桜たち。そういう花を愛する国に生まれたことを、誇りに思います。そして、今日本で咲いているであろう桜を思い浮かべながら、花たちが、日本に暮らす皆さんに、喜び、心の落ち着き、そして、勇気をもたらしてくれますように、と祈っています。

 Sono orgogliosa di essere nata nel Paese in cui si ammirano i fiori dei ciliegi che ci colpiscono con splendore, con l’esplosione dell’energia scaturita dall’albero intero, pur destinati a cadere dopo poche settimane. In questo momento la fioritura dei ciliegi darà gioia, serenità e coraggio a molte persone in Giappone.

*waka – poesia di 31 sillabe in 5 versi di 5-7-5-7-7 sillabe.

関連記事・LINK
↓↓日本語/In lingua giapponese
-ようこそ、東本願寺へ - 渉成園 (solo in giapponese)
↓↓In inglese/英語 – storia, orario, come arrivare ecc.
-Welcome to Kyoto – Shoseiin Garden (Sito della Regione di Kyoto)
-My kind of Kyoto, a website on a historic city of Japan – Shosei-en Garden

春は桜。京都の美しい桜や、イタリアでは実が目当てで桜を植えることについては↓↓
Spettacolare Fioritura dei Ciliegi in Giappone con foto ↓↓
- 日本の桜1 はじめに / Fioritura dei Ciliegi in Giappone
- 京都、醍醐寺の桜 / Tempio Daigo-ji, Kyoto
Fioritura dei Ciliegi a Kyoto, spiegazioni anche in italiano ↓↓
- 日本の桜2 京都大原三千院 / Tempio Sanzen-in, Kyoto
- 日本の桜3 京都大原実光院 / Tempio Jikko-in, Kyoto
- 日本の桜4 京都大原宝泉院 / Tempio Hosen-in, Kyoto

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-15 18:58 | Giappone | Trackback | Comments(8)

日本の桜4 京都大原宝泉院

f0234936_641770.jpg

 最後に訪れた宝泉院も、三千院(記事はこちら)と実光院(記事はこちら)のすぐ近くです。樹齢700年というみごとな五葉の松が、わたしたちを出迎えてくれました。

 Il Tempio Hosen-in è l’ultimo tempio che abbiamo visitato ad Ohara. E’ molto vicino sia al Tempio Sanzen-in che al Tempio Jikko-in. All’entrata ci saluta il Grande Pino di 700 anni.

f0234936_67518.jpg

 客殿からは、この五葉の松のどっしりとした幹と枝がよく見えます。
 Si possono ammirare i tronchi e i rami, entrambi maestosi, dalla sala del tempio.

f0234936_672832.jpg

 こちらは、部屋の中から観賞できる鶴亀庭園。池の形が鶴、築山を亀、山茶花の古木を蓬莱山とみる名園、とお寺でいただいた案内に説明があります。

 In questo giardino, lo stagno ha forma di gru, le rocce e la terra sono accumulate a forma di tartaruga, mentre l’antico albero di sasanqua rappresenta L’Horai-san, monte meraviglioso dove non ci si invecchia e non si muore.

f0234936_68188.jpg

 盤桓園(ばんかんえん)と呼ばれるこちらの庭も、石と緑、そして、花が美しく調和し、風情があります。手前に見えるのは珍しい二連式の水琴窟(すいきんくつ)。

 E’ bellissima anche la vista di questo giardino, Bankan-en. Bella armonia tra le pietre, i fiori e il verde.

f0234936_684869.jpg

 奥には、緑の孟宗竹が立ち並んでいます。
 In fondo i bambù moso-chiku, verdi e alti.

f0234936_691730.jpg

 室内の壁にも、やはり自然が描かれていて、落ち着いた、穏やかな気持ちに誘ってくれます。

 La natura è dipinta pure all’interno del tempio. L’ambiente che da grande tranquillità e pace.

f0234936_695416.jpg

 寺の南側に近年新たに誕生した庭、宝楽園。岩や木々、そして、白砂などを用いて、広大な仏、神の世界を表している、とのことです。

 Questo è il giardino, Horaku-en che si trova a sud del Tempio Hosen-in. Il mondo immenso del Buddha e degli Dei viene rappresentato dalla disposizione delle rocce, gli alberi, la sabbia bianca ecc.

f0234936_6102283.jpg

 岩や緑の配置が生み出す不思議な調和に、夫と二人で感嘆しました。
 Un’armonia bella e misteriosa.

f0234936_616307.jpg

 一昨年の3月26日は、まだ肌寒く、花を愛でるのには早かったのですが、それでも、大原で、美しい日本庭園を持つお寺を三つ訪ねることができて、二人とも満足しながら帰途につきました。
 
 Il 26 marzo ancora i ciliegi avevano pochissimi fiori, ma i tre templi di Ohara che abbiamo visitato erano tutti bellissimi e siamo tornati in centro di Kyoto, felici e contenti.

関連記事・LINK
↓↓日本語/In lingua giapponese
-宝泉院 – hosenin.net (solo in giapponese)
↓↓In inglese/英語 – storia, orario, come arrivare ecc.
-Welcome to Kyoto - Ohara – Recommended Course (Sito della Regione di Kyoto)
-Welcome to Kyoto – Hosen-in Temple (Sito della Regione di Kyoto)
-My kind of Kyoto, a website on a historic city of Japan- Hosen-in Temple in Ohara

春は桜。京都の美しい桜や、イタリアでは実が目当てで桜を植えることについては↓↓
Spettacolare Fioritura dei Ciliegi in Giappone con foto ↓↓
- 日本の桜1 はじめに / Fioritura dei Ciliegi in Giappone
- 京都、醍醐寺の桜 / Tempio Daigo-ji, Kyoto
Fioritura dei Ciliegi a Kyoto, spiegazioni anche in italiano ↓↓
- 日本の桜2 京都大原三千院 / Tempio Sanzen-in, Kyoto
- 日本の桜3 京都大原実光院 / Tempio Jikko-in, Kyoto
- 日本の桜5 京都、渉成園 / Giardino Shosei-en, Kyoto

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-13 23:16 | Giappone | Trackback | Comments(6)

書けたよ、「日本人」!

 先週教え始めた日本語の生徒。あいさつや自己紹介の表現などと並行して、ひらがなすべてとカタカナいくつかを教えた今日の段階で、「漢字を教えたらやる気が減退するかな」とひやひやしながら、日・本・人の三つを教えて、聖徳太子の「日出づる処の天子…」の話や、本という漢字は木に横棒が一本入っていること、「人」という字は形からよく「人はお互いに支え合って…」と訓辞などで使われることなどを話したら、とても興味を持って、かえってうれしそうに喜んで練習してくれました。「にほんじん」が漢字で書けたのが本当にうれしそうで、よかった、よかった。

f0234936_9235475.jpg
La fioritura dei ciliegi - Tempio Daigo-ji, Kyoto  27/03/09


 先週の月曜日から、軍人さん用の外国語学校で、日本語を教えています。慌しいのですが、教えるのは楽しいし、毎日充実しています。

 この学校の生徒さんは陸軍の方のみです。階位は将校とは限りませんが、私たちが教えている方は将校クラスです。個人情報になるので、階位は申しませんが…… ひらがなやカタカナを覚えるのが辛いようで、休み時間に他言語を学ぶ同僚に向かって、「また叩きのめされた」とか「抹殺された」とかぼやいています。軍人同士の間ではこういう単語(イタリア語でdistruttoとかammazzato)に一般人が感じるほどの強い刺激がないのか、職業柄「疲れた」とか「参った」という代わりにこういう語彙を使うのかが興味深いところです。

 単に本人の個人的な口癖かもしれませんが…… いえ、大丈夫。決していじめているわけじゃないし(本人はそう捉えているかも??)、やる気もあって、なかなかいい人です。自分は特に難しい言語を学んでいて大変なんだということを、知ってもらいたいのでしょう。

f0234936_8594685.jpg
マッジョーレ島(Isola Maggiore)


 イタリアの他州から来た生徒さんに、先週、彼の宿泊先周辺の見所として、カステル・リゴーネとトラジメーノ湖のマッジョーレ島(上の写真、記事はこちら)をすすめたら、さっそく週末行って、「いやあ、美しいところで、本当に感動した。ぼくのウンブリアのガイド!」と、それは喜んでくれました。毎週末旅行情報がほしいそうです。

~以上、今日4月11日のわたしのツイートからでした。すみません。今日は疲れていて、ブログの記事を構成をしっかり考えて書くほど頭が働かないし、明日も朝早くから授業がありますので、今回はツイッターに書いた言葉を引用しました。~

 最初の写真は、2009年3月に、京都醍醐寺の桜を撮影したものです。醍醐寺のみごとな桜に興味のある方は、こちらの記事(リンクはこちら)をご覧ください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-11 22:41 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(8)

ペルージャ春だより2

f0234936_2231328.jpg

 テラスの鉢植えの椿(camelia)も、それは美しい花で、目を楽しませてくれます。

f0234936_2234635.jpg

 毎朝、よろい戸を開けるのが楽しみです。

f0234936_224841.jpg

 こちらの和風の椿も、次から次へと、つぼみをつけ、花を咲かせています。

f0234936_2242853.jpg

 同じ花でも、日光の加減によって、色合いが変わります。

f0234936_2244579.jpg

 四つの鉢のうち、最も遅く、花を咲かせ始めたのは、こちらの椿です。いずれも、ルッカの椿まつり(記事はこちら)で購入した椿たちです。

f0234936_2251320.jpg

 暖かく天気のいい日が続くため、夫がミジャーナに出かけては、見つけて摘んで帰る野生のアスパラガス(asparagi selvatici)の数も、少しずつ増えてきました。こちらの写真は、夫が先週収穫したアスパラガスです。

f0234936_2253894.jpg

 卵と一緒にフライパンで料理して、春の味覚を楽しみました。野生のアスパラガスの調理法は、記事、「野生のアスパラガス」(リンクはこちら)、見つけ方は、記事、「初夏の恵みを味わう散歩 ~ヒナゲシとアスパラガス」(リンクはこちら)をご覧ください。

 今、庭には、月桂樹(alloro)梨(木pero、実pera)リンゴ(木melo、実mela)の花も咲いています。昨晩、お義父さんに教えていただいて、初めて気がつきました。残念ながら、昨日巡礼の旅に出た夫がカメラを持って行きましたので、今は、写真でご紹介できません。金曜日、夫が帰宅するときにも、まだ月桂樹の花が咲いていますように。日本語では、木の名前と果実の名前が同一である場合が多いのですが、イタリア語では、上でご紹介した梨やリンゴのように、木を指して言うときには語尾が-oの男性名詞となり、その果実を指す場合には語尾が-aの女性名詞となる単語のペアがたくさんあります。イタリア語を学習中の方で、木やくだものの名前を学習したいという方は、こちらの一つ目の記事(リンクはこちら)を参考にしてください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-10 15:06 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(6)