<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Nero Wolfe

 『ネーロ・ウルフ』! 太っちょで、気難しがりやで、でも実は優しい探偵、ネーロ・ウルフと、助手、アルチ・グッドウィンが活躍する推理ドラマは、夫もわたしも大好きで、昨年の再放送の途中からですが、その魅力にはまって、毎回欠かさずに見ていました。というわけで、最初の数回は見逃していたのですが、最近再び、Rai Premiumで夜8時10分から再放送が始まっていたことに、今日になって気づきました。

f0234936_1213978.jpg
Dal sito www.rai.tv

 蘭の花の収集と栽培が大好きなネーロ・ウルフは、珍しい蘭を手に入れるためには金銭に糸目をつけず、栽培に忙しければ、もうけのある仕事も断ります。

f0234936_1215376.jpg
Dal sito www.rai.tv

 そして、おいしいものには目がない上にうるさくて、自宅に料理人を雇っていて、料理の腕を競うために、お金がないのに、やはり仕事を断って、料理に没頭してしまう個性派です。そんなウルフが断った仕事も、助手グッドウィンは、ウルフのためを思って、こっそり引き受けたり、引き受けたくなるように仕向けたり。気が優しくて、正義感の強いグッドウィンは、女性に弱かったり、たまにずっこけたり、一人先走ってしまったりしつつ、ウルフといいコンビになっていて、二人の会話が漫才のようで、話を聞いて、思わず笑ってしまうときさえあります。

 2枚の写真を見てもお分かりのように、服装や車、屋内の家具などが、数十年前のアメリカやイタリアの風俗を反映していて、妙にカラフルで、昔イタリアで走っていた車が駐車され、道を走ります。さらに、劇画のように彫りの深い登場人物が多く、セリフがゆっくりはっきり発音される傾向があり、音楽の使い方も含めて、全体に、レトロな雰囲気が漂っています。


 それは、このオープニング映像を見ても、お分かりいただけるのではないかと思います。

 Raiの放映プログラムを見ると、今晩と明日の晩にわたって、第2話が放映されるようです。これまでは、1度に、1時間35分ほどの長さのドラマが、夜9時過ぎから放映されていたのですが、どうも今回は、この1話分を2度に分けて放映するようで、毎回、開始の1時間後には、別の番組が予定されています。8時からというのは、ちょうど夕食の時間帯で問題もあるのですが、今夜放映する分は、まだ見たことがない回のようなので、今から見るのを楽しみにしています。

 上述のように、セリフがはっきりゆっくり発音される上に、場面の展開や言葉の内容が映像からもつかみやすいので、イタリア語の勉強にも役立つのではないかと思います。アメリカの小説家による人気推理小説が、このテレビドラマでは翻案され、舞台はアメリカではなく、わけあって、アメリカ人のウルフたちが、わけあってイタリアで暮らすという設定になっているため、イタリアの他のテレビドラマと違って、登場人物のセリフに、方言や訛り、くだけた表現が極度に少ないので、かなり聞き取りやすいはずです。ちなみに、イタリア在住であれば、Raiのホームページからドラマ全話の映像を見ることも可能です。でも、二人で一緒にテレビで見る方が楽しいので、見逃した第一話はともかく、夕食の時間帯ではありますが、テレビで楽しむつもりでいます。

 ちなみに、このネーロ・ウルフシリーズは、イタリアではRaiが1969年にもドラマ化していて、まだ白黒だったこの番組については、YouTubeでもドラマ映像を見ることが、今のところは可能です。

Di nuovo "Nero Wolfe" su Rai Premium stasera dalle 20.10.
Già iniziato e non lo sapevo! Simpatici i protagonisti.

LINK
- Mero Wolfe Home Page
- Rai.it – Guida Programmi
- it.wikipedia - Nero Wolfe
- ja.wikipedia - ネロ・ウルフ

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-30 18:22 | Altro | Trackback | Comments(1)

藤の花降る古の道

 中世に、聖地を目指す巡礼人たちが通った

f0234936_604555.jpg

門は、今、みごとな藤に飾られています。

f0234936_6132.jpg

 雨のしずくと共に、藤の花が流れるように、天から降りてきています。

f0234936_612789.jpg

 ローマを、そして、サン・ティアーゴを目指す人々が行き交った古の道は、今はペルージャ大学農学部が手入れをし、運営している中世植物園の中を通っています。

f0234936_614768.jpg

 夫によると、この藤の樹齢は、100年か150年くらいだろうとのことです。

f0234936_62928.jpg

 歴史ある修道院の壁を伝うように育った藤は、

f0234936_622945.jpg

美しい花で門と壁を包み込み、かつての旅人がペルージャの町の出入り口である門をくぐったときの感慨に負けないだけの感動を贈ってくれます。

Verso Santiago, verso Roma
nel medioevo i pellegrini camminavano passando questa porta,
ora ornata da una cascata di glicine.

LINK
- ペルージャ花めぐり1 / Passeggiata nel Centro di Perugia in cerca della fioritura di glicine (12/4/2014)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-29 23:03 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(13)

乱・run・蘭

 週末に引き続き、今日も天気予報では、朝から悪天候で、雷雨や暴風雨の恐れもあるということで、通勤には傘を持って出陣しました。行きは雨は降らなかったのですが、午後3時頃、バス停から自宅へと下る長い坂道を歩いていると、朝から暗かった空がさらにかき曇り、強い風も吹いてきました。今にも雨が降りそうな気配だったので、急ぎ足で歩きました。

f0234936_658058.jpg

 とは言え、これまで近くから見たことのない、こんなにきれいなピンク色の自生の蘭を見つけたときは、思わず立ち止まって、写真を撮ったりもしました。

f0234936_6581658.jpg

 こんなふうに群れをなして咲いているところもあれば、

f0234936_6585663.jpg

 背の高いお姉さんと、小さな小さな妹が、ともにつぼみでいっぱいの蘭もあります。

f0234936_6593148.jpg

 おサルの蘭、orchidea scimmiaもまだまだあちこちに咲いています。

 雨は幸い、わたしがうちに着いて、しばらくしてから降り始めました。雨が降って、気温もひどく下がってしまい、義父も夫も、せっかく種から育てた野菜や花の生長を心配しています。今日の午後、我が家では、スチーム暖房装置のボイラーの点検が当たっていて、ペルージャ市から派遣された技術者が、時間をかけて、書類やボイラーなどを点検しました。何か不備があれば、かなり高い額の罰金が課されることになっていて、いきなり市が点検を行うねらいはそこだろうと、不備はないと知りつつ、心配しながら、点検係の方を迎えました。点検は、何の問題も見つからず無事に終了しました。重なるときには重なるもので、この日は、車の修理の見積もりを頼んだ業者や、アッシジの観光学の講座を主催する学校から、電話で連絡をすると聞いていたのですが、朝から午後3時までは、授業やバスの移動で携帯電話の電源は切っていたし、帰宅後はまもなく点検が始まり、点検終了後は、授業の打ち合わせの電話連絡をしていたら、自動車整備工や観光の学校に電話をするには、遅い時間になってしまいました。

 明日の授業の準備が先ほどようやく終わったので、今こうして、記事をまた急ぎ足で書いています。ラン・ラン・ラン。曇り空の下、道端に次々に咲くかわいらしい蘭の花たちに、心が躍る今日この頃です。

Annuvolato il cielo, forte e freddo il vento.
Pure mentre camminavo verso a casa,
mi salutavano tante orchidee sorridenti.
Illuminano l'anima e la strada.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-28 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)

改築と蘭とカレーの三連休

 4月25日は、イタリアの国民の休日であると同時に、トーディに住む義弟の誕生日でもあったので、金曜日ではありましたが、大家族で昼食をいっしょに食べて、誕生日を祝いました。

f0234936_5453816.jpg

 そのあと、義母たちが花市に出かけたので、夫とわたしで大急ぎで食器などの後片づけをすませ、たくさんの荷物と共に、ミジャーナに向かいました。週末、二泊三日の泊りがけで改築作業を手伝いに来てくれるフランコが、午後4時頃に到着すると、夫が電話で聞いていたからです。

f0234936_5455756.jpg

 ところが、慌てて駆けつけたものの、時間に遅れることがまずないフランコが、いつまで経っても姿を見せないので、夫は、野生のアスパラガス探しに励み、

f0234936_5462680.jpg

こんなにアスパラガスを見つけました。

f0234936_546407.jpg

 夫と荷物を運び込み、ベッドの準備をしたあと、わたしも散歩をして、ふくらみつつあるサクランボの実を見たり、1か月以上空白だった日記を、久しぶりに書いたりしました。これまでは床に敷いたマットレスの上に、寝袋を敷いて寝ていたのが、今回はベッドの準備がほぼできていたので、初めて、枕やシーツや毛布も使って、ベッドで眠りました。ようやくフランコが到着したのは、午後7時半頃のことで、午後4時は、フランコがリミニを出発するつもりの、そして出発した時間だったと判明しました。

f0234936_5465612.jpg

 翌日、土曜日の朝は、二人の協力作業で、

f0234936_5471419.jpg

ようやく正面テラスの壁二つが完成しました。

f0234936_5472959.jpg

 わたしは、せめてはと、おさんどん係りに励みました。この日の昼食には、前日夫が摘んだばかりのアスパラガスを使って、アスパラガスのリゾットとアスパラガスの卵とじを作りました。義父が育ててくれた新鮮なサニーレタスも、毎回食卓に登場しました。

f0234936_5474775.jpg

 夕食は、夫が時間があればピザが作りたいと言い、ひょっとしたら義弟夫婦も来るかもしれないということで、ピザ作りの時間とかち合わないように、冷めてもおいしい散らし寿司を、昼食の片づけが終わり次第、作りました。一休みして、散歩をすると、自生の蘭の花が、まだたくさんきれいに咲いています。

f0234936_548612.jpg

 天気予報では、土曜も日曜も1日中雨で、暴風雨もありとのことだったのですが、土曜日は幸い朝から晴天で、昼食直前から大雨が降り、昼食後は、再び晴れ間が広がりました。斜面を上ると、スバージオ山(写真中央)が遠くに見え、その中腹に広がるアッシジの町も白く見えました。

f0234936_5482153.jpg

 これはこのとき、ズームで拡大して撮影した写真です。

f0234936_5483694.jpg

 年頃のお嬢さんが、おしゃれをしてお出かけをしているような、そんなきれいな蘭もあります。

f0234936_5485193.jpg

 おサルの蘭も、あちこちに花を咲かせています。

f0234936_549610.jpg

 この間、いえ、午後は夕飯の直前まで、フランコと夫は、テラスの床と階段にレンガを敷く作業を続けていました。というわけで、結局ピザ作りの時間はなく、義弟たちも来ないことが分かったので、夕食には3人で、散らし寿司などを食べました。

f0234936_5492061.jpg

 今日、日曜日の朝、男性陣は、台所の作業場に敷いたタイルを研磨したあと、こちらのロフトに柵を取りつけるべく、いろいろと長さを測ったりして、検討していました。夫が上に置いているのは、オリーブを収穫するのに使っている古いハシゴです。このハシゴが柵に使えるのではと提案したのは、わたしです。写真は、ハシゴの端を床につけた方がいいのか、床から少し離した方がいいのかを検討しているところです。

f0234936_5493734.jpg

 そうやって、夫たちが働いている間、わたしは、カレーを準備しました。いつも参考している、ルウなしで作るカレーのレシピで必要なバターや牛乳、肉がなく、逆に、半分余っているトマトの缶や豆腐があったので、カレーにつけるとろみは、オリーブオイルに小麦粉を大さじ3・4杯混ぜて、そこに牛乳の代わりにトマトソースを注いで作りました。カレー自体も、肉の代わりに豆腐を使ったのですが、日本風のカレーライス(もどきですね、これは)を食べたことがないフランコも、とてもおいしいと喜んでくれました。

 昼食後は、鳩の形をしたコロンバのケーキを持って、義父たち家族4人が来てくれたので、一緒にコーヒーを飲み、ケーキを食べながら、おしゃべりしました。そして、まずは義父たちを、次にフランコを見送ったあと、片づけと荷づくりをして、ペルージャのうちに戻りました。今日大雨が降り出したのは、昼頃だったでしょうか。雨は降ったものの、幸い改築作業の妨げになることはなく、フランコの助っ人と夫の頑張りのおかげで、また少し完成の日が近づきました。

Fatti i muretti della terrazza,
il lavoro va avanti anche sul pavimento .
I ragazzi lavorano, lavorano!
Sul prato gli asparagi selvatici, le orchidee spontanee,
sugli alberi le ciliegie ancora verdi.
Sulla tavola il risotto e la frittata con asparagi appena raccolti
e il curry rice alla giapponese con un tocco italiano.
(Cioè meno piccante e fatto con il tofu e con i pomodori)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-27 22:50 | Altro | Trackback | Comments(8)

春の庭から

 庭では、椿(camelia)の花も咲き始めました。

f0234936_17433279.jpg

 植え替えないとと言いながら、長い間鉢の中で育っています。

f0234936_1745720.jpg

 例年、白に紅がさした花が咲くのですが、今年は一輪、真っ白な花があります。

f0234936_17452367.jpg

 ジャスミン(gelsomino)のつぼみも膨らんできました。

 この記事は予約投稿にして、4月25日に書いています。今日もイタリアでは祝日で、大家族での昼食のあと、わたしと夫はミジャーナに向かいます。日曜日から、二泊三日で、フランコがリミニから改築作業を手伝いに来てくれるので、わたしたちも泊りがけで、改築や家事にいそしみます。ミジャーナではインターネットに接続できませんので、コメントのお返事や皆さんのブログ訪問が遅くなります。月曜も朝から授業があって慌しいのですが、できるだけ早くお返事できたらと思っています。

Fiori di camelia

Abbiamo preso la pianta nella Festa delle
Antiche Camelie della Lucchesia qualche anno fa.
Questo anno c'è anche un fiore tutto bianco.
Sta per fiorire anche un gelsomino rosa.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-26 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

姪も草刈る春の庭

 育ち盛りの姪っ子たちは好奇心旺盛です。学校がまだ復活祭休み中なので、昨日もうちに来ていたのですが、夕方夫が庭の草刈りをしていると、

f0234936_16453483.jpg

わたしもわたしもと、二人とも、争うように大きな草刈り機を手に、庭を行き来していました。

f0234936_16455641.jpg

 思うような方向に進まず、あれあれあれということもたまにありましたが、二人とも、まるで初めてのおもちゃで遊んでいるようで、ちょっとした冒険に挑んでいるようで、とても楽しそうでした。

f0234936_16461665.jpg

 わたしも初めて、草刈り機で草を刈りました。後ろ姿で失礼いたします。

f0234936_16463327.jpg

 畑の肥やしにと野菜くずを置いているところから、またこうしてジャガイモが育ちました。

f0234936_16464866.jpg

 去年、花壇にまいた種から育ったヒナゲシ(papavero)が、草の間に咲いていたのですが、姪たちはちゃんと、このヒナゲシを避けて、草を刈ってくれました。よく野山で見かける自生の花とは違って、花びらの縁が白くなっています。

f0234936_1647464.jpg

 リラ(lillà)も、小さなかわいらしいつぼみが、咲きそろってきました。

 どんな仕事も遊びのように、目を輝かせて楽しむ姪たちに、何か大切なことを教えてもらった気がします。

Debutto con il tagliaerba, nipotine & io 24/4/2014

Nel giardino della primavera
fioriscono i papaveri, lillà e
le nostre nipotine per la prima volta
lavorano, giocano con il tagliaerba.
Dedicandosi al lavoro con gioia ed entusiasmo,
mi hanno dato una lezione preziosa.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-25 09:47 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(12)

Perugia e la mappa turistica

Bella la città di Perugia.
Storia, arte, archeologia - molto da vedere.

Purtroppo, non è tanto facile da arrivare ed
è una specie di labirinto; la stazione Minimetrò è nascosta,
al bus terminal si va passando dentro la Rocca Paolina,
bisogna prendere il Minimetrò o l'autobus per andare
dalla stazione ferroviaria al Centro storico.
Poi ad alcuni luoghi da visitare ci si arriva solo camminando per i vicoli.

f0234936_813344.jpg
Centro storico di Perugia 23/4/2014

Per questo, secondo me
il comune di Perugia dovrebbe ringraziare i turisti che arrivano
e regalare la mappa turistica gratuitamente come faceva prima,
senza far pagare 50 centesimi.

f0234936_813515.jpg
dal sito, https://turismo.comune.perugia.it

Il 5 aprile sono stata scandalizzata all'ufficio turistico del centro,
quando l'ho visitato con i miei clienti giapponesi e
scoperto che ora si paga per avere una mappa turistica della città.
Una guida turistica dell'Italia popolare in Giappone
dedica solo tre pagine a Perugia; la mappa è minuscola,
indica solo pochi luoghi da visitare.
Non so come saranno le guide in altre lingue, ma
se i turisti vengono da lontano a Perugia nonostante gli ostacoli
(l'accesso non è comodo né in treno né in aereo)
come non li accoglieremo a braccia aperte?

f0234936_8131948.jpg
dal sito, https://turismo.comune.perugia.it

Per visitare bene la città come Perugia la mappa ci vuole,
poi la mappa turistica è anche come un biglietto da visita o
una pubblicità la quale la gente tende a tenere come ricordo,
magari pensando di visitare in futuro i luoghi
che non è riuscita a vedere.
Anche gli amici e i familiari, ascoltando i suoi racconti e
vedendo la mappa, saranno incuriositi di Perugia.

f0234936_1983230.jpg

I soldi per la pubblicazione della mappa saranno spesi bene,
perché i turisti che hanno visitato con la mappa,
scopriranno molti luoghi belli di Perugia, mentre chi visita senza di essa
può partire deluso visitando solo pochi luoghi.
Al limite si possono mettere le pubblicità di diversi locali
per finanziare la pubblicazione.

LINK
- Comune di Perugia – Portale turismo – Perugia Centro Storico – Mappa italiano-inglese dei monumenti principali

↑↑ Però, meno male sul sito del comune si può scaricare gratuitamente la mappa turistica in formato PDF.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-24 12:13 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(2)

ペルージャ観光、地図とアクセス

 イタリアに数ある町の中から、ウンブリアに、我が町に来てくれてありがとうと、観光案内所には、国内外から観光に来てくれた方を、歓迎してもらいたいものです。ウンブリアも、各市町村も、観光には力を入れている一方、財政が苦しいのもよく分かるのですが、今月初め、日本からいらしたお客さんに通訳として同行し、ペルージャ中心街の観光案内所を訪ねたとき、

f0234936_813515.jpg
dal sito, https://turismo.comune.perugia.it

観光名所の説明つきの中心街の地図が、それまでは無料だったのに、50セントで売られていたので、びっくりしました。小高い丘の上に建つペルージャの町は、目抜き通りこそ大きな道がまっすぐ続いていて分かりやすいのですが、坂を下りたり上ったり、脇にある小路にちょっと入ったりと、迷路のようなところもあり、せっかくある観光名所も、地図がないと行き着くのは大変です。

f0234936_8131948.jpg
dal sito, https://turismo.comune.perugia.it

 今回、有料になっていた地図は、表にはこんなふうにペルージャの主だった観光名所が、写真つきでイタリア語と英語で説明され、裏は、先に示しましたように、中心街の詳しい地図になっていて、下方にはミニメトロの路線図や観光案内バスの紹介もあります。

 お客さんは3人いたのですが、意向も尋ねて、1枚だけ地図を購入し、案内所の人に、白黒のコピーでいいから、無料でいただけるものはありませんかと尋ねると、観光名所の説明はない、地図だけのコピーを1枚くれました。

f0234936_813344.jpg
Centro storico di Perugia 23/4/2014

 わたし個人のきわめて主観的な感想かもしれないのですが、わたしは、観光案内所で配布する無料の地図というのは、わざわざわが町まで足を運んでくれた観光客に、せっかくだから町の見どころが容易に訪ねられるようにという配慮と歓迎の気持ちであると共に、多数の観光客に確実に大切にしてもらえる、とても効果の高い町の宣伝ちらしでもあると思うのです。日本語でもそうですが、各国語で書かれたイタリアの旅行ガイドには、ペルージャに割かれるページはわずかで、地図も観光名所も、ほんの少ししか載っていないと思うのです。せっかくペルージャに来てくれたのに、町が誇る歴史や芸術・考古学的遺産のうち、ほんの一部しか楽しめないのでは、もったいありません。そうして、一度ペルージャに足を運び、地図を片手に興味のありそうなところを訪ね、時間がなくて、見られなかった場所があったとき、この地図があれば、「また次にイタリアに来たときは、ぜひペルージャを再び訪ねて、残りの名所も訪ねよう。」と、再訪を促すきっかけにもなりやすいと思うのです。実際、わたしにも、そうやって今も大切に手元に置いている、世界各地の観光案内地図やパンフレットがたくさんあります。トスカーナやロマーニャなど、多くの他の町で見かけるように、町や地方の店の宣伝が入っていてもいいから、無料で提供できる便利な案内観光地図を、何とかして作るべきだと思うのです。

 こちらの2か国語の観光地図・案内は、幸い、ペルージャ市の観光案内のサイトで、PDF版を無料でダウンロードすることができます。リンクはこちらです。

- Comune di Perugia – Portale turismo – Perugia Centro Storico – Mappa italiano-inglese dei monumenti principali

f0234936_8141626.jpg
dal sito, https://turismo.comune.perugia.it

 訪ねたい観光名所をあらかじめしぼっておくためにも、そして、ペルージャ中心街をすんなりと訪ねることができるためにも、地図はあらかじめダウンロードして、印刷しておくと便利です。

 と言うのは、ペルージャは、いろんな意味で、観光客が迷いやすい町だからです。今わたしたちが日本語を教えている生徒さんも、イタリアの方ですが、ミニメトロの駅を中心街でさんざん探したけれど、見つからなかったと言っていました。今月初めに、わたしが通訳として同行したお客さんは、『地球の歩き方』のペルージャの地図をコピーしてお持ちになり、そのページ中にある駅、Stazione Sant’Annaを、フィレンツェなど他都市とペルージャを結ぶ、Trenitaliaの鉄道駅だと勘違いされていました。

f0234936_8161657.jpg
dal sito, www.umbriamobilita.it

 Sant’Anna駅は中心街に近いのですが、これはトスカーナ州のサンセポルクロからラッツィオ州のリエーティへと、ウンブリア州を南北に縦断する地方路線で、Umbria Mobilità社によって運行されています。上の路線図では、この地方路線は水色で、Trenitaliaの路線は灰色で記され、二つの路線が交差する駅では、乗り換えたり、乗り継いだりすることが可能です。この地方路線の路線図と現行の時刻表については、以下のリンク先をご覧ください。

- Umbria mobilità – Mappa Linea Ferroviaria e interscambio FS Trenitalia
- Umbria Mobilità – Treni Orari (15/12/2013-7/6/2014)

f0234936_816456.jpg
Stazione Fontivegge del Minimetrò e di Trenitalia 10/4/2014

 一方、フィレンツェやローマなどのイタリア各地とペルージャを結ぶTrenitaliaのペルージャの鉄道駅は、ミニメトロの路線図に、Stazione Fontiveggeと書かれている駅です。ミニメトロのFontivegge駅から歩いて5分ほどの近距離にあり、上の写真では、Trenitaliaのペルージャ駅に停まる電車が、ミニメトロのFontivegge駅の向こうに見えています。

 ですから、観光名所がある中心街へは、鉄道駅を下りて、ミニメトロの駅まで歩き、P中心街にあるPincetto方面行きのミニメトロに乗って、終着駅まで行くか、駅から中心街行きのバスに乗って行くことになります。バスは、ペルージャ鉄道駅と中心街のPiazza Italiaを結ぶTSのバスが便利で、この間を往復するだけなので遅れも少なく、約30分おきに一本出ています。TSが発着するバス停は、鉄道駅のすぐ前にあるので、分かりやすいです。時刻表は、現行の時刻表では、次のリンク先の66ページに載っています。
- Umbria Mobilità – Servizi Urbani – Perugia Orari (10/2/2013-7/6/2014)

 もっと手っとり早くという方には、次の記事に、この路線の現行の時刻表を、小さくではありますが、載せてありますので、参考にしてください。

- 復活祭近し用心バス時刻

 車でペルージャを訪問されるという場合は、日帰りで、時間に余裕があるようであれば、無料高速道路、superstrada E45をMadonna Altaで出て、無料巨大駐車場があるミニメトロのPian di Massiano駅から、ミニメトロに乗って中心街に行くことをお勧めします。一度、中心街の有料駐車場に3時間半ほど駐車したら、駐車料金が7.20ユーロと高かったのでびっくりしました。ミニメトロは、片道一人1.50ユーロで、15分もあれば、中心街に到着することができます。人数と中心街での滞在時間も考慮して、どこに駐車するかをお決めください。

f0234936_8172576.jpg

 最後になりましたが、この機会に、これまで何度かご紹介した、ペルージャとローマを直接結ぶ高速バスが発着するバスターミナルがあるPiazza Partigianiについて、場所を説明しておきます。中心街からは、要塞、Rocca Paolinaの中を、いくつものエスカレーターを乗り継いで、通り抜けたあと、さらにもう一つエスカレーターを下りたところにあります。

f0234936_8174018.jpg

 逆に、バスターミナルから中心街までは、バスターミナルの切符販売所で、1.50ユーロの市内バスの切符を購入してから、ターミナル前のバス停で、Piazza Italia行きのバスに乗って行くことができます。たとえば先ほどご紹介したTSのバスでなら、4分で、バスターミナルから中心街のPiazza Italiaに行くことができます。

f0234936_8175539.jpg

 一方、荷物は少ないし、足と体力には自信があり、時間にも余裕があるから、歩いて中心街に行きたいという場合には、バスターミナル前の道路を渡り、ピンクの矢印で示したエスカレーターを上り、そこまで行くと目の前に見えるRocca Paolinaの中に入って、エスカレーターを乗り継ぎ、時にはしばらく歩いてから地上に出ると、中心街のPiazza Italiaに出ます。急げば15分、迷いながらゆっくり歩いても、2、30分あれば、大丈夫だと思います。

関連記事へのリンク
- ペルージャ観光1 (13/1/2012)
- ペルージャ観光2 (15/1/2012)
- ミニメトロでペルージャ満喫 (12/5/2010)
- ペルージャ花めぐり1 (13/4/2014)
- ペルージャ・ローマ間はバスが便利 (1/9/2011)
- 復活祭近し用心バス時刻
↑↑ 来週いっぱいは学校が復活祭休みなので、バスの時刻表が変わっている場合があります。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-23 23:59 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)

湖も空も金いろ桜色

 金色の太陽が、空とトラジメーノ湖を染め上げながら、

f0234936_5571891.jpg

ポルヴェーセ島の向こうへと沈んでゆきます。

f0234936_5573357.jpg

 夫に呼びかけられて、別の方角を見やると、虹がかかっています。

f0234936_5574991.jpg

 さざ波の立つ湖面が、夕日にきらきらと輝いて、印象派の絵画のようです。

f0234936_558387.jpg

 ツバメは鳴き声もにぎやかに宙を舞い、カモメは空を、水鳥は湖を東へと進んでいきます。

f0234936_5581865.jpg

 日が沈むにつれて、金色から桜色へと移ろいゆき、

f0234936_5583395.jpg

太陽を見送るわたしたちを、優しい色で包み込みます。

f0234936_5584665.jpg
Lago Trasimeno & Isola Polvese visti da San Feliciano 22/4/2014 20.06

 8時を過ぎたので、名残を惜しみながら、湖を後にして、帰途につきました。

 改築中の家に、近々お客さんを迎えるかもしれないということで、今日は夕方、早めに帰宅した夫と、いい洋服ダンスが見つかればと、マジョーネ付近の大型店をいくつか訪ねました。店がトラジメーノ湖に近いので、店を回ったあと、湖を訪ねたのですが、久しぶりに湖畔で見た夕焼けが美しいので感動しました。

Dall’oro splendente al rosa del ciliegio giapponese
si trasforoma il colore del cielo e del lago.
Uno spettacolo unico al tramonto al Trasimeno.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-22 22:58 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)

クロッカス咲く雪の山

 今日は、イタリアでは国民の休日です。知人がきれいな野の花の写真を撮った場所に行きたいという夫と、車でシビッリーニ山脈に向かいました。目的地近くは人が多そうだからと、脇道に入って車を置き、まずはお弁当を食べる場所を求めて山を登り、昼食後にさらに少し山を登ると、

f0234936_6263683.jpg

一面にクロッカスが咲いているところがあります。

f0234936_6265727.jpg

 車でかなりの高さまで登ったので、少し歩いただけで、雪を頂いたシビッリーニ山脈を、見晴らすことができました。カステッルッチョの村も、右の方に小さく見えています。

 天気が心配だったのですが、幸い雨も降らず、あちこちで散歩を美しい眺めを楽しむことができました。このあとも、あちこちに寄り道していたら、帰りがすっかり遅くなったので、詳しくはまた明日以降の記事で、お話するつもりです。

Oggi sui Monti Sibillini

ancora tanti fiori di croco e la neve! 21/4/2014

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace l’articolo.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2014-04-21 23:27 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)