<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

EXPOミラノ向けイタリア語講座

f0234936_6545253.jpg

 明日、5月1日から開催されるミラノ国際博覧会、果たして本当に明日から開催できるのだろうかと、イタリアではずいぶん危ぶまれていましたが、その準備の一端は、ペルージャでも思いがけない場所で、すでに7年前に始まっていました。

f0234936_6552373.jpg

 ペルージャ外国人大学では、なんと2008年9月にも、ミラノ万博に出展する各国の関係者を対象にした特別なイタリア語講座が開かれていたのです。当時もらった講座概要を記した案内を見ると、講座の初日にレベル判定・クラス分けのための試験が行われるとあります。わたしは幸い、教育実習のために、ベテランのビアンカ・セルヴァディーオ先生が担当するA2のクラスを授業参観することができました。

f0234936_6552543.jpg

 当時の授業参観記録には、講座参加者の国籍も記録してあります。


 A2は、A1と違って、イタリア語の知識がゼロというわけではありませんが、まだまだ語彙や文法の知識や応用能力が不足していて、ただ自分のこと、身近なことについては、いろいろと間違えながらも、意思疎通を図ることができるというレベルです。

f0234936_6561389.jpg

 先生も、そういう参加者のレベルを予測し、講座の期間が3か月と短いこと、そして、ミラノ万博の準備に向けて、各国でイタリア語を使って働ける実践力をその短期間にできるだけつけるにはどうすればいいかと考えて、互いの自己紹介も兼ねた、こんな質問から授業を始めました。

  Mi chiamo …. Come ti chiami?
  わたしの名前は…です。あなたの名前は?

 こんなふうに先生自身が自らについて説明したあとで問いかけるので、イタリア語で自分の名前をどう言ったらいいのか知らなかった人や自信のなかった人も、先生や他の参加者の言葉を聞くうちに、何を言っているのか、どう返事をすればいいのかが分かってくるようになります。質問はさらに続きます。

  Io sono italiana, di Perugia. Tu, di dove sei?
  わたしはイタリア人で、ペルージャの出身です。あなたはどこの出身ですか。

f0234936_6562779.jpg

 こんなふうに質問を続けながら、先生は、質問している項目を少しずつOHPで映し出していきました。そうやって、ひととおり全員との質疑応答を終えたあとで、今度は、では、こうして書き出された情報、nome(名前)やnazionalità(国籍)などを尋ねるには、どんなふうに質問をしますかと、問いを投げかけ、

f0234936_6573287.jpg

 参加者の答えを聞いて、黒板に、それぞれの項目に対応する質問文書いていきます。そうして、まずは、参加者どうしが、こんなふうに互いに質問して答える時間を取ったあとで、

  Voglio tutta informazione di te.
  あなたについて、すべての情報が知りたいの

と、一人ひとりを順に指名するので、参加者全員が、上の項目すべてについて自己紹介をしました。皆の自己紹介が終わると、「Va bene. Bravi! Bravi, bravi, bravi!」と、よくできた旨をほめます。

 メモを見ると、そこでちょうど1時間目の授業が終わり、休み時間になったようで、このあと2時間目からは、名前や年齢について、それぞれどんなふうに答えるか、主語が3人称単数の場合はどう言うかなどを、黒板に書いて、説明していきます。

 どうして今頃、7年前の授業参観についてお話しするかと言うと、一つには、明日いよいよExpo Milanoが開催されるためなのですが、実は他にもう一つ理由があります。

f0234936_658148.jpg

 今日、イタリア語の個人授業のあとで、現在、ペルージャ外国人大学のA1・A2講座でよく使われているという教科書を買いに行き、幸い今日は店が開いていて、ようやく本を購入することができました。よりよい授業ができるために教科書を買ったのではありますが、購入した理由の一つは、どちらもよくできた教科書に違いないという確信があったからです。と言うのも、上の2冊はどちらとも、わたしが合計すると数十時間授業参観をさせていただいた大ベテランで、すばらしい授業をされるイタリア語の先生、Marina Falcinelli先生とBianca Servadio先生が執筆者として名を連ねているからです。

f0234936_65801.jpg

 右の教科書の下敷きになったであろう、こちらの『Qui Italia』は、2005年・2008年に教育実習をした際に、入門講座で使用されていたので当時購入していて、これがいい教科書だというのも知っていました。

 左の『Io&l’italiano』の方は、ペルージャ外国人大学の外国人へのイタリア語・イタリア文化教育学士取得課程に通っていた頃、心理言語学(psicolinguistica)などを教わって、熱意にあふれ興味深い授業に感銘し、尊敬していたLidia Costamagna先生の名前が、著書の筆頭にあります。わたしがブログやイタリア語学習メルマガで、脳や記憶のしくみと外国語学習について書くとき、その多くはCostamagana先生の授業で教わったことです。

f0234936_6583261.jpg

 卒業論文では、日本語とイタリア語を音声・語彙・形態・文章構造などさまざまな観点から対比し、日本人学習者にありがちな学習態度や既存の知識・学習法なども踏まえて、イタリア語のどういう点が日本人学習者には難しく、間違えやすいかを論じたのですが、コスタマンニャ先生には、その卒業論文の指導をしていただき、特に、音声面での日本語・イタリア語の比較、音声面でありがちな間違いについては、さまざまな参考図書を教えていただき、役に立つ助言もたくさんいただきました。

 そういう経緯もあって、もちろん生徒さんのためによりよい授業を準備したいというのが一番の理由ではありますが、財布に決して優しくはない2冊を迷わずに、購入しました。このどちらの本づくりにも関わったサルヴァディーオのExpoミラノ向けの授業を参観したっけと、本を見ながら思い出したというのが、今回この記事を書いた二つ目の理由です。

 ちなみに、2008年には、わたしは、シエナ外国人大学で、外国語としてのイタリア語教育を学ぶ大学院課程を専攻中だったのですが、卒業までに、シエナ外国人大学のイタリア語講座で50時間、外部のイタリア語を教える機関で30時間、イタリア語の教育実習を行う必要がありました。ところが、通っていたシエナ外国人大学では、ちょうどその頃、イタリア語の先生たちが「教育実習生拒否ストライキ」を行っていて、教育実習ができなかったのです。幸い、その頃は、わたし自身がイタリア語・イタリア文化講座に通った経験もあるペルージャ外国人大学の学士取得課程で、日本語と日本文学の授業を担当していました。それに、すでに卒業していた同大学の学士取得課程ですでに授業参観を(確か20時間)した経験があったので、ペルーじゃ外国人大学で、授業参観をさせてもらえることになりました。さらに、ペルージャの中心街にある私立の学校、Comitato Linguisticoでも授業参観をさせてもらって、何とか無事、シエナでの卒業に必要な80時間の授業参観を終えることができました。こんなふうに、イタリア語教育について学んだり、授業を参観したり、そうしてかつて日本の高校で長いこと国語を教えたりしたことも、きっと今のわたし、そうしてわたしの日本語の授業を支えてくれている大切な経験だと信じています。

*********************************************************************
Nel lontano 2008 all'Università per Stranieri di Perugia​
già c'erano i corsi di italiano rivolti agli operatori dell'Expo Milano 2015.

Come tirocinio ho avuto occasione di osservare il corso di Livello A2. Molto interessante, venivano dai Paesi diversi (Egitto, Tanzania, Tunisia, Mali) e avevano occupazioni diverse (guida turistica, insegnante, coordinatore di mostre estere del museo ecc.)...
Come tirocinante e insegnante ho imparato molto dalle lezioni della prof.ssa Servadio.
*********************************************************************

LINK
- Amazon.it - Io e l'italiano. Corso di lingua italiana per principianti assoluti. Con CD Audio 16,66 euro
- QUI ITALIA.IT. Corso di lingua italiana per stranieri. Livello elementare. Con DVD 22,53 euro
↑↑ 約1か月前、使用中の教科書を聞いて、真っ先にアマゾンイタリアで調べたときには、どちらの教科書もアマゾンには見当たらなかったので、2度本屋に足を運んで今日ようやく購入したのに、今見るとアマゾンに在庫があって、しかもわたしが買った値段より合計5ユーロ安いという…… 昨日、『まるごと初級1A2』が、朝学校で生徒さんとアマゾンイタリアのサイトで確認したときにはなかったのに、午後は在庫が安い値段であったのに気づいていたのに、ずっと買うつもりでいたこの教科書についてはうっかり再確認を怠っていました。やれやれ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-30 23:59 | Lingua Italiana | Trackback | Comments(2)

日本・イタリアで病院・美容院

 「きゃ・きゅ・きょ、しゃ・しゅ・しょ」などの拗音は、日本語の勉強を始めたばかりの外国の人には、読むのも発音するのも大変です。今日は授業中、「びょういん」の発音が「びよういん」になっていたので、「読み方が違うと意味が違ってしまって、病院に行きたいのに、美容院への行き方を教えてもらうことになりますよ。」とホワイトボードに絵を描いて説明しました。

f0234936_5312167.jpg

 「おお、これは写真を撮らなければ」と、生徒さんが言ってくれたので、調子に乗って休み時間にこっそり写真を撮り、今夜こうしてブログに載せることにしました。

 ちなみに「びょういん」という言葉および二つの例文が、次のまるごとのウェブページにあって、音声アイコンを押すと、すべての発音を聞くことができます。

- Marugoto Words & Example Sentences – びょういん

 「びよういん」と「びょういん」の発音が分かるウェブページがないかと探していたら、「在日ブラジル人のための日本語講座、Ola! Nihongo」というYouTubeの日本語学習シリーズが見つかりました。日本で美容院や病院に行く必要に駆られた日本に住む外国の方や留学生のためにも、参考までにこの映像を載せておきます。説明がポルトガル語なのではありますが。

びょういん(病院)で – All’Ospedale




びよういん(美容院)で – Dal Parrucchiere
 

 ところで、イタリアでの病院・美容院について、わたしの体験はどうかと言いますと…… 留学生としてイタリアに暮らし始めた13年前は、病院も美容院も、イタリアで行くのは不安だからと、日本に帰国するたびに歯医者や眼科に通い、美容院で髪を切ってもらっていました。実際イタリアでは、私立の歯科医院で虫歯の治療を受けると、海外留学保険もイタリアの保健証も効かない上に、公立の歯科はどうかと言うと、保健証が使えるため料金は安目のようですが、何週間も待たなければいけないことがまれではありません。運や病院にもよるのでしょうが、「公立病院の歯科で大変な思いをしたから、歯の治療は私立病院で」と言うペルージャの人を何人か知っています。イタリアで歯の詰め物が取れたり、ひどい虫歯で緊急事態になったりという経験を通じて、今は料金こそ高いなと思いつつ、ペルージャのいい私立の歯科医を見つけて、いざと言うときにお世話になっています。人もいいし、腕もいいので助かっています。

 美容院も、ペルージャ外国人大学で出会った日本人の留学仲間から、「日本人とイタリア人では髪の質や頭の形が違うので、どうしようという困った仕上がりになることが多い」と聞いて、最初の数年は日本に帰国したときにのみ美容院に行っていました。数年前から結婚式の前も含めて、イタリアで、何度か義母の行きつけの美容院や、他の美容院を試してみたのですが、行ってみては、「ああ、行くんじゃなかった」とため息をついていました。基本的には単純なボブカット、そうでなくともショートカットなので、仕上がりそのものは幸い納得が行くものに仕上がっているのですが、髪や頭、そうして客の扱い方が、日本に比べてひどくぞんざいで、何だか乱暴に扱われているような、物扱いされているような気がするからです。しかも、そういう目に遭うために、長い間順番を待たなければいけないのです。2軒だけしか行っていないし、担当に当たった女性も全部で3人くらいですので、皆がみなそういう美容師さんではないのでしょうが、まずは髪を洗ってもらうときに頭を載せる台のその頭の載せ心地が悪くて首が痛み、髪を洗うときのお湯の温度も、ひどく熱いのです。そうして、髪を洗うのも、切るために髪を引っ張るのも、それは無造作にされているような印象があり、最後にかけるドライヤーもとんでもない高熱で近くから熱風を吹きつけられて熱くて困るくらいということも、まれではありません。2軒のうち一つは、義母がここがいいと決めて行きつけにしている店ではあります。けれども、長い間待ったあげくに、何だかやっつけ仕事のように、慌しく乱暴にさっさと髪を洗われ切られるたびに嫌な気分になり、最近はあきらめて、イタリアでどうしても髪を何とかしなければというときには、自分で髪を切るようになりました。

******************************************************************
La grandezza fa la differenza... in lingua giapponese

びよういん con よ grande si legge /bijo:in/ ed è dove lavorano i parrucchieri.
びょういん con よ piccola si legge /bjo:in/ e significa OSPEDALE.
Troverete nell'articolo
- Link per la pagina web dove si può ascoltare la pronuncia di びょういん
- Filmato, "Conversazione & Lessico all'Ospedale in Giapponese"
- Filmato, "Conversazione & Lessico dal Parrucchiere in Giapponese"
Solo che il filmato è per i brasiliani residenti in Giappone, quindi la traduzione e
le spiegazioni sono in lingua portoghese...
******************************************************************

LINK
- 新しい日本語の教科書、『まるごと』1、長所 / Nuovi manuali di giapponese, “Marugoto” – parte 1: i suoi Pregi
- 新しい日本語の教科書、『まるごと』2、問題点 / Nuovi manuali di giapponese, “Marugoto” – parte 2: i suoi Problemi

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-29 22:31 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(8)

naokoびっくり目玉焼き

 今朝は思いがけないことを知りました。

f0234936_7144427.jpg

 なんと、Naokoという名前は、クロアチア語やセルビア語で、「目玉焼き」を表す表現に使われ、イタリア語に直訳すると「a occhio」(目風、目のような)という意味なのだそうです。

f0234936_715443.jpg
da http://en.wiktionary.org/wiki/jaje

 インターネットで調べてみると、確かに「目玉焼き」を表す表現に、「na oko」という表現がそのままでてきます。

f0234936_7151761.jpg
da https://it.glosbe.com/hr/it/na

 オンラインのクロアチア語・イタリア語辞典で調べると、「na」は前置詞、

f0234936_7153267.jpg
da https://it.glosbe.com/hr/it/oko

 「oko」は「目」という意味で、これも今朝、セルビア語の先生とマケドニア語の先生が教えてくれたとおりです。しかも二人によると、この「目玉焼き」という表現中の「na oko」の発音は、日本語で発音する名前と発音も同じなのだそうです。

 というわけで、イタリア人にはなかなか覚えてもらいにくいわたしの名前も、この二人の先生にはすぐに覚えてもらえそうです。わたしの名前を口にするたびに、目玉焼きを想像するのかしら…… 目玉焼きは大好きで、今夜の夕食には目玉焼きを作って食べました。記事のために写真を撮ろうと作ったのに、うっかり撮影し忘れたので、絵を描いたのですが、結果的にはその方がよかったような気がしています。

********************************************************************
Sorpresa! Stamattina (ormai ieri mattina) mi hanno insegnato
le insegnanti di serbo-croato e di macedone che
NAOKO, il mio nome, significa 'a occhio' in serbo-croato ed
è contenuto nell'espressione che indica 'uova all'occhio di bue'!

Mi sono informata su Internet e sì in croato 'na' è una preposizione,
'oko' significa 'occhio' e dicono 'jaje na oko' per indicare 'uova all'occhio di bue'!!
********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-28 23:59 | Notizie & Curiosita | Trackback | Comments(8)

外国語教育・学習と『まるごと入門A1』考2

 外国人へのイタリア語教育法を、ペルージャ・シエナの両外国人大学で学びながら、外国語教育・学習にあたって大切だと学んだことはたくさんあります。日本語やイタリア語を教えるにあたっても、自ら外国語を学ぶにあたっても、かつてのそういった教えを日々思い返したり、実践したりしているのですが、そういう教えには、たとえば次のようなものがあります。

1. 言語においては音声こそ重要であることを忘れてはいけない。
2. この数十年の外国語教育史をふり返ると、教授法の中心が、文法から使える言語へ、使える言語から文法へと、二つの両極端の間を、ふりこのように行ったり来たりしているが、実際にはどちらも車の大切な両輪である。
3. 学習者は白紙の状態から受ける教えを吸収して記憶することで外国語ができるようになるのではなく、言語がさまざまに使用され自らに向けて発せられ、あるいは自ら使って試してみる中で、自らの中で少しずつ学んでいる外国語の文法というものを創り上げ、育て上げていくのである。
4.漠然と内容をとらえる⇒細部に注目する⇒概要と細部の情報を頭の中で統一するという母語の理解における脳の働きや、さまざまな感覚をより多く動員すれば記憶力が高まる。
5. 学習者が成人である場合、母語と学ぶ言語の隔たりが大きい場合には、特に、使える語学力を育成するための教育と共に、文法のしくみを理解すること、学ぶことが大切である。
6. 文法や語彙の知識が知識にとどまらず、外国語を使って発信・理解・意思疎通ができる、血と肉が通ったものになるためには、作文や会話などを通して、実際に言語を使う訓練を重ねる必要がある。
f0234936_19105471.jpg

7. 学習対象の言語を話す文化集団やその文化への興味や好意があればあるほど、学習意欲が高まり、勉強の効率も上がりやすい。
8. 世の言語には、どんな順序で言語を学ぶと最もその言語を身につけやすいかという普遍的な順序がある。
9. 言語の最小の単位はまとまりのある発話(会話・文章などなど)である。
10. まずは自分の頭で考え、そうしてこうではないかと仮説を設定して、答えを知る方が、単に教えられるよりも学習効果が大きい。
11. 学習内容は学習者にとって、難しすぎても簡単すぎても効率が悪く、現在有している力より、わずかに上である場合が、一番力が伸びやすい。
12. 入門者であっても、文法的な観点などから、使うと望ましくない表現については、単に覚えやすいという理由だけで教えるべきではない。

f0234936_557387.jpg

 『まるごと入門A1』の長所は、前回の記事にも書いたように、聴き取りや会話など音声面にわたる学習に重点を置き(1)、日本文化や日常生活への興味がわくような(7)絵や写真などの視覚教材が多い(2)という点です。

 逆に問題は次の点です。

・音声面を重視する一方、読み書きの練習が軽視され、自らの頭で考えて書いたり、読んで理解したりする練習が少なく、選択肢で問いかけて、表面的に学習事項を上なでするだけのような練習問題が多い。(1・6)

・日常生活での利用価値の高さを重視している点は評価できるけれども、成人学習者や学習対象の言語との隔たりの大きい言語を学ぶ学習者には欠かせない文法的説明や表、そういう観点から有効で大切な練習問題が極端に少ない。(2・6)

・学習者を、自らの脳・体の中に新しい言語の文法を自分で創り上げていく自立した存在ではなく、与えられた情報を、「まるごと」受容すべき存在と考えているきらいがある点(3)

・4・9・10に記したような脳の働きや言語の性質から、外国語学習においては、まずはまとまりのある会話や文章を導入に用いて、学ばせたい文法事項などに学習者の注意が向き、その用法や意味などが文脈から理解できるようにするのが望ましい。ところが、『まるごと』では、音声を通して、絵や写真に助けられて学ぶという形式は取っていても、最初に語彙を大量に与え、決まった文型の練習を繰り返すという方式が採用されているため、一見学習者が能動的に学習しているように見えても、学びにおいては記憶・反復練習と受身である場合が多い。

・8について、たとえば、「たべものは なにが すきですか。」という表現は、確かに日常生活でも大切で、いろいろと応用も利くため、早く導入するのはいい考えだと思うけれども、「すきなたべものは なんですか。」という構文を早くから導入するのは、まだ脳にその準備ができていない段階から、すでに他の表現で言えるようになっていることを、むやみに教えるようで、学習者が文法ではなく伝えたい意図ばかりに意識を集中させる傾向をさらに高めるようで問題である。たとえば、まずはSVO、日本語であればSOVという構造のそれぞれの要素が一つだけである文(例、わたしは町に行きます。)を理解し、発せるようにはじめて、そうした要素に単純な修飾語がつく文(例、わたしは遠い町に行きます。)も理解・発信できる段階に移行するのであり、そうして少しずつ複雑な文が処理できるようになるのですが、「すきなたべものは なんですか。」という文は、構成要素の一つ、文中の主語である「たべもの」をさらに「(わたしが)好きな」という文が修飾していて、言語学習における脳処理から考えると、入門の最初の時点では難しすぎるのです。

・12については、たとえば、「わたしは せんせいです。」の否定表現として、「せんせいじゃないです」の形だけを挙げ、「せんせいではありません」どころか「せんせいじゃありません」にもいっさい言及せず、それぞれの違いにも当然触れていないのが、大問題だと思います。くだけた会話でならともかく、職場やあらたまった場面で、「じゃないです」という表現は舌足らずで場違いだと感じるからです。いまだに「ら抜き言葉」に抵抗を感じるわたしの感覚が古いのかもしれませんが。

 いろいろ問題点を挙げましたが、実際には、1冊だけで事足りるという教科書は存在しないので、どうしても教える側の方で、学習者の慣れた学習法、学習の目的などを考慮しながら、他の教科書を使ったり、自ら教材を作ったりして、補う必要があって、そうすることで、採択した教科書を十分生かして授業をすることができます。

 それでも、わたしは、この『まるごと』は、まもなく日本に赴くために、どうしても短期間で実際に使える日本語を身につけたいし、日本で使う日本語が、家族や友人との会話や旅先での必要にとどまるのであれば、うってつけなのではないかと感じています。ただでさえ、ひらがな・片仮名・漢字と3本立ての文字大系を持つ上に、文法も語彙もまったく異なる日本語を、単に興味から、従来の白黒のしかつめらしい入門書で着実に勉強していける人というのは、ごくごく限られた小数の人であり、大学や仕事などでどうしても学習する必要に駆られているのでなければ、入門期の学習を軌道に乗せるのがまずひどく難しいと考えるからです。

 わたしたちの生徒さんも、音声教材や視覚教材が多く、文化情報が多い教科書を気に入ってくれています。ただ、上に述べたようなさまざまな問題点があるために、授業中には、たとえば次のような工夫をしています。
・他の教科書の文法説明や練習問題を数多く取り入れる。
・聴いたり読んだりして選択肢から選ぶだけでは、学ぶべき文法項目への注意は散漫、定着は上滑りになるため、自ら書いたり、話したりする機会が増えるように、会話練習や練習問題を付加する。
・学習の順序を入れ換えて、生徒さんが自ら考えて発見しながら学んでいけるようにする。
・教科書の順に則って、一度に多くの語彙や表現をむやみに与えるのではなく、まとまった会話や文章、それに基づいた練習を通して、少しずつ関連した表現や語彙が身につくようにする。

 えらそうに言っていますが、今ようやく2冊の教科書の半分を終えようとしているところなので、見当はずれのこともあるかもしれません。ただ、今後この教科書を使って教えてみたい、学んでみたいという方の参考になるかと思い、今とりあえず書いてみることにしました。では、具体的にはどういう工夫をしているかという点については、また次回お話しするつもりです。

*********************************************************************
Invece per chi vuole studiare seriamente il giapponese,
consiglio questo manuale
(↓↓) oppure utilizzarlo come riferimenti grammaticali
per studiare con i manuali di "Marugoto."
- Amazon.it - Corso di lingua giapponese. Volume 1 (Hoepli)

Elenco alcune ragioni al riguardo.
- I manuali di "Marugoto" sono privi di spiegazioni grammaticali ed esercizi adeguati che consentono i discenti di conoscere il funzionamento della lingua target e di acquisire bene le strutture grammaticali, i vocaboli ecc.
- Si intravvede l'idea che l'apprendenti sia 'una tabula rasa', mentre invece è un protagonista attivo del proprio studio.
- Alcune espressioni proposte da Marugoto sembrano troppo colloquiali e informali, ma non ne dà nessuna alternativa né spiegazioni e il discente potrebbe usare con buona fede tali espressioni nelle situazioni formali o nello scritto.

- Infatti, noi integriamo Marugoto spesso con spiegazioni ed esercizi più adeguati o presi da altri manuali o inventati da noi stessi. Invertiamo frequentemente anche l'ordine di insegnamenti, ecc.
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 『まるごと入門A1』考1、新しい日本語教科書と無料の日英独仏伊基本語彙集
- おすすめの日本語の教科書 / Manuale di Lingua Giapponese che consiglio
- 語学検定と言語観、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)

LINK
文法説明や練習のために、真剣に日本語に取り組みたい人に勧める本
- Amazon.it - Corso di lingua giapponese. Volume 1 (Hoepli)

- 国際交流基金 - JF日本語教育スタンダード - 『まるごと 日本のことばと文化』
- Amazon.co.jp - Marugoto: Japanese language and culture Starter A1 Coursebook for communicative language competences / まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 りかい (JF Standard coursebook / JF日本語教育スタンダード準拠コースブック) ¥ 1,836
- Amazon.co.jp - Marugoto: Japanese language and culture Starter A1 Coursebook for communicative language activities / まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう (JF Standard coursebook / JF日本語教育スタンダード準拠コースブック) ¥ 1,620
- Amazon.it - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Rikai: Coursebook for communicative language competences EUR 19,34
- Amazon.it - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Katsudoo: Coursebook for communicative language activities EUR 18,37

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-27 22:57 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(2)

『まるごと入門A1』考1、新しい日本語教科書と無料の日英独仏伊基本語彙集

f0234936_7274484.jpg

 この新しい教科書がうってつけの日本語学習者は、たとえば
・アニメ・漫画や空手などを通して日本に興味を持った中学生・高校生
・日本人の恋人や配偶者、友人の存在を機に、日本語で意思疎通を図りたい成人
・中学・高校などの交換留学や旅行で日本を訪れるため日本語を学ぼうという人
・日本語も祖国なのに学ばずに育ち、中学生以上になって学びたいと思い出した人
などではないかと思います。

 『まるごと 日本のことばと文化 入門A1』の教科書は、従来イタリアで入手できた日本語の教科書に比べて、
・日常生活や旅行における重要性から語彙・表現・文法項目を選び、配置してある
・日本での生活や旅行を乗り切るのに役立つ日本語を、短期間で身につけやすい
・写真や絵が豊富で、興味を引き、記憶への定着が図れ、実生活に応用しやすい
・音声面が重視され、聴き取りや会話・対話練習が豊富である
・無料の関連オンライン教材が豊富で、音声・映像・練習問題・語彙表と多岐にわたる
・『かつどう』は、すぐにコミュニケーションが取れることを最優先し、作ってある

という特徴があります。

 白黒で活字ばかりのしかつめらしい従来の教科書では、せっかく日本語に興味を持っても、すぐに放り出していた人や、近くに日本語を教えてくれる学校や先生がいないので、教科書は買ったもののひらがなと片仮名の勉強中に投げ出してしまった。そういう人も、特に上記に該当する学習者であれば、身近にいる日本人の恋人・配偶者・友人の助けを借りて、「学んだことがすぐに役に立つ、コミュニケーションに使える」 と感じながら、豊富な絵や写真にも助けられ、励まされて、勉強を始めたり、続けたりすることがしやすい教科書だと思います。

 豊富な無料オンライン教材は、教科書を購入せずとも、まずオンライン登録をしさえすれば利用できますので、そうやって、どんな教科書かを知ることができます。

- まるごと 日本のことばと文化 教材ライブラリ / ユーザー登録画面

 ちなみに、ユーザー登録のあと、再び上のリンク先に戻ると、今度はこのページから、

① 教科書の音声ファイル(MP3)を、ダウンロードできます。

さらに、冒頭の「ごいちょう Word book」左手の矢印をクリックすると、

② 日本語基本重要語句に、英語で語意を添えた語彙帳を、参照・ダウンロードすることができます。

 この語彙帳は、『まるごと入門A1』の2冊に収録された約700語を中心とした約千語を、教科書のトピック・課ごとに記したものです。意味などが関連する語彙をまとめてある上に、絵や写真、ローマ字も添えてあるため、言葉を覚えやすく、語彙を記憶しようという励みにもなる上、レストランでメニューの料理を確認したり、洋服売り場などで、店員に尋ねるための言葉を探すにも役立つでしょう。小さくではありますが、意味が英語で添えてあるため、日本人が英語で旅行・生活に必要な語彙を覚えたり、調べたりするにも便利です。

 そうして、この教材ライブラリのページの左手にある「各国対訳つき教材」のアイコンをクリックすれば、

③英語の代わりに、フランス語やドイツ語、イタリア語で語彙を記した語彙帳も参照・ダウンロードできるのです。

 語彙帳は、こうした言語を母語とする入門者の日本語学習にも、3言語のいずれかが入門レベルの日本の方にも役立つはずです。

 ちなみに、記事冒頭の写真の左手に、学校でカラー印刷をしてもらったイタリア語訳つきの語彙帳が写っています。

 さらに、次のページで、「A1(入門)」レベルを選んでタブをクリックし、次いで、画面中央下にあるEnterをクリックして、画面の左上で、日本語・英語・スペイン語から言語を選択すれば、

- まるごと⁺ 日本のことばと文化 / Marugoto Plus. Japanese Learning – Supporting your Japanese!

 音声や文字・ビデオ映像を通して、ひらがな・片仮名・漢字の書き方や読み方が学べるほか、教科書の各課で登場する語彙や表現・文法事項の練習や復習をすることもできます。

 教科書、『まるごと』には、他にも次のような役立つサイトがあります。

- まるごと⁺ まるごとのことば / Marugoto Words

 このページでは音声や絵と共に、日本語の語彙を学ぶことができるのですが、画面の左上で、英語とスペイン語のどちらで語意を知りたいかが選択できます。

 画面中央のMy list(スペイン語Mi lista)で教科書のレベルを選べば、課ごと、あるいは品詞ごとに、教科書に出てくる単語や表現をまとめて、オンラインの音声つきの表にすることもできるし、PDFとしてダウンロードすることも可能です。

 また画面下のCollection(西 Colección)では、カレンダー・時間・位置・数や色ごとに、日本語の語彙を音声や絵・図つきで学ぶことができるようになっています。たとえば次のリンク先では、
- Marugoto Words – Colección - Color

 色を表す名詞や形容詞を、かわいらしいカラーの色と共に学べるようになっているのですが、これは同時に、スペイン語を学ぶ日本人のわたしたちにも役立つはずです。

 こんなふうに画期的で、長所の多い教科書ではありますが、学ぶ人、あるいは教える対象が、仕事や正規の大学留学のために日本語を学ぶ社会人や学生さんの場合には、「これはどうも困ったな」という点もいろいろと出てきます。次回は、そういう問題点についてお話するつもりでいます。いずれは、『りかい』と『かつどう』、それぞれの特色にも触れたいと考えています。

*追記(2015年4月28日)
 昨晩、この記事の続きを書いて、『まるごと』の問題点となぜそれが問題かを説明しました。記事へのリンクはこちらです。(↓↓)
- 外国語教育・学習と『まるごと入門A1』考2

*********************************************************************
"Marugoto: Japanese Language and culture Starter A1"
- Manuali innovativi per studiare la lingua giapponese;

1. Vocaboli ed espressioni scelti per l'importanza nella vita quotidiana,
2. Molta importanza data alle competenze orali
3. Volendo si può imparare il giapponese di livello base in poche
settimane.
4. Molte risorse online dagli esercizi ai video, vocabolario di base di circa
1.000 parole scaricabile da http://marugotonihongo.jp/library/,
bisogna registrarsi, ma tutto è gratuito e il vocabolario con spiegazioni
in italiano si scarica cliccando "Learning Resources.." a sinistra, e poi
cliccando "Italiano".
Questi manuali sono adatti a chi vuole imparare il giapponese per piacere, per parlare con amici, familiari o durante viaggio. In questo caso vi possono aiutare sia i vostri amici che familiari giapponesi.
Tuttavia, sorge qualche problema per chi vuole studiare il giapponese per lavoro e avrà bisogno degli insegnanti che lo guidino bene, perché in questi libri mancano le spiegazioni grammaticali e alcune espressioni proposte sono troppo colloquiali e informali per essere usate al lavoro. *Per i dettagli leggi il seguito (↓↓) di questo articolo.
- Nuovi manuali di giapponese, “Marugoto” – parte 2: i suoi Problemi

- Non so perché ma stranamente COSTANO MOLTO DI PIU' su Amazon.uk che su Amazon.it.
*********************************************************************

LINK
- 新しい日本語の教科書、『まるごと』2、問題点 / Nuovi manuali di giapponese, “Marugoto” – parte 2: i suoi Problemi
↑↑ この記事の続きです / E' il seguito dell'articolo qui sopra.
- 国際交流基金 - JF日本語教育スタンダード - 『まるごと 日本のことばと文化』
- Amazon.co.jp - Marugoto: Japanese language and culture Starter A1 Coursebook for communicative language competences / まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 りかい (JF Standard coursebook / JF日本語教育スタンダード準拠コースブック) ¥ 1,836
- Amazon.co.jp - Marugoto: Japanese language and culture Starter A1 Coursebook for communicative language activities / まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう (JF Standard coursebook / JF日本語教育スタンダード準拠コースブック) ¥ 1,620
- Amazon.it - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Rikai: Coursebook for communicative language competences EUR 19,34
- Amazon.it - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Katsudoo: Coursebook for communicative language activities EUR 18,37
- Amazon.fr - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Rikai: Coursebook for communicative language competences EUR 19,62
- Amazon.fr - Marugoto: Japanese language and culture. Starter A1 Katsudoo: Coursebook for communicative language activities EUR 18,63
↑↑ アマゾンのサイトでの値段は、株価か為替のように変動するので、脇に記したのは、イタリア時間2015年4月27日現在の値段です。
 ちなみに、現在、アマゾンUKでは、レベルA1は『りかい』が31.9ポンド、『かつどう』が29.50ポンドとおそろしく値段が高いので、英国にお住まいの方は多少送料を払っても、日本あるいはイタリア・フランスのアマゾンで購入した方がずっと安いと思います。
アマゾンドイツでの値段はそれぞれ19.90ユーロ、18.90ユーロですから、英国だけひどく高いわけで、どうしてか謎です。需要がそれだけ多いからか、所得平均が高いからか、はてさて。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-26 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)

西部劇がアンダルシアで!

 今夜、スペイン、アンダルシアの特集番組を見ながら、建築や町の美しさ、歴史と文化に魅かれて、いつか行ってみたいなと思っていたら、「アンダルシアには、ヨーロッパ唯一の砂漠がある」という説明が始まりました。そうして、なんと、その唯一の砂漠があるという理由から、イタリアの映画監督、セルジョ・レオーネは、このアンダルシアの砂漠に西部劇の映画のセットを作って、数々の名画を撮影したというではありませんか。

f0234936_171309.jpg

 日本でマカロニ・ウェスタンと呼ばれる、セルジョ・レオーネのイタリア製西部劇は、イタリアではSpaghetti Westernと呼ばれているのですが、うちの夫はこのセルジョ・レオーネの西部劇の大ファンです。その大好きな映画が、まさかスペインで撮影されていたとは思いも寄らず、夫もひどく驚いていましたし、わたしもびっくりしました。


 上の映像を見て、エンニオ・モリコーネの音楽はやはりいいなと感じながら、あの場面もこの場面も、アンダルシアのあのセットで撮影されたのかと、改めて思いました。


 どうやら今は、このかつての西部劇の撮影地がテーマパークになっていて、観光するもできるようです。

******************************************************************
Sergio Leone ha realizzato i suoi celebri film western in Andalusia, in Spagna!

Non lo sapevamo e siamo rimasti sorpresi. I turisti possono visitare pure i set.
******************************************************************

LINK
- Oggi Viaggi – Il Far West Andaluso di Sergio Leone
- Choose Almeria – Mini Hollywood – Theme Parks
- Andalusia – Mini Hollywood
- 夕陽のガンマン [DVD]
- 続 夕陽のガンマン [DVD]
- 荒野の用心棒 完全版 スペシャル・エディション [DVD]
- ウエスタン [DVD]
- Per Un Pugno Di Dollari (Versione Restaurata)
- Per Qualche Dollaro In Più
- Il Buono, Il Brutto E Il Cattivo
- C'Era Una Volta Il West

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-25 23:59 | Film, Libri & Musica | Trackback | Comments(2)

ピーチもちもち恋しやうどん

 今週の月曜日は、ひょんなことから遠出をして、思いがけず夕食にレストランで、トスカーナ名物のパスタ、ピーチ(Pici)を食べることになりました。

f0234936_5111521.jpg
Pici al ragù @Ristorante Pizzeria Quo Vadis
Città della Pieve (PG)  20/4/2015

 ピーチを食べたのは久しぶりですし、店によってパスタのでき具合も違うのでしょうが、こしが強くもっちりとしていて、まずは見たとたん、そうして一口食べたとたんに、「うどんみたい!」とうれしくなりました。量がとんでもなく多いので、半分強だけ食べました。ピザを食べ終えた夫も、おいしいねと言って、少しだけ食べるのを手伝ってくれましたが、とても食べきれません。

f0234936_5112064.jpg

 月曜の夕方は、わたしは翌朝の授業の準備をし、夫は改築中の家があるミジャーナに出かけて、レンガ屋さんに1階にレンガをどう敷いたらいいかを見てもらうはずでした。それがレンガ屋さんから、今週はイタリア中を北へ南へと出張の連続で、この日も他の日もどうしても改築中の家まで来る時間が取れないから、すまないけれど、店に来てくれませんかという電話がかかってきました。

 この店がうちから遠くて、車で約1時間かかるのです。ペルージャから西南西へとひたすら進み、ウンブリア州の西の端、トスカーナ州との境まで行ったところにあるのです。午後2時半に仕事から戻って、ようやく昼食を食べていたわたしは難色を示しましたが、夫が「明日はぼくが出張で帰りが遅いし、ずっと延期し続けてきたから」と行くことに決めたため、わたしも同伴することにしました。産業地帯を通り過ぎると、田園風景が広がり、菜の花畑らしき美しい眺めも楽しめました。

f0234936_5114332.jpg
Città della Pieve (PG) vista da Cetona (SI) 20/4/2015

 レンガ屋さんは、丘の上に広がるこちらの町、チッタ・デッラ・ピエーヴェの丘のふもとに近い産業地帯にあります。レンガの敷き方が決まり、1階の平面図を渡してあいさつする段になって、レンガ屋さんが突然、こんな申し出をしてくれたのです。「今回はわざわざ遠くまで来てくれて、おかげでその分他の仕事もできてとても助かったから、お礼にぜひ、友だちの店で夕食をごちそうしたい。」

 どうしてもと言うので、いつかは改築が終わった家でわたしたちがごちそうしようということにして、おごってもらうことにしました。ただ、イタリアではまだ夕食には早い時間だったので、夕食前にどこか近くの村を訪ねることにしました。

f0234936_512756.jpg
Cetona (SI)

 レンガ屋からは、共に魅力があるウンブリアのチッタ・デッラ・ピエーヴェも、トスカーナのチェトーナも、どちらも約5キロ離れているのですが、夕食をどうぞと言ってくれたレストランがチェトーナ方面にあるため、チェトーナに行くことにしました。イタリアで最も美しい村の一つであるこの村は、以前にもレンガ屋に来たついでに、訪れたことがあります。

f0234936_5122216.jpg

 この日は、以前とは別の道を歩いて、こんなすてきな街角にも出会うことができました。

f0234936_5123542.jpg

 もしレンガ屋から家に直行していたら、途中で渋滞に巻き込まれるのは確実だったのですが、レンガ屋さんの粋な申し出のおかげで、散歩と夕食を楽しむことができました。

***********************************************************
I Pici - erano buoni e sembravano quasi UDON, pasta giapponese!!

@ Ristorante vicino al confine con la Toscana
- Bellino il paesino di Cetona (SI), bella la vista di Città della Pieve (PG)
***********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-24 22:12 | Toscana | Trackback | Comments(12)

金色きらきら藍に染む

 我が家の庭にすくすくと育ち、最近、黄色の小さいかわいらしい花をいっぱいに咲かせているこの植物は、果たして何なのだろう。

f0234936_3334198.jpg
23/4/2015

 ここに毎年まいている「蝶を呼び寄せる花」の種から、時に思いがけないような花が咲くことがありますし、あちこちで催される種の交換会に出かけて手に入れた種もまいたので、その種から育った植物かもしれません。

f0234936_3342925.jpg

 こんな調子で、いったいどんな植物が育つか分からないので、ただの雑草かもしれないけれど、とりあえず育ちきるまで待っている、そんな植物も庭にはたくさんあります。
 
 幸いこちらの植物は、あれよあれよと思う間にどんどん高く育ち、今は金色の花が太陽にきらきら光って、とてもきれいです。

f0234936_3344184.jpg

 わたしが昨年アブルッツォでの草花染め講座に参加したのは、夫と共に、草花染めの展示準備を見たのがきっかけだったのですが、

f0234936_3375073.jpg
Sheila Rocchegiani & Michela Pasini, Navelli (AQ) 20/7/2014

その準備作業中に、夫は、「染料として必要な植物を栽培するとしたら、需要があるのはどの植物か」と、作品制作中の先生たちに尋ね、「藍色の伝統的な染料であるホソバタイセイ(guado、学名 Isatis tinctoria」という返事をもらっていました。

 それでどこかでその種を入手して庭にまいていたのでしょう。夫は、「ひょっとしたらホソバタイセイかもしれない」と言っていたのですが、家中の植物図鑑を首っ引きで調べたあげく、この数日は、「ホソバタイセイとは違うようだけれど、名前が分からない」という結論に達したようでした。

f0234936_338475.jpg
Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo, Navelli (AQ) 14/8/2014

 そう言えば、草花染め講座の野外実習で、染料になる植物を探して歩いたとき

f0234936_3382731.jpg

採集したニガヨモギ(学名 Artemisia absinthium、イタリア語名assenzio maggiore)も、背が高くて花が黄色かったと思い出して、去年の写真を見てみたのですが、今庭に咲いている花とは似ても似つきません。

f0234936_339246.jpg

 それが今日になって、草花染め講座をきっかけに知り合った人がフェイスブックに載せた写真を見て、庭の花がやはりホソバタイセイであることが分かりました。1年目は染料にはならず、2年目に育つ若葉が染料になるものの、大量の葉からわずかな染料しか取れないとのことではありますが、遠ざかってしまった草花染めに、花を通して呼びかけられているようなそんな気がしています。

******************************************************************
I Fiori di color d'oro brillano nel nostro giardino in questi giorni. 23/4/2015

- Ci domandavamo che cosa fosse questa pianta e ora penso di aver scoperto
finalmente la sua identità: guado, pianta tintoria.
Mio marito l'ha seminato insieme ad altre piante e non ne era sicuro.
- Foto ricordo della mostra e del corso di stampa naturale su tessuto a Navelli.
******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 自然と美の追求 ~職人芸術展、Vivere Naturalmente / Mostra, Vivere Naturalmente a Navelli (23/7/2014)
- 草花で布を彩り染め上げる / Corso di stampa naturale su tessuto Florario d’Abruzzo (19/8/2014)

参照リンク / Riferimenti web
- it.wikipedia – Isatis tinctoria L. (guado, gualdo)
- Soccorso Verde – Il Guado
- weblio辞書 薬用植物一覧 – ホソバタイセイ(細葉大青)
↑↑ 「生薬名: バンランコン(板藍根)」とあります。バンコランではありません。
- コトバンク - ハマタイセイ
- ウィキペディア日本語版 - アイ(植物)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-23 20:39 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(2)

ペルージャ地球の日

 大切な地球を守ろう、環境に優しくということで、国際地球の日である今日、ペルージャでは1日、公共交通機関が無料でした。と言っても、スモッグや渋滞が問題になっているペルージャでは、この春すでに、こうした公共交通機関が無料の日が何日かありました。

f0234936_642473.jpg
@Minimetrò, Perugia 22/4/2015

 4月19日日曜日も無料だったため、ミニメトロ駅の自動販売機で入手した無料切符には「2015年4月19日&25日」(19 & 22 aprile 2015)と印刷されています。

f0234936_64276.jpg

 終着駅、ピアン・ディ・マッシアーノ駅の巨大無料駐車場に車を置いて、ミニメトロに乗り、しばらくすると、丘の上に広がる中心街が見えてきました。

f0234936_644726.jpg
Fontana Maggiore & Cattedrale di San Lorenzo, Perugia

 青空の下では、大噴水がより美しく見えます。中心街に出かけたのは、市役所で、改築中の家のために必要な書類を受け取るためです。

f0234936_65085.jpg

 市役所を出てからは、ペルージャ外国人大学へと向かうと、白い桜(ciliegio)の花が日の光に輝くように咲いています。

f0234936_653010.jpg
Glicine, Mura Etrusche & Palazzo Gallenga

 藤の白い美しい花が左手に見えます。右手に見える城壁では、下方に白い大きな石が積み重なっていますが、その部分には、紀元前3~4世紀にエトルリア人が築いた城壁が今もなお残っています。

f0234936_653366.jpg
Arco Etrusco & Palazzo Gallenga

 こうして、エトルリア門と外国人大学の校舎がよく見える場所までやって来たのは、個人授業で教えている生徒さんが使われているのと同じ教科書を、大学前の書店で購入するためです。ところが、店頭には午後4時開店と書いてあるのに、4時5分になっても店が開く気配がありません。いい写真が撮れたからいいかとあきらめて、別の道を通って、ミニメトロの始発駅に向かいます。

f0234936_66874.jpg
Arco dei Tei & Filo rosso

 町をつなぎ、包む赤い糸をあちこちに見かけて、うれしく思いながら歩いて行きます。

f0234936_662754.jpg

 オリーブの木の下を彩る花も、彫刻が施された鉢も、奥に広がる空と緑も、とてもきれいです。

f0234936_66394.jpg
Glicine, Assisi & Monte Subasio

 坂を下ると、左手に美しい藤の花とアッシジを中腹に抱くスバージオ山が見えました。

f0234936_66573.jpg

 セイヨウハナズオウ(albero di Giuda)も花盛りです。

f0234936_6711100.jpg

 本屋に寄ったため夫とはぐれてしまい、ようやく落ち合ってミニメトロの始発駅、ピンチェット駅にたどり着きました。

 実は肝心の書類は、今日は受け取ることができなかったのですが、切符が無料だったおかげもあって、久しぶりに散歩を楽しむことができました。ミニメトロができて以来、我が家の近くを通っていた便利だったバス路線は変更になり、かつ便数も少なくなったため、公共交通機関を利用していては通勤に時間がかかるため、今朝も学校には車で出かけていたのです。

************************************************************
Perugia, Giornata Mondiale della Terra 22/4/2015

- Verso il Centro di Perugia a ritirare un documento al comune
con il Minimetrò, perché oggi il biglietto è gratuito.
- Bellissima Perugia in Primavera ornata dai Fiori di Ciliegio, Glicine, Lillà,
dell'Albero di Giuda e dal Filo rosso.
- Dalla Fontana Maggiore Medievale all'Arco Etrusco dell'antichità,
passeggiando ci si tuffa nella storia e nella natura.
- In Centro sono andata anche stamattina a lavorare con la macchina,
ma a piedi posso ammirare molto di più i paesaggi e i fiori.
************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-22 23:07 | Umbria | Trackback | Comments(6)

奥さんとお子さん

 日本語の授業では、今週から、新たに「たべもの」の単元に入りました。昨日の授業で、「ちちは ごはんと みそしるが すきです。」、「よく コーヒーを のみます。」といった表現を学んだので、復習も兼ねて、今朝はこんな会話から授業を始めました。

   「~さんは ハンバーガーが すきですか。」
   「はい、すきです。」
   「~さんの おこさんも ハンバーガーが すきですか。」
   「はい、つまも……」

 日本語の「おくさん」と「おこさん」は、ひらがなで書くと、ただでさえ表記や発音が似ているため、実は、昨年末に日本語能力試験のN5を受けて合格した個人授業の生徒さんも、よく間違えます。日本語で話していて、話がどうもかみ合わないと思ったら、その原因は「おくさん」と「おこさん」の勘違いということが少なくありません。

 しかも、これは「おくさん」と「おこさん」の表記・発音が単に似ているという問題ではなく、日本語では、無声子音(この二語では「く」・「こ」の/k/と「さ」の/s/)に挟まれた母音は発音が弱くなる、あるいはかき消える傾向がある上に、もともと日本語の「お」と「う」はそれぞれ、イタリア語の開口音・閉口音のoおよびuの音に比べて、それぞれ口のすぼめ方が中途半端で、舌の位置も違うため、このオ段とウ段の違いが聞き取りにくいという問題もあります。似たような母音でも微妙に異なることは、逆に、日本語を母語とするわたしたちのイタリア語学習、イタリア語での生活においてもつまずきの石になりがちで、eやoが開口音か閉口音を聴き取るのが難しく、また、閉口音のoを聞いて、oかuか判断がつかないということが起こりがちです。そして、耳で違いが聞き取れない音は、間違って覚えたり、覚えてもいつまでも間違えてはいないかと不安になったりしがちです。

f0234936_6483592.jpg

 それで、ホワイトボードに絵を描いて、「おこさん」と「おくさん」の違いがはっきりと分かり、しっかりと覚えられるように工夫しました。そもそも、イタリア語では、自分の「こども」、「つま」だろうと、他人の「おこさん」、「おくさん」だろうと、どちらも、figlio、moglieで済むので、家族の呼び方がだれの家族かによって変わることさえ、学習者にとっては厄介なのです。ただしイタリアでも、他人の奥さんのことは、敬意を払ってsignoraと言及することがあります。

 「おこさん」は「こども」の「こ」をとって「おこさん」と説明したあと、「奥さんと言うのは、昔は高貴な奥方がお屋敷の奥(fondo)に暮らしていたからで……」と、大奥の話までしておきました。

 個人授業で教えている生徒さんは、「似ていて混同して覚えられない」と言うのですが、学校の生徒さんは、「それぞれどう書くかは分かっているけれど、耳から聞くと、違いが聞き分けられない」とのことです。

 さらに、イタリア語では、母音の長短に意味の弁別機能がないため、イタリア語が母語の人には、短母音と長母音の違い、たとえば、「あ」と「ああ」の違いが聞き取れないという問題も加わります。どういうことかと言うと、「おかあさん」も「おかさん」も同じに聞こえるため、単語を覚えるにも「あ」があるかないかで迷い、あるいは「あ」抜きで覚えてしまうことがあり得るのです。「おかあさん」を「おかさん」と認識してしまうと、「おかあさん」まで、「おこさん」や「おくさん」と混同してしまうことになります。まあ、これはN5 に受かった生徒さんにはない間違いなので、克服がしやすいことでしょう。先週は雨が降っていたので、授業の初めに、「あめあめふれふれ かあさんが……」と歌詞をホワイトボードに書いて、歌いもしましたし。

 ちなみに、母語で弁別機能がないと聞き分けられないという現象は、日本人のわたしたちがイタリア語を学習していても起こることで、RとL、BとVの聞き分けが難しいことはよく知られていますが、子音のみならず音節単位でも発生します。たとえば、イタリア語のsusino「セイヨウスモモ」、Parigi「パリ」の下線部の発音の違いは、どちらも「ジ」と大ざっぱにとらえてしまう日本語の耳では聞き取りにくく、聞き取りの段階で間違えて、間違ったまま覚えてしまうということもありがちです。こんなふうに、外国語学習では特に音声の習得において、いくら気をつけていても、母語というフィルターを通して間違った発音で聞き取ったり、身につけてしまったりすることが多いため、わたしは英語やイタリア語の入門書でいつまでも片仮名表記で読みを記すことにも、日本語の入門書でいつまでもローマ字で読みを記すことにも反対です。母語による外国語発音習得のゆがみを悪化させ、また、間違った発音が定着してしまいやすいからです。余談になりますが、同じ理由および日本語の伝統的な発音や表記を尊重したいという理由から、たとえばサービスをサーヴィス、ビデオをヴィデオと、すでに日本語に定着していた外来語の音を、むやみに原音を尊重する表記で書こうとする風潮も、残念に思っています。わたしがこうした表記に反対する理由はいろいろあります。一つには、いくら「サーヴィス」と書いたところで、しょせんは「サー」は英語のserviceのser-の発音とは異なり、原語の英語ではない語末の母音、日本語のuを挿入してしまっているため、結局は、原音尊重が中途半端にとどまること、二つ目として、日本語本来の発音体系や美しさ、日本語に実際に定着している語彙の軽視が感じられること、三つ目として、「サーヴィス」と書いても、結局は「サービス」と発音している人が多いであろうし、書く人の自己満足に思われるから、四つ目として、上記のようにそもそも外国語の発音の片仮名表記には大きな限界があり、実際の外国語の発音とは隔たりがある場合が多いため、こうした表記は、教育における片仮名発音表記信仰や学習における片仮名発音表記使用をさらに蔓延させ、外国語学習に多大な弊害をもたらすと考えるからです。

 閑話休題。社会生活や慣習においては、日本では規則を、イタリアでは場や目の前にいる人との関係を重んじるようであるのに、言語はその反対に見えるのもおもしろいです。たとえば、「こども」は、日本語では話し手と聞き手の関係や話される場によって、「こども」と言うか「お子さん」と言うかが決まってきますが、イタリア語の場合には、だれの子供に言及しようが、基本的には使う単語はfiglioです。ただし、「息子」一人であればfiglio、「娘」一人であればfiglia、「娘」だけが二人以上であればfiglie、「子供」の中に一人でも「息子」がいれば、figliと、「子供」の性別や人数に応じて、文法の規則に対応して、語形が変わってきます。

 さて、そろそろ午後5時も過ぎて、花粉の飛散も収まったかと思います。久しぶりに明るい時間にうちにいるので、窓を開けてうちの掃除を始めます。それに、明朝の授業の準備のために、途中でバトンタッチし午後4時半に終わった今日の授業でどこまで進んだか、同僚の先生に電話をして尋ねなくては。(掃除を終えて水やりするうち夫が帰宅し、同僚の連絡を受けての明日の授業の準備が先ほど終わったので、記事の書き終わりから発行する今までに数時間経過していますが、あしからず。)

*********************************************************************
OKOSAN, OKUSAN & OKAASAN in Lingua Giapponese

- Volete riferirvi ai propri familiari?
Bene, il figlio (figli/figlia/figlie) si dice KODOMO, la moglie TSUMA, la madre HAHA. Fin qui non c'è problema; basta memorizzare i vocaboli.
- Invece, è quando volete riferirvi ai familiari altrui che vi sorgono i problemi. 1) In Giapponese per indicare i familiari di altre persone, si usano parole diverse per esprimere il rispetto. Dunque, per figli altrui OKOSAN, moglie altrui OKUSAN, madre altrui OKAASAN - e come si vede, 2) questi termini, scritti in hiragana, si assomigliano molto tra di loro sia in grafia che in pronuncia. Di conseguenza, i miei allievi faticano tanto a ricordare e non sbagliare ma non ci riescono...
*********************************************************************

関連記事へのリンク
- アイとコイを口にするイタリア人? (13/6/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-04-21 23:49 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(6)