<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

桜色の天空の町、チヴィタ・ディ・バンニョレージョ

 昨日、夕日が沈む頃に、モンテフィアスコーネを出発し、帰途についたわたしたちは、途中、車内から見晴らしの美しい場所を発見し、引き返して駐車場に車を置き、その眺めを楽しもうと、展望台へと急ぎました。

f0234936_854293.jpg
Civita di Bagnoregio, Bagnoregio (VT) 29/11/2015

 山の上にそびえたつチヴィタ・ディ・バンニョレージョの町が、目前に見えます。外部から町にたどり着くための唯一の道である長い橋も、町と山の右手に白く細く見えています。

f0234936_17512286.jpg
モンテフィアスコーネの観光案内看板の地図

 少し前にバンニョレージョの町の傍らを通り過ぎたばかりではありましたが、まさかチヴィタの眺めがこんなに美しいときに居合わせることができるとは思いもかけず、感動しました。上の地図には、わたしたちが車で移動した道をオレンジ色で記し、チヴィタ・ディ・バンニョレージョの町をピンクで囲んでいます。

f0234936_861368.jpg
Lubriano (VT)

 わたしたちが景色を見るために車を降りたルブリアーノも、城壁や町並みが美しい町です。しばらく歩いてみて、以前にも二人で散歩したことがあることを、夫もわたしも思い出しました。

f0234936_864913.jpg

 すでに日が沈んでいて、鮮明な写真は撮れませんでしたが、空の色が一番美しいときに、眺めのすばらしい町を散歩することができました。

*******************************************************
Civita di Bagnoregio in rosa 29/11/2015

- Mentre tornavamo da Montefiascone verso l'Umbria, ci siamo
fermati a Lubriano, trovando un bellissimo panorama.
- Incantevoli i paesaggi e i colori del cielo.
*******************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ / Montefiascone, Rocca dei Papi & Lago di Bolsena (29/11/2015)
- ヴィテルボ小旅行 / Viaggio a Viterbo – Terme dei Papi, Villa Lante, Lubriano, Civita di Bagnoregio (16/2/2012)

参照リンク / Riferimento web
- InfoViterbo.it – Civita di Bagoregio

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-30 23:59 | Lazio | Trackback | Comments(11)

巡礼者の塔から、ボルセーナ湖とモンテフィアスコーネ

 「今日はどこに行こうか。寒いから暖かい南方のボルセーナ湖に行ってみようか。」と今朝夫に聞かれて、ボルセーナ湖畔の町、モンテフィアスコーネ(Montefiascone)をいつか訪ねたいと考えていたことを思い出しました。中世史の雑誌、『Medioevo』10月号で、ローマを目指す巡礼路、フランチージェナ街道(Via Francigena)の主要な町であること、美しい教会があることが、写真の数々と共に紹介されていて、記事を読んで以来、いつか行きたいと思っていたのです。

f0234936_7462198.jpg
Lago di Bolsena, panorama visti dalla Torre del Pellegrino
Rocca dei Papi, Montefiascone (VT) 29/11/2015

 ラッツィオ州ヴィテルボ県にあるモンテフィアスコーネは、以前にも、ボルセーナ湖のほとりを散歩したことがありましたが、中心街は今日初めて訪ねました。町の高みにある巡礼者の塔(Torre del Pellegrino)から、ボルセーナ湖や周囲の緑が美しく見えて、感動しました。

f0234936_7462753.jpg

 この写真をよく見ると、今もかろうじて外壁が残る塔の屋上に、人が数人いるのがお分かりかと思います。冒頭の写真は、この屋上に上って撮影したものです。

f0234936_7463757.jpg

 こんなふうに、足元の網を通して下方が見えるので、高所恐怖症のわたしは、はらはらしながら、階段を上りました。

f0234936_7464637.jpg

 昼食前に訪ねた大聖堂のクーポラや風景に励まされながら上ります。

f0234936_747310.jpg

 屋上への入り口に、こんなふうに書かれています。

  “NEL 1222 SAN FRANCESCO,
  PELLEGRINO SULLA FRANCIGENA
  PASSO’ PER MONTEFIASCONE.”
 
 塔の名前は、Torre del Pellegrinoで、「巡礼者」は単数形で、定冠詞がついています。入り口に、「1222年に、フランチージェナ街道を巡礼者(pellegrino)として歩いていた聖フランチェスコが、モンテフィアスコーネを通り過ぎた。」とありますから、塔の名にある「巡礼者」は、1222年に町を通った、アッシジの聖フランチェスコを指しているのでしょう。

 この案内表示の写真が、今日撮った中で唯一、わたしも夫も写っている写真です。

 案内には、聖フランチェスコが創造主と自然をたたえる名高い詩(Cantico delle Creature、下記リンク参照)が、このすばらしい眺めにも影響を受けたと考えたいと書かれ、続いて、詩が引用されています。

f0234936_747733.jpg

 風景の美しさに、自然の恵み、太陽や水や大地の美しさやありがたさを思わず感じる。確かに、そういうすばらしい眺めが、目前に広がっていました。

*追記(11月30日)
 現在、巡礼者の塔と呼ばれるこの塔は、かつての壮大な教皇の城塞(Rocca dei Papi)の遺跡の一部です。教皇の城塞は、1207年に、ローマ教皇インノケンティウス3世(Papa Innocenso III)が建造を始め、後世の教皇たちが風光明媚な地に魅せられて、住居として用いていました。

*********************************************************************
Lago di Bolsena, panorama visti dalla Torre del Pellegrino, Rocca dei Papi
@ Montefiascone (VT) 29/11/2015

"Nel 1222 San Francesco, Pellegrino sulla Francigena passò per Montefiascone" - così è scritto in cima alla torre.
Quando ho letto un articolo di "Medioevo", "Montefiascone. Nella Tuscia dei pellegrini" sono stata affascinata dalla bellezza e dalla storia della città e oggi ho potuto finalmente visitarla :-)))
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
Montefiascone & Lago di Bolsena
- 聖フランチェスコとモンテファルコ@『Medioevo』10月号 / Rivista, “Medioevo” di ottobre – San Francesco, Montefalco & Montefiascone
- 魅力いっぱいボルセーナ / Bellissima Bolsena – Città, Lago & Paesini vicini
San Francesco di Assisi & Cantico delle Creature
- アッシジと聖フランチェスコ、JITRA連載第3回 / Assisi e San Francesco
- 聖フランチェスコとCantico / Cantico delle Creature di San Francesco

参照リンク / Riferimenti web
- La Via Francigena nel Lazio – Montefiascone – Rocca de Papi
- InfoViterbo.it – Montefiascone in Provincia di Viterbo

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-29 23:47 | Lazio | Trackback | Comments(6)

梨の木騒動

 今月は、わたしは2度、夫は3度、果樹を扱う遠方の植木屋に足を運びました。11月20日に、スペッロ近くの植木販売店を訪ねたとき、ミジャーナに植えるために、わたしがぜひほしいと思い、夫と購入を決めていた果樹の一つに、梨があります。イタリアの店頭や庭先で、西洋梨の実や木はよく見かけるのですが、日本の梨は、ペルージャの店では、わたしはまだ見かけたことがないように思います。それでずっと、おいしい梨の木がうちにあればと願っていたので、今回はあらかじめ店に電話で梨の木があることを確認してから、スペッロに近い店に出かけました。

f0234936_8341983.jpg
20/11/2015

 「二十世紀、あるいは幸水があれば」と期待しながら出かけたのですが、あったのは豊水という品種だけです。この日は、この豊水梨をはじめ、アーモンドや柿、ザクロなど、ハつの鉢を購入して、ほかの果樹についても、夫が買いたいと決めていた品種がないものについては、店にあった中から、目で見て、元気に育っていそうな若木がある品種を選びました。

 それが、うちに帰ってから、わたしたちが購入したアーモンドの品種も幸水梨も、別の品種のアーモンドや梨の木を近くに植えないと、買った木一つだけでは、実がならないようだということを、インターネットで情報を調べていた夫が発見しました。

f0234936_8343178.jpg
24/11/2015

 先日、アッシジの夕焼けがきれいに見える別の植木屋に出かけたのは、梨に実がなるように、別の品種の梨を購入するためだったのです。夫が店のサイトを見て、電話をかけて確認し、二十世紀梨があるようだと思って訪ねてみたら、ところが二十世紀はなくて、あるのは、幸水と新世紀、この二つの品種だけでした。「幸水と豊水ならば、近くに植えれば実がなる」ということは、すでに調べ上げて、知っていましたし、幸水梨が甘くて水分が多くておいしいことは、愛媛に暮らしていた頃、一番よく見かけて食べた梨なので、よく知っていました。

 そうなのですが、このとき、すでに他店で購入していた梨が、豊水だったか幸水だったかに、わたしも夫もどうも確証が持てませんでした。と言うのも、イタリアの人には、たとえばバイクメーカーのYAMAHAを「ヤマカ」と発音するように、HをKと発音したり、混同したりする人が多くて、スペッロの店で豊水梨を購入したときも、店の人がKOOSUIと発音して、夫も真似するので、わたしが「これはおいしいわたしが知っているKOOSUIではなくて、HOOSUIだ」と言ったのですが、そういう経緯があって、記憶の中で、すでに買った梨の木が、豊水だったか幸水だったかにまったく自信が持てなくなってしまっていたのです。万一すでにうちにあるのが幸水であれば、幸水を買って帰ったのでは、実がなりません。もう一つの品種、新世紀は聞いたこともなかったのですが、わたしが知らないだけでおいしいのかもしれないと思い、この日はとりあえず、新世紀を購入して帰宅しました。

 そうして、うちに帰って、うちにあったのが豊水であったことが判明しました。インターネットで調べてみて、新世紀梨はあまりおいしくないらしいこと、そして、日本では植えたいと思う人があまりいないからか、新世紀梨と豊水梨の組み合わせで、実がなるのかどうかがどうしても分からないという結論に至りました。

 植木屋は遠いのですが、今朝、わたしが自宅で日本語の個人授業をしている間に、夫が無事、幸水梨と交換してもらって来てくれました。

 いろいろありましたし、梨をはじめとして、購入した果樹は皆細く、小さいのですが、これでいつかは、イタリアでおいしい梨が食べられる日が来るだろうと思うと、とても楽しみです。

************************************************
Dolci, succosi e gustosi,
i frutti di Nashi
li amo molto, ma non li mangio da anni.
Ora abbiamo giovani piante di Nashi, Hosui e Kosui,
in futuro potremo assaporarli anche qui a Perugia :-)))
************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-28 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

新オリーブオイルの季節、トレーヴィの祭りとウンブリア最古のオリーブ、JITRA連載第5回

 今年2月から、イタリア旅行情報サイト、JAPAN-ITALY Travel On-lineのメルマガで、ウンブリアの名所を紹介しています。第5回、11月15日付の記事はこちらです。
⇒ 緑満ち心に響くウンブリア 第5回「新オリーブオイルの季節、トレーヴィの祭りとウンブリア最古のオリーブ」

f0234936_7585025.jpg


 イタリアの中でも、上質でおいしいオリーブオイルで名高いウンブリア州では、10月半ばから11月頃にかけて、オリーブの収穫が行われ、各地で、できたての新オリーブオイルを味わえる催しがあります。

f0234936_7551363.jpg
Raccolta delle olive, Migiana di Monte Tezio 14/11/2013

 11月のわたしの記事の主題は、オリーブとオリーブオイルで、まずは農家や各家庭でのオリーブ収穫作業について説明し、

f0234936_7553878.jpg
Festivol, Trevi 29/10/2011

ウンブリア各地で、五つの週末にわたって開催される新オリーブオイル祭りの中でも、オリーブオイルがとりわけおいしいことで名高いトレーヴィの新オイル祭り、Festivolを、写真と共にご紹介しています。

f0234936_7554449.jpg
L’Olivo di Sant’Emiliano, Trevi 7/10/2012

 トレーヴィには、樹齢1700年とも言われる、ウンブリア州最古のオリーブの巨木があり、記事には、この聖エミリアーノのオリーブも登場しています。

 今週末は、今年のウンブリアの新オリーブオイル祭り、Frantoi Aperti 2015の締めくくりです。サイトによると、明日あさってに、おいしい新オイルの味見ができるのは、アッシジ、カスティッリョーネ・デル・ラーゴ、ジャーノ・デッルンブリア、スポレート、そして、ヴァルトピーナとのことです。(下記リンク参照)ウンブリア、および近くにお住まいの方、あるいは旅行で訪ねてみようという方は、ぜひこうした町に足を運んで、おいしい新オイルに秋を感じてみてください。

- ウンブリア州 新オリーブオイル祭り、Frantoi Aperti 2015の詳細情報

********************************************************************
"La Stagione dell'Olio Nuovo, Festivol di Trevi & L'Olivo più antico dell'Umbria"
è il titolo del mio quinto articolo sul sito JAPAN-ITALY Travel On-line.

L'Olivo di Sant'Emiliano ha 1700 anni e si trova a Trevi; un albero maestoso
in una città che produce ottimi oli di oliva :-)
Il link per l'articolo di Japan-ITALY Travel On-line:
http://www.japanitalytravel.com/in_umbria/trevi.html
********************************************************************


関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati

- 家族と友とオリーブ収穫 / Raccolta delle Olive (25/10/2015)
- 新オイルでブルスケッタ2015 / Olio Nuovo & Bruschetta 2015 (4/11/2015)
- 今年のオリーブと昨秋の搾油場めぐり / Sapere di Pane Sapore di Olio, Gualdo Cattaneo (4/9/2015)
- 新オリーブオイル祭り、トレーヴィ / Festa dell’Olio Nuovo, Trevi (29/10/2011)
- ウンブリア最古のオリーブ / L’Olivo di Sant’Emiliano, Trevi (7/10/2012)
JITRAメルマガ「イタリアへ行こう」掲載のわたしの連載記事について
- 連載魅力のウンブリア / Fascino di Perugia & Umbria
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Lago Trasimeno
- アッシジと聖フランチェスコ、JITRA連載第3回 / Assisi, San Francesco & Cammino
- うまし美しワインの里モンテファルコ、JITRA連載第4回 / Bella Montefalco
- 神父探偵と古代ウンブリア人の町グッビオ、JITRA連載第6回 / Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo”
JITRAメルマガ掲載のわたしの記事 / I miei articoli su JAPAN-ITALY Travel On-line
- 第1回「ペルージャとっておき散歩コース」 / 1. Bella Perugia
- 第2回「トラジメーノ湖に行こう」 / 2. Andiamo al Lago Trasimeno
- 第3回「アッシジと聖フランチェスコ」 / 3. Assisi e San Francesco
- 第4回「うまし美しワインの里、モンテファルコ」 / 4. Bella Montefalco, ottimi i suoi vini
- 第6回「グッビオ 古代ウンブリア人と神父探偵の町」 / 6. Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-27 23:56 | Umbria | Trackback | Comments(4)

凍るイタリア解けゆく肩

 今日は朝から激しい北風が吹き荒れて、かなり重い植木鉢がなぎ倒されて、割れてしまうほどでした。今日も明日も、ペルージャでは最低気温・最高気温がそれぞれ3度・5度という予報が出ていて、すでに、「うちの外は冷蔵庫」という感があるのですが、日曜・月曜には最低気温が零度になるとかで、大気はさらに冷え込みつつあるようです。

 一方、わたしの凍結肩は、10月にかかりつけ医に診てもらった時点で、夜中に腕と肩が痛んで目が覚めるという状況だったため、今治療やリハビリをしても、効果がある時期なのかどうかという不安がありました。最近は、ごくわずかずつですが、以前に比べて、腕が動かせる範囲が広がり始めたという変化を感じています。今朝もカイロプラクティック・センターで、徒手療法を受け、リハビリ体操をしたのですが、今までは指が入らなかった肋骨の間に、今日は指が入るようになったので、それだけ柔軟さが戻り始めていると言ってくれました。

 実は、専門医に診察してもらって、投薬やリハビリ・徒手療法が始まる前から、マッサージに通ったり、薬草療法を試みたりしている上に、エゴスキューの肩の体操も続けています。日本語や英語・イタリア語の論文や記事を読むと、実は、狭義の五十肩、もとい、凍結肩・癒着性関節包炎は、いまだにこれが必ず効果があるという決定的な療法は打ち出されていないようです。ただ、最近の記事に、自分で体操をするだけよりは、徒手療法も受けた方が、腕・肩が動く範囲が元に戻りやすいとあった上に、今、着実な療法の効果を感じているので、1時間20ユーロの出費は痛いけれども、大切な自分の体のためなので、これからも、毎週1・2度、通うつもりでいます。

 鎮痛消炎・麻酔剤の注入はすでに三度受けたのですが、かかりつけ医によると、「ステロイド注入は軟骨に害を与えるので多くとも三度まで」ということなので、次回の診察時に、万一「注入しよう」と言われても、断るつもりでいます。

f0234936_7484783.jpg
Lago Trasimeno gelato, Monte del Lago 14/2/2012

 写真は、2012年2月に、約30年ぶりに凍ったというトラジメーノ湖です。

********************************************************
Foto: Lago Trasimeno gelato, Monte del Lago 14/2/2012

Domina una tramontana violenta
e si avvicina il freddo polare.
Grazie a diverse cure, la mia spalla congelata si sta sciogliendo
con passo lentissimo ma percepibile.
Ho grande voglia e bisogno di andare alle terme...
********************************************************

関連記事へのリンク
- 歯医者より痛いイタリア肩療治 (19/11/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-26 23:49 | Altro | Trackback | Comments(8)

薪ストーブがやって来た

 今日は約束どおり、朝8時に職人さんがやって来て、夫や義父と協力して、友人から買い受けた中古のストーブを、ペルージャのうちの居間に運び込み、壁際に設置しました。

f0234936_8305539.jpg

 温水式暖房装置(termosifone)があるのだし、居間には本棚もあるので、夫が友人からストーブを買ったと聞いて、あらあらと思っていたのですが、設置してみると、ストーブの炎が放つ暖かさが心地よくて、薪ストーブって本当にいいなと、つくづく思いました。

*******************************************
Da stamattina abbiamo una stufa a legna in sala!
E' gradevole la presenza di Fratello Fuoco.
Ci scalda anche il cuore :-)))
*******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-25 23:59 | Altro | Trackback | Comments(10)

桜色のアッシジと月と紅葉と

 今日の夕方、果樹を求めて、夫と植木屋を訪ねていると、夕日が赤々と、アッシジの町を照らし出しているのが見えました。購入する鉢が決まってすぐに、カメラを片手に店外に出たものの、すでに夕日は姿を消していたようで、

f0234936_7412869.jpg
Assisi & Monte Subasio in rosa 24/11/2015 17:35

 アッシジの町並みとスバージオ山は、淡い桜色の黄昏に包まれていました。

f0234936_7413970.jpg

 自然を愛し、太陽に兄弟と呼びかけた聖フランチェスコが生まれた町は、優しい桜色をしています。右手前には、生前の聖人が仲間の僧たちと修道生活を送り、亡くなったサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリに建てられた大聖堂が、左端には、聖人の死後に、教皇が築いた聖フランチェスコ大聖堂が見えています。

f0234936_7414637.jpg

 見守るうちに、雲に隠れていた美しい月が姿を現し、

f0234936_7415396.jpg

アッシジの上、スバージオ山の上で、白く輝いていました。

f0234936_7423337.jpg

 植木屋には、大きな紅葉の木があり、夕日に赤々と輝く葉を、思いがけず見られて、感動しました。

***********************************************
Una luce rosa avvolge la città natale di San Francesco
e il monte dove amava passeggiare, meditare.
Dalle nuvole rosa la luna bianca,
nel vivaio rosse accese le foglie di acero.
- Assisi & Monte Subasio in rosa 24/11/2015
***********************************************
 
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-24 23:42 | Umbria | Trackback | Comments(4)

慈しみ庭を育てるように

 「かけがえのない、愛すべき、この上なく価値のあるあなた自身を、大切に思い、大切にしていますか。自分自身を、もっと愛して、尊重し、気にかけていきましょう。

 人に与えることができるのは、自分が持っているものだけであって、あなたの人間関係は、あなたが自分自身についてどう感じているかを、鏡のように映し出しているのです。」

 ディーパク・チョープラの21日間瞑想講座は、今日イタリア語版が始まったのですが、心に残ったのは、このスペイン語版の4日目の教えです。

Hoy, relájate en el espacio infinito de tu corazón y permítete recibir.

Posted by Chopra Meditación on Giovedì 19 novembre 2015


 講座の案内メールに添えられていた、このシェークスピアの言葉も心に響きました。

  「わたしたちの体は、わたしたちの庭であり、わたしたちの意志は、その庭師だ。」

 日本でも、「心に生えた雑草や怠け心を根絶しよう」と言うことがありますが、ここでディーパクがシェークスピアの言葉を引用しているのは、単にそういう意味ではなくて、「わたしたち自身のかけがえのない大切な体を、そして、心・精神を、大切に慈しみ、美しいもの、安らげるものに仕上げていくことができるかどうかは、わたしたち自身の意志次第である。」ということではないかと思います。理想の庭を頭に思い描いて、そういう庭が実現するようにと、庭師が見取り図を描き、種や苗、花を購入し、地面を耕し、種をまき、水や肥料をやって、大切に育てていくように、わたしたちも、もっと自分を大切にしなければいけない、どういう自分でいたいのかをしっかり思い描き、意志の力で、根気を持って、行く末を思い浮かべながら、かけがえのない自分やその人生を、大切に養い、育てていく必要があるのだということだと思います。

 「わたしが自分自身を愛して、尊重することによって、わたしの人間関係が花と開くのだ」と、今日は1日考えるようにとのことなのですが、まずは自分を温かく、そのまま受け容れられてはじめて、他の人に対しても、本当に優しくなれるのだなと、改めて感じました。
 
f0234936_8291018.jpg
Giardini e Rovine di Ninfa, Cisterna di Latina (LT) 17/6/2012

 自分を大切にと言えば、イタリア語の講座では、「何があっても波立たないような、心の平安、落ち着きが持てるように」という話がありました。わたし自身、夫に何か言われたり、だれかの態度や言葉に傷ついたりして、動揺することがあるのですが、他の人がどう言おうと、どんなにいらだっていようと、わたし自身が、確たる落ち着きを持っていれば、「どんな自分であっても、それは常に変わりうる表層の自分であって、自分自身の奥底にある本当のわたしではない」と、動じずにいられそうです。先日の、インドの仏教僧の話にも、「自分の心の平安が確固としたものであれば、どんなに相手が憤っていたり、いらだっていたりしても、それに巻き込まれることはないのであって、そういう相手に影響を受けてしまうのは、心の穏やかさがまだ甘いからだ」とありました。

 「わたしは大丈夫」と、だれが何と言おうと、自分を温かく支援し、信じ、動じなければ、相手も実は、本気で言っているのではなく、あるいは自分に自信がないから、居丈高に出ているのかもしれず、かえってあっけにとられるということが、あるかもしれません。火に油を注いでしまう場合もあるでしょうが、うちの場合、夫婦げんかでよくあるのが、夫の物言いにわたしがかちんと来て、それで頑なになったわたしに、今度は夫が腹を立ててという勃発・進行状況なのですが、最初にわたしが、「冗談で言っているだけなのだろう」(実は、夫の冗談をわたしが皮肉や批判と受け取って、けんかになることが少なくないのです)とか、「そんなことを言っているけれど、何か腹の立つことでもあったので、八つ当たりしたい気分なのかもしれない」、「気が荒立っているから、そんなふうに言ってしまうのだろう」と、やんわりと受ければ、わたしの心も、家庭内も、安泰のような気がします。

Benvenuto al giorno 1 de "Il Potere delle Energie Vitali".Siamo molto felici che tu ti stia unendo a noi! Nelle...

Posted by Deepak Chopra Meditazione on Domenica 22 novembre 2015

 というわけで、イタリア語版の講座で、今日心に繰り返し思うべきこちらの言葉も、今日だけではなく、いつも心に留めておくつもりでいます。

  「わたしの自信と心の平安は、わたし自身の中にある。」

 他の人の評価でも、言葉でも、自分自身がうっかりあれこれしてしまったとか、これまでこういう人間であったとかそういうことによるのではなく、わたし自身の中に、わたし自身の奥深くに宿る本当の自己の中に。

 写真は、ローマの南方にある美しいニンファの庭です。

*********************************************************************
Giardini e Rovine di Ninfa, Cisterna di Latina (LT) 17/6/2012

- "Nuestro cuerpo es nuestro jardìn, nuestra voluntad es el jardinero". -- William Shakespear
- "La mia sicurezza e la mia pace sono dentro di me"
Così oggi ho imparato seguendo i corsi di meditazione di Deepak Chopra e le parole mi hanno ricordato questo bellissimo giardino.
*********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-23 23:59 | Vivere | Trackback | Comments(4)

トラジメーノ湖七変化

 今日は夕方、久しぶりにトラジメーノ湖に、日の入りを見に出かけました。沈む直前、夕日が雲の間に入ったのですが、

f0234936_7285826.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Monte del Lago 22/11/2015 17:33

そのため、周囲の雲が、白・金色・ピンクに藤色と、さまざまな色に染まって、それはきれいでした。

f0234936_729964.jpg

 空が晴れている方向を見やると、雲も湖も、きれいな桜色をしていて、それは日没後によく出会う色なのですが、

f0234936_7292430.jpg

 しばらくしてから、日が沈んだ方向を見やると、なんと今日は、湖面がオレンジ色になっているところがあります。こういう色の水面は、初めて見たので驚きました。

f0234936_7293521.jpg

 今日のペルージャの予想最高気温・最低気温は、それぞれ7度・1度です。一箇所にずっといては寒いからと、日が雲間に隠れた頃から、夫は湖畔から中心街へと散歩に出かけたのですが、わたしは湖の近くを離れがたくて、日が沈み、空と湖の色が刻々と変わりゆく様子を、心ゆくまで楽しみました。波も風もない穏やかな湖が、鏡のように空や雲の色を映し出して、本当にきれいでした。

***************************************
Spesso le nuvole rendono più suggestivo
il tramonto al Lago Trasimeno.
@ Monte del Lago, Magione (PG) 22/11/2015
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-22 23:30 | Umbria | Trackback | Comments(2)

白トリュフおいしい秋の山の町

 日曜日は、リミニの友人たちと共に、トリュフを食べようとアッペンニーニ山脈に向かって繰り出したものの、あてにしていた人気の店は、ことごとく満席で、レストランを求めて山をさまよいました。食べられる店が見つからぬまま、昼食時間が過ぎてしまいそうになったので、山を下りて、白トリュフの町、サンターガタ・フェルトリアを訪ねることにしました。

f0234936_7453334.jpg
Con la Fontana della Chiocciola, Sant’Agata Feltria 15/11/2015

 写真は、町の観光名所の一つ、カタツムリの噴水で、詩人トニーノ・グエッラが発案し、ラヴェンナの芸術家マルコ・ブラブーラが創り上げた噴水は、30万片以上もの色とりどりのモザイク片に覆われています。

 昼食は、町の人が勧めてくれた店で食べました。もう午後2時を過ぎていて、何か食べられるだけでもありがたいという心境だったので、店内に通してもらってほっとしました。

f0234936_7453396.jpg

 プリモには、白トリュフのラビオリ(ravioli al tartufo bianco)を頼みました。ラビオリに、緑野菜がたっぷり入っていておいしかったです。具がトリュフのときは、パスタはタッリャテッレ(tagliatelle)の方がよくて、その方が白トリュフの味がしっかり楽しめると、タッリャテッレを注文した友人がいい、皆がうなずいていました。

f0234936_7453616.jpg

 セコンドは、白トリュフソースのローストビーフ(roast beef al tartufo bianco)、白トリュフのオムレツ(omelette al tartufo bianco)、焼き肉ミックスから選ぶことからできて、わたしはローストビーフを頼みました。とてもおいしかったのですが、両方味を見た友人によると、オムレツの方が、白トリュフが十分に味わえるとのことでした。ちなみに、イタリアでは、ローストビーフを「ローズビーフ」と発音する人によく出会います。この店の人も、そんなふうに発音していました。

 この他、野菜のつけ合わせ(contorno)やコーヒーを皆が頼み、ワイン1リットルとミネラルウオーター2瓶を頼んで、若干のチップをはずんで、一人あたり30ユーロでした。昼食としてはかなりの値段になりましたが、これだけふんだんに白トリュフを食べられた上に、レストランを探して1時間以上も山をさまよったあげく、時間が遅いにも関わらず、歓迎してもてなしてくれるお店に出会えて、ありがたかったです。おかげで、友人たちや義弟夫婦と、食事中のおしゃべりもはずみ、昼食後は、趣と見どころのある町で、散歩を楽しむことができました。

f0234936_7453836.jpg
Verso Sant’Agata Feltria

 上の写真は、山を下りる途中で見えてきたサンターガタ・フェルトリアの町を、車内から撮影したものです。

 店の名は、Trattoria Bossariです。町はずれにあって、店の前から、中心街の美しい眺めを楽しめます。店自身のサイトが見当たらないので、インターネットで情報を調べていたら、なんと昨年日本のテレビ番組でも、サンターガタ・フェルトリアの町と、このトラットリアが紹介されていたようで、驚きました。(下記リンク参照)

  Trattoria Bossari
  Via San Girolamo, 2
  47866 – Sant’Agata Feltria (RN)
  tel 0541 929697

*********************************************************************
Passeggiata & Piatti al Tartufo Bianco @ Sant'Agata Feltria 15/11/2015

- La Fontana della Chiocciola, nata da un'idea di Tonino Guerra.
Bello il pensiero filosofico del poeta sulla chiocciola.
****qui sotto cito dal sito della Pro-Loco di Sant'Agata Feltria***
La chiocciola è il simbolo della lentezza e della costanza, caratteristiche che esprimono saggezza: "procedere lentamente è il modo giusto per aspettare che l'anima ci raggiunga, andando troppo in fretta si rischia che l'anima resti indietro".Questa frase, che Tonino Guerra ha raccolto dagli aborigeni dell’Amazzonia, può essere stimolo per la riflessione in questo nostro tempo frettoloso. (fine citazione)
Impariamo dalla chiocciola!
*********************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
トリュフ / Tartufi
- トリュフざんまい / Degustazioni di Tartufi a Città di Castello (15/9/2013)
- 白トリュフ狩り / Caccia al Tartufo Bianco (12/12/2010)
サンターガタ・フェルトリア / Sant’Agata Feltria
- 新年に乾杯! / Capodanno 2011 a Sant’Agata Feltria
- 霧の雪山、初歩き / Passeggiata a Sant’Agata Feltria (1/1/2011)
- 家も紅葉、茜色 / Foliage a Sant’Agata Feltria (15/11/2015)

参照リンク / Riferimenti web
- Pro-Loco di Sant’Agata Feltria / サンターガタ・フェルトリア観光案内
- Pro-Loco di Sant’Agata Feltria - Le Fontane / サンターガタ・フェルトリア観光案内 – 噴水
- Pro-Loco di Sant’Agata Feltria – Dove Mangiare a Sant’Agata Feltria / サンターガタ・フェルトリア観光案内 - レストラン
- BS日テレ – トラベリックスⅢ –世界体感旅行- 2014年11月2日初回放送 イタリア・スペイン郷土の美食旅
↑↑ サンターガタ・フェルトリアと白トリュフ祭り、トラットリア・ボッサリの写真・説明があります。現在、サンターガタの町は、マルケ州ではなく、エミリア・ロマーニャ州に属しています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   
by milletti_naoko | 2015-11-21 23:46 | Emilia-Romagna | Trackback | Comments(4)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

花の絵彩る中世の町 スペッロ..
at 2017-08-18 23:28
バルセロナ テロ死者13名、..
at 2017-08-17 23:59
森の木も枯れる水不足、イタリ..
at 2017-08-16 23:51
見晴らしすばらし小さな村
at 2017-08-15 23:45
バールなき行きずりの村、イタ..
at 2017-08-14 23:41

記事ランキング

タグ

(581)
(508)
(312)
(270)
(208)
(186)
(160)
(155)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(84)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、アッシジのサ..
by milletti_naoko at 03:30
そうなんですね~ この..
by nonkonogoro at 16:30
なおこさん、おはようござ..
by pintaro23 at 09:38
アリスさん、ありがとうご..
by milletti_naoko at 22:27
なおこさん、またヨ―ロッ..
by ayayay0003 at 12:07

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク