<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

からりカリカリカルチョーフォ

 金曜の昼は、義父が育てた畑のカルチョーフォ(carciofo)を、揚げて食べました。

f0234936_8295286.jpg

 うまい具合にさくさくカリカリに揚がって、夫も喜んでくれました。

 イタリア語では、数えられるものは二つ以上になると複数形になるため、わたしが題名に最初に書いた言葉は、複数形のcarciofiを片仮名書きにした「カルチョーフィ」だったのですが、「おいおい、日本語には複数形はないから、単数形で書かなければ!」と、オンライン辞書で、日本語では、「アーティチョーク、カルチョーフォ、チョウセンアザミ」ということを確認してから、訂正しました。

 土曜は早朝から遠出して、日曜の晩に帰宅する予定なので、この記事は予約投稿になっています。 

**********************************
Buoni buoni i Carciofi Fritti fatti
con carciofi raccolti nel nostro orto :-))
**********************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-30 23:59 | Gastronomia | Trackback | Comments(6)

無料開放博物館・美術館、第1日曜@イタリア、ウンブリア

 イタリア国立博物館・美術館にだれでも無料で入れるという文化週間が、以前は毎年春にあったのですが、最近はその代わりに、第1日曜日が、入場無料で訪ねられる日となっています。本来は国立の施設による無料開放で、その中には考古学史跡も含まれているのですが、国の呼びかけに応じて、私立博物館・美術館の中にも、第1日曜に、だれでも無料で入れるところがあるようです。

f0234936_7504911.jpg
Galleria Nazionale dell’Umbria, Perugia  22/4/2012

 今年は5月1日が、第1日曜日となっています。今のところは、イタリアほぼ全域にわたって雨、アルプスでは雪が降るという予報が出ていますので、せっかくの休みを、歴史や芸術に親しむ日にしてはいかがでしょうか。

 イタリア全国で、第1日曜に無料開放を行っている施設の一覧は、次のリンク先にあります。

- MiBACT - #DomenicalMuseo – Elenco Luoghi

 映像リンク二つの下に、Elenco Luoghi(場所一覧)とあり、施設名が州ごとに並んでいます。

f0234936_7492490.jpg

 ウンブリア州で無料になるのはこちらの美術館や博物館で、このうち、ペルージャとスポレートの国立考古学博物館については、下記リンク中、「イタリア最古の民族」の記事で言及しています。

 エトルリア遺跡に興味のある方は、ペルージャの博物館には、遺跡が豊富で興味深いと思うのですが、わたしが気に入っておもしろいなと思ったのは、スポレートの博物館です。

f0234936_7493055.jpg
Museo Nazionale del Ducato di Spoleto  15/4/2012

 中心街の広場で、上からのぞくと、イタリアではよく見かける古代ローマの劇場に見えるのですが、

f0234936_751541.jpg

 博物館に入ってまぢかから見ると、観客席脇や席の間に通路があり、

f0234936_751169.jpg

 上からは見えない、観客席の下を通るこんな秘密の古い通路を、通り抜けることができるのです。

 何ということはない通路なのですが、思いもかけない古い通路を見つけて、「秘密の通路だ!」と、わたしは大喜びで、わくわくしながら歩きました。

f0234936_7515559.jpg
Dal sito Umbriatouring.it

 ペルージャ中心街にある国立ウンブリア美術館には、ペルジーノ、ピエーロ・デッラ・フランチェスカ、アルノフォ・ディ・カンビオ、ドゥッチョなど、中世・ルネサンス時代の大家の傑作が、数多く展示されています。最近、このウンブリア美術館が、ソーシャルネットワーク上、最も愛されるイタリアの美術館であるという調査結果が出て、ウンブリアでは話題になっていました。イタリアの主要な博物館25を選んで、24か月間、トリップアドバイザーやフェイスブック、グーグルプラスなどのソーシャルメディアで、どう評価されているかを調べた結果、ベネチアやバチカン、ウッフィッツィの美術館に差をつけて、訪問者の満足度が最も高かった博物館は、国立ウンブリア美術館だったというのです。もちろん、これは、有名な観光地の人気の美術館にありがちな長蛇の列や待ち時間に、ペルージャではそれほど苦しむ必要がないからではありますが、展示作品にもそれだけの魅力があるということだと思います。

 旅行者の皆さん、そして、ペルージャに留学している方やお住いの方、ぜひこの機会に、ウンブリア美術館を訪ねてみてください。無料であれば、好きなところだけじっくり見てまた戻ることができるので、そうやって気軽に楽しめるのも、いいと思います。

**********************************************************
Maltempo il primo maggio! Allora andiamo al museo :-)
E' la prima domenica, quindi musei statali gratis per tutti.
Poi in Umbria abbiamo "il museo italiano più amato sui social network",
la Galleria Nazionale dell'Umbria.
A me è piaciuto anche il passaggio segreto sotto il teatro romano
del Museo Archeologico Nazionale di Spoleto.
**********************************************************

LINK
- イタリア最古の民族 、文化週間を利用して国立美術館・博物館めぐり
- MiBACT. Ministero dei beni e delle attività culturali de del turismo – Domenica 6 dicembre 2015, Musei Gratis per Tutti. #DomenicalMuseo, tutti i musei e le aree archeologiche saranno visitabili gratuitamente - Elenco Luoghi
- Umbriatouring.it – La Galleria Nazionale dell’Umbria al top nelle classifiche dei social network (6/3/2016)
- Travel Appeal – [Infografica] 25 importanti musei italiani visti con gli occhi dei visitatori

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-29 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(6)

窓辺猫と風とヒナゲシ

 連休の間うちを空けたので、寂しかったかもと気にかけていたミミは、わたしたちがペルージャの家に帰宅した月曜は姿を見せず、けれど、うれしいことに火曜には顔を出してくれました。久しぶりに会うのに、片手でカメラなど構えてなでては失礼と、なでることに集中しているので、写真は食後、窓辺て眠っているところを、屋内から撮影したものです。

f0234936_743387.jpg
27/4/2016

 つい最近まで、晴れて暖かく日中20度を超える日が続いたというのに、金曜の晩から大雨が降り、激しい北風が吹いて、気温がかなり下がりました。写真の奥では、とりわけ背の高いヒナゲシの花たちが、右斜め45度を向いて立っています。高いがゆえに強い北風をまともに受け、けれどしなやかに力強く、今も咲き続けているのです。

f0234936_744012.jpg
17/4/2016

 10日前にはまっすぐ空に向かって咲いていたヒナゲシの、たくさんあったつぼみが、今花を開いているのでしょう。

f0234936_7452100.jpg
27/4/2016

 テラスに通じるこの窓は台所にあるため、ミミがやって来ても、わたしが出会えるのは、主に料理中と食事中になります。最近はめったに肉を買わず、肉料理をすることもなかったのですが、先週末は友人たちが来るからと、肉類を大量に買い込み、けれども、日曜の晩は外食だったため、肉が余ってしまい、今週は、毎日肉を料理して食べています。おかげで、めずらしく、ミミにやれる肉がある日が続きました。そうすると、ふだんはエサやりはもっぱら義父母宅なので、ミミ以外のネコたちは皆、義父母宅がある下階や周囲の地面・畑にいて、うちの近くにはめったに顔を見せないのに、どこからかエサがもらえるとかぎつけたらしく、窓辺に来るネコたちの数が一気に増えました。

 そうして、やる肉がないときが続くと、ネコたちもげんきんなもので姿を消し、今日窓辺に来たのは、ミミだけです。おかげで水入らずで、ミミをたっぷりなでてやることができました。

******************************************
Fuori della nostra finestra
dorme la gattina Mimi.
Le saremmo mancati durante la nostra assenza?
In fondo i papaveri alti alti,
pur inclinati da una violenta tramontana,
sono ancora fioriti, belli e forti.
******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-28 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(9)

便利ウンブリア空港、私とイタリア語検定CILS

 ウンブリア国際空港は、規模は小さいのですが、ライアンエアーの、ロンドン・ブリュッセルなど欧州主要都市への直行便もあって、なかなか便利です。早めに予約をすれば、格安で旅行できるため、バレンタインにロンドンからウンブリアに飛んで来た恋人たちに出会うこともあり、先月は義弟が家族4人で、直行便でロンドンに飛び立ち、小旅行を楽しみました。

f0234936_7225591.jpg
2/12/2011

 写真は、2011年12月、ロンドン小旅行への出発時に、直行便に乗り込もうというとき、撮影したものです。右手の山が白雪をいただき、中腹に夕日で茜色に染まった石造りの町並みが見えますが、これはアッシジの中心街です。

f0234936_7225412.jpg

 ウンブリア国際空港(Aeroporto Internazionale dell’Umbria)は、ペルージャとアッシジのほぼ中間に位置し、近年名前が変わって、アッシジの聖フランチェスコ、San Francesco d’Assisiの名を冠するようになりました。

f0234936_23233811.png
Dalla pagina http://www.airport.umbria.it/ita/mappa-destinazioni

 冬は運行のない便も多く、春からは便があっても、週の決まった日に運行するという便も多いのですが、たとえば4月27日現在は、ライアンエアーによるロンドン、トラーパニ(シチリア西部の港町)、ブリュッセルへの直行便があるほか、アルバニアのティラーナ、ルーマニアのブカレスト行きの便が、それぞれブルーエクスプレス、ウィズエアーから出ています。

 便利なのは、昨年同様、今年も5月15日から週に一度、8月中は週に二度運行される、ルフトハンザ航空の第二ハブ空港であるミュンヘン空港への直行便です。便数が限られてはいますが、ミュンヘン(イタリア語でMonaco)まで行けば、上の図にあるように、世界中のさまざまな都市まで、飛んで行くことができます。日本の空港名は記載がないのですが、ウンブリア空港サイトのルフトハンザ便予約ページで、日本への旅行をシミュレーションすると、わたしが入れた空港名と日時では便がないという結果が出たものの、国名として日本、空港として日本の空港も選べるようになっているので、乗り継ぎの時間さえうまく合えば、日本・ウンブリア間の往復に使うのも、不可能ではなさそうです。

 便の発着日時は、次のページに記載があります。

- Umbria International Airport – Orari Partenze / Departures Time
- Umbria International Airport – Orari Arrivi / Arrivals Time

f0234936_7244939.jpg
Dalla pagina http://www.airport.umbria.it/ita/trasporti

 ウンブリア国際空港には、ウンブリアの近隣の町、ペルージャ・アッシジ・フォリンニョに直接接続するバスの便があるほか、トスカーナ・マルケ・ラッツィオなど、近隣の州とペルージャを結ぶバスあるいは電車と、ペルージャから空港までのシャトルバスを併用する方法もあります。
 
- Umbria International Airport - Trasporti

 詳しくは上のリンク先に書かれているのですが、リンク先の情報をていねいに拾ってみると、ウンブリア州内の接続(collegamenti regionali)は、2016年4月27日現在は、Umbria Mobilità (Bus Italia)の便は、

f0234936_7251581.jpg

となり、便数が極端に少ない上、ferialeと書かれているため、平日のみ運行で、祝祭日や、ミュンヘンと接続する便が発着し、他の各都市との接続便も多い日曜日に、運行がありません。ちなみに、バスの時刻表で、空港(aeroporto)名がSant’Egidioとなっているのは、空港の数年前までの古い名前が、なぜかそのまま使われているからです。

 ですから、毎日便があり、かつ電話で予約すれば、PDFの時刻表の下に記されたホテルまで来てくれるACAPのこちらの便が便利だと思います。

f0234936_7253293.jpg
Dalla pagina http://www.acap.perugia.it/files/file_news83.pdf

 ただし、✳のついた場所については、あらかじめ電話によって、ここからバスを利用したい旨の連絡をしてはじめて、バスが発着することになっています。バス利用を告げる電話(番号075/50.16.735)の受付時間は表の下に記載があり、月曜から金曜までは午前8時から午後1時まで及び午後3時から午後6時半まで、土曜日は午後9時から正午までとなっています。

 料金や送迎可能なホテルの一覧などの詳細は、次のリンク先のPDFにあります。

- A.C.A.P. Airbus Perugia Centro – Aeroporto S. Egidio Orari in vigore dal 27.03.2016

 ペルージャ中心街(鉄道駅)・空港間が大人片道8ユーロ、往復14ユーロ、12歳以下の子供は片道5ユーロ、往復9ユーロなので、3人までの旅行で、自分でイタリア語で、あるいは宿の人などに頼んで、バス会社に、いつ何時にペルージャのどこからバスに乗りますと電話連絡できるようであれば、このバスが便利だと思います。けれども、4人以上の旅、あるいはイタリア語で電話をかけるのが難しいというようであれば、

f0234936_7491360.jpg
Dalla pagina http://www.airport.umbria.it/ita/trasporti

 Radiotaxi Perugiaのサービスが、空港からアッシジ、ペルージャまでが、4人まで荷物込みで30ユーロで、便利でお得かもしれませんし、空港サイトの交通機関(Trasporti)を記したページによると、空港内に、Hertz、Europcar、Avis、Budget、Sicily by Carといったレンタカーのカウンターがあるそうですから、レンタカーを借りるという手もあります。

 ペルージャ外国人大学に留学中の方や、ウンブリア在住の方をはじめ、欧州などに在住でペルージャを訪ねてみようという方にも、旅行の時期や日程によっては、ウンブリア空港の利用が便利でお得ということがあるのではないかと思います。

f0234936_7274228.jpg
Basilica di San Francesco, Assisi 17/5/2012

 ウンブリアは自然が豊かで食もおいしく、歴史・芸術から宗教まで、文化遺産の豊富な州です。古代エトルリア人に築かれた紀元前3~4世紀の城壁と門が、今も美しく中心街を取り囲むペルージャ、聖フランチェスコの生地で、ゆかりの教会や庵、町の美しいアッシジがあり、イタリア中部で最も大きい湖、トラジメーノ湖があり、緑の山野に、歴史ある修道院や庵が点在しています。ウンブリアを訪ねてみたいという思いがわいてきたら、ウンブリア空港の利用も選択肢の一つにあることを、覚えておいてください。

f0234936_7383395.jpg
Fontana Maggiore & Palazzo dei Priori, Perugia 12/4/2014

 個人で、あるいはご家族、お友だちどうしでのイタリア旅行を、自分たちだけで乗り切ろうというとき、もし出発前、旅行中に、手軽に手っ取り早く、旅行に役立ち、旅が楽しくなるイタリア語を勉強したいとお考えでしたら、ご連絡ください。3人様までなら2時間50ユーロ(あいさつ・交通機関・宿・レストランなど)、3時間75ユーロ(2時間の内容+初対面の人との会話・買い物など)で、イタリア語の文字表記と発音や、注文・買い物演習も交えて、楽しく勉強しましょう。買い物、あるいは仕事での取引先との商談などで、通訳が必要という場合は、報酬1時間あたり25~31.25ユーロと交通費などの実費をいただいています。20年前になりますが、実用英検1級に合格し、英語力が落ちぬように、英語の本を読み音声に触れるよう心がけていますので、旅行仲間や恋人・配偶者は英語圏の方という場合も、いっしょに授業を受けることが可能です。

f0234936_7412489.jpg

 イタリア語の検定は、イタリア留学当初、2002年に知名度の低いイタリア語検定試験で上級に合格したものの、実はその後、受けたことがありません。シエナ外国人大学の大学院課程で、外国語としてのイタリア語教授法を専攻した際、入試の応募資格に、外国人の場合はCILSのC2で75点以上を取得、あるいは同等の資格証明を有することとあったのですが、そのとき出願書類として、ペルージャ外国人大学の外国人へのイタリア語・イタリア文化教育の3年の学士取得課程を、満点で卒業したという卒業・成績証明書を提出し、筆記・口頭での試験に臨んだら、それで入学資格を認められて、十数人の受験者中、イタリア人学生と二人並んで首位合格し、同大学院課程で、CILSの問題作成や採点演習の授業も学んで、満点の成績で卒業したという経緯があるからです。CILSを運営するシエナ外国人大学からC2の75点以上のイタリア語力があると、大学院入学前に認められ、在籍中は、CILSの総監督を務める女性教授から、「あなたの大学での成績が抜群にいいのは、イタリア語がよくできるので、採点する先生たちがいい点をつけるからではないかしら」と、イタリア語教育についての知識には疑問を投げかけられても、イタリア語力については大いに認める言葉を言われたこともあり、イタリアで暮らしていく上では、二つの外国人大学での卒業・成績証明書があれば、イタリア語の力を証明する試験をわざわざ受験する必要がなかったため、受けずにきたのです。

✳追記(4月28日)
 アリタリアが運行していたペルージャ・ローマ接続便は、飛行機運行では採算が取れないため、ペスカーラ・ローマ接続便と共に、4月18日からバスで代行されることになりました。バスは1日3便、ペルージャ、パルティジャーニ広場のバスターミナルとローマ・フィウミチーノ空港を結ぶ直行便で、乗車前にオンラインチェックインを済ませておく必要があります。アリタリアのバス代行便については、アリタリア航空のサイトの次のページに、イタリア語・英語による詳細説明があります。バスターミナルは、場所が分かりにくいため、写真と行き方を後半で説明した過去記事へのリンクを添えておきます。

Info Aerobus Perugia - Roma
- Alitalia - Aerobus Perugia e Pescara (In italiano)
- Alitalia - Roma - Perugia | Roma Pescara Aerobus (In English)
Info (foto & map) Bus Terminal / Bus Station @ Perugia (Piazza Partigiani)
- ペルージャ観光、地図とアクセス / Visitare Perugia e Umbria, Info sui trasporti pubblici
↑↑ Info Bus Terminal in fondo all'articolo / in the end of the article

**********************************************
Voli diretti per Londra, Bruxelles, Trapani con Ryanair,
dal 15 maggio con Lufthansa
per Monaco di Baviera e poi verso il mondo.
Comodo l'Aeroporto Internazionale dell'Umbria

da cui si vede la città di Assisi. (Foto: 2/12/2011)
A mezz'ora in autobus da Perugia :-)
Venite in Umbria! Partiamo per il mondo!
***********************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
JITRAメルマガ「イタリアへ行こう」掲載のわたしの連載記事について
- 連載魅力のウンブリア / Fascino di Perugia & Umbria
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Lago Trasimeno
- アッシジと聖フランチェスコ、JITRA連載第3回 / Assisi, San Francesco & Cammino
- うまし美しワインの里モンテファルコ、JITRA連載第4回 / Bella Montefalco
- 名産オリーブオイルと新オイル祭り、JITRA連載第5回 / Ottimi! Oli d’Oliva dell’Umbria
- 神父探偵と古代ウンブリア人の町グッビオ、JITRA連載第6回 / Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo”
JITRAメルマガ掲載のわたしの記事 / I miei articoli su JAPAN-ITALY Travel On-line
- 第1回「ペルージャとっておき散歩コース」 / 1. Bella Perugia
- 第2回「トラジメーノ湖に行こう」 / 2. Andiamo al Lago Trasimeno
- 第3回「アッシジと聖フランチェスコ」 / 3. Assisi e San Francesco
- 第4回「うまし美しワインの里、モンテファルコ」 / 4. Bella Montefalco, ottimi i suoi vini
- 第5回「名産オリーブオイルと新オイル祭り / 5. Ottimi! Oli d’Oliva dell’Umbria」
- 第6回「グッビオ 古代ウンブリア人と神父探偵の町」 / 6. Gubbio, Città degli Antichi Umbri e di Don Matteo

参照リンク / Riferimenti web
- Aeroporto Internazionale dell’Umbria, San Francesco d’Assisi – HOME (In italiano / イタリア語)
- Umbria International Airport, San Francesco d’Assisi – HOME (In English / 英語)
- Aeroporto Internazionale dell’Umbria, San Francesco d’Assisi – Mappa Destinazioni
- Umbria International Airport. San Francesco d’Assisi - Trasporti
- Umbria International Airport – Orari Partenze / Departures Time
- Umbria International Airport – Orari Arrivi / Arrivals Time
- A.C.A.P. Airbus Perugia Centro – Aeroporto S. Egidio Orari in vigore dal 27.03.2016

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-27 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(7)

夕焼け美しトラジメーノ湖

 昨日は、昼にミジャーナから戻って、うちでゆっくり休憩したあと、夕方トラジメーノ湖に出かけました。わたしの最近のお気に入りはトッリチェッラです。

f0234936_357401.jpg
Lago Trasimeno @Torricella, Magione 25/4/2016 20:05

 北風が強いため、地平線近くの湿気が吹き払われ、夕日は赤くならず、金色に輝いたまま沈んでいったのですが、周囲の空や湖はオレンジ色に、雲は桃色に染まって、夕焼けがそれはきれいでした。

f0234936_3574422.jpg
19:37

 わたしたちが到着した頃には、空も湖も青く、海のようで、

f0234936_3575083.jpg

太陽が厚い雲から顔を出し、地平線に近づく頃から、空と湖面に金色が広がっていきました。

f0234936_35893.jpg

 桟橋から岸辺の方をふり返ると、自分たちの影がおもしろいほど長く見えたので、思わず夫と二人で、記念撮影をします。

f0234936_3581539.jpg

 その日は午後8時6分とされている日の入りまで、まだ時間があり、ここにじっと立っていては、風が冷たいので寒いからとの夫の誘いで、しばらく岸辺を散歩しました。北の空はまだ明るく、青空と雲がきれいに湖に映っています。

f0234936_3583070.jpg

 人間たちが皆西の空を見やる中、こちらのカモメ(gabbiano)は、どういうわけか、ひたすら東を見つめていました。

f0234936_3584157.jpg

 新語や仲間うちだけで使う言葉というのはイタリア語にもあり、最近夫がインターネットで、tramonto(日没、夕焼け)の写真を好んで撮る人を意味するtramontistaという言葉を見つけて、うれしそうでした。夕焼け写真愛好家とでも訳したらいいのでしょうか、果たしていつか辞書に載る日が来るのかも分からぬその夕焼け写真愛好家で、わたしたちもあるわけですが、この日は、わたしたちよりもずっと大きいみごとなレンズを搭載したカメラを、三脚に載せ、夕日に向け続けているtramontistaも、見かけました。

f0234936_359254.jpg

 習性か、それとも夕日を見送る儀式なのか、日の入りの頃には、急にカモメが空を飛び始めたり、オオバン(folaga)が、沈もうとする夕日が湖に投げかける光に向かって、水面を進んだりすることが多いような気がします。

f0234936_3592179.jpg

 夕日が沈んでから、移り変わっていく空と湖の色も、それは美しく、

f0234936_3594428.jpg

 ペルージャへと戻るのに、しばらく湖畔を走り、車の中から、夕焼けの空と湖の眺めを愛でました。

********************************************
L'incanto del tramonto al Lago Trasimeno
,
in noi in quel momento solo pace e tanta bellezza.
Spazzate via dalla tramontana le nuvole e le piogge,
l'aria è limpida, l'acqua è calma,
il cielo e il lago salutano il sole in completa sintonia
riflettendo il suo ultimo splendore prima del tramonto.
@ Torricella, Magione 25/4/2016
********************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (4/6/2015)
- 湖とマッジョーレ島 / Isola Maggiore sul Lago Trasimeno (6/2/2011)
- 春のポルヴェーセ島 / Isola Polvese sul Lago Trasimeno (8/4/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-26 21:00 | Umbria | Trackback | Comments(10)

台所完成まぢか@ミジャーナ

 土曜の夕食には、雨の中夫が見つけて収穫した野生のアスパラガスを、我が家の鶏の卵と炒めて、わたしが作った卵料理やサラダ、ニョッキなどを食べました。

f0234936_5565352.jpg
23/4/2016

 写真は食事前に、セルフタイマーを使って記念撮影したものです。海辺に暮らすリミニの友人たちには、野生のアスパラガスの味は珍しいこともあって、とても喜んでくれました。

f0234936_55778.jpg

 義弟が摘んでしまったために、4人で食べられるほどは見つかるまいと、夫は前日残念そうに言っていました。それが、近年改築されたばかりの城まで歩いて、こんなにたくさん収穫することができたそうです。

f0234936_5571036.jpg
24/4/2016

 土曜の午後、到着してから昨日までの2日間、友人たちのおかげで、二つ目の台所が、一気に完成に近づきました。ガスコンロなどを載せる木の天板は、夫がずいぶん以前に業者に注文して、作ってあったのですが、昨日はその天板の上に、フランコがタイルを取りつけるところまで、作業が進みました。

f0234936_557387.jpg

 必要な大きさにタイルを切る作業は、夫が外でていねいに仕上げました。

f0234936_5574874.jpg

 一方、こちらは夫がすでに工夫して完成させ、友人たちも、「これは禅のシャワーブースだ!」と感嘆した自慢の一品です。切りすぎて竹の長さが足りなくなってしまったなどのハプニングや問題を解決して、川で集めた小石で作った足台によく合うすてきな空間ができあがりました。

f0234936_5575361.jpg
Passignano sul Trasimeno

 昨日の昼食に、わたしは、自分としては辛めに思えるカレーをルウなしで作ったのですが、インドやマレーシアなどを旅して、辛いものに慣れ、辛いものが好きな夫や友人たちには辛さが足りなかったようで、おいしいと言いながら、唐辛子やコショウをふりかけて食べていました。夕食には、トラジメーノ湖畔に繰り出し、義弟たちと共に、お気に入りのピザ屋で食べました。

 三連休の中日でもあり、注文してから運ばれてくるまでに、ひどく時間がかかって、夫は友人たちのためにも心配していましたが、おいしく楽しい宴となりました。ミジャーナを出て、テッツィオ山を下ってもまだ降っていた雨が、湖に近づくと小雨になり、パッシンニャーノでは、空が晴れてさえいたのが、うれしかったです。

f0234936_558876.jpg
Montagne con neve 25/4/2016

 つい最近まで、4月にしては異常に暑い日が続き、日中の気温が20度を超える日さえあったというのに、この週末は雨と共に気温が急激に下がり、今朝は最低気温が4度という予報が出ていました。起きると空気が冷たく、遠くの山の頂に、再び雪が積もっているので、夫も友人たちも驚いていました。

 午後から仕事がある友人たちが、朝食後に出発するのを見送ったあと、わたしたちも片づけや荷造りをして、午前11時頃に帰宅しました。

******************************************************
Grazie agli amici abbiamo trascorso un fine settimana bellissimo
e fra poco la nostra cucina sarà completata.
Lunedì mattina le cime delle montagne sono state imbiancate!
******************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 果樹の世話&台所完成まぢか@ミジャーナ / Alberelli da frutto & Cucina @ Migiana (21/2/2016)
- 春近し育つよ花と台所 / Passo avanti la primavera & cucina, bagno a Migiana (10/3/2014)
- バラと掃除の土曜日の午後 / Rosa, doccia & bambù a Migiana (23/2/2016)
- 桜と小石とアスパラガス / Ciliego, sassi & asparagi selvatici (12/4/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-25 22:58 | Umbria | Trackback | Comments(6)

梨の花咲くミジャーナ

 日本のおいしい梨が食べたいと、昨年購入した梨、幸水と豊水の若木は、ミジャーナに植えました。4月初めに訪ねたとき、どちらの木にも、真っ白で元気な花がたくさん咲いていて、うれしかったです。

f0234936_728970.jpg
Fiori di Nashi, Migiana 7/4/2016

 天気は大荒れとの予報が2週間前から出続け、今も変わらない今週末は、イタリアでは三連休です。リミニの友人たちが、改築作業を手伝いに来てくれると、前々から言ってくれていたので、悪天候は残念ですが、わたしも夫も土曜の朝から月曜の昼まで、ミジャーナで過ごします。

 そうです。ヒナゲシの記事も、こちらの記事も、留守中なので予約投稿にしています。皆さんにとって、今週がすてきな1週間でありますように。

*************************************************
Amo i frutti di Nashi; questo inverno abbiamo piantato
due alberelli ed erano belli i loro fiori! Foto: 7/4/2016
*************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-24 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(10)

美人ひなげし

 優しいめずらしい色合い、模様の美しいヒナゲシ2輪が、

f0234936_774426.jpg
22/4/2016

金曜の朝、大きな花を咲かせていました。

f0234936_775285.jpg

 待ちに待った相手にようやくめぐりあえたようで、とてもうれしかったです。

f0234936_78642.jpg

 色や模様が独特の美しいヒナゲシは、実はこれまでにも何輪も咲いていたのですが、小麦の高さの半分に満たぬほど丈が低く、花もびっくりするほど小さい花ばかりだったのです。

f0234936_781142.jpg

 丈が高い花には、花びらの赤いものが多く、一方小さい花は、もちろん赤いヒナゲシもありますが、白い花、

f0234936_782494.jpg

縁の白いピンクの花など、色も模様もさまざまです。

f0234936_783226.jpg

 小麦は順調に育ち、ヒナゲシも次々に、花を開いています。週末は雷・風を伴い雨が降る悪天候の予報が出ています。今咲く花が散っても、待機中のつぼみたちが、来週からも美しい花で、庭を彩ってくれることでしょう。

*********************************************
Bellissimi i nostri papaveri :-)
Gioia e scoperta ogni mattina,
troviamo sempre qualche papavero particolare e speciale.
*********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-23 23:59 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(12)

歯欠けて歯医者へ

 昨日、夕食時に、キビ(miglio)をリゾット風に料理したものを食べていたら、突然、小石か何かが歯の中に食い込んだような感触がありました。食後、舌で異変があったあたりをつついてみると、どうも歯の一部が欠けているようです。詰め物が取れてしまったのではないかと思い、夫に見てもらうと、「虫歯じゃないかなあ。」と言います。痛みはまったくなかったのですが、歯が欠けているのは明らかで、夫の言葉を聞いて、虫歯ができて、詰め物が取れてしまったのかと思いました。

f0234936_4402359.jpg

 イタリアでは4月25日が解放記念日(Anniversario della Liberazione)で、国民の休日であるため、明日土曜から月曜日まで、三連休になります。どうか連休前の今日、金曜のうちに診てもらえますようにと、今朝さっそく歯医者に電話をすると、幸い夕方に診療を受けられることになりました。

 詰め物が取れただけかしら、それとも、虫歯が原因で取れたのかしらと思いながら診てもらうと、なんと歯医者さんが、虫歯はまったくない歯が摩耗して折れたと言うのです。そんなに歯がもろくなっているのかしらと驚いて、さらに聞くと、かつて虫歯の部分を削って詰め物をしたために、薄い表層部だけ残った歯が、長年の間に摩耗して折れた(砕けた、si è rotto)とのことです。

 虫歯がないのに安心しつつ、それでも歯が折れたことに愕然として、そのまま治療を受けました。治療は、ふつうの虫歯同様、周囲を削って薬を詰め、1週間後に詰め物を入れるとのことです。虫歯がないのに削られるのは不本意でしたが、自分の目では見られず、医者が確信しているようなので、今のままではさらに欠ける可能性があるか、詰め物を新たに加えるのが難しいのだろうと思いました。

 麻酔の注射を受けたので、歯を削っている間は痛まなかったのですが、治療が終わって口をゆすいだり、夕食のしたくをしていたりしたら、歯がどんどん痛んできました。夫によると、歯医者が歯に詰めた薬には、消毒・鎮痛効果があるとのことなので、そのうち痛みが収まりますように。

 歯医者に行ったので、歯科診療に役立つイタリア語・日本語の表現をまとめてみました。転んでもただでは起きないわたしです。イタリア語学習、あるいはイタリアでの歯痛緊急時にお役立てください。

********************************************************
Dal dentista il/la paziente deve essere molto, molto paziente.

- Ieri mi si è spezzato uno strato di dente per usura;
secondo il dentista il dente non era cariato ma molto fino e fragile
perché anni fa era stato assottigliato per la cura di carie...
********************************************************

関連記事へのリンク
- 歯医者でびっくり、日伊の違い (2010/9/13)
- イタリアの歯医者と保険その2 (2010/9/18)
- 歯医者その3と脱税、差別 (2010/9/30)
- 歯医者に愛車で (2012/4/16)
- 今日は力尽きますよ (2012/4/24)
- 虫がここにもあそこにも (2012/6/29)
- 歯医者と神父とクリスマス (17/1/2013)
- 一つあると (20/10/2013)
- 行きたくないけど (2015/2/25)
- 季節の災難と甘い誘惑 (24/10/2013)
- 歯医者と虫歯と夏休み (1/9/2014)
- 歯医者は痛いよ (13/3/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-22 21:42 | Sistemi & procedure | Trackback | Comments(6)

早着きは芸術の得

 階段の窓からの眺めがあまりにも美しいので、思わず写真を撮りました。ふだんは必ずだれかがいる回廊に、昨日のこの時間は、人影がありませんでした。

f0234936_7141158.jpg
Santa Giuliana, Perugia 20/4/2016

 うちからペルージャ市内へのバスは便数が少なく、乗り継ぎがあるため、学校で予定されていた会合よりも、1時間早く到着したからです。

f0234936_7142978.jpg

 前日作ったばかりの新しい郵便口座の情報を会計係に提出して、会場の前に着くと、会合の予定時間まで、まだ30分あるため、扉は閉じていて、中は暗くだれもいません。入っていいのかしらと、入り口でためらったおかげで、こちらのめずらしく美しいフレスコ画に気づきました。

 駐車場が見つからなくては困るからと、バスで来たため、往復に時間はかかりましたが、おかげで思いがけず芸術を発見し、鑑賞することができました。

************************************************
Bellissimi il Chiostro & Affresco
ex Convento, complesso monumentale di Santa Giliana
Perugia 20/4/2016
************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-04-21 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(6)