<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ああ無情

 依頼を受けて仕上げなければならない記事が二つ、職場に提出しなければいけない文書もあり、金曜から日曜まで用事があるため、完成を急いでいたのに、夕食後再びデスクトップが起動しません。いざとなったらネットブックで書き直すことはできるのですが、写真はすべてデスクトップに保存してあります。やれやれ。明日は目覚めてくれますように。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-31 22:39 | Altro | Trackback | Comments(6)

Windows10利用法学習ビデオ、イタリア語OSの場合

 数か月前にネットブックのWindows7がWindows10に変わり、スタートメニューがすっかり変わって使いづらく、ずっととまどっていました。7月半ばに、やはりWindows7からWindows10に更新したデスクトップパソコンでも同じ状況で、ちょうど見知らぬ外国の町に初めて行って、レストランでは何を頼んだらいいのか、どう注文したらいいのか困惑するようなとまどいを、それまでWindows7で慣れていた作業をするたびに感じていました。

f0234936_6514977.jpg

 インターネットで検索すれば見つかりそうな使用法も、いちいち読むのはめんどうくさくて、使いながら慣れようとしていたのですが、昨日Windows 10 Anniversary Updateをしたおかげで、実は、Windows10のさまざまな機能を、分かりやすく映像で説明したビデオが、マイクロソフトから提供されていることが、ひょんなことから分かりました。

f0234936_6522010.jpg

 ビデオを見る際に、左下、音量アイコンの右にあるアイコンをクリックすると、italiano(イタリア語)という言葉が現れ、この言葉をさらにクリックすると、映像にイタリア語字幕が現れます。きっとOSの言語と同じ言語の字幕が見られるようになっているのでしょう。

 スタートメニューがこれまでとは打って変わって困っていたのですが、menu Startと題にあるビデオを見ると、自分が使いやすいように、簡単にスタートメニューを変更することが、とても簡単そうなのでびっくりしました。

 日本語でも知らないアプリケーションの名前は、英語で聞いても、もちろん何のことか分からないのですが、それでも、映像のおかげで、「あ、これは便利そうだから、あとで使い方を調べてみようか」というものもありました。

f0234936_6522930.jpg

 今回、この役立つビデオの存在に気づけたのは、数時間かかったアップデートの途中に画面に現れては消えていく言葉を、あとで確認するためにいくつか撮影していたからです。

 おかげで、後から指示に従って、画面左下の空欄に「Informazioni di base」と入力すると、冒頭のような画面が現れ、左手の「見てみよう」(Guarda)をクリックすると、映像でさっと使い方を教えてくれるビデオの数々が現れたのです。

 すでにご存じの方には当たり前のことかもしれませんが、わたしにとっては大発見だったので、記事にしてみました。

 昨日のWindows 10 Anniversary Update以来、今のところは、幸いまだ一度も、青いエラー画面を見ていません。これまでは日に何度も、20分もしないうちにエラー画面が出て、モニター画面が暗くなる日が続いたので、アップデートのおかげで、問題が解決されたものと、まだ1日ではありますが、ほぼ確信しています。

関連記事へのリンク
- 苦難の青やすらぎの青、Windows 10エラー画面とたそがれのトラジメーノ湖

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-30 23:52 | Altro | Trackback | Comments(1)

苦難の青やすらぎの青、Windows 10エラー画面とたそがれのトラジメーノ湖

 8月25日木曜の朝、前夜までは問題なく使えていたデスクトップが突然起動しなくなり、その日は慌ただしく時間のないまま、夕方の葬儀のあと、夫と共に義父母をリッチョーネに送りに行きました。翌金曜日はペルージャに戻り、日本語の授業を終えてから、何度も電源を入れるものの、モニター画面は「DVI NO SIGNAL」という言葉が一瞬現れたかと思うと、すぐに暗くなり、デスクトップパソコン本体の電源がついているのに、起動しないからか、画面はいつまでも黒いままです。

f0234936_7253740.jpg
Lago Trasimeno, Ristorante Il Giardino, Torricella 29/8/2016

 古いマニュアルを発掘して、対処法を調べたり、配線を確認したり接続しなおしたりしても問題が解決しないため、夕方になってから、ネットブックやスマートフォンで検索して対策を調べると、「電源を30秒以上はずしてみて、放電すると正常に作動するようになるかもしれません」と教えてくれるサイトがありました。

 試してみるとそのおかげかどうかは分かりませんが、それまで約2日間起動できずにいたデスクトップがようやく立ち上がりました。ところが、18時48分に起動したばかりなのに、使い始めて約20分後の19時には、突然「Il computer ha riscontrato un problema…」(コンピュータが問題に遭遇しました…)と書かれた青い画面が現れ、続きを読む間もないうちに、モニター画面が真っ暗になってしまいました。

 その晩は、起動して約15分後に突然青い画面が現れて、画面が消え、けれどもデスクトップパソコン本体の電源はついたままで、しばらく待ってみても何の動きもないという状況が3、4回繰り返されました。

 翌土曜日、再び何度か起動してみると、少しずつ青い画面の表示される時間が長くなり、「エラー情報を収集して、再起動します」とあるものの、その情報収集の達成割合が100パーセントに達しないうちに画面が暗くなるために、再起動しないということが繰り返されました。そのうちエラーコードを読んで紙に控えられるようにもなってきたのですが、BAD_POOL_HEADER、IQR_NOT_LESS_OR_EQUAL、SYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONなど、エラー内容がころころ変わるのです。

 6度目だったか、ようやく情報収集が100パーセント完了し、パソコンがちゃんと自力で再起動をしたときは、とてもうれしかったのですが、その次はなんと立ち上げて数秒で青い画面が現れるという状況です。

 日曜日はほぼ1日リッチョーネに出かけていたのですが、それまでの間に、こんなふうに青いエラー画面が頻発すると、パソコンのシステムが異常をきたして壊れてしまう可能性があること、そうして、Windows 10への更新によるものである可能性が高いらしいことが、インターネットで調べてみて、分かりました。

f0234936_16442187.jpg

 そうして、今朝はまた新たなエラーコード、DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALが現れ、その対処法を調べていたら、パソコンメーカーのサイトから、ドライバーのアップデートを行えば問題が解決するかもしれないと分かりました。ところがパッカードベルのサイトで調べると、2010年7月に購入したWindows 7だったわたしのデスクトップは、Windows 10への更新に伴ってのサポート対象とならない機種ではありませんか。

f0234936_1559256.jpg

 ということは、Windows 10からWindows 7に戻さなければいけないのだろうか、そもそもまだそういうことが可能で、また復旧に伴って大事な写真や文書が失われることはないだろうかと、さらに情報を調べていると、今度は、たまたまというか必然というか、Windows 10 Anniversary Updateという画面に行き当たりました。

 Windows Updateを行うことで問題が解決できるかもしれないというサイトもあったので、アップデートは何度かしていたのですが、このAnniversary Updateは規模が大きい本格的なアップデートらしいから、ひょっとしたら旧Windows 7の不具合も解決してくれるかもしれないと、期待をして、すぐに手動でアップデートをしました。

f0234936_15394041.jpg

 アップデートにびっくりするほど時間がかかったため、水をやったり、食事のしたくをしたりしながら、時々パソコンの画面の進行状況を見に行っていたのですが、最近ミジャーナでの来客もあって特に忙しかった夫が、湖に夕日を見に行ってピザを食べたいと言うので、アップデートの中断を心配しながら、湖に出かけました。

 帰宅して、スリープ状態のパソコンを起こすと、幸い再起動後の新たな画面が現れ、パスワードを入力すると、「あなたのパソコンはアップデートされました。」(Il tuo pc è stato aggiornato)という言葉が画面に現れました。Windows 10への更新時同様、背景画像に問題があったのですが、今回は大きさではなく、写真そのものが、わたしが背景画像として選ぶはずもない写真に変わっていました。

 それが午後9時37分のことで、そのあと、これまでにいろいろなサイトで見た情報やこちらの記事の後半 を参考にして、青いエラー画面の再発を防ぐために、

f0234936_1530241.jpg

高速スタートアップをオフにしたり、

f0234936_15465092.jpg

Windows UpdateのP2P機能をオフにしたり、

f0234936_1553432.jpg

勝手にデバイスドライバまで更新されたりしないように設定を変更してみました。(詳しくはこちら

 日本語の解説を読みながら、該当するイタリア語を考えて実行すると手間はかかりましたが、こうやって試み、また、こうしてブログの記事を書くうちに真夜中近くなったのですが、まだパソコンに青い画面が現れていません。明日の授業の準備にも、学校への書類の提出にも、依頼を受けた記事の執筆にも、一定時間以上安心してパソコンが使える環境が不可欠なので、一連の不具合は、今晩ようやく解決したものと祈っています。

 冒頭の写真は、青は青でも安らぎの青、今晩トラジメーノ湖で日の入りを見たあと、夕食を食べたレストランから見えたたそがれの空と湖です。

*追記(9月1日 9:30)
 昨夕まで問題なく調子よく使えていたのに、昨晩突然この記事の冒頭に書いたのと同じ状況、画面に「DVI NO SIGNAL」と現れるものの、その後暗くなり、デスクトップ本体の電源はついていて音はするのに起動しないという状況に戻ってしまいました。

 こうなると、まだ起動して青いエラー画面が現れていた頃の方が救いが見えます。対処法をスマートフォンを使い、インターネットで調べて、埃や帯電のためかと、外からですが掃除機で吸い込んでみたり、長い間電源コードを抜いてみたり、いろいろ試みても、うんともすんとも言わないので、腹をくくって急ぐ原稿はこの遅いネットブックで書くつもりでいます。

 この冬、日本語を教える学校でMacを使わざることを得ない状況が、最近しばしばあるため、同僚の先生二人は、Appleのノートパソコンに3月には買い替えていました。わたしも今のデスクトップは購入してから6年経ち、ときどきフリーズして困ったりもしていたので、使う時間も長い大切な商売道具なのだから、まだ使えるから使い続けるのではなく、新しいパソコンを買って、大切な写真や文書を移動しておくべきだったと反省しています。ただ、Appleの日本や台湾などの下請け企業に対する横暴と思われる対応をあれこれ読んで、Apple製品にしようという思いは以前ほどではなくなっています。


***************************************************
Bello il blu del cielo e del Lago Trasimeno dopo il tramonto,
invece minacciosa e odiosa
la schermata blu di errore di Windows 10 aggiornato da Windows 7

che compariva frequentemente sul mio desktop,
lo spegneva spesso senza farlo riavviare di nuovo.
Per fortuna, ora il pc sembra guarito,
dopo che ho effettuato manualmente
Windows 10 Anniversary Update
e disattivato l'avvio rapido, gli aggiornamenti da più posizioni
e il download automatico delle app e le icone.
1/9/2016 Di nuovo non funziona il mio desktop!!
***************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 格闘Windows 10への更新イタリア語版PCの場合、問題1:更新が途中で中断
- 格闘Windows 10への更新イタリア語版PCの場合、問題2:背景画像・最大に開いたウィンドウの周囲に黒い太枠

参照リンク / Riferimenti web
日本語サイト / Siti in giapponese
- 121ware.com - パソコンの電源が入らない場合の対処方法
- @IT - Windows 10 The Latest:アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ (25/3/2016)
- engadget日本語版 - Windows 10 Anniversary Update配信開始。今すぐ入れたいなら手動アップデートで (4/8/2016)
- eye4brain - Windows10がアップデート – Anniversary Update まとめ (3/8/2016)
英語サイト / Siti in inglese
- Driver Easy – [Solved] DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL Windows 10 Error (21/6/2016)
イタリア語サイト / Siti in italiano
- Packard bell – Aggiornamento a Windows 10
- Microsoft – Risoluzione dei problem relative agli errori con schermata blu
- WindowsBlogItalia – Download e installazione di Windows 10 Anniversary Update per PC, tablet, smartphone, Xbox e HoloLens (2/8/2016)
- navigaweb.net - Windows Update in Windows 10: bloccare o disinstallare aggiornamenti (17/8/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-29 23:59 | Altro | Trackback | Comments(4)

びっくり誕生祝い、リッチョーネ再集合

 今日は義母の誕生日です。義父母は、2週間アドリア海岸の温泉町、リッチョーネに湯治を兼ねて滞在している最中で、今年は誕生日が幸い日曜日に当たったため、トーディの義弟夫婦と姪たちは、昨日、土曜日の昼から、同じホテル、同じ海で義父母と過ごしていました。

 そうして、その義弟がこっそりペルージャのわたしたちと連絡を取り、ホテルで手を回してくれたおかげで、今日は皆が滞在中のホテルで共に昼食を取って、義母の誕生日を祝うことができました。

f0234936_6239.jpg
Riccione 28/8/2016

 義父母をびっくりさせようと、夫も同じ二世代住宅に住む義弟も、朝わざわざ電話をして、誕生日を祝うという手の込みようでしたが、おかげで、わたしたちも来ていっしょに食卓を囲むとは思っていなかった義父母は、とても喜んでくれました。

f0234936_622036.jpg

 ペルージャからリッチョーネまでは、車で約2時間半かかります。幸い今回は、わたしたちの上階に住む義弟が、車の運転を引き受けてくれました。

 久しぶりに大家族全員で顔を合わせて食卓を囲むことができ、義父母が喜んでくれて、わたしたちもうれしかったです。

*******************************************
Buon compleanno!

Raduno di famiglia a sorpresa a Riccione.
Ieri per festeggiare il compleanno della supernonna,
supermamma, supersuocera,
tutti da Perugia e Todi alla città romagnola.
Tanti auguri da tutta la famiglia :-)))
*******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-28 23:02 | Famiglia | Trackback | Comments(10)

結婚式、愛の誓いと合唱団

 夫や義弟と共に合唱団で歌っていた女性の結婚式が今日催され、解散していた合唱団も、この日のためにと集まって歌唱練習をし、結婚式で美しい歌を聴かせてくれました。夫や義弟が創立以来二十数年にわたって参加し、歌い続けていた合唱団は残念ながら数年前に解散してしまったのですが、社会人が多かったその合唱団に、彼女はまだ高校生の頃から、友人やいとこの女の子と共に参加していました。

  うれしいときも苦しいときも
  健やかなときも病めるときも
  いつもあなたに誠実でいて、
  人生のすべての日において
  あなたを愛し敬うことを誓います。

f0234936_4465860.jpg
27/8/2016

 カトリック教会での結婚式では、この言葉で新郎新婦が誓約を交わすことが決まっているため、わたしたちも自分たちが結婚する際に言い、式に参列するたびに、聞いてきた言葉ではありますが、結婚式で耳にするたび、新郎新婦の幸せを願うと共に、そうだな、そう誓ったのだなと、自分たちが結婚した日のことを思い出し、誓いの言葉が再び心に迫ります。

f0234936_4471325.jpg

 今週はひどく忙しくなるのが分かっていたため、合唱の練習が大変だとぼやいていた夫も、練習に行き、結婚式で歌ってみれば、久しぶりになつかしい歌の仲間たちと共に時間を過ごすことができ、気に入った歌を新たに教わったと、とてもうれしそうです。

 末永く幸せに。

 式を執り行った神父も、友人代表として祝辞を述べた友人も、新郎新婦と共に、すべての夫婦に、家族こそ大切なのだからいつまでも幸せにと、心をこめて語っていたのが印象に残りました。

******************************************************
Auguri agli sposi!
Come sempre
bellissime le canzoni cantate dalla Corale Tetium
emozionano le parole dell'amica
commoventi le promesse nuziali:
"Prometto di esserti fedele sempre,
nella gioia e nel dolore,
nella salute e nella malattia,
e di amarti e onorarti
tutti i giorni della mia vita."
Un buon auspicio; dopo la cerimonia abbiamo visto
due gabbiani che volavano via dalla chiesa verso il cielo lontano
sempre insieme, uno accanto all'altro.
*******************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-27 23:30 | Feste & eventi | Trackback | Comments(6)

アドリア海岸の朝日、ファーノ

 今朝はリッチョーネのホテルを5時半過ぎに出てから、アドリア海岸沿いに走る高速道路を南下してファーノに向かい、ファーノで高速道路を下りてからは、グッビオを通って、ペルージャに戻りました。

 朝できるだけ早く出勤しなければいけないでしょうに、「海沿いの町、ファーノで高速道路を下りたら、海に昇る朝日を見に行こう」と提案して実行してくれる、そういう夫でありがたいです。海に近い道路でよく見かける「海」(mare)という案内標示がまったく見当たらないので、地図を見ながら、「海は中心街の方向にあるようだ」などと見当をつけ、あてずっぽうに車を走らせました。

 ようやく「港」(porto)という標示を見つけて、近くに車をとめ、海辺に向かって速足で歩くと、赤々と昇る太陽が、準備中の市場の露店の間から見えます。

f0234936_5522622.jpg
Alba a Fano, Marche 26/8/2016 6:31

 わたしたちが浜辺に着いたときには、太陽はすでにすっかり水平線から顔を出していましたが、

f0234936_5533179.jpg

朝日に茜色に染まる空や海が見られて、うれしかったです。

f0234936_5534121.jpg

 波も日の光に輝いています。浜辺には砂ではなく、とても平たい丸い石が、幾重にも重なっていて、「リミニに比べて、海の水がずっときれいだ」と夫は言っていましたが、それは、早朝だったからでもあると思います。

 時間がないので、このあとすぐに浜を後にして、近くのバールで朝食を済ませたあと、車でペルージャに向かいました。


関連記事へのリンク

- いきなりアドリア海岸、夜もにぎやかリッチョーネ

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-26 22:53 | Marche | Trackback | Comments(4)

いきなりアドリア海岸、夜もにぎやかリッチョーネ

 昨晩急な用事のため、リッチョーネの海辺で湯治中の義父母が、ペルージャに戻らなければいけないことになり、トーディの義弟と夫が、昨日の午後車で片道約2時間半のリッチョーネまで迎えに行きました。今日の夕方は、もう一人の義弟が義父母を送るのかと思ったら、夫が一人で運転して行くと言うのですが、古い夫の車は最近不具合で突然止まったり不調になったりすることがあるため、帰りに夜中あるいは早朝に、一人で車を運転していて何かあっては大変と、わたしも夫と共に、アイゴでリッチョーネまで義父母を送りにやって来ました。

f0234936_16394421.jpg
Riccione, Emilia-Romagna 26/8/2016 5:36

 二人とも明朝は仕事があるため、朝5時過ぎに起きてペルージャに戻る予定です。せっかくだからと、今夜泊まることになった義父母も滞在するホテルで、4人でいっしょに夕食を食べたあと、夜も多くの店が開き、人通りが多くてにぎやかな町を散歩しました。

 今朝は何度試みても、デスクトップのスイッチを入れても、モニター画面に「映像なし」だか「情報なし」とだけ一瞬画面に現れるだけで、後は真っ黒なままという状況が続きました。朝はその後、遠方の専門医に左肩を診察してもらいに行って帰りが遅くなり、昼食後法事の前に再び試みても画面は暗いままで、帰宅してすぐに夫たちとリッチョーネに来たので、パソコンの安否も気になるところです。

*追記(8月26日 9:43)
 今朝8時半頃、無事ペルージャの自宅に戻り、夫はすぐに職場に向かいました。追加した写真は、今朝リッチョーネのホテルを出る前に、部屋の窓から夜明け前の海辺を撮影したものです。早朝だと言うのに、もう大きなトラックがたくさん走っていて、思ったより時間がかかりましたが、道中、日が昇る前後の美しい朝焼けの空の色を楽しむことができました。

 デスクトップの不調は相変わらずで、この追記はネットブックを利用して書いています。まもなく日本語の授業がありますので、コメントなどのお返事は、そのあと時間が取れてからおいおいしていくつもりです。

************************************************************
Riccione, Emilia-Romagna 26/8/2016 5:36

Ieri sera abbiamo accompagnato i miei suoceri a Riccione e siamo tornati a Perugia stamattina presto. Foto scattata prima della partenza da Riccione.
Anche di notte, la città è animata e vivace, molti negozi sono aperti e passeggiavano tantissime persone!
************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-25 23:51 | Emilia-Romagna | Trackback | Comments(2)

イタリア中部地震、震源と被災状況

 イタリア時間で今朝、8月24日未明に、イタリア中部を襲った地震では、今も弱震の揺れと、震源近くで瓦礫と化した住宅や町からの救出作業が続いています。当初、地震はペルージャ付近という報道があったためか、家族や友人、知人をはじめ、多くの方がメールやブログのコメント、ツイッター、FBのメッセージなどを通じて、安否を尋ねてくださいました。ありがとうございます。ペルージャ市は今回の震源のうち最も近いノルチャ(Norcia)からも、車で1時間半ほどかかり、約100kmの道のりがあるため、わたしも家族も、知人も皆無事で、ペルージャ市近辺では大きな被害はないようです。

 イタリア中部に暮らすご家族や友人、知人の安否を心配される方も多いかと思いますので、震源と現段階で把握できている被害状況をご報告します。

f0234936_6525670.jpg
Immagine presa dalla Cartina Regionale e guida turistica con 12 piante di città, Umbria scopri l’arte di vivere
Epicentri, zone colpite & confini regionali da me segnalati

 特に規模が大きかった四つの地震の震源地は三つ、ウンブリア州ペルージャ県のノルチャ、およびラッツィオ州リエーティ県のアックーモリアマトリーチェで、上の地図中、四角で囲った町です。

 薄緑色で示したのは州境で、今回の地震は、イタリア半島を縦断するアッペンニーニ山脈の高峰が連なり、イタリア中部4州、ウンブリア・マルケ・ラッツィオ・アブルッツォの州境が集中する山岳地域で発生しました。そのため、多くの家屋が倒壊して、今も瓦礫の下からの救出作業が続く、災害が特に大きい地域として、震源となったアマトリーチェとアックーモリのみならず、震源に近いマルケ州の2村、ペスカーラ・デル・トロントアルクワータ・デル・トロントの被害状況もしばしば報道されています。この山中の二村にデル・トロント(del Tronto)とあるのは、トロント川のほとりにあるからです。イタリア国内でも、当初この二村の名を聞いて、トロント川がアドリア海と出会う海辺の町、サン・ベネデット・デル・トロントや、やはりアドリア海岸にあるアブルッツォのペスカーラに暮らす家族の安否を心配した人がいるようですが、こうした海辺の町では今のところ被災の恐れはないはずです。

 四つの地震のそれぞれの発生時刻、震源、マグニチュードと揺れの長さは以下のとおりです。
  
  3:36 アックーモリ(Accumoli)    M 6.0   142 sec
  3:56 アマトリーチェ(Amatrice) M 4.4   60 sec
  4:43 ノルチャ(Norcia)     M 5.4   112 sec
  6:06 ノルチャ(Norcia)     M 4.3   56 sec

 手持ちのウンブリア州の地図をカメラで撮影して利用したのですが、カメラのボケ機能があだになって、左上、震源の一つであるノルチャの地名がぼけて読みにくくなっています。

 以上の情報とローマ、イタリア半島の地図との位置関係は、次のオンライン記事末の映像(14秒)で確認することができます。

Fonte: Rainews.it – Terremoto devasta Centro Italia, 73 morti, colpiti Amatrice, Accumoli, Arquata e Pescara del Tronto

 上の記事では犠牲者数73名とあったのが、夕食後再び最新情報を確認すると、少なくとも120名の死者と、犠牲となった方の数が増えています。

- Ansa.it – Terremoto, Renzi: “Almeno 120 morti”. Si scava senza sosta tra le macerie. Salvata bambina dopo 17 ore

 揺れは現在も続き、記事には、これまでに250もの地震が観測され、アマトリーチェ、アックーモリ、ペスカーラ・デル・トロントとアルクワータでは、数千人が避難をしたと書かれています。午後のウンブリアの地域ニュースでは、幸いウンブリアの被害は他州に比べて規模が小さいものの、ノルチャやカッシャ、周辺地域で倒壊する建造物や住宅があり、ノルチャの町を取り囲む城壁やサン・ベネデット教会に被害があり、ノルチャ・カッシャを中心に、多くの人が宿泊・避難できる避難所が設置されているとのことでした。

f0234936_6531417.jpg

 ウンブリアにご家族やお知り合いがいて安否を気遣われている方のために、地震の揺れが感じられた地域のうち、観光地および日本人旅行者や留学生・在住者の特に多そうな町の名を地図に記しておきます。わたしの住むペルージャでは被害が少ないものの、夫や友人など多くの人が揺れに目を覚まし、ビルの7階にある夫の職場では、高いガラス戸棚が倒れて、朝ガラスの破片が散乱していたそうです。今朝は朝9時半から11時半まで、フォリンニョの生徒さんの個人授業があったのですが、フォリンニョでは揺れが大きく、ノルチャから家が住めない状況になったと電話連絡があったと聞きました。トーディの義弟も揺れは感じたものの、幸い被害はなかったようです。

 遠方ではありながら、震源となったノルチャがペルージャ県であるために、ペルージャ付近で地震という報道が日本であったためでしょう、今朝多くの方から安否を気遣うご連絡をいただいた中に、TOKYO FMの日本時間で24日19時からのニュース番組で、電話で1、2分ほど状況を語ってほしいという依頼があり、「イタリア時間で11時半に終わる授業の直後で、ニュースや新聞で地震情報を追う時間が取りにくい上、ペルージャは震源地から遠く被害も少ないので、もし他に人が見つからないようであれば」とお返事したのですが、授業後、やはりぜひ頼むということだったので、突然、ラジオの生放送中に話をすることになりました。思えば、東日本大震災のときにも、イタリアのオンライン新聞への記事執筆依頼があり、わたし個人としても、地震直後の日本では得にくい情報を何とか伝えていければと、ツイッターを通じて、有益そうな情報を、日本語およびイタリア語で拡散した経験があり、こういう形で、どなたかのお役に立てるのは、ありがたいことだと感じています。

 今回地震の被害が大きかった地域の多くは、わたしたちがよく訪ねる美しい山々に近い、小さい静かな山間の村です。冒頭の地図にピンクで下線を引いたのは、夏、高原が美しい野の花に覆われるカステッルッチョの村で、赤線を引いたのは、その高原を取り囲み、わたしたちもよく散歩するシビッリーニ山脈、ノルチャはヨーロッパの守護聖人の一人であり、かつ西洋の修道制度の創設者と言われる聖ベネデットの生地で、サラミがおいしいと有名な町です。今回の被災地の多くは、夏の山歩きや避暑に好まれる地域であり、旅行中に地震に遭った方も少なくないようです。冒頭の地図中、南西から北東に向かって伸び、赤線で4という数字と共に記されているのは、国道4号線(Strada statale 4)で、Via Salaria「サラリア街道」と呼ばれ、かつて古代ローマからアドリア海岸のアスコリ・ピチェーノまで塩を手に入れに赴くために利用されていた道です。

 このサラリア街道が、今回重大な被害を受けた地域をちょうど結ぶ形になっていることから、救出や避難のための重要な経路となるため、イタリアのテレビニュースでは、可能な限りこの国道4号線の通行を避けて、救出のための車が走れるようにと伝えていました。他の被災地に通じる道路についても、救助・避難が速やかに行えるように、不必要に移動しないように呼びかけています。

 まだ弱震が続いているようですが、これ以上被害が拡大せず、瓦礫の下で救援を待つ方が一刻も早く救出されることを願っています。

*********************************************************
I tre epicentri sono vicino ai confini delle quattro regioni, Umbria, Marche, Lazio e Abruzzo. I paesini devastati sono belli, tranquilli e abitati dalle persone gentili e circondati dalle montagne maestose dove amiamo camminare.
Spero che al più presto vengano salvate le persone sotto le macerie e smettano le scosse.
*********************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- Rainews.it – Terremoto devasta Centro Italia, 73 morti, colpiti Amatrice, Accumoli, Arquata e Pescara del Tronto
- Ansa.it – Terremoto, Renzi: “Almeno 120 morti”. Si scava senza sosta tra le macerie. Salvata bambina dopo 17 ore

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-24 23:53 | Notizie & Curiosita | Trackback | Comments(12)

水に映る空・雲美しトラジメーノ湖

 8月12日金曜日は、翌朝からの旅のしたくがまだできていないので、内心焦りながら、コモから訪ねて来てくれた友人たちと、トラジメーノ湖畔の店で、夕食を共にしたのですが、

f0234936_5291510.jpg
Lago Trasimeno, Ristorante Il Giardino, Torricella 12/8/2016

吹きすさぶ北風に、雲はあるものの、空が青く澄みわたり、その空と雲が、湖と店のプールの水面に映って、それはきれいで、感動しました。

f0234936_5145578.jpg

 わたしは湖の魚たっぷりのパスタ、夫と友人たちはピザ、友人の愛娘は、パスタとセコンドに魚料理を注文して食べました。友人たちが夕焼けのトラジメーノ湖が美しい、料理がおいしいと喜んでくれたので、わたしたちもうれしかったです。

f0234936_515766.jpg

 コモで、湖の向こうにアルプスの高峰が見えるのに見慣れた友人は、湖の向こうに山がなくて、空が広がる風景に驚いたという、独特の感慨を語ってくれました。

 そう言えば、アルプスほどではないものの、山や丘の多いウンブリアに暮らすわたしも、アッペンニーニ山脈を越えて、アドリア海岸近く、リミニに住む友人宅へと向かい、坂も丘もなく、ただ果てしなく平野が広がる光景に出くわすたびに、不思議な感慨を覚えます。

f0234936_5152719.jpg

 暗くなると明かりが灯るプールの水辺のランプは、ガラスがピンク色をしています。友人が、空の雲の色とまったく同じ色だと感動していました。

f0234936_5153431.jpg
Passignano sul Trasimeno

 夕食後、やはりトラジメーノ湖畔にあるパッシンニャーノの町を訪ねると、ちょうど何かの祭りの最中だったようで、夜空に花火が上がっていました。

f0234936_515441.jpg

 湖の水位を確認しようと、桟橋を歩いていたわたしたちと花火の間に、並木があったものの、高く打ち上げられた花火は、愛でることができました。

f0234936_516192.jpg

 8月の半ばだと言うのに、吹きすさぶ北風に気温が下がって寒いほどで、それでもわたしたちはジェラートを食べましたが、友人の一人は、ホット・チョコレートを頼んでいました。

f0234936_516780.jpg

 花火の夜空も美しいけれど、ただ月と星の光だけがさやかに輝く夜の空も、その光にきらめく湖面も、それはきれいでした。

Ristorante Pizzeria Il Giardino
Viale del Lavoro – Torricella
06063 Magione (PG)
tel. : 075 843646 – 348 5426294
mail: ristoranteilgiardino@live.it
sito : http://www.ristorantepizzeria-ilgiardino.it/

*******************************************
Tramonto, fuochi d'artificio & luna al Lago Trasimeno

- Cena con amici comaschi 12/8/2016
*******************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 夕べの湖畔でコモ友人と / Al Trasimeno con amici comaschi (12/8/2016)
- 湖畔においしいもう一軒 / Favoloso tramonto & buoni piatti al Ristorante Il Giardino (17/9/2015)
- 夕焼け美しトラジメーノ湖 / L’incanto del tramonto al Lago Trasimeno @ Torricella (26/4/2016)
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (4/6/2015)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-23 23:16 | Umbria | Trackback | Comments(11)

突然欠けた歯とモンブラン、巨人の歯

 北イタリアの山を旅行中、確かある日、夕食のときに、奥歯がかなり欠けているのにふと気づきました。旅行中に肩の痛みで動きが制限されぬようにと、出発前日から鎮痛剤を飲み続けているためか、そのときも以後も痛みはいっさいなかったのですが、何かの拍子にこれ以上欠けては大変と、旅行中はひやひやしました。

f0234936_7121759.jpg
Dente del Gigante, Massiccio del Monte Bianco 16/8/2016

 昨日遅くに帰宅して、今日月曜日の朝、さっそく行きつけの歯科医に電話をすると、留守番電話のメッセージが、「休業中です。緊急の場合のみ、以下の番号に電話をしてください。」と答えます。

 昨年の夏はこのメッセージに遠慮して、携帯電話にすぐに電話することはせず、2、3週間ほど待って、その間、何度か歯科医院の固定電話への電話を試みたのですが、いつまで休暇が続くのか、同じメッセージがいつまでも繰り返されます。それでたまりかねて、携帯電話に電話すると、父娘歯医者の娘さんの方が、診療の際に、「そんなに遠慮しなくてもよかったのに。」と言っていました。

 それを思い出して、今朝はすぐに携帯電話に電話しました。二つ目の番号にかけて、ようやく人の声が聞こえました。お父さん歯医者さんです。「休み中なので、緊急ならば木曜に診てもいいけれど、急を要さないようであれば、診療は来週月曜でもいいですか。」と言われて、「あと1週間なら待てますが、もし他の人の治療があって、仕事をされるようであれば、ご連絡ください。」と答えました。

 歯が欠けている部分の周囲は歯磨きもきちんとするのがはばかられる上、これ以上欠ける危険もあるため、歯の無事を祈りつつ、昼食のしたくをしていたら、歯科医から電話があって、幸い今日の夕方に診てもらえることになりました。

 診察の結果は、右上の親知らずが、虫歯と言うわけではないのに、欠けてしまったらしいということでした。虫歯がないのに歯が欠けるということが、最近相次ぐので、不安になって尋ねると、「歯というのは、かむときに一か所に力が集中すると、そこに75~150㎏の力がかかるんですよ。何かかたいものを食べませんでしたか。」と、質問が返ってきました。それに、自分の歯ではなく、つめた部分なので、なおさら欠けやすかったようですとのことです。

 その返事を聞いて、ふと思い当たることがありました。薬局専門店が試供品にとくれたバスソープの袋を、宿でシャワーを浴びる際に、切り口から切ったものの、中身が出てこないので、困ってしまって、歯で袋の端をかんで、袋を開けようとしたことを思い出したのです。記憶はあいまいなのですが、歯が欠けているのにふと気づいたのは、その直後だったのではないかしら、と。

 それが直接の原因だったかどうかは定かではありません。もともと歯並びと歯のかみ合わせが悪い上に、夜歯ぎしりをすることがあるらしいので、まだ日本に暮らしていた頃、14年以上前に治療した親知らずの側面のつめ物が取れてしまうということは、いずれは起こることだったのかもしれません。

 例によって、一度目の診療では、薬を患部につめてもらっただけで、治療が終わるのは、来週月曜の朝になると思います。歯医者にはできれば行きたくありませんが、今回ばかりは、早く歯医者に診てもらえると知ったときは、うれしくて、安心しました。

 モンブランの頂上に迫る展望台からの写真を選んだのは、イタリア語で「巨人の歯」という意味を持つ山塊、Dente del Gigante(4013m)が写っているからです。巨人の歯は健在ですが、わたしの歯は欠けてしまいました。

 「虫歯もないのに歯が欠けるなんて、何だか年を取ってしまったようだ。」としみじみ言うと、歯医者さんが、「22歳の若者で、サクランボの実をかんだために、歯が縦に真っ二つに割れてしまった人もいるんですから、年齢とは関係ありませんよ。」と言います。歯の健康のためには、いろいろ気をつけなければいけないのだなと、つくづく感じました。

********************************************************
Il Dente del Gigante (4013m) nel massiccio del Monte Bianco,

maestoso e intatto.
Invece, durante il viaggio mi sono spezzata
una parte del dente del giudizio curato tanti anni fa.
Secondo il dentista non c'è carie e a volte il dente si spezza
mentre si mastica qualcosa di molto duro.
(Sarà perché ho cercato di aprire un campioncino di bagnoschiuma
utilizzando i denti???)
Poi il dentista mi ha parlato di un giovane di 22 anni
a cui si è spezzato un dente sano
il quale ha morso un nocciolo mentre mangiava le ciliegie!!
Bisogna stare molto molto attenti.
********************************************************

参照リンク / Riferimenti web
- デンタルサロン・プレジール - 放置は危険!?医師が教える「歯が欠けた」時の、2つの緊急対処&4つの治療法について
- 歯の教科書 - 歯が欠ける4つの原因と欠けてしまったときに行うべき対処法
- dentisti-italia.it - Fratture dentali - Fratture radicolari
- Dentistamilano.com - Dente fratturato: cosa serve sapere

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2016-08-22 23:59 | Valle d'Aosta | Trackback | Comments(2)