<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

美しい記念切手に救われる

 急に日本から自分の戸籍謄本を取り寄せる必要があり、本籍地のある松山市役所に、イタリアから郵便で請求することにしました。市のホームページに郵便請求の仕方が詳しく書いてあって助かります。結婚したときに、親から独立した戸籍を作ったために、家族と同じ戸籍ではないので、わたしの父や弟でさえ、わたしからの委任状がなければ請求ができません。わたしが委任状を送り、それを持って市役所に行ってもらい、さらにまた入手した戸籍謄本をイタリアに送ってもらっていては、迷惑も日数もかかってしまいます。

 請求にあたって、返信用切手を貼った返信用の封筒が必要だったのですが、幸い、帰国時に美しい記念切手シートをいくつか買っていたため、その切手を使いました。 

f0234936_8195221.jpg

 郵便が無事に届けば、返信用封筒に貼った切手は、わたしのもとに戻ってくるはずです。今回は使わなかった切手を、きれいだなとうっとりと眺めながら、日本で多めに購入しておいてよかったと思いました。

 この郵便請求のために、ダウンロードした申請用紙を印刷したり、身分証明書をコピーしたりする必要があったので、大至急プリンターが必要だったのです。昨晩は箱から出して設置して、デスクトップ・マックブック・携帯電話のいずれからも印刷ができるように設定するまでに数時間かかったため、郵便請求のために必要な書類の作成には、今晩仕事から帰ってから取りかかり、先ほどようやくすべてを封筒に入れ、あとは明日郵便局に持って行くだけとなりました。プリンターが故障したため、プリンター選び・購入にも時間を割かなければならず、遅くなってしまいましたが、気になっていたことがようやく一つ片づこうとしていて、ほっとしています。

*****************************
Molto belli i francobolli giapponesi.
Sono della mia collezione :-)
*****************************

参照リンク
- 松山市 - 戸籍に関する証明書の郵便請求

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-28 23:59 | Giappone | Comments(6)

新しいプリンター到着、HP ENVY 5540

 先週金曜日にアマゾンイタリアに注文していた新しいプリンターが、今日予定どおり、無事我が家に到着しました。

f0234936_8583531.jpg

 インターネットで情報を調べて、わたしが購入を決めたのはこちら、HPのENVY 5540です。選ぶ際には、写真を印刷するつもりはなく、主な用途は文書の作成や授業の教材づくり、コピーであることも、念頭に置きました。

 カメラやマックブックの場合は、日本とイタリアで販売される機種の名が同じだったり、よく似たりしていて、対応機種が分かりやすかったのですが、プリンターに限っては、各社とも日本とイタリアで、扱う機種や人気のある機種が異なります。そこで、イタリアのサイトで機種を絞り込んでから、日本での評価も参考にすることにしました。

f0234936_941525.jpg

 alaTest.itで、105ユーロ以下という条件を設定して、プリンターを評価の高いものから順に並べ、アマゾンや価格コムの評価も参考にしたあとで、上のページで1位から3位の機種の中から選ぶことに決めました。ただし、まったく同じ機種を日本で購入したという方の口コミや意見は、わたしが探した範囲では見つからなかったので、機種が似ていそうなプリンターの評価を参考にしました。

 最後の最後まで、エプソンかHPかで迷いました。アマゾンイタリアでは、どちらの評価も高かったのですが、エプソンについては、インク代が高く、インクがすぐ切れてしまうという感想がいくつか見られ、また、使用しているプラスチックの品質が悪く、見かけが貧相だという感想が気になりました。また、価格コムの口コミを見て、まったく同じ機種について語っているわけではないにせよ、キャノンのプリンターは壊れやすく、問題が生じやすいという印象を受けました。そこで、せっかく買うのだから長く大切に使いたいと思い、これまで12年間元気に働いてくれたプリンターがHPだったので、今回も、きっと長持ちすることと思い、HP ENVY 5540を選びました。

f0234936_9244037.jpg
 
 届いたのは午後1時過ぎですが、わたしが小包を開封したのは、午後英語を教えに行って、夕方帰宅してからです。机の上に置いてみて、まずは、以前のプリンターよりもかなり大きく、ひどく場所を取るので驚きました。でも、以前のプリンターと違って、紙を内部に収納することができ、印刷するたびに、トレイを引き出して、紙を置く必要がないので、便利です。設定やドライバーのダウンロードも、時間はかかりましたが、あまり苦労せずにすることができました。ワイヤレスで、WiFiが利用できる環境にあれば、ケーブルでパソコンとプリンターをつなぐ必要がないのが便利ですが、そのためか、USBケーブルは付属していません。これまで12年間使ったやはりHPのプリントに比べて、印刷がはるかに速く、鮮明なので、びっくりしました。ちなみに、以上の点は、すべてアマゾンイタリアの口コミ評価でも、指摘されていました。

 古いプリンターには変換アダプターがあり、プラグがドイツ式であるため、変換プラグも必要だったのですが、新しいパソコンには、重くかさばるアダプターがなく、そのままコンセントに差し込めるプラグがついた電源コードがあるだけです。コードに関しては、以前に比べてかなりすっきりしました。

 ひどく大きいので、机上で場所を取り、以前は使わないとき収納していたタンスの中に入らないことだけが難点です。ただ、IKEAで購入した机は幸い広いので、机の上にはそのときに必要なものだけ置くようにして、対処したいと思います。

 今のところは、いい買い物をしたと気に入っています。

参照リンク
- Amazon.it - HP ENVY 5540 Stampante Ink Multifunzione, Wireless
- Amazon.co.jp - HP プリンター ENVY5640 インクジェット複合機 日本HP B9S58A#ABJ ( A4 / Wi-Fi対応 / 自動両面 )
- Amazon.co.jp - HP プリンター インクジェット 複合機 ENVY 4520 F0V63#ABJ
- alaTest.it - Recensioni Stampanti, Stampanti elencati per alaScore / イタリアで販売されるプリンターをサイト、alaTestにおける評価が高い順に紹介
- 価格.com - インクジェットプリンタ 人気ランキング

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-27 23:59 | Altro | Comments(2)

美しき被災の山、雪のシビッリーニ山脈

 夏に高原を彩る野の花が美しいカステッルッチョ・ディ・ノルチャ・ディ・ノルチャをはじめ、自然が豊かで美しく、昔ながらの趣のある村があちこちにあるシビッリーニ山脈が、わたしたちは大好きで、よく山や高原、村を訪ねていました。昨年8月には、このシビッリーニ山脈の南方にあるアマトリーチェやアックーモリ、そして南の端に近いノルチャが大きな地震の震源となり、10月末には、さらに大きな地震が、今度はシビッリーニ山脈の北の端に近いヴィッソ、ウッシタ、カステルサンタンジェロ・スル・ネーラの3村で起こり、8月の地震ですでに大きな打撃を受けていたシビッリーニ山脈とその周囲の市町村でも、さらに多くの被害が出ました。

f0234936_845558.jpg
Monti Sibillini con neve 26/2/2017

 ウンブリア州のノルチャでは、地震から早期の復興をと、今週末から例年は秋に行われるトリュフ祭りが開催されています。今朝わたしたちは、リミニに向かって戻る友人たちと途中まで行動を共にしたため、残念ながらノルチャには行かず、友人たちと別れたあと、そのままドライブを続けて、マルケの町を訪ねたのですが、行きも帰りも、なつかしいシビッリーニ山脈が雪を頂いて美しい様子が、車内から何度か見えて、とてもうれしかったです。

 10月末以降、シビッリーニ山脈よりもはるかに南方のラクイラ周辺や、シビッリーニよりかなり北方のマルケの町でも、いくつもの小さな地震が続いた上に、大きな地震が起こっていて、地震がいつまで続くのか、また、その範囲が広いために、どこが地震に襲われる可能性があるのか、予測がしがたい状況が続いています。一刻も早く余震が収まり、被災地での復興が早くに行われ、美しい山や村で、再び人々が安心して生活を営み、皆が山歩きなどを楽しむことができる日が訪れることを祈っています。

関連記事へのリンク
- 速報:イタリア中部で再びM5.4、M5.9の地震、震源は8月よりやや北のマルケの町・ウンブリアとの州境 (26/10/2016)
- イタリア中部地震M6.5概況と地震前のノルチャ・カステッルッチョ、JITRA連載第8回 (30/10/2016)

参照リンク
- INGV Centro Nazionale Terremoti - Lista terremoti dal 24-08-2016, Magnitudo 3+, Italia
↑↑ 昨年8月24日以降にイタリアで起きた、マグニチュード3度以上の地震が列挙されています。わたしがこういう条件で検索した結果であるため、イタリア中部地震とは関係ない地域の地震も混じっています。震度3度未満の地震では数が多すぎ、震度4以上にしてしまうと、今のところはマルケ州マチェラータ州で今年2月3日未明に起こった2回の地震が最後となってしまい、現在も地震が続いていることが表から分からなくなるため、震度3度以上の地震の検索結果を紹介することにしました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  


by milletti_naoko | 2017-02-26 23:56 | Umbria | Comments(2)

イタリアコンセント疑惑

f0234936_2057320.jpg

 イタリアには、3種類のコンセントがあります。電化製品のうち、洗濯機や掃除機など、消費電力が大きいもののプラグは、たいていの場合、写真左上に見られるように、差し込み口が円形をしていて、こういうプラグはspina tedesca 「ドイツ式プラグ」と呼ばれます。ドイツ式プラグは、やはり円形の受け口のあるドイツ式コンセント(presa tedesca)、あるいは円形の受け口がついた延長コードや変換プラグに差し込む必要があります。

 一方、アイロンやハンドミキサー、携帯電話の充電コードなど、それほど多くの電力を要しない電気製品の場合は、間隔の狭い穴が三つ並ぶコンセントに差し込みます。たいていの場合、携帯電話などの充電コードでは、コードの先の四角柱に近い形をした部分に二つピンがあり、一方、アイロンやハンドミキサーなどのプラグの形状は三角形状で、先に三つあるいは二つのピンがあり、そのピンをコンセントの穴に差し込むようになっています。

 問題は、実は無理をすれば、ドイツ式プラグをふつうの小さい三つ穴のコンセントに差し込むことも可能だということです。

 そうやって使う人もいるけれど、それは危険だからやめた方がいいと、数年前、巡礼中に、学校で電子工学を教える巡礼仲間から聞いたとき、ドイツ式プラグがふつうのコンセントの穴に入ると考えたこともなかったので、ぼんやりそうかと思って聞いていました。それが、今年の初めに、ふと何かがきっかけで気づいたのです。

 わたしが2010年から使い続けていて、ここ1年ほど不調のデスクトップパソコンの本体とモニターの電源プラグが、いずれもドイツ式であるのに、ずっとふつうの小さいプラグ用コンセントに差し込んで使っていたという恐ろしい事実に。デスクトップ本体もモニターも、電源プラグの先は丸くなっていて、明らかにドイツ式なのに、日本製のノートパソコンは、アダプターのプラグがふつうのものだったためか、日本ではノートパソコンでもデスクトップでも、プラグの形状が変わらないからか、それとも単に、パソコンが変わってもすでに持っていた延長コードを使い続けたからか、うっかり誤ったコンセントにつなぎ続けていた理由は定かではありません。

 とにかく、気づいてすぐ、確か1月20日頃に、ドイツ式コンセントがある延長コードを使い始めました。

f0234936_20591614.jpg

 すると、どうでしょう。これまであんなに調子が悪くて、時々急に休眠して、しばらく起動しない日が数日続くという事態がこの数か月頻発していたデスクトップが、以後はまったくそういう休眠をしなくなり、はや一か月が経ちました。

 ひょっとしたら、最初のモニターが2、3年で故障したのも、この間違ったコンセントにつないでいたためかもいれないと、今頃気づいたわたしです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-25 23:59 | Altro | Comments(2)

ミジャーナでピザ

 今夜はこれからミジャーナでピザの夕食会です。行ってきます。

f0234936_21303698.jpg
24/2/2017

*追記(2月25日0:38)
 おいしいピザに仕上がり、真夜中近くまで、義父の昔の思い出話で盛り上がり、楽しい夕べとなりました。今夜は友人たちとミジャーナに泊まります。投稿は携帯電話からです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-24 18:59 | Famiglia | Comments(6)

真の日本語・外国語の力をつけるには

 大学入試の国語の問題でいくら高得点が取れるように勉強しても、それでは日本語の力はつかないということを、おもしろおかしく短編小説の形で書いた清水義範の『国語入試問題必勝法』を、先輩の先生に借りて読んだのは、ちょうど初任の高校で、国語を教え始めた年だったように覚えています。

f0234936_931082.jpg

 日本語能力試験もまた、センター試験同様に、選択肢の中から正解を選んで、日本語の力を知ろうとするのですが、そのためわたしが日本語を教える生徒さんも、どうしても語彙・漢字・聴解・文法など、日本語という言語のさまざまな側面を文脈なしに取り出して、さらに選択肢の中から選んで答えるような問題集を購入して、次々に解いて、今年12月の試験に向かって学習しています。

 けれども、サッカーで強くなるのに、速く走れるために走る練習や、筋力を鍛えるための訓練をするだけではだめで、サッカーの練習試合が必要であるように、言語も、ばらばらにした部分だけを勉強しても、実際に生きるためにその言語を話したり、読んだり、書いたり、聴いて理解したりする力が育ちません。理想的な形で、日本語の力をつけていくには、まずは読解を重ねて、長い文章を自分で書いてみることだと、宿題をずいぶん前から出しているのですが、つい楽な方、すぐ手がつく問題集の方に、生徒さんが走ってしまい、作文を書かぬまま2か月経ってしまったので、わたし自身も反省しつつ、今日は少々お説教をしました。

 ただ忙しい中時間を見つけ、お金がかかっても個人授業で学ぼうという熱心な生徒さんに、見習わなければいけないなとは、つくづく感じています。本当はわたしも、フランス語の再勉強をしたいし、わたし独特の弱点に気づいて、効果的な方法で指導をしてくれるいい先生につく必要があると感じて、同僚のフランス語の先生に、もうずいぶん前から個人授業をお願いしているのですが、忙しくて時間が取れないとのことなのですが、それも言いわけに、すっかりフランス語の勉強をさぼってしまっています。

 レストランでも、食べたいものや払ってよしとする金額が人によって違い、また、何か特別なお祝いのためか、それともただ空腹がしのげればいいのかなど、目的によっても選ぶ店が違ってきます。語学学校の授業をグループで受けるのは、確かに割安なのですが、ちょうどレストランで、観光客が食べたいものを適度な値段でさっと食べられるように用意した観光客メニューを頼むようなもので、そこそこに学ぶことはあり、そこそこに満足はできるけれども、どこかレベルが合わなかったり、自分には分かっていることや興味がないこと、簡単すぎることを、他のクラスメートが興味があったり必要としているがために、長い間聞かなければいけなかったり、あるいは逆に、難しすぎてついていけなかったりということもあるでしょう。

 一度、ペルージャの語学学校で英語の授業に通い、上級というにはあまりのレベルにあきれて、1か月ほどでやめたことがあるのですが、そういう経験があるために、フランス語の授業は、たとえお金がかかっても、自分が信頼できる先生に、個人的に教えてもらおうと考えていますし、自分が日本語や英語、イタリア語を個人授業で教えるときも、個人授業だからこその長所を生かして、生徒さんの苦手なこと、興味があることや、好きな勉強法などをうまくつかみ、それぞれの生徒さんの学習目標が達成できるように、工夫しています。

 「今日は、今日までに卒業論文を35ページ書いてくるように担当教官に言われていて、日本語で書く時間がなかったんです。」と言う生徒さんは、また、昨晩はそのために、午前2時半まで起きていたそうです。それに、つい最近までは、次々に大学の試験の勉強をし、試験を受けていたので、そのための勉強で大変でした。そうなのですが、せっかくやる気はあるのだし、漢字の練習や問題集は、時間を取って少しずつ解いていっているのだから、文章もきちんと少しずつ書く習慣をつけるように、宿題の出し方を工夫するつもりでいます。読解については、わたしがすでに入手した問題集がよさそうなので、生徒さんもそれを購入して、勉強するつもりだと言い、また、好きだという村上春樹の短編小説集を渡して、うちで少しずつ読んでみるように勧め、今日の授業中に最初の1ページをいっしょに読んでみました。漢字を読むには苦労するものの、字面を追って内容はだいたいつかめるのですから、たいしたものです。

 おととしは日本語能力試験のN4、昨年はN3を受験して、いずれも着々と合格した生徒さんは、今年はN2を目指して勉強しています。試験に合格できることはもちろん、それだけではなく、総合的な確たる日本語の運用能力がつくように、授業をしていけたらと考えています。

 写真は2009年3月に京都の渉成園で見かけた馬酔木の花です。日本庭園にあるイタリアの国旗の三色が美しい木ということで、この記事に使ってみました。

***********************************************
Albero di pieris japonica in tricolore della bandiera italiana
nel giardino Shosei-en, Kyoto, Giappone 29/3/2009
***********************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-23 23:59 | Insegnare Giapponese | Comments(4)

日本食材をアマゾンイタリアで

 ペルージャで和食のための食材をそろえるのは大変です。先週の火曜、同僚の先生方から、アマゾンイタリアでコーヒーを注文すると安くて便利だという話を聞き、翌日、水曜日に、「ひょっとしたら、みそやしょうゆもいい値段で買えるかもしれない。」と、調べてみました。

 すると、ペルージャであちこちの店を回って、苦労して手に入れなければいけないのと同じ値段、あるいは若干安い値段で、キッコーマンの1リットルのしょうゆ瓶や、有機のみそ・昆布が売られているではありませんか。最近は、昆布やみそがほしいと思いつつ、そのために行くのがめんどうな場所に出かけるのをためらっていたため、すぐにいろいろな品物を注文しました。2か月に1度など、今後も定期的・継続的に同じ商品をうちに発送してもらえるように手配すれば、値段がさらに割引になったのですが、これからも購入するかどうかは、一度受け取った商品をじっくり見て、使って試してから決めることにしました。

f0234936_647680.jpg

 今回購入した商品とその値段は、以下のとおりです。

Acquistati su Amazon.it il 15 febbraio
- Kikkoman Salsa di Soia - 1000ml 9,30 euro
- Aioi Condimento Hon Mirin- 600 ml 8,70 euro
- Mori-Nu Tofu Extra Compatto - 3 pezzi da 349 g [1047 g] 8,40 euro
- Probios Miso di Orzo - 390 gr 7,39 euro
- Probios Alghe Kombu - 1 Pezzo 7,85 euro

 アマゾンのサイト上では、本や家電の値段が株価のように変動するのですが、上記の食材は、現在は、先週わたしが注文したときと同じ料金で売られていました。

 アマゾンプライム会員になっていることもあり、水曜の午後1時22分に頼んだ商品が、翌日の午後2時過ぎには到着し、配達の迅速さに感心しました。ちょうど仕事で学校に向かおうと、車庫の扉を開けたとたんに、配達トラックがうちの前に止まったので、受け取った小包は車庫の中に置いて出勤し、帰宅してから開封しました。

f0234936_7481257.jpg

 ご覧のように、梱包はびっくりするほど厳重で、どの商品も無事な姿を保っていました。みりんの瓶は、左の背の高い段ボール箱に入っていました。

 最近はイタリアのスーパーでも、有機の豆腐が手に入るようになり、基本的には、できるだけ有機栽培の食品を購入するようにしているのですが、今回購入したキッコーマンのしょうゆと森永の豆腐は、有機ではありません。しょうゆは、中心街のマクロビオティックの店で、有機のしょうゆを買いたいと思いながらも、店に行く時間が見つからず、せっかく行ったら閉まっていたことがあって、営業時間が分からないため行く気が失せ、最近は、スーパーで手に入る割高の小瓶入りのキッコーマンしょうゆを購入していたので、それよりもずっと割安だからと注文しました。森永の豆腐は、森永の英語のページで、使用大豆は有機ではないけれども、遺伝子組み換えではないことを確認し、以前にペルージャ郊外の店で買って、なめらかで柔らかくおいしいことを知っていたので、おいしさに魅かれて、たまにはと購入しました。豆腐の箱自体には、遺伝子組み換え大豆は不使用とは書いていないのですが、サイトにはそう明記してあったので、信じていい情報であることを願っています。

 大豆ではなく、オオムギ(orzo)のみそを注文したのは、有機食品でかつアマゾンが直接販売しているために、送料がかからない商品がこれだけだったからのように記憶しています。けれども、瓶を見ると、原材料に、オオムギ41.8%、大豆41.8%とありますから、オオムギと同じ分量の大豆が使用されています。昨日このみそでみそ汁を作ると、みそ自体は、日本の市販のみそに比べて若干酸味が強いような印象を受けましたが、みそ汁はおいしく仕上がりました。

 日本食材が楽に手に入る町にお住いの方は、店で選んで買われると思うのですが、もしペルージャなど、地方に暮らしていて、日本などで調達した調味料を切らして困っているという場合は、こんなふうにアマゾンイタリアで注文するのも、便利だと思います。

*******************************************************************
A Perugia è difficile trovare gli alimenti giapponesi nei negozi e quando li trovo, sono molto cari ed è faticoso portare la spesa pesante. Così la scorsa settimana li ho ordinati su Amazon.it. Sono arrivati il giorno dopo ed è molto comodo.
*******************************************************************

関連記事へのリンク
- 異国で和食は高くつく - ペルージャ、Il Chicco IntegraleとGiòに日本の食材あり (18/11/2010)
↑↑ 7年前にGiòで、7.5ユーロだったキッコーマンしょうゆ1リットルは、後に9~10ユーロに値上がりし、やがて店で見かけなくなってしまいました。駐車が不便なので、めったに足を運ばないため、たまたまないときに行ったのかもしれないのですが。
- 白トウフのパスタと豆腐・しょうゆ選び (20/10/2014)
- 新登場! Coop有機・菜食食品 (6/3/2014)
- 高いのか高くないのかそのみかん (30/10/2014)
↑↑ 値段は高いものの有機栽培の食品がそろうNaturaSìについて書いています。ただ、わたしの運転技術では、一人では運転して行くにも駐車するにも難度が高く、一度夫と行ったきりです。
- ローマでそば発見! (14/11/2011)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-22 23:59 | Gastronomia | Comments(2)

アルノ渓谷の絶壁、トスカーナ

 西部劇で荒野の間に並んでいそうな奇妙な形の岩山が、トスカーナ州の麦畑やブドウ畑のすぐ近くに、あちこちにそびえている、そんな不思議な場所を、日曜日に訪ねました。

f0234936_952483.jpg
Balze, Castelfranco di Sopra (AR) 19/2/2017

 こういう岩山が、トスカーナ州アレッツォ県のフィレンツェ県との州境に近いカステルフランコ・ディ・ソープラという村のはずれのあちこちで、木々や畑の間から顔を出しています。

 
f0234936_912185.jpg

 いつだったか、週末に出かけようと候補地を探したとき、おもしろそうなイタリアで最も美しい村を探していて、夫が見つけた村の一つが、この村でした。確かそのときは、夫はミジャーナで作業が、わたしは仕事があって、結局はどこにも行かないことにしたような気がするのですが、日曜日は、夫がこの村を訪ねる候補に挙げた理由が思い出せない状況で、行ってみました。2月半でしかもちょうど昼休みの時間帯だったからか、村の中心街では、多くの店が閉まっていて、外を歩く人がほとんどいません。バールで観光情報を尋ねたら、ぜひここを歩いてみたらと村の人に勧められて、やって来たのが、この珍しい断崖が並ぶ場所です。

 地形が独特である上に、のどかな田園風景との取り合わせも妙で、散歩が楽しかったです。今、記事を書く前にざっと調べたら、この地形が生まれた事情が何だかとてもおもしろそうなので、また今度時間があるときに、ゆっくりご紹介できたらと思います。

 昨日、月曜の夕方から、ロマーニャの女友達二人が、ミジャーナに泊りがけで遊びに来ています。と言っても、わたしたちは仕事があるので、友人たちはミジャーナに滞在していますが、わたしたち二人はペルージャで寝起きしています。今日は夫は有給休暇を取って、二人とラッツィオ州などに遠出しました。わたしは昨日も今日も、午後どうしても抜けられない仕事があったので、まだ友人たちには会っていません。昨年の報酬をまだ払ってくれない業者二つに、再度請求書を送らなければと思いつつ、この春の観光などの通訳の見積もり依頼をいくつかいただき、そのためにメールを交わしたり、現在教えている生徒さんはもとより、将来教えることになるかもしれない生徒さんとのメールのやりとりもあったりして、その請求メールの送付が後回しになってしまっています。本来は復活祭前に行われるはずの教区司祭代理を務める修道士さんの各家庭を回っての祝福が、明日の午後うちである予定ですので、明日の朝は掃除に励み、そのあと、すぐにでもこの請求メールを書いて送付したいと考えています。

************************************************
Balze, Castelfranco di Sopra (AR), Toscana

Sembra un paesaggio da film western,
pure queste balze spuntano tra i campi di grano e le vigne
del Valdarno Superiore. Meraviglia della natura.
************************************************

参照リンク
- it.wikipedia.org - Balze del Valdarno
- it.wikipedia.org - Lago pliocenico del Valdarno Superiore

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-21 23:59 | Toscana | Comments(0)

ありがとさよならプリンター

 学校から来た連絡メールを先ほど印刷しようとしたら、電源プラグをコンセントに差し込んでスイッチを入れても、プリンターがうんともすんとも言いません。どこかの差し込みや接続が甘くて、すぐには電源が入らなかったことは、これまでにも時々あったのですが、接続が甘い可能性があるところをすべてきちんと差し込み直しても、何の変化もありません。夫も途中で見かねて、いろいろ試してくれたのですが、どうやらACアダプターが壊れてしまったのではないかとのことです。

f0234936_6295231.jpg

 最後に使ったのは金曜の晩で、そのときまでは特に問題もなく使えていたので、ひょっとしたらまた何かの拍子に使えるようになるかもしれないと最後の期待を捨てず、プリンタはまだ机の上に置いてあります。日本を発ち、イタリアに留学してからデスクトップパソコンを買うまでの間、活躍してくれていた東芝のノートパソコンは、日本で購入した海外保証があるパソコンだったのですが、それを使用するためのACアダプターが2、3年に一度は壊れて新しいものを購入していたため、それを考えると、ノートパソコンと違って、しばしば持ち運ぶわけではないと言え、かなり長い間元気で働いてくれたと思います。

 ペルージャ外国人大学で、外国人へのイタリア語・イタリア文化教育を専攻する学士取得課程に通っていた頃、その卒業論文を書くのに、このプリンターを利用した記憶があるので、2005年にはもう使っていたはずだと古い家計簿を調べると、

f0234936_711227.jpg

2005年2月26日に99ユーロで購入したときの領収書も、家計簿にきちんと貼ってありました。購入してから約12年間、大学の卒業論文やレポートをはじめ、大学や学校などで日本語を教える際のプリント作りに、翻訳の仕事に、またコピーにと、さまざまな場面で活躍してくれました。提出が急を要する仕事があるときに、インクや紙が切れてしまい、ひどく困ったこともあるのですが、今回は幸い、すぐに印刷が急を要する文書があるわけではなかったので、助かりました。

 今調べてみると、同じメーカーの型番号が違うプリンター用のACアダプターは、アマゾンイタリアで、一番安い物でも送料込みで30€近くします。わたしが購入した頃に比べると、プリンターの値段がかなり下がっている上、12年前に購入したプリンターは、これからあちこちに不具合が出てくる可能性もありますので、これまで特に問題もなく使えてはいましたが、新しいプリンターを買った方がいいような気がしています。

 マックブックに肩のリハビリに歯の治療にと、飛んでいくお金の多い今日この頃ですが、プリンターも大切な商売道具ですので、よさそうなものを選んで購入するつもりでいます。2月末が締め切りの仕事は、紙媒体でで提出するわけではないので、助かりました。

****************************************
Da ieri sera non si accende più la mia stampante.
Secondo mio marito sarà rotto solo l'adattatore,
ma poiché l'ho comprataha 12 anni fa e
potrò avere altri problemi in futuro,
ora penso di acquistare una stampante nuova.
Grazie mille per dodici anni di servizi.
****************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-20 23:25 | Altro | Comments(6)

桜色の空と湖、カスティッリョーネ・デル・ラーゴ

 今日は日の入りの頃、桜色に染まる空とトラジメーノ湖を、カスティッリョーネ・デル・ラーゴの湖畔で、愛でることができました。

f0234936_74825.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Castiglione del Lago 19/2/2017

 今にも日が沈もうという頃に、イタリアの最も美しい村の一つであるこの町に到着し、

f0234936_7512521.jpg

美しい眺めに感動しました。

f0234936_7523416.jpg
Immagine presa da google.it/maps

 カスティッリョーネ・デル・ラーゴまでわたしたちが夕日を見送りに来ることは、めったにありません。それは、この町がペルージャから遠い上に、トラジメーノ湖の西のほとりにあって、沈む夕日が湖畔からは見えないからです。

f0234936_759547.jpg

 北の湖畔に近いマッジョーレ島やミノーレ島は、ふだんは北のほとりにあるトゥオーロやパッシンニャーノから眺めるのですが、今日は西の湖畔から、いつも目にするのとは反対側を見ることができて、興味深かったです。

 波や風が湖面に描く不思議な模様も、桜色に染まっています。

 名残惜しくて、わたしはいつまでもこの美しい湖を眺めていたかったのですが、沈んでしまう夕日を見送ろうと言う夫の後について、小高い丘の上にある中心街へと向かう坂を上りました。

f0234936_831185.jpg

 残念ながら、ようやく夕日が見えるところまで着いたときには、太陽が山の向こうに姿を消した直後でしたが、オレンジ色に輝く美し空を見ることができました。

********************************************
Bellissimo il colore del cielo e del Lago Trasimeno
oggi a Castiglione del Lago al tramonto. 19/2/2017
********************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno
- 湖畔の町へドライブ / Passeggiata a Castiglione del Lago
- フェラーリがいっぱい / Raduno di Ferrari a Castiglione del Lago
- トラジメーノ湖とドン・マッテーオ / Passeggiata al Lago Trasimeno, Castiglione del Lago

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-19 23:59 | Umbria | Comments(8)