<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ざわつく心、瞑想と美しい村、ローロ・チュッフェンナ

 「障害物競走では、走るときに障害物ではなくて、障害物の先を見て、飛び越えて進まなければいけないのであって、だから人生においても、日々いろいろ突き当たる問題よりも、その先、自分が目指したいものの方に視線を向けて生きる必要があるんですよ。」

 というようなことを、だれかの言葉を引用しながら、昨晩プージャ・クリスティーナが説明していたのが印象に残りました。最近のディーパク・チョープラの瞑想講座では、よく「集中」、「注意」、「意識」する必要とその大切さが語られます。おかげでしばしば、昨年だったかペルージャで聴いた仏僧の教えを思い出します。

 「1ユーロと百万ユーロでは、できることに大きな違いがあるように、集中力も、気が散っている状態と、十分に集中できている状態とでは、成果がかなり違ってきます。」

 ばたばた過ごし、真夜中前に慌てて5日遅れの瞑想講座を受講し、昨晩など、教えだけ聴いて瞑想部分と日記での内省を割愛し、さらにプージャの話は、インターネットで他の作業をしながら聴いてしまっていたわたしは、これではいけないと反省しています。今日は午後10時頃、聴くことに専念したのですが、それでもディーパクの心を聴きながら、そして瞑想というか心を無にしなければいけない時間に、ついあれこれと関係のないことを考えてしまって困ったものです。何かやりかけのことや、しなければいけないことがあることを気にしていたり、過ぎたことを悔やんだりして、そうやって気が散ってしまうのであり、集中、そして、一つひとつのことをするときに、注意を払って、意識することの大切さを思います。

f0234936_811572.jpg
Torrente Ciuffenna, Loro Ciuffenna (AR), Toscana 19/2/2017

 写真は今日訪ねたトスカーナ州アレッツォ県のローロ・チュッフェンナという村です。イタリアで最も美しい村の一つです。写真はチュッフェンナ川で、この川はこの先、ローロ・チュッフェンナの中心街を通って、その後まもなくアルノ川に注ぎ込みます。

f0234936_8335890.jpg

 川辺の大きな石の上に立ち、上流である右手を見ると、こんなふうに勢いよく、耳に心地よい音を立てて、川が流れてくるのですが、ほぼ同じ位置から左手を見ると、川幅が広くなっているためか、水の流れは穏やかで、空の雲や木々の影が、水面にきれいに映っています。

 心がざわざわしていては、瞑想も集中もできないので、もっと心を落ち着けなければいけないし、そのためには、仕事でも家事でも、心の問題でも、一つひとつきちんと片をつけていく習慣をつけなければいけないと感じています。

 実は今日は、以前から気にかかっていた不良品を、購入した店で、ようやく別の新しい商品と交換してもらい、そのために、出発が遅くなりました。それなのに、かなりの確実で、この村に着いて車から降りたときに、うっかりその小さい商品が箱ごと車から落ちてしまい、おそらくは道路上あるいは道端に転がったような状態のまま散歩を終えて村を発ち、どこか車の中にあるのではないかと、ドライブ中およびペルージャに戻ってから探したのですが、どうしても見つかりませんでした。実は村の道の傍らに駐車して、車を降りたときに、その小箱が車から道路に落ちるのが目に見えたような気がして、大きな音がしたのに、音のする方を見たら、目に入ったのはケースに入ったカメラで、さっと見ると周囲には小箱はなく、それでカメラだけ拾って、小箱のことは車内にあるのだろうくらいに思って、気にせずにいたのです。虫の知らせか、散歩を終えて車に乗り込んだときにも小箱を探したのに、どういうわけか、そのときはひょっとしたら交換をした店に置き忘れたか車内にあるかのどちらかだろうと思い、まだ駐車していた車の周囲をよく探すということを怠ってしまいました。金額は19ユーロの商品なのですが、夫はそのために旅の出発が遅れたことを気に病んでいたこともあって、それなのになくしたということが気にかかるようです。もっと注意をしていれば落とすこともなく、見つかったかもしれないのにと、わたしも残念です。

 もし店で何か別の商品も買っていたら、きれいな紙袋か何かをもらっていっしょに入れていただろうから、こんなふうに落とすことはなかっただろうに、など思い、結局今晩も瞑想講座を聴きながらついこんなことを考えてしまいました。

 のんびり読み続けているディーパクの本にも、未来は変えることができるし、未来に対して希望を持つのはいいけれども、現在置かれている状況はすでにそうなってしまっているのだから、それを嘆いても仕方がないと書かれていて、本当にそのとおりです。日々の一つひとつのささいなことにも、もっと注意を払いなさいという教え、もっと心を落ち着かせなさいという教えをもらったのだと、思うことにします。

f0234936_851516.jpg

 かつて栗の実を挽いて粉にしていたというこの古い水車小屋が、いくつもの滝を経て、村の下方の岩の間を流れる川と共に、ローロ・チュッフェンナの観光名所です。

 日なたと影の明暗の差が大きいために、写真では村や川の魅力を伝えるのが難しいのですが、右手に見えるかつての水車小屋の流れ落ちる水の上に、

f0234936_913895.jpg

きれいな七色の虹が見えてうれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-18 23:59 | Toscana | Comments(5)

エトルタびっくりトンネル、ノルマンディー

 どこまでも果てしなく続くエトルタの白い断崖の上を行く遊歩道のうち、わたしたちが歩いたのはごく一部なのですが、途中で他の人たちが皆下へと向かっている地点があり、帰り道にわたしたちも、その方向へと降りてみたら、断崖の下にある海岸に着きました。

f0234936_8255765.jpg
Étretat, Normandie, France 18/6/2016

 海岸は、まるで火山の噴火でできたかのように穴だらけで、ひどくでこぼこの不思議な岩がどこまでも続いています。

 バス停に戻るには、再び急な道を登って、断崖の上まで戻らなければいけないのかと思っていたのですが、

f0234936_8364628.jpg

夫が巨大な岩壁に、穴が開いているのに気づきました。

f0234936_8332871.jpg

 穴の向こうに光が見えるので、中に入って歩いてみました。奥に見える日の光だけが頼りです。

f0234936_8414133.jpg

 穴を抜けると、陸から海に向かって突き出している岩壁の反対側に出ました。
 
f0234936_8434472.jpg

 青い海が広がり、ここでは浜は岩ではなく、小さな小石がたくさん集まって浜を形成しています。

 人の後について断崖を下りたときも、トンネルを通ったときも、思いもしなかった景色が目前に広がり、思いもよらない場所に出たので、びっくりしました。

******************************************************************
Avventura ad Étretat, Normandia, Francia 18/6/2016

- Seguendo altri turisti, siamo scesi verso il mare per una scala assai ripida sulla parete della scogliera. Sotto i nostri piedi si estendeva una roccia piena di buchi piccoli e grandi, poi mio marito ha trovato un buco sulla parete, ci siamo entrati e dopo aver camminato nella galleria stretta, eravamo di nuovo sulla spiaggia di sassolini, in fronto al bellissimo panorama.
******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- エトルタの白い断崖青い海、ノルマンディー / Étretat e le sue Scogliere
- エトルタと仏映画、『愛しき人生のつくりかた』 / Étretat & film, “Les Souvenirs”
-映画、『わたし、クロード・モネ』とモネの絵・映画に見えるノルマンディーの風景 / Film, "Io, Claude Monet" & paesaggi della Normandia

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-17 23:59 | Francia & francese | Comments(4)

バレンタイン

 イタリアのバレンタインは、女性が男性にチョコレートを贈る日ではなく、両思いの恋人同士や夫婦が、いっしょにいられる喜びを二人で祝う日です。主に男性から女性に何か贈り物をしたり、いっしょに特別な食事をしたりする、そういう日です。そのため、特に2月に入ってから、いろんな温泉施設やレストランから、バレンタインデー用のスパ・サービスや夕食の案内が 来ていました。

 夫は、以前から訪ねたかったラッツィオ州の邸宅の庭園を訪問できるのが平日だけだと知って、今年のバレンタインには、有給休暇を取り、1泊2日でその庭園を訪ねたいと考えていました。バレンタインだからと特に何か祝うことが、近年はなかったので、その気持ちはうれしかったのです。ただ、火曜はわたしが朝は肩のリハビリ、午後は学校の仕事がある上、2月末が締め切りの仕事の日々のノルマも多く、さらに、肩の痛みで長距離ドライブや自宅以外のベッドで眠るのはつらいからと、庭園を訪ねるのは花も美しかろう春以降にして、バレンタインデーはペルージャで過ごすことに決めました。

 そうして、二人とも興味があったモネのドキュメンタリー映画が、2月14日・15日の2日間のみ上映だと知って、確実に見るために、14日に見に行こうと、わたしが提案しました。14日、朝カイロプラクティック院に療養に通うと、若い理学療法士さんが、施術の最中に、バレンタインに何をする予定かと尋ねます。彼自身は、彼女に花を買ったそうで、「今夜の夕食も予約したいけれど、今から間に合うかどうか心配で」と言っていました。

 わたしは月曜の夕方、英語の授業から帰ってすぐに、こっそりケーキを焼くつもりだったのですが、わたしの帰宅後、夫もすぐに帰ってきたために、焼くひまがなく、火曜は朝はリハビリに行き、昼食の後はすぐ学校の仕事で、帰宅後は身じたくして夫と映画館に直行したため、贈り物を準備しそびれてしまいました。映画館に行く直前、

f0234936_721392.jpg

夫がこちらのかわいらしいリンツのチョコレートを贈ってくれて、とてもうれしかったです。わたしも夫も、リンツのミルクチョコレートが大好きなのです。ピンクはわたしの好きな色で、形がハートなのもうれしかったです。

 花を切ったり摘んだりするのはかわいそうだという思いもあるので、花よりチョコレートの方がうれしいことを、夫も知ってくれているのでしょう。五つ入っていたチョコレートは、わたしが三つ、夫が二つ、仲よく二人で分けて食べました。昨晩、映画が終わったのはちょうど夕食の頃だったのですが、バレンタインでどこも店がいっぱいなのではなかろうかと、わたしたちはうちでふつうに夕食を済ませました。

 バレンタインだからと言うのではなく、いつも何かにつけていっしょに湖やどこかの町を訪ねたり、外に食べに行けたりする、そういう日々が過ごせることがありがたいと感じています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-16 22:39 | Feste & eventi | Comments(4)

格闘MacBook

 仕事上の必要に駆られて購入した初めてのアップルパソコン、MacBookを使い始めてから20日が経とうとしています。仕事の締め切りが2月末に迫り、パソコン選びにかなり時間を費やしてしまたわたしは、現在その分も取り返そうと日ごとのノルマを決め、MacBookに向かっています。少しずつ使い慣れてきたのですが、それでも、日本語で文書を作成中にどうキーボードで打てばコロン(:)を入力できるのかが分からぬばかりに30分ほど悩んだり、念のために保存しようとした文書が、突然画面から消えて困ったり、まだまだ慣れぬがゆえに、つまらないことに時間を取られてしまっています。

f0234936_5391080.jpg

 同僚の先生方もやはりWindowsからMacへの移行に今も苦労されているようで、それでも、いろいろと教えてくださいました。Windowsであれば日本語入力中に「コロン」と書けば、変換の選択肢に「:」の記号が現れるので、それを選べばいいのですが、うちで作業をしたときは、コロンの入力法が分からぬばかりに時間を取られてはいけないと、結局「コロン」で検索をして、現れたページにあった記号をコピーして貼りつけました。学校で尋ねたら、イタリア語入力にすればキーボードから簡単に記号が入力できると教えていただき、入力言語をそのためだけに変えるのはめんどうなものの、いちいちコロン記号を探してコピー・ペーストするよりも、ずっと楽です。

 保存するつもりで文書を閉じてしまったり、なぜかコピーを作成したりしていたのは、トラックパッドを使い慣れないために、指を「保存」まで運んだつもりが、その近くにある「閉じる」や「複製」に運んでしまっていたのだと気づきました。

 今後も文書を作成しながら使用法を学び、かなりの時間をかける覚悟で臨むべきか、それとも、作業効率を上げる工夫ができないかと考え、結局月曜の深夜に、Windowsからの乗り換え組へのMac入門書を日本から取り寄せることにしました。日本語の生徒さん用の新しい問題集を購入する必要があったので、これで仕事がはかどるのであればと、ついでに買ったのです。やはりマウスもあった方が作業が楽で早くなるだろうと、今日はマウスも注文しました。

 作業中に分からないことがあるたびに、いちいち検索して調べたり、自分であれこれ試していては、作業が先に進まないので、届く予定は2月20日とまだ先ではありますが、本が、最後の1週間に仕事の効率を上げ、Macでの作業に慣れるのを助けてくれることを期待しています。

 12インチのMacBookはちびっ子ですが、作業が遅いのはわたしが慣れないからで、本の助けも借りて、早くもっと使いこなせるようになれればと考えています。よく分からぬままに使いながら勉強していると言えば、実はカメラもそうで、カメラについていた使用説明書にはイタリア語の説明は数ページしかないので、まずはオンラインで、詳しい使用説明書を探すところから、これも始めなければいけません。

関連記事へのリンク
- 大決断MacBook選び、お披露目箱入り娘

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-15 21:47 | Altro | Comments(2)

映画、『わたし、クロード・モネ』、イタリアで今日明日上映

f0234936_911929.jpg
Stagno delle ninfee, casa e giardini di Claude Monet, Giverny 16/6/2016

 印象派の大家、モネの人生を描くドキュメンタリー映画が、今年イタリアで2月14日・15日の2日のみ上映されます。初日の今日、さっそく見に行ってきました。イタリア語版の題名は、『Io, Claude Monet』で、日本語に直訳すると、「わたし、クロード・モネ」です。

 画面には、モネの作品およびその作品を描いたであろう場所の映像が流れ、モネが若い頃から晩年まで、友人・知人などに書いて送った手紙を読み上げることを通じて、手紙ですから当然「わたし、モネ」が、その時々にどんな精神的・経済的状況に置かれていたか、芸術や家族、自然に対してどんな思いを抱いていたかが、語られていきます。


 もともと印象派やモネの絵が好きである上に、昨年、ノルマンディーでモネの家と庭園をはじめ、モネゆかりのさまざまな場所を訪ねたばかりなので、夫もわたしも興味深く見ました。

f0234936_8254023.jpg
Étretat, Normandie, France 18/6/2016

 エトルタの海に切り立つ美しい白い断崖も、モネのさまざまな絵画と共に紹介されました。

f0234936_8424424.jpg

 夕日が沈む頃の空と海の美しい色を見て、いつかまた夕日の頃までじっくり滞在を楽しめたらと思いました。

f0234936_847512.jpg
Honfleur, Normandie, France 18/6/2016

 オンフルール(Honfleur)は、夫が旅行ガイドを見て、風景や町並みに魅かれて行ってみたいと言うので訪ねたのですが、ここもやはりモネが訪ねていて、しかも風景に心を動かされ、絵心を刺激されていたらしいと知って、驚きました。

f0234936_8473590.jpg
Le Havre, Normandie, France 18/6/2016

 旅行中にル・アーヴルを訪ねたのは、そもそもはわたしの希望でエトルタを、夫の希望でオンフルールに行くことにしたものの、公共の交通機関を使っての旅でもあり、毎日宿を変えるより、どちらにも便利のいい場所に宿を取って、そこからバスで行こうと決めたからです。映画ではモネが印象、日の出の絵を描いたと思われる海辺の風景と、絵そのものの映像が流れました。残念ながらわたしたちがこの場所を訪ねたときは、どしゃぶりの雨でした。(詳しくはこちら

f0234936_855125.jpg
Rouen, France 15/6/2016

 モネが何度描いても思うように絵が仕上がらず苦しんでいると書簡で告げたルアンの大聖堂も、訪ねました。映画では、モネが描いた大聖堂のさまざまな絵が紹介されましたが、この写真は、ルアンの美術館にあった作品を撮影したものです。

f0234936_858276.jpg
16/6/2016

 ノルマンディーで旅行中、モネが何度も描いたルアンの大聖堂に、モネの睡蓮の絵をモチーフにした映像が映し出され、それはきれいだったので、感動しました。

 冒頭の写真に写る睡蓮の池があるモネの家と庭園を、わたしたちはルアン滞在中に、ルアンから電車で日帰りで訪ねました。

 そもそもわたしたちが昨年6月ノルマンディーに出かけたのは、信仰心のそれは厚い友人たちに、モンサンミシェルとシャルトルへの旅に誘われたことがきっかけでした。テロの危険もあり、肩は痛み、目にも問題を抱えていたわたしは、医者から行かない方がいいと言われたのですが、モンサンミシェルにもともと興味があった上に、5月下旬に、映画でモネの庭園の映像を見て(詳しくはこちら)、どうしてもすぐにジヴェルニーのモネの庭を見たいという思いが募ったためです。

 今晩の映画は、その映画、『モネからマティスまで。近現代庭園を描く芸術』に比べると、モネが自らの生活苦や芸術家としての不安などを語ることが多いがために、重く暗く単調にはなりがちでした。モネの絵画が美しく、自分たちが訪ねた場所や見た絵、モネの人生・心に触れられて、わたしたちには興味深かったのですが、モネ自らの手紙の言葉と絵・風景を通して、モネの人生を語ろうという手法が終始一貫して取られているために、何かドラマのようなものを期待して見てしまうと、がっかりされるかもしれません。今はこれだけ世界中で愛される画家、モネでさえ、若い頃こんなに評価を受けられず、貧困に苦しみ、また、将来の不安に襲われていたのだと驚きましたが、だからこそ、彼の絵には深みがあり、繊細な感受性を持つからこそ、絵があんなにも美しいのだろうと感じました。

*******************************************************************
Film, "Io, Claude Monet" fino a domani, 15 febbraio al cinema

- Pensieri, sofferenze e passione per lavoro dell'artista straordinario attraverso le sue parole nelle lettere, le sue opere e le immagini dei luoghi da lui dipinti.
*******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- エトルタの白い断崖青い海、ノルマンディー / Étretat e le sue Scogliere (18/6/2016)
- 仏映画、『愛しき人生のつくりかた』 / Film, “Les Souvenirs” (13/7/2016)
- 幻想美、夜のルーアンと大聖堂/ Cathédrale de lumière à Rouen (16/6/2016)
- モネの庭、ジヴェルニーに記念日に / Anniversario nel giardino di Monet a Giverny (16/6/2016)
- 印象派の電車、ノルマンディー2016 / Treno dell'Impressionismo, Normandia 2016 (6/2016)
- モネと睡蓮、近現代絵画と花・庭園@明日までイタリア映画館で上映 / La Grande Arte al Cinema "DA MONET A MATISSE. L'arte di dipingere il giardino moderno"

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-14 23:59 | Film, Libri & Musica | Comments(4)

La Dolce Vita、湖畔にしゃれた壁画

 土曜日、トラジメーノ湖畔を散歩したあと、駐車場に向かっていたら、いつの間にか、こんなしゃれた壁画が描かれていました。

f0234936_8485664.jpg
Bel murales a Passignano sul Trasimeno 11/2/2017

 魅惑的な黒髪の少女がにっこりほほえみかける横には、チンクエチェントがあり、後ろにはトラジメーノ湖や塔、時計塔など、パッシンニャーノの風景がうまく描かれています。背景が白黒で、前方だけが色も使って描かれているのは、映画、『甘い生活』に出てきた夜の場面を意識しているからでしょうか。時計塔の左上には、三日月が描かれています。

 少女がヴェスパに乗っているので、同時に『ローマの休日』も連想します。「トラジメーノで甘い休日を」と、絵が呼びかけているようで、雰囲気たっぷりでいいなと思いました。

f0234936_905053.jpg

 この壁の右手にはトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)が広がり、左手には道路を挟んで、壁画に描かれた塔や時計塔のある中心街があるため、実際の風景ではなく、パッシンニャーノの観光名所を上手に美しく取り込んで描いたものです。

 久しぶりに昼間に訪ねたおかげで、すてきな壁画が見られてうれしかったです。

関連記事へのリンク
- 湖畔の巨大フライパンと白鳥、パッシンニャーノ / Padellone e cigni al Lago Trasimeno, Passignano

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-13 23:59 | Umbria | Comments(6)

湖畔の巨大フライパンと白鳥、パッシンニャーノ

 昨日ご紹介したパッシンニャーノ(Passignano)は、イタリア中部で最も大きい湖、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の北の湖畔にある町です。

f0234936_5493947.jpg
Lago Trasimeno, Padellone & Isola Maggiore, Passignano 11/2/2017

 町の湖畔を、白鳥がいる岸辺に向かってしばらく歩くと、巨大なフライパンが現れます。写真にかかれている町のフライパン祭り(Festa della Padella)の料理を作るためのフライパンです。地方の食がらみの村祭りは、地元のおいしい食材を使ったおいしい料理を、安く食べられることが多いのですが、大混雑で長い間待つこともしばしばであるため、わたしたちは敬遠しがちで、この祭りにはまだ参加したことがありません。写真中央、フライパンの柄の下には、昨日の白鳥たち2羽が小さく見えています。

f0234936_64465.jpg

 と言うのも、このフライパンの向こうに、昨日の写真にも見えたこちらの桟橋があるからです。冬は激しい北風が雲を吹き散らし、空が晴れわたる、こういう日が時々あります。こんな日は、湖面が青空や桟橋を鏡のように映して、それはきれいです。

f0234936_6114583.jpg

 白鳥がこの辺りにいるのは、心優しい地元の若者が、毎日餌を置いてやる場所が、すぐ近くにあるからです。本当は白鳥の数はもっと多く、餌は皆が十分食べられるだけやっているのに、つがいになったこの2羽の白鳥が、他の仲間を追い払ってしまうようで、他の鳥の姿が見えないと、若者が言っていました。写真には白鳥(cigno、複数形はcigni)といっしょに、黒く小さい愛嬌のあるオオバン(folaga、複数形はfolaghe)たちもたくさん写っています。

f0234936_6162453.jpg

 パッシンニャーノは、マッジョーレ島(Isola Maggiore)の近くにあり、島行きのフェリーが出る港があります。青空の下、島で散歩をしたいのはやまやまでしたが、この日は夫はミジャーナで、わたしはうちでしなければいけない作業や仕事があり、昼食までに帰れる場所でと、うちから車で約30分の湖まで来ていたため、あきらめました。

 きれいな風景と白鳥を眺めていたら、ちょうどフェリーが島を出て、パッシンニャーノに向かうのが見えました。

f0234936_6233153.jpg

 日の光にきらきら輝く湖面がそれはきれいです。写真の奥に、フェリーが発着する桟橋が、小さく見えています。

f0234936_631456.jpg

 こちらがその桟橋で、奥に見える建物の1階で、フェリーの時刻表をもらうことができます。観光客が多い夏は、ここで切符を購入してからフェリーに乗るのですが、他の季節はたいてい、乗船してから、乗客の間を回る切符販売係から、切符を買うことになっています。昨日も、この建物のガラス窓に、「切符はフェリー内で購入してください」と書いてあり、ドアは開いていて、窓口に時刻表が置かれていたものの、担当者はだれもいませんでした。

 昨日わたしたちは、湖畔のバールで朝食を済ませてから、まずはこの桟橋に向かいました。

f0234936_639662.jpg

 湖の水位を知りたかったからです。最近は雨が長い間降らないため、基準水位よりも20センチ下になっていました。それでも、水位が-142cmまで下がったのを見た数年前に比べると、今は水位がほぼ基準水位近くで安定し、夫もわたしもほっとしています。
 
 葉をすべて落とした木々にも、春を前に枝に芽が育ち、木や枝が心なしか、赤やオレンジに色づいているように見え、春の訪れがそう遠くないことも、感じることができました。

*******************************************
A Passignano
ci sono non solo cigni e folaghe
ma anche una grande padella.
Bellissimo il Lago Trasimeno,
sull'acqua calma si riflettono il sole e il cielo azzurro.
Belli pure i riflessi dei pali e delle colonne dei pontili.
Anche gli uccelli sembrano felici. 11/2/2017
*******************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 白鳥とトラジメーノ湖 / Cigni sul Lago Trasimeno, Passignano (11/2/2017)
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (4/6/2016)
- 湖の眺めも小路もいとをかし、パッシンニャーノ / Passeggiata a Passignano sul Trasimeno (7/2/2014)
- 白鳥がトラジメーノ湖に! / Famiglia di cigno sul Lago Trasimeno! (26/5/2013)
- おいしい魚と白鳥、パッシンニャーノ / Piatti squisiti, passeggiata & cigni, Passignano sul Trasimeno (8/5/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-12 22:49 | Umbria | Comments(4)

白鳥とトラジメーノ湖

 今日の朝は久しぶりにトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)を訪ねました。晴れた空の下、日の光があたたかく、穏やかな湖面がそれはきれいな空色をしています。

f0234936_822431.jpg
Lago Trasimeno, Isola Maggiore & cigni, Passignano 11/2/2017

 久しぶりにパッシンニャーノ(Passignano)を歩いて、白鳥たちに再会できてうれしかったです。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- トラジメーノ湖に行こう、JITRA連載第2回 / Andiamo al Lago Trasimeno (4/6/2016)
- 湖の眺めも小路もいとをかし、パッシンニャーノ / Passeggiata a Passignano sul Trasimeno (7/2/2014)
- 白鳥がトラジメーノ湖に! / Famiglia di cigno sul Lago Trasimeno! (26/5/2013)
- おいしい魚と白鳥、パッシンニャーノ / Piatti squisiti, passeggiata & cigni, Passignano sul Trasimeno (8/5/2016)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-11 23:59 | Umbria | Comments(2)

色も人も多様だから世は美しい、サンレモ音楽祭

 昨晩のサンレモ音楽祭では、Mikaが舞台で演奏を始める前に語った一言も、とても心に響き、また、世界の政治や人心がおかしな方向を向きがちである今こそ、こうした言葉を、多くの人に届けることが大切だと思いました。

 その言葉のイタリア語原文は、次の記事の冒頭の写真の下に引用されていますが、以下に日本語訳をご紹介します。


   「音楽にはぼくの心の色を変える力があります。
  白かもしれないし、青や紫、あらゆる色である可能性があります。
  あらゆる色であることは、とてもすばらしいことです。
  もしだれか世界のあらゆる色を受け入れたくないという人がいて、
  ある一つの色だけがより優れていて、
  ほかの色よりも多くの権利を持つべきだと考えたり、
  虹はあらゆる色を象徴するために危険だと考えたりするようであれば、
  そうですね、かわいそうなのはその人です。
  本当にね、そんなだれかには音楽なしで生きてもらいましょう。」
                    (「  」内は石井訳。意訳あり。)

 もう15年以上前、英語の勉強も兼ねて、日本でよく外国映画を見に行っていた頃、英国の映画の中に、障害を持つ人や同性愛の人が、ごくふつうの登場人物の一人として描かれていることが多いのに驚きつつ、日本でもこうでなければいけないと感じました。日本でも当時そういう人物が出てくる映画はあって、勤めていた高校などで全校生徒の前で、人権教育活動の一環として上映することは時々ありました。けれども、そういう映画では、障害を持つ人は差別に苦しみながら打ち勝ち、幸せをつかむ主人公である場合がほとんどでした。それはそれですばらしいのですが、そういう映画では、障害を持つ人が特別な存在として描かれがちで、一般的な映画やドラマに、ごくふつうの人として登場することがめったにないことが気になっていました。

 もう約20年近く前の米誌『TIME』に、ようやくハリウッド映画で、同性愛者を奇人や殺人事件の被害者ではなく、ごくふつうの愛すべき人間として描く映画が現れ始めていると語る記事がありました。記事では、ロビン・ウィリアムズら主演の映画、『バードケージ』(原題は『The birdcage』、イタリア語の題は『Piume di struzzo』)も、そうした作品の例として取り上げていました。映画は社会を映す鏡であり、社会の差別が映画に反映されるきらいがあるけれども、ハリウッドは本来は同性愛の人が多い場所でもあり、社会をよりよい未来に導く映画を作る責務があるのではないかといったようなことが、その記事には書かれていたように覚えています。上記の英国の映画を見て、わたしが感嘆したのは、こういう記事を読んでいたからです。

 同様にニュースやドラマで描かれるある国の人のイメージもまた、社会によって作られる一方で、多くの現象やありうる物語・人物設定の中で、ある特定の描き方・状況のみを選びがちなマスメディアの影響を、多く受けていると思います。マスメディアはまた、残念ながら、視聴率を上げるために、また、ある特定の政治家や政党に都合がいいように、妙に社会を震撼させるようなニュースばかりを選び、移民や外国人に対する偏見や差別を助長するような報道ばかりする傾向があるように思います。イタリアでは、皆が平和を、穏やかな毎日を望んでいるはずなのに、報道されるドラマの大半が推理ドラマで、しばしば殺人が起こり、また上映される映画にも、戦争にせよ西部劇にせよアクションにせよ、登場人物が、怒りに任せて、すぐに暴力や殺人に走る作品が多すぎると感じています。

f0234936_23404131.jpg
虹の立つ海、マルケ州フェルモ県ペダーゾ 2016/2/14

 平和や安全を望んでいるなら、どうして子供に戦争や殺人が出てくる映画やドラマを見せて、武器のおもちゃを買い与えるのかと言っていたのは、だれか思い出せませんが、マスメディアが売れればいい、私益につながればいいということだけではなく、自らの仕事が社会に及ぼす影響の大きさをもっと考え、よりよい世界を作っていくための報道姿勢や番組・映画・ドラマ作りというものを、もっと考えてくれたらと思うのです。

 画一的に何もかもだれもかもを一くくりにして差別を行う社会では、やがて差別や偏見の対象を増やしていき、さらに多くの人々に対して残虐な行為を行う恐れがあります。ナチスはユダヤ人を迫害したばかりではなく、精神病患者や身体の不自由な人々などの子供、約30万人を殺害したそうです。

 アメリカの新大統領はまた極端な例ですが、人の心の中には残念ながら、知らぬうちに自らの国や文化至上主義のようなものが住みついていて、そういう心が、不安や恐怖を煽られると、他国の人々や弱者への迫害につながる恐れがあります。昨日だったか、イタリアの知識人で、偏りが少ないと信じていたあるテレビ番組の司会者が、イタリアの絵画を指して、「この美が絶対的・普遍的であることは、でも間違いがないでしょう」と、そうではないと反論する招待客にかなり食い下がっていて驚きました。何を美しいと思うかは文化によって違うのであって、たとえばアフリカのどこかの民族が美とする女性像を想像できれば、この絵画に描かれた美は、ある国におけるある歴史的一時期における美なのだということが分かるでしょうという招待客の説明に、ようやく司会者も、自らが西欧文明至上主義的態度であったことに初めて気づいて、納得していました。

 閑話休題。そんなことを最近いろいろ考えていたこともあって、冒頭のMikaの言葉が心に響いたのです。多様性がもっと尊重される時代に、人々が自らの文化や習慣・見方を一方的に押しつけようとすることなく、損得ばかりを短絡的に考えることのない世の中になっていきますように。宇宙船地球号、われがわれがではなく、わたしたちの地球、同じ星に住む大切な仲間として対話をすることが今ほど大切なときはないのに、世の中が逆の方向に向かっていることを危惧しつつ、サンレモに登場するさまざまな思いがけない招待客やその言葉に、ああ、こういう人たちもいて、視聴率の高い番組でこういう問題をきちんと取り上げているのだと、希望を持ちました。

関連記事へのリンク
- サンレモ音楽祭、被災地支援・いじめ撲滅運動
- 希望と美しい音楽をゴミ再利用で作った楽器で、パラグアイ
- 虹立つ海とサンレモ音楽祭、壁のない世界を
- 鬼は外福はうち
- 繰り返してはならぬ悲劇
- 生きるに値しない命

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-10 23:59 | Vivere | Comments(2)

希望と美しい音楽をゴミ再利用で作った楽器で、パラグアイ

 今夜、イタリアのサンレモ音楽祭で心に響いたことは二つあります。一つはこちらのパラグアイのオーケストラです。



 ゴミ処理場近くのスラム街で、ある日ゴミの山からバイオリンが見つかり、それをきっかけに、ゴミを利用して楽器を作り出し、バイオリンが家の値段よりも高くてとても買えないという貧しい町の子供たちが、すばらしい音楽を奏で、今は世界でコンサートをし、感動を伝えているとのことで、音楽祭で話を聞いて、感動しました。


 どういうわけかサンレモ音楽祭のツイートには写真しかなく、演奏映像が現在、おそらくは著作権のために見つからないのですが、英語訳もついた簡潔な、このオーケストラ、Orquesta de Instrumentos Reciclados de Cateuraの紹介映像をご紹介します。

 この映像を選ぶにあたって、ざっと見たいくつかの映像の中に、「ゴミは捨てないし、人も捨てたりしません。」という言葉がありました。逆に、何でもすぐに捨ててしまう社会では、労働者も歯車のように簡単に置き換えられ、捨てられてしまいがちです。そうした非人間的で、経済ばかり優先する風潮を、根本から変えていかなければいけないと感じました。

 二つ目は、今夜はもう遅いので、また明日の記事でご紹介します。

参照リンク
- Ansa.it - A Sanremo emozione per i Reciclados de Cateura

関連記事へのリンク
- サンレモ音楽祭、被災地支援・いじめ撲滅運動

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-02-09 23:59 | Vivere | Comments(2)