<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

湖の霞に沈む日もをかし、トラジメーノ湖

 今日は久しぶりにトラジメーノ湖に沈む夕日を見に出かけました。

f0234936_7382028.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Monte del Lago
Magione (PG) 31/3/2017 19:26

 岸辺近くは波が立っているのに、ところどころにまったく波が立たず、空や日の光をそのまま映し出している湖面もあります。地平線近くに霞があったため、日がその中に沈むと、霞や雲が赤みを帯びた琥珀のように見えます。

 今写真を投稿するために、撮影時間を調べていて、カメラの日時設定が、冬時間のままだったのに気づき、設定を夏時間に変えました。夏時間になったとたん、日の入りが6時半頃から7時半頃となったのです。トラジメーノ湖畔には、観光客が多い夏だけ開業する、夕日の眺めが美しいピザ屋兼レストランがいくつかあり、今日帰りに湖畔の道を通ると、その一つに明かりがともり、どうやら営業しているように見えます。夏時間になり、日が沈む時間帯が夕食の時間帯と重なるようになったからでしょうか。お気に入りの店で、お気に入りの夕日を眺めながら、夕食が取れる日が楽しみです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-31 23:59 | Umbria | Comments(6)

夕日と桜と充実の2日間

 学校とペルージャ大学合同の、教職員の研修と学生たちへの講義・演習を兼ねた学会が昨日と今日行われ、わたしもこの学会に、昨日は朝8時から3時間授業をしたあと午後7時まで、今日は午後の授業を交代してもらって、朝9時から午後7時半まで参加しました。 

f0234936_7185917.jpg
 
 今日の夕方、会が終わったときには、30分に1本出るバスが出たばかりだったので、バスは7時44分に出るからと、バス停に向かってのんびり歩いていたら、かつて見たことがないほど赤々と大きな太陽が、地平線の向こうに沈むのが見えるではありませんか。

 道路の反対側の木々や家の間のわずかなすきまから、美しい太陽がのぞいていたので、バス停に近づけば、もっと夕日がよく見えるはずと、速足で歩きました。道路さえ横切れば、夕日がきれいに見える場所に着いたのですが、ところがひっきりなしに車が通るので、ようやく横断できたときには、日は今にも沈んで姿が見えなくなる、その直前でした。それでも、空も太陽も赤く美しくて、日が沈むまで、そうして沈んでからもしばらく、空を見守りました。

 カメラは持っていなかったので携帯電話で撮影しました。満開の桜の花もとてもきれいでした。

***************************************************
Fiori di ciliegioal tramonto, Perugia 30/3/2017

Esco dal lavoro tardi e trovo il sole rosso, grande e bellissimo
che sta per tramontare.
***************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-30 23:59 | Altro | Comments(4)

うれしい一言と京都清水寺の桜

 授業や教材は、時間をかけて準備するようにしていて、日本語であれ英語であれイタリア語であれ、その授業が個人授業である場合が最近は多いのですが、今朝はカードを見た生徒さんが、「昨日の晩、ぼくのためだけに作ってくれたんですか。」と、心の底からそう言ってくれたので、何だか感動しました。実は、カード作りよりも、プリント作りの方に時間も手間もかかっていたのですが、手書き・手作りであるために、今日の授業のためにわざわざという印象が大きかったのかもしれません。

 10日間では、ひらがなやカタカナの定着に加えて、さらに国名や職業名を覚えるのは難しいので、ロールプレイの前に、授業の初めに、準備体操のつもりで、昨晩作ったカードを、国名・職業名・言語名の三つのグループに分けるように言ったら、まずその作業にかなり時間がかかりました。ただ、そういう作業を通じて、まだ覚えていないカタカナや自信がないひらがな、意味が分からない言葉や読めない言葉がどれかということが、生徒さん自身にもわたし自身にも分かりやすく、カードなので、そういう苦手な仮名を含む言葉や記憶が危うい言葉のカードだけを集めておいて、定着を図るべく、いろいろな形で練習することもできました。

 国名のカードは、「お国は」と出身国を尋ねるロールプレイに使ったほか、カードを1枚引かせておいて、わたしの方から、「…さんは、ドイツ人ですか。」と問いかけ、「いいえ、ドイツじんじゃありません。かんこくじんです。」と答えさせて、「出身国+じん(人)」の表現や、疑問文・否定文の練習もしました。アメリカやイギリス、オーストラリアなど、欧米の国のカードも多かったのに、どういうわけか生徒さんが、「エジプト・ちゅうごく・かんこく」と、欧米ではない国のカードばかり引いていたのですが、おかげで、「ひらがなで書かれているけれども国の名前」であるこういう国の名前と、どの国を指すのかを覚える役に立ったのではないかと信じたいところです。

f0234936_6343998.jpg
Fiori di ciliegio, Tempio Kiyomizu-dera, Kyoto 8/4/2009

 今日の写真は、8年前の京都で見た、桜の花に彩られて美しい清水寺です。

 今朝は朝8時から3時間の授業のあと、午後7時まで、成人への外国語教育についての研修会があり、講義は明日も早朝から午後7時まで続きます。昨晩は遅かったので、今日は真夜中前に就寝することにします。おやすみなさいませ。




Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-29 23:46 | Giappone | Comments(2)

明日は自己紹介ごっこ、イタリアで日本語教育

 『まるごと A1』の教科書では、第1課・第2課でひらがな・カタカナを終え、第3課に入ると、国名や職業名など、学ぶ語彙が一気に増えて、まだひらがなやカタカナの習得がおぼつかない段階で、生徒さんが精神的に慌ててしまう可能性が大いにあります。

 教科書の練習問題を再度解いたり、何度も書いたりするのではなく、楽しみながら、実際に自己紹介をするようなつもりで、勉強してもらおうと、教科書に出てきた新しい語彙を中心に、国名や職業名などのカードを作りました。

f0234936_8204118.jpg

 名前も、「リー」、「アリ」など、「イタリア」など既習の国名に使われているカタカナだけ、あるいは、そういうカタカナが多い名前をいろいろ考えて、カードにしました。

 明日はまずは、ひらがなやカタカナ、そして、「~は何ですか。」の復習を兼ねて、「お名前は何ですか。」と聞いて、引いた名前カードの名の人になったつもりで、答えてもらい、生徒さんからもわたしに質問をしてもらい、わたしもカードにある名前を答えるという形で、名前を尋ね、答える練習をしたいと思います。

 同様に、カードを使いながら、職業や出身国を、カードに書かれたとおりであるつもりで答えてもらい、まだ覚えきれていない仮名や語彙があれば、その定着を図ります。そうして、まとめとして、わたしも生徒さんも、名前・国名・職業名が書かれたカードを1枚ずつ引いて、「はじめまして」と、自己紹介の練習をしようと考えています。

 カードを使い、なりきったつもりで会話練習をすることで、あまり文法などにとらわれすぎずに、とにかくさっと問われたことを言ってみる訓練ができるのではないかと期待しています。習得が今ひとつだと思われる言葉を書いたカードを繰り返し使えば、苦手な単語が覚えやすくなるはずですから、いろんな意味でカードが活躍してくれるはずです。

******************************************************************
Domattina facciamo role-play utilizzando queste carte su cui sono scritti i nomi di persone, Paesi e occupazioni in giapponese :-)
******************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-28 23:59 | Insegnare Giapponese | Comments(4)

旬の野生のアスパラガス、イタリア

 日本ではタケノコが見つかり育つ今の時期、イタリア中部の野山では、野生のアスパラガスが育つ季節です。

f0234936_6503486.jpg

 野生のアスパラガスは、店で見かける栽培用のアスパラガスよりもかなり細身です。地面にひょっこり顔を出し初めて、15cmほどしかないちびっこアスパラガスもおいしいし、育ってひょろりと長くなったものも、あまりにも育ちすぎて枝分かれするほどまでになっていない限り、柔らかい先端部分を、おいしく食べることができます。

 ペルージャ北方の山の中腹にある、わたしたちの改築中のうちの敷地には、毎年野生のアスパラガスがあちこちに生えるので、これまでも毎年、時々訪ねては摘んで、うちで卵料理にして食べていました。今年は、まだアスパラガスには早いのではという時期から、「だれかよそ者がうちのアスパラガスを摘み取ってしまっていて、悔しい」と言う夫が、ミジャーナに改築作業などに出向くついでに、野生のアスパラガスがないかどうか探して、うちに持ち帰ってくれるので、最近は、週に2度は旬のおいしいアスパラガスを食べることができています。

 野生のアスパラガスには独特の苦みがあるのですが、卵といっしょに料理すると、ちょうどその苦みを緩和してくれて、春ならではの独特の苦みとおいしさを、楽しんで食べることができます。今朝はひどく冷え込んだのですが、最近ではかなり暖かくなってきたので、我が家の鶏たちが産む卵の数も、一気に増えました。おかげで、春の恵みである卵と野生のアスパラガスを、こうしてしばしば食べられることが、ありがたいです。前回テッツィオ山を登ったときは、野生のアスパラガスが見つかるかと思ったら、わたしの目では見つけることができませんでした。わたしは最近授業などの仕事で慌ただしく、なかなかミジャーナに同行することができないのですが、この春に一度はわたしも野生のアスパラガス狩りをしてみたいです。

***************************************
È primavera,
spuntano gli asparagi nei campi e in montagna,
le galline fanno più uova e allora
a tavola godiamo il sapore di primavera,
la frittata agli asparagi selvatici :-)
***************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-27 23:59 | Gastronomia | Comments(10)

壁画美しお屋敷訪問、ペルージャ

 今朝はペルージャ郊外にある、こんな美しい壁画があるお屋敷、Villa Monticelliを訪問しました。

f0234936_6465411.jpg

 個人の館なので、ふだんは訪ねることができないのですが、この週末のFAI(Fondo Ambiente Italiano)の催し、Giornate FAI di Primaveraのおかげで、料金を払って、ペルージャの高校生たちによる歴史や芸術などのガイド・説明つきで、訪問することができました。

 この部屋のこの壁画など、側面には美しい風景が、見上げれば、鳥や猫たちが描かれ、背景に空が広がっていて、

f0234936_712377.jpg

解説にあったとおり、まさに壁に囲まれた空間でありながら、外へ、すぐその向こうにある庭園へと、つながっているかのようです。

f0234936_743555.jpg
 
 芸術的にはきっと、もっと価値がある作品が他にあったのでしょうが、わたしが一番魅かれたのは、冒頭の部屋の壁画でした。

 この魅力的な屋敷について、またの機会に、詳しくご紹介できたらと思っています。

****************************************************
Bellissima la Villa Monticelli di Perugia
,
bravissimi i ragazzi del Liceo Scientifico Statale Galileo Galilei
che ci hanno fatto da Cicerone per le Giornate FAI di Primavera.
Oggi solo con tre foto degli affreschi come introduzione.
To be continued...
****************************************************

LINK
- Città di Perugia. Turismo e Cultura - Villa Monticelli. Via del Cammino (Via Eugubina)
- Umbria 24 - Giornate Fai di primavera, apre le porte il deposito con le opere terremotate. Iniziative in tutta la regione: il programma (22/3/2017)
- Liceo Scientifico Statale Galileo Galilei - Giornate FAI di Primavera

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-26 23:59 | Umbria | Comments(6)

夏時間と猫かくれんぼ

 こちらイタリアでは、春分の日を過ぎて、日がすっかり長くなり、先日は日の入りがもう午後6時半頃になったのだと驚いていたのですが、明日から夏時間に入ると、日没はさらに1時間遅くなり、7時半頃になります。

 明日日曜の午前2時に、時計の針が1時間進んで3時となるという形で、冬時間から夏時間に入るため、今夜はいつもより夜が1時間短くなります。そして、日本との時差も、冬時間の間は8時間なのが、夏時間になると、7時間になります。と言うわけで、明日うっかり時間を間違えてしまうことがないように、今夜は就寝する前に、時計の針を1時間進めておきたいところです。

f0234936_5522540.jpg

 写真は先週の土曜日、わたしたちがスポレートからペルージャの自宅に戻ったとき、義父の車の下に隠れたミミです。明日の朝は、いつもより1時間早くエサがもらえて、猫たちがびっくりするかもしれません。ひょっとしたら、いつもおなかをすかせているように見えるので、お日さまの高さの違いや腹時計の時間の刻み具合は、あまり気にしないかもしれません。

******************************
Gatta nascosta sotto la macchina :-)
******************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-25 21:52 | Fiori Piante Animali | Comments(8)

野の花彩るフィオンキ山、ウンブリア

 先週土曜日は、スポレート近くの山、フィオンキ山を登ることにしました。

f0234936_744234.jpg
Crochi sul sentiero verso il Monte Fionchi 18/3/2017

 クロッカス(croco)が群れて咲いているところが、あちこちにあって、それはきれいでした。

f0234936_748384.jpg

 登り始めた頃によく見かけたのは、ヘレボルス(elleboro)で、次世代に命を受け継ぐための種が、もう準備できているようです。

f0234936_75181.jpg

 スミレ(violetta)も、さまざまな色や形の花が、咲いています。

f0234936_7534983.jpg

 プリムラ(primula)雪割草(epatica)にも、しばしば出会いました。

f0234936_7552156.jpg

 奥に見える三角の山が、フィオンキ山です。頂上からの見晴らしがすばらしい上に、前回この時期に登ったときには、頂上近くにさまざまな花が咲いていて、きれいだったという記憶があるので、わたしはぜひ久しぶりに登りたかったのですが、この日は風がひどく強く、木のない山頂は風が激しく冷たいだろうと夫が反対したので、頂上に登るのはあきらめました。

 それでも、予想以上にたくさんの花に出会えて、うれしかったです。

******************************************
Crochi, ellebori, epatiche, primule...
ornati dai fiori anche i monti di Spoleto. 18/3/2017
******************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-24 23:58 | Fiori Piante Animali | Comments(6)

マテーラ舞台のイタリアドラマ、町きれいでも話がこわい

 白い石の町並みが美しいマテーラ(Matera)は、イタリアでいつか行ってみたい町の一つです。2週間前に、マテーラを舞台にしたテレビドラマが放映されると知って、すぐに見ようと思ったのは、『ドン・マッテーオ』でも、ルイーザ・スパニョーリを主人公としたドラマでも、舞台となるグッビオやスポレート、ペルージャの町がよく画面に現れ、Raiのドラマは、舞台となる町を旅した気分にさせてくれるところがあるので、ドラマを見れば、マテーラの町をさまざまな角度から見て、どんな町かも知ることができるだろうと考えたからです。

 それで今晩も、その第3話を見ました。確かにマテーラの町並みや、屋内の様子、町を取り囲む自然は美しいし、そういう映像を楽しめるのですが、話が半分推理物、半分サスペンスのような感じで、殺人があり、奇怪な現象があり、人間関係のもつれや怒り、憎しみを登場人物があらわにする場面ありで、こういう暗く重いドラマだと知っていたら、きっと見なかっただろうなという内容なのです。わたしは、人間関係のもつれや裏切りばかりに焦点をあて、登場人物同士のいがみ合いがひどかったりする作品は、ドラマにせよ映画にせよ、好きではないからです。

 それでも、マテーラの興味深く美しい町や家、自然を、ドラマを通して見られる上に、夫は、「あれ、おもしろいし、いいんじゃない。」と言うので、続きも気になって、毎回見続けています。Raiが初回放映分の最初の9分ほどの映像だけ、YouTubeに載せていますので、イタリア語やマテーラの町に興味のある方は、ご覧ください。


 今晩も第3話を見終わったら、すっかり遅くなってしまいました。明日は朝8時から肩のリハビリがあり、その後、バスで学校に教えに行きます。皆さん、おやすみなさいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-23 23:59 | Lingua Italiana | Comments(8)

ひらがな板書と授業計画

 今日の日本語の授業では、ひらがなをア行からサ行まで勉強し、『春が来た』をいっしょに歌おうという下心もあったので、「が」の習得のため、「かきくけこ」の復習にもなるからと、カ行に続いてガ行、サ行に続いて、ザ行のひらがなも学習しました。

 学んだひらがなが読める勉強をしようと、プリントにあった語彙だけでは、練習が足りないので、「覚えなくてもいいですよ。読み方の練習をするだけですから。」と言いつつ、すでにみっちり練習したひらがなだけ使った、入門・初級レベルの言葉を思い浮かべてはホワイトボードに書き、生徒さんに読んでもらいました。

f0234936_83833.jpg

 「かじ」と書いたのは、「かぜ」と書いたら、生徒さんが「かじ」と読んだので、「かじはこう書いて、こういう意味なので、かぜとはまったく違うんですよ。」と説明するためです。

 社会人の生徒は、「ぼくは歌は歌わない」という人と、「歌ですか、いいですね。」と積極的に喜んで歌う人とに分かれる傾向があるのですが、今回の生徒さんは、「いいですね。カラオケですね。」と、カラオケではないのですが、『春が来た』をうれしそうにいっしょに歌ってくれたので、わたしもうれしかったです。数年前、パリの語学学校で、わたしも大好きなZazの歌を、とてもすてきなフランス語の先生が授業で取り上げて、内容を教えてくれたあと、いっしょに歌おうと言ってくれたのに、他の生徒がだれも歌わなかったからと言って、声を出して歌えなかったことを、今もこういう機会のたびに、反省しています。熱心ないい先生だったのに、申しわけなかったな、と。

 授業開始前から、同僚の先生方と密に連絡を交わしていたのですが、今日の夕方は電話でも長く話をして、ようやく授業の進め方についてめどがついたので、すでにお二人には提案して了承を得たことと、前回の授業計画表を参考に、いつ教科書のどの課を勉強するかという詳細な学習指導計画表を、パソコンやプリント、カレンダーとにらめっこして、先ほどようやく完成させました。

 日本の高校で教えていた頃は、『山月記』は何時間、『項王の最期』は何時間などと、教材ごとに詳しく時間数を記し、何月何日から何日まで学習するという詳しい指導計画を書くのが苦痛でした。その学期だけではなく、学年度の最初に書く年間計画なので、予定外の学校行事などが入ってしまったりして、予定どおりには進まないことが多く、現実の授業の実施とはずれてしまいがちで、単に形式的な業務のように思えていたのです。

 それが今は、かつてと違って、教科主任や教務課の先生にせかされたり、締め切りがあったり、どうしても計画表を作る義務があったりするわけではないのですが、おおざっぱに、この期間にここまで教科書を終えようでは、結局間に合わずに最後に急ぎ足になったり、時間配分がおかしくなり、ついだらだら授業をしてしまったりしそうで、詳しい学習指導計画表を作る習慣がつきました。作っておくと、毎週、そして毎日の授業のノルマや、生徒さんがこの時間、この日、今週に何を習得しなければいけないかということが把握しやすいので、かつて高校で、計画表を作る習慣をたたきこんでくださった先生方と学校に感謝しています。

 この指導計画をもとに、生徒さんが、いつ各課でどんなことを勉強するかがを一覧できるような、生徒用の授業の予定表も作成するつもりなのですが、今夜はもう遅く、目もひどく疲れたので、明日にするつもりでいます。

 先日ののび太君の夏休み前の嘆きではありませんが、授業でも片づけでも、フリーランスとして取り組まなければいけない仕事でも、同じように予定が概観できるように、メモや手帳の記入の仕方を、もっと工夫しなければと反省しています。イタリア語学習メルマガの作成や、フランス語再学習、再請求をしなければいけない、まだ振り込みがない昨年の翻訳の仕事の報酬の催促など、ずるずる先延ばしにしてしまうのは、大切で急がなければいけない用件であるというのに、それが分かったようで分かっていないからです。学校の授業だけではなく、もっと自分がしなければいけないさまざまなことを、うまく統括し、概観して、計画的に行っていけるような工夫をしなければいけないと、考えるだけではなく、実行に移さなくてはいけません。

*****************************************************************
A scuola continua l'insegnamento/l'apprendimento di hiragana, alfabeti sillabici giapponesi.
*****************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

by milletti_naoko | 2017-03-22 23:59 | Fiori Piante Animali | Comments(8)