スポレート夜明かりにきれい夏の夜

 今日は未明、そして朝や昼にも雨が降り、気温が下がって、過ごしやすかったです。ウンブリア州では午後3時頃まで雨が降る可能性があるという天気予報が出ていたので、昼食後、カッシャ方面の山中、岩壁にある小さな教会を訪ね、帰りにスポレートに寄りました。

f0234936_6415383.jpg
Duomo & Rocca Albornoziana, Spoleto 12/8/2017

 夫が好きなピザ屋・レストランがスポレートの中心街のあるのですが、もう長い間行っていなかったからです。夕食後、しばらく夜の町を散歩しました。夜明かりに照らされたスポレートのドゥオーモ(Duomo di Spoleto)と城塞がきれいです。

f0234936_6503663.jpg

 こちらの広場の店で、ジェラートを買って外に出ると、広場で音楽を演奏していたので、食べながら耳を傾けました。『カントリー・ロード』も伴奏と共に歌われていて、懐かしかったです。広場のジェラート屋には、桃とローズマリー風味という珍しい取り合わせのジェラートがあり、食べた夫が、「変わった味だけど、とてもおいしい。」と言っていました。

f0234936_6551568.jpg

 駐車場へと坂道を下る途中、考古学博物館の前を通ると、入り口のドアが開いています。夫がすたすたと入っていくのを、わたしは入り口で見ていました。夫が博物館の人に尋ねると、今晩は博物館に隣接する古代ローマ劇場で、コンサートが行われているとのことでした。

f0234936_658644.jpg

 街灯が照らし出す中世の町は独特の風情があって美しく、眺めを楽しみながら駐車場へと戻りました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-08-12 23:50 | Umbria | Trackback | Comments(2)

明け方に窓を開ければ

 酷暑が続き、よろい戸と窓を早朝に閉めても、うちの中が暑い日が続いていたペルージャでも、昨晩から少し気温が下がり、若干過ごしやすくなりました。1日のうち最も気温が低いのは早朝なので、最近は、空が明らみ始め、泥棒は入らないであろう朝6時頃に、涼しい空気を屋内に取り込むために、台所以外の窓とよろい戸をすべて開け放しています。

 西向きの窓を開けると、下方には駐車場の屋根が見えるのですが、今週は2度、早朝によろい戸と窓を開けたときに、

f0234936_517269.jpg

それまで屋根の上で気持ちよく眠っていたらしき猫のミミを、起こしてしまいました。わたしが窓を開けた瞬間は、ひどく細い目をして、いったい何が起こったのだろうと、うとうとしつつもきょろきょろしているのですが、しばらくすると、ようやく周囲の状況を把握したらしく、目をしっかり開けて、こちらを見ます。

 そうやって開けた西向きの窓からは、さらに、つい最近までは、

f0234936_5312921.jpg

明け方の西の空に沈みゆく丸い月が、きれいに見えていたので、つい見とれて、カメラを構えたりしていました。

 昨日から今日にかけては、待ちに待った雨が降るという予報が出ていたのですが、

f0234936_5355923.jpg

昨日の朝は、雨の音を聞いて、いよいよ雨かと思えば、こんなふうにパラパラと、ごくわずかに屋根を濡らしただけでした。

 今日も夫の職場があるペルージャ駅周辺では、朝30分ほど雨が降ったらしいのですが、うちではまったく降らず、それでも早朝は雲があったので、涼しいうちに庭やテラスの水やりを済ませました。気温が少し下がったからと、アイロンがけをしたり、ズッキーニの花、ナスのてんぷらやトンカツを揚げていたら、うちの中が暑くなってしまったのは、いくら外の気温が若干下がっても、猛暑が続く間にうちの壁や屋根、屋内にこもった熱は、下がるまでに時間がかかるからです。

 明日は天気予報では、ペルージャで久しぶりに昼過ぎまで雨が降るという予報が出ています。今日の夕方には、夫がミジャーナで収穫した今年初めての畑のトマトを、サラダにして食べました。甘くておいしかったのですが、続く猛暑と水不足のために、あまり育たず小さいままの実もありました。どうか明日こそ、雨が大地を潤してくれますように。

****************************************************************************
In questi giorni quando aprivo la finestra verso ovest verso le sei di mattina, vedevo la gatta Mimi assonnata sul tetto del parcheggio e una bellissima luna rotonda nel cielo dell'alba.
****************************************************************************

関連記事へのリンク
- イタリア各地の天気予報
- イタリア猛暑を乗り切るための黄金律十か条

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-08-11 22:49 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)

007、カリ城とギリシャのメテオラ修道院、映画『ユア・アイズ・オンリー』

 最近イタリアでは、テレビでしばしば007シリーズの映画を放映しています。今夜は、映画、『Solo per i tuoi occhi』を見ました。英語の原題は、『Only for your eyes』(1981年)、邦題は『ユア・アイズ・オンリー』です。007シリーズは夫につきあって、わたしも時々いっしょに見ます。今日も途中からいっしょに鑑賞したのですが、今日の作品は、これまで見た別の作品と違って、筋や内容が予測できず、どんでん返しがいろいろあって、はらはらする場面も多く、わたしには、おもしろかったです。

 映画に、『ルパン三世カリオストロの城』(1979年)とそれはよく似たカーチェイスの場面があったので、驚きました。


 調べてみると、カリ城を真似て、映画の場面として利用したようです。007では、ちょうどオリーブを収穫中のオリーブ園に、ジェームズ・ボンドが運転する車とその車を追う敵の車が乱入しています。オリーブの収穫は、秋になればわたしたちもしているため、映画を見ながら、主人公たちの車によって、苦労してオリーブを摘む作業を邪魔された人々の迷惑を思いました。

 007映画では、世界のさまざまな国を舞台に物語が展開します。そのため、舞台となる場所が、知らない場所であれば、好奇心が湧き、知っている場所であれば、その地がどんなふうに映画で描かれているかに、興味を持って見ています。

f0234936_732122.jpg
Monastero di Meteora, Grecia 27/9/2008

 今晩の作品では、わたしたちも9年前に訪ねたギリシャのメテオラ修道院が、登場しました。切り立った高い断崖の上に修道院があるのですが、映画の中では、なんとその岩の壁を、ジェームズ・ボンドがよじ登ったので、驚きました。


 わたしたちが訪ねたときには、残念ながら雨が降っていたのですが、映画を見ながら、メテオラを訪ねたときのことを、懐かしく思い出しました。

f0234936_7371360.jpg

 2か月ほど前には、若きショーン・コネリーがジェームズ・ボンドを演じる作品も見て、『薔薇の名前』で、年輩の修道士を演じたショーン・コネリーが印象に残っているわたしは、あまりにも若くかっこいいので、あらあらと驚きながら見ました。

 イタリアでは、明日もRai Movie(24ch)で、午後3時40分から、007シリーズ映画、『Moonraker - Operazione Spazio』が放映されます。わたしたちは夜9時過ぎから、夕食後に見始めることが多いのですが、テレビの番組表を確認すると、Rai Movieで、さまざまな時間帯に放映されていますし、Raiの他のチャンネルで上映されることもあります。興味のある方は、次のRaiの週間テレビ番組表を参考にしてください。

- Rai.it - Televisione - Ora in onda / Guida programmi / Programmi on demand

**************************************************************************************
Monastero di Meteora, Grecia 27/9/2008

- James Bond saliva la parete rocciosa di Meteora nel film, "Solo per i tuoi occhi" (For your eyes only, 1981) che abbiamo visto ieri sera alla TV e ho ricordato i monasteri suggestivi di Meteora cha avevamo visitato nel 2008.
- Poi nel film ci sono le scene di inseguimento in macchina alcune delle quali sono quasi identiche a quelle del film di Hayao Miyazaki, "Lupin III. Il Castello di Cagliostro"(1979)!
**************************************************************************************



関連記事へのリンク / Link all'articolo correlato
- 宮崎映画で学ぶ日本語・イタリア語とサンレーオのカリオストロの城 / "Lupin III - Il Castello Di Cagliostro", il primo film diretto da Hayao Miyazaki (1979)
↑↑  In fondo all'articolo l'elenco dei DVD dei film diretti da Hayao Miyazaki disponibili su amazon.it.

参照リンク / Riferimenti web
- amazon.co.jp - ユア・アイズ・オンリー(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
- amazon.it - 007 Solo Per I Tuoi Occhi (DVD)
- amazon.it -Lupin III - Il castello di Cagliostro (film DVD)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-08-10 23:59 | Film, Libri & Musica | Trackback | Comments(4)

エキサイトブログ突然の異常と格闘、表示がおかしく右欄が下にずれる

 自分のブログがどうもおかしいと気づいたのは、昨日の夕方以降だったのではないかと思います。気づくと、ブログのURLをクリックして開いたブログ表紙には、一つ目の記事の横に、なぜか別の記事の題名が縦に入り、記事名やランキング用アイコンなど、どこをクリックしても、リンク先がまったく開かない状況になっていました。

f0234936_6225140.png
 
 リンクをクリックすると、リンク先が開く代わりに、上の映像に見られるように、ブログ表紙の上部や右欄が水色になってしまいます。

 ただ幸い、にほんブログ村マイページ上の単一記事へのリンクから開いた記事のページでは、リンク先に飛んだり編集したりすることが可能だったので、そうして開いたページで、昨晩は新たな記事を投稿しました。昨日の段階では、何かエキサイトブログ全体のシステムに問題があるのではないかと思い、問題が解決されるまで待とうと考えていました。

 ところが今日の午後、仕事が一段落したからとブログを見ると、わたしのブログ表紙は相変わらず問題を抱えたままです。けれども、調べてみると、エキサイトブログのブログ友達のサイトには異常がなく、また、エキサイトブログのサイトにも、特に問題が発生したという記述がありません。そこで、わたしのブログだけに異常が発生しているのだとしたら、いったい何が問題なのだろうと、デザイン設定をいろいろ調べたのですが、パソコンにそれほど詳しいわけでもないので、スキンの基本設定を間違えたのかもしれないとは思うものの、どうしてそんなことになったかも分かりません。

 表紙のデザインを変えれば、ひょっとしたら問題が解決するかもしれないと考えたのですが、

f0234936_6384739.png

表紙を以前のものに戻しても、ブログの右欄が一見空白に見えて、かなり下の方にカーソルを移動して、初めて記載事項が見つかるという異常事態が発生しました。

 しばらく悩んだ挙句に、ひょっとしたら同じような経験をした人がいるのではないかと調べてみると、HMTLの編集タグが間違っていて、そのタグが原因で、表紙の表示などに異常が起こっている可能性があると、excite ヘルプセンターのFAQ(よくある質問)に説明がありました。

- excite ヘルプセンター FAQ(よくある質問)- 突然ブログの表示がおかしくなった(意図しない太文字、センタリング、右メニューが下にずれるなど)

 この解説を読んで、題名が縦向きに割り込んで入っている記事の直前の記事を編集すればよいのではないかと考え、編集しようとしたのですが、そのブログ記事の右上にある「編集」リンクは、クリックしてもリンク先が開きません。ひょっとしたらと、旧管理画面から新しい管理画面に切り替えると、管理画面に該当記事の「編集」リンクがあったため、そこをクリックし、余分なHMTLの編集タグを取り除いて保存すると、無事問題が解決しました。

 わたしはふだんは、記事を相変わらず、旧管理画面を利用して書いています。アブルッツォ旅行中も、最初は携帯電話から、パソコンの旧管理画面を使って投稿しようとしたのですが、それでは投稿作業にあまりにも時間がかかるため、途中からスマートフォンからの投稿画面を利用することに切り替えました。旅行から帰り、時間に余裕があった昨日、その記事に載せた携帯電話で撮影した写真を、カメラで撮った写真と差し替えたのですが、そのときに余分に思えた編集タグを削除した際、おかしな削除の仕方をしたために、削除されずに残った片割れによって、今回のブログ表紙に異常発生状態になったのではないかと思います。

 また、今回週末のアブルッツォ旅行中に携帯電話から投稿した記事については、どういうわけか、エキサイトブログのプロフィール欄に、記事を投稿したという案内がいっさい出ていなかったことも気になっていたのですが、今晩、異常事態を解決するために、その二つの記事をマックブックで編集して保存したら、

f0234936_7455613.png

8月6日、7日に投稿していた、この編集し直した記事が、先ほど投稿されたばかりであるという情報が、ブログのプロフィール欄に載りました。

 まだいろいろとなぞは残りますが、とりあえずは問題が解決して、ほっとしています。

 本当は、今晩はいよいよ、今日の日本語の授業でも使った、オンラインの役立つ無料日本語学習教材についてお話しするつもりでした。その記事もできるだけ早く書くつもりでいます。

参照リンク
- excite ヘルプセンター FAQ(よくある質問) - 突然ブログの表示がおかしくなった(意図しない太文字、センタリング、右メニューが下にずれるなど)
excite ヘルプセンター ブログ FAQ(よくある質問)
- Apple サポート - Mac でスクリーンショットを撮る方法

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-08-09 23:59 | Altro | Trackback | Comments(2)

思い出の山と宿は今、イタリア アブルッツォ

 標高がとても高いために、夏でも雪があちこちに残り、蘭やクロッカス、スミレなど、野の花がたくさん咲いていて美しいアブルッツォの高原、カンポ・インペラトーレは、数年前に訪ねて以来、大好きな場所の一つです。

f0234936_23223826.jpg
Spillone alpino & Androsace villosa, Gran Sasso (AQ) 9/7/2016

 初めて訪ねたときは、こんな人里離れたところに、宿などあるのかしらと思いつつ、夫と広大な高原と山の間を午後7時過ぎに車で進んでいたら、山と高原のただ中に、外壁のところどころが崩れ落ちたホテルがあり、あの時間・あの場所に営業している宿が見つかり、しかも空室があり、レストランもあって、料金も妥当なところだったので、まさに砂漠で、温かく迎え入れてくれるみごとな城を見つけたような、そんな気持ちで、泊まりました。

 ペルージャから決して近くはないものの、やはり大好きなピエモンテのイタリアアルプスほどは遠くもない、このカンポ・インペラトーレには、以後何度か足を運び、本当は、今年6月のアブルッツォ旅行でも、2泊できたらと考えていました。昨年までは、平日であれば直前でも空室が見つかったそのホテルに、今年はいつ問い合わせても空きがないので、訪ねるのをあきらめたのです。空室が見つからなかった理由の一つは、経営者が変わって、Booking.comなどのホテル検索サイトに名を連ねるようになったことだと思います。そうして、二つ目の理由は、夫から聞いてどうやらそうらしいとは知っていたのですが、ちょうどわたしたちの6月の旅行中から、改築のために休業になってしまったらしいことです。ホテルそのもののサイトには、改築や休業の案内がいっさい見つからず、メールで問い合わせても返事がなかったのですが、ホテル検索サイトの口コミに、行ったら休業していたとか、2日間の宿泊を以前から予約していたのに、1泊ののちに、突然休業だからと宿を追われたとか、ひどい目に遭った旅行客の口コミが見つかりました。こういう口コミは、うのみにしてはいけない面もあるのですが、先週末、せっかく近くまで来たのだからと、かなりの遠回りにはなるのですが、あの思い出の高原とホテルを訪ねると、宿としては運営しておらず、バールだけが開いていて、観光客・登山客に飲み物などを売っているようでした。

f0234936_22391593.jpg
Campo Imperatore (AQ) 6/8/2017

 標高1500m、2000mともなれば、いくら低地が暑いときでも、まだ咲いている野の花があるのではないかと夫は思っていたようですが、この夏のイタリア中部の雨が降らない酷暑のために、土曜に泊まって山を歩いたカンポ・フェリーチェや周囲の野山には、アザミなど、わずかな花がまれに見つかるだけでした。

 夫がカンポ・インペラトーレに行ってみようかと行ったのは、さらに標高の高いこの高原であれば、日照りと酷暑が続く夏でも、花がたくさん咲いているだろうと考えたからです。わたしは、この例外的、異常な猛暑の連続では、カンポ・インペラトーレでさえ、草花は枯れてしまっているのではないかと考えていました。それでも、最終的に行ってみようと言ったのは、今年の6月の旅行のときに抱いていた訪ねたいという思いが今も強かった上、いったい宿がどういう状況にあるのかを、自分の目で見て確かめたいと考えたからです。

f0234936_6165742.jpg

 結果は、カンポ・インペラトーレでも、この夏の異常な暑さのために、常に雪があちこちに残っていた高い岩山でさえ、その雪がすっかり姿を消すほどで、野の花はごくわずかしか見られませんでした。けれども、かつて夏に歩いたら、まだ雪が残っていた周辺は、地面が水分を蓄えているためか、他のところと違って、昨年までに比べれば、ごくわずかではあるものの、咲いている花もありました。

f0234936_6363111.jpg

 朝、野山を数時間歩いてからカンポ・フェリーチェを出発し、車で1時間半近くドライブして、カンポ・インペラトーレに到着したため、わたしも夫も疲れていたので、山はほんの少しだけ、かつて歩いたことのある野の花が多かった平らなトレッキング・コースを歩いただけです。雄大な山やすばらしい見晴らしは相変わらずで、ホテルが宿としては休業していることを確認し、足を運んでよかったと思いました。

 ただ、驚いたのは、これまで見たことがないほどの数の車が、広大な駐車場に入りきらず、道路沿いにまで何十台も駐車されていたことです。野の花が咲いて美しい頃のウンブリア州のカステッルッチョも、例年、あちこちから訪れる大勢の観光客で、駐車場も散歩もとんでもない混雑ぶりで、夫が辟易して、人が多い花がとりわけ美しい場所は敬遠しがちなのですが、日曜のカンポ・インペラトーレは、それに輪をかけた混雑ぶりでした。

f0234936_6411452.jpg

 あまりの暑さに、わたしたち同様に涼を求めて、イタリア各地から大勢の人々が訪れたのでしょう。ホテルが休業であれば、8月の日曜でも人が少ないかもしれないと考えていたのですが、予想を上回る混雑ぶりでした。今後再び訪ねるとすれば、カンポ・インペラトーレのトレッキングを十分に楽しむには、6月・7月の野の花がたくさん咲いていて美しいとき、まだ朝晩は寒いほどで、観光客・登山客が少ない頃の平日を選ばなければいけないなと、つくづく思いました。

 第二次世界大戦中に、ムッソリーニが幽閉され、ドイツ軍の助けを借りて脱出した部屋が、このホテルにはあり、一度滞在中に、解説つきでその部屋を他の宿泊客と共に訪ねたこともあるのですが、ムッソリーニが眠ったベッドや使った机がそのままになっているその部屋も、何か改築で影響を受けるのだろうかと、そんなことも胸をよぎりました。

**********************************************************************************
Spillone alpino & Androsace villosa, Gran Sasso (AQ) 9/7/2016

Un immenso altopiano e le montagne ornati da tanti fiori spontanei
e i panorami bellissimi - così mi ricordo di Campo Imperatore e le montagne intorno.
Invece, il 6 agosto dopo tante giornate calde e secche ci
si trovavano pochissimi fiori, mentre i turisti, i passeggiatori e le loro macchine erano incredibilmente numerosi.
Poi il nostro caro albergo era e sarà chiuso per molto tempo.
Da visitare nei giorni feriali di giugno o luglio.
***********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-08-08 23:41 | Abruzzo | Trackback | Comments(4)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

バルセロナ テロ死者13名、..
at 2017-08-17 23:59
森の木も枯れる水不足、イタリ..
at 2017-08-16 23:51
見晴らしすばらし小さな村
at 2017-08-15 23:45
バールなき行きずりの村、イタ..
at 2017-08-14 23:41
燃える夕空 ピンクの翼、イタ..
at 2017-08-13 23:59

記事ランキング

タグ

(580)
(507)
(312)
(270)
(208)
(186)
(160)
(154)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(84)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

なおこさん、またヨ―ロッ..
by ayayay0003 at 12:07
なおこさん、ウンブリアは..
by ayayay0003 at 21:08
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 17:56
鍵コメントの方へ ..
by milletti_naoko at 17:44
心なごむ優しい風景ですね..
by nonkonogoro at 09:28

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク