日本語は楽しいです、英語・イタリア語・日本語における数の易しさ・難しさ

 最近の学校の授業では、形容詞に助数詞と、難しい学習事項が増えてきました。 今週に入ってから晴天の日が続き、教室の大きな窓ガラスから、午後西日がさんさんと降り注ぐため、教室が暑くて、まるで温室の中のようです。

 そこで、形容詞の定着を図りかつ楽しく授業をと、

「日本語は楽しいです。日本語はおもしろいです。」と、授業の前に、そうして、朝起きて鏡に向かったときに言いましょう、あら、そんな深刻な顔で言ってはいけません。ほら、自己暗示・自己催眠効果が出て、脳に「ああ、日本語は楽しい。だから、どんどん頑張れるぞ。覚えられるぞ。」と思い込ませるためには、もっと笑顔で、うれしそうに言わなくては

と、たきつけたりしています。

f0234936_713477.jpg

 数については、英語やイタリア語には英語やイタリア語の、日本語には日本語の難しさがあって、たとえばペンや本が二つあるという場合に、英語・イタリア語では、

英語
There is a pen. → There are two pens.
There is a book → There are two books.

イタリア語
C'è una penna. → Ci sono due penne.
C'è un libro. 、→ Ci sono due libri.

となり、存在する物の数が一つか二つか、つまり単数か複数かによって、その物を表す名詞の語形が変わるのみならず、それに伴って動詞も変化します。

 一方、日本語の場合は、

ペンが1本あります。 → ペンが2本あります。
本が1冊あります。  → 本が2冊あります。

といった具合に、「ペン」・「本」という名詞および動詞、「あります」は、ペン・本がいくつあろうと変わりません。

 その点だければ、日本語の方が一見簡単に見えます。けれども、英語やイタリア語の場合には、物が何であろうと、その物を表す数字の前に、「2」を表す数字、英語ならtwo、イタリア語ならdueをそのままつければ、それでいいのに、日本語の場合は、ペンなら2本、本なら2冊、はがきなら2枚といった具合に、物によって数え方が違ってきます。しかも、日本語では、同じ内容を述べた文でも、文の構成や表現法が、英語やイタリア語とはまったく違います。

 と言うわけで、我慢大会的暑さの中で、習得が難しい助数詞を、何とか楽しく学んでもらおうと、昨日は、上のようなプリントを、夜中に用意しました。テーブルの上のリンゴの絵を、覚えている方がおいででしょうか。そうです。中学生の女の子向けの英語の授業のために作ったプリントの絵を、再利用しています。

 明日も朝早いので、今晩はできるだけ早く就寝するつもりなのですが、今の状況では、午前1時前に寝られたら恩の字です。

 「日本語を教えるのは楽しいです。日本語を教えるのはおもしろいです。」

 無理に唱えずとも、これは心からそう感じているので、そういう仕事ができることが、ありがたいです。

**********************************************************************
In lingua giapponese non esistono le categirie grammaticali né del numero né del genere.
Quindi la parola giapponese, 'tomodachi' può indicare un amico ma anche un'amica, amici e amiche e non esiste l'opposizione singolare/plurale. Dunque, normalmente in giapponese non c'è il bisogno di cambiare la forma dei nomi, dei verbi e degli aggettivi a seconda del numero e del genere dei nomi, perché i nomi non vengono grammaticalmente marcati né dal numero né dal genere perché essi non esistono.
Sembra troppo facile? - Invece, in giapponese lo stesso numero può essere indicato in modi svariati a seconda di oggetti/persone/animali a cui si riferisce, mentre in italiano e in inglese il numero 2 viene indicato quasi sempre con le stesse parole, DUE e TWO.
In giapponese, 2 si dice generalmente NI quando si conta fino a dieci, ma si può contare anche usando la parola, FUTATSU.
Per contare gli oggetti lunghi, il numero 2 viene indicato con la parola NIHON, i libri - NISATSU, i piatti - NIMAI, le macchine - NIDAI, gli uccelli - NIWA, i cani - NIHIKI, le persone - FUTARI, i giorni - FUTSUKA e non finisce qui.
Dunque, durante lezioni sentendo il bisogno di sollevare l'animo dell'allievo, gli dico spesso di ripetere con un bel sorriso convincente le parole magiche, "NIHONGO WA TANOSHIIDESU." (Il giapponese è piacevole) e "NIHONGO WA OMOSHIROIDESU." (Il giapponese è interessante.) per l'autosuggestione.
**********************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-05-17 23:59 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(4)

フランス語版ディーパク・チョープラ21日間瞑想講座、原語の英語つき5月29日開始・オンライン無料

 5月29日月曜日から、フランス語版のディーパク・チョープラ瞑想講座が始まるということで、今から楽しみにしています。つい最近あった英語版は、なんとか通して受講することができました。毎日や人生をより心穏やかに、より豊かに生きるのに役立つであろう言葉や教えに満ちていて、受講することで少しでも、実践ができるようになっていけたらと考えています。

 フランス語版なのですが、まずはディーパク本人による英語の説明があって、それからフランス語訳が入るという形を取り、英語とフランス語の短い文が交互に流れるため、わたしのようにフランス語はまだ入門と中級の間をうろうろしている状況でも、英語を手がかりにして、フランス語に耳を慣らすよいきっかけにもなるかと思います。

 機会があれば逃さずディーパクのいろいろな教えに触れたいことが、一番の受講動機なのですが、ついでに、すっかりさぼっているフランス語の勉強を再開するための起爆剤にもなってくれたらと考えています。

 上のリンク先のログイン場面から、過去のフランス語版瞑想講座の1日分を例として聞くことも可能ですので、興味があれば、ぜひ聞いてみてください。

f0234936_5411143.jpg
15/5/2017

 写真は昨日夕方撮影した庭のバラです。天気予報では晴天のはずが、突然どしゃべりの雨が降ったのでびっくりしました。大輪の花がきれいに咲いていて、つぼみも多いので、これから毎日楽しみです。



*追記(5月17日)
 今日、フランス語版のディーパク・チョープラ瞑想講座のフェイスブックページに、昨日埋め込んだ投稿よりも、講座内容がより分かり、かつよりフランス語の勉強になりそうな投稿がありました。そこで、昨日投稿した分と、差し替えましたので、ご了承ください。

 通常、ディーパク・チョープラの瞑想講座のフランス語版は、フランス時間のその日の0時頃に瞑想講座の受講が可能となり、日々の瞑想講座(1日目、2日目など)はサイト掲載から5日間のみ、無料での受講が可能です。フランス時間の0時は、イタリアでも0時なのですが、日本時間では、夏時間の現在は午前7時となります。

*******************************************************************
Foto: fiori di rosa del nostro giardino 15/5/2017

- Lunedì 29 maggio inizia il corso di meditazione di Deepak Chopra in francese; 21 giorni, on line & gratis.
Ormai il mio francese è arrugginito ma poiché nel corso la traduzione in francese è preceduta dalle parole originali di Deepak in inglese, spero di riuscire a seguirlo senza problemi.
*******************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-05-16 22:44 | Vivere | Trackback | Comments(0)

美しい月・朝日愛でる山の家、ペルージャ

 空き巣対策にと、土曜の晩に泊まったミジャーナの山の家では、早朝目を覚ますと、

f0234936_6261124.jpg
14/5/2017 4:25

美しい月の光がまだ暗い空を明るく照らしていました。

f0234936_6293871.jpg
5:52

 しばらくして再び起き上がると、空が明るいので、もう姿が見えないかと思っていた月が、エニシダの黄色い花が咲き始めたテッツィオ山(Monte Tezio)の向こうに、ちょうど沈もうとしているところでした。

f0234936_6315164.jpg
6:03

 もう明るいので、日は昇ったものと思いながら東の空を見ると、雲の間から朝日が顔を出そうとしているところで、それはきれいです。

f0234936_6354495.jpg

 実際には、昇る日は隣家の高い木々の間に見えたため、ズームで拡大して撮影したのですが、山では月の光も朝日も、ことさらに美しく感じられて、うれしかったです。

************************************
Brillante la luna, bellissima l'alba,

cantano i grilli e un cuculo
a Migiana di Monte Tezio (PG) 14/5/2017
************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-05-15 23:51 | Umbria | Trackback | Comments(2)

スポレートで祝う母の日、イタリア

 今日は母の日、と言うわけで、お義母さんとお義父さんと共に、二人がまだ訪ねたことがないというウンブリア南方の町、スポレート(Spoleto)を、義弟夫婦と計6人で訪ね、観光と昼食を楽しみました。

f0234936_5411251.jpg
14/5/2017

 おいしいと二人とも喜んでくれて、よかったです。幸いとてもいい天気で、日中は暑いほどでした。

f0234936_5444571.jpg
Cattedrale di Santa Maria Assunta, Spoleto (PG)

 スポレートの美しい大聖堂で、午前11時半からミサがあったので、少し前に行って大聖堂を訪ね、それからミサに参加しました。義父母も大好きでよく見ている人気テレビドラマ、ドン・マッテーオの舞台が、近年グッビオからスポレートに移ったため、ドラマに出てくる大聖堂などの建物や風景を見て、二人ともうれしそうでした。

f0234936_54889.jpg

 やはりドラマによく登場するこちらの橋、Ponte delle Torriを歩くと、スポレート中心街の上にそびえる城塞がよく見えるので、ぜひ渡ってもらおうと思ったのですが、残念ながら橋が通行止めになっていて、歩いて渡ることができませんでした。

f0234936_553288.jpg

 それでも、中心街だけではなく、町を取り囲む豊かな緑や、外観だけでも橋を見てもらえて、よかったです。今日はトーディの姪っ子が大好きな歌手のコンサートがフィレンツェであり、トーディの義弟一家は来られなかったのですが、義父母が二人とも元気な間に、こうしていろいろなところをいっしょに訪ねる機会を、できるだけ持ちたいと思いました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-05-14 22:56 | Umbria | Trackback | Comments(8)

マルタ騎士団古城訪問と空き巣対策ミジャーナ宿泊

 今日は午後、ペルージャの北西、トラジメーノ湖玄関口であるマジョーネ市のマルタ騎士団の古城を訪ねました。

f0234936_5111113.jpg

 いつも気になりながらも訪ねられずにいた古城を、今日は特別にガイドつきで訪問することができて、興味深かったです。

f0234936_591865.jpg

 頻発する空き巣対策に、今夜はわたしも夫と共にミジャーナの山の家に泊まります。インターネット接続がひどく難しいのですが、今日は幸い日中暖かかったので、窓を開け放して接続改善を図り、なんとか携帯電話から記事を更新できそうです。

LINK
- PerugiaToday - La Giornata nazionale dei Castelli: apre in via eccezionale il "maniero" dei Cavalieri di Malta (9/5/2017)
- MagioneCultura - Magione - Castello dei Cavalieri di Malta (Detto la Badia) (Autore: Giovanni Riganelli)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。↓
Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-05-13 22:09 | Umbria | Trackback | Comments(2)