銀色の湖と古タイヤ・靴から育つ花、イタリア トラジメーノ湖

 昨日は湖に着いたときには、厚い雲の層の後ろに、太陽が沈んでしまっていたのですが、波の立たぬ鏡のような湖面に、まだ茜色を残す空が映って、それはきれいでした。

f0234936_6155529.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Torricella, Magione (PG) 10/9/2017

 このトラジメーノ湖畔の村、トッリチェッラでは、しばらく前から、眺めのいい場所に、木製パレットを再利用して作ったベンチや背もたれが並べてあって、ゆったりと腰を下ろして、湖や夕日が沈むのを眺められるようになっています。

 私たちも何度か、こうしたベンチに腰を下ろして、夕日を見送りました。

f0234936_624112.jpg

 トッリチェッラでは、さらに、ベンチや椅子の近くに、色を塗った古タイヤが植木鉢代わりに置かれ、中にサボテンが植わっているのですが、昨夕訪ねると、このサボテンのあでやかな美しい花が、ちょうどこれから咲こうとするところでした。

f0234936_6263367.jpg

 こちらのやはり木製パレットを再利用して作った椅子には、傍らにいくつもの古靴が並び、中にはサボテンが育っています。ここにも、まもなく咲くであろう花があります。

 いつもとは違う、けれども、はっとするほど美しい湖の夕景をしばらく愛でたあと、夕食にとピザ屋に向かいました。

*****************************************************
Bellissimo il Lago Trasimeno di color argento.

Alla riva crescono i cactus nelle scarpe e nelle gomme
e stavano per sbocciare i loro fiori eleganti.
Torricella sul Trasimeno, Magione (PG) 10/9/2017
*****************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-09-11 23:35 | Umbria | Trackback | Comments(6)

アルプス岩のトンネルと猫の妖しい関係、きてれつマックブック

 渓流や川の美しいイタリア・アルプスの渓谷、Val Grandeの山はひどく岩がちで、だからこそ水の流れが清らかで美しいのだと思うのですが、一方道路やトンネルを作るには、ひとかたならぬ苦労があったことと思います。

f0234936_5253021.jpg
Galleria della Val Grande 2/9/2017

 8月末から9月初めのピエモンテ旅行中、友人の車について進んでいたら、こんなふうに岩に穴を開け、

f0234936_5345372.jpg

道路を通行する車両の邪魔にならない程度の穴をくり抜いただけのトンネルが、いくつかあったので、びっくりしました。

 岩盤があまりにも強固なので、岩のかけらなどが崩れ落ちる恐れがまったくないと考えたからなのでしょうが、さまざまな角度から荒く削った跡がそのまま残る、ひどく素朴で、荒々しいつくりのトンネルです。

f0234936_5421644.jpg

 出口もこんな感じで、まさに「車の出入りが可能でさえあればいい」という心意気か、左右対称でないばかりか、線ががたがたで、なめらかではありません。日本庭園風に、自然の造形を最大限に生かし、加工を最小限に抑えてあるとも言えます。

 こういう岩をくり抜いただけのトンネルには、最近ピエモンテ・アルプスで何度か出会っただけではなく、6月のアブルッツォ旅行でも見かけたのですが、「削っただけ」という荒削り感が際立っていたのは、このトンネルです。

f0234936_5485284.jpg

 同一のトンネルでも、場所によって岩の削り方が異なり、また、車の照明の当たり具合や、通行時の速度によって写り方が違ってくるため、こんなふうに撮れた写真もあります。

 さて、おととい我が家の猫、ミミについて記事を書こうとしたとき、マックブックに保存した写真の中から、ミミの写真を探すのに、その調べ物をマックの写真アプリに任せ、「猫」とキーワードを入れて、猫の写真を検索したところ、「6件の可能性のある一致」として表れた写真の中に、

f0234936_5554494.png

ミミの写真に混じって1枚だけ、この直前の岩のトンネルの写真も入っていました。

 「猫」と言うと、人間の発想では、「四つ足の小さな動物で……」と言うふうに、条件を絞り込んでいきそうなものですが、コンピュータによる映像判断では、しま模様・まだら模様や色も、猫と判断する基準に含まれているのでしょうか。確かに「6件の可能性のある一致」という検索結果であり、はずれは1枚だけで、可能性はあっても実際には違うものが1枚あったというだけではあるのですが、それにしても、荒削りの岩のトンネルのように一見猫とはいっさい関係のなさそうなものを、写真のアプリケーションが「猫であり得る」と判断することもあるのだと、びっくりしました。言われてみれば確かに、車のライトを浴びたこのトンネルに、猫の毛並みに通ずるものがないとは言えません。おもしろいものです。

*************************************************************************************
Sorprendente galleria di roccia, Val Grande, Piemonte. 2/9/2017

Poi ancora più sorprendentemente
il MacBook ha elencato una fotografia della galleria rocciosa tra quelle del gatto, quando ho fatto la ricerca delle foto per la parola chiave, '猫' ('gatto' in giapponese).
E' vero che si assomiglino un po' gli aspetti, anche se sono totalmente diversi. 
*************************************************************************************

関連記事へのリンク
- 水と緑美しい渓谷で山歩き、イタリア ピエモンテ (3/9/2017)
- 今週はかまってちゃん猫 (8/9/2017)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-09-10 23:09 | Piemonte | Trackback | Comments(4)

中世の城塞の前におもしろテーブル、イタリア ウンベルティデ

 今日は夕方、ペルージャ北方にあるウンベルティデの町を散歩して、14世紀半ばに建てられたというこちらの城塞を訪ねました。

f0234936_5285273.jpg
Rocca di Umbertide, Umbertide (PG) 9/9/2017

 現在は、現代美術の展示会場になっているというこの美しい城塞を、わたしは、この春にペルージャへと戻るバスの中から見かけて、ぜひ近くから見てみたいと思っていたのです。

 わたしがお城の美しさに見とれていたら、夫が城塞の前に、おもしろいテーブルがあることに気づきました。

f0234936_5335862.jpg

 どちらのテーブルも、台には古い木の扉が使われています。そして、右のテーブルでは、台を支える部分にも、別の古い扉を切って使ってあり、左のテーブルでは、支えとして、古い自転車を用いています。

 よろい戸に美しい絵を描いて、室内装飾に使うなど、イタリアでは、古い木材などの乙な再利用に出会って、感心することが時々あります。木の扉をテーブルの台として再利用しているのは、これまでにも見かけたことがあったのですが、このウンベルティでのテーブルは、斬新な発想で、古い扉を下から支えいるので、びっくりしました。

********************************************************
Riutilizzo singolare della bicicletta e delle porte vecchie
nella costruzione dei tavoli.

Li ho trovati davanti alla bellissima Rocca di Umbertide.
Umbertide (PG) 9/9/2017
********************************************************

LINK
- TGUIDO - Alta Valle del Tevere - Umbertide

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-09-09 22:44 | Umbria | Trackback | Comments(4)

今週はかまってちゃん猫

 〜 犬は散歩に連れて行く必要があるなど手がかかる(high maintenance)けれども、猫は自立心旺盛で、それほどかまわなくてもいい(low maintenance) 〜

 今から23、4年前、英語学習にと受講していたヒアリグマラソンで、繰り返し聞いたカセットテープの音声の中に、こんな言葉があったのを、今も不思議とよく覚えています。

f0234936_5444421.jpg

 我が家の周囲にいる約10匹の猫たちは、半分野良猫であるためもあって、自立心旺盛で、ふだんは自分たちが気の向くように過ごし、何か食べたいときや、食べられるものがもらえそうなときだけ、ニャアニャアと近づいてくるような、そういうきらいがあります。そんな中、皆にかわいがられて、一番人になついているのはミミで、昼食中の義父母宅では、しばしばテーブルのそばに、番犬のように鎮座し、食事が終わって片づけを始める頃になると、自分にも何かくれるものはないんですかとばかりに、義母に近寄っていきます。夕食の時間は、まずは先に食事を始める義父母宅に行き、わたしが食事のしたくを始める頃には、うちの台所の窓の外に陣取っています。

 けれども、そのミミも、ふだんは食事のときを除けば、「かまってかまって」と寄ってくるときもあれば、知らんぷりでいることもあって、己の気の向くままといった風情です。二世代住宅の我が家には大勢いるので、近づけばだれかはかまってくれる人がいることを知っているからでもあるでしょう。

f0234936_5472264.jpg

 そのミミが、今週の日曜の晩に、わたしたちがピエモンテ旅行から帰ってからは、すっかりかまってちゃん猫になり、台所のよろい戸を開けたり、台所の電気をつけたりすると、すぐに窓辺にやって来ます。

 と言うのも、わたしたちが8月25日金曜日に、まずはリミニに向かうために家を出たその2日後、義父母も2週間の海辺での療養に出かけてしまったからです。これまではどちらの家の窓辺に行っても、だれかがいて相手をしてくれることが多かったのに、急に毎日閉まっているよろい戸を、1週間も見続けて、寂しくなったのでしょう。家には義弟が残ってはいたのですが、この2週間はちょうど夜勤に当たり、食事も自宅のある3階で取っていたため、ミミが会える機会は、朝晩エサをもらえるときくらいだったのでしょう。

 びっくりするほど人なつっこい甘えん坊になって、目が合うとすぐに突進してくるので、かわいらしいのですが、おかげで8月に撮影した冒頭の写真のように、全身の写真を撮ることはひどく難しくなりました。

 日曜には、義父母が戻るので、そうすればまたいつものマイペース猫に戻るのでしょうか。

************************************************
Da quando siamo tornati dal viaggio in Piemonte,
Mimi cerca di stare sempre con noi...
allora erano e sono ancora al mare i miei suoceri,
probabilmente si sentiva molto sola.
*************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-09-08 23:02 | Famiglia | Trackback | Comments(6)

暗雲と葛藤の中の山登り、テッツィオ山からトラジメーノ湖

 昔から夫は、心穏やかならぬときは、テッツィオ山に一人登り、歩いて心を鎮めていたそうです。山の家の改築に際しては、建築士やさまざまな業者の仕事がいいかげんで、困ることが多かったのですが、今日も夫は、専門家でありながらなおざりな仕事をしたと業者に対して憤りつつも、義父とつきあいの長い業者なので、不満を言うこともできないと、やりきれない思いを抱えながら帰宅しました。

 依頼された原稿を仕上げながら、同僚の先生たちからの応答を待ち、そろそろ夕食のしたくをしようかと考えていたわたしは、雨が降るという予報が出て、また黒雲が空を覆うときに、突然、「今からテッツィオ山に行こう。いっしょに来るよね。」と言われて、慌てたのですが、こういう様子の夫を一人にしておくのもどうかと、すぐに身じたくをして、出発しました。同僚の先生には、また明日お話ししましょうと、出発前に連絡しました。

f0234936_781070.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno visto da Miralago, Monte Tezio, Perugia 6/9/2017 19:37

 自然公園の入り口からトラジメーノ湖が見える場所までは、約30分山を登ります。今日は地平線を灰色の雲が覆っていたため、ちょうど太陽が厚い雲の層に入る前に、美しい空の色が、木々の向こうに見えました。

 わたしたちがようやく見晴らしのいいところに到着した頃には、空はさらに灰色になってしまっていたのですが、それでもトラジメーノ湖とオレンジ色の空が、遠くに見えてうれしかったです。山を歩いて、話したいだけ話して、夫も落ち着いたようです。

 夫もわたしも、雨をあてにして今日は庭には水やりをしなかったのですが、今のところ、うちの周囲にはまだ雨が降っていません。どうか夜の間にでも、明日の早朝にでも降ってくれますように。

************************************************************************************
Nuvole & Lago Trasimeno visto da Miralago al tramonto
Monte Tezio, Perugia 6/9/2017 19:37

Quando siamo arrivati, il grigio vinceva sui colori caldi, ma mentre salivamo, attraverso gli alberi ho intravisto belle luci arancioni e il riflesso del sole rosso sul lago.
************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

# by milletti_naoko | 2017-09-07 23:58 | Umbria | Trackback | Comments(4)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

シクラメン・夕日が彩るポルヴ..
at 2017-09-21 23:59
湖の幸と夕景、音楽も楽しめる..
at 2017-09-20 23:45
映画、『この世界の片隅に』、..
at 2017-09-19 22:42
夕焼けの湖を飛ぶフラミンゴ、..
at 2017-09-18 23:37
マック2本指すいすい移動の術..
at 2017-09-17 23:53

記事ランキング

タグ

(591)
(517)
(325)
(273)
(209)
(187)
(164)
(155)
(144)
(132)
(131)
(118)
(111)
(94)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、なんとザリガ..
by milletti_naoko at 07:51
Brava senor..
by tomio at 21:24
なおこさん、湖畔の街でも..
by ayayay0003 at 10:48
tomioさん、イタリア..
by milletti_naoko at 22:13
アリスさんも感動されたん..
by milletti_naoko at 21:42

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク