ミケランジェロの生家を訪ねて sanpo

 ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ(Michelangelo Buonarroti、1475-1564)が生まれた家は、アッペンニーニ山脈の山中にあります。(写真の左側の建物)

f0234936_192506.jpg

 場所は、トスカーナ州アレッツォ県のカプレーセ・ミケランジェロ(Caprese Michelangelo)という村です。カプレーセ村は、今は故郷が誇る偉大な芸術家の名と共に、このように呼ばれています。

f0234936_1933195.jpg

 警察署前の駐車場に車を置き、写真の右手に見える階段を登って、ミケランジェロの生家を訪れました。

f0234936_1945827.jpg

 夫が見ているこちらの看板には、ミケランジェロが生まれたこのカプレーセ村およびすぐ近くにあるキウーシ・デッラヴェルナ(Chiusi della Verna)村が、芸術家とその家族にとってどれだけ縁の深いものであったか、そして、ミケランジェロの作品のいくつかには、その背景としてキウーシから見たペンナ山およびラヴェルナ(La Verna)が描かれていることが、最近の研究で明らかにされた旨が説明されています。

f0234936_1955048.jpg

 階段、そして舗装された長い坂道を登って、ようやくミケランジェロの生家に近づきました。

f0234936_196269.jpg

 風情ある鐘楼の下の扉をくぐって、中に入ります。

f0234936_1964823.jpg

 これが、現在はミケランジェロ博物館となっている巨匠の生家です。

f0234936_197718.jpg

 最初の写真で左手に見える建物で、入場料の4ユーロを払います。屋内では、ミケランジェロや他のイタリアの芸術家に関連する本や絵はがき、周辺地域の景色の版画や絵はがきも展示・販売されています。

f0234936_1972315.jpg

 生家の1階には、ミケランジェロの彫刻作品の複製が並んでいます。

f0234936_1975430.jpg

 2階の奥には、ミケランジェロが生まれた部屋があります。生家の家具は、当時室内にあったものを詳細に記述した1507年の資料に基づいて、当時の様子を忠実に再現たものです。ミケランジェロが生きた時代の家具もいくつかありますが、本来この家にあったものではありません。また、上の写真に見えるベッドのように、20世紀初頭にルネサンス様式の家具を模倣して作られた家具もあります。

f0234936_1981834.jpg

 興味深いのはまた、2階の入り口にある部屋です。壁一面に、ミケランジェロの人生を描いた絵画、23枚の複製写真が飾られています。原画は、ミケランジェロのひ孫の依頼によって、1613年から1620年にかけて、フィレンツェの画家によって描かれたものだということです。

f0234936_1983963.jpg

 これらの絵画は、ミケランジェロの生涯で主要な出来事を表したものであり、たとえば、上の写真では、ミケランジェロが教皇に、サン・ピエトロの模型を見せている場面が描かれています。

f0234936_199041.jpg

 生家のすぐそばに別棟の美術館があって、同じ入場券で訪れることができます。写真の右手はミケランジェロの生家正面の壁で、左手に見えるのが美術館です。

f0234936_19102321.jpg

 これは美術館へと坂を登る途中に、撮影した写真です。

f0234936_19105847.jpg

 美術館の一部屋には、ミケランジェロの彫刻の複製作品が並び、巨匠の作品史を振り返ることができます。

f0234936_19111962.jpg

 他の広間には、様々な現代彫刻家たちの作品が並んでいます。

f0234936_19114053.jpg

 ミケランジェロの生家は、高い峰の上にあるため、四方の山々を見晴らすことができます。現代彫刻家の作品は、野外にもあちこちに設置されています。

f0234936_1912315.jpg

 わたしたちがここを訪れたのは、10月9日土曜日。秋の空と変わりゆく木の葉の色が美しい今日この頃です。

f0234936_19123093.jpg

 生家を訪れた後、その前にはだかる高い石壁の前にあるベンチに腰を下ろして、この美しい風景を楽しみながら、昼食のパニーノをほおばりました。

 置かれているミケランジェロゆかりの芸術作品はすべて複製なので、日本からはるばる来られる方が、そのためにだけ足を運ぶほどの場所ではないかと思います。ただ、聖フランチェスコにゆかりの深い聖地、ラヴェルナ(La Verna)(下の写真)のすぐ近くですから、もし旅行でラヴェルナを訪れる機会があって、日程に余裕があるようであれば、カプレーセ・ミケランジェロにも、足を伸ばしてみてください。

f0234936_19135090.jpg

 わたしたちも、この日はラヴェルナに向かう途中で、カプレーセに寄り道をしました。生家から駐車場へと下っていく途中にも、美しい山並みと変わりゆく木の葉の色を楽しむことができました。

f0234936_19151411.jpg

関連記事へのリンク/ Link
- ミケランジェロとラヴェルナ / Michelangelo e la Verna (27/10/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

# by milletti_naoko | 2010-10-11 12:22 | Toscana | Trackback | Comments(8)

ヨットで周遊、トラジメーノ湖

 今回は、昨年10月25日に友人たちとトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)をヨットで周遊したときの様子をお伝えします。

f0234936_6285864.jpg

 友人ルーカがカスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)のヨットクラブに属しているので、この日はリミニから来た親友たちと誘い合わせて、トラジメーノ湖畔、カスティッリョーネの港で合流しました。

f0234936_6294575.jpg

 船がカスティッリョーネをだんだん離れていきます。ルーカの指示に従って、皆でボートの運航に必要な作業を分担します。ルーカ同様、マヌエーラも船舶免許を持っています。

f0234936_6303177.jpg

 今回の船長、ルーカとフランコ。風の向きが変わるたびに、帆の角度を変えたり、帆を上げたり下ろしたりする必要があり、さらに時々立ちはだかる水草は避けて通らねばならず、皆が協力しながら、作業していかなければなりません。目的地は、トラジメーノ湖に浮かぶ3島の一つ、マッジョーレ島です。

f0234936_6311173.jpg

 わたしも必死で、恐い形相をしながら、何度か舵を取りました。カスティッリョーネの美しい城が遠ざかっていきます。

f0234936_6313046.jpg

 帆船は、だんだん湖畔から離れていきます。帆が風を受けて順調に進んでいる間は、ゆっくりくつろいで周囲の景色を楽しみました。

f0234936_6315013.jpg

 ようやく前方に、目的地のマッジョーレ島(Isola Maggiore)が見えてきました。

f0234936_632727.jpg

 奥の方、左手に盛り上がって見える部分に、カスティッリョーネがあります。町がこんなに小さく見えるところまで来ました。

f0234936_6323184.jpg

 午前10時半過ぎにカスティッリョーネの町を出発して、マッジョーレ島に、午後1時頃到着。皆で協力して、ご覧のように帆をたたんだヨットを、港に固定しました。

f0234936_6325186.jpg

 昼食を取ったのは、マッジョーレ島のレストラン、Ristorante L’Osoです。トラジメーノ湖で獲れる魚料理を中心とするおいしい料理を、手頃な値段で味わえる店です。食事中に、湖の美しい眺めを楽しむこともできます。この店が気になる方は、「猛暑対策と宿・レストランの選び方」という記事(リンクはこちら)の後半に、当時のメニューと値段の一覧表の写真がありますので、参考にしてください。

 ご覧のとおり人気のある店なので、朝から席を予約しておきました。

f0234936_6342156.jpg

 残念ながら料理の写真はありませんが、食事にすっかり満悦しているわたしたちの様子から、どれだけおいしかったか、ご想像できるかと思います。

f0234936_6344261.jpg

 親切な人に頼んで、店を出る前に、一行全員の記念撮影。

f0234936_635477.jpg

 昼食のあと、しばらく皆でマッジョーレ島を散歩してから、再びヨットで帰途につきました。島が少しずつ遠ざかっていきます。

f0234936_635245.jpg

 傾きつつある夕日が湖に光を投げかける中を、来たときと同じように、協力して、カスティッリョーネの港へと向かいました。

f0234936_636826.jpg

 離れつつあるマッジョーレ島を、名残惜しく眺めながら。

 マッジョーレ島には、年間を通じて、フェリーで行くことができます。自然も町並みも、そして湖の眺めの美しい島で、眺めはフェリーからでも十分楽しむことができますので、ウンブリア州にお越しの際には、ぜひ島を訪ねてみてください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

# by milletti_naoko | 2010-10-08 23:38 | Umbria | Trackback | Comments(2)

ピンクの妖精、フクシアと椿のつぼみ

 テラスのフクシア(fucsia)が美しい花を咲かせ始めました。

f0234936_0213232.jpg

 連日雨が降り、水がたっぷり補給された上、昨日から天気が持ち直して日も注ぎ、暖かくなったからかもしれません。

f0234936_0262944.jpg

 華やかなピンク色の衣装に身をまとった妖精が、空から降りてきたかのような、美しい色と形をしています。

f0234936_0233147.jpg

 お義母さんによると、夫の好きな花には移り変わりがあるということです。夫自身も、一時期フクシアに入れあげたときには、イタリアで手に入るほとんどの種を所有していたと言っています。

f0234936_028487.jpg

 フクシア、バラと対象が移り、今夫が最も大切にしているのはジャスミンの花たちです。好みがすぐに移り変わるのは幸い花だけで、他のことに関しては、物も友情も妻も、古いものをいつまでも長く大切にする人です。古いと言っても、わたしは40代に入った今も若いつもりでいますし、夫よりは7歳ほど年下です。

f0234936_0283485.jpg

 下から見上げると、風鈴のようで、どこから見ても愛嬌があります。

f0234936_0285924.jpg

 最近、わたしの気になっているのが、こちらの椿たちです。四つある鉢植えの椿のうち、すべてがつぼみをつけ始めて、少しずつ育っているのですが、特にこの椿のつぼみはとても大きくなってきています。

 夫は、「今から準備していても、咲くのは来年の春だよ。」と言うのですが、わたしはバラと同じで、椿も天候次第では二度咲きするのではないかと、ひそかに期待しています。つぼみの膨らみ具合が、ちょうど今年の春先と、よく似ているからです。

f0234936_031471.jpg

 というわけで、期待を込めながら、今年3月から4月にかけて、咲いていた我が家の椿(camelia)たちの様子をご披露します。

f0234936_0323326.jpg

 落ちた椿の花を、水をはった器に載せて、食卓に飾るというおしゃれな演出は、夫が思いついたものです。

f0234936_0325017.jpg

 ちなみに、器はイタリア製の和食器です。厚みのある陶器で少し重いのが難点ですが、雑貨店というよりは、食品以外は何でも売っているGrancasaという店で、和風の食器を見つけて、色合いや模様も気に入ったので、すぐに購入しました。お茶碗や湯のみのセットもあります。

f0234936_0331441.jpg

 一つの木から、色も模様もとりどりの花が咲いていて美しいのが、こちらの椿です。

f0234936_034433.jpg

 白や赤、ピンクを基調とした一輪の花の中にも、少しずつ色合いの変化があったりします。

f0234936_034293.jpg

 こちらは3年前に購入した鉢です。鮮やかな白に差す紅の色が美しい椿です。

f0234936_0345417.jpg

 椿の鉢植えは、すべてルッカ県で毎年3月に催される椿まつり(詳しくはこちら)で購入したものです。

f0234936_0352172.jpg

 こちらが、椿まつりが開催された、トスカーナの小村、Sant’Andrea di Compitoです。

f0234936_0354957.jpg

 こちらは、純和風の椿。今年の椿まつりの際に、わたしが日本を懐かしんで購入したものです。我が家は年中風が強いので、鉢が強風に倒れぬよう、対策を練りました。ペルージャでは土壌が石灰質、アルカリ性なので、酸性土を好む椿は、鉢で育てざるを得ません。

f0234936_0361254.jpg

 水をやりに行くたび、つぼみが膨らんでいく椿に、期待が募る今日この頃です。(後半の写真は、すべて今年の春に撮影。6枚目の緑のつぼみだけが、本日写したものです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

# by milletti_naoko | 2010-10-07 17:38 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(2)

夕焼けのトラジメーノ湖

 傾いていく太陽と雲が、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に映る様子が美しいので、思わず写真に収めました。

f0234936_2244434.jpg

 蘇軾が詩で称えた西湖のように、ウンブリア州の西に位置するトラジメーノ湖もまた、晴れた日だけでなく、雨の日、そして曇った日にも、それぞれの美しさで魅せてくれます。

f0234936_22445165.jpg

 写真は昨年10月18日に、ペルージャの西方にある湖畔の村、サン・フェリチャーノ(San Feliciano)で撮影したものです。

f0234936_2245112.jpg

 右手に見える緑の島は、湖に浮かぶ3島のうち、最も大きいポルヴェーゼ島(Isola Polvese)です。夏の間は、ポルヴェーゼ島へ、サン・フェリチャーノからフェリーで行くことができます。自然の美しい島はわたしたちお気に入りの散歩場所です。

f0234936_22462748.jpg

 こちらは、この日初めて訪れた村、モンテ・デル・ラーゴ(Monte del Lago)です。地名をあえて訳すと、「湖の山、湖畔の山」。車で通りかかったとき、石造りの建物に覆われた小高い丘が湖に突き出している様子が美しかったので、訪ねてみることにしました。

f0234936_22465112.jpg

 駐車場は湖畔にあります。夕陽が湖を少しずつ紅に染めていきます。

f0234936_2248390.jpg

 中心街へと登る階段を一歩、また一歩と登って行きます。奥の方、左手にマッジョーレ島(Isola Maggiore)、右手にミノーレ島(Isola Minore)が見えます。

f0234936_22485627.jpg

 湖畔に近い部分では、湖やオリーブ園の眺めが美しく、上に登ってくと、今度は石造りの町並みに風情があります。

f0234936_22494022.jpg

 沈みゆく日はやがて、石壁も赤く染めていきます。

f0234936_22503428.jpg

「人は悲しいと、夕日が見たくなる」と、星の王子さまが言っていますが、わたしの夫は、悲しいときに限らず、夕日を見るのがとても好きです。

f0234936_22505679.jpg

 おかげで、さまざまな場所からの美しい夕日を、わたしも眺めることができました。沈んでいく夕日には、いつも二人でこうあいさつします。

「さようなら。今日の日をありがとう。また明日も、どうかよろしく。」

f0234936_2251187.jpg

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

# by milletti_naoko | 2010-10-06 15:56 | Umbria | Trackback | Comments(0)

真紅の実と助け合い市

 鈴なりになった実の鮮やかな真紅が、緑の葉の中で映えています。

f0234936_1545032.jpg

 セイヨウサンザシ(biancospino)は、春に小さな美しい白い花で身にまとう木で、葉がギザギザの形をしているのが特徴です。

f0234936_156013.jpg

 ウンブリア州では、森の中を散歩するとよく見かける木です。春には真っ白な花、秋には真っ赤な実がなる、その自然の不思議。

f0234936_1562986.jpg

 ふだんは森の中で見かけるセイヨウサンザシの木ですが、今回はリッチョーネ(Riccione)郊外にある、アゴランティ城(il Castello degli Agolanti)(下の写真)へと登って行くその道の傍らに見つけました。

f0234936_1582667.jpg

 登り道の右手に、セイヨウサンザシの並木があったのです。それぞれの木の実の色が、真紅だったり、桃色がかっていたり、オレンジ色に近かったりと、微妙に違っていました。早熟の木と晩熟の木があるというほかに、空が曇って雨がちであったために、光の加減で色が違って見えたのかもしれません。

f0234936_1584677.jpg

 9月19日日曜日の午後、わたしたちがリッチョーネの中心で花市を訪れた(記事はこちら)あと、町の郊外にあるこの城に赴いたのは、助け合い市が催されていたからです。

f0234936_1591590.jpg

 大手の多国籍企業が、チョコレートやコーヒー、茶などの原料や伝統工芸品を購入する際に、第三世界の生産者にわずかな代金しか払わないことが、よくあります。こうした中で、連帯経済(economia responsabile)を目指して、生産者に正当な利益を返していける生産・流通・販売システムを築いて、商品を販売する場が、イタリアでは、こうした市だけではなく、たとえば町の中心街にもあります。

f0234936_1595481.jpg

 商品をいろいろ見て回ったあと、夫が何やら購入しています。

f0234936_20136.jpg

 買った商品はこちら。左から、ベルガモット風味の紅茶とジャスミン風味の緑茶で、値段は値札にあるように、それぞれ2.70ユーロ、2.80ユーロです。箱には、スリランカで有機栽培によって育てられたものだと書かれています。おもしろいのは日本では紅茶と呼ぶ品を、イタリア語ではtè nero「黒い茶」と呼ぶことです。確かに見ようによって、赤くも黒くも見えます。

f0234936_22424.jpg

 連帯経済をうたったこの市では、他にもエネルギーの消費を抑える環境にも家計にも優しい家造りをする業者や、手作りのパンやクッキーを販売する店も参加していました。奥の方には、皿の上に置かれた豆粒を箸を使って、別の皿まで運んでみようというコーナーがあります。中国人らしき女性やイタリア人女性たちが、悪戦苦闘する子供たちに、箸の使い方を教えていました。

f0234936_263494.jpg

 この市をわたしたちが訪ねたのは、友人のシモーナが市に参加して、商品を販売していたからです。品物は、ロマーニャの伝統技法で絵柄をつけた布製品。(記事はこちら)昨日の記事でも書いたように、今回わたしは、エプロンとビニール袋収納袋を購入しました。

 この市や連帯経済に興味がある方は、以下のサイトを参考にしてください。いずれも市が立つ前に、イタリア語で書かれたものです。

LINK↓↓
Romagna Informazioni – Festival Ecomia 2010, incontro su economia solidale a Riccione
ECOMIA – Festa dell’Economia Solidale e Responsabile

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

# by milletti_naoko | 2010-10-04 19:10 | Feste & eventi | Trackback | Comments(0)


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

映画、『この世界の片隅に』、..
at 2017-09-19 22:42
夕焼けの湖を飛ぶフラミンゴ、..
at 2017-09-18 23:37
マック2本指すいすい移動の術..
at 2017-09-17 23:53
それでも二人 愛の力、結婚式..
at 2017-09-16 22:21
ツナ缶秘密工作の悲喜劇
at 2017-09-15 23:56

記事ランキング

タグ

(589)
(516)
(325)
(273)
(209)
(187)
(164)
(155)
(144)
(132)
(131)
(118)
(111)
(94)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

tomioさん、イタリア..
by milletti_naoko at 22:13
アリスさんも感動されたん..
by milletti_naoko at 21:42
のりーなさん、北海道の湖..
by milletti_naoko at 21:27
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 21:26
coimbraさん、イタ..
by milletti_naoko at 21:20

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク