スミレ美し行きずりの町、マルケ

 昨日土曜日は、夫の車で遠出をしました。出発前に行き方を調べ、地図にもしるしをつけていたのですが、無料高速道路から下りる予定だった出口が工事中で、進入禁止になっています。そのため、グーグルマップのカーナビ機能を利用したのですが、要所に道案内の標示がなかったこともあり、道に迷い、遠回りをして、目的地から少し離れたサッソフェッラートというマルケの町に通りかかりました。

f0234936_8383099.jpg
4/3/2017

 せっかくだから訪ねてみようと夫が言い、駐車場に車を置いて町を歩くと、白いスミレや、赤みがさしたサボテンが、とてもきれいな広場があります。

f0234936_8382589.jpg
Sassoferrato (AN), Marche

 丘の上の中心街は、中世の街並みが残っていて風情があります。幸い今回の地震の被害はなかったとのことなのですが、過疎化のためか住民は少なく、中心街の教会はすべて閉まっていて、ボランティアの人に電話して頼まないと、訪ねることができないとのことです。

 町を散歩したあと、観光案内所の人に勧められて、町はずれの修道院を訪れたものの、残念ながら閉まっています。そのあとは、再び道に迷いながら、本来の目的地に向かいました。

************************************************
Violette bainche e cactus che sembrano fiori,
i segni di primavera trovati
a Sassoferrato, bel paesino delle Marche. 4/3/2017
************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-03-05 23:59 | Fiori Piante Animali | Comments(2)

絶壁の里にも春、トスカーナ アルノ渓谷

 まだ2月も半ば、2月19日に、断崖の眺めを楽しみながら小道を歩いていたら、夫が

f0234936_8185530.jpg
Castelfranco di Sopra (AR) 19/2/2017

ひそやかに咲くかわいらしい花を見つけて、教えてくれました。

f0234936_827749.jpg

 麦畑やブドウ畑の間に伸びるトレッキング・コースを歩いていくと、小川に出会い、それからは道が小川に沿って進んで行きます。

f0234936_8221914.jpg

 小川のそばでは、つぼみが育ったスイセン(narciso)も見つけました。

f0234936_8392071.jpg

 さらに先に進むと、「硫黄水の水源」(sorgente dell'acqua zolfina)という道しるべがあり、傍らの階段を下りて、小川の岸辺に出ると、

f0234936_8443794.jpg

川の向こう側に、硫黄水の水源があります。この水の通り道は、地面や枯れ葉の色が、他の部分と違っています。

 先に水源に着いた夫が、「煮えたぎるようで熱いよ。90度くらいあるんじゃないかな。ちょっとだけ触ってみたら。」と言うので、そんなに熱いなら触る気はないと答えると、「ほんのわずかの間なら何も起きないよ。」と夫が返します。そこで、さっと手を出して硫黄水に触れ、すぐに手を引っ込めたのですが、ちっとも熱くありませんでした。例によって、夫の冗談だったのです。

f0234936_849843.jpg

 硫黄水は、水源から出てすぐに、この小川に流れ込みます。写真の右手に、土手から岸辺に下りる階段の木の手すりが写っています。

 実は、本来のトレッキング・コースでは、この階段を通って、硫黄水の水源へと下りるようになっているのですが、せっかちな夫はその少々手前に、土手が低くなっている場所を見つけて、川原に下り、そのまま小川に沿ってここまで歩きました。わたしもうっかり夫について川岸を歩いたら、川はきれいなのですが、歩きにくくて大変でした。

f0234936_8555336.jpg

 この日は、イタリアで最も美しい村の一つであるトスカーナのカステルフランコ・ディ・ソープラの中心街を訪ねたのですが、観光客の少ない2月の日曜日は、多くの店が閉まり、寂しい風情でした。中心街のバールで、中にいた人に尋ねたら、「独特だから、ぜひ訪ねてみるといい」と教えてくれたのが、このアルノ渓谷の断崖(Balze del Valdarno)です。

 こうして断崖が見え始めてきた場所に車を置き、散歩を始めました。駐車した車の前方、上の写真の右手には、ブドウ畑が広がっています。

f0234936_925156.jpg

 トレッキング・コースのうち、わたしたちは、上の地図の写真にピンクの矢印で示した場所から、ピンクの四角で囲んだ硫黄水の水源まで歩いて、再び出発地点まで引き返しました。

 思いがけず、不思議な断崖の眺めを楽しみながら、緑の中を歩くことができて、うれしかったです。

****************************************
I piccoli fiori e boccioli sui rami,
i boccioli di narciso lungo un ruscello,
sta arrivando la primavera anche nella pianura
tra le balze del Valdarno. 19/2/2017
****************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-03-04 23:59 | Toscana | Comments(3)

ヒヤシンスとミミ

f0234936_8344388.jpg

 今日は庭の片隅で、ヒヤシンスの小さな花が、一つ咲いているのを発見しました。

f0234936_8352618.jpg

 4年前、2013年3月に植えた球根は、すっかり放任しているというのに、毎年冬の間から少しずつ準備を整え、春にはきれいな花を咲かせてくれます。これから次々に花が咲くのだろうと思うと、今からとても楽しみです。

f0234936_83825.jpg

 日ざしが暖かくなって、ミミもうれしそうです。その変な黒いものを、わたしに向けるのはやめて、早くいっしょに遊びましょうと、目で語っているような、そんな風情です。

******************************************
Il primo fiore dei giacinti del nostro giardino

cresciuti dai bulbi da noi piantati nel marzo 2013.
Questo anno ci sono meno boccioli,
ma i nostri giacinti fioriscono ogni primavera
e ci rallegrano. 3/3/2017
******************************************

関連記事へのリンク
- 花咲け花咲け春の庭 / Viva la primavera! (24/3/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-03-03 23:59 | Fiori Piante Animali | Comments(0)

美しい月と花粉症その後

f0234936_7585574.jpg
1/3/2017

 昨夕は、うちの窓から、夕焼け色がまだほんのり残るたそがれの空にかかる、

f0234936_85851.jpg

それは美しい月が見えました。

 よろい窓を閉めた頃には、さらに西に傾いた月の近くに、金星が輝いていて、それはきれいでした。紺碧の空にきらめく月と金星があまりにも美しいので、写真に撮ろうとしたのですが、わたしの腕とカメラでは、ほっそりとした月が太ってしまい、金星のきらめきも、その放つ細やかな光の筋がとらえられないので、あきらめて、目と心に収めました。

 昨晩の記事で、今年は花粉症の症状が軽いようだなどと書いたら、今日は朝から目がかゆく、くしゃみ・鼻水などの症状もさらに悪化して大変でした。例年に比べると、それでもまだ軽いのですが、今日はうちと学校で過ごし、外にいたのはその往復の間だけで、この状況です。しばらくまじめに食事療養と薬草療法を続けるつもりでいます。

 幸いというか何と言うか、他の先生方も先月末の期限にはとても間に合わない状況の人が多かったおかげで、学校側が締め切りを来週の末まで延期してくれました。わたしも、早めに提出できるようにと、日々のノルマを決めて取り組んではいたのですが、プリンターの故障に、家庭の事情、先週は友人たちがミジャーナに遊びに来て、せめて週末くらいはといっしょに過ごし、この数日は、睡眠時間を削り、時に食事の時間も後ろにずれ込み、瞑想講座も聞かずに、仕事に集中したのですが、2月末には間に合いませんでした。

 まあ、締め切りの延長を、学校側が早くから教えてくれていたおかげで、週末はミジャーナに行くことに決め、ブログの記事やインスタグラムの写真1日一つのノルマは何とかこなし、洗濯や掃除も必要に駆られてしているのではあります。ただ、昨年分の翻訳の報酬をまだ払ってくれていない企業などに、また請求のためにメールを書かなければならず、すっかり発行が滞っているイタリア語学習メルマガやさぼっているフランス語学習に着手しなければいけないのに、年明けから、この学校の大仕事の片がついてからと、先延ばしにしている状態ですので、学校が延長してくれた締め切りを待たず、遅くとも来週火曜日には提出できるように、頑張るつもりでいます。今晩も11時半過ぎまでは、新しいMacBookで仕事をしていたのですが、ようやくMacBookやiBook Authorにも慣れ、ペースが上がってきました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-03-02 23:59 | Altro | Comments(2)

花粉症、ミモザ、四旬節と身体の浄化

 今のところ、例年に比べるとかなり症状が穏やかなのですが、先月から、花粉症の症状が、目や鼻に現れてきています。ペルージャの我が家の近所には、庭木のある家が多いのですが、イタリアでこの時期飛散して、花粉症の症状を引き起こすのは、ハシバミ(nocciolo)やイトスギ(cipresso)で、近所に木があり、今日は天気がよく風が強いため、花粉も大気中にたくさんあったようです。(詳しくはこちら

 友人や同僚、わたしが英語を教える中学生の少女のお母さんが、ずいぶん前から花粉症の症状に苦しんでいると聞きましたので、ひょっとしたらずっと続けてきた薬草療法や食事療法(詳しくは)が、ようやく功を奏してきたのかもしれません。

 とは言え、薬草療法については、本来花粉症の時期の2、3か月前から服用しなければいけないクロスグリの芽の液(gemmoderivato di ribes nero)を、今年は症状が出始めた先月になってようやく服用し始めました。それでも、免疫力を高めるというイラクサのハーブティーやアマーロ・ズヴェデーゼを、肩の痛みを緩和するためにとしばしば摂取していたので、それがよかったのかもしれません。

f0234936_8113513.jpg

 昨日は、空がどんよりと曇り、1日中激しい風が吹き荒れ、夜中にかなり雨が降りました。そのおかげか、今日は風こそ強いものの、朝から空が晴れ上がり、庭のミモザの花も、日の光を浴びて、いっそうきれいに見えました。

 イタリアでは、昨日火曜日が謝肉祭(carnevale)の最終日、懺悔の火曜日(martedì grasso)で、今日、灰の水曜日(mercoledì delle ceneri)から四旬節(quaresima)が始まります。(詳しくはこちら

 キリスト復活を祝う復活祭前の約40日間、節制を保つべき四旬節中の金曜日および灰の水曜日だけは、断じて肉を食すべからずという説教を、以前に教会で聞いたことがありますし、義父母もかたく守っているため、うちもそれに倣っています。

 花粉症対策のためにと、花粉症の季節以外にも、できるだけアルコールや乳製品、白砂糖、サラミ・サルシッチャなどのひき肉を腸詰めにした加工食品を避けているのですが、この週末は、友人たちが来ていたこともあり、ピザに、ゴルゴンゾーラやサルシッチャを使った料理、さらにはバールで生クリームとイチゴのシュークリームまで食べてしまい、花粉症の症状が目立ってきたのは、そのためかもしれませんし、体重が増えてしまったのは、まさしくそのためでしょう。

 四旬節は、もともとは冬の間、寒さを乗り切るために脂肪分の多いものを取りがちであるため、春に向けて体を浄化しようという暮らしの知恵と重なっていたようです。そう言えば、2年前、マルケの薬草学講座で、春に向けて浄化を促す食生活について、かなり詳しく教わりました。(詳しくはこちら)今夜はもう遅いので、明日仕事の山が片づいてから、じっくり読んで、体の浄化に役立てたいと考えています。花粉症と減量にも役立つでしょうから、一石三鳥です。

関連記事へのリンク
- 花粉情報、イタリア&ウンブリア
- 花粉症、薬草療法と食事療法
- 花粉症、今なら間に合う薬草療法
- 謝肉祭の終わり、お菓子と四旬節、肉料理
- 春に向け浄化促す食生活

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
  

# by milletti_naoko | 2017-03-01 23:59 | Fiori Piante Animali | Comments(5)