タグ:ウンブリアを訪ねて ( 553 ) タグの人気記事

アッシジへと歩く旅2

f0234936_23153764.jpg
アッシジの聖フランチェスコ大聖堂 / Basilica di San Francesco, Assisi 17/4/2011


 目指すはアッシジ(Assisi)聖フランチェスコ(詳しくはこちらの三つ目の記事)の生地で、聖人にゆかりの教会や場所の多い町です。

 La meta è Assisi, città natale di San Francesco.

f0234936_2316583.jpg

 冷たい風と雨に打たれながら、スバージオ山の高みにある十字架を目指して歩きます。十字架は、赤い矢印で示したところに立っています。

 Colpiti dal vento e dalla pioggia proseguivamo il sentiero verso la croce segnalata nella foto sopra con la freccia rossa.

f0234936_23172491.jpg

 ようやく十字架にたどり着きました。眼下にはアッシジの町が見え、眺めはすばらしいのですが、吹きつける風の冷たさに、一同すぐに、折り返して山を下り始めます。

 Finalmente siamo arrivati alla croce; il vento era così forte e freddo che tutti hanno ripreso subito il cammino.

f0234936_23174788.jpg

 そうです。ようやく長い登り道が終わり、あとは、アッシジまで下り道です。

 Ora scendevamo sempre giù verso la città di Assisi.

f0234936_2318201.jpg

 ここまでの道中にも自生の水仙(narciso)の花を時々見かけたのですが、アッシジへと下る途中に、一面に白い水仙の花が咲きほこっている場所がありました。

 Mentre scendevamo, ci siamo imbattuti in un luogo meraviglioso, pieno di narcisi spontanei.

f0234936_23194154.jpg

 長い山道のあちこちに野生のアスパラガスが生えていて、わたしも目にしたアスパラガスは、摘み取って生のまま食べたり歩いたりしていました。山育ちの夫は、おいしそうなアスパラガスがいくつもいくつも目の前に現われる誘惑に勝てなくなったのでしょう、途中から、時々道から逸れて山に踏み入り、アスパラガスの収穫に励み始めました。

 Lungo il sentiero si trovavano moltissimi asparagi selvatici. Mio marito ha cominciato a raccoglierli e anche io e alcuni altri, pur in misura molto inferiore.

f0234936_2321405.jpg

 トレッキング・コースは、やがて道路に行き当たり、しばらく車道を歩くことになりました。道路を歩き始める直前に、フランコと出会いました。フランコは、今朝リミニを出発し、アッシジから、わたしたちと合流するべく、スバージオ山を登っていたのです。一人増えて、総勢9人となり、皆でアッシジを目指します。

 Mentre scendevamo, abbiamo incontrato Franco che ci è venuto incontro partendo a piedi da Assisi.

f0234936_2322029.jpg

 車道の傍らにも、さまざまな野の花が咲いていました。
 Anche lungo la strada si trovavano bei fiori di montagna.

f0234936_23222059.jpg

 こうして、午後3時過ぎに、アッシジの町から離れた山中にある、カルチェリの庵(Eremo delle Carceri)に到着しました。

 Verso le 15.15 siamo arrivati all’Eremo delle Carceri.

f0234936_23242793.jpg

 聖フランチェスコが、世の喧騒から逃れて、瞑想と祈りにふけるために、しばしば訪れていたのが、このカルチェリの庵です。古い庵があったこの地に、15世紀、シエナの聖ベルナルディーノが小さな修道院を建てさせたということです。

 San Francesco si ritirava spesso in questo eremo a contemplare e a pregare. Nel XV secolo sull’antico eremo San Bernardino da Siena fece costruire un convento alla semplicità francescana.

f0234936_23245163.jpg

 カルチェリの庵を訪ねたあとは、再びアッシジを目指して、歩き始めました。十字架が立っていた場所(赤い矢印で示してあります)が、もうこんなに小さく見えます。

 Dopo la visita dell’Eremo, abbiamo ripreso il cammino. Si vedeva già così piccolo e lontano il luogo dove si ergeva la croce.

f0234936_23251775.jpg

 急な下り坂を苦労しながら、下りに下って、ようやくアッシジの町の高みにある城塞、Rocca Minoreの近くまでたどり着きました。

 Era faticosa anche scendere perché la discesa era ripida. Finalmente è comparsa la Rocca Minore di Assisi davanti ai nostri occhi.

f0234936_23254497.jpg

 ようやくアッシジの町の城門、カップッチーニ門(Porta Cappuccini)にたどり着いたのは、午後5時を過ぎた頃でした。

 Verso le 17.00 siamo arrivati alla Porta Cappuccini, ingresso alla città di Assisi.

f0234936_23271148.jpg

 門の前で、皆で記念撮影。わたしが歩いたのは土曜日だけですが。マヌエーラたち4人は、日曜日にリエーティ県のポッジョ・ブストーネを出発し、毎日20km近くもの距離を、1週間歩き通して、アッシジに到着したので、感慨もいっそう深いものがあったことと思います。わたしの夫も皆と共に日曜から木曜まで巡礼を続けたのですが、金曜に合唱団で歌わなければいけなかったため、1日だけペルージャに戻り、土曜の朝に再び、巡礼に合流したのです。

 Foto insieme davanti alla porta. Ho camminato solo sabato, ma la metà del gruppo è arrivata ad Assisi dopo una settimana di camminata, partendo da Poggio Bustone (RI) domenica 10 aprile. Anche mio marito aveva camminato insieme da domenica a venerdì, ma era dovuto tornare a Perugia venerdì per un impegno ed è ripartito di nuovo sabato mattina con me. Sarebbero stati molto emozionati quelli che hanno camminato da Poggio Bustone per arrivare fin qui.

f0234936_23274050.jpg

 と言っても、宿はまだまだ遠く、アッシジの町を縦断した、さらにその下方にあります。美しい町並みを楽しみながら、最後の力をふりしぼって、歩き続けます。

 Tuttavia, l’alloggio era ancora lontana e dovevamo camminare attraversando la bella città di Assisi.

f0234936_2328636.jpg

歩きに歩いて、ようやく町はずれにあるこちらの宿、 Ostello della Paceに到着したのは、午後6時直前のことです。宿の庭に咲く藤の花を眺めながら、思わず芭蕉の句が頭に浮かび、この俳句を、初めて真の意味で、理解できたような気がしました。

  草臥(くたび)れて宿かる頃や藤の花  

 Finalmente siamo arrivati al nostro alloggio, l’Ostello della Pace. Erano quasi le 18.00 e nel suo giardino ci salutavano i fiori di glicine. Mi è venuta in mente subito una poesia haiku di Basho e forse solo in quel momento ho capito l’essenza della poesia.

  草臥(くたび)れて宿かる頃や藤の花
  Affaticato,
  mentre cerco albergo,
  mi scopro sotto i fiori di glicine.

f0234936_23314089.jpg

 この日の夕食は、ペルージャやエミリア・ロマーニャ州から他の友人たちも駆けつけ、子供連れの友人も多かったため、それはにぎやかなものになりました。前菜は、夫が中心になって収穫したアスパラガスの卵焼き。とてもおいしかったです。

 Per cena sono arrivati altri amici da Perugia e dall’Emilia Romagna, molti con i figli. Dopo un agrande camminata, era molto piacevole la cena insieme; è iniziata con la frittata di asparagi raccolti da noi ed era buonissima!

直前の記事へのリンク / LINK per l'articolo precedente
- アッシジへと歩く旅1 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte1

記事の続きへのリンク / LINK per gli articoli successivi
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola
- アッシジを歩く2 ~お食事編 / Passeggiata ad Assisi2 - pranzo
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3

参考資料 / Riferimenti web e bibliografici
- Assisi Ostello della Pace - HOME
- A.M.Seracchioli, “Di qui passò Francesco. 350 chilometri a piedi o in bicicletta tra La Verna, Gubbio, Assisi… fino a Rieti”, Terre di mezzo, 1994.
- S. Maiarelli, “Guida storico-artistica Assisi. Itinerario francescano”, Edizioni Porziuncola, 2006.
- Matsuo Basho, “Poesie. Haiku e scritti poetici”, La Vita Felice, 1996.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-21 16:35 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)

アッシジへと歩く旅1

f0234936_16405735.jpg

 4月16日土曜日は、ペルージャの南方にあるスペッロ(Spello)から、アッシジ(Assisi)まで、約25kmを歩きました。朝7時22分の電車で、夫と共にペルージャ駅を出て、8時頃、スペッロ駅に到着。駅から町に向かって歩いて行くと、スペッロの町並みが、朝の光に、美しく浮かび上がっていました。

 Sabato 16 aprile abbiamo passeggiato da Spello ad Assisi - camminata di circa 25km. Io e mio marito siamo arrivati a Spello con il treno alle otto.

f0234936_16413524.jpg

 友人たちとの待ち合わせ場所は、町の最も高い場所。花とイタリアの国旗に飾られた町の坂道を、二人でひたすら上って行きます。

 Salivamo per le vie verso la parte più alta della città dove avremmo incontrato gli amici.

f0234936_1642294.jpg

 町の高みにある城門で、9時前に友人たち一行と落ち合い、スバージオ山へと向かう小道を登って行きます。

 Abbiamo incontrato gli amici prima delle nove. Dopo saluti e baci, salivamo per il sentiero che conduce da Spello verso il Monte Subasio.

f0234936_16423184.jpg

 道沿いには、オリーブの木々が並び、真っ赤なヒナゲシ(papavero)が、緑の山に彩りを添えています。

 Lungo il sentiero era vivace il rosso dei papaveri in mezzo al verde degli olivi e delle erbe.

f0234936_16431386.jpg

 スペッロの町が少しずつ遠ざかっていきます。
 A mano mano si allontanava di più la città di Spello.

f0234936_16434036.jpg

 坂道を上って行く途中、野原を見つけて、最初の休憩。このとき、午前10時15分。
 Alle 10.15 abbiamo trovato un bel prato per riposarci.

f0234936_16535391.jpg

 CAI(Club Alpino Italiano、イタリア山岳クラブ)の50番トレッキング・コースを歩いて行くと、道はやがて、スバージオ山自然公園の中を進むようになりました。

 Seguendo il sentiero CAI 50, siamo entrati nel Parco del Monte Subasio.

f0234936_16445687.jpg

 道端には、さまざまな野の花が咲いています。色鮮やかなシクラメン(ciclamino)が、群れをなして咲いているところも、たくさんありました。

 La collina era oranata da diversi fiori spontanei. Ci salutavano spesso i fiori dei ciclamini, allegrandoci con il bel colore rosa.

f0234936_16454753.jpg

 ひたすら山道を登り続けて、こちらの泉、Fonte Bregnoに出会いました。
 Dopo una salita lunga e faticosa, abbiamo incontrato la Fonte Bregna.

f0234936_16555367.jpg

 泉のすぐ近くに山小屋やベンチがあり、眺めもいいので、ここで昼食休憩。パンやチーズ、クルミなどを、分け合って食べました。食事を始めたのは、ちょうど正午を過ぎた頃です。

 Accanto alla fonte abbiamo trovato un bel panorama, il rifugio, una panchina comoda. Era mezzogiorno, preparavamo il pranzetto con pane, formaggio, noci ecc. per mangiare insieme.

f0234936_16462748.jpg

 昼食後は、横に長い台形形のスバージオ山の斜面を、さらに高みを目指して、歩いて行きました。
 Dopo pranzo salivamo sul Monte Subasio ancora verso l’alto.

f0234936_1646512.jpg

 午後1時頃、見晴らしのいい草原で一休み。目的地のアッシジが、ようやく見えてきました。赤い矢印で記してあるのが、アッシジの町です。

 Verso le 13.00 ci ripsavamo sul prato panoramico. E’ apparsa finalmente la città di Assisi pur ancora piccola e lontana. Nella foto è segnalata con la freccia rossa.

f0234936_16471461.jpg

 歩いて来た方角を振り返ると、スペッロはもう山影にあって見ることができず、遠くの山々は霞に包まれています。

 Voltandosi indietro, Spello non si vedeva più, nascosta dalle colline. Le montagne lontane erano velate dalla foschia.

f0234936_16473834.jpg

 再び歩き始めたその前方は、暗い雲に覆われていました。山頂近くは、冷たい風が吹きすさび、パラパラと振りつける雨には、時折氷も混じっていました。

 Una grande nuvola nera incombeva su di noi. Tirava un forte vento freddo e cadeva la pioggia a volte mista a giaccio.

f0234936_1648427.jpg

 仲間たちに、そして、美しい花や景色に励まされながら、さらに先へと歩いて行きます。(つづく)
 Proseguivamo il sentiero, incoraggiati dai compagni, dai fiori e dai panorami. (continua)

関連記事へのリンク / LINK per gli articoli successivi
- アッシジへと歩く旅2 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte2
- アッシジを歩く1 ~ポルツィウンコラ / Passeggiata ad Assisi1 – Porziuncola
- アッシジを歩く2 ~お食事編 / Passeggiata ad Assisi2 - pranzo
- アッシジを歩く3 / Passeggiata ad Assisi3

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-20 09:57 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(12)

日本を愛する心

 来週月曜日から、新しい職場で、日本語を教えることになりました。

f0234936_84751.jpg

 こちらが、その学校です。教会ではないか、と思われる方も多いでしょう。それもそのはず、もともとは教会、修道院であった施設が、その後、軍人病院になり、今はイタリア国外に勤務することが決まった軍人のための、外国語学校として使われているのです。このサンタ・ジュリアーナ(Santa Giuliana)、近所を通ったことは何度もあったのに、まさか中に軍人さん向けの語学学校があるとは、思いもしませんでした。

 お義母さんは、以前に軍人病院であった頃に、一般の人も通院することができたので、何度か足を運んだことがあるそうです。

f0234936_8473336.jpg

 最初の写真には写っていないのですが、建物は広大で、教会の左側に隣接しています。手前にベンチがあるのは、周囲が公園として、一般に開放されているからで、そのため、散歩に訪れている人も何人かいました。

 いつもペルージャ外国人大学でチームを組んで教えている先生方に誘っていただいて、4月4日から、3か月間、この学校で日本語を教えることになりました。と言っても、生徒は、すでに東京の大使館への勤務が決まった軍人の方1名です。月曜日から金曜日まで、毎日1日6~8時間、週に計34時間の、言わば日本語集中特訓講座です。さらに授業は1対1の個人授業で、3人の教師が、交代で教えることになります。

 というわけで、最近は、授業の打ち合わせや、必要な書類の提出のために出かけたり、授業計画を立てたり、授業の準備をしたりと、何かと慌しく過ごしています。

 高校で12年間国語を教えたあと、「わたしは勉強をするのが好きだから」と、まずは語学留学、そして、イタリアの大学での学習と、学ぶのに没頭できる月日を満喫しました。それが、外国人大学の先生に頼まれて、日本文学の授業の講演をしたり、イタリア語教育の授業中に、先生や他の学生の前で、発表をしたりする機会があったときに、自分は教えることが好きなのだということを、実感しました。聞く人が楽しめるように、よく分かるように、十分に準備をするのも、そうして、聴衆の顔を見ながら、手際よく、関心を引きつけながら説明していくのも…… 久しぶりに教壇に立ったとき、話を始めたとき、すぐに、「ああ、自分は今本当に生きているな。」という不思議な実感があったのです。

 日本と言うと、天皇、侍…と考えがちなイタリアの人にとって、平安文学の世界や俳句は意表をつく上、興味深いようでもあり、もともと古典の好きなわたしは、大学の日本文学の授業では、いつも奈良時代から江戸時代までの、古典作品を扱っています。

f0234936_8475614.jpg

 自分が本当に好きな仕事をして、お金を稼げるのは、ありがたいことだな、と思います。かつて公立高校の教員として働いていたときほどの安定した仕事や収入は、イタリアでは得られるはずもないと思いつつ、それでも、以前、高校生たちに、文学作品の魅力や言葉を学んでゆく楽しさを教えたように、日本語や日本文学の授業を通して、イタリアの、そして世界から来た学生たちに、少しでも、その魅力が伝わり、興味を抱き続けてもらえたらと思い、自分自身が楽しみながら、教えています。

 今回教える方については、特に震災のこともあって、日本に赴任する前から、日本や日本文化を愛してもらえるような授業ができたら、と思っています。こうした要の場で働く人が、一人でも日本を思ってくれれば、その気持ちは、水面に小石を投げ込んだときのように、少しずつより大きな輪になって広がっていくと思うからです。

 さて、明日(もう今日ですね)は、夫が山に散歩に行こうというので、遅くまで授業の準備をしたあと、もう寝ようかと思ったその前に、思いついて、こちらの記事を書きました。寝る前に書く文章は感情的になりやすいから、手紙は朝読み直してから送るように、と遠い昔にどこかで読んだ気もしますが、時間もないので、このまま投稿します。校正は明日山から帰ってから、日本時間ではもう皆さんが再び眠りにつかれたあとになりますので、もし何か不備がありましても、どうか大目に見てくださいませ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-04-02 01:55 | Insegnare Giapponese | Trackback | Comments(14)

悲しみの聖母

 昨日、3月27日日曜日の午後、夫の属する合唱団、コラーレ・テティウム(Corale Tetium)が、キリストの受難と聖母マリアの悲しみを、合唱と朗読を通じて描き出す聖劇、『Mater Dolorosa』(悲しみの聖母)に、参加しました。

f0234936_21274788.jpg
2010とあるのは、2011の間違いです。


 会場は、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会(Basilica di Santa Maria degli Angeli)です。

f0234936_213064.jpg

 教会内は、撮影禁止ですので、聖劇(sacra rappresentazione)の行われた様子は、文章でご説明します。

f0234936_2130369.jpg

 こちらが、コラーレ・テティウムが、今回歌った歌です。『Stabat Mater』(悲しみの聖母)などの聖母の心痛を歌い上げる歌、イエス・キリストの受難を語る歌が、並んでいます。

f0234936_21305580.jpg

 歌の合間に、朗読者が、最後の晩餐から、イエスの裁判、十字架上での死まで、聖母マリアの苦しみや心の叫びに重点を置いて語った文章を、読み上げていきます。朗読者は男女二人。登場人物の発する言葉については、読むというより、むしろ声高に演じる形で、聴衆を引き込んでいきます。

f0234936_21311315.jpg

 朗読はやがて、イエスが復活を前に、アダムたちと出会い、自らの死を通じての神による人類の救済、神の愛を説く場面で終わりました。この場面に続いて、合唱団が、神の愛をたたえた『Ubi Caritas』を歌い、聖劇をしめくくりました。

 合唱団は、このあと続いたミサの間も、教会付属の合唱団と共に、聖歌を歌いました。ミサの説教の中では、「のどの渇きをうるおす普通の水、飲んでもやがてのどが渇けば再び必要となる水」と「魂の渇きをうるおし、もう水が必要ではなくなる水」が対比されていました。後者は、本来はキリストの教えや神の愛のたとえなのでしょうが、カトリック教徒ではないわたしは、この対比に、「いつまでも飽くことのない物への欲望」と、「心の充足、物がない中でも満足できる心の在り方」との対比を、重ね合わせながら聞きました。今、震災や経済危機で、日本の物質的豊かさが揺らぎつつあるときに、真に大切な豊かさ、心の豊かさが、日本の皆さんの中に息づいていることが、すばらしいと思います。艱難にあっても、強く、前向きに生きる被災地の方々、そして、それを支える日本の皆さんの在り方。

 冬のあとに春が訪れるように、受難と死のあとにキリストが復活するように、そして、イエスと聖母の苦しみの大きさの分だけ、復活の際の喜びがいっそう大きいように、今回の大地震を経ても、日本は、国民どうしが苦難を通じてより団結し、お互いを思いやる国として、新たな成長、復興を遂げるはずだと、聖劇やミサに耳を傾けながら、心の中で、確信しました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-03-28 14:36 | Feste & eventi | Trackback | Comments(0)

女性の日を祝って

 昨日、3月8日は、女性の日(Festa della donna)。女性の政治的・社会的平等への道を振り返り、男性が日頃の女性の働きに感謝する日で、イタリアでは、女性にミモザの花を贈ります。

f0234936_2058953.jpg

 お義父さんが、我が家の木に咲くミモザ(mimosa)で、花束を作って、贈ってくださいました。

f0234936_20593429.jpg

 外は寒いのですが、日差しは暖かく、椿の花もいっそう美しく咲いていました。

f0234936_210711.jpg

 和風の椿も、昨日になってようやく、最初の花が開き始めました。花たちも、こうして女性の日を祝ってくれているようです。

f0234936_2104945.jpg

 ミモザの花も、日の光を浴びて、金色に輝いています。

f0234936_2111124.jpg

 女性の日を祝って、ミモザ・サラダを作りました。ゆで卵をフォークでつぶして、塩・コショウ、それからニンニクをすりおろして少々加え、最後に、みじん切りにしたルーコラとオリーブオイルをふりかけて、混ぜ合わせました。

 ミモザの葉に見立てて、周囲をルーコラで飾ります。友人から畑で採れたルーコラをたくさんもらって、ルーコラ尽くしの日が続いたのですが、ようやく使い切ることができました。

f0234936_2122320.jpg

 ミモザ風に飾った下には、ケッパーと共にゆでたジャガイモの層が、隠れています。夫はパンと一緒に食べたのですが、わたしはごはんの上に、ミモザとジャガイモをよそって、ミモザどんぶりにして、食べました。

f0234936_2125454.jpg

 花のつぼみであるケッパー(記事はこちら)を使ったのは、こうすることで、おかずを花のようにお皿に盛るだけでなく、本当の花を食することもできると考えたからです。

f0234936_2131379.jpg

 午後は夫と、テッツィオ山のミジャーナ(Migiana di Monte Tezio)へ行きました。右手に見える横に長い山は、アッシジを中腹に抱く山、スバージオ山(Monte Subasio)。頂上付近にわずかながら雪を頂くスバージオ山の左手には、白い雪に覆われたアッペンニーニ山脈の高峰が、見えています。

f0234936_2135243.jpg

 こちらが、夫がこの数週間、鉄ブラシを使って、幹をきれいにし、精力を取り戻させようとしていたオリーブの木々です。空が澄み渡っているので、白い雪を頂いた遠くの山々が、よく見えました。

f0234936_214940.jpg

 改修中の城のそばを通って、テッツィオ山(Monte Tezio)を、しばらく登って行きました。

f0234936_2142927.jpg

 冬を越した野バラの赤い実は、やがて地面に落ちて、その実のいくつかから、新しい木が育つことでしょう。

f0234936_2144888.jpg

 まだ枯れた風情が色濃いものの、ところどころに、春の兆しが見えていました。

f0234936_215636.jpg

 散歩を終えて、ミジャーナのオリーブ園に戻ると、スミレ(violetta)が、そこかしこで、かれんな花を咲かせていました。

f0234936_2153795.jpg

 手前の地面は、自生のシクラメンの葉で、びっしりと覆われています。春には、美しいピンク色の花を咲かせてくれることでしょう。ここは土が盛り上がっている上に、岩がちなので、シクラメンたちはゆっくりと花を咲かせることができるのですが、シクラメンの葉は、オリーブの木々に近い平らな地面にも生えていて、夫は、トラクターを使って草を刈るときに、どうすればシクラメンの花を救うことができるか、それとも、草と一緒に刈らなければいけないかと、頭を悩ませていました。

f0234936_2155631.jpg

 シクラメンの葉の間に立ち、黄色い花に飾られている木は、セイヨウサンシュ(corniolo)。小さいつぼみたちが、くす玉から飛び出して、星のような花を咲かせていました。

 女性の日やその前後には、毎年イタリア各地で、さまざまな催しが行われますが、まだ真の男女同権までの道のりは遠いというのが現状です。そこで、今年の女性の日にあたっては、日本のフェミニズム運動の先駆者、平塚らいちょうの文章を、イタリア語に訳して、日本語の原文も添え、女性たちに贈りました。今からちょうど100年前、1911年に書かれた文でありながら、今も変わらぬ新鮮さ、力強さと共に、わたしたちの心に訴えかけてきます。

f0234936_2164136.jpg

 3月8日に見つけた花の写真と共に贈った、この記事へのリンクは、こちらです。

 近所の映画館、Giometti Cinema(記事はこちら)では、「3月中は、女性の月として、女性の入場料は、毎日3.9ユーロ」。これを機に、いい映画をたくさん見られたらと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-03-09 13:08 | Feste & eventi | Trackback | Comments(10)

町にお出かけ

 今日の午後は、バスを乗り継いで、ペルージャの中心街(Centro di Perugia)へ行きました。ミニメトロができる前は、郊外の我が家から中心街まで、乗り換えなしに行けるバスの便があったのですが、ミニメトロ完成後は、この路線が変更されてしまったのです。

f0234936_756915.jpg

 広場、Piazza Cavallottiでバスを降りて、急ぎ足で、坂道を上って行くと、右手に、趣のある噴水とアーチが見えます。

f0234936_7564064.jpg

 さらにしばらく歩くと、右手に、プリオーリ宮殿(Palazzo dei Priori)の美しい建物が見えてきます。

f0234936_75773.jpg

 同じ場所で、左手を見ると、大噴水(Fontana Maggiore)の後方に、ペルージャの大聖堂、Cattedrale di San Lorenzoの側面の壁が見えています。この広場は、Piazza IV Novembre。もっと暖かい季節には、この広場は、しばしば、コンサートやダンスなどの催し会場になります。

f0234936_7574695.jpg

 今日は、時間がないので、急ぎ足で目抜き通り、Corso Vannucciに出て、プリオーリ宮殿の美しい扉の前を通り過ぎます。この扉は、国立ウンブリア美術館(Galleria Nazionale dell’Umbria)の入り口でもあります。

f0234936_7581562.jpg

 先の扉のすぐ後に、現れるのがこちらの扉。ペルジーノと弟子たちによる、それはみごとな壁画のある、Collegio del Cambioの入り口です。ペルージャでぜひ訪れたい場所の一つなのですが、壁画のすばらしさは、Collegio del Cambio自体のサイト(リンクはこちら)のGALLERIAという言葉をクリックして現れたページで、左側に見える壁画の下にあるVマークをクリックして、数々の作品をご覧になれば、お分かりかと思います。

f0234936_803280.jpg

 中心街に着いてバスを降りたのは、午後4時半過ぎ。急ぎ足で眼鏡屋さんに向かいます。先週土曜に、眼鏡のフレームが壊れてしまい、修理はできないと言われて、新しい眼鏡を注文していたのが、今日できたと聞いて、取りに来たのです。幸い、すぐに支払いを済ませて、店を出ることができました。

 今度はしばらくCorso Vannucciを、逆方向に進みます。西日が差していて、見づらいのですが、左手にプリオーリ宮殿、正面奥に、大噴水と大聖堂が見えています。

f0234936_814557.jpg

 ただし、今度は大噴水まで行かずに、途中で右に曲がります。帰りは、ミニメトロを利用しなければいけないからです。駅に急ぐ道すがら、スバージオ山が雪を頂いているのが見えました。

f0234936_82611.jpg

 スバージオ山(Monte Subasio)は、聖フランチェスコが、「テッツィオ山(Monte Tezio)と双子だ」と語ったというアッシジの山です。確かにどちらの山も、横に長い台形の形をしています。ペルージャからアッシジを眺めると、スバージオ山の斜面に広がるアッシジの町は、霧や霞に覆われて、見えないことも多いのですが、幸い今日は、石で築かれた美しいアッシジ(Assisi)の町が、よく見えました。

f0234936_825069.jpg

 同じ場所から右手を見やると、右の奥には、聖ドメーニコ教会が、そして、その左側には小さく聖ピエートロ教会の尖塔が見えました。写真の右下、何やら細長い白いものが見えます。

f0234936_83879.jpg

 この白いものは、ミニメトロの始発駅、ピンチェット駅(Terminal Pincetto)の屋根なのでした。赤丸で囲んでいる部分が、下の道路から階段を登って、駅に入る際の入り口です。矢印で示している赤いものは、切符の自動販売機です。

 駅より高い位置にいるわたしは、この後、エスカレータを駆け下りて、駅に向いました。午後4時55分までに、ミニメトロに乗らないと、乗り継ぎのバスに乗り遅れる可能性があるからです。

f0234936_835595.jpg

 写真を撮ったり、景色を眺めたりして、道草をしたものの、何とか予定時刻に、ミニメトロ(Minimetrò)に乗ることができました。ドアの上に書かれているPian di Massianoは、ミニメトロの終着駅で、巨大駐車場があるところです。現在では、大型観光バスは、ペルージャ市内に乗り入れることができず、旅行者は、巨大駐車場から、ミニメトロに乗って、中心街を訪れることになっています。

f0234936_842342.jpg

 乗車からしばらくは、ミニメトロはずっと暗いトンネルの中を進みます。ようやくトンネルから出て、後ろを振り返ると、中心街の町並みが次第に遠ざかっていくのが、よく見えます。

f0234936_851376.jpg

 鉄道駅に近い、ミニメトロの駅、フォンティヴェッジェ駅(Stazione Fontivegge)の近くからは、鉄道の線路と、並ぶ電車がよく見える瞬間があります。

 こうして、ミニメトロに10分ほど乗った後、コルトネーセ駅で降りたわたしは、幸い、午後5時5分発の、乗り継ぎのバスに乗ることができ、その数分後には、家に帰ることができました。行きも帰りも乗換えが必要だったのに、眼鏡を購入して、家を出てから1時間後に帰宅できるとは思っていなかったので、うれしかったです。1時間後に出る次のバスを待っていたら、日が暮れてしまい、寒さに凍えたことでしょう。切符は、乗車して刻印してから70分間有効なので、1枚の切符だけで、往復することもできました。

関連記事
・「ミニメトロでペルージャ満喫」(リンクはこちら
・「気分は宇宙旅行 ~アルトゥーロ旋風(1)」(リンクはこちら
・「気分は宇宙旅行 ~アルトゥーロ旋風(2)」(リンクはこちら

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-26 00:07 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(8)

夕日とかけくらべ

 2月18日金曜日の夕方に、夫と二人で、テッツィオ山(Monte Tezio)へ、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の夕焼けを眺めに行きました。

f0234936_6225241.jpg

 テッツィオ山の散歩コースには、湖の見晴らしが美しいミーララーゴ(Miralago)という場所があるのです。

f0234936_6231610.jpg

 こちらが、テッツィオ山自然公園の入り口です。手前の駐車場に車を置いて、登山靴にはきかえます。緑の鉄柵の左側から、公園に入ると、坂道が続いていて、そのまま、まっすぐ行くと、頂上までの登山コースに行くのですが、坂道の途中で左に曲がると、湖の眺めがいい場所に、たどり着くことができます。

f0234936_6233285.jpg

 夏には、道の端々に野生のアスパラガスが見つかり、ヒナゲシやエニシダなどの花が咲き、緑でいっぱいの道(記事はこちら)も、冬には、常緑樹が多いとは言え、なんだか冬枯れの風情を見せています。

 ふだんは、ここに夕日を見に来るときは、日没の直前に到着して、日が沈むのを見届けてから山道を下りるのですが、この日はひどく寒かったため、最初の写真のように、雲に隠れていた夕日(tramonto)が、ようやく顔を見せて、空と湖を茜色に染め出してから、すぐに山を下ることにしました。

f0234936_6241265.jpg

 日が沈んで、寒くなる前にと、帰り道を急ぐわたしたちの右手に、木々の間から、紅に染まりゆく空と湖が、よく見えました。

f0234936_6252751.jpg

 「茂みに隔てられているから、いい写真は撮れないよ。」と、夫に急かされながら、それでも、時々立ち止まっては、夕日にカメラを向け、夫の後を追いながら、坂道を下って行きます。

f0234936_6254780.jpg

 曲がり角を右に曲がり、まっすぐに駐車場と下る坂道は、両側に背の高い木が並んでいるため、空の低い部分は見えず、青い空の高みに、横長に伸びるピンク色の帯が、目に映ります。

f0234936_626426.jpg

 午後5時半に、夕日と湖に別れを告げてから、25分ほど歩いて、駐車場に戻りました。靴をはきかえながら見た南の空は、まだ明るく、水色やピンク色など、淡いパステルカラーに美しく染まっていました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-24 22:27 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(2)

夏のマッジョーレ島

 トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に浮かぶマッジョーレ島(Isola Maggiore)には、前回の記事(記事はこちら)でもお話ししたように、野生のキジとウサギがたくさんいます。今回は、まず島に住む動物たちをご紹介します。

f0234936_41212.jpg

 オリーブの木の下で、ウサギ(coniglio)が2匹、のんびりと草を食べています。

 夏にマッジョーレ島を散歩すると、わたしたちが歩くその直前を、野ウサギがいきなり飛び出して横切るということも、よくあるのですが、おとといは、冬だからかウサギもわずかしか見かけず、キジはまったく見当たりませんでした。というわけで、今回の写真はすべて、2009年6月28日に撮影したものです。

f0234936_41218.jpg

 夏は、野生のキジ(fagiano)も、島のあちこちで、見かけることができました。ただ行くときによって、キジの数がとんでもなく多いときと、非常に少ないときがあるので、ひょっとしたら、時々島の人がこっそり捕まえて食べているのでは」という疑いが、頭をもたげたりもします。

 彩りが鮮やかで美しいオスのキジも、もちろん島のそこかしこにいるのですが、写真で撮るのには難しい遠い場所にいたり、逃げ去ってしまったりしたので、撮影することができませんでした。

f0234936_4139100.jpg

 この日は、トゥオーロではなくパッシンニャーノ(Passignano)の港から、フェリーに乗って、マッジョーレ島に向かいました。ペルージャから島へのフェリー(traghetto)が出るパッシンニャーノとトゥオーロの町へは、APMのバスでもTrenitaliaの電車でも行くことが可能です。公共の交通機関を使う場合には、パッシンニャーノでフェリーに乗り換えることをお勧めします。というのは、パッシンニャーノの方がペルージャに近い上に、駅やバス停の場所がフェリー乗り場に近いからです。逆で車で行く場合には、パッシンニャーノでは港の近くの駐車場がすべて有料であるため、遠くてもトゥオーロ(Tuoro)まで足を伸ばした方が、駐車場が無料なので、時間を気にせずに、ゆっくりと島での散歩を楽しむことができます。

f0234936_422773.jpg

 パッシンニャーノのフェリー乗り場には、ご覧のようにちゃんとした切符売り場(biglietteria)があります。ですから、乗船してから切符を買うことも可能ですが、できればここで切符を買っておいた方が、安心です。季節ごとに変わるフェリーの時刻表も、頼めば無料でもらうことができます。

f0234936_425222.jpg

 フェリーが港を遠ざかると、美しいパッシンニャーノの町の全貌がよく見えます。石畳の町並みに趣があり、トラジメーノ湖や周囲の山々をはるかに見渡すことができる高い塔もあり、パッシンニャーノも散歩が楽しい町です。陶器を売る店やおいしいジェラートが食べられる店もあります。

f0234936_4393.jpg

 パッシンニャーノから出発すると、前方の右手にミノーレ島(Isola Minore)が、そして左手に、マッジョーレ島(Isola Maggiore)が見えます。

f0234936_433790.jpg

 フェリーは、かつて修道院(Chiesa e Convento di San Francesco)であり、のちに貴族の館(Villa Guglielmi)となった美しい建物のすぐそばを通って、マッジョーレ島の港へと向かいます。改修工事中で立ち入り禁止のため、フェリーや船で湖から眺めることができるだけのこの建物は、美容センターになる予定だと聞いています。

f0234936_441535.jpg

フェリーが港に近づいて来ました。夏には、柳も緑の葉に覆われ、島全体が緑に満ちています。

f0234936_44306.jpg

 キョウチクトウ(oleandro)も、白やピンクの美しい花を、そこかしこに咲かせていました。

f0234936_445523.jpg

 マッジョーレ島には、聖フランチェスコが訪れた際の奇跡やできごとを語る伝説がいくつもあります。たとえば、こちらの礼拝堂、Cappellina della “Fonte di San Francesco”(聖フランチェスコの泉礼拝堂)。

f0234936_454410.jpg

 聖フランチェスコが両手で地面を掘っていると、水が湧き出てきたというその場所に建てられた礼拝堂で、下の格子の間からは、今でも水がたたえられているのを、見ることができます。マッジョーレ島にいくつかある聖フランチェスコゆかりの場所は、すべて島の東側にあります。

f0234936_46190.jpg

 島の高みに建つ大天使聖ミカエル教会から、修道院の脇を通って小道を下ると、マッジョーレ島の東側の岸辺にたどり着きます。ここからは、ミノーレ島が左に、その右側にパッシンニャーノの町が、遠くに見えます。

f0234936_461955.jpg

 小道は湖のすぐ近くを通っていて、緑の木々に覆われています。時々道の傍らにベンチや岩があるので、腰を下ろして、美しい景色を、心ゆくまで楽しむことができます。

f0234936_463453.jpg

 夏は観光客が大勢いるので、フェリーも大型で、湖畔の多くの町から出発する上、冬に比べると、便の数もかなり多いのです。わたしたちがマッジョーレ島で散歩をしている間だけでも、あちこちの町と島の間を行き来するフェリーを何度か見かけました。

f0234936_46502.jpg

 この日、6月29日にパッシンニャーノの港に帰り着いてから、夕焼けにほんのりと染まったマッジョーレ島を撮影したのは、午後7時39分。おとといトゥオーロ湖畔で撮影した夕焼けの写真(記事はこちら)が午後5時半頃のものですから、夏の方が日が長いのがよく分かります。

 夏は夜になっても屋内が暑いので、パッシンニャーノの町まで来て、湖のほとりを散歩する人も、遅くまで大勢いて、湖畔には露店もたくさん並んでいます。わたしたちも夏には、トゥオーロのお気に入りのピザ屋(記事はこちら)でピザを食べたあと、帰り際にパッシンニャーノに寄って、湖畔をしばらく散歩してから帰宅することが、よくあります。

参照にした資料・LINK
・E. Gambini & M. Santanicchia, ”Isola Maggiore. Guida storico-artistica”, Edizioni Associazione Turistica, Pro-Loco Isola Maggiore, 2007.
Medioevo in Umbria – Isola Maggiore 
Trasimeno – Isola Maggiore
Trenitalia, Ferrovie dello Stato - HOME
APM (Azienda Perugina della Mobilità S.p.A.) - HOME

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-06 20:12 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(4)

湖とマッジョーレ島2

 マッジョーレ島(Isola Maggiore)(記事はこちら)の高みにあるこの教会は、Chiesa di San Michele Arcangelo(大天使聖ミカエル教会)です。

f0234936_8594685.jpg

 1136年にはすでに存在していたという記録があるものの、現在の形となったのは、13世紀のことであろうと、教会前の案内看板に説明がありました。

f0234936_901962.jpg

 わたしたちが訪れるときには、いつも教会が閉まっているので、まだ見たことがないのですが、教会の内部は、13~15世紀に描かれた美しいフレスコ画で、飾られているということです。

f0234936_911529.jpg

 マッジョーレ島はごく小さな島なので、教会から左の方を眺めると、オリーブ園と木々の向こうに、改修中の修道院の塔が見え、さらにその向こうには、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)が広がっています。

f0234936_9161198.jpg

 参考までに、この教会と改修中の修道院(前日の記事を参照)がよく見える、島を別の角度から撮影した写真を、添えておきます。写真は、2009年10月25日に、トラジメーノ湖を友人たちとヨットと周遊したとき(記事はこちら)のものです。

f0234936_9162533.jpg

 修道院よりもやや右の方向を眺めると、湖畔にそびえるカスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)の美しい町も、よく見えました。

f0234936_922980.jpg

 聖フランチェスコもまた、このマッジョーレ島を訪れたことがあります。修道院の脇へと向かう道を下っていくと、聖フランチェスコゆかりの場所を訪ねることができるのですが、今回は帰りのフェリーの出発まで時間がなく、また、日かげになっていて寒かろうということで、行きませんでした。

 今回は、大天使聖ミカエル教会の前を通り、そこからオリーブ園の間を通る坂道を下って行くことにしました。実はマッジョーレ島には、野生のウサギとキジがたくさん住んでいます。ウサギが食べてしまうので、地面に草がほとんど残っていないのが、写真を見れば、お分かりかと思います。あちこちに見える草むらのように見える緑の植物だけは、ウサギが好まないからか、毒があるからか、食べられずに残っています。

f0234936_931013.jpg

 道の右手に生えている古いオリーブの木の、長い歳月に耐えて今も生きるその姿が美しく、感嘆しながら、坂道を下りました。

f0234936_934815.jpg

 今回、わたしたちは、島の西側にある港からマッジョーレ島に上陸して、赤で印した小道を、矢印の方向に進んで、散歩をしました。

f0234936_94347.jpg

 島の高みに建つ教会から、長い坂道を下ると、こちらの教会、Chiesa di San Salvatoreがあります。

f0234936_942790.jpg

 12世紀に建てられたというロマネスク様式の教会の横を通り過ぎると、家が立ち並ぶ通りまで、あとわずかです。

f0234936_944654.jpg

 ここまで来れば、港はすぐ近くです。フェリーが港に近づくのが見えた、と夫が言うので、急ぎ足で港に向かいました。

f0234936_952821.jpg

 フェリーへと向かう桟橋の上から、撮影した写真です。傾きゆく日の光を浴びて、風景がオレンジ色を帯びています。アヒルたちがのんびりと、日なたぼっこをしています。

f0234936_954536.jpg

 フェリーがトゥオーロの港に到着したのは、予定どおり午後5時5分。

f0234936_96263.jpg

 ちょうど夕日が、水平線の向こうに姿を消そうとしている頃でした。
 
f0234936_962078.jpg

 湖畔のバールでホットチョコレートを飲み、ゆっくり休んでから外へ出ると、美しい夕焼けが、わたしたちを待ち受けていました。湖面が、夕焼けのピンクと薄暗い青空を共に映し出す、こういう風景は、初めて見るように思えて、再び桟橋まで歩いて、美しい湖の色を楽しみました。

⇒公共の交通機関を使っての行き方や、島に住む野生のウサギとキジ、今回は訪ねなかった場所については、記事、「夏のマッジョーレ島」(リンクはこちら)で、ご紹介しています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-06 01:19 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(6)

湖とマッジョーレ島1 sanpo

 今日も朝からいい天気で、洗濯機を2度回しました。温かい日ざしのもとで散歩しようと、ペルージャの北西にあるトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に向かいました。

f0234936_7423068.jpg

 ペルージャからトゥオーロ(Tuoro)までは、車で約30分。無料の駐車場に車を置いて、フェリー(traghetto)で、写真の右手に見えるマッジョーレ島(Isola Maggiore)を訪れます。湖畔の砂浜から、長い桟橋を渡って、フェリーに向かいます。小さなフェリーが桟橋の左手に見えています。

f0234936_7435736.jpg

 料金は乗船してから支払います。右にマッジョーレ島、左にミノーレ島(Isola Minore)があります。

f0234936_7444927.jpg
湖畔に見つけたトラジメーノ湖の案内看板から

 トラジメーノ湖の三島のうち、最も大きいのは、ポルヴェーセ島(Isola Polvese)(記事はこちら)で、自然の美しいこの島が、わたしたちのお気に入りなのですが、冬はフェリーの便がないので、訪れることができません。

f0234936_745336.jpg

 湖の色は、天気や日光の当たり具合によって、青、水色、薄緑色、そして灰色と、さまざまに姿を変えます。今日は天気がいいので、海を思わせるような、鮮やかな青い色をしていました。

 フェリーはトゥオーロの港を午後3時40分に出て、まっすぐにマッジョーレ島へと向かいました。到着予定は10分後の午後3時50分。もう島が近づいてきました。トゥオーロ・マッジョーレ島間は、二人分の往復料金が10.20ユーロでした。

f0234936_7455399.jpg

 右手に港と桟橋が見えます。島はオリーブの木々に覆われ、一番高いところに、美しい古い教会が建っています。水際と平行に家が立ち並んで見えます。この家の並ぶ通りが小さなマッジョーレ島の中心街で、夏にはバールやレストラン、土産物屋が並び、観光客も大勢訪れるので、なかなかにぎやかですが、今はひっそりと静まりかえっています。

f0234936_7461115.jpg

 わたしたちと同じフェリーで、島を訪れた観光客が二人いました。1時間ほどの散歩の間に、ごくわずかしかいない島の住民、二人に会いましたが、博物館も店もすべて閉まっていて、何だか世界から忘れられたような風情がありました。道の左手に立っている看板は、島のレストラン、Ristorante l’Oso(記事はこちら)のものです。湖の眺めを楽しみながら、手頃な値段でおいしい魚料理が食べられるので、わたしたちのお気に入りのお店です。

f0234936_7464145.jpg

 こちらは中世、13世紀に建てられた家で、その名も、「中世の館」(il palazzetto medievale)。

f0234936_7472310.jpg

 16世紀に建てられた、こちらの礼拝堂の名は、l’Oratorio della Buona Morte。訳すと、「安らかな死の礼拝堂」という何とも物騒な名前なのは、マッジョーレ島で、貧しい人や身寄りのない人でもきちんとした永眠の場を得ることができるようにと、活動していた信者会によって、建てられたものだからです。

f0234936_7474837.jpg

 家々の前を通り過ぎてからは、オリーブの木々の間を、少しずつ登っていくことになります。

f0234936_748513.jpg

 坂の突き当たりにあるこちらの門構えの向こうには、遠い昔には、大きな修道院がありました。修道士たちが去ったあと、修道院は貴族が所有するものとなったのですが、この数年ずっと改築中で、大がかりな美容センターができる予定だと聞いています。

f0234936_7482667.jpg

 少し道を引き返して右に曲がり、さらに坂道を上って行くと、オリーブ園の向こうに、教会の鐘楼が見えてきました。

f0234936_7485554.jpg

 夫と話をしている方は、冬もマッジョーレ島に暮らす、ごくわずかな住民の一人。犬と一緒に散歩を楽しんでいるところです。教会の左手の、塀に囲まれたところには、墓地があります。

f0234936_7491469.jpg

 この教会の前からのトラジメーノ湖の眺めが、本当に美しいのです。右手には、オリーブの木々の間に、マッジョーレ島の港の桟橋が見え、さらに右の方には、フェリーで出発したトゥオーロの港も、垣間見えています。

f0234936_7493518.jpg

 左手には、少しずつ傾きある太陽が、まぶしい光を湖水の上に投げかけて、輝く道をつくりだしていました。

⇒「湖とマッジョーレ島2」につづく(リンクはこちら

⇒公共の交通機関を使っての行き方や、島に住む野生のウサギとキジ、今回は訪ねなかった場所については、記事、「夏のマッジョーレ島」(リンクはこちら)で、ご紹介しています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-04 23:53 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(10)